「知識の理論(TOK)」と総合的な学習の時間 - 情報教育研究所

Proceedings of the 43rd Annual Meeting of the English Language Education Society of Japan
日本英語教育学会第 43 回年次研究集会論文集
国際バカロレア・ディプロマプログラム科目
「知識の理論(TOK)」と総合的な学習の時間
大塚
早稲田大学教育学研究科修士課程
恵理子
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田 1-6-1
E-mail: e.1_rk@toki.waseda.jp
あらまし 本報告の目的は、近年の知識基盤社会を背景に生まれた「新しい能力」観に基づいて行われている日本の学校教
育について、総合的な学習の時間と国際バカロレア科目「知識の理論(TOK)
」
(以下 TOK)の内容を照らし合わせながら、カ
リキュラム構成・評価基準・指導内容において TOK から示唆を得ることにある。総合的な学習の時間の教育目標が改訂され、
学習指導要領における総則の一部から章の取り扱いになったことの背景には、総合的な学習の時間で育まれようとしている能力
が昨今の知識基盤社会、ひいてはグローバル人材の育成に欠かせないものとの認識が強まっていることの現れとも解釈できる。
また、グローバル人材の育成に関して、2012 年 8 月に文部科学省は国際バカロレア(以下 IB)資格への対応を発表し、国際バ
カロレア・ディプロマプログラムにおける「TOK」に関する調査研究協力会議の報告書である「国際バカロレアディプロマ・プ
ログラム Theory of Knowledge(TOK)について」のなかで「IB の教育理念は全人教育にあり、そのカリキュラムは、学習指導
要領が目指す『生きる力』の育成や、課題発見・解決能力、論理的思考やコミュニケーション能力等重要能力・スキルの確実な
習得に資するものである」と述べた。総合的な学習の時間の課題となっている評価基準の設定、評価の信頼性、カリキュラムの
明確化、教科との関係の整理といった点は、IB において総合的な学習の時間と近い位置として存在する TOK の①全ての教科に
通底する、目に見えない“方法”
“学び方”を可視化している、②一つの教科として体系的にまとめられている、③総合学習を
中心とした教科横断的思考法の提示をしている、という特徴から示唆を得られると考えられる。
キーワード 国際バカロレア,
「知識の理論(TOK)
」
,総合的な学習の時間,生きる力,メタ知識
International Baccalaureate Diploma program
“Theory of Knowledge(TOK)” and Periods for Integrated Study
Eriko OTSUKA
Waseda University 1-6-1 Nishiwaseda, shinjyuku-ku, Tokyo 169-8050 Japan
e.1_rk@toki.waseda.jp
Abstract Due to internationalization of Japanese, an urgent need to cultivate Japanese with new ability that can use
metacognition has emerged and is being recognized as one of the important goal of Japanese Education. Because National
syllabus for junior and senior high schools from Japan’s Ministry of Education has emphasized importance of Zest for Living
and Periods for Integrated Study. Though this new ability is coming more and more important in knowledge based-society and
globalization, Periods for Integrated Study has many problems, for example, there is no an appraisal standard, reliability of
standard, lack of relationship with the subject and so on. On the other hand, in2012 August, Japan’s Ministry of Education
made something known adoption of International Baccalaureate(IB). A principal of IB is related to Zest for Living’s vision,
and the subject “Theory of Knowledge(TOK)”of IB has appraisal standard, reliability of standard, and system of metacognition.
These points are to be of use as a reference.
Keyword International Baccalaureate,Theory of Knowledge (TOK),Periods for Integrated Study, power of living,
metacognition
大塚 恵理子, “国際バカロレア・ディプロマプログラム科目「知識の理論(TOK)」と総合的な学習の時間,”
日本英語教育学会第 43 回年次研究集会論文集, pp. 11-17, 日本英語教育学会編集委員会編集, 早稲田大学情報教育研究所発行, 2014 年 3 月 31 日.
This proceedings compilation published by the Institute for Digital Enhancement of Cognitive Development, Waseda University.
Copyright © 2014 by Eriko OTSUKA All rights reserved.
1. は じ め に
ま た 、グ ロ ー バ ル 人 材 の 育 成 に 関 し て 、2012 年 8 月
に 文 部 科 学 省 が 国 際 バ カ ロ レ ア( 以 下 IB)資 格 へ の 対
1.1. 本 稿 の 目 的
本報告の目的は、近年の知識基盤社会を背景に生ま
応 を 発 表 し 、「 IB の 教 育 理 念 は 全 人 教 育 に あ り 、 そ の
れた新しい能力観に基づいて行われている日本の学校
カリキュラムは、学習指導要領が目指す「生きる力」
教育について、総合的な学習の時間と国際バカロレア
の育成や、課題発見・解決能力、論理的思考やコミュ
科 目「 Theory of Knowledge( 知 識 の 理 論 )」
( 以 下 TOK)
ニケーション能力等重要能力・スキルの確実な習得に
の 内 容 を 照 ら し 合 わ せ な が ら 、TOK か ら カ リ キ ュ ラ ム
資 す る も の で あ る 」 [4]と 述 べ て い る 。 と く に IB の カ
構成・指導内容について示唆を得ることである。
リ キ ュ ラ ム の 中 核 を 成 す「 知 識 の 理 論( TOK)」は 、総
1996 年 に 中 央 教 育 審 議 会 第 一 次 答 申 『 21 世 紀 を 展
合的な学習の時間と近い位置づけにありながらも、現
望 し た 我 が 国 の 教 育 の 在 り 方 に つ い て ( 第 一 次 答 申 )』
在総合的な学習の時間が抱える課題に対して示唆を与
のなかで登場した「生きる力」の概念は、①「自分で
え得るものである。
以下か らは 、近年 注目 され つつあ る 「 新し い能力 」
課 題 を 見 つ け 、自 ら 学 び 、自 ら 考 え 、主 体 的 に 判 断 し 、
行 動 し 、よ り よ く 問 題 を 解 決 す る 資 質 や 能 力 」、②「 自
[6]の 概 念 を「 メ タ 知 識 」と し て 明 確 化 し つ つ 、総 合 的
らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる
な学習の時間と国際バカロレア科目「知識の理論
心 や 感 動 す る 心 な ど 、豊 か な 人 間 性 」、③「 た く ま し く
( TOK)」 の 現 状 を ま と め る 。
生 き る た め の 健 康 や 体 力 」、の 三 本 柱 で 成 り 立 っ て い る 。
2.現 代 に 求 め ら れ る 「 新 し い 能 力 」と は
とくに①の「自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考
齋 藤 ( 2005) [5]に よ る と 、 知 識 は 二 重 構 造 で あ り 、
え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決す
る 資 質 や 能 力 」は 、2008 年 に 改 訂 さ れ た『 学 習 指 導 要
事 実 や 専 門 知 識 な ど の 知 識 (「 個 別 知 識 」) と 、 知 識 に
領 』の「 第 5 章 総 合 的 な 学 習 の 時 間 」な か で「 (1)自 ら
関する知識、知識の管理・操作に関する考えや方法あ
課 題 を 見 つ け 、自 ら 学 び 、自 ら 考 え 、主 体 的 に 判 断 し 、
る い は 推 論 の メ カ ニ ズ ム で あ る 知 識 (「 メ タ 知 識 」) に
よ り よ く 問 題 を 解 決 す る 資 質 や 能 力 を 育 て る こ と 」、
分けられる。つまり、一つ一つの個別知識が有効であ
「 (2)学 び 方 や も の の 考 え 方 を 身 に 付 け 、問 題 の 解 決 や
るにも関わらず、それが状況に応じて物事の本質を読
探究活動に主体的、創造的に取り組む態度を育て、自
み解く手段として使われなければほとんど意味をなさ
己 の 生 き 方 を 考 え る こ と が で き る よ う に す る こ と 」、
な い と い う こ と で あ る 。こ こ で い う「 メ タ 知 識 」と は 、
「 (3)各 教 科 、道 徳 及 び 特 別 活 動 で 身 に 付 け た 知 識 や 技
限られた個別的な場面に応じた個別的な方略・方法の
能等を相互に関連付け、学習や生活において生かし、
ことではなく、日常のなかで、例えば「調査研究をす
それらが総合的に働くようにすること」と強調されて
ること、論文や報告書を書くこと、提案するこ と、計
い る 。ま た 、同 章 第 3 の 1 の (2)に「 探 究 的 な 学 習 」 と
画すること、設計すること、意志決定すること、プロ
い う 言 葉 が 、2 の (2)に は「 問 題 の 解 決 や 探 究 活 動 の 課
グラムを作成すること、小説を書くこと、新しいプ ロ
程においては、他者と協同して問題を解決しようとす
ジ ェ ク ト を 立 ち 上 げ る 」[5]際 に 必 要 に な る 考 え 方 の こ
る学習活動や、言語により分析し、まとめたり表現し
とである。知識はそれそのものではなかなか有効に使
たりするなどの学習活動が行われるようにすること」
うことが難しいにも関わらず、学校教育では「個別知
等が加わった。
識」に対する知識や活用の方法は注目されてこなかっ
1
相次ぐ改訂のなかで総合的な学習の時間の項目が
た。これらはその後の経験から学ぶことが期待され、
増やされたこと、そして総則ではなく 独立した章の扱
社会に出てからの個人の努力に任されている現状があ
いになったことの背景には、総合的な学習の時間で育
る。
まれようとしている能力が昨今の知識基盤社会、ひい
しかし、知識基盤社会といわれる近年、このような
てはグローバル人材の育成に欠かせないものとの認識
「メタ知識」を学校教育で育成しようとする意識が高
が強まっていることの現れとも解釈できる。
まってきているこ とは、様々な機関が発表 した今後求
められる新しい能力観のなかにも如実に表れている。
(表1参照)
1
「 探 究 的 な 学 習 」に つ い て 、
『 小( 中 )学 校 学 習 指
導 要 領 解 説 総 合 的 な 学 習 の 時 間 編 』に は 、
「探究的な学
習とするためには、学習過程が以下のようになること
が 重 要 で あ る 。」と あ り 、具 体 的 に は「 ①【 課 題 の 設 定 】
体 験 活 動 な ど を 通 し て 、課 題 を 設 定 し 課 題 意 識 を も つ 。
②【情報の収集】必要な情報を取り出したり収集した
りする。③【整理・分析】収集した情報を、整理した
り 分 析 し た り す る 。④【 ま と め・表 現 】気 付 き や 発 見 、
自 分 の 考 え な ど を ま と め 、判 断 し 、表 現 す る 。」と あ る 。
表1
機関
「新しい能力」 一覧
名称
【初等・中等教育】
12
内容
国際バカロ
「知識の理
総合的な学習の時間のねらいは冒頭に述べた
・論理的思考力
(1)(2)(3)の と お り だ が 、 文 部 科 学 省 教 育 課 程 部 会
レ ア( 1968) 論 ( TOK)」 ・ 表 現 力
文部科学省
生きる力
( 1996)
活・総 合 的 な 学 習 の 時 間 専 門 部 会 (2007)[7]に よ る と「 大
事を多用な観点から分
きな成果を上げている学校がある一方、当初の趣旨・
析する力
理念が必ずしも十分に達成されていない状況」が 見ら
・問題解決の資質や能力
れており、また「小学校と中学校とで同様の学習活動
・自 律 し た 、協 調 性 の あ る
を 行 う な ど 、 学 校 種 間 の 取 組 の 重 複 も 見 ら れ る 」、「 総
合的な学習の時間においては、教科の補充・発展学習
豊かな人間性
OECD-PISA
リテラシー
・健康や体力
や学校行事などと混同された実践が行われている例も
・道 具 を 相 互 作 用 的 に 用 い
見られる」とされている。現状として、総合的な学習
る能力
の時間が理念として掲げているものが十分に理解され
・活用力
ていない点と、他の教科とどのように関連づいている
・論 理 的 思 考 力 、想 像 力 な
のかが教師自身わからないという点が挙げられる。
( 2001)
内閣府
人間力
(経済財政
そ の た め に 必 要 な 対 策 に つ い て は 、①「 総 合 的 な 学 習
どの知的能力的要素
諮問会議)
の ね ら い を 明 確 化 」し 、
「 児 童 生 徒 に 育 て た い 力( 身 に
・自己制御的要素
付けさせたい力)や学習活 動の示し方について検討す
( 2003)
OECDDeSeCo
キー・コン
・知識や情報を活用する
る 」、②「 関 連 す る 教 科 内 容 と の 整 理 、中 学 校 の 選 択 教
ピテンシー
能力
科との関係の整理、特別活動との関係の整理」を行う
・人間関係形成能力
としている。その他にも③「優れた事例の情報提供」
・自律性と主体性
や ④「 コ ー デ ィ ネ ー ト の 役 割 を 果 た す 人 材 の 育 成 」、⑤
( 2006)
「総合的な学習の時間の指 導計画や実施状況について、
【高等教育・職業教育】
経済産業省
( 2006)
文部科学省
( 2008)
生
・探 究 心 や 学 術 的 思 考・物
社会人基礎
点 検 ・ 評 価 す る こ と 」 [7]等 を 提 案 し て い る 。
・前 に 踏 み 出 す 力( ア ク シ
力
非言語型知識の習得を得るための経験や活動が求め
ョン)
学士力
・考 え 抜 く 力( シ ン キ ン グ )
られる総合的な学習の時間だからこそ、教科以上に明
・チ ー ム で 働 く 力( チ ー ム
確・精緻な目標が提示される必要がある。また実践に
ワーク)
際して理念の理解だけでなく評価の視点が曖昧である
・知識・理解
という点も混乱を生じさせる原因であろう。確実に能
・汎用的技能
力を身につけるためには、 作品・レポートなどにより
・態度・志向性
学習成果を可視化・自己確認させる過程を踏まえなが
・統合的な学習経験
ら、教科等へのフィードバックを確実に行うというス
・創造的思考力
テップが欠かせない。学習者が学習そのものを再発見
する機会として総合的な学習の時間が機能するように、
( 松 下 .2011[6]を 参 考 に 筆 者 作 成 )
このような知識と思考の相互作用的なプロセスを指
他者との共同のなかで問題解決や言語による分析・ま
す 能 力 は「 メ タ 知 識 」と 解 釈 で き る 。知 識 の 構 造 化 は 、
とめ等といった学習方法の多元化・総合化が図られ、
経験等から得られたある程度汎用性のある概念的フレ
可能な限り学習者が一生学びつづけら れるような知力
ームワークに沿って行われる。
「 メ タ 知 識 」は「 個 別 知
の形成を促すことが望ましい。また、教師の力量を発
揮する総合的な学習の時間の計画・運 営は総合的な学
識」とは異なり、それ自体を明示化することが困難な
ため、単純に教授することは困難であるという特徴が
習の時間を通じた学校教育の再検討にもつながる。惰
あるが、第一歩として非言語型知識を得るための思考
性的・ルーチン的な教育活動からの脱却を通して、教
の訓練・プロセスを体系的にフレームワークとして示
職専門性・教科専門性へのフィードバックが可能とな
す必要があると考えられる。
る。
以下からは、国際バカロレアと国際バカロレア 科目
1996 年 に 提 唱 さ れ た「 生 き る 力 」を 育 む 授 業 と し て
注目された総合的な学習の時間だが、指導要領の改訂
「 知 識 の 理 論( TOK)」の 概 要 を 示 す と と も に 、そ の 特
の背景にはいくつかの問題点が挙げられる。以下では
徴と課題、今後の研究の方向性をまとめる 。
総合的な学習の時間の目標を確認し、授業の理念 の浸
4.日 本 と 国 際 バ カ ロ レ ア
透・実践に関しての現状をまとめる。
私達を取り巻く社会は近年急速な勢いで多様化し
ており、グローバル化の過程において各国の経済は国
3.総 合 的 な 学 習 の 時 間 の 現 状 と 課 題
13
際化と他国との統合化を行っている。今日、ほとんど
見方や考え方を提示する取り組みは、日本においては
の OECD 諸 国 は「 知 識 基 盤 社 会 」と 称 さ れ 、経 済 的 発
非 常 に 新 し い 動 き と 考 え ら れ る 。以 下 で は IB の 中 核 で
展や繁栄のために知識が圧倒的に重要な役割を果たし
あ る「 知 識 の 理 論( Theor y of Knowledge)」
( 以 下 TOK)
ている。その結果、経済成長を左右する教育は、今で
について概略を示す。
は政治的な課題として取り上げられるようになった。
5.「 知 識 の 理 論 ( TOK)」 に つ い て
5.1.国 際 バ カ ロ レ ア ・ デ ィ プ ロ マ プ ロ グ ラ ム と
は
国 際 的 な 舞 台 で 活 躍 で き る 人 材 (「 グ ロ ー バ ル 人 材 」)
を育てるために、教育制度がどれほど知識基盤社会に
対応できるかという点に注目が集まっている。
こ れ に 伴 い 、 文 部 科 学 省 は 2008 年 3 月 に 幼 稚 園 、
国際バカロレア機構はインターナショナルスクー
小 学 校 及 び 中 学 校 、2009 年 3 月 に 高 等 学 校 及 び 特 別 支
ルの卒業生を対象に国際的に認められる大学入学資格
援学校の学習指導要領を新しく改訂した。そこで重視
を 与 え 、大 学 進 学 の 道 を 開 く た め に 1968 年 に 設 立 さ れ
されているのは、知・徳・体のバランスのとれた力で
た 。 IB に は 3 歳 か 19 歳 の 子 ど も の 年 齢 に 応 じ て 、 初
あ る「 生 き る 力 を 育 む 」と い う 理 念 に 基 づ き 、基 礎 的 ・
等 教 育 プ ロ グ ラ ム( PYP)、中 等 教 育 プ ロ グ ラ ム( MYP)、
基本的な知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力
デ ィ プ ロ マ プ ロ グ ラ ム( DP)の 三 つ の プ ロ グ ラ ム に 分
等をバランスよく伸ばしていくこととしている。
け ら れ る 。 2012 年 7 月 の 時 点 で IB に 認 定 さ れ て い る
さらに 特筆 すべき は「 グロ ーバル 人材 」の 育成と 、
学 校 数 は 世 界 141 カ 国 に お い て 約 3,400 校 に 上 り 、 日
そのような人材が社会で充分に活躍できるような社会
本 に お い て IB・DP 認 定 校 は 16 校 、う ち 学 校 教 育 法 第
の 構 築 を 目 的 と し て 、2011 年 5 月 に「 グ ロ ー バ ル 人 材
1条に規定されている学校は 5 校である。
育成推進会議」が内閣官房 に設置されたことである。
今 回 は IB の 中 核 を 担 う DP に つ い て 注 目 す る 。 DP
2012 年 6 月 に「 グ ロ ー バ ル 人 材 育 成 戦 略 」と し て 、日
は 16 歳 か ら 19 歳 ま で を 対 象 と し て お り 、 大 学 入 学 前
本が育成すべきグローバル人材に必要な要素として以
の 2 年間で行われる。このプログラムに合格すること
下 が 挙 げ ら れ た 。 [8]
で、国際的に認められる大学入学資格が取得できる 。
DPは総合的でバランスのとれたカリキュラムで構成
要素Ⅰ:語学力・コミュニケーション能力
されており、高度な試験と明確な評価基準によって、
要 素 Ⅱ:主 体 性・積 極 性 、チ ャ レ ン ジ 精 神 、協 調 性 ・
認定校の生徒が確実に高度な知的水準に挑戦し、多様
柔軟性、責任感・使命感
な観点から物事をとらえるといった国際的な寛容性の
要素Ⅲ:異文化に対する理解と日本人としてのア イ
育成を目指す総合教育を行う。
ンティティー
5.2.TOK の 趣 旨 ・ 目 的
この他にも「グローバル人材」に限らず、幅広い教
DP 取 得 の た め に は 、① Extended Essay( EE:課 題 論
養と深い専門性、課題発見・解決能力、チームワーク
文 )、② Theory of Knowledge( TOK)、③ Creativity/Action
と( 異 質 な 集 団 を ま と め る )リ ー ダ ー シ ッ プ 、公 共 性 ・
/Service( CAS: 創 造 性・活 動・ 奉 仕 )の 三 つ の 要 件
倫理観、メディア・リテラシー等が挙げられている。
を 満 た す 必 要 が あ る 。 な か で も DP の 中 核 を 担 っ て い
またグローバル人材の育成の一環として国際バカロレ
る も の が ② Theory of Knowledge で あ り 、日 本 語 で は「 知
ア ( 以 下 IB) 資 格 へ の 対 応 が 挙 げ ら れ 、「 高 校 卒 業 時
識 の 理 論 」と 訳 さ れ る 。TOK は 学 際 的 な 観 点 か ら 個 々
に国際バカロレア資格を取得可能な、又はそれに準じ
の学問分野の知識体系を吟味し、多角的な方面から思
た 教 育 を 行 う 学 校 を 5 年 以 内 に 200 校 へ 増 加 さ せ る 。」
考を試みる理性的な考え方 と客観的精神を養うもので
と い っ た 項 目 が 掲 げ ら れ て い る 。平 成 24 年 8 月 に と り
ある。生徒がこれまでに得た知識と経験を省察するこ
ま と め ら れ た IB に 関 す る 報 告 書 に お い て は 「 IB の 教
と で 、そ れ ら の 統 合 を は か る こ と が 目 的 と さ れ て お り 、
育理念は全人教育にあり、そのカリキュラムは学習指
Ways of knowledge「 知 る た め の 方 法 」 と い う 構 図 ( 図
導要領が目指す『生きる力』の育成や、課題発見・解
1参照)には学習者を中心として感情 、知覚、言語、
決能力、論理的思考力やコミュニケーション能力等重
根拠という言葉が示されており、全体的な特徴として
要 能 力・ス キ ル の 確 実 な 習 得 に 資 す る も の 」
(国際バカ
は
ロ レ ア ・ デ ィ プ ロ マ プ ロ グ ラ ム に お け る 「 TOK」 に 関
・全 て の 教 科 に 通 底 す る 、目 に 見 え な い“ 方 法 ”
“学
す る 調 査 研 究 協 力 者 会 議 ,2012,p.2)と 表 記 さ れ て い
び方”を可視化している
る。
・一つの教科として体系的にまとめられている
知識の習得やそのアウトプット等、学習の表面的な
・総合学習を中心とした教科横断的思考法の提示を
要素ではなくすべての教科を学ぶ際に共通するものの
している
14
図1(出典)国際バカロレア・ディプロマプロ
グ ラ ム に お け る 「 TOK」 に 関 す る 調 査 研 究 協 力
会議『国際バカロレアディプロマ・プログラム
Theory of Knowledge ( TOK) に つ い て 』 p.16,
文 部 科 学 省 , 2012 年 8 月
点が挙げられる。
プログラム全体を通し、生徒に論理的思考力や表現
力、さらには探究心や学術的思考、国際理解のための
寛 容 性 を 育 て る こ と を 重 視 し て い る 。DP の 中 核 を な す
TOK の 学 習 で は 、 単 な る 知 識 量 の 増 大 と い う よ り は 、
生徒たちが様々な場面に直面した際に状況理解の指針
TOK の 学 習 目 標 と し て 、文 部 科 学 省 の 報 告 書 か ら 以
となる考え方として、物事を多用な観点から分析する
下を引用する。
( 国 際 バ カ ロ レ ア・デ ィ プ ロ マ プ ロ グ ラ
力を養うために
ム に お け る「 TOK」に 関 す る 調 査 研 究 協 力 会 議 ,「 国 際
○知識とはどのようなものか
バカロレアディプロマ・プログラム
○知識を増やす方法とは
Knowledge( TOK)に つ い て 」,pp.14,文 部 科 学 省 ,2012,8.)
Theory of
○知識の限界とは
●知識が示すもの、その前提にあるもの、背後に
○知識は誰のものなのか
ある意味などを批判的に分析する。
○知識の価値とは
●「学習者」としての生徒自身の経験や「知識の
○知識を“持つ”又は“持たない”とはどのような
領 域 ( Areas of knowledge)」、「 知 る た め の 方 法
意味なのか 1
( Wa ys of knowing)」 な ど の 学 習 に 基 づ い た
といった点を考慮する。
Knowledge Issue 2 に 関 連 す る 質 問 、 説 明 、 推 測 、
ま た 「 TOK ダ イ ア グ ラ ム 」( 図 1 参 照 ) と し て 全 体
的な概念が示されており、生徒の思考、疑問などが
仮説、仮説への反論、可能性のある解決法を導
Knower( 学 習 者 )と し て 中 心 に 据 え ら れ て お り 、そ れ
き出す。
● Knowledge Issue に 対 す る 様 々 な 異 な る 考 え 方
を 取 り 囲 む よ う に 4 つ の Wa ys of knowing( 知 る た め の
や認識について理解を示す。
方 法 )と し て Emotion( 感 情 )、Sense perception( 知 覚 )、
● Knowledge Issue へ の 様 々 な ア プ ロ ー チ の 仕 方
言 語( Language)、Reason( 根 拠 )が 記 さ れ て い る 。ま
について関連付けや比較を行う。
た そ れ を 包 括 す る 概 念 と し て の Areas of knowledge( 知
● Knowledge Issue へ の 取 組 み に 個 人 的 に 自 覚 を
識の領域)は、数学、自然科学、ヒューマンサイエン
持って対応できる能力を身に付ける。
ス 、 歴 史 、 芸 術 、 倫 理 が 挙 げ ら れ て い る 。 Ways of
knowing( 知 る た め の 方 法 )に 関 連 す る「 ど の よ う に し
●学問的誠実さ、正確さに充分に配慮をしながら
て 知 る の か 」 と Areas of knowing( 知 識 の 領 域 ) に 関
アイデアを練り、他者へはっきりと伝える。
連する「何を知るのか」は相互に関係していると考え
5.2.TOK の 指 導 ・ 評 価
られる。
TOK は「 学 習 者 と 知 る こ と( Knowers and knowing)」、
TOK ダ イ ア グ ラ ム
「 知 る た め の 方 法 ( Ways of Knowing)」、「 知 識 の 領 域
( Areas of Knowledge)」に よ っ て 構 成 さ れ 、年 間 で 100
時間の学習が必要とされる。評価は、外部評価の課題
エ ッ セ イ( 40 ポ イ ン ト )と 内 部 評 価 の プ レ ゼ ン テ ー シ
ョ ン( 20 ポ イ ン ト )で 総 合 的 に 判 断 さ れ る 。IB は 具 体
的な評価基準を設定しており、それに基づいていつで
も評価が為されることが原則である。所定の課題エッ
セイ及びプレゼンテーションに対する評価の指標とし
て 、 評 価 基 準 が そ れ ぞ れ A~ D ま で 詳 細 に 設 定 さ れ て
い る 。 [9]
課 題 エ ッ セ イ は IB に よ っ て 指 定 さ れ る 10 の テ ー マ
の中から一つを選択することになる。複数の分野横断
的な知識に関する疑問を投げかけるようなテーマにな
2
Knowledge Issue と は 、知 識 を 獲 得 す る 、追 求 す る 、
生み出す、形作る、受け入れるなど、知識との様々な
関わりを通して、自分自身や周囲の人々さらにそれを
取り巻く世界を理解していくうえで生じる様々な疑問
の こ と 。「 知 る た め に は 何 が 必 要 か 」「 そ れ は 正 し い こ
となのだろうか」というポイントが重視される。
15
っている。エッセイを執筆する際の留意点、エッセイ
必 要 と し 、加 盟 校 と IB 本 部 と の 間 で 相 互 に 細 か い 調 整
全体に関する理解が教師によって示され、教師は生徒
が為され、年 1 回ないし 2 回、アジア地域の責任者が
のエッセイ執筆に対して必要なサポートをすることが
視察のため来校している。
求 め ら れ る 。日 本 と 大 き く 異 な る 点 は 、
“エッセイを書
西 欧 偏 重 に 関 し て は 、 1982 年 に IB の 国 際 会 議 が ア
く こ と ”が 重 視 さ れ る の で は な く 、
“エッセイをどのよ
ジアで開かれた際に指摘された。 以来アジア・アフリ
うに書くか”が重視される点である。エッセイを執筆
カの加盟校は、同地域圏の文化に関する科目を選び、
する際の論の構成や、説得力のある根拠を示すにはど
そ の 科 目 の シ ラ バ ス を 克 明 に 作 成 し 、IB 本 部 に 提 出 し 、
うしたら良いのかが明確に示される。
その承認を申請できるようになった。本部の承認を得
プレゼンテーションは、個人または小グループ( 5
れば、そのシラバスの使用が可能となる。しかし この
名以内)でのプレゼンテーションを、1回以上行う 。
ような道が開かれたとはいえ、西欧偏向が是正される
TOK の プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン で は 、生 徒 が 実 際 の 生 活 や
に は 依 然 と し て 難 し い 。な ぜ な ら IB の 教 授 言 語 が 英 語 、
身の回りの環境において、とくに関心のある事柄を
スペイン語、フランス語であること、また学問的な思
Knowledge Issue と し て 示 し 、そ れ に つ い て の 探 究 を 進
考の基礎は西欧的思考にその基礎をおいているのが現
める。レクチャーやスキル、シミュレーションなどの
状であり、体系的学問として伝統ある西欧的思考法を
手法を用いて、ビデオ、パワーポイントなど様々な小
超えることが難しいという点が否めないからである。
道具を用いながら、なぜそのテーマが重要であるか、
学 び の 特 権 化 に 関 し て は 、未 だ IB と い う 教 育 プ ロ グ
他の分野とどのような関連があるのかということにつ
ラムである商品を学校で採用する際には多額の費用が
いて、自分なりの考え方や経験を含めて示すことが求
かかり、それに伴い通う生徒の学費も相対的に高くな
め ら れ る 。教 員 の 生 徒 の 知 識 に 関 連 す る 考 え を 引 出 し 、
る と い う 点 で あ る 。IB 校 日 本 語 教 師 へ の イ ン タ ビ ュ ー
根拠の示し方、課題の提起、視点、他の分野とのつな
によると、教師のために開かれるワークショップの参
がりについて共に考え、サポートを行うのが基本であ
加 費 は 、 場 所 ・ 科 目 に よ る も の の ¥ 50,000~¥ 100,000
る。評価に関してはプレゼンテーション評価表で生徒
が相場であり、学校が費用を負担する場合と、教師個
自身、また教師が評価をし、その評価に至った理由を
人が負担する場合があるという現状である。例え今後
説明する。プレゼンテーションの成果を生徒・教師の
日 本 で IB が 採 用 さ れ て い く に し ろ 、学 び の 特 権 化 に 拍
双方で認識し、共通の理解を得ることが重要である。
車がかかることは避けられない。この点に関しては、
総合的な学習の時間で指摘したように理念が十分に
ア メ リ カ の 公 立 学 校 で の IB 採 用 の 事 例 や イ ギ リ ス・ウ
浸 透 し て い な い 点 に 関 し て は 、63 ペ ー ジ に わ た る 教 師
ェ ー ル ズ 州 に お け る IB の ロ ー カ ル 化 の 事 例 が 参 考 に
の た め の ガ イ ド [9]が 用 意 さ れ て い る 点 と 、IB の 本 部 が
なると考えられる。
TOK を 担 当 す る 教 師 の た め に 定 期 的 に ワ ー ク シ ョ ッ
6.お わ り に
プ を 開 い て い る と い う 点 が 参 考 に な る で あ ろ う 。ま た 、
模 擬 授 業 の 事 例 集 も 発 売 さ れ て い る 他 、TOK を 学 ぶ 生
ここまで、近年の知識基盤社会を背景に生ま れた新
徒のためのガイドも存在する。総合的な学習の時間の
しい能力観に基づいて行われている日本の学校教育に
他 の 教 科 と の 関 連 性 が 薄 い と い う 点 に 関 し て は 、 TOK
つ い て 、総 合 的 な 学 習 の 時 間 と 国 際 バ カ ロ レ ア 科 目「 知
のガイドブックそれ自体に他の教科一つ一つとの関連
識 の 理 論( TOK)」の 内 容 を 照 ら し 合 わ せ な が ら カ リ キ
が 説 明 さ れ て い る こ と と 、 TOK の テ キ ス ト の な か で 、
ュラム構成・指導内容に着目して 考察してきた。総合
他の教科を扱う項目が設けられているため、自然と他
的な学習の時間の課題となっているカリキュラム、評
教 科 で 扱 う ト ピ ッ ク を TOK で も 扱 う こ と に な る の で
価基準、評価の信頼性、教科との関係の整理などとい
ある。
っ た 点 が 、IB に お い て 総 合 的 な 学 習 の 時 間 と 近 い 位 置
と し て 存 在 す る TOK の ① 全 て の 教 科 に 通 底 す る 、目 に
5.3 課 題
見 え な い“ 方 法 ”
“ 学 び 方 ”を 可 視 化 し て い る 、② 一 つ
IB 全 体 を 通 し て 指 摘 さ れ る 点 は 、 大 き く 分 け て 3 点
の教科として体系的にまとめられている、③総合学習
ある。一つは柔軟なカリキュラム ゆえに現場の教師の
を中心とした教科横断的思考法の提示をしている 、と
力量に左右される点と、二つ目は教育課程の西欧偏重
いう特徴から示唆を得るところは大きいと考えられる。
の傾向がある点、そして三つ目は多額の費用による学
し か し 、 TOK は あ く ま で DP の 中 核 で あ る た め 、 初
びの特権化である 。
等 教 育 プ ロ グ ラ ム( PYP)、中 等 教 育 プ ロ グ ラ ム( MYP)
現場の教師の力量に左右される点は、日本の総合的
ではどのような位置付けになっているのかが不明確で
な学習の時間においても同様の指摘が見受けられるが、
あ る 。ま た 、TOK を 中 心 と し て 実 施 し て い る 教 科 の 授
そ の 点 に 対 し IB は 全 カ リ キ ュ ラ ム に IB 本 部 の 承 認 を
業等を通して、実際に生徒にどのような能力がついて
16
い る の か 、 PIS A の 結 果 と TOK 実 施 と の 相 関 性 を 明 確
に す る 必 要 が あ る 。こ の 点 を 踏 ま え 、TOK の 存 在 の 有
無が学力の向上にどのように関わっているのかを、実
際 の 教 師 の 実 践 や IB の 教 員 養 成 を 分 析 し て い く な か
で調査することが今後の課題である。
文
献
[1] 文 部 省 中 央 市 議 会 第 一 次 答 申 『 2 1 世 紀 を 展 望
した我が国の教育の在り方について(第一次答
申 )』 ,1996.7.19
[2] 文 部 省 『 小 学 校 学 習 指 導 要 領 』
「第5章 総合的
な 学 習 の 時 間 」 ,2008.
[3] 文 部 省 『 小 ( 中 ) 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 総 合 的
な 学 習 の 時 間 編 』 ,2008
[4] 国 際 バ カ ロ レ ア ・ デ ィ プ ロ マ プ ロ グ ラ ム に お け る
「 TOK」に 関 す る 調 査 研 究 協 力 会 議 ,「 国 際 バ カ ロ
レアディプロマ・プログラム
Theory of
Knowledge( TOK)に つ い て 」,文 部 科 学 省 ,2012,8.
[5] 斉 藤 雄 志『 知 識 の 構 造 化 と 知 の 戦 略 』,p.i,専 修 大
学 出 版 局 , 2005.
[6] 松 下 佳 代 ( 編 ),『 < 新 し い 能 力 > は 教 育 を 変 え る
か 学 力 ・ リ テ ラ シ ー ・ コ ン ピ テ ン シ ー 』, ミ ネ
ル ヴ ァ 書 房 , 2011.
[7] 文 部 省 教 育 課 程 部 会 生 活 ・ 総 合 的 な 学 習 の 時 間
専 門 部 会( 第 1 0 回 ),「 総 合 的 な 学 習 の 時 間 の 現
状 と 課 題 ,改 善 の 方 向 性 ( 検 討 素 案 )」 ,2007.
[8] グ ロ ー バ ル 人 材 育 成 推 進 会 議 ,「 グ ロ ー バ ル 人 材 育
成 戦 略( グ ロ ー バ ル 人 材 育 成 推 進 会 議 審 議 ま と
め )」 ,2012.6.
[9] IBO 「 Theor y of knowledge guide」 ,pp.41,2008.
17