ウブムエ12号 - 佐々木さんを支援する会

「佐々木さんを支援する会」会報
NO.12/ 2008.10.26( 季 刊 )
「佐々木さんを支援する会」会報
ウブムエ
事務局 〒235-0041横浜市磯子区栗木1-22-3/TEL 045-774-9861洋光台
バプテスト教会内(蛭川明男牧師)/●世話人代表 金子 敬
●事務局長 吉高 叶(栗ヶ沢バプテスト教会TEL 047-341-9459)
ニャルワンダ語で「ウブムエ」(ubumwe)とは、「一致」「調和」「和」を意味する。
巻頭言
田口昭典
金沢バプテスト教会牧師
たぐちあきのり
メッセージが波紋のように
3 年ぶりに金沢に佐々木和之さんをお迎
えし、お働きを通して確実に和解の道が開
かれ、実を結んでいることを知り深い感動
を味わいました。「あなたの敵を愛しなさ
い」「迫害する者のために祝福を祈りなさ
い」という主イエスの教えが実践されてい
る姿に心底感動させられました。正に祈り
と愛の奉仕、そして御霊の導きによる奇跡
だと思います。
さて、佐々木さんは今回もミッションス
クールでお話し下さいました。僅か10分
の時間でも佐々木さんは喜んで奉仕されま
す。3年前、VTRを交えての話しは中学生
の心に届き、彼らはルワンダのこと、世界
の民族紛争、内戦等についてもっと知りた
いという思いを与えました。その年、夏休
みにも拘わらず、彼らは学習しました。私
もにわか仕立ての資料を元に、戦争と平和、
世界の内戦の現状とその原因、そこに聖書
のメッセージの光を当ててお話しするなど、
彼らのサポートをさせて頂きました。彼ら
は支援する会の事務局から写真パネルを借
り、文化祭で展示すると共に、世界の内戦
・民族紛争について一教室全部を資料室と
して、研究を発表したのです。また、男子
- 1 -
生徒を含めて50人の生徒が大きな「平和
キルト」を作成し、ルワンダの佐々木さん
の元に送りました。今、それはリーチの事
務所に飾られ、訪れる人々への良き励まし
になっているといいます。
今回、チャペルが終わると、佐々木さん
のもとに女子生徒たちがやって来ました。
かつてキルトを送った生徒さんたちです。
彼女たちは自分たちの作った平和キルトの
その後を知り、自分たちのしたことが何か
の役に立ったことが嬉しいと言って涙を流
し、心に深い喜びを味わいました。
かつて、JOCSの古切手運動に参加した子
どもたちの中から、沢山のワーカーが生ま
れたことを伺ったことがあります。佐々木
さんの働きは、ルワンダという中心を持ち
ながら、そこから発せられるメッセージが
波紋のように多くの人々の心に届き、人材
育成の役割をも担っているのだと思います。
この働きは、気の遠くなるほどのエネルギ
ーを必要としています。しかし、その中か
ら、平和を実現する働き人たちが起こされ
てくるにちがいありません。私は、金沢で
の小さな出会いの中にからし種一粒のいの
ちを見ています。
「佐々木さんを支援する会」会報
NO.12/ 2008.10.26( 季 刊 )
和解への旅路を歩む人々
佐々木和之
ささきかずゆき
憎しみからの解放に向けて歩み出すことを主体的に選び
取るとき、信仰者には「主よ、あの人をも赦してくださ
い」という祈りが生まれるのではないでしょうか。
日本は秋が深まり、紅葉の美しい季節
でしょうか。ルワンダは今、雨期の真っ
最中で、「アフリカのスイス」と呼ばれ
る緑豊かなこの国が、ひときわ美しい季
節です。今回は嬉しいニュースも含め、
盛り沢山の『ウブムエ』をお届けします。
■帰国報告を終えて
8月5日までの約2ヶ月間、とてもハ
ードな日程でしたが、日本での報告会を
無事完了してルワンダに帰ってきました。
訪れた場所は1都11県、報告・講演・メ
ッセージなどをさせていただいた教会や
学校等の数は38箇所、講演回数は何と
65回にのぼりました。蒸し暑い日本での
「全国巡業」、体力・気力が持つか心配
でしたが、何とか燃え尽きずに完了する
ことができました。
第1期の3年間、祈りつつご支援くだ
さった皆さんお一人お一人と出会い、活
動の様子について報告できたことを感謝
致します。幼稚園から大学生、そして教
会の青年会の方々まで、若い世代にルワ
ンダのことを伝え、語り合う機会にも恵
まれました。顔と顔を合わせ、言葉を交
わした皆さんからの支援、励ましの言葉、
お祈りが、現場で働く私たちにとって何
よりの支えです。今回の滞在を通し、第
2期の働きを進めていくために必要な力
を受け取ることができました。ありがと
うございました。
日本滞在中の報告の様子や出会いにつ
いては、支援会ホームページのブログ、
「和之の出会いに乾杯」をご覧ください。
- 2 -
■「償いのプロジェクト」が再開!
既にご存じの方も多いかと思いますが、
嬉しいニュースをお伝えします。労働奉
仕刑を宣告された虐殺加害者が、セミナ
ー等を通して謝罪の思いを深めつつ、被
害者側の家族のために家造りをする「償
いのプロジェクト」が、7月中旬に本格
的に再開しました。今思えば、一時は中
止に追い込まれる可能性もあっただけに、
ずいぶん待たされましたが、諦めずに政
府側と交渉を続けてきて本当に良かった
です。
再開後、136名の受刑者が参加していま
すが、これまでに4軒を完成し、現在は
6軒の建設のために汗を流しています。
これらの受刑者は政府が設営したキャン
プで寝泊まりし、週6日、朝6時から午
後2時までプロジェクトの住居建設に参
加します。キレヘ郡にはこのようなキャ
ンプが現在2箇所あり(全国では60箇
所)、プロジェクトに参加している受刑
者は、そのうちの1つに収容されている
約270名の半数にあたる人々です。残りの
半数は、主に土壌浸食防止のためのテラ
ス建設に従事しています。顔見知りの受
刑者たちの話では、よりやりがいを感じ
ることができる住居建設への参加を希望
する人々が多いとのことです。
■NHK BS1でプロジェクトが紹介!
複数の虐殺加害者が協力して被害者側
の家族のために家を建てるなど、日本の
皆さんには想像しにくいことであろうと
思います。加害者たちがどんな表情で作
業に取り組んでいるのか?それを見守る
「佐々木さんを支援する会」会報
NO.12/ 2008.10.26( 季 刊 )
被害者側の家族の表情は?両者の間で言
葉が交わされることがあるのか?
プロジェクトによって生まれている被
害者と加害者の間の心の交流について、
これまでも何度か報告してきましたが、
なかなかうまくお伝えできないもどかし
さを常々感じてきました。そのプロジェ
クトの生の様子、人々の表情や心の内を
描いたドキュメンタリーが、NHK衛星
第1放送の「世界のドキュメンタリー」
で11月27日(木)の午後9時10分から放
映されることになりました! タイトル
はずばり、「“償い”への家造り ~ル
ワンダ・集団殺戮からの模索~」です。
その週は「和解への苦悩」というシリー
ズで、他にもパレスチナ、北アイルラン
ド、南アフリカ等での和解への取り組み
が紹介されます。
(詳しくは、 ht
t
p:
/
/
www.
nhk.
or
.
j
p/
wdoc/
yot
ei
/
i
ndex.
ht
ml )
このドキュメンタリーは、日本からの
製作チームが、約1ヶ月間現場に張り付い
て取材・撮影をした労作です。皆さんの
ご支援で進められている修復的正義によ
る和解への取り組みが、このような形で
紹介されることをとても嬉しく思います。
ぜひご覧いただくとともに、できるだけ
多くの方々に番組のことをご紹介くださ
い!
●笑顔を見せるプロジェクト参加者たち●
■加害者が被害者に出会うとき
このプロジェクが、大虐殺の当事者た
- 3 -
ちの関係修復に役立つものになるために
は、参加する受刑者たちの罪の自覚を深
め、心を込めて「償い」としての家造り
に取り組むように動機付けをすることが
不可欠です。どうしたらそれができるの
か?このことについて、現場で働きなが
ら重要だと感じていることを書き留めて
おきたいと思います。
14年前、多くの一般市民が、権力者の
扇動や強制によって殺戮へと駆り立てら
れていきました。それまで、ツチを徹底
的に非人間化するイデオロギーを擦り込
まれ、また、体制側に立たなければ、自
分が殺されるかもしれないという恐怖心
に駆られて、多くの「普通の人々」が残
虐行為に手を染めたのでした。そのとき
叫ばれたスローガンの1つは、「ゴキブ
リどもを叩きつぶせ!」だったと言いま
す。人間ではなく、あたかもモノである
かのように山刀で斬りつけたり、強姦し
た相手が、実は、自分の母、妻、娘、そ
して自分自身と同じように人格を持った
生身の人間であったこと、その時、どん
なに痛かったか、怖かったか、悲しかっ
たか、悔しかったかということを想起し、
感じ取ることが必要です。そのようにし
て、「悲しむ力を取り戻す」(野田正彰
著『戦争と罪責』)ことが必要なのです。
そのために受刑者のセミナーでやって
いることの一つが、被害者の方々の証言
を聴くことです。被害者であれば誰でも
良いというわけではありません。REACHは、
これまでの活動の中で、恐れ、怒り、憎
しみといった感情を克服し、加害者の中
にも自分と同じ人間性を見いだすことの
できるようになった方々と出会ってきま
した。その方々の中から、私たちが最も
相応しいと判断した方に、よく主旨を理
解していただいた上で語ってもらうので
す。
新たにプロジェクトに参加する36名の
受刑者を対象に、9月中旬に実施したセ
ミナーでは、プロジェクトの受益者であ
る2人の女性がその役割を担ってくれま
「佐々木さんを支援する会」会報
NO.12/ 2008.10.26( 季 刊 )
した。ステファニアさん(ウブムエ10号
で紹介)とアルフォンシンさんです。ア
ルフォンシンさんは大虐殺のとき19歳、
両親や兄弟を含む9人の肉親を殺されま
した。強姦され、体のいたる所を山刀で
斬りつけられ、血まみれになりながら生
き延びたという彼女は、こちらが耳を塞
ぎたくなるような虐殺当時の体験を淡々
と-自分が負った傷について語るときに
は、切れ込みの入った片耳や深くえぐれ
たすねの傷を指し示しながら-語りまし
た。受刑者たちは、それを息を呑むよう
にして聴いていました。
彼女は虐殺の後、従兄夫婦の家族と一
緒に暮らしているのですが、数年前から
仮釈放されたり刑期を終えた加害者がそ
の従兄夫婦のところに謝罪に来ることが
度々ありました。彼女はしばらくの間そ
れらの加害者に会うことを拒絶していた
ものの、彼等と和解した従兄の影響や、R
EACHのセミナーなどの活動を通して、少
しずつ心が和らいでいった経過を説明し
ました。そして今では、自分を傷つけた
人たちを含め、複数の加害者を赦したと
語ったのでした。彼女は証言の最後を、
「今、皆さんの兄弟が私の家を造ってく
れています。皆さんどうもありがとう」
と、感謝の言葉で締め括りました。
威厳を持って語りかけているという事実
に圧倒されたのでした。
私がアルフォンシンさんと出会ったの
は、昨年の春、受益者を招いてプロジェ
クトの説明会をしたときのことです。そ
のときの彼女の印象を記したノートには、
「表情がこわばり、顔をしかめながら話
をする。トラウマの後遺症が残っている
ように見受けられる...」とあります。
そのしばらく後、大虐殺の記念週に開か
れた集会では、少人数のグループで「心
の中の苦しい思いを皆で分かち合いまし
ょう」と勧めを受け、彼女は、「どうし
てそんなことをしなくてはならないの
か?」と、進行役の牧師に食ってかかっ
たといいます。
私は、この短い間に彼女に起きた変化
に正直いって驚いています。その理由を
明確に説明するのは不可能ですが、辛抱
強く彼女の聞き役に徹してくれたプロジ
ェクト調整員のオーグスティン牧師の存
在が大きかったのではないかと見ていま
す。彼女が自分の身に起きた辛い出来事
について、初めて打ち明けた相手はオー
グスティン牧師でした。彼は、自分から
彼女の過去を尋ねることは一切ありませ
んでした。しかし、なかなか家造りが始
まらないことで気を揉む彼女をなだめた
り、励ましたりする中で、突然、彼女が
自分のことを語り始める瞬間が訪れたと
いうことです。初めの頃は自分のことを
語る度に取り乱していた彼女ですが、い
つからか彼女の顔から涙が消えていたと
いいます。そして、今回複数の加害者を
前に証言した彼女は、静かに、威厳を持
って彼等に語りかけたのでした。セミナ
ーの数日後、私はその時の感想を彼女に
尋ねました。すると、「それまでいつも
重荷を背負っているような感じでした。
でも、あのセミナーで、それを下ろすこ
とができました」と話してくれました。
彼女の証言を聴いた受刑者たちはどん
な印象を受けたのでしょう。証言の直後、
●アルフォンシンさんと受刑者たち●
私は、彼女の証言を聴きながら、涙が
溢れてくるのをこらえることができませ
んでした。どん底の苦しみから生還し、
癒された彼女が、今、自分を苦しみの淵
に突き落とした者たちを前に、静かに、
- 4 -
「佐々木さんを支援する会」会報
NO.12/ 2008.10.26( 季 刊 )
数名の受刑者たちが、彼女に向って、こ
れから仕事を始める自分たちのために祈
って欲しいと頼んでいました。さらに、
セミナーの後も、全員とはいきませんが、
真剣に作業に取り組む受刑者たちの姿が
あります。最近、アルフォンシンさんと
一緒に他の受益者の現場を訪ねたときの
ことです。私は、彼女とにこやかに言葉
を交わしていた1人の受刑者に、何を話し
て い た の か 尋 ね ま し た 。 す る と 彼 は、
「あと1週間で刑期を終えて故郷の村に
帰るので、それまでに何としても彼女の
家を完成したい。そこで、必要な資材の
搬入を済ませるように、REACHに言ってお
いてくれるように頼んでいたんだ」と答
えました。私は、彼の思いやりと誠実な
姿勢に心を打たれたのでした。そう語る
彼の顔は確かに輝いていました。
■アグネスさんの帰還
ホームページで既にお伝えしたことで
すが、アグネスさんが暴漢に襲われると
いう衝撃的な事件が起きました。彼女は、
REACHの活動を草の根レベルで担ってくだ
さっている虐殺生存者(genocide survivor)で、複数の虐殺加害者を赦し、罪
を告白した加害者が被害者側の家族に謝
罪しにいくのに付き添ってあげるなど、
村の人々の和解のために尽力してきた女
性です(ウブムエ6及び11号参照)。
9月9日の夜、アグネスさんの家の裏
庭で、ふらっと現れた村の若者が突然隠
し持っていた棒で彼女の顔面を殴りつけ
逃走しました。ルワンダでは、虐殺加害
者の裁判での不利な証言を封じるためと
見られる、虐殺生存者の殺害が今でも時
折報告されています。ですから、アグネ
スさんは今回の事件(詳細はホームペー
ジを参照)を大虐殺を生き残った自分へ
の攻撃であると受け止め、大きな衝撃を
受けたのです。
襲撃のニュースを聞き、キレヘ郡の彼
女の自宅を訪ねた私に、彼女は、「どう
か祈って欲しい、日本の友人たちにも祈
- 5 -
ってくれるように伝えてください」と涙
ながらに訴えました。そこで私は、電子
メールやブログを通して、日本の皆さん
にそのことを伝えたのでした。その後、
友人の竹内綠さん(日本国際飢餓対策機
構スタッフ)の協力を得て、アグネスさ
んにしばらくの間、ある修道院で休養を
とってもらいました。そこで綠さんと一
緒に心休まる時間を過ごしたことが功を
奏し、事件から1ヶ月以上を経た今、彼
女はすっかり落ち着きを取り戻し、キレ
ヘの自宅で生活しています。
修道院に向う前日、アグネスさんに拙
宅に泊ってもらったのですが、翌朝の5
時頃、私は、どこからともなく聞こえて
くる話し声らしきもので目を覚ましまし
た。しばらくしてそれが、彼女の祈りの
声であることが分かりました。祈りの後、
賛美の歌声がしばらく続き、再びそれが
熱心な祈りに変わりました。その祈りと
賛美の繰り返しが40分くらい続いたでし
ょうか。
私はそれを聞きながら、約10年前にエ
チオピアの深い谷あいにある教会に泊っ
たときのことを思い出しました。礼拝堂
の裏にある土間の部屋にゴザを敷いて寝
かせてもらったのですが、夜の祈り会に
集った50名くらいの人々も礼拝堂にゴザ
を敷いて泊まっていました。険しい谷あ
いの道を長時間かけて教会にやってくる
ので、夜の祈り会があるときにはいつも
泊まりがけだということでした。
翌日の夜明け前のこと、礼拝堂の方か
ら祈りの声が聞こえてきました。そこに
泊まった人々が壁に向ってひざまずき、
口々に祈りの言葉を唱えていたのです。
そのとき私が見たものは、それまで私が
考えていた「祈り」と言うよりは、「う
めき」や「叫び」と言った方がふさわし
いものでした。それぞれが思い思いに神
様の前で呻き、また、叫びを上げ、その
後立ち上がって、まだ薄暗い朝もやの中
を帰っていったのでした。
アグネスさんの早朝の祈りを聞き、私
「佐々木さんを支援する会」会報
NO.12/ 2008.10.26( 季 刊 )
は、あの谷あいの教会で目撃した、祈り
の原点ともいえるようなものを感じまし
た。それは、信徒として「祈らねば」と
いった義務感のようなものとは無縁の、
祈ることによって生きる力を得ている人
々の祈りと言ったらいいでしょうか。朝
まだ目覚めるか目覚めないかの時に、ひ
ざまずいて祈り始めることによって初め
て立ち上ることができる、そして、今日
を歩み出すことができる・・・アグネスさん
は、そんな祈りをされていたのだと思う
のです。
動揺の激しかったアグネスさんを癒し、
再び和解の働き人として立ち上がらせた
のは、祈りと聖書の言葉でした。特に、
「支援する会」世話人会代表の金子敬牧
師が贈ってくださった聖書の以下の言葉
が彼女を励まし支えました。
神の人の召使いが朝早く起きて外に出
てみると、軍馬や戦車を持った軍隊が町を
包囲していた。従者は言った。「ああ、ご
主人よ、どうすればいいのですか。」する
とエリシャは、「恐れてはならない。わた
したちと共にいる者の方が、彼らと共にい
る者より多い」と言って、主に祈り、「主
よ、彼の目を開いて見えるようにしてくださ
い」と願った。主が従者の目を開かれた
ので、彼は火の馬と戦車がエリシャを囲ん
で山に満ちているのを見た。
(旧約聖書 列王記下6章15~17節)
この聖書の箇所から受けた大きな励ま
しについて、彼女は後にこう語りました。
「このみことばをいただき、私は、神様の
軍隊に守られていることに気付きました。
事実、その通りのことを体験してきたので
す。この間、私を支えてきてくれた全ての
人たち-カズの家族、REACHのスタッフ、
地元の牧師たち、ミドリ、そして、私のた
めに祈り、励ましのメッセージを送ってくれ
た人々-こんなにも大勢の人たちに私は囲
まれているのですから・・・」
アグネスさんは、この聖書の箇所を更
- 6 -
に自分で読み進めました。そして、イス
ラエルの王がアラム軍の捕虜のために大
宴会を催し、彼らの国に返してやったと
いう箇所(22~23節)から、善によって
悪に打ち勝つことが神様に従う者たちが
取るべき行動であり、そのような者たち
を神様は必ず守ってくださる、という神
様からのメッセージを読み取ったといい
ます。「アラムの部隊は二度とイスラエ
ルの地に来なかった(23節)」。危害を
加える者が自分の所に2度と戻って来な
いという神様の言葉、それは、この試練
の時に彼女が最も必要としていた言葉で
あったに違いありません。
最後に、アグネスさんが金子牧師に書
き送った手紙の一部を、お二人の承諾の
もとに引用させていただきます。
「私は、家族を殺し、私を強姦した人たち
をも赦します。なぜなら、そのことによって
しか、私の魂と彼らの魂を救うことはでき
ないからです。私はこの世にあるかぎり、
十字架を背負っておられるイエス様にお仕
えしなければなりません。」
アグネスさんはこうして、信仰によっ
て危機を乗り越えました。必要なもの一
切を備え、彼女を再び立ち上がらせてく
ださった神様、彼女に深く共感し、大切
な時間を献げてくださった竹内綠さん、
そして、2週間以上に渡って祈り続けて
くださった方々に感謝いたします。皆さ
んのお祈りと、お励ましの言葉は、確か
にアグネスさんに届き、彼女を支え続け
ました。
●アグネスさんと恵●
「佐々木さんを支援する会」会報
NO.12/ 2008.10.26( 季 刊 )
■和解への旅路を歩む人々
自分を斬りつけたり、強姦したり、肉
親を殺した者たちを赦すというアルフォ
ンシンさんとアグネスさん。これら2人
の女性の言葉をどう受けとめたら良いの
でしょうか。私は以前、赦しは義務では
なく神様から与えられる恵みだと書きま
した(ウブムエ5号4頁)。それは、人間
が自分の力で成し遂げ得るようなもので
はないと思うからです。さらに私は、こ
れら2人の女性たちのように、加害者を
赦したという人々のことを、恵みとして
の赦しを神様から受け取った人たちであ
り、それを加害者に贈り物として与えた
人たちだとも書きました。それは何も、
私たちとはかけ離れた「特別な人」とい
う意味ではありません。赦しという神様
の恵みを受け取るかどうかは、(さらに
言えば、それを加害者に与えるかどうか
は、)被害者ひとり一人に委ねられた自
由です。それを受け取ろうと決断すると
き、すなわち、憎しみからの解放に向け
て歩み出すことを主体的に選び取るとき、
信仰者には「主よ、あの人をも赦してく
ださい」という祈りが生まれるのではな
いでしょうか。そして、その祈りの中で、
やがて「私もあの人を赦すことができま
すように助けてください」という祈りが
与えられ得るのだと思うのです。アルフ
ォンシンさんとアグネスさんは、このよ
うな厳しい、赦しと和解への旅を歩んで
おられる方なのではないでしょうか。
(10月15日記)
●萌の旅立ちの朝に●
●家族の近況●
萌:9月からケニアの寄宿学校に進学
勉強と部活に充実した毎日です。
仁:通学前、朝5時起きで友だちとプ
レイするほどテニスにはまってい
ます。
共喜:学校のスピーチのテストで99点
を取り、ますます張り切っていま
す。
恵:今回、ウブムエの紙面を和之に奪
われたので、その分、ブログへの
投稿に励もうと思っています。
和之:ブログの更新、10日に1度を目
標に頑張っています。
<家族を覚えてのご加祷よろしくお願
い致します。>
事務局からお知らせ
● 佐々木夫妻のブログを含め、支援会ホームペ
ージ(http://rwanda-wakai.net/)を適時更新
しています。ご覧ください!
● REACHが支援する若者たちが結成したウルムリ・
ルブムエ合唱団のCD、「我らはひとつ」の販売を
開始しました。収益金は、青少年のスポーツ・文
- 7 -
「佐々木さんを支援する会」会報
NO.12/ 2008.10.26( 季 刊 )
化交流によるルワンダの平和構築のために用いられます。バプテスト連盟宣教部・国外
伝道室が窓口を担ってくださいます。
お問い合わせは、宣教部 国外伝道室 丁野雅子さんまで。
電話:048-883-1091
電子メール:[email protected]
[email protected]ロジェクト」がテレビで紹介されること
になりました。番組の詳細は以下の通りです。ぜひご覧いただくとともに、友人・知人
の皆さまにご紹介ください!
NHK衛星第一放送(BS1)
BS世界のドキュメンタリー <シリーズ 和解への苦悩>
"償い"への家造り∼ルワンダ・集団 殺戮からの模索 ∼
11月27日(木)午後9:10−10:00
詳しくは http://www.nhk.or.jp/wdoc/yotei/index.html をご覧ください。
新たに支援をくださった方々です。感謝致します。
('08年1月16日∼0'8年10月)
武本民子、中上禮子、学校法人ヨハネ学園(福島様)、川和まゆみ、佐々木功悦・貴子、
井浦 緑、草野秀子、田島慶康・由利、田島 光、関内美津子、大久保くるみ、志賀福
子、尾崎 睦、原口徹・悦子・建、江田初穂、井形英絵、土屋敏幸、田代秀武、加藤節
子、西田益枝、秋山義也、牧浦博國、手塚栄子、北原末男・淳子、大谷凱基、小野山まゆ
み、柴田久子、木村誠一郎、松久洋子、川口一枝・有田禮子・栗山高子、バプテスト北九
州地方連合青年会、森川邦子、瀬戸素子、高嶋敦子、せきねかずま、徳永香代子、草場久
子、関東学院小学校3年a組、平出朋哉、根本望・伴子、田中愛子、岩切成人、朝原裕子、
佐々木京子、桐島清吾・久子、長尾優、中川春野・英明、渡辺真知子、吹抜悠子、松浦順
子、岡本吉正、山本 忍、市川陽子、杉野省治、大成弘子、林 幸子、内田和仁、作田和
子、高島志保、石原由紀、斎藤操子、須藤啓子、岩原晴江、草光澄子、川上利子、川島結
実、グリーク・フラッシュ、昆野喜根子、対田順明・澄子、由田美津子、宮下信一、関東
地区報告会カンパ、石川光一、鹿島栄司・美和子、川口浩一郎、荒川美智子、堀 史子、
舛田栄一・信子、岡崎美奈子、菅原元子、日本バプテスト同盟関東部会社会委員会「平和
の集い」、染森哲朗、林郁子、横井智子、京野楽弥子、西九州霊交会、北九州女性連合、
長崎バプテスト教会、福岡地区報告会、熊本諸教会、宮崎地区報告会、金沢教会、相模中
央教会、浦和教会女性会、元澤美香、株式会社婦人之友社、釘宮美代子、濱池寿賀子
以上(受付日付順順)
●事務作業を簡素化するため、すべての支援者に一律に「振替用紙」を同封させていただいています。請求では
ありませんのでご了承ください。必要な方はご利用ください。
●郵便振替口座
00250-0-112907
佐々木さんを支援する会●
●佐々木さんを支援する会HP(ホームページ)
佐々木さんの活動報告、写真館、等。
http://rwanda-wakai.net/
HPから入会手続きも可能です。
佐々木和之さん、恵さんのブログも適時
更新しています。
●世話人会
金子 敬(古賀教会牧師)、蛭川明男(洋光台教会牧師)、
村上千代(日本バプテスト女性連合幹事)、吉高 叶(栗ヶ沢教会牧師)
- 8 -