CRC - Landmark Information

CRC - Landmark Information
トピックス
◇ 最新地震探査データ処理ソフトウェア『SeisSpace』リリースのお知らせ
◇ 最新デシジョンセンターのご紹介
2005年 10月 発行
〒136-8581
東京都江東区南砂2−7−5
株式会社 CRCソリューションズ
地球科学部 地球物理チーム
Tel:03-5634-5851 Fax:03-5634-7338
E-mail: [email protected]
[email protected]リリースのお知らせ
この度、Landmark社より最新版地震探査データ処理ソフトウェア『SeisSpace』がリリースされました。
SeisSpaceは、既存の地震探査処理ソフトウェアProMAXシリーズにアドオンされるモジュールであり、
以下のような特徴を有しております。
(1) 処理フロー策定やジョブ管理などの画面を、ユーザーにとってより使いやすいインターフェース
に改良しました。(フローのドラッグ&ドロップなど)
(2) Linuxクラスター環境下において、PSTM (PreStack Time Migration) の並列処理手法などを改善
し、大容量ファイルのサイスミックデータの処理速度を大幅に向上させることに成功しました。
(3) ProMAXでの別の処理を、”ハイブリッド”処理(並列コンピューターの各CPUの待機時間を減ら
す工夫)する事を実現しました。
既存のProMAXユーザーは、SeisSpaceをご利用頂けます。
最新デシジョンセンターのご紹介
石油開発における意志決定のツールとして、最新のデシジョンセンターについてご紹介させていた
だきます。
最新のデシジョンセンターは、“ビジュアライゼーションセンター”と“リアルタイムセンター”及
び“エグゼキューティブ・デシジョンセンター(司令塔)”から構成されます。
“ビジュアライゼーションセンター”は、石油開発における地質・物探・油層・掘削などの各分野の
技術者が大型スクリーンの前に集結し、投影された地下構造を基に共通の認識を持ち、的確な意思決
定を行うためのコラボレーション環境です。以前からVRを用いた大規模なシステムが、メジャー各社
などで活用されてきましたが、ハードウェアが安価になってきた事などの理由で、近年、中小の石油
会社にも急速に導入されています。
“リアルタイムセンター”では、掘削や生産などのフィールドでの最新の情報を、特殊な通信プロト
コルで事務所にリアルタイムに伝達し、モニタリングや解析処理などを行います。また、Landmark
社製Decision Management Systemを用いると、開発計画の変更などの判断をいち早く高精度に行う
事ができます。
図は、デシジョンセンターモデルの一例です。マネージャやプロジェクト責任者は、中央上部のポジ
ションから3方向の画面を視覚的に確認する事ができ、海上プラットフォームや船舶のオペレーショ
ンなどに対して、文字通り司令塔の役割を果たす事ができます。