決算説明会 - オムロン

2011年度(2012年3月期)
決算説明会
2012年4月27日
オムロン株式会社
© Omron Corporation
目次
1. 2011年度(2012年3月期)、業績結果
・・・
P. 2
2. 2012年度(2013年3月期)、業績見通し
・・・
P.12
3. VG2020 GLOBE STAGE
・・・
P.21
4. 参考資料
・・・
P.27
© Omron Corporation
1
2011年度(2012年3月期)、業績結果
© Omron Corporation
2
連結損益計算書 <2011年度>
前回見通し比: 売上高はほぼ見通しどおり、営業利益は上ぶれ
前年度比:
売上高は微増、利益は減少
(為替・原材料の影響を除くと売上高6,377億円、営業利益486億円で増収・増益(売上総利益率は37.6%))
(億円)
2011年度
2011年度
(前回見通し)
売上高
6,195
6,150
+0.7%
6,178
+0.3%
売上総利益
2,279
2,265
+0.6%
2,317
△1.6%
(36.8%)
(36.8%)
(△0.0P)
(37.5%)
(△0.7P)
1,457
421
1,465
430
△0.6%
△2.1%
1,424
413
+2.3%
+1.9%
401
370
+8.5%
480
△16.4%
(6.5%)
(6.0%)
(+0.5P)
(7.8%)
(△1.3P)
66
335
164
70
300
140
△5.9%
+11.8%
+17.1%
63
417
268
+3.9%
△19.5%
△38.8%
79.3
110.3
738
92,379
78.4
108.3
733
91,783
+0.9
+2.0
+5
+596
85.8
113.5
714
62,664
△6.5
△3.2
+24
+29,715
(売上総利益率)
販管費
R&D費
営業利益
(営業利益率)
営業外費用
税引前純利益
当期純利益
USDレート(円)
EURレート(円)
銅価格(円)
銀価格(円)
前回見通し
比・差
2010年度
前年度
比・差
※前回見通し ・・・ 1月27日公表の見通し
© Omron Corporation
3
営業利益増減分析 <前回見通し比>
売上増と販管費、R&D費の抑制により、
前回見通しから31億円の上ぶれ
(億円)
401
+17
370
+14
売上総利益
の増加
販管費・R&D費
の抑制
(戦略投資含む)
営業利益増加 +31億円
(うち為替・原材料影響 +9億円)
FY2011
前回見通し
© Omron Corporation
FY2011
実績
4
営業利益増減分析 <前年度比>
営業利益は79億円の減少
為替・原材料の影響は85億円
戦略投資も含めて成長に向けて必要な投資を実行
(億円)
売上純増・
プロダクトミックス、
製造固定費変動など
480
+78
為替・原材料影響
△85億円
△85
売上総利益
△31
為替影響
原材料
影響
販管費
R&D費
為替影響
販管費
R&D費
(戦略投資含む)
+31
△72
401
営業利益減少 △79億円
FY2010
実績
© Omron Corporation
FY2011
実績
5
事業セグメント別業績
各事業セグメントにおいて、売上高はほぼ前回見通しどおり
(億円)
売上高
前回
見通し差
営業利益
2011年度
(前回見通し)
2,708
2,680
+28
2,719
△11
333
320
+13
382
△49
830
830
+0
812
+18
72
80
△8
119
△47
850
840
+10
843
+7
27
25
+2
42
△15
572
580
△8
638
△66
1
0
+1
17
△16
(HCB)
624
620
+4
606
+18
29
32
△3
41
△12
その他
535
530
+5
497
+38
△36
△42
+6
△47
+11
76
70
+6
63
+13
△25
△45
+20
△74
+49
6,195
6,150
+45
6,178
+17
401
370
+31
480
△79
工場自動化用制御機器事業
(IAB)
家電・通信用電子部品事業
(EMC)
自動車用電子部品事業
(AEC)
社会システム事業
(SSB)
健康・医療機器事業
消去調整他(本社)
合計
© Omron Corporation
2010年度
前年度差
2011年度
2011年度
(前回見通し)
前回
見通し差
2011年度
2010年度
前年度差
6
事業セグメント別概況 <前年度比>
セグメント
工場自動化用制御機器事業
(IAB)
家電・通信用電子部品事業
(EMC)
自動車用電子部品事業
(AEC)
社会システム事業
(SSB)
健康・医療機器事業
(HCB)
その他
(環境・バックライト・MD・電子)
© Omron Corporation
売上高、営業利益の前年度比での概況
売上高
国内: 前年度並み。半導体・電子部品は減少、自動車・工作機は増加
海外: 前年度並み。中国・欧州は減少、米州は石油・ガス関連が好調で増加
営業利益 円高、戦略投資の実行などにより減少
売上高
国内: 前年度並み。家電は減少、自動車・アミューズメントは増加
海外: 前年度比増。自動車業界向け商品やモバイル機器搭載商品が好調
営業利益 FA関連の売上減少、円高・原材料価格の高騰などにより減少
売上高
国内: 前年度並み。上期に震災影響で減少、下期に回復
海外: 前年度並み。タイの工場の被災の影響は国内代替生産によりカバー
営業利益 円高、震災・洪水影響などにより減少
売上高
前年度比減少。震災影響による顧客の投資先送りなどによる
営業利益 前年度比減少。売上減少による
売上高
国内: 前年度並み。震災影響を新商品によるシェア拡大によりカバー
海外: 前年度比増。新興国を中心に売上が拡大
営業利益 円高、戦略投資の実行などにより減少
売上高
前年度比増。環境事業、バックライト事業の売上増による
営業利益 売上増、MDのコスト削減などにより、マイナス幅が縮小
7
連結貸借対照表
第4四半期に計画した生産調整による在庫圧縮は計画どおり完了
(12月末の4Q想定為替レート(USドル:76円、ユーロ:98円)で換算すると150億円の削減)
総資産はCP償還による現預金の減少と繰延税金資産の取崩しにより減少
(億円)
2012年3月末
資産の部
現預金
売上債権
在庫
繰延税金、その他流動資産
固定資産
投資その他資産
負債の部
短期借入金
長期借入金
支払い手形及び買掛金等
退職給付引当金
その他負債
純資産の部
資本金・その他剰余金等
その他包括利益(損失)累計額
自己株式
非支配持分
負債及び純資産合計
© Omron Corporation
2011年3月末
2011年12月末
(参考)
5,373
5,628
5,233
453
1,411
923
295
1,207
1,084
747
1,353
862
317
1,200
1,149
447
1,227
1,023
309
1,179
1,048
2,156
2,491
2,151
188
0
793
604
571
455
8
778
655
595
297
0
771
608
475
3,217
3,137
3,082
4,338
△684
△445
8
4,236
△662
△446
9
4,322
△803
△446
9
5,373
5,628
5,233
8
連結キャッシュ・フロー計算書
設備投資は前年度比50億円増の283億円を実行し、成長の布石を打った
利益の減少と設備投資の増加により、FCFは前年度を下回る
(億円)
2011年度
2010年度
営業活動によるキャッシュフロー
319
420
投資活動によるキャッシュフロー
△265
△202
54
218
△335
33
△15
△21
△295
230
453
747
設備投資
283
232
減価償却費
226
230
フリー・キャッシュフロー(FCF)
財務活動によるキャッシュフロー
換算レート変動の影響
現金及び現金同等物の増減額
当期末の現金残高
© Omron Corporation
9
エリア別売上高・営業利益
中華圏、東南アジア等の新興国の売上高は、前年度を上回る
(億円)
売上高
日本
3,076
米州
748
欧州
836
中華圏
1,011
東南アジア他
524
消去又は全社
-
合計
6,195
前年度比
2010年度
2011年度
営業利益
217
(7.1%)
30
(4.0%)
30
(3.6%)
84
(8.3%)
47
(9.0%)
△7
401
(6.5%)
売上高
3,119
744
845
970
500
6,178
営業利益
298
(9.5%)
28
(3.8%)
34
(4.0%)
114
(11.8%)
60
(11.9%)
△54
480
(7.8%)
売上高
△1.4%
+0.6%
△1.1%
+4.2%
+4.7%
-
+0.3%
営業利益
△27.1%
(△2.5P)
+5.4%
(+0.2P)
△11.0%
(△0.4P)
△26.2%
(△3.4P)
△20.6%
(△2.9P)
-
△16.4%
(△1.3P)
※( )内の数字は営業利益率
© Omron Corporation
10
エリア別売上高 <同一為替レート比較>
同一為替レートでは、海外の売上高は全エリアで増加
米州、中華圏、東南アジアでは、2桁の伸び
(億円)
2011年度
2010年度
前年度比
米州
748
676
+10.7%
欧州
836
816
+2.5%
1,011
916
+10.4%
524
469
+11.7%
中華圏
東南アジア他
※2010年度の数値は、2011年度の為替レートに合わせた売上高
© Omron Corporation
11
2012年度(2013年3月期)、業績見通し
© Omron Corporation
12
2012年度の方針
<方針>
Accelerate VG2020 !
~“競争能力強化”による高成長構造と高収益構造の実現~
<実行プラン>
①IA事業の最強化
②アジア・中国を中心とした、新興国での売上拡大
③強いビジネスモデルの構築による、環境事業の売上拡大
© Omron Corporation
13
連結損益計算書 <2012年度>
新興国での売上拡大を梃子に、主力5事業すべてで増収増益を達成し、
売上高は6,500億円、営業利益は460億円を目指す
(億円)
2012年度
2011年度
前年度比・差
売上高
6,500
6,195
+4.9%
売上総利益
2,435
2,279
+6.9%
(37.5%)
(36.8%)
(+0.7P)
1,520
455
1,457
421
+4.4%
+8.1%
460
401
+14.6%
(7.1%)
(6.5%)
(+0.6P)
30
430
285
66
335
164
△54.5%
+28.2%
+73.9%
78.0
104.0
700
87,000
79.3
110.3
738
92,379
△1.3
△6.3
△38
△5,379
(売上総利益率)
販管費
R&D費
営業利益
(営業利益率)
営業外費用
税引前純利益
当期純利益
USDレート(円)
EURレート(円)
銅価格(円)
銀価格(円)
© Omron Corporation
14
営業利益増減分析 <前年度比>
円高によるマイナス影響を克服し、VG2020戦略投資を実行し、
営業利益は約60億円の増加
(億円)
売上純増・
プロダクトミックス、
変動費・製造固定費変動など
△51
+197
+20
+10
売上総利益
為替影響
原材料
影響
401
FY2011
実績
© Omron Corporation
販管費・R&D費
為替影響
△117
460
販管費
R&D費
(戦略投資含む)
売上総利益増加 +156億円
営業利益増加 +59億円 (営業利益為替影響 △31億円)
FY2012
見通し
15
事業セグメント別業績 <2012年度>
主力5事業すべてで増収増益を目指す
(億円)
売上高
2012年度
工場自動化用制御機器事業
2011年度
営業利益
前年度比
2012年度
2011年度
前年度比
2,740
2,708
+1.2%
350
333
+5.0%
890
830
+7.2%
80
72
+10.5%
950
850
+11.7%
50
27
+85.8%
600
572
+4.9%
10
1
+920.4%
(HCB)
675
624
+8.1%
40
29
+37.1%
その他
590
535
+10.2%
△20
△36
-
55
76
△25.8%
△50
△25
-
6,500
6,195
+4.9%
460
401
+14.6%
(IAB)
家電・通信用電子部品事業
(EMC)
自動車用電子部品事業
(AEC)
社会システム事業
(SSB)
健康・医療機器事業
消去調整他(本社)
合計
© Omron Corporation
16
事業セグメント別、半期別業績
2012年度は、下期からの本格的な回復を見込む
(億円)
2012年度
売上高
上期
工場自動化用制御機器事業
(IAB)
営業利益
通期
1,330 1,410 2,740
家電・通信用電子部品事業
(EMC)
自動車用電子部品事業
(AEC)
社会システム事業
(SSB)
健康・医療機器事業
(HCB)
その他
消去調整他(本社)
合計
下期
上期
下期
売上高
通期
155
195
350
上期
下期
前年度比
営業利益
通期
1,432 1,277 2,708
上期
下期
売上高
通期
上期
下期
営業利益
通期
上期
下期
通期
214
119
333
△7.1%
+10.4%
+1.2% △27.6%
+63.7%
+5.0%
+7.2% △39.8%
+78.1%
+10.5%
430
460
890
25
55
80
408
422
830
42
31
72
+5.5%
+8.9%
470
480
950
25
25
50
401
450
850
14
13
27
+17.3%
+6.8%
+11.7%
+74.8%
+98.3%
+85.8%
210
390
600 △45
55
10
205
367
572
△35
36
1
+2.7%
+6.1%
+4.9%
-
+53.2%
+920.4%
310
365
675
25
40
294
331
624
21
8
29
+5.6%
+10.3%
+8.1% △27.5%
+194.5%
+37.1%
310
280
590 △10 △10
△20
262
273
535
△20
△15 △36
+18.4%
+2.4%
25
30
55 △10 △40
△50
33
42
76
△8
△18 △25
3,033 3,162 6,195
227
3,085 3,415 6,500
© Omron Corporation
2011年度
15
155
305
460
174
401
+10.2%
-
-
-
△23.3% △27.8% △25.8%
-
-
-
+4.9% △31.8%
+75.1%
+14.6%
+1.7%
+8.0%
17
IAB売上高推移(半期別)
11年度下期をボトムに売上高は回復
12年度下期は、各エリアでのさらなる需要回復に加え、VG施策の成果を
確実にかりとり、売上拡大をはかる
(億円)
・震災影響による
一時的需要増
1,432
・欧州金融不安
・中国金融引締め
△11%
1,277
・中華圏回復の兆し
+4%
1,330
・中華圏&日本の需要回復
・新商品の売上拡大
・中国での営業強化による
売上拡大
+6%
1,410
上期
下期
上期
下期
上期
2011年度 下期
上期
2012年度 下期
© Omron Corporation
18
事業セグメント別事業環境認識
事業セグメント
工場自動化用制御機器事業
国内:
海外:
(IAB)
家電・通信用電子部品事業
国内:
海外:
(EMC)
自動車用電子部品事業
(AEC)
社会システム事業
(SSB)
健康・医療機器事業
(HCB)
その他
(環境・バックライト・MD・電子)
© Omron Corporation
国内:
海外:
事業環境認識
自動車・工作機業界での設備投資需要継続
米州 ・・・ 北米での自動車関連投資の増加
欧州 ・・・ 金融不安による不透明な状況継続
アジア ・・・ 新興国での設備投資需要増加
中華圏 ・・・ 金融引締め緩和による設備投資需要増加
アミューズメント機器などの需要増加
米州 ・・・ 車載関連の需要継続
欧州 ・・・ 金融不安による不透明な状況継続
アジア ・・・ 新興国での家電需要増加
中華圏 ・・・ 環境関連、スマートメーターなどの需要増加
自動車メーカーの需要回復
北米市場は回復、中国や東南アジアなどの新興国での需要増加
環境ソリューションなどの需要増
国内: 健康志向の高まり、健康管理サービスへのニーズの増加
海外: 新興国での健康志向の高まりによる需要増加
環境関連、バックライトの需要増加
19
研究開発費、設備投資、減価償却費の見通し
今後の成長のための積極的な投資を継続する
(億円)
2012年度
2011年度
前年度比
研究開発費
455
421
+8.1%
設備投資
315
283
+11.3%
減価償却費
240
226
+6.2%
© Omron Corporation
20
VG2020 GLOBE STAGE
© Omron Corporation
21
GLOBE STAGEの目標と取組み
方針
方針
グローバルでの収益・成長構造づくり
2013年度
2013年度
売上総利益率
売上総利益率
目標
目標
39%%
/
/ 営業利益率
営業利益率
ROE
ROE
売上高
売上高
7,000億円前後
億円前後
9%%
11%%
/
/ 営業利益
営業利益
630億円前後
億円前後
(前提為替レート: USD=78円、EUR=104円)
① IA事業(IAB+EMC)の最強化
② 新興国での売上拡大
取組み
取組み
(不変)
(不変)
③ 環境事業への注力
④ 収益構造改革
⑤ グローバルの人財強化
© Omron Corporation
22
GLOBE STAGEのマイルストーン
2013年度に売上総利益率39%
必要な戦略投資を実行した上で、営業利益率9%を目指す
GLOBE STAGE
(億円)
EARTH STAGE
10,000以上
7,500
売上高
当初計画
6,550
売上
総利益率
6,500
6,195
36.
36.8%
39%
37.
37.5%
1,000
550
営業利益
(率)
401
460
460
630
前後
(6.5%)
(7.1%)
(9%)
9%)
2011年度
© Omron Corporation
7,000
前後
2012年度
2013年度
1,500
1,500
以上
以上
(15.0%)
2020年度
23
GLOBE STAGE 施策の目標
過去1年間の事業環境の変化を踏まえ、2013年度目標を再設定
利益率の高い新商品の市場投入や変動費の削減等を着実に実行し、
売上総利益率の向上をはかる
(億円)
2012年度
(計画)
2011年度
IA事業売上高
(IAB+EMC)
新興国
売上高
環境事業関連
売上高
売上
総利益率
© Omron Corporation
3,538
(成長率)
-
1,700
(成長率)
-
219
(成長率)
-
36.8%
(成長率)
-
2013年度
(目標)
3,630
3,920
(+2.6%)
(+8.0%)
1,900
2,200
(+11.8%)
(+15.8%)
290
(+32.4%)
37.5%
(+0.7P)
400
(+37.9%)
39%
(+1.5P)
24
成長に向けた主な取組み
実行施策
次世代コントローラNJシリーズ
次世代コントローラNJシリーズ発売
発売
IA(IAB+EMC)
事業強化
新規事業
© Omron Corporation
上海リレー工場の移転・増床
上海リレー工場の移転・増床
オートメーションセンタ
オートメーションセンタ 世界3拠点開設
世界3拠点開設
≪
≪M&A、アライアンスの推進≫
M&A、アライアンスの推進≫
中国パワーラッチングリレーメーカー買収
中国パワーラッチングリレーメーカー買収
中国システムインテグレーターとの合弁会社設立
中国システムインテグレーターとの合弁会社設立
IAB
IABグローバル戦略商品
グローバル戦略商品拡充
拡充
新興国での
売上拡大
(2012年4月26日現在)
インド・ブラジル
インド・ブラジル 販売ルート強化
販売ルート強化
IAB
IAB中国
中国 営業/SE人員
営業/SE人員拡充
拡充
インド地域本社
インド地域本社設立
設立
IAB
IAB中国
中国 販売ネットワーク強化
販売ネットワーク強化
インド・ブラジル
インド・ブラジルブランド浸透活動
ブランド浸透活動
環境事業
環境事業 NTT西日本と
NTT西日本と
(株)NTTスマイルエナジー設立
(株)NTTスマイルエナジー設立
健康サービス事業
健康サービス事業
NTTドコモ提携
NTTドコモ提携
省エネソリューション事業
省エネソリューション事業強化
強化
ウェルネスリンク
ウェルネスリンク拡大
拡大
25
M&A、アライアンスの実績
M&A、アライアンスを積極展開し、中国市場におけるIA事業の競争優位を強化
中国システムインテグレーターとの合弁会社設立
拡大する自動化ニーズへの対応力を強化
欧姆龍通霊自動化系統(杭州)有限公司 (略称:OTA)
OMRON Tongling Automation System (Hangzhou) Co., Ltd.
設立: 2012年3月 資本金: 6,000万RMB
事業内容:制御部品/システムなどの開発・製造・販売、
コンサルティング及びアフターサービスの提供
出資比率: 欧姆龍(中国)有限公司:51% 杭州通霊自動化股份有限公司:49%
中国パワーラッチングリレーメーカーの買収
成長が見込まれる中国市場向けスマートメーター用リレー事業を強化
上海貝斯特電器制造有限公司 (ブランド名:BST)
Shanghai Best Electrical Appliance Manufacturing Co.,Ltd.
契約締結: 2011年9月 BST社 資本金: 200万RMB
事業内容:パワーラッチングリレーの開発・製造・販売
(c) Omron Corporation
26
参考資料
© Omron Corporation
27
為替・原材料の影響額
<為替レートの1円変動による影響額(通期)>
通貨
売上への
影響額
営業利益への
影響額
USD
約28億円
約7億円
EUR
約8億円
約4億円
<銀・銅の価格変動による影響額(通期)>
© Omron Corporation
原材料
変動額
営業利益への
影響額
銀
1,000円/kg
約1億円
銅
10円/kg
約1億円
28
© Omron Corporation
2013/01
2012/10
FY11 79.3円
2012/07
2012/04
2012/01
FY08 100.7円
2011/10
FY10 113.5円
2011/07
2011/04
2011/01
2010/10
130
2010/07
2010/04
2010/01
2009/10
2009/07
120
2009/04
2009/01
2008/10
2008/07
2008/04
90
2008/01
140
2007/10
2007/07
2007/04
150
2007/01
100
2006/10
2006/07
2006/04
2006/01
2005/10
2005/07
160
2005/04
2005/01
2004/10
2004/07
2004/04
為替レートの推移(ドル、ユーロ)
USD/EUR(円)
170
USD
EUR
FY07 161.9円
FY08 144.5円
FY11 110.3円
FY12 104.0円
FY09 130.3円
110
FY07 114.1円
FY10 85.8円
FY11 78.0円
FY09 92.9円
80
70
29
原材料価格の推移(銀、銅)
銀建値(円/kg)
銅建値(円/kg)
140,000
1400
銀建値
銅建値
120,000
FY11 91,854円
FY12 87,000円
FY07 916円
2006/3
銀:40,160円
銅: 643円
100,000
1200
1000
FY10 739円
FY08 657円
80,000
800
FY09 610円
2003/3
銀:18,510円
銅: 240円
60,000
600
FY11 717円
FY12 700円
40,000
400
FY10 66,387円
FY07 54,230円
FY09 48,067円
20,000
200
FY08 46,265円
2013/01
2012/10
2012/07
2012/04
2012/01
2011/10
2011/07
2011/04
2011/01
2010/10
2010/07
2010/04
2010/01
2009/10
2009/07
2009/04
2009/01
2008/10
2008/07
2008/04
2008/01
2007/10
2007/07
2007/04
2007/01
2006/10
2006/07
2006/04
2006/01
2005/10
2005/07
2005/04
2005/01
2004/10
2004/07
2004/04
2004/01
2003/10
2003/07
0
2003/04
0
※グラフ中の数値は、期中の建値の単純平均値
© Omron Corporation
30
オムロンの事業内容
(その他)
液晶バックライト、半導体・MEMS、
省エネ・環境ビジネス、電子機器など
(エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネス)
リレー、スイッチ、コネクタ、
アミューズメント機器用部品、 家電・通信用
モバイル機器搭載部品など
電子部品事業
・電気信号センシング
(EMC)
・電流・電圧制御
社会システム事業
(ソーシアル
シテムズ・ソリューション& (SSB)
その他
電子部品事業
(AEC)
工場自動化用
制御機器事業
(IAB)
サービス・ビジネス)
自動改札機、自動券売機、
センシング
道路情報提供システム、
&
セキュリティマネジメントシステム、
コントロール
顔認識システムなど
・人センシング
・車両センシング
(インダストリアルオートメーションビジネス)
・ICカード技術
近接/光電/視覚センサ、PLC、温度調節器、
セーフティ機器、各種検査装置など
・変位・測長センシング ・温度コントロール
・マシンコントロール
・画像センシング
© Omron Corporation
(オートモーティブエレクトロニック
コンポーネンツビジネス)
キーレスエントリーシステム、
自動車用 パワーウィンドウスイッチ、
電動パワーステアリングシステムなど
・電波センシング
・ボディ制御
健康・医療機器事業
(HCB)
(ヘルスケアビジネス)
電子血圧計、体重体組成計、電子体温計、
歩数計、ネブライザ、動脈硬化検査装置、
生体情報モニタなど
・生体情報センシング
・行動情報センシング
連結子会社数等
連結子会社数等
153
持分法適用関連会社数
12
※2012年3月末時点
31
<お問い合わせ>
<注意事項>
1. 当社の連結決算は米国会計基準を採用しています。
2. 業績見通し等は、当社が現時点で入手可能な情報と、合理的であると判断する
一定の前提に基づいており、実際の業績等はさまざまな要因により、これら見通
オムロン株式会社
経営IR室 経営IR部
しとは大きく異なることがありえます。実際の業績等に影響と与えうる重要な要因
には、(ⅰ)当社の事業領域を取り巻く日本および海外の経済情勢、(ⅱ)当社製
品・サービスに対する需要動向、(ⅲ)新技術開発・新商品開発における当社グ
ループの能力、(ⅳ)資金調達環境の大幅な変動、(ⅴ)他社との提携・協力関係、
(ⅵ)為替・株式市場の動向、(ⅶ)事故・震災などがあります。なお、業績に影響を
与える要因はこれらに限定されるものではありません。
© Omron Corporation
(c)
電話
:
03-6718-3421
E-mail
:
omron_ir@omron.co.jp
HPアドレス :
www.omron.co.jp
32