No.5 - 総合地球環境学研究所

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所報[地球研ニュース]
ース
●特集
2
第1回国際シンポジウ
ウム
ムより
5
no.
写真コンテスト
「いのちの水」
地球研だより 08
カラホト
(黒水域)
の国際シンポジウム/
目次
琵琶湖―淀川プロジェクト・国際ワークショップ
1 December 2006
第2回地球研地域セミナー/
巻頭対談 02
オストロム教授が「レジリアンス」セミナー/ 地球研の哲学を語る
FS研究計画発表会/
総合地球環境学研究所所長|日 敏
第14 回市民セミナー/
大阪大学理事・副学長|鷲田清一
招へい外国人研究者/
インダス・プロジェクトの成果がインドで出版
●特集 1
研究プロジェクトより 水域の生態史を探る
生態史プロジェクト|秋道智彌
04
お知らせ 12
プロジェクト研究発表会/市民セミナー/
「人と水」連携塾 /「水と文明」シンポジウム/
上賀茂だより
06
巻頭対談
地球研の哲学を語る
日 敏
[総合地球環境学研究所所長]
鷲田清一[大阪大学理事・副学長]
――鷲田さんは、いま我々が楽しんで
待つんです。
いけない場合がある。なにか教訓的な
いること、悩んでいることを、それは
鷲田 そんなに長くですか。
ものを感じますね。
こういうことだよと、専門用語を使わ
日 そうなんです。ちっとも動かな
――人間は環境に関しては、なぜ待て
ずに説明できる稀有な哲学者として人
くなるから、見ているひとは大抵飽き
ないのでしょう。開発するときも、環
気が高く、著書も沢山出しておられま
てしまう。子どもなんかは、寝てしま
境問題に対処するときも。
すが、一番新しい本が『「待つ」とい
うのですね。だけどじっと我慢して待
日
うこと』(角川選書396)ですね。実
っていると、セミはやおら起き上がっ
からなのでしょう。近代の工学的発想
は日高所長が『波』という雑誌に連載
て、体を全部抜き出し、出てきた翅を
ですね。それをしようと思ってもなか
しておられていて、その最新号(9月号)
伸ばし始めるんです。それでやっとセ
なかできない時代には、「まあまあ、
が「待つこと」なのです。
ミになる。
待てよ。そのうち何とかなるかもしれ
鷲田 奇遇ですね。私の本のなかみを
鷲田 その待っている間に、何が起き
ない」という具合にやっていて、そう
ひとことでいいますと、ひとは何かを
ているんですか。
乱暴なことはできなかったはずなのだ
期待して一生懸命待ちますよね。じり
日 セミは幼虫のときは土をガシガ
けれども、これはこうしたらできると
じりしてくる、心が乱れ空転する。そ
シ掘ったりするから頑丈な殻を持って
わかったら、さっさとやろうというこ
ういうふうに何かを強く期待すること
います。けれどそのなかにできてくる
とになって、もう待てないのです。近
を逆に放棄して、その間に起きる小さ
親のセミの体は柔らかいのです。柔ら
現代は、そういうことばかりをやって
な偶然の出来事や何かの変化が起こる
かくてしなやかだから、うまく殻から
きたような気がします。そういう意味
ことをいつでも受け入れられるように
抜け出せるのです。ところが親になっ
では「待つ」ということは、本当はす
フッと力を抜いておく、そういうこと
たら、飛んでいって木にとまらないと
ごく大事なことではないかと思います
でしか、ひとは本当の意味で待つとい
いけないから、手はしなやかでも爪は
ね。
うことはできない。要するに、待つこ
硬くなければいけない、だから半分抜
鷲田 環境問題では、すべてを一挙に
との放棄が本当の待つことなのだと。
けたところで、爪が乾いて硬くなるの
解決しようと考えること自体が、ひょ
そういう、ひねくれた結論なのです。
を待っているわけです。我慢できなく
っとしたらそぐわないのかなと思うの
日
なって人間が手を貸したりすると、落
です。例えば森林の問題とか、水源の
意なほうでしたね。生物学者はだいた
ちて死んでしまいます。
問題とか、そういうときに人間はこの
いそうですよ。生き物の観察や実験は、
鷲田 爪を乾かしているのですか。
環境の問題を解決できるのは人間だけ
待つのが苦手だとできませんから。例
日 ええ、固まるまでに 1 時間も 2
だと、あいかわらずまたアントロポセ
えば、夏になるとセミの幼虫が出てく
時間もかかるのです。
ントリズム(人間中心主義)で考えて
るでしょう。木を上ってきて、とまっ
鷲田 その1、2時間は人間にとっては
しまうんですね。
て、そのうち背中の皮が割れて親のセ
長いですけれど、セミが地上に上がっ
日 まさにおっしゃるとおりです。
ミの頭が出てきますね。そこのところ
てくるまでの長大な時間に比べると、
地球上に動物は100万種類から 200 万
までは実にダイナミックで、「出てき
一瞬のことですね。
種類いるけれど、地球環境問題なんて
た、出てきた」と言ってみんな面白が
日 それまで 6 年ぐらい土の中にい
いうものを起こしてしまったのは人間
るんです。ところが、体の半分ぐらい
ますからね。
1 種だけなのです。人間は自然を支配
が出て、まだ翅が出ていない頃に、セ
鷲田 面白い人生ですね。セミに「人
して生きるような生き方、つまり「人
ミは途中で仰向けになってしまって、
生」というとおかしいですが。しかし、
間の文化」を持ってしまったからです
それでずーっとそのまんま 1 時間から
人間の成長にも似たところがあります
ね。だから、環境問題が起きたときも、
2 時間動かないのです。 それをじっと
ね。焦らずに時が経るのを待たないと
私は昔からそういう待ち方が得
02----Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006
それは、自然を早く支配したい
「 この問題は人間たちが引き起こした
にしてもいけない。毛虫にもそういう
のがいます。隣の毛虫とこっちの毛虫
の毛の先がちょっと触れ合う程度がい
いんです。毛が触れ合っていると「あ
のだから人間が解決しなければいけな
「総合科学」ということが、6 0 年代あ
あ、隣に仲間がいるな」という安心感
い」と大真面目に考えて、また必死で
たりからずいぶん言われて、その次に
があるらしいのです。それがなくなる
やるんですね。人間は環境を壊すこと
「学際的研究」、今は「融合領域」とか
と不安なのでしょう、とにかく誰かと
は簡単にできるけれど、もとに戻すこ
いうようになったのですが、それをど
毛が合うまでやたらに歩き回るのです。
とはそう簡単にはできないのです。あ
うやってやるのか、という研究運営の
そのときに筆か何かを出しておいてや
せって何かやろうとしたら、また別の
作法やスタイルがなかなかできないの
ると、そこへ来ると安心する。自分の
問題を起こしてしまいます。もしそこ
が現実ですね。異分野の人間がシンポ
毛が筆の毛に触っていると安心して葉
に「待つ」という姿勢を入れるならば、 ジウムのようなかたちでイベント的に
っぱを食べ始める。
ある程度やってみて、待って様子をみ
集まることは簡単にできるのですが、
鷲田 筆でもいいのですか。面白いで
るというようなことができるのです。
日常的にそれをやろうというと、その
すね。
地球研はそのあたりの問題の構造、自
デザインが非常に難しい。地球研はプ
日 いいらしいのです。何か毛のよ
然と人間文化の関係を、じっくり総合
ロジェクト主義で、多分野の研究者を
うなものがなければいけない。それが
的に考えるために作られた研究所です。 ひとつの研究プロジェクトに投入して、 ないととにかく毛に触るまで歩き回る。
この研究姿勢が、いわば地球研の哲学
日常的にそれをやろうとしておられる
それで結局飢え死にするのです。
です。
点がユニークですし、先程この新しい
鷲田 餌があっても飢え死ですか。
鷲田 それでHumanity & Nature、総
建物を見学させていただいたのですが、 日 そうなんです。ですから、「密
合地球環境学研究所、なのですね。
、、
日 最初は地球環境科学 研究所を作
研究室を大きなワンルームにしてしま
度が高いのは悪い環境である」なんて
われたあたりに、新しい「総合研究」の
ことを簡単に言ってはいけないわけで
ろうという話だったのですが、
「科学」
スタイルを作ろうとしておられる意欲
すよ。環境問題には、人間がまだ気が
というより、
「総合」をつけることのほ
を感じます。
ついてない、そういう大事なことが、
うが大事だと思いましてね。
日 一生懸命考えて、ああいうふう
いっぱいあるのではないかと思ってい
鷲田 私も、それがすごく重要だと思
にしたのですが、以前小学校にいたと
ます。
いますね。「分かる」と「分ける」が同
きのほうが、もっと密集効果、総合効
鷲田 研究しなければならない課題が、
じ「分け」からきていて、
「理」(こと
果があったような気がして、実は近頃
沢山あるということですね。発足から
わり)は「事割り」でもあるように、
ちょっと反省しているのですよ。
5 年たって、 研究成果も次々に出始め
サイエンスの語源であるscio(知る)も
鷲田 昔ある方から、アブラムシは密
ているようですから、ご活躍を期待し
scindo(切る)と深いつながりがある
集して箱に入れておくと育ちが悪いし、 ております。
のかもしれません。実際、科学はどん
1 匹ずつ広々としたところに入れても
日 ご期待にそえると嬉しいのです
どん細分化してきました。ところが、
だめで、ヒゲが触れるか触れないかぐ
が。
現実世界では環境問題でも民族紛争で
らいのまばらにしておくとちょうどい
――ありがとうございました。
も、少子化問題でも、一つの学科だけ
いと聞いたことがありますが、そうい
鷲田 きょうは、久しぶりにいい環境
では絶対に捉えられない問題が、世界
うことですか。
で、ゆっくりと、楽しい時間をいただ
で次々に起こってきて、学問の総合性
日 そうなんです。あまり混みすぎ
きました。
が要求されるようになった。その結果、 てもいけないし、バラバラにして単独
2006.9.8
地球研 中庭にて
聴き手:斎藤清明
[撮影:二村春臣]
Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006----03
研究プロジェクトより
1
特集
集
水域の生態史を探る
アジア熱帯モンスーン地域における地域生態史の統合的研究:1945-2005
[通称:生態史プロジェクト]
秋道智彌[地球研教授]
生態史プロジェクトでは、中国雲南
水域の研究は以下のように大きく三
具・漁法とその利用の季節性、対象生
省、北タイ、ラオス全域を対象として
つの流れに沿って進めてきたわけです
物と漁場利用の特性、水域由来の食料
過去 50 ─ 60年における人間と環境と
が、さらにそれらを統合する枠組みを
資源のインベントリーと調理加工方法
のかかわりの動態に関する調査研究を
構築したいと考えています。
などを地域や民族ごとの複合としてク
おこなってきました。各メンバーはモ
第 1 は、淡水漁業の複合からモンス
ラスター分析をおこないます。漁業の
ンスーン地域における資源利用と生業
ーン地域全体を空間的に捉える試みで
文化から環境条件や民族によるちがい
複合の変容の解明、栄養と健康に見ら
す。通称で FCC ( Fishing Culture
を明らかにすることができればと考え
れる変遷過程の評価、中国雲南省の
Complex)と呼んでいる研究では、漁
ています。また FCC は稲作文化複合
『県史』による生態年代記の編さんと歴
間
の時
水域
史的な碑文の環境史的な解析などを進
めています。これらの研究の多くは陸
変
動
生業
・
移動
症・
染
感
活
生
域における人間と環境の相互作用につ
いてのものです。そのいっぽう、メコ
ン河とその集水域や池、水たまり、水
合
化複
撈文
漁
田を含む水域の問題に取り組んでいる
仲間もいます。
漁具
法・
漁
物・
生
象
対
加工
調理
生態史プロジェクトの水域に関連し
た分野の研究としては、ラオス中部の
水域
系
体
管理
MR
理
管
・
る
国家 によ
体
共同
ビエンチャン平原における水を中心と
した資源利用と空間利用の研究があり
ます。そこでは、野中健一さん(地球
研)のグループ(通称、ズブズブ班)が
メコン河支流の集水域における水位が
乾期と雨期とで 5 m以上も変化する生
態学的な移行帯の存在に注目し、湿地
や季節的な氾濫原の多面的な利用につ
いての研究を進めています。
水域固有の問題を扱う研究としては、
水田藻類と稲作農耕との関連性
(藤田
裕子)
、 さまざまな種類の水草の利用
(鰺坂哲郎)、 カニや魚に寄生する肝吸
虫、 肺吸虫などを媒介とする水系感
染症(中村哲)
、筌漁具の物質文化(後
藤明)、漁場利用と竹・籐の利用(大西
秀之)
、モンスーン地域の季節変化と漁
具の使い分けの問題(橋村修)
、水域の
利用と共有、水産資源管理の変容(秋
道智彌)などがあります。
図/上―
写真/上―
モンスーン・アジアにおける水域の生態史構築に向けて
ラオス南部のボロベン高原の小川にたも網で漁にいく少数民
族の子どもたち
写真/下―
ラオス南部のため池で釣りをして遊ぶ子どもたち
04----Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006
中国雲南省昆明市でのシンポジウムを終えて。
前列左から2番目が筆者。
佐藤、奥宮、阿部、友岡さんらの顔も見える。
筆者の右横は中国のカウンターパートの尹 紹亭さん。
( RCC : Rice Culture Complex ) の
河川の環境変化や開発がどのような問
どのサイクルやその年変動を明らかに
研究とともに、モンスーン地域におけ
題を引き起こしてきたかを探ることも
することです。水位の季節変動は農業
る文化の同質性、異質性を明らかにす
重要です。たとえば、メコン河では
活動に大きな影響を与えるうえ、季節
ることがねらいです。FCC と RCCを
2000 年以降、中国からの国境交易の
的な移住、出稼ぎなど人びとの生活と
結合した生業複合がモンスーン地域の
拡大に呼応してダイナマイトによる拡
密接にかかわっています。水に由来す
文化としてどのような性格のものであ
幅がおこなわれ、生態系への影響が懸
る感染症の発現はこの地域の特質とな
るかを探ることが最終のねらいです。
念されています。ラオス南部では河川
っています。また降水量の年変動が農
第 2 は、水域の利用に関する権利関
における砂金採掘業が 2003 年に開始
業や人びとの生活にどのような対応を
係、あるいは規則、さらには水をめぐ
され、地域の住民との対立が生じ、結
せまってきたのかも重要な課題です。
る紛争などを取り上げるもので、陸域
局、住民の反対で砂金採掘は中止とな
水の変動と生活の変容の関係を時間軸
での共有地や資源管理の問題とも連動
りました。このように、国家による管理
にそって考察することによりモンスー
するものです。とくに、それぞれの共
から共 同 体 に よ る 規 制 、メコン委員
ン地域の特質が明らかになると考えて
同体が共有域として利用してきた水域
( MRC )による規制、 多国間協定まで、 います。
(魚類の保全区、ため池)などが近年、
多様な「水域管理」の実態と変化があ
これらの三つの方向を、生態史つま
私有化されるとか、オークションを導
り、それらの総体を明らかにすること
り、1 年というサイクル、経年変化、歴
入して売却されるような動きがありま
が大きな目的です。
史的な時間軸にそった変化としてその
す。水田における漁撈もオープンアク
第 3 は、モンスーン地域の特徴であ
動 態 を把 握し、統 合 的 な研 究として
セスの場合から入漁が規制される場合
る水の季節的な変動に注目して、農業、 収斂させることができればと考えてい
まで多様な形態が見られます。また、
林業、漁業、食料資源、病気の発生な
ます。
写真/上―
セドン川(メコン河支流)の支流で刺し網漁に従事するラオ人
Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006----05
第1回国際シンポジウムより
写真コンテスト「いのちの水」
2
特集
写真/左頁/上―
大賞― 「大切な水」
写真/左頁/下―
準大賞― 「挑戦」
写真/右頁/上―
優秀賞―
「2月のお田植え」
写真/右頁/中―
優秀賞―「送る」
写真/右頁/下―
優秀賞―「小さな棹さし」
審査員
■
井上隆雄[写真家]
関口照生[写真家]
日高敏隆[地球研所長]
秋道智彌[地球研教授]
佐藤洋一郎[同教授]
斎藤清明[同教授]
桃木暁子[同助教授]
06----Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006
地球研では 、 第 1 回国際シンポジウム「水と人間生活」
(11月6 ─ 8日、国立京都国際会館)にちなんで、写真コン
受賞者
■
テスト「いのちの水」を催し、国や地域を問わず「水と人」
地球研大賞[日高賞]
――1名
「大切な水」 谷口誠勝[京都市]
が関係している写真作品を内外から募集しました。
地球研準大賞――1名
「挑戦」 一般の方々から所員まで、78 人から 257 点の応募があ
り、その審査を10月16日に行いました。いずれも、人間
地球研優秀賞――3名
坂本博優[京都府福知山市]
「2月のお田植え」 佐久間文男[山梨県北杜市]
「送る」
西川芳子[京都市]
「小さな棹さし」 村田勲美[兵庫県赤穂市]
生活とそれを支える水の関係を 1 枚でみごとに語る力作
揃いで、審査員たちも選定に大変苦労しましたが、議論の
末、次のように選ばれました。
入選――44名[50音順]
■
「汚された水辺」 芦田英次[京都市]
「アンコールの
ー
イネ」 石川隆二[青森県弘前市]
「水と生きる」 石飛智稔[京都市]
「大漁」 市川昌弘[京都市]
「京都の学生」 伊吹直美[京都市]
「湧水が育む醒ヶ井の梅花藻」
上村剛史[京都市]
「水を運ぶ女性」 梅津千恵子[京都市]
「メコン川・野菜売りの女性」 遠藤崇浩[京都市]
「三江平原の水田」 大西健夫[京都市]
「節水のおねがい」 小川安紀子[京都市]
「思い出の亀くん」 河村美香[京都市]
「水場」 久乗陽美[京都府宇治市]
「霧の加茂川と植物園」 鞍田 崇[京都市]
「おーい」 小柴 通[京都府亀岡市]
「水と雲と人間と」 小林達也[京都市]
「想い」 古見めぐみ[京都市]
「恵みの洪水」 斎藤暖生[京都市]
「飲む」 佐伯田鶴[京都市]
「うららかな春の日に」 坂本綾子[京都府福知山市]
「沙悟堤」 佐藤嘉展[京都市]
「乗せてくれないかな」 瀬尾明弘[京都市]
「かばたと暮らす」 高橋正徳[京都市]
「禊川」 田口葉子[京都市]
「日常」 田中克典[京都市]
「観光ヤナ」 田中拓弥[京都市]
「雪山につづく道」 辻野 亮[京都市]
「水遊び」 長柄俊治[京都府舞鶴市]
「夏休み」 中野 豊[京都市]
「水やり」 長野宇規[京都市]
「船」 西村雄一郎[愛知県愛知郡長久手町]
「水を飲む」 額田 拓[滋賀県東近江市]
「我が家」 畑田 彩[京都市]
「期待」 樊 浩[宮城県仙台市]
「ダム
ダ ・フェステ
ティバル」 深井征子[京都府宇治市]
「マニラの子ども」 細野高啓[京都市]
「かぶやき集落一斉放水」 堀島信之[京都府福知山市]
「禊(みそぎ)
」 三谷 浩[京都市]
「Go Go」 宮本裕章[京都府宮津市]
「無題」 武藤千秋[京都市]
「夕月」 村山祐一[新潟県十日町市]
「はかない水の命」 森 豊彦[京都市]
「農夫」 山下 聡[京都市]
「仲良し姉妹」 寄田林次郎[京都府宇治市]
「雨にも負けず」 和田昭子[滋賀県大津市]
-----07
Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006--
地球研だより
カラホト
(黒水域)
の国際シンポ
ジウム
シンポ開催地のエチナはマルコ・ポ
ほとんど風化したそれ以前の城跡。水
ーロの『東方見聞録』にも登場する、
流が絶え絶えになっている黒河の下流
中国・内蒙古自治区のエチナ(額済
カラホト遺跡に隣接するオアシスの町
域。干上がりつつあるソグ・ノール湖。
納旗)で9 月16 ─20 日、地球研と内蒙
ですが、現在でも最辺境の地。銀川市
今は小さな池ですが、かつては琵琶湖
古自治区文物局や額済納旗政府、中国
(寧夏回族自治区の首府)から砂漠の道
以上の広大な湖が存在したことを示す
人民大学、中国社会科学院共催の「カ
を 860km 、車でまる一日がかり。西
「居延澤」の湖岸線の跡…。これら、カ
ラホトの歴史と環境に関する国際シン
夏研究で著名なロシアのクチャーノフ
ラホトの光景は、人と自然をめぐるあ
ポジウム」があり、地球研「オアシス」
教授も「初めて来た」といいます。
り方を、深く認識させてくれました。
プロジェクトのメンバーや中国はじめ、
シンポでは、中国の第一線の研究者
ロシアやモンゴル、米国から、約80 人
や、そして地球研メンバーなどにより、
が参加。「オアシス」プロの研究成果
人文系から自然科学系にまたがる幅広
が次々に発表されました。
い研究発表が行われました。約100 年
カラホトは中国では黒水城と記され、
前のコズロフ探検隊の収集品はもちろ
エチナ・オアシスの中核都市として11
ん、近年発掘の文書にもとづく研究な
世紀から14 世紀にかけての「西夏」や
どもあり、敦煌に勝るとも劣らないカ
「元」の時代に交通・軍事の要衝として
ラホトの重要性がクローズアップされ
栄えた歴史的にきわめて重要な地です。
ました。地元にとってもこのような本
このシンポは、人と自然とのかかわり
格的な学会は初めてとのこと。テレビ
という視点でその歴史を総合的に見直
局はシンポを連日のように取材し、放
し、乾燥地帯に位置するカラホトの盛
映。巡検の現場では、「オアシス」プ
衰が教えてくれることを再認識するの
ロのリーダー、中尾正義教授にインタ
がねらい。
「オアシス」プロの 5 年来の
ビューしていました。
研究成果を示す晴れ舞台となりました。
08----Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006
砂に埋もれつつあるカラホト遺跡や、
(斎藤清明 写真も)
琵琶湖―淀川プロジェクト・国際
ワークショップ
本プロジェクトは、流域の「階層性」
階層性の視点からの方法論の可能性、
に着目し、流域管理のための環境診断
発展課題の整理と議論を主とした第 2
琵琶湖─淀川プロジェクト主催の国
と合意形成の方法論の開発をテーマに、
部(24日:1セッション)の2部構成でお
際ワークショップを、「琵琶湖の流域
研究を進めてきました。流域内の階層
こないました。講演は、すべて本プロジ
管理から始める地球環境学 」
性に由来する、多様な利害関係者間の問
ェクト関係者(6名)がおこない、各セッ
(Hierarchical Watershed Management
題認識の違いが、流域管理の大きな課
ションの発表のあとで、招待コメンテ
for Creation of a Watershed as a
Public Space )というタイトルで、9
月23日・24日の両日にわたって地球
研講演室で開催しました。2002年度
に始まった地球研の最初の5つのプロ
ジェクトの一つとして、5年間の到達
題であるとの認識に立っています。個々
ータ(11名)のコメントと参加者の自由
の階層の順応的管理を背景とした、多様
な議論を約 1 時間ずつおこないました。
な利害関係者によるガバナンスが、コモ
参加者との活発な議論の中で、新し
ンズとしての流域の管理を達成する上
い診断手法による琵琶湖の水質形成の
で必要となる。この考えをもとに、
「階層
影響評価、農業濁水問題を事例とした
化された流域管理システム」を提案し、
問題の全体像、住民参加型ワークショッ
点と成果を関係者に紹介するとともに、 琵琶湖流域における農業濁水問題を事
プなどコミュニケーションを促進する方
例として、地域に密着した形で分野横断
法、これらの重要性がうかびあがりま
議論をおこなう
「総括」
との位置づけです。 的研究を進めてきました。学術研究を軸
した。最後に、前リーダーである和田英
コメンテータとして招待した、滋賀県
としながらも、新たな地球環境学構築
太郎(現在:地球環境フロンティア研究
の行政担当者、土地改良区の関係者、大
をめざし、一歩足を踏み出して、地元に
センター)
から、最近の地球環境問題研
学・研究機関の研究者、内外の流域管理
密着した実践的な試みをおこなってきた
究の知見のアップデートと、
「流域管理
の研究者・コンサルタントをはじめ、本
のが、本プロジェクトの一つの特徴です。 の夢とビジョンが見えるように話をまと
プロジェクトメンバー、地球研関係者、
ワークショップは、琵琶湖流域の農
めてほしい」というコメントでワークシ
京大生態学研究センター、地球環境フ
業濁水問題を中心とした第1部(23日
ョップを終えました。
ロンティア研究センターなどから、40
:2セッション)と、淀川下流域を含む多
名以上の参加者がありました。
様な流域における、本プロジェクトの
今後の発展課題、地球環境学について
(琵琶湖 ― 淀川プロジェクトリーダー
谷内茂雄)
Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006----09
地球研だより
オストロム教授が
「レジリアンス」
セミナー
ことから、複雑な社会・生態学の課題
第2 回地球研地域セミナーを9 月18
資源管理制度について世界的に著名
点を指摘し、提案に際しては非常に謙
日、鹿児島市の鹿児島県歴史資料セン
な研究者であるエリノア・オストロム
虚であることを強調しました。オスト
ター・黎明館で開催しました。昨年 9
教授(インディアナ大学)を講師に、
ロム教授が近年精力的に行っている異
月、富山市で開催の第1回は「雪と人:
第12回レジリアンス・セミナーを7月
分野の研究者との共同研究はこれから
くらしをささえる日本海」でしたが、
3日、地球研講演室で開催、70名が参
の地球研プロジェクトへの指針ともな
今回は「 火山と水と食 : 鹿児島を語
加しました。このセミナーは地球研の
ると感じました。(梅津千恵子)
る!」というテーマで、鹿児島の地域
レジリアンス・プロジェクトが主催し、
を特徴づける火山と水の問題を食に絡
コモンズ研究会と琵琶湖―淀川プロジ
めてとりあげました。日高所長の挨拶
ェクトとの共催で企画。
第2回地球研地域セミナー
に対して単純な解決策を提示する問題
FS研究計画発表会
のあと、中野孝教、秋道智彌ら 5 人の
オストロム教授は" Governing the
インキュベーション研究(IS)から
パネリストによる発表があり、鹿児島
フィージビリティ研究(FS)への年度
県は世界的な金鉱の産地であること、
Commons"や、
や 近年では"Understanding
Institutional Diversity" など資源管理
洪水と治水の歴史と経験、鹿児島の食
制度に関する多くの著書により、日本
会が 9 月22日、地球研講演室で行われ
と湧水、江戸期の海外交易と食、南北
の研究者にもなじみが深く、セミナー
ました。今年度の 6 件の IS のうち、
「人
600kmのエコミュージアム論など、
ア
多
には環境経済学世界大会(国立京都国
間活動下の生態系ネットワークの崩壊
面的に鹿児島の地域と文化、歴史の話
際会館)
の参加者や、はるばる遠方から
と再生」
( 研究代表者:山村則男・京大
題を取上げ、興味ある討論をおこない
も多くの方が来所し、会場は熱気につ
生態学研究センター教授)から移行希
ました。鹿児島が長い時間をかけて自
つまれました。オストロム教授は「制
望があり、山村教授が発表。その後、
然に向き合ってきた姿勢を今後とも持
度分析の研究方法を求めて: 資源管理
地球研連絡調整会議で可否を協議し、
続する意義を相互に確認しました。
制度の多様性からの視点」と題する講演
移行が決まりました。また、この決定
(実行委員長 秋道智彌)
で、社会には多様なルールが存在する
を受けて地球研運営会議で審議し、山
10----Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006
途中の移行を審査するための計画発表
村氏を地球研客員教授に受け入れるこ
は、ここにはサラスヴァティーと呼ば
クト で は 、2 0 0 5 年 に
となりました。
れる川があったのです。幻のサラスヴ
総合的に研究することによって、この
Occasional
Paper:Linguistics, Archaeology
and theHuman Past と題する不定
地域の環境史を復元すること、それが
期雑誌と長田俊樹『インダス文明研究
我々プロジェクトの目的の一つなので
史の回顧と展望及び文献目録』を刊行
す。
しましたが、その雑誌に掲載された論
ァティー川とインダス都市。それらを
第14回地球研市民セミナー
第14回地球研市民セミナーが9月22
日に講演室にて行われ、約150人の参
加がありました。インダス・プロジェ
文と長田の文献目録を再録した形で出
クトのリーダー、長田俊樹教授による
版されたのが本書です。
「なぜインダス文明は崩壊したのか」と
内容は長田による序文につづき、地
題する講演がありました。謎の多い文
球研に 1 年間滞在されたカラクワル招
明についてのお話のあと、熱心な質疑
へい外国人研究員による「インダス文
がかわされました。
明概観」、ハーヴァード大学のヴィッ
発表の要旨は次のようでした。
ツェル教授の「南アジアにおける中央
招へい外国人研究者
アジア起源による文化変容」、そして
インダス文明は四大文明の一つです
佐藤洋一郎教授の「イネとインダス文
が、エジプト文明、メソポタミア文明、
明」です。また、巻末には長田が編纂し
中国文明と比べると、よく知られてい
た 8 0 ページに及ぶ文献目録が掲載さ
るとはいえません。そこでまず「イン
れています。論文はいずれもオリジナ
ダス文明とは何か」、そして「インダ
ルなものです。 とくに、 ヴィッツェル
ス文明がどう研究されてきたのか」に
教授の論文は120 ページにわたる力作
ついての説明を行いました。インダス
で、中央アジアと南アジアの歴史的関
文明は南北1,400 km、東西1,600km
連を文献によって論証した注目作です。
の広範囲に約1,500 遺跡群が分布して
インダス文明を概観したカラクワル論
います。これだけの広範囲に、紀元前
文、イネに焦点をあててインダス文明
2500 年から紀元前 1900 年にかけて、
にふれた佐藤論文をあわせ、今後のイ
都市文明が開花します。「インダス文
ンダス文明研究に一石を投じる本とな
明の崩壊原因」としては、アーリヤ人
侵入説が現在でも流布していますが、
インダス・プロジェクトの成果が
インドで出版
この説は現在完全に否定されています。 RIHN Library
ったのではないか、そう自負していま
す。今後もインダス・プロジェクトの
成果を英文で出版していく所存です。
Indus Civilization:Text and Context.
カルな環境変動とグローバルな気候変
Edited by Toshiki Osada.
動などがあげられています。また地震
Published by Manohar Publications,
などの災害によるという説もあります。 New Delhi. 2006
ほかの原因としては、大別するとロー
しかし、だれもが納得するような説は
現在のところありません。我々のプロ
『インダス文明:資料と概観』
(英文
ジェクトでは、砂漠に埋もれているイ
)を地球研ライブラリーとして、イン
ンダス遺跡群に注目しています。じつ
ドで上梓しました。インダス・プロジェ
Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006----11
お知らせ
プロジェクト研究発表会
chikyu.ac.jp )へ 。
「水と文明」
シンポジウム
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所報[地球研ニュース]
■
の成果と、新たなプロジェクトの計画
先に挙げた連携研究「人と水」
の公開
をすべて発表し、100人を超える関係
シンポジウムが、2007年2月24日(土)
者全員で相互討論する年 1 回の 「プロ
午後1時半─ 5時、東京神田の一橋記念
ジェクト研究発表会」を、今年は12月
講堂
(学術総合センター内)で開かれま
13日から15日までの3日間、京都テル
す。地球研の秋道智彌教授が司会をし、
サ(京都市南区東九条)で行います。
パネリストは、石澤良昭(上智大学学長)
、
Humanity & Nature Newsletter
No.5
[隔月刊]
ISSN 1880-8956
■
地球研市民セミナー
窪田順平(地球研助教授)
、五味文彦(人
間文化研究機構理事)
、佐藤洋一郎
(地球
発行日 2006 年12 月1日
■
第16回地球研市民セミナーは、12 月
研教授)
、安田喜憲(日文研教授)
、渡辺
発行所 1日、内山純蔵助教授の「『景観』は生
きている」です。第17 回は、2007年
3月9日、川端善一郎教授と奥宮清人助
千香子
(大阪学院短大助教授)の各氏。
総合地球環境学研究所
乾燥地と湿潤地における文明と水との
〒603-8047
関わりについて論じます。お問い合わ
京都市北区上賀茂本山457番地の4
教授の「病気もいろいろ∼人の医者、
せ・聴講申し込みは、上記同様、
「水と
電話:075-707-2100[代表]
環境の医者」です。いずれも、午後 5
水」事務局へ。
Eメール:[email protected]
時半─7時、地球研・講演室で。
「人と水」連携塾
URL : http:// www.chikyu.ac.jp
上賀茂だより
■
発行 人間文化研究機構に所属する 5 機関
地球研の目の前は農家の広い畑にな
総合地球環境学研究所 広報委員会
委員長 ( 地球研・民博・日文研・国文研・歴博 )
っています。その傍らに、狭いながら
の連携研究「湿潤アジアにおける『人
も地球研の園芸くらぶが作った花壇と
と水』の統合的研究」( 通称「人と水」
菜園もあります。10人ほどのメンバー
研究)の構成メンバーが講師となって
は素人ばかりですが、当番で水やりや
市民対象に行う「人と水」連携塾の第
手入れを続け、鳥や鹿の食害にもめげ
1期が、この秋から開講中です。
ず、楽しい収穫です。季節の花やソバ、
今後の講義予定は次のとおりです。
小松菜、こかぶ、ラディッシュ、ハロ
●12月16日(土)、谷口真人(地球研助教
ウィンかぼちゃ…。稔りの秋をかみし
■
授)
「京都の酒と湧水」 ● 2007 年 1 月
めています。
(斎藤)
本紙の内容は地球研のウェブサイトにも
秋道智彌
■
編集 総合地球環境学研究所 地球研ニュース編集委員会
■
協力 [株]シィー・ディー・アイ
20日(土)、小松和彦(日文研教授)
「水
掲載しております.
と信仰 :その恵みと災厄をめぐって 」
郵送を希望されない方はお申し出ください. ●2007年2月17日(土)、中野孝教( 地
球研教授)
「人が変えた京都の水」。 い
ずれも午後 2時─ 4 時、場所は同志社新
島会館(京都市上京区)です。 問い合
わせ・申し込みは、地球研の連携研究
「水と人」事務局(電子メール:[email protected]
表紙写真―
ラオス南部のメコン河中州にあるコーン島の水田横の小川で
網漁に従事する島の子どもたち
[撮影:秋道智彌]
12----Humanity & Nature Newsletter No.5 1 December 2006