ベトナム産業人材の現状と課題

The Project for Human Resource Development of
Technicians at Hanoi University of Industry
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
ベトナム産業人材の現状と
産学連携の試み
2012年7月
森 純一
JICAハノイ工業大学技能者育成支援プロジェクト
産学連携専門家
本日の発表の骨子




ベトナム産業人材の現状と課題
ハノイ工業大学技能者育成支援プロジェクト:
産業界のニーズに基づく人材育成の試み
日系企業とハノイ工業大学との連携事例
教育機関と企業との連携強化への課題
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
2
ベトナムにおける産業人材の
現状と課題
人材ニーズの概要



設計技術者: さほど需要は高くないが、
大卒数は増加している。
製造技術者・技能者・ラインリーダー:
工業化が進むにつれてさらに需要が高
まっているが、人材の確保は容易では
ない。職業訓練コースの人気は下がっ
ている。
ラインオペレーター: 高い需要。器用で
まじめ、低コストとの評判があるが、量
の確保が難しくなっている。地方から都
市への労働移動が進まないといった声
もある。
製品設計
技術者
製造技術/技能者
生産ラインリーダー
ラインオペレー
ター
全体的にものづくり人材の潜在性の高さは広く認められているが、
職種別にみると需要と供給のアンバランスの拡大が懸念される。
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
4
人材ニーズの概要
年
37.2
2003


全体的には徐々に人材が確
保できるようになってきてい
るようではあるが、中間層の
確保は変わらず難しく、ワー
カーの確保も徐々に困難に
なってきているようである。
また、賃金上昇率の高さを
問題視する企業が増えてい
るようである。
注) 参考にしている調査は2009年から若干
であれば質問の仕方が違っている(ワ
ーカー・技術者に対しては製造業のみ
としている)。
53.8
44.7
2004
54.1
50.6
2005
59.0
14.5
55.2
2006
10.4
65.7
63.0
2007
70.4
22.2
45.58
2008
25.93
12.95
2009
36.69
13.67
32.04
2010
44.44
43.69
34.21
2011
34.21
0
10
技術職の採用難
20
54.32
30
40
中間管理職の採用難
%
48.25
50
60
70
一般ワーカーの採用難
JETRO「在アジア日系企業活動実態調査」より筆者作成
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
5
企業から見た人材の評価(業務能力)

強み



2.1.11. Conduct machine maintenance
according to operating procedure
真面目でルールを守る。
勉強熱心で、新しい知識の飲
み込みが早い。
弱み





3.15
2.1.10. Organize a product
manufacturing process and production
lines
3.22
3.72
2.1.9. Ability to learn new technologies
2.1.8. Provide constructive proposals,
based on factual data and analysis
2.91
2.1.7. Analyze causes of problems and
identify solutions
創造力に欠ける。
チークワークが苦手。自己主
張が強い一方で、他人を批判
し、自分の行動に責任を持つ
リーダーシップが取れない。
問題を根本的に解決する能
力が低い。
報連相が苦手。
5Sの知識が十分でない。
3.04
3.44
2.1.6. Train junior technicians
2.1.5. Work as a team by listening to
other colleagues' opinion, facilitating
discussion and taking leadership to…
2.98
2.1.4. Keep work place tidy and efficient
according to the concept of 5S
3.27
3.77
2.1.3. Follow supervisor guidance.
2.1.2. Follow basic operation and safety
standards and proceduresstipulated in
operation manuals.
3.57
2.1.1. Follow basic company rules such
as working hours and annual leave.
1.00
3.74
2.00
3.00
4.00
5.00
HaUI卒業生の評価に関する調査結果(2010)より抜粋
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
6
企業から見た人材の評価(機械系)

強み




5.1.11. Skill of using spot welding
machine.
機械操作の飲み込みは早い。
CADソフトの操作の学習は早い。
手先が器用である。





5.1.10. Skill of manual gas cutting and
testing welding spot using nondestructive method.
3.20
3.25
3.40
3.33
5.1.9. Skill of soldering
5.1.8. Skill of MIG/MAG and TIG
welding.
3.67
4.00
3.67
3.50
5.1.7. Skill of SMAW welding.
弱み
5.1.6. Operate bending machines, metal
cutting machines, and punch press
machines.
第三角法の図面を学んでいない。
安全面の知識が十分でない。
現場に入ることを嫌がる(大卒)。
測定工具の使用法を十分に学ん
でいない。精度に関する意識が低
い。
プログラムなど、CNC加工機操作
に関する知識は十分でない。
3.67
3.00
3.20
5.1.5. Operate CNC metal processing
machines, EDM, and wire cut machine.
3.67
3.20
3.44
5.1.4. Programming skills of NC, CNC,
EDM, using FANUC software and Gcode.
5.1.3. Operation of general lathe,
milling, grinding boring, drilling
machines and planer.
2.83
3.50
3.78
3.68
5.1.2. Select appropriate materials for
metal processing.
2.88
3.20
5.1.1. Design mold and dies by using
CAD and CAM.
3.00
3.00
1.00
Vietnamese
2.00
3.00
4.00
5.00
Japanese
HaUI卒業生の評価に関する調査結果(2010)より抜粋
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
7
ハノイ工業大学技能者育成支援
プロジェクト: 産業界のニーズに
基づく人材育成の試み
ハノイ工業大学(HaUI)の概要






歴史: 1898年(仏植民地時代)に工業専門学校として創立。今年114周年。
1999年に短大、2005年に大学に昇格。工商省(MOIT)傘下の公立大学。
キャンパス: Hanoi市内に2つのキャンパスあり(各5ha)。ハノイ市南郊のHa
Nam省に第3キャンパス(38.5ha)を建設中。
規模: 学生数は約6万人。教職員は約1,400人。
教育訓練レベル:職業訓練(2年制中等専門課程・3年生短大課程)、短大(3
年制)および大学(4年制)を併設。
主な教育訓練コース: 理系(機械・金属加工・電気・電子・自動車など)・文系
(外国語・ビジネス・会計など)。
その他: ロボットコンテスト全国2位(2010年、2011年)、国内および国際技能
競技会にも積極的に参加。工業電子部門国内1位(2011)、CADデザイン
ASEAN1位など。
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
9
HaUIが提供する教育訓練
JICAによるHaUIへの技術支援: 第1期プロジェクト
日本型職業訓練コースの立ち上げ
ハノイ工科短期大学機械
技術者養成プロジェクト




協力期間: 2000年4月~2005年3月(5年間)
協力内容: 機械加工・金属加工・電気制御分野の職業訓練コース(2年
間)の新設
支援内容: 専門家派遣(長期10名/短期17名:雇用・能力開発機構、等
)、本邦研修(23名)、教育訓練機材供与(汎用旋盤・汎用フライス盤・CNC
旋盤・マシニングセンター・測定機器および工具・板金加工機各種・PLCそ
の他電気制御機器)。
主な成果: プロジェクトにより設置されたコースは「ベトナム日本センタ
ー(VJC)」として確立され、現在もHaUIによる運営されている。年間約350
名の技能者を輩出し、日系企業の評価も高い。
11
JICAによるHaUIへの技術支援: 第2期プロジェクト
産業界のニーズに基づいた人材育成へ
ハノイ工業大学技能者育成
支援プロジェクト




協力期間: 2010年1月~2013年1月(3年間)
協力内容: 産業界の人材ニーズに沿った教育訓練カリキュ
ラムの策定・実施能力向上
支援内容: 専門家派遣(長期2名/短期複数名)、本邦研修、
機材供与。
特色:日系・越系企業との有機的な連携(人材育成ニーズの
情報共有、カリキュラムの策定・評価への参画、技能検定試
行、インターンシップ・就職支援、等)
12
2期にわたるJICAプロジェクトが目指す
HaUIにおけるPDCAサイクル運営体制の確立
プロセス1: 訓練ニーズの把握
第2期プロジェクト
プロセス2: 訓練実施分野の選定
Plan
Do
Action
Check
プロセス3: カリキュラムの作成
プロセス4: 訓練の実施に向けた準備
プロセス5: 訓練の実施
第1期プロジェクト
プロセス6: 訓練の評価
第2期プロジェクト
プロセス7: 改善策の検討と実施
13
成果1: 教育訓練プログラム改善サイクル構築
産業界のニーズに基づく教育訓練プログラムの形成





ニーズ調査の実施: 2010年に100社以上訪問、32社につい
ては詳細聴き取り調査実施し、産業界の人材ニーズを把握
。その後下記のパイロット活動を形成・実施中。
機械保全短期コース(機械系、電気系の2コース)の形成・
実施: 企業における技能者を対象に、2012年3月に実施予
定。
5Sコンセプトの導入: 5S委員会を設立し、毎月の視察や5S
週間など、全校的活動を2011年5月より展開中。過去2回の
5S週間には多くの企業の方に視察・審査に参加頂いた。
品質管理短期コースの形成: 大学・短大コースの最終学年
の生徒対象に、2012年秋実施予定。
機械製図の科目の改善: 機械工学部・ベトナム日本センタ
ーなど対象に第3角法による製図の教育を導入。2012年秋
より開始予定。
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
14
5S 教育の導入



5Sに関する教育を学校でも強化して
ほしいとの声を受け、2010年にHaUI
は副学長を委員長とした「5S委員会」
を設置し、さらに5Sモデルワーク
ショップを4つ設けた。
2011年5月以降は5S活動を全校的に
拡大し、毎月5S委員会メンバーによ
る各学部・センター・部署の5S審査を
行い、改善指導を行っている。
2011年4月、10月、2012年4月3回
「5S週間」を実施した。5S週間では企
業からの専門家を外部評価員に招い
て審査を行い、優秀な学部・セン
ター・部署を表彰している。青年団が
主導して、生徒も校内の清掃活動
や、他の生徒への啓蒙活動を行っ
た。第3回の5S週間には他校の講師
も招いており、内外への啓蒙活動を
推進していく計画である。
機械製図科目の改善
企業サーベイにおいて、HaUI卒業生の機械製図に関する能力について、日系企業とベト
ナム企業の間で評価に差がみられた。
3.40
4.1.4. Have knowledge of labor safety and explosion
prevention.
2.89
3.00
4.1.3. Use technical measurement tools and have
knowledge of tolerance.
3.24
3.25
4.1.2. Use drawing software (CAD and CAM).
3.27
4.1.1. Read and understand drawing of product design
including Third-angle orthographic projection, and write
technical drawing.
4.10
3.29
1.00
Vietnamese
2.00
3.00
4.00
5.00
Japanese
数社の企業に詳細の聞き取り調査を実施、第3角法の知識
の不足を特定。
機械工学部、VJC、メカニカルセンターにおいて第3角法に
関する教育を導入すべくカリキュラムおよび教材を改善中。
16
機械保全短期コースの形成
企業サーベイにおいて、一般的に機械保全スタッフへの需要と教育強化の要望
が見受けられた(「修理」と「保全」の違いを理解していないなど)。
6.2. New subjects w hich HaUI should introduce - A. Machine Maintenance
Answer
Yes
No
No Answer
Total
Frequency
20
1
11
32
Percent
62.5%
3.1%
34.4%
100.0%
No
Answer
34.4%
Yes
62.5%
No
3.1%
数社の日系・越系企業に詳細の聞き取り調査を実施しつつ、カリ
キュラムおよび教材を作成。講師2名が日本の汎用フライストップ
シェアメーカーであるエツキ社にて精度調整についての研修を、職
業能力開発総合大にて講師4名が機械要素と潤滑油管理につい
ての研修を受ける。
企業の初級保全スタッフを対象に「汎用機の機械保全・電気
保全基礎コース」を2012年3月-4月に実施。
17
汎用機の機械系および電気系保全基礎短期コースの実施
17社(うち日系13社)より、76名が4回(機械系・電気系各2回)のコースに参加。
参加企業: Honda Vietnam, Vietnam Stanley Electric, Brother Industries ( Vietnam) ,
PENTAX Vietnam, Asahi Intecc Hanoi, EBA Machinery, EDH, Fujikin Vietnam, Tohoku Pioneer
Vietnam, Muto Technology Hanoi, Nissei Technology Vietnam, Canon Vietnam, Cosmos Industrial,
Thang Long Industrial Park Corporation , Toho Vietnam, CNC Vina, Tien Phat
機械系保全コース概要
1.
2.
3.
4.
5.
予防保全
機械製図
機械要素
故障診断と制度調整
潤滑油管理
電気系保全コース概要
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
電気安全
テスターの使い方とその計測法
電気制御の要素機器
モーター
センサー
空 圧制御要素機器
シュミレーター教材による故障診断電気安全
18
品質管理基礎(QC七つ道具)短期コースの形成
企業サーベイにおいて、品質管理の基礎を理解した人材の需要を確認。
Yes
No Answer
Total
Frequency
25
7
32
Percent
78.1%
21.9%
100.0%
No
Answer
21.9%
Yes
78.1%
生徒向けの品質管理基礎短期コース(QC七つ道具)を形成
2012年10月に自動車工学部、機械工学部などの生徒を対象に短
期コースを実施予定。
19
成果2: パイロット技能検定の実施
産業界から認識された技能評価制度の構築




背景: ベトナム政府が技能評価制度の整
備を開始しており、HaUIは技能基準作成
およびパイロット評価試験の実施機関の
一つ。
検定分野: マシニングセンタによる機械加
工(金型製造などに必須の機械加工工程)
。ベトナム技能基準でのレベル2(日本に
技能検定での3級と2級の間に相当)。
検定試験の内容: 学科および実技試験。
主な活動: 実技試験課題の作成、学科試
験の作成、採点基準の作成、採点者の育
成、実施要領の作成等。2012年8月にまず
は学生を対象に第1回試行試験を実施予
定。
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
20
成果3: 就職支援システムの構築
将来の職業を常に意識して学業・実技訓練に励む





インターンシッププログラム改善: 企業と議論を重ね双方
に良い形にプログラムを改善。生徒による定期報告・講
師によるモニタリング制度の導入。
キャリアカウンセリングの試行的実施: 入学後、学期末、
インターンシップ前後などにカウンセリングを行い、将来
の職業への意識を高めている。
講師・生徒による企業見学: 企業の求める人材像を知り
、学校で何を身に着けるべきかを考える機会として実施
中。
卒業生による特別講義: 企業で活躍する先輩たちの話を
聞き、将来のキャリアのイメージをつかむことを目的とし
て実施中。
卒業生就職先の把握:教育訓練プログラムの効果を把
握するため、就職率および就職先を正確に把握すべく
2011年から実施中。
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
21
日系企業とのハノイ工業大学
との連携事例
産学連携の種類とその要件
連携形態
要件
教育機関側
企業側
人材の採用
適切な生徒の紹介(キャリアカウンセリン
グ・ゼミなどによる講師と生徒とのつなが
り)、就職フェアの開催
適切な採用情報の提供(職務、採用条
件など)
インターンシップ
適切な人材の紹介、希望するプログラム
の内容、傷害保険、適切な事前ブリー
フィングと事後のカウンセリング、中間評
価訪問
適切なプログラムの提供、安全な業務環
境、適切なスーパーバイザーの配置、評
価システム、採用可能性情報の提供
短期訓練コース 十分な能力のある講師、企業の要望に
求める知識・技能の明確化、コース内容
見合った教材・訓練機材・設備、適切な の精査、適切な参加者の選定、評価へ
訓練環境、評価システム
の協力
共同訓練
適切なかつある程度の数の生徒、十分 技術移転のできる専門家、必要な機材・
な能力のある講師、機材・教材、適切な 教材の供与
機材・教材・訓練施設
共同研究
研究ニーズの把握、十分な知識のある
講師もしくは生徒、必要な機材・設備、
知的財産保護体制
研究シーズの提供、適切な協力体制(人
員、機材、設備、情報など)
23
HaUIにおける産学連携の現状と方向性
# of Inquiries By Category (2012)

主な連携オプション




現状



採用・インターンシップ
短期コース・共同訓練
共同研究・教材開発
1
Text Book
1
Short-term Course
4
Skill Test
0
Skill Competition
0
Scholarship
0
Recruitment
採用やインターンシップに関しての
問い合わせ(もしくは提案)が最も多
い。
短期コースについての相談も徐々に
増えている
今後の方向性

Others
短期コース・卒業プロジェクトなどを
活用した共同研究・共同での教材作
成などを増やしていきたい。
10
Manufacturing Order
2
Lecture by Graduate
1
Language course
0
Joint Seminar
2
Joint Research
0
Job Fair
1
Internship
3
Donation of equipment
2
Demonstration
0
Company Tour
3
0
2
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
4
6
8
10
12
24
HaUIと企業との連携事例: 共同訓練コース
Toyota Motors Vietnam (TMV)



TMV社は北部Vinh Phuc省に乗用車製造拠点および全国に
販売会社とサービスセンターを持つ。HaUIはTMV社の支援
を受け、自動車整備人材育成強化のための” Toyota
Technical Education Program for Body Repair and Paint
(T-TEP)”を2006年にHaUI内に立ち上げた。
T-TEPは2007年から6ヶ月コースの実践的コース(HaUIで
の訓練、Toyota系サービスセンターでの実地訓練を含む)
に生徒の採用を開始。ここれまでの6年間に6回のコースを
実施し、297名を訓練した。卒業生はToyota社もしくは他社
のサービスセンターで勤務している。
その他に、生産現場で活躍できる人材の供給をめざし、生
徒向けの品質管理短期コース(主にQC7つ道具)の形成に
おいて協力を得ている。2010年12月から2011年1月にか
けてQCサークル基礎コース(2日間)を2回本校の講師のみ
を対象にTMV社にて開催、合計 40名の講師が参加した。
参加者は2012年10月に開催予定の短期コース形成の中
心メンバーとなっている。
HaUIと企業との連携事例: 産業人材育成
Panasonic Institute of Manufacturing



Panasonic Institute of Manufacturing (も
のづくり大学校)は、社会人としての基礎か
ら現場改善の実践的知識までを含んだ包
括的な基礎・応用の産業人材育成コースを
主にベトナム内のグループ企業の従業員に
提供している。2010年より、社会及び産業
界への貢献として、サプライヤーや周辺の
学校の講師・生徒を一部基礎コースに受け
入れている。
2010年8-9月の基礎コースに、HaUI講師
を2名受け入れ。2011年12月から2012年8
月まで3回のコースに合計21名の生徒を
VJC・電子工学部より受け入れ。
2011年に4月および10月に行った「5S週間
」に、外部評価者を派遣し、開会式では5S
の基礎についての講義を行った。
HaUIと企業との連携事例: 共同セミナー
EBARA Corp.



ポンプやコンプレッサなどを製造・販売する荏原
製作所は社会貢献の一環として途上国におい
て各国の教育機関と連携してセミナーを行って
いる。
2011年9月には、HaUIの機械工学部・自動車
工学部の生徒および講師約100名を対象に、
ポンプ技術の基礎、故障診断、予防保全などに
ついての講義を含んだ「ポンプ操作と保全」に
ついての1日セミナーを開催した。生徒は最新
の技術に触れることができ、また機械保全コー
スを担当する講師は機械要素の保全について
有用な知識を得ることができた。
2012年9月には第2回のセミナーとして、「ポン
プの故障診断: 振動とノイズの最新の分析方
法」を、HaUI講師および企業や他校からの参
加者を招いて開催する予定である。
HaUIと企業との連携事例: インターンシップ⇒採用
Toho Vietnam Co., Ltd.





Toho Vietnam社はハノイ市タンロン工業団地にある射出
成型金型製造メーカー。Canon社、Honda社などへの金型
を製造していうる。親会社は群馬県安中市の東邦工業
(株)。
創業以来定期的にVJC/HaUIの卒業生を多数採用してお
り、2012年2月時点で57名の卒業生が勤務している(全従
業員約120名の約48%)。
毎年約20-30名ほどの生徒に対して、座学と現場実習そし
て定期的な能力テストを交えた包括的なインターンシップ
プログラムを提供している。一方で、Toho社はインターン
期間を適切な採用候補者を探す機会として活用している。
インターンシップに対してより適切な生徒を選定するため、
2012年4月には生徒による企業見学を受け入れ。
女性の機械技能者を増やすためのPRや、将来的な金型
設計基礎コース形成へなどについての連携などを協議
中。
HaUIと企業との連携事例: インターンシップ⇒採用
Takagi Vietnam Co., Ltd.


Takagi Vietnam社は、ベトナム北部Hung
Yen省のタンロン第2工業団地に工場を持つ、
射出成型製品および金型メーカー。本社は福
岡県北九州市の(株)タカギ。
現在金型工場の立ち上げに当たり、金型加工
技能者の採用のためHaUIを訪問。2012年5
月から6月の2ヶ月間、VJC機械加工コースの
Hung Yen省周辺出身の生徒を4名インターン
として受け入れ、金型設計・加工・仕上げにつ
いての訓練プログラムを実施した。現在その
中で適性のある3名の生徒の採用を検討中。
今後も毎年インターンを受け入れたいとの意
向。VJC側もTakagi Vietnam社の社員教育に
熱心な社風に感心し、今後も良好な関係を続
けていきたいと考えている。
HaUIと企業との連携事例: 企業での短期コース
Nagatsu Vietnam Co., Ltd.




Nagatsu Vietnam社はハノイ市タンロン工
業団地に工場を持ち、コマツ社の建設機械
向けの精密機械部品を製造している。
VJC/HaUIの卒業生を採用している。親会
社は京都市にある長津工業(株)。
同社からの要請を受け、2012年4月にVJC
およびHaUI機械工学部の講師が「マシニ
ングセンター段取りおよび操作の基礎」
コースを、新人社員2名を対象に3週間(60
時間)同社にて実施した。
コースは測定工具の使用法、ワーク材の
取り付け、機械製図、NCプログラム、工具
長補正、ワーク座標のオフセット量設定な
どを含んだ。
今後も新人研修への協力の継続を協議し
ている。
HaUIと企業との連携事例: HaUIおよび企業で短期コース
Showa Denko Rare-Earth Vietnam Co., Ltd.


Showa Denko Rare-Earth Vietnam (SRV) 社は、昭和電工社の
ベトナム子会社であり、ベトナム北部Ha Nam省にレアアース金属
製品の生産拠点をもつ。機械系、電気系の基礎保全コースの開
催を2012年7月末から8月初旬にかけて計画している。現在内容
および条件を協議中。
前半HaUIでの訓練、後半はSRVでの実地訓練を予定している。
出所: 昭和電工社ホームページより
教育訓練機関と日系企業との連
携強化のための課題
日系中小企業とHaUIの連携の利点
HaUIから見た利点




意思決定者にアクセスがしや
すく、協議の進行が早い。
インターンシッププログラムを
緊密に議論しながら作成する
ことができる。
技術・技能を直接生かせる職
務がある。
学歴へのこだわりが強くない。
中小企業から見た利点


適切な人材へのアクセスがで
きる。
HaUIの短期コースを新人社
員の研修などへ活用できる。
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
33
日系中小企業とHaUIの連携の課題
HaUI側の課題




日本人専門家がいなくなった
あといかに関係を維持するか
⇒産学連携委員会および就
職支援委員会の設置。語学
ができるスタッフの活用など。
いかに産学連携に積極的に
取り込む講師を増やすか⇒成
果に対する報酬の明確化。
提案作成能力の改善。
共同研究の際の知的財産権
保護に関する体制の構築。
中小企業側の課題


ローカルスタッフ同士の交流
の奨励と、進捗の管理。
日本人スタッフとローカルスタ
ッフの意思疎通の強化。


例1: ローカルスタッフの方が学
歴とポジションを関連づける意識
は強い。「技術者」=「大卒以上」
例2: 学校側からの提案をローカ
ルスタッフが上にもっていかず、
日本人専門家から日本人マネー
ジャーに連絡してほしいという連
絡を受けることがしばしばある。
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
34
ベトナム進出を検討する皆様へのご提案

企業と学校の相互訪問


採用を見据えたインターンシッププログラムの活用



より適性のある生徒を採用するための手段として、インターンシップを活用していただ
きたい。
まだそれほど関係の深くない中小企業が数名を採用するだけの場合は学校側もそれ
ほど積極的に動かず情報の回覧にとどまることが多いが、インターンシップは必修とな
っている場合が多く、よい受け入れ先を学校側も探している。⇒Win-Win関係の形成。
大使館、JICA関係機関、JETROなど公的機関の活用


学校側も企業を積極的に訪問するが、企業の皆様にも気軽に学校を訪問して、施設・
授業風景などを見て頂きたい。
各機関の交流が進んでいるベトナムでは、教育機関との連携について興味を示せば、
おそらくHaUIを含めた関連教育機関を紹介してくれるはず。
ローカルスタッフ同士のネットワークの強化

本校のベトナム人講師が貴社のローカルスタッフに何らかの提案をした場合(インター
ンシップ・企業見学など)、なるべく提案を提出しやすい雰囲気を作っていただきたい。
HaUI-JICA Project for Industrial Human Resources Development
35
ご清聴ありがとうございました。
皆様のご来校を心よりお待ちしております。
連絡先: 森 純一 (産学連携専門家)
e-mail: junmori0707@gmail.com
Tel: +84-(0)4-3765-5407 (ext. 103)