もっと生化学を, もっとフィール ドの生化学を - 東北大学

遺伝生態研究センター通借 No.14
泉丸丸苧
[email protected]
JGE・
iJffi宝望_,_ij壬
1991. 9 No.14
もっと生化学を,もっとフィールドの生化学を
信州大学・医療技術短期大学部 加 藤 憲 二
めて解析的だ」というような見地から話を始め
仙台のこと
Sさん,この間(1991年6月)の仙台では丸
ることにはほとんど意味はありそうにないでしょ
腰でsophisticateされた分子遺伝学の世界へ踏
う。 4人の先生方の鮮やかなお話しは, 「分子
み込んで行こうとされるSさんに何等援護射撃
生物学がすぐれて総合的であること」を強く私
も出来ず,私自身とても情けなく,また悔しい
の脳裏に焼き付けましたし,生態学だってすで
思いをしました。たしかにSさんの,捕食圧の
に十分解析的でした。ただその刀が問趣だった。
もとで長大化するバクテリアがいるという発見
刀の切れ味と,切る対象と,切った後の始末が。
には,詰めるべき事柄がまだたくさんあると思
Michaelis-Menten
います。しかしながらこの現象は,私のったな
物質循環におけるバクテリアの働き,という
い考えでは, "意味"を分子レベルで明らかに
ところから私のささやかな微生物生態の仕事が
して,そしてふたたび生態学の土俵へもち帰り
始まりました。世界では,アイソトープを使っ
得る可能性を含んだ事象として,現在生態学か
てグルコースの取り込み速度を測れば論文が書
ら分子の方へ踏み込んで行き得るひとつの入り
けた時代がようやく終わろうとしていた。何人
口ではないだろうか,と今も思っています。
かの優れ者が,そのなかでWrightとHobbie
もはや「生態学は総合的で,分子生物学は極
が1964年に提案した自然界の物質代謝へのこの
もっと生化学を,もっとフィールドの生化学を
--一一-・---信州大学・医療技術短期大学部 加藤 憲二
1 4 7 1 0 1 1
日本イネ品種の出穂開花期における耐冷性検定法の開発
--・-1・一一一一一一-一-農林水産省・東北農業試験場 細井 徳夫
細菌の「うち」と「そと」一一日-一一・一・一一--一日・-・-岡山大学・歯学部 太田 寛行,高橋浩二郎
植物病原系状菌のプラスミド-一・m-・一一一一一一 一一日東北大学・農学部 羽柴 輝良
平成3年度ワークショップについて
-1-
遺伝生態研究センター通借 No.14
酵素反応式の応用に疑問を投げ掛け,違った理
ことなどあろうはずもなく,瞬間瞬間に優占す
解を試みていたが(Azam and Hodson,1981)。
る現象をとらえているのだ。ということは,問
そのころはんの駆け出しだった私をとらえてい
題はあくまで,どこまで行っても,対象のなか
たのは,なぜこんなにいろんな種頬の,そして
のいらざるものをいかに捨象するか,明らかに
いろんな生理活性状態にあるであろうバクテリ
しようとする対象をどれだけ抽象化(モデル化)
アがいて,あたかも単一の酵素反応式のような
しうるか,ということではないか。
カーブが得られるのだろうという疑問であった
私達の世界は見事な機織りのタピスリーではな
(今思えば,この種の取り込み実験にはまだは
く,唐草模様の風呂敷
生態学を今ここで対照とする分子生物学との
かにも大きな問題があったが)。
このことに私なりに答えを出せたのは,棉
対比で考えて,個体以上のレベルで(これには
物プランクトンの細胞外排出有機物をバクテリ
複数種の生き物を扱うと言う意味も含まれるが
アがあたかも-基質一酵素の反応のように取り
そのほかに,個体と個体の間の関係を扱うとい ーノ
込むことが,特定の植物プランクトンが圧倒的
う意味も含まれる。分子生物学でももちろん複
に優先する一時期にだけではあるが認められる
数の細胞を材料とするが,それは同一状態の細
ことをボーデン湖で兄いだしてからであった
胞のmultiplyされたもの,としてとらえられ
(Kato,1984)。あまたある反応の中の,優占す
ていると言えよう)生物の生き方を扱う分野だ
るほんの一つの反応を私は眺めていたのだ.何
と定義する(一つの生き物の環境との関係を考
のきっかけであったかこのことをシンポジウム
えるのは,それだけなら生理学である)。大胆
のコーヒーブレイクに,大阪大学の中田先生に
にこのへんのところをまとめてみたのが表1で
お話ししたら, 「全く同感。私達も同じことを-
ある。
-。」私は長い間の肩の荷が降りたような気が
分子生物学では,プログラムの発現という最
した。そして瞬時,あのようにsophisticateし
も原理的な所を,慎重に制限を加えた系で解析
た系を扱っておられる分子の方が,と思って樗
しながらも,種などという枠組みを越えたとこ
然とした。そうだ,細胞の中は,細胞の中こそ
ろで生命の基本形である細胞を理解 しょうとし
は,たった一つの酵素反応だけが回転している
ている。これに対して,微生物生態学が生態学
__lヨii
表1.微生物学(分子)と微生物生態学
Microbiology
--
_-ll--I---I---------一一--1--一一一--
objects
I
Microbial
ecology
--- --------- -I-- ------------一一一-I-一一一 一-1 ----一一l
multi-cells
but
Of
monoclonal
different
(strain) or
at
species
least
polyclonal
Lead to general behavior at the cell dominant behavior inherent to
level
Species
-2-
I【
遺伝生態研究センター通信 No.14
のひとっであるとするなら,やはり「多様なる種
生態の研究の流れをまとめたものであるが,釈
の生きざま」にかかわって行くということでは
究は,活性一現存量一食物連鎖-(地球環境--)
ないだろうか(遺伝生態研究センタ-通信No.13
と流れている。上述したとおり, 20余年前に活
の木暮さん,応用微生物学と微生物生態学とは
性の測定法が提案され物質循環の世界にバクテ
別物であるということではないでしょうか。つ
リアが登場。その約10年後に現存量(細胞数)
いでに川端さん,趣旨は全く同感です。たとえ-
の測定法が定まり,地球上の様々な水域の情報
ぱ『大腸菌の生態学』というような分野をわれ
が集積されるも,バクテリア群集の中身はブラッ
われが作り得るかどうか,ですね。もひとつつ
クボックスのままであった。 80年代に入って免
いでに吉永さん,おそらく私はあなたの想定さ
疫蛍光抗体法が自然群集にも応用され始めるが,
れる"他の多くの微生物生態研究者"ではない
研究はまだ散発的。解決すべき方法上の問題も
のでしょうが,随分シンポジウムの印象が異な
あり,まだひろくこの分野に浸透するに至って
ります)。そこでまた私達は立ち止まる。顕微
いない(方法上の問題は早晩解決するでしょう
鏡の下で, プランクトンを種分けするように,
から,必要性がまだ強く感じられていない,と
いまだにバクテリアを分けることが出来ないの
いうことでしょうか?)。群集の中身を考える
だから。
手段として,バクテリアを水の中での存在状態
図1は,私がかかわって来た水の中の微生物
で2分するという手法がとられているが,やは
occurence form
Free vs Attached
\
1962-66
1973-77
====電
Biomass
■_二_ Activity
糟i
1975-85
1984- / carbon仙x from Phytoplankton
Grazing 一oss
ヽMicrobial foodweb
くも
Large scale carbon flux
図1.水圏生態学の中のバクテリア研究の流れ
(-は研究の時間的な流れ, -は理論上の流れを示す)
-3-
遺伝生懲研究センター通信 No.14
りこれも種の名前で詳しく書かれるべきでしょ
られる前の生化学。これをフィールドできっち
う。
りやる。その中から分子レベルでの解析に値す
研究そのものについては,微生物の生態は, るものを拾い出すのがひとつの道かなと今考え
もっと生化学をきっちりやるときではないかと ています。
思っています。分子生物という看板に置き換え
日本イネ品種の出穂開花期における耐冷性検定法の開発
農林水産省・東北農業試験場 細 井 徳 夫
水稲冷害は,障害型,遅延型及び混合型に区
環境調節装置を用い出穂から一定期間寡照冷温
分されてきた。さらに障害型冷害は穂ばらみ期
処理を行い(東1985),出穂日がほぼ等しい
の冷温障害と出穂開花期の冷温障害をそれぞれ
供試品種と指模品種の稔実率を比較し,耐冷性
穂ばらみ期障害型と出穂開花期障害型に,また
の強さを相対的に示す方法により実行されてき
遅延型冷害は出穂までの冷温による生育遅延と
た。しかし,これらの検定法では,検定前後や
出穂後の冷温による登熟遅延をそれぞれ栄養生
検定期間の気象や栄養条件が品種間で異なるた
長・出穂遅延型と登熟遅延型に区分して扱われ
め,耐冷性の強弱を示す相対的な品種間順位の
ている。このうち出穂開花期(障害型)冷害の
再現性にやや難点があり,とくに出穂日が異な
発生は,出穂期から開花期の気温低下による開
る品種間の耐冷性の比較は困難とされ,これら
花稔実障害の発生が主原寓とされている。した
の課題を満たす精度のよい検定法の開発が要望
がって,出穂開花期冷害の回避と軽減は,栽培
されている。
品種の出穂期を季節的に気温の高い8月2半句
細井(1989a )は人工光環境調節装置と水耕
∼3半句の期間に策定した栽培法,またはそれ
法を用い,播種後の生育環境を一定に制御し,
らの期間に出穂する品種を栽培することにより
日本品種の到穂日数を60日以内に短縮し,生育
計られてきた。東北地域において8月の気温が
の揃った供試材料を多量に養成する方法を開発
記録的に低下した1976および1980年度は水稲の
した。この個体を供試して,出穂開花期冷害の
作況指数がそれぞれ90, 78の大冷害が発生した。
発生に強く影響をおよぼす気象要素が出穂期か
両年度の冷害では季節的に最高温期に出穂した
ら開花期の日射量の減少と平均気温の低下であ
品種も不開花による稔実障害が多発したことか
ることを示した。そこで生育の揃った供試材料
ら,出穂開花期耐冷性の強い品種の育成や冷害
を用い,出穂開花期冷害の発生に強く関与する
発生機構の解明が求められている。
日射量と気温を人工光環境調節装置にて制御し,
イネの出穂開花期の耐冷性に品種間差異が存
検定環境を弱日射(5.5MJ/rrf/day)恒温と
在することはふるくから知られていた(寺尾
定め, 17.5℃から22.5℃まで1℃間隔で6段階
1934)。イネの出穂開花期の耐冷性検定は,自然
の気温条件を設定し,出穂日から20日間処理を
圃場を用い供試品種と指標品種を晩植すること
行い,完全米比率が80%以上で出穂開花期冷害
により冷涼期に出穂させる方法(田中1962),
が発生しない限界温度を耐冷温度と定め各品種
供試品種と指標品種をポットで出穂まで養成し,
の耐冷温度を査定した。一方,弱日射15℃下に
-4-
遺伝生態研究センター通借 No.14
おいて出穂日からの処理期間を2-14日間と変
耐袷温度が低く耐冷期間が長い品種は,耐冷温
えて,完全米比率が80%以上で出穂開花期冷害
度が高く耐冷期間が短い品種と比べ出穂開花期
が発生しない限界日数を耐冷期間と定め各品種
の耐冷性が強いことを明らかにした。また,樵
の耐冷期間を査定し,この耐冷温度と耐冷期間
試77品種の出穂開花期耐冷性程度は,品種の耐
を基準にイネ品種の出穂開花期における耐冷性
冷温度と耐冷期間を基準に19品種群に区分され
程度を判定する検定法を開発した。この方法に-
た(図-1)。
よれば,日本品種の耐冷温度と耐冷期間は播種
さらに,日本イネの出穂開花期耐冷性は品種
より100日以内に精度よく検定可能であり,人
の育成地や栽培地により著しい差異を認め,本
工光環境調節装置(大型4台,小型10台)を用
耐冷性の強い品種の多くは東北地域に分布し,
い,年間100-120品種の出穂開花期耐冷性検定
弱い品種の多くは西南暖地に分布することが分
を要員一人にて完了できる(細井1989b, 1990b)0
かった(細井1990b)0
本手法によれば,日本の各地域から選択した
つづいて,出穂開花期耐冷性や強品種と弱品
水稲77品種の耐冷温度は17.5℃から23.5℃ ≦と
種の生理生態的特徴を解析し以下の結果を得た。
6 ℃以上の品種間差,それらの耐冷期間は15℃
耐冷温度の低い品種は,寡照下において開花温
2日間未満から8日間の品種間差が認められた。
度が低く,開花穎花の稔実率も高い特徴を示し,
1)加Xみのり.トヨサト,
●■. ■■.
2)ヤTdtウシ. Tケポノ
31力. 8事qr.
*fJL,竹丘.
S) lF光.近ta3号,
耐 =22.5℃
tLJJ38書, JL拝88.
中生ホ手書.
I)fGZ.栄光.ユーカラ.
IL光.ヨネシE7,
4L井1号.ササシTレ.
セキ1ノI),
10)十三示.九.
ll)シ*カIJ,ハー/ニシ+,
+ヨニシ書. LのJt.
生tP.さわのはな.
JI杯50号. Jl挿22号.
12) JI拝Ll書.石狩白も.
アキヒカリ.ササニシキ.
ト3.=シ+. 1-HJ.
■羽132号.
トFoキワt,
13I A拝15号.辞Jt.
堤
14)ホウlJユウ.ハヤユキ.
巳マサリ. +Tヒカリ,
イシカtJ, *イラt.
ユ-ナミ. Jl挿lt.
Jt羽20書.
ホウネンワt. JE#171.
コシヒカリ.
<28
4El
2巳
耐 冷
期 間 =
図- 1日本イネの出穂開花期耐冷性の品種間差異
I,出穂後寡照下において品種の稔実が80%以上可能な下限温度(耐冷温度)
2, 15oC寡照条件下において品種の稔性が80%以上維持された期間(耐冷期間)
-5-
遺伝生態研究センター通信 No.14
各品種の耐冷温度は品種の最終開花率が低下し
(出穂開花期冷害が発生しない地域)の特定も
ない限界温度とはぼ一致した。また,花粉数
可能である(細井未発表)。
(穎花(薪)が大きく)が多く,多くの受粉数
日本イネの出穂開花期における耐冷性程度を
と高い花粉発芽率を寡照冷温下において長く維
示す図- 1は.出穂期が季節的な冷涼期まで遅
持した品種の耐冷期間は長く,各品種の耐冷期
延して冷害となる栄養生長・出穂遅延型冷害に
間は品種の雌蕊上の発芽花粉数が平均40個以上
関する日本イネの耐冷性程度をも示している。
確保されている日数とほぼ一致した。すなわち,
本研究にて開発した出穂開花期の耐冷性検定法
出穂開花期耐冷性の品種間差異は,開花温度と
一定数以上発芽花粉数が確保されている日数の
よび栄養生長・出穂遅延型冷害の回避と軽減手
品種間差から成立しており,耐冷性育種の対象
段に利活用されることを望みます。
と日本イネの耐冷性区分が,出穂開花期冷害お
形質は低温開花性と雄蕊の充実度および薪の裂
引用文献
開機能の永続性であると指摘された(細井投稿
寺尾 博
1934.農及園9 : 2567-2582.
予定)。
田中 稔
1962.青森県農試報告7 : 1-108.
東 正昭
1985.%帯農研集報55 : 4l∼69.
開花期耐冷性は強弱が相対的に示されており,
細井 徳夫
1989a.育雑 39 : 353-363.
出穂開花期冷害が発生しない限界気象条件およ
細井 徳夫
1989b.育雑 39 : 481-494.
び出穂開花期耐冷性に関する日本イネの品種間
細井 徳夫
1990a.育雑 40(別1) : 300-301.
変異の大きさはともに明らかにされていない
細井 徳夫
1990b.育雑 40 : 505-520.
従来の方法によって検定された各品種の出穂
(東1985)。本検定法により19区分された各品
種群の出穂開花期冷害が発生しない限界気象条
件は,品種癖の耐冷温度と耐冷温度未満の異な
る温度水準での耐冷期間を実験的に求めること
によりそれぞれ特定されている(図-2)0
図- 2は19区分された各品種群の出穂開花期
冷害の発生気象条件を示すとともに,日本イネ
の出穂開花期耐冷性に関する品種間変異の大き
さを冷害発生気象条件の差異として示している
(細井1990a,b)0
開発した検定法は,出穂開花期における品種
の耐冷温度と15℃下の耐冷期間が検定されると
品種の出穂開花期耐冷性が区分され(図- 1 ),
く2 2 4 8 8 10 12 35
図- 2によりその品種の冷害発生気象条件も限
軒冷期r.I
(El)
定されることを特徴とする。この各品種群の冷
図- 2 出穂開花期の耐冷性程度か異なる19品
害発生気象条件と北日本の水稲出穂期にあたる
種群の出穂開花期における冷害発生条件
8月の各気象観測地における累年気象値(平均
*図- 1に示す品種群19 (ハマアサヒ,紬梓,
気温)との対比から,出穂開花期の耐冷性が異
染分)の出穂開花期冷害が発生する気象条
なる19品種群のそれぞれについて安全栽培地域
件(曲線の右下)
…6-
遺伝生態研究センター通信 No.14
細菌の「うち」と「そと」
岡山大学・歯学部
T: 0さん,口腔細菌でFNRの存在を調べ
太 田 寛 行,高 橋 浩二郎
0: Aaは若年性歯周炎の局所から,よく分
てみようと考えているのですが,協力して -
離される細菌で,白血球毒素を産生するこ
くれませんか?
とから,このタイプの歯周炎の原因菌と考
0: FNRて,どんなものですか?
えられています。私の実験では,毒素の産
T :大腸菌の細胞内酸素センサーと言われて
生が増殖環境によってどのように変動する
いるタンパクですよ。このFNRが活性化
かをケモスタットを用いて検討しているの
されると,嫌気呼吸系に関連した遺伝子群
です。ここにあるのがそのケモスタットで,
の特定の領域に結合し,遺伝子の転写が準
細菌の増殖速度だけでなく,タルチャーの
備OK七なるんです。私は,このような
pHと酸化還元電位(酸素濃度)も制御で
F N Rによる嫌気呼吸系の遺伝子発現調節
きるようにしてあります。歯周局所は健常
が大腸菌だけの現象ではないと思っている
な状態から歯周炎の状態になるにつれて,
んですよ。そこで,口腔細菌について調べ
局所のpHは上昇し,酸化還元電位は低下
てみようと思った訳です。他の細菌でも良
することが知られています。このような環
いのですが,我々は今,歯学部にいること
境変化の中で,細菌の代謝活性も当然,餐
ですし,口腔細菌には嫌気性菌から好気性
化しているはずです。毒素産生活性につい
菌まで様々あるのでしょう。代表的ないく
てその変動様式をみようというのが私のね
つかの細菌の嫌気呼吸系の有無とFNRタ
らいです。
ンパクの存在との相関性を見ていくのも最 丁
oさん,それは好都合です。大腸菌でこ
初のスタートとしておもしろいと思うので
のケモスタットをやってみませんか。空気
すが。
の通気量を変えて,酸化還元電位を低い方
から,または高い方から徐々に変化させ,
0: わかりました。ところで,どうやって
FNRを検出するのですか?
硝酸還元酵素活性やフマール酸還元酵素活
T:抗FNR家兎血清を持っているので,細
性の変化を追うのです。その時, FNRの
菌の菌体を直接, SDS-PAGEして,
動きも追えれば,おもしろいと思いません
ウェスタンプロットで検出できると思うの
か?そして,このモデル大腸菌での酸素応
ですが。
答を徹底的に分子レベルで追えば,他の微
生物の環境中での動態究明にも多いに役立
0:では,まず,私が今,実験に用いている
つと思うのですが。
Aa (Actinobacillus actinomycetemcomi-
tans)から調べてみましょうか。このAaと
o :大腸菌でやるのですか?いま一つやる気
いう細菌はグラム陰性,通性嫌気性の梓菌
がしませんね。 Aaの住処は酸素濃度や
で嫌気呼吸系を持っています。
pHが変動する点が特徴的だし,酸素や
T: Aaを用いた実験でどんなことをやって
pHが細菌叢の遷移を導く主要な因子であ
るだろうと思われるのです。だから,実際
いるのですか?
-7-
遺伝生瀬研究センター議席 No.14
の場での活動を想像する基礎として,酸素
もう一枚の脱皮を明日へと一日延ばしにし
濃度の変動に対する細菌の対応を探ること
ていると思います。ようやく,よって身を
に意味を感じます。しかし,大腸菌でそれ
立てる基盤が確立しかかった申年の我々が
をやって,その結果をもとにし何を想像し
もう一皮脱ぐのも今だと思いますが。
たらいいのですか?
0:私は,まだ,若手のつもりですよ。微生
物生態研究でのケモスタットの意義,すな
T:今, 0さんがやっているecologyもいく
つかの生化学的手法を取り入れているので
わち,環境生理学の重要性をこれからしっ
しょう。次のステップとして分子生物学的
かり示してゆくつもりです。
なことを取り入れれば,より一層発展する
T:だったら,なおさら, 0さんのめざす環
可能性もあるでしょう。大腸菌という生き
境生理学に,どしどし,大腸菌モデルから
物が環境変化に対応するメカニズムを分子
のmolecular biologyを付け加えるべきで
レベルで明らかにできれば, biologyとし
すよ。
てそれは十分に意味があり,さらにその結
<半月後>
果が他の微生物生態系の研究の基礎となり
うることもあると思いますが。
T: 0さん,いろいろもらった菌のうち,Aa
0: Tさんの言う通りだと思います。でも,
だけに分子量3万に対応するF NR-like
口腔細菌でFNRを見てみようというTさ
のバンドが確認できましたよ!しかも,好
んの発想は何だったのですか?
気培養よりも嫌気培養の細胞で発現量が高
いように見えます。嫌気培養の酸化還元電
T :大腸菌モデルから導かれるFNRの酸素
濃度の変動に対応して機能するメカニズム
位はどれ位だったのですか7
の普遍性と大腸菌モデルでは説明できない
0 : -480mV位で,完全な嫌気と言えます。
かもしれない細菌の多様性を求めています。
T:大腸菌で気が進まなければ, Aaでいい
逆に聞きます。ケモスタットでの出来事を
ですから,酸化還元電位を段階的に上げて
口腔内の生態に還元すると0さんは言いま
培養してみませんか。
した。もう一つ,ケモスタットでのphysi0-
0 :それより以前に,増殖速度を変えて見て
logyから分子レベルへの仕事へ展開する道
みようと思っているのですが。 2週間後に
もあるのではないですか?そうしないと,
は0.04h 1から0.20h lまでの増殖速度の異
大腸菌だけの分子微生物学になってしまう
なる細胞が提供できますよ。
でしょう。私が大腸菌から口腔細菌に手を
<2週間後>
出そうとしているのですから, 0さんも,
Aaの毒素産生メカニズムについて遺伝子
T: 0さん,ウェスタンプロットの結果がで
レベルへ仕事を展開するべきです。
ましたよ。
0 :分子生物学者が大腸菌だけを使うのは,
0 :増殖速度の上昇に伴って, FNR-like
微生物生態研究者の責任でもあるという訳
タンパクの量が減少しているようですね。
ですね。
これはおもしろいですよ。実は,フルクト-
T :責任問題と言えば,両方にあると思いま
ス制限のケモスタット培養では,増殖速度
が低い時,コハク酸が発酵産物として
す。お互いに,日々の忙しさを言い訳に,
-8-
遺伝生態研究センター通借 No.14
0.60mol/mol fructose位作られるのです
ますよ。センサーとしての役割を考えれば,
が,高い増殖速度では,コハク酸産生量は
発現量は少量でいいと考えられるのですが。
0.14mol/mol fructose,に落ちます。この
0 : AaのFNR-likeタンパクを精製して調
コハク酸の産生はフマール酸呼吸によるも
べてみないと,はっきりしたことは言えま
のです。したがって,フマール酸呼吸活性
せんね。本当に酸素センサーとして働いて
の低下とFNR-likeタンパク量の減少が
いるのかは。それより, Tさん,おもしろ
相関しているということになりますね。
い結果がでましたよ。培養液中への空気通
T :そんな細かい代謝の話は,どうも苦手で
気量を段階的に増加させて,酸化還元電位
す。これから勉強しなければなりませんね。
を-480mVから-150mVに上昇させると,
ところで,手持ちの大腸菌では,ウェスタ
毒素産生量は-250mV付近で最大となり,
ンプロットでFNRが検出できないんです。
それ以上の酸化還元電位では産生量は著し
発現量が非常に少ないのか.大量発現系を
く減少するのです。酸素が毒素産生に影響
作るためにプラスミッドを挿入したり,ホ
を与えているようですよ!いよいよ毒素産
ストのクロモゾーマルDNAをつついたり
生とFNRとの接点が出てきましたね。
しているのが原因かもしれません。とにか
T :私をecologyの方へ引き込まないでくだ
く,大腸菌でケモスタットを計画してくれ
さい。私は,細菌の苦悩を知るよりもDNA
ませんか。 Aaと大腸菌とを比較検討しな
とタンパクの相互作用の生物物理的な側面
がらやっていくことは, FNRの作用機構
を当面の目標にしているのですから。それ
の確立にも,そのAaのecologyに関連した
から, AaのFNR-likeは精製するより,
酸素などの環境因子の変化に対応した問題
クローニングしてDNAのシークエンスを
の究明にも,多いに役立つと思うのですが。
やれば,すぐわかりますよ。
0:では,Tさんにクローニングとシークエ
ンスをお願いしましょう。 AaのDNAは
<1週間後>
すでに準備してあります。
T: 0さん,大腸菌の野性株でFNRが検出
T:ちょっと待って下さい。これ以上,私も手
できました。名大の水野さんからもらった
を広げようがありません。嫌気呼吸系遺伝
株で,里堅2革の発現系に用いられた株だそ
子のもう一つの制御タンパクであるNar-
うです。プラスミッドを入れた大腸菌では
しの完全精製とリン酸化の仕事もまだ残っ
検出できなかったのですが,やはり,操作
ていますし。そうだ!今年,ドクターを
して作った人工的な菌株は,どこかおかし
終った, DNAシークエンスをやっていた
若手に相談してみたらどうでしょう。
くなっているのですね。 Aaはもちろん野
o:そうですね。まだ,私も若手のつもりで
生株でしょう?
o:私のAaは患者から分離した菌株で,菌
すから,彼らから習うことにしますか。
これからも,お互い引き込まれないよう
をつつくようなことはしていません。
T :でも,大腸菌の野生株ではこんなに少量
しか発現していないのに, Aaでは, FNR
大量発現系の大腸菌に近い位,発現してい
-9-
にしながら,もう少しやってみましょうよ。
遺伝生態研究センタ-通借 No.14
植物病原糸状菌のプラスミド
東北大学・農学部 羽 柴 輝 長
の590Kbまであり,一定していない。線状プ
核外線状DNAは線状ミトコンドリアゲノム,
線状プラスミド,線状ゲノムを持つDNAウイ
ラスミドの機能についてはほとんどわかってお
ルス,核外線状リボソ-マルDNAと,さまざ
らず,わずかにK.lactisのキラー蛋白質の生
まな生物(放線菌,スピロヘータ,酵母,子の
産と耐性の形質が線状プラスミドpGKL lに
う菌,担子菌さらにはトウモロコシ,アプラナ
指令されているとの報告,抗生物質の生産ある
科植物)から兄いだされている。細胞内所在に
いは菌の遺伝的不安定性に放線菌の巨大プラス
ついてはミトコンドリア内とされているものが
ミドがかかわっているとの報告,トウモロコシ
多い。
の細胞質雄性不稔性の発現と2種のプラスミド
細菌の染色体DNAは環状構造をとっている
が,真核生物の核外因子のほとんどは線状であ
DNA S-1, S-2との関連についての報
告のみである。
る。これまでに知られている線状DNAの末端
構造は,大きく3つに分類される。
植物病原菌の糸状菌からは, Gaeumann0myces gT'alninis, FzLSaT・ium oxyspoT.um, F.so-
(1) DNAの両末端は逆向きの繰り返し構造
lani, CeT・atOCySt is fimbT・iata, Cbuiceps puTIPu-
(inverted complementary repeat sequence )
T.ea, Rhizoctonia solani, BotT・ytis ciTWea, Tl-
をとり, 5 1末端には蛋白質が共有結合で付着
1letia contT・oUOSa, PyT・enOPhoT・a gramineaの
しており,この蛋白が複製開始反応に関与する
9種類から線状プラスミドが検出されている。
と推測されている。例:アデノウイルスDNA,
これらの線状プラスミドのほとんどは両末端に
Bacillus subtilusのファージ, ¢29, StT・ePtO一
逆向きの繰り返し構造を持っている。 51末端
myces rocheiのプラスミド, Kluyueromyces
には末端蛋白質が共有結合で付着している。最
血ctisのプラスミド,トウモロコシの線状ミト
近.われわれは糸状菌で全く新しいプラスミド,
コンドリアD′NA。
すなわち,二本鎖DNAの両末端がつながった,
(2) DNAはヘアピン構造で,複製はヘアピ
へ・アピンループ構造のプラスミドをR.solani
ン末端を用いるself-primingの機構である。
菌から兄い出した。本プラスミドの構造は
例:繊毛虫Tetrahymena, Physarumの線状
poxvirusに属するワクシニアウイルスと同じ
rDNA,酵母やトリパノゾ-マの染色体のテロ
形態をとっている。
メア領域。
R.solani菌を土壌に繰り返し接種すること
(3) DNAの両末端がホスホジェステル結合
によってダイコン宙立枯病が衰退した土壌中か
で閉じてヘアピンループとなって線状構造をとっ
ら異常株が分離される。われわれはこの異常株
ている。例:ワクシニアウイルスDNA,スピ
を用いて,約2.7Kbの線状プラスミドDNA,
ロヘータのプラスミド, Rhizoctonia solaniの
pRS64を検出した。 √さらに,制限酵素切断地図
プラスミド。
の結果から,分子量の等しい3種類のプラスミ
線状プラスミドの大きさはChaenorhaditis
ドの存在を認めた。本プラスミドはexonuclea-
elegans (線虫)の1.6KbからS.uiolaceoruber
seⅡと久一exonucleaseのいずれによっても消
-10-
遺伝生態研究センター通信 No.14
化されないこと, BaTnHI,PuuⅡで切断した断
外線状DNAを取り上げ,その性状について述
片をアルカリ・アガロース・ゲル電気泳動する
べてきた。しかし,核外線状DNAにはいくつ
と,各断片とも兼変性時の2倍の長さになるこ
かの点で顕著な類似性が見られる。先にも述べ
とから,両末端がっながった,ヘアピン・ルー
たように, DNAは両末端が逆向きの繰り返し
プ構造をとっていることが示唆された。 mu一
構造を取り, 5 1末端には蛋白質を結合してい
mg bean nucleaseによる解析から,一本鎖のヘ
るもの,ヘアピン構造を取るもの, R.solani
アピン・ル-プ部分はきわめて小さいことも示
菌のプラスミドのようにヘアピン・ル-プ構造
唆された。 3種類のプラスミドの制限酵素地図
を取っているものとがある。繰り返し構造は動
は中央部では異なっていたが,両末端付近では
く遺伝子の末端認識部位になっていると考えら
共通の部位が存在していた。更に,サザン・ハ
れているo植物病原糸状菌であるClauicepspu-
イプリダイゼ-ションおよびシークエソシング
rpureaから分離したミトコンドリア中のプラ
による解析の結果, 3種類のプラスミドの右末
スミドはミトコンドリアDNAに組み込まれる
端部および左末端部は別の配列を共有している
ことが糸状菌で初めて証明された。さらに,本
ことが示された。
菌はトウモロコシ等に対して絶対寄生菌である
さらに,われわれはR.solani菌の菌糸融合
とともにORF1, 2はトウモロコシのURF
第1-6群の123菌株を供試して, 51菌株から
3, 1と相補性を示すことなどから類推すれば,
線状プラスミドを検出した。サザン・ハイプリ
これらのプラスミドは多くの植物,菌に感染し,
ダイゼ-ション法を用いて,各プラスミド間の
ミトコンドリアDNAに組み込まれた後,長年
相同性を調べた結果,本菌のプラスミドDNA
の間に独自の分子種へ変化したものではないだ
は菌糸融合群ごとにはぼ一定の分子量を有し,
ろうか。また, 氏.solani菌のプラスミドの特
さらにそれぞれの群ごとに相同部位を有するこ
異構造の発見, R.solani, F.OxysporuTn菌に
とが認められた。このことから,プラスミドD
おけるプラスミドは寄生性の分化に関与してい
NAと宿主特異性との間になんらかの関係があ
る可能性が考えられ,糸状菌のプラスミドの今
るのではないかと興味が持たれる。
後の研究の発展が期待される。
ここでは病原糸状菌,特にR.solani菌の核
平成3年度ワークショップについて
「紫外線増加などの未来環境下で植物の成育と
微生物の生活はどう変わるか」
企画担当:菅 洋(遺伝生態研究センター)
日 時:平成3年11月7日(木) ・8日(金)
場 所:遺伝生態研究センター 大会議室
一11-
遺伝生態研究センター連館 NA14
各講師の方の話題提供等の課題は,次のとおりです。
高等植物に及ぼす紫外B光の影響と紫外B光受容体について
橋 本 徹 (神戸大学理学部)
近紫外線による活性酸素の生成と植物細胞の応答
柴 田 均 (島根大学農学部)
植物と病原糸状菌の相互作用に及ぼす紫外線の影響
本 田 雄 一 (島根大学農学部)
キュウリの成長に対する紫外線の影響と成長阻害の作用スペクトル
近 藤 矩 朗 (環境庁国立環境研究所)
未来環境下でのイネの適応性 一特に紫外線,オゾン,温度について一
佐 藤 洋一郎 (国立遺伝学研究所)
長波長紫外線に耐性なイネ品種の育成へのアプローチ
佐 藤 雅 志 (遺伝生態研究センター)
未来環境,掛こ高温環境下における実験モデル短草型草地の動態
庄 司 舜 - (遺伝生態研究センター)
森林の光環境と林木の生長
佐々木 恵 彦 (東京大学農学部)
コメンテーター
稲 田 勝 美 (鳥取大学乾燥地研究センター)
大 瀧 保 (遺伝生態研究センター)
熊 谷 忠 (遺伝生態研究センター)
このワ-クショップについて,関心のおありの方は,予め企画担当者又は共同利用掛まで,ご連
絡いただけると,幸いです。
東北大学遺伝生態研究センター通信No.1 4
編 集 後 記
平成3年(1991年) 9月
編集・発行 東北大学遺伝生態研究センター
本研究センター通信は,センターの活動
状況の他に遺伝生態という新しい学問分野
をめぐる国内外の研究上のトピックス,意
〒980 仙台市青葉区片平2丁目1 - 1
電話 022-227-6200 (代表)
共同利用掛(内) 3130
FAX 022-263-9845
見,書評など多様な内容で構成しておりま
0研究センター通信の題字は,元東北大学学長
す。
o@
石田名春雄先生の自筆です。
皆様のご投稿を編集部までお願いします。
は,東北大学遺伝生態研究センターの
シンボルマークです。
o IGEは, institute of Genetic Ecologyの
略称です。
-12-