『平成24年度 泉南市埋蔵文化財センター 年報』 約0.6MB(PDF形式)

泉南市埋蔵文化財センター 年報
平成 24 年度
はじめに
当施設は、ふたつの機能を兼ね備えております。1 階は埋蔵文化財センターと
して、市内埋蔵文化財の発掘調査やそれに伴う出土品の整理・保管・研究を行
ないます。2 階は博物館的な施設として、隣接する国史跡海会寺跡出土の国指
定重要文化財の展示をはじめ、発掘調査などによって得られた市内文化財の情
報をひろく市民に還元する施設です。これまで、施設内での歴史講座や体験学
習などのほか、学校教育機関への出張講座も行ってまいりました。
本書は、当施設の事業のうち、平成 24 年度に実施した普及啓発事業をまとめ
たものです。これまでのご理解とご協力に御礼申し上げますとともに、今後も
市民の皆様のご要望にお応えできるよう、より充実した事業展開に努めてゆく
所存であります。
泉南市教育委員会
1. 施設の概要 1
2. 組織・職員 2
3. 利用者数と利用形態 2
4. 展示
4
5. 講座 4
6. 体験学習
4
7. フィールドワーク
4
8. 文化財普及啓発ボランティア 4
9. 市内資源発見活用事業
6
10. 附編
埋蔵文化財センター条例・同施行規則 7
史跡海会寺跡広場条例・同施行規則 7・8
1.施設の概要
略沿革
施設
平成 6 年 7 月~平成 7 年 3 月 基本設計及び実施設計。
鉄筋コンクリート造地上 2 階耐火構造
平成 7 年 3 月 浄化槽設置工事完成。
敷地面積
4602.24 ㎡
建築面積
1164.82 ㎡
延床面積
1893.86 ㎡
1 階
990.89 ㎡
平成 7 年 6 月 海会寺跡出土遺物 302 点が国の重要文化財
に指定される。
史跡海会寺跡整備事業完了。「史跡海会寺
2 階
跡広場」として一般開放開始。
平成 8 年 3 月 埋蔵文化財センター竣工。
1 階埋蔵文化財センター部門供用開始。
展示施設一般開放開始。
平成 10 年 7 月
重要文化財海会寺跡出土遺物を常設展示と
する特別展示室オープン。
1 階
27 部屋
2 階
16 部屋
泉南市埋蔵文化財センター事業費 ( 平成 7 年度完成分まで )
平成 9 年 4 月 埋蔵文化財センター条例、同施行規則施行。
902.97 ㎡
総室数
設計委託
11,433,000 円
設計事管理委託
8,446,000 円
浄化槽設置工事
43,260,000 円
建築工事
762,200,000 円
植裁工事
6,180,000 円
上水道施設負担金等
958,000 円
用地購入
532,018,944 円
1 荷解場
2 警備員室
18
3 女子更衣室
4 休憩室
5 トイレ
2
3
6 ポンプ室
4
17
6
5
1
7 仮収蔵庫
18
12
13
16
20
21
8 洗浄室
15
9 遺物整理室
10 記録整理室
7
8
9
10
11
14
11 写場・暗室・乾燥室
19
12 図面収蔵庫
13 写真収蔵庫
1 階 平面図
14 特別収蔵庫
15 収蔵庫 1
16 収蔵庫 2
17 収蔵庫 3
20
32
18 展示ケース
19 CO 2 ボンベ室
33
29
34
20 風除室
23 事務室
26
22
21 エレベーター
22 受付
21
31
30
28
27
23
24
25
24 特別展示室
2階 平面図
25 展示準備室
26 展示ホール
27 図書情報コーナー
28 トイレ
29 サロン
30 講堂兼視聴覚室
31 倉庫
32 調査研究室
駐車場
駐車場
33 図書保管室
34 会議室
施設全体図
1
2.組織・職員
施設外への出張事業 -2
教育長 蔵野博司
月日
教育部 部長
上ノ山正人
北島治男
次長
生涯学習課
6 月 21 日
6 月 27 日
課長 梶本秀之
文化財保護係 係長 岡 一彦(本庁勤務)
7月5日
主査 城野博文(埋蔵文化財センター勤務)
7月7日
主査 河田泰之(埋蔵文化財センター勤務)
3. 利用者数と利用形態
月別入館者数
日数
男
子ども
女
(子ども元気広場新家でのものづくり体験:組みひも)
泉南市立鳴滝小学校
(放課後元気広場でのものづくり体験:まが玉)
きしわだ自然資料館
(ワークショップ実施:組みひも)
きしわだ自然資料館
(ワークショップ実施:組みひも)
泉南市立鳴滝小学校
男
計
女
22
149
104
55
55
363
5月
24
163
118
31
98
410
6月
24
313
309
33
24
679
7月
23
122
94
67
66
349
7 月 18 日 (子ども元気広場青少年センターでのものづくり体験:
7 月 25 日
まが玉ネックレス)
泉南市教育委員会指導課
(樽井公民館でのものづくり体験:組みひも)
泉南市立青少年センター
7 月 25 日 (子ども元気広場新家でのものづくり体験:まが玉ネッ
クレス)
泉南市教育委員会指導課
8月
25
109
112
97
72
390
9月
21
86
57
12
18
173
10 月
25
194
93
73
98
458
11 月
24
249
149
127
129
654
12 月
21
115
62
22
22
221
1月
21
93
107
23
30
253
2月
23
181
122
48
40
391
(新家公民館でのものづくり体験:まが玉ネックレス)
泉南市教育委員会指導課
3月
23
318
239
49
48
654
8 月 10 日 (西信達公民館でのものづくり体験:まが玉ネックレ
276
2092
1566
655
700
7 月 26 日
8月1日
8月3日
8月9日
5013
8 月 17 日
施設外への出張事業 -1
月日
団体名(依頼内容)
泉南市立一丘小学校
5 月 10 日 (6 年生の社会科:施設見学とまが玉と組みひものブ
レスレット)
5 月 21 日 泉南市立樽井小学校(6 年生の社会科:土器づくり)
泉南市立青少年センター
5 月 23 日
(子ども元気広場新家でのものづくり体験:組みひも)
泉南市立鳴滝小学校
5 月 24 日
(放課後元気広場でのものづくり体験:組みひも)
泉南市立一丘小学校
5 月 25 日
(6 年生の社会科:土器づくり)
阪南市立上庄小学校
5 月 28 日
(6 年生の社会科:まが玉)
泉南市立青少年センター
5 月 30 日
(子ども元気広場新家でのものづくり体験:組みひも)
泉南市立鳴滝小学校
6月7日
(放課後元気広場でのものづくり体験:組みひも)
泉南市立一丘小学校
6月8日
(6 年生の社会科:火おこし、土器焼き)
泉南市立樽井小学校
6 月 18 日
(6 年生の社会科:火おこし、土器焼き)
泉南市立青少年センター
6 月 20 日 (子ども元気広場青少年センターでのものづくり体験:
組みひも)
人数
10
25
16
12
8
100
とまが玉ネックレス)
泉南市立青少年センター
4月
計
2
(放課後元気広場でのものづくり体験:組みひも)
泉南市立青少年センター
7 月 14 日 (土曜元気広場での文化財体験学習の実施:施設紹介
大人
開館
7月8日
団体名(依頼内容)
泉南市立鳴滝小学校
人数
82
(新家公民館でのものづくり体験:組みひも)
泉南市教育委員会指導課
(西信達公民館でのものづくり体験:組みひも)
泉南市教育委員会指導課
(信達公民館でのものづくり体験:組みひも)
泉南市教育委員会指導課
ス)
泉南市教育委員会指導課
(樽井公民館でのものづくり体験:まが玉ネックレス)
泉南市立青少年センター
8 月 22 日 (子ども元気広場新家でのものづくり体験:絵本の読
8 月 24 日
み聞かせ)
泉南市教育委員会指導課
139
(信達公民館でのものづくり体験:まが玉ネックレス)
泉南市立青少年センター
4
8 月 29 日 (子ども元気広場青少年センターでのものづくり体験:
9 月 19 日 (子ども元気広場青少年センターでのものづくり体験:
82
15
55
82
139
4
25
16
19
13
19
17
13
20
4
32
38
まが玉ネックレス)
泉南市立青少年センター
25
65
17
9 月 20 日
10 月 18 日
10 月 21 日
小枝のストラップ)
泉南市立鳴滝小学校
(放課後元気広場でのものづくり体験:割箸鉄砲)
泉南市立鳴滝小学校
(放課後元気広場でのものづくり体験:割箸鉄砲)
西信達地区地域教育協議会
(西信達フェスタでの体験コーナー設置:組みひも)
泉南市立青少年センター
10 月 24 日 (子ども元気広場青少年センターでのものづくり体験:
10 月 31 日
11 月 8 日
割箸鉄砲)
泉南市立青少年センター
(子ども元気広場新家でのものづくり体験:割箸鉄砲)
鳴滝小学校
(放課後元気広場でのものづくり体験:火おこし)
4
9
10
60
11
11
15
施設外への出張事業 -3
月日
団体名(依頼内容)
一丘中学校区地域教育協議会
11 月 10 日 ( リサイクルふれあいデーでの体験コーナー設置:組み
11 月 12 日
ひも)
泉南市立保健センター
(保健予防事業における講座開催)
泉南市立東小学校
11 月 16 日 (全校生徒への火おこし、土器焼き、焼き芋体験など
11 月 18 日
11 月 20 日
の実施)
きしわだ自然資料館
(ワークショップ実施:勾玉ネックレス)
泉南市立新家東小学校
(6 年生へのまが玉づくりのワークショップ実施)
泉南市立青少年センター
11 月 28 日 (子ども元気広場新家でのものづくり体験:絵本の読
11 月 30 日
み聞かせ)
泉南市立図書館
(図書館地域講座での講座開催)
泉南市立青少年センター
12 月 19 日 (子ども元気広場青少年センターでのものづくり体験:
12 月 26 日
1 月 17 日
火おこし)
泉南市立青少年センター
(子ども元気広場新家でのものづくり体験:火おこし)
泉南市立鳴滝小学校
(放課後元気広場でのものづくり体験:縄文風壁飾り)
泉南市立青少年センター
1 月 23 日 (子ども元気広場青少年センターでのものづくり体験:
1 月 30 日
縄文風壁飾り)
泉南市立鳴滝小学校
(3 年生への民具をつかったワークショップ実施)
泉南市立青少年センター
1 月 30 日 (子ども元気広場新家でのものづくり体験:縄文風壁
1 月 31 日
2 月 14 日
飾り)
泉南市立鳴滝小学校
(放課後元気広場でのものづくり体験:縄文風壁飾り)
泉南市立鳴滝小学校ボランティア参加(放課後元気広場で
のものづくり体験:叩きゴマ)
泉南市立青少年センター ボランティア参加
2 月 20 日 (子ども元気広場青少年センターでのものづくり体験:
施設外への出張事業 -4
人数
40
15
2 月 27 日
2 月 28 日
3月2日
3月2日
3月6日
3 月 10 日
3 月 14 日
プ実施)
泉南市立青少年センター ボランティア参加
(子ども元気広場新家でのものづくり体験:叩きゴマ)
泉南市立鳴滝小学校 ボランティア参加
(放課後元気広場でのものづくり体験:叩きゴマ)
泉南歴史研究会
(講座開催)
泉南市立青少年センター
(土曜元気広場でのものづくり体験:組みひも)
泉南市立青少年センター ボランティア参加
(子ども元気広場青少年センターでのものづくり体験:
どんぐり鉄砲)
きしわだ自然資料館
(ワークショップ実施:縄文風壁飾り)
泉南市立鳴滝小学校 ボランティア参加
(放課後元気広場でのものづくり体験:どんぐり鉄砲)
3 月 21 日
団体名(依頼内容)
泉南市立雄信小学校
38
3 月 27 日 (子ども元気広場新家でのものづくり体験:どんぐり
6
鉄砲)
視察
月 日
9
人数
(3 年生への民具をつかったワークショップ実施)
泉南市立青少年センター ボランティア参加
64
機 関 名
人 数
12 月 18 日 都城市教育委員会
1
備 考
史跡整備および普及
啓発事業など
41
資料貸出
15
貸出先
一丘小学校
40
13
韓国国立扶余文化
財研究所
5
研究員
貸出資料
使用目的
点数
銅鐸・銅鏡の青銅 6 年生の社会科授業で教材と
2
製レプリカ して使用するため
韓国国立扶余博物館発行『東
海会寺跡写真
アジアの古代寺址比較研究
18
Ⅲ』に掲載するため
昭和女子大学客員
15
泉南市内出土の瓦 ( 独 ) 農畜産物振興機関発行
溜写真(申請者撮 『でん粉・砂糖類情報』2 月
影)
6
号に掲載するため
和泉市教育委員会 海会寺跡写真
『和泉市史』に掲載するため
2
おもな団体見学
4
月日
5月9日
40
6月1日
7
7 月 27 日
4
8 月 14 日
2
8 月 28 日
8 月 29 日
7
10 月 4 日
叩きゴマ)
泉南市立西信達小学校
2 月 22 日 (3 年生、支援学級への民具をつかったワークショッ
月日
98
9
14
20
30
12
13
7
10 月 19 日
11 月 2 日
1 月 22 日
2 月 12 日
2 月 26 日
団体名(内容)
泉南市教育委員会指導課
人数
30
(市内学校園長の研修:施設見学)
泉南市役所人事課
3
(人事院公務員研修:施設見学)
泉南市教育委員会指導課
(市内小中学校初任者教員への教材提供など)
泉南市役所保育子育て支援課
(一丘広場での親子ものづくり:紙飛行機)
泉南市役所保育子育て支援課
(一丘広場での親子ものづくり:紙飛行機)
泉南市立鳴滝小学校
(見学・バックヤードツアー・ものづくり体験)
泉南市立鳴滝小学校
(1 年生の遠足:紙芝居ほか)
泉南市立一丘小学校・あおぞら幼稚園
(1 年生、年長組の遠足:施設見学と紙芝居ほか)
泉南市立新家小学校
(1・2 年生の秋の遠足:見学と紙芝居)
泉南市保育子育て支援課
(一丘広場での親子ものづくり:凧)
泉南市保育子育て支援課
(一丘広場での親子ものづくり:組みひも)
泉南市保育子育て支援課
(一丘広場での親子ものづくり:組みひも)
35
15
50
21
32
117
135
13
29
24
その他依頼
月 日
6 月 7・8 日
団体名
泉南市立西信達中学校
内容
人数
職業体験学習(2 年生)
1
6 月 14・15 日 泉南市立信達中学校
職業体験学習(2 年生)
5
10 月 25 日
職業体験学習(6 年生)
5
泉南市立新家東小学校
3
4. 展示
「子どもまいぶん講座」
常設展示
内容 市内に学術的に重要な白亜紀末の化石産地が存在することか
ら、その化石産地の成因および古生物学の基礎を学ぶ機会を提供す
「海会寺跡」
内容 隣接する国史跡海会寺跡からの出土品のうち、国重要文化財指
定物件を中心に展示。海会寺跡の歴史的価値をわかりやすく紹介。
企画展示
「思い出のせんなん写真展」
期間 4 月 16 日~ 6 月 29 日
内容 泉南市内で撮影された写真を持ち主の思い出を添えて紹介する
ることが目的。保護者参加を積極的に呼びかけることにより、家庭
内での自発的な学習と文化財保護意識の醸成が見込まれる。
2/16(土)「山で海の生き物の化石が見つかる理由
―地質学から見た和泉山脈の歴史」参加者 30 名
濱塚 博さん ( きしわだ自然資料館アドバイザー)
講師
2/23(土)「なっとく!恐竜教室
―はじめての古生物学」参加者 41 名
を募集した結果、10 件の応募があった。
徳川広和さん(恐竜・古生物復元造形作家)
「むかしあそび展」
ほか、当時の暮らしの道具なども展示。あわせて市民などから写真
講師
大野理恵さん(大阪市立大学大学院)
期間 7 月 19 日~ 8/31
「泉南”楽”会」3/17(日)参加者 32 名
内容 むかしのおもちゃを館内に設置。利用者が自由に遊べるように
内容 泉南の建造物の魅力について、市民にその魅力を再発見する機
した。併せて指導役としてボランティアを募った。
会と、自発的な学習のきっかけ作りが目的。住民主体の自律的な文
「絵本の中のむかし展」
化財保護の仕組み作りにもつながると見込まれる。
「第 10 回泉南”楽”会-泉南の魅力ある建物見て歩き-」
期間 9 月 24 日~ 12 月 26 日
内容 絵本を読む世代に施設利用を促し、地域文化を身近に接する機
講師 植松清志さん(大阪人間科学大学人間科学部教授)
会を提供することが目的。絵本を媒介にした民具鑑賞プログラムも
「まいぶん講座」
実施した。
内容 市内文化財に関連する内容の職員による講座。地域の歴史文化
「魅力ある泉南の景観パネル展 - 熊野街道沿い」
への興味関心を持つきっかけを提供することが目的。
期間 平成 25 年 3 月 11 日~ 4 月 27 日
内容 市内所在の魅力ある景観の存在と、保護の必要性を周知するこ
とが目的。応募のあった魅力ある景観の情報を共有することで住民
主体の自律的な景観保全の仕組み作りにつながると見込まれる。
5. 講座
「回想法講座」2/3(水)参加者 66 名
内容 高齢障害介護課との共催事業。認知症を正しく理解するための
講座を実施するほか、回想法の具体的な技法を学ぶことで、高齢者
にとってよき話の聴き手を養成することが目的。講座では、市内に
関連する文化財・文化遺産を活用した。これにより市民による文化
3/13(水)「全国屈指のレンガづくりのまち
―せんなん」参加者 22 名
3/21(水)「文化財を守った人々
―海会寺跡の例をまじえて」参加者 18 名
3/27(水)「歴史における石」参加者 17 名
6. 体験学習
「まいぶんクラブ」
内容 身近な昔の暮らし体験を通じて、歴史文化への興味関心を持つ
きっかけを提供することが目的。ボランティア 5 名に協力を得た。
①小枝のストラップづくり 5/19(土)参加者 5 人
財の活用と自律的な保護の仕組み作りを促す効果が見込まれる。
古代の組みひもづくりに小枝の飾りをつけてアクセサリーにした。
「認知症の早期発見・早期治療について」
②まが玉づくり 5/26(土)参加者 15 人
講師:松本英一さん(泉佐野泉南医師会介護保険担当理事・
古墳時代のまが玉づくりを体験。古代の組みひもづくりを併せて実
泉南市認知症かかりつけ医)
施し、ブレスレットをつくった。
「懐かしい話に花を咲かせましょう!」
③布ぞうりづくり 6/16(土)参加者 5 人
講師:清本好美さん(社会福祉法人長寿会職員)
自宅にあるぼろ布を再利用したむかし体験。古布のリサイクルも兼
ねる。
櫻井昭子さん(地域包括支援センター六尾の郷職員)
④織ものづくり 6/23(土)参加者 4 人
弥生時代の織りもの体験。原始機でコースターをつくった。 ⑤小枝のコースターづくり 7/28(火) 参加者 2 人
縄文時代の編物の方法で、藁を編みこんだコースターをつくった。
⑥割りばしゴム鉄砲づくり7/31(火)参加者 21 人
むかしあそびの体験。割りばしを使ったゴム鉄砲づくりと参加者に
よるまと当て大会。
⑦やじろべえづくり 8/7(火)参加者 4 人
ボランティア 2 名協力。むかし遊び体験。どんぐりや松ぼっくりな
回想法講座のようす
4
どの木の実と竹ひごなどを使ってやじろべえをつくった。
⑧叩きゴマづくり 8/21(金)参加者 4 人
ボランティア 1 名協力。昭和初期に市内ではやっていた子どもの遊
び体験。自分のコマ作りののち、サロンでコマあそび。
⑨おおきなまが玉づくり 10/21(土)参加者 12 人
おおきなまが玉用の石を使ったまが玉づくり。ストローをつかった
管玉をつかってネックレスをつくった。
⑩ろうそくづくり 11/17(土)参加者 11 人
むかしのあかり体験。菜種油を使った燈明皿のあかり体験と、アロ
マキャンドルづくりを行った。
⑪どんぐり鉄砲 11/24(土)参加者 7 人
ボランティア 2 名協力。昭和初期に市内ではやっていた子どもの遊
歴史倶楽部 現地見学のようす
び体験。真竹を小刀で削ってつくった。
⑫リースづくり参加者 12/15(土)参加者 12 人
史跡海会寺跡広場にある素材をつかったネイチャークラフト。林に
生える蔦をつかってリースをつくった。
⑬カレンダーづくり 12/22(土)参加者 13 人
史跡海会寺跡広場にある素材をつかったネイチャークラフト。林に
生える木のヒコバエや、小枝を縄文時代の布と同じ原理で編みあげ
カレンダーをつくった。
⑭ガラス玉づくり 1/22(日)参加者 23 人*講師依頼
ボランティア 1 名協力。灯油バーナーを使った本格的なとんぼ玉づ
くり。作家によるデモンストレーションも行った。
「ちょっと体験コーナー」
期間 7/17 ~ 8/31
内容 体験プログラムを申込み不要で実施。新規利用者の獲得が目
的。銅鐸の複製品に触れたり、組みひもづくりなどを実施した。
7. フィールドワーク
第 5 回講座「巨石の信仰」8/22(水)
参加者 32 名(ボランティア 1 名協力)
第 6 回「生石神社」9/5(水)現地見学 6 ㎞
参加者 34 名(ボランティア 2 名協力)
JR土山駅~兵庫県立考古博物館~大中遺跡公園(昼食)~JR土
山駅<電車移動>JR宝殿駅~生石神社~JR宝殿駅
第 7 回「貴志川八幡宮」9/19(水)現地見学 11 ㎞
参加者 30 名(ボランティア 2 名協力)
甘露寺駅~貴志川八幡宮~中宮祭祀遺跡推定地~タテリ岩(古宮祭
祀遺跡)~平池緑地公園(昼食)~貴志川生涯学習センター~丸山
古墳~平池古墳群~罐子塚古墳~三昧塚古墳~貴志駅
第 8 回「磐船神社」10/3(水)現地見学 4 ㎞
参加者 32 名
近鉄富田林駅<バス移動>平石バス停~高貴寺~磐船神社(昼食)
~平岩城跡~近つ飛鳥風土記の丘~大阪府立近つ飛鳥博物館~阪南
ネオポリスバス停<バス移動>喜志駅前バス停
内容 市外の史跡や建造物などを現地にて見学する講座。今年度の
第 9 回「夫婦岩」11/7(水)現地見学 13 ㎞
テーマは、巨石の信仰。「巨石」への信仰について、参加者と現地
参加者 31 名(ボランティア 1 名協力)
見学を通して考えることとし、「巨石」以外の文化財も、できるだ
け多数訪れることによって、その地域の歴史に触れることとした。
ボランティア 2 名の協力を得た。
第 1 回説明会 4/6(水)
第 2 回「御厨子神社」4/25(水)現地見学 11 ㎞
近鉄高安山駅~高安城跡倉庫群~十三峠・十三塚~鐘の鳴る丘展望台
(昼食)~夫婦岩~鳴川峠~千光寺~清滝石仏群~近鉄元山上口駅
第 10 回「磐船神社」12/5(水)現地見学 10 ㎞
参加者 31 名(ボランティア 2 名協力)
京阪私市駅~尺治川砂防堰堤・天野川石堰堤工~府民の森ほしだ園
参加者 39 名(ボランティア 1 名協力)
地~磐船神社~府民の森ほしだ園地(昼食)~星のブランコ~星田
近鉄大福駅~蓮台寺~吉備池廃寺~稚櫻神社~磐余池推定地~御厨
妙見宮(小松神社)~伝・家康ひそみの森~星田寺・星田神社~徳
子神社~香具山万葉の森公園(昼食)~大官大寺跡~奥山久米寺跡
川家康宿陣地・神祖営跡之碑~新宮山八幡宮跡(星田公園)~JR
~山田寺跡~飛鳥資料館~石神遺跡~水落遺跡~甘樫坐神社~近鉄
星田駅
橿原神宮前駅
第 11 回まとめ 12/19(水)
第 3 回「神野山」5/23(水)現地見学 9 ㎞
参加者 31 名(ボランティア 1 名協力)
JR奈良駅<バス移動>フォレストパーク神野山駐車場~神野寺~
王塚~神野山山頂(昼食)~八畳岩~天狗岩~鍋倉渓~竜王岩~上
津大片刈遺跡(休憩)~山添村ふるさとセンター・長寿岩 - <バス
移動> JR奈良駅
第 4 回「天乃石立神社・笠置寺」6/6(水) 現地見学 8 ㎞
参加者 37 名(ボランティア 1 名協力)
JR奈良駅 - <バス移動> - 柳生バス停~旧柳生藩家老屋敷~柳生花
しょうぶ園~旧柳生藩陣屋跡(昼食)~芳徳寺~天乃石立神社~十
兵衛杉~阿対の石仏~六角堂跡~笠置寺~JR笠置駅
8. 文化財普及啓発ボランティア
活動への参加を通じて文化財保護の必要性を認識してもらうことが目
的。ボランティア活動の場と参加体験型学習への参画機会を提供する
ことで、施設の新規利用者の獲得も見込まれる。
ご協力いただいた事業とその内容
対象事業
内 容
フィールドワーク
現地見学時の引率
歴史倶楽部
説明補助
まいぶんクラブほか
参加体験型学習
プログラムの企画・実施
協力者数
2人
5人
5
9. 市内資源発見活用(せんなんのたからもの)事業
段階2 情報を共有する
泉南市に関連する文化遺産(広義の文化財=せんなんのたからもの)
応募のあった「せんなんのたからもの」を随時閲覧可能な状態で公開
の価値を最大化させることが目的である。住民と行政が、文化遺産の
することで、ひろく活用をうながす。公開する手段は、前段階で把握
活用を通して文化財保護の必要性を共有することを目標とする。住民
した所有者や利用者の要望を反映する。
に地域への誇りを持つきっかけを提供することで、市域の活性化が見
目標
込まれる。現在 3 つの段階にわけて事業をすすめ、各段階ごとに目標
を設定している。
・利用者による主体的な活用をうながし、地域の宝として
の認知をひろめる。
・利用者の意見をもとに、具体的な活用形態を把握する。
段階3 利用者が活用しやすい環境をつくる
段階1 文化財の認識をひろめる
前段階で把握した具体的な活用形態を実現するために、エコミュージ
「せんなんのたからもの」を公募する。
「せんなんのたからもの」とは、
アム化など「せんなんのたからもの」を利用者が主体となり活用でき
時代や価値などの基準は設けず、①泉南市に関係するもので、②所有
る環境づくりをおこなう。
する人が大切だと思い、③活用したいとつよく思うものとする。登録
目標
物件は持ち主の所有とする。
目標
・住民に「せんなんのたからもの(広義の文化財)とは何
発展させる。
・泉南市らしい仕組み作りを行う。
【登録物件の活用について】
か?」を考えるきっかけを提供する。
・「せんなんのたからもの」を公開する方法や活用方法に
・活用をきっかけとした人間関係の構築をうながし、維持
教育・生涯学習・地域活動の素材として、グループや個人が利用する
ことをいい、活用方法は持ち主の承諾さえ得られれば特に制限はない。
ついて、所有者や利用者の要望を把握する。
行政による登録物件の公開
形 態
名称など
内 容
印刷物
広報せんなん
展示
思い出のせんなん写真展
展示
むかしあそび展
参加体験型学習
まいぶんクラブ
参加体験型学習
公開の方法など
毎月掲載。登録物件を個別に紹介。
その他公開方法
全戸配布
登録物件のうちの古い写真 145 件を、持ち主の思
件数
泉南市ウェブサイトで閲
覧・ダウンロード
12
会期:4/16 ~ 6/29 会場:埋蔵文化財センター
-
145
1 件を利用者が遊べるように展示(叩きゴマ)
会期:7/17-8/31 会場:埋蔵文化財センター
-
1
持ち主に講師役を依頼(叩きゴマ)
日時:8/21 定員:10 名 会場:埋蔵文化財センター
-
1
まいぶんクラブ
持ち主に講師役を依頼(どんぐり鉄砲)
日時:11/24 定員:10 名 会場:埋蔵文化財センター
-
1
参加体験型学習
子ども元気広場
持ち主に講師役を依頼(叩きゴマ)
日時:2/14 会場:鳴滝小学校 2 名参加
-
1
参加体験型学習
子ども元気広場
持ち主に講師役を依頼(叩きゴマ)
日時:2/20 会場:青少年センター 7 名参加
-
1
参加体験型学習
子ども元気広場
持ち主に講師役を依頼(叩きゴマ)
日時:2/27 会場:旧新家幼稚園 9 名参加
-
1
参加体験型学習
子ども元気広場
持ち主に講師役を依頼(叩きゴマ)
日時:2/28 会場:鳴滝小学校 14 名参加
-
1
参加体験型学習
子ども元気広場
持ち主に講師役を依頼(どんぐり鉄砲)
日時:3/6 会場:鳴滝小学校 12 名参加
-
1
参加体験型学習
子ども元気広場
持ち主に講師役を依頼(どんぐり鉄砲)
日時:3/14 会場:青少年センター 7 名参加
-
1
参加体験型学習
子ども元気広場
持ち主に講師役を依頼(どんぐり鉄砲)
日時:3/27 会場:旧新家幼稚園 6 名参加
-
1
い出を添えて展示。
12 回で 166 件の登録物件を公開した 166
利用者による主体的な登録物件の活用
月日
活用の主体
機関名
活用方法
活用件数
4月1日
市内在住・個人
個人
実家が写っている古写真をプリントし私蔵
1
4月6日
事業者・高齢介護
包括支援センターなでしこりんくう
パネルを借用し、回想法や高齢者とのコミュニケーションなどに使用
5
6 月 11 日
市内在住・個人
個人
自身が写る古写真をプリントし私蔵
3
6 月 12 日
市内在住・個人
個人
写真パネルを小学校での総合学習の授業に活用
1
6 月 22 日
事業者・高齢介護
包括支援センターなでしこりんくう
パネルを借用し、回想法や高齢者とのコミュニケーションなどに使用
6
8 月 10 日
事業者・高齢介護
包括支援センターなでしこりんくう
パネルを借用し、回想法や高齢者とのコミュニケーションなどに使用
6
9 月 24 日
事業者・高齢介護
包括支援センターなでしこりんくう
パネルを借用し、回想法や高齢者とのコミュニケーションなどに使用
5
10 月 6 日
報道・テレビ
讀賣テレビ
写真データを編集し番組の映像資料として利用
5
11 月 15 日
事業者・高齢介護
包括支援センターなでしこりんくう
パネルを借用し、回想法や高齢者とのコミュニケーションなどに使用
5
11 月 30 日
庁内・社会教育
泉南市立図書館
市内で撮影された古い写真からわかる地域の変遷を紹介する講座開催を希望
1 月 12 日
市外在住・個人
個人
地域史研究のため写真データを発表資料に掲載する
1 月 30 日
学校教育・小学校
泉南市立鳴滝小学校
3 年生 38 名を対象にワークショップを実施。むかしの暮らしを学ぶための教材として使用
2 月 13 日
庁内・福祉
高齢障害介護課
市民対象の回想法講座の開催(高齢障害介護課と共催)
2 月 16 日
事業者・高齢介護
泉南市いきいきネット支援センターせんわ
パネルを借用し、回想法や高齢者とのコミュニケーションなどに使用
2 月 22 日
学校教育・小学校
泉南市立西信達小学校
3 年生 83 名、支援学級 15 名を対象にワークショップを実施。むかしの暮らしを学ぶための教
材として使用
3月1日
事業者・高齢介護
泉南市いきいきネット支援センターせんわ
パネルを借用し、回想法や高齢者とのコミュニケーションなどに使用
3月7日
庁内・社会教育
泉南市立図書館
図書館 2 階の展示コーナーに展示。絵本に出てくるむかしの道具とおもちゃ展
3 月 21 日
学校教育・小学校
泉南市立雄信小学校
3 年生 40 名を対象にワークショップを実施。むかしの暮らしを学ぶための教材として使用
18 件の申し込みがあり 299 件の登録物件が活用された
6
89
2
10
4
63
13
63
8
10
299
10.附編
2 センターの休館日は、次のとおりとする。
(1) 国民の祝日に関する法律 ( 昭和 23 年法律第 178 号 ) に規定する休日
泉南市埋蔵文化財センター条例
(2) 毎週土曜日及び日曜日
平成 9 年 4 月 4 日
(3)12 月 28 日から翌年 1 月 5 日までの日
条例第 10 号
3 前 2 号の規定にかかわらず、泉南市教育委員会 ( 以下「委員会」と
( 設置 )
いう。) が必要と認めるときは、開館時間及び休館日を変更し、又は臨
第 1 条発掘調査等で得られた考古学的資料 ( 以下「資料」という。) の
時に休館することがある。
保存及び活用を図り、歴史に対する理解を深め、市民文化の向上に資
( 資料の貸出し )
するため泉南市埋蔵文化財センター ( 以下「センター」という。) を設
第 3 条条例第 1 条に規定する資料 ( 以下「資料」という。) は、教育的
置する。
目的又は学術研究に使用する場合に限り、館外に貸出しをすることが
( 名称及び位置 )
ある。
第 2 条センターの名称及び位置は、次のとおりとする。
名 称
泉南市埋蔵文化財センター
2 資料の貸出しを受けようとする者は、資料貸出申請書 ( 様式第 1 号 )
位 置
を委員会に提出し、その許可を受けなければならない。
3 委員会は、前項の規定により許可したときは、資料貸出許可書 ( 様式
泉南市信達大苗代 374-4
第 2 号 ) を交付する。
( 業務 )
( 行為の禁止 )
第 3 条センターは、次の業務を行う。
第 4 条センターでは、次の行為をしてはならない。
(1) 資料の収集、整理及び保存に関すること。
(1) 所定の場所以外で喫煙し、又は火気を使用する行為
(2) 埋蔵文化財の調査研究及び活用に関すること。
(2) 騒音を発する等他人に迷惑を及ぼす行為
(3) 資料を展示し、公開すること。
(3) 所定の場所以外に無断で立ち入る行為
(4) 資料に関する講演会、講習会及び研究会等に関すること。
(4) その他管理上支障をきたす行為
(5) その他泉南市教育委員会 ( 以下「委員会」という。) が設置目的を
( 委任 )
達成するために必要と認める業務
第 5 条この規則に定めるもののほか、必要な事項は、委員会が別に定
( 入館の制限 )
める。
第 4 条委員会は、入館者が次の各号のいずれかに該当するときは、入
附則
館を断り、又は退館を命ずることができる。
この規則は、平成 9 年 4 月 27 日から施行する。
(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。
附則 ( 平成 17 年 3 月 2 日教委規則第 1 号 )
(2) 施設又は設備等を毀損し、又は汚損するおそれがあるとき。
この規則は、平成 17 年 4 月 1 日から施行する。
(3) 資料等を汚損し、若しくは損傷し、又は亡失させるおそれがあると
き。
(4) 前 3 号に定めるもののほか、管理上支障があるとき。
( 損害の賠償 )
第 5 条何人もセンターの施設若しくは設備を毀損し、又は備品若しく
は資料等を亡失し、若しくは損傷したときは、これを修理し、又はそ
の損害を賠償しなければならない。ただし、委員会がやむを得ない理
由があると認めたときは、この限りでない。
平成 7 年 6 月 27 日
条例第 11 号
( 設置 )
第 1 条史跡海会寺跡を保存するとともに市民にこれと親しむ場を提供
し、もって市民の文化的向上に資するため、史跡海会寺跡広場 ( 以下
( 施設 )
第 6 条センターに必要な職員を置く。
第 2 条海会寺跡に次に掲げる施設を置く。
( 委任 )
第 7 条この条例に定めるもののほか、センターの管理運営に関し必要
な事項は、委員会規則で定める。
(1) 塔、講堂、回廊、基壇等の復元された歴史的建造物
(2) 積層面遺構露出保護展示施設
(3) 広場
附則
( 管理 )
この条例は、平成 9 年 4 月 27 日から施行する。
第 3 条海会寺跡は、泉南市教育委員会 ( 以下「教育委員会」という。)
が管理する。
泉南市埋蔵文化財センター条例施行規則
「海会寺跡」という。) を泉南市信達大苗代に設置する。
( 職員 )
史跡海会寺跡広場条例 ( 入場の制限 )
平成 9 年 4 月 4 日
教育委員会規則第 1 号
第 4 条教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認められる場
合は、海会寺跡への入場を制限することができる。
( 趣旨 )
(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。
第 1 条この規則は、泉南市埋蔵文化財センター条例 ( 平成 9 年泉南市
(2) 施設を損傷し又は汚損するおそれがあるとき。
条例第 10 号。以下「条例」という。) 第 7 条の規定に基づき、泉南市
(3) 前 2 号に定めるもののほか、管理上支障があるとき。
埋蔵文化財センター ( 以下「センター」という。) の管理運営について
( 委任 )
必要な事項を定めるものとする。
第 5 条この条例に定めるもののほか、海会寺跡の管理に関し必要な事
( 開館時間及び休館日 )
項は、教育委員会規則で定める。
第 2 条センターの開館時間は、午前 9 時 30 分から午後 4 時 30 分ま
附則
でとする。
この条例は、公布の日から施行する。
7
史跡海会寺跡広場条例施行規則
第 3 条海会寺跡の利用者が施設又は設備を損壊し、汚損し、又は滅失
平成 7 年 6 月 27 日
教育委員会規則第 5 号
( 趣旨 )
第 1 条この規則は、史跡海会寺跡広場条例 ( 平成 7 年泉南市条例第 11
号。以下「条例」という。) 第 5 条の規定に基づき、史跡海会寺跡広場
( 以下「海会寺跡」という。) の管理運営について必要な事項を定める
ものとする。
したときは、これを修理し、若しくは原状回復し、又はその損害を賠
償しなければならない。ただし、利用者の責めに帰することができな
いときは、この限りではない。
( 積層面遺構露出保護展示施設 )
第 4 条条例第 2 条第 2 号に掲げる積層面遺構露出保護展示施設 ( 以下
「展示施設」という。) の利用時間は、午前 10 時から午後 4 時までと
する。ただし、泉南市教育委員会 ( 以下「教育委員会」という。) が必
要と認めるときはこれによらないことができる。
( 入場者の遵守事項 )
第 2 条海会寺跡の入場者は、次の各号に掲げる事項を守らなければな
らない。
2 展示施設の閉休日は次のとおりとする。ただし、教育委員会が必要
と認めるときはこれによらないことができる。
(1)12 月 28 日から翌年 1 月 5 日までの期間
(1) 樹木を伐採し、又は植物を採取してはならない。
( 委任 )
(2) 土地の形質を変更してはならない。
第 5 条この規則の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。
(3) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷してはならない。
附則
(4) 車両を乗り入れてはならない。
この規則は、公布の日から施行する。
(5) 立入禁止区域に立ち入ってはならない。
(6) はり紙、はり札又は広告を表示してはならない。
(7) 他人の迷惑となる行為をしてはならない。
( 損害賠償 )
資料貸出許可書
資料貸出申請書
泉南教委生発第号
年 月 日
泉南市教育委員会殿
年 月 日
殿
泉南市教育委員会 申請者 住所 ( 所在地 ) 氏名 ( 名称) 代表者名(印) Tel. 下記のとおり、埋蔵文化財センターが管理する資料の貸出を受けたい
ので申請します
年 月 日付けで申請のありましたセンター資料の貸し出しについて
は、次のとおり許可します。
利用目的
貸出期間
年 月 日 から 年 月 日まで
利用目的
利用場所
貸出期間
年 月 日 から 年 月 日まで
利用方法
利用場所
貸出資料
利用方法
貸出資料
分類番号
品名
数量
備考
輸送方法
許可条件
輸送方法
取扱責任者
8
分類番号
品名
数量
備考
利用案内
所在地:大阪府泉南市信達大苗代 374-4 史跡海会寺跡広場前
電話:072-483-6789
FAX:072-483-7089
メールアドレス:[email protected]city.sennan.lg.jp
ホームページ:http://www.city.sennan.osaka.jp/~maibun/maibunn-top.htm
開館時間:9 時 30 分~ 16 時 30 分
休館日:土・日曜日・祝日(第 2・4 土曜日は開館)・年末年始
入館料:無料
泉南市埋蔵文化財センター 年報 平成 年度 2013年4月 編集・発行 泉南市教育委員会
24