全ページ PDF3.81MB - 田原市

広報
たはら
2011
平成23年
「しみんの広場」
2
伊良湖村移転の歴史
広報サポーター募集
地域の話題
市民活動を応援するページ
スクールリポート
学校生活の一コマを紹介
6
たはらシティニュース
7
おしらせ
8
連載コーナー
10
笑顔のタネが
育つといいな
の昔、伊良湖の集落が全村移転したのを、皆さ
風光明媚な景勝地として知られる伊良湖岬。そ
﹁伊 良湖村 移転﹂
の歴史
広
場
外浜観測所
日出砲台跡
広報サポーター募集
地域の話題︵ 亀山校区︶
3ページ
4ページ
5ページ
地拡大のため西山~伊良湖地区が軍
市民活動を応援するページ
落までレールを引き、トロッコで荷
年)3月、全て
今なお残る戦争遺跡
用地として買収されました。
1906年(明治
の家の移転が完了しました。
伊良湖射場の施設で、現在も残っ
ているものは 個あります。日出園
半年間で全村移転へ
のほとんどが、ここで試験検査を受
実射試験場で、使用する大砲や弾薬
た。これは当時の日本陸軍の大砲の
小中山町の田戸神社付近にありまし
伊良湖射場の正式名称は「陸軍技
術研究所伊良湖試験場」で、現在の
大砲の弾の軌道などを確認したりし
で は、 気 象 条 件 な ど を 観 測 し た り、
る気象観測兼展望塔跡です。この塔
方から通称「六階建」と呼ばれてい
ます。最も象徴的なものは、地元の
すが、多くは小中山町に残されてい
伊良湖射場とは
1905年(明治 年)当時の伊
良湖集落は、現在の伊良湖シーパー
け て、 戦 地 へ と 配 備 さ れ た の で す。
ク&スパから伊良湖シーサイドゴル
たこと
地下に残る外浜観測所もその一つで
フ倶楽部周辺にありました。当時の
それでは、なぜこの場所に伊良湖
射場が造られたのでしょうか。考え
子がよく見えたこと
は伊良湖射場(小中山町)の拡大に
年)には用
を馳せてみてはいかがでしょうか。
残された戦争遺跡を見て、
皆さんも、
全村移転をした伊良湖の人々に思い
ていました。
戸 数 は 1 1 2 戸、 人 口 7 2 9 人 で、
半年以内に集落全ての家を移転する
伴う用地買収によるものでした。戦
1 9 0 1 年( 明 治 年 )、 小 中 山
地区~西山の一部が射場用地とな
家
• が少なく用地取得がしやすかっ
時下における軍の力は絶大で、伊良
り、1905年(明治
ようにとの命令が届きました。これ
湖集落の方たちは、現在の伊良湖集
▲外浜観測所(日出園地下)
宮山と小山の間を越えて飛ん
できた砲弾を観測した施設
10
km
38
│
平成 23 年 4 月15 日 │ 2
﹁伊良湖村移転﹂の歴史
2ページ
●
●
●
●
物を運び移転を始めました。そして
も くじ
られている理由は、3つあります。
(現)
伊良湖集落
半農半漁の暮らしをしていました。
伊良湖
シーパーク&スパ
大
が確保できたこと
• 砲の射幅
地
• 形が平らで、弾が飛んでいく様
伊良湖
シーサイド
(旧)
伊良湖集落 ゴルフ倶楽部
この年の9月、陸軍から伊良湖の
土 地 を 収 用 す る と い う 通 告 が あ り、
32
の
んはご存知ですか?今回は、地区の方から聞い
①
39
34
38
①日出園地(日出砲台跡)からの眺め
②実際に使用されていた大砲
③ 昭和初期ごろの気象観測兼展望塔(右)と無線電
信所(左)
※現在でもその姿を見ることができます
③
恋路ヶ浜
伊良湖岬灯台
し
み
ん
た移転の歴史についてご紹介します。
②
● しみんの広場
は、伊良湖の方々の、この先も平和
てきた伊良湖村。この二つの石碑に
先人の努力などにより幸せに暮らし
り」の文章です。全村移転をした後、
に出てくる「願はしきものは平和な
柳田國男の紀行文「遊海島記」の中
した。この石碑に刻まれているのは、
治会により新たな石碑が建てられま
平 成 年 月、 こ の 石 碑 の 前 に、
移転100周年を記念して伊良湖自
す。
伊良湖小学校の北側に、移転を記
念し建てられた石碑が建っていま
願はしきものは平和なり
た伊良湖集落移転100周年記念誌
この「伊良湖誌」という本は、伊
良湖自治会が平成 年 月に発行し
業論文にまとめられました。
建物を調査し、その成果と考察を卒
す。約半年間かけて、伊良湖地区の
マに調べてみようと思ったそうで
きっかけに、伊良湖村の移転をテー
良湖誌」という本と出会ったことを
谷友美さんです。田村谷さんは、「伊
市民館で開催されました。報告者は、
2月 日(土)、「伊良湖村の移転
と再構成」と題する報告会が伊良湖
伊良湖の歴史を再発見!
11
11
法政大学をこの春に卒業された田村
18
※
で幸せに暮らせるようにとの思いが
です。伊良湖の歴史や郷土料理など
市民
参加
込められています。
内図書館にありますので、ぜひご覧
▼
伊 良 湖 集 落 移 転 100 周
年記念誌「伊良湖誌」
が掲載されています。この本は、市
﹁遊海島記﹂には、風光明媚な伊良湖に
ください。
▲報告会で真剣に話を聞く
参加者たち
※ 伊 良湖に滞在したことがある民 俗 学 者 。
ついて多く記されています。
▲移転記念碑(右)
移転 100 周年記念碑(左下)
17
26
「広報たはら」の紙面づくりやケーブルテレビへの出演、インターネット
を使った情報発信など、市の広報活動に参加してみませんか?
平成23年度
広報サポーターを募集します。
<応募要領>
◉応募資格 市内にお住まいの18歳以上の方
※ただし、公務員や公職にある方、高校生を除きます。
◉活動内容 次の中から希望するもの
❶市民記者(取材・記事作成)
(ブログ、Twitterなど) ❷インターネット
を活用した情報発信
❸CATV市政情報番組のナビゲーター出演
❹イベント・風景などの撮影
◉募集人員 7名以内
◉募集期間 5月2日⺼まで(必着)
◉応募方法 応募用紙に「氏名」
「 性別」
「 生年月日」
「住
所」
「連絡先」
「職業」
「応募動機・抱負(100
文字以内)」
「参加したい広報活動」を記入
のうえ、直接持参または郵送・ファック
ス・Eメールにて
ツ
イ
ッ
タ
ー
◉選考方法 意欲などを考慮して、市の選考によ
り決定
◉発表 応募者に通知のほか、広報にも掲載
◉活動期間 平成24年3月末まで
◉謝礼 年10,000円
ケ ー ブ ル テ レ ビ
※上記の必要事項が記入されていれば、任意の用
紙でも可
※応募用紙は広報秘書課で配布のほか、市ホームペ
ージからもダウンロード可
│ 3 │ 平成 23 年 4 月15 日
【応募・問い合わせ先】
田原市役所 広報秘書課
〒441-3492(住所不要)
☎22局0138 23局1691
[email protected]
http://www.city.tahara.aichi.jp/
地域の話題
!
発
地域
地域の自然や歴史文化を、子どもたちの成長に役立てている
山校区では、 地 域 の 皆 さ ん が
めふもとに運びます。それを高学年
林に出向き、“ご”(枯れ松葉)を集
います。他校区の方でも大歓迎。興
ように、はた織り体験会を開催して
の方に参加していただく機会となる
行 っ て い ま す。 苗 木 が 大 き く な り、
│
平成 23 年 4 月15 日 │ 4
(絹糸)を、「三河赤引糸」として奉
納しています。そのゆかりで、亀山
小学校では、蚕を育て、繭から糸を
紡いで絹糸を作る体験学習を実施し
ています。そして、絹糸を使って“は
た”を織る「機織クラブ」の活動も
行っています。
現在は、はた織り経験のある地域
の方たちがクラブ運営を担っていま
す が、 は た を 織 る ま で の 準 備 に は、
相当の手間と時間がかかるため、多
亀山小学校と 連 携 し、 地 域 全
の子どもたちが傾斜地まで運んで行
味のある方は、ぜひ、お気軽にクラ
亀山校区からお便りが届きました。
くの協力者が必要となります。そこ
体で子どもたちを育てていく取り組
き、先生の指導でまん遍なく広げて、
ブ活動を見に来てください。
で、この活動の楽しさに触れ、多く
みを進めています。
落ち葉のゲレンデを作っています。
亀山校区には、地域のシンボルで
あり、住民の憩いの場となっている
花が咲いたり実がなったりする季節
うし
里山・牛の樹山があります。小学校
に、かつて遊んだ牛の樹山を思い出
日時 4 月 21 日㊍、5 月 19 日㊍、5 月 26 日㊍、
6 月 30 日㊍/午後1時 30 分~4時
場所・お問い合わせ 亀山小学校☎ 35 局 6210
牛の樹山に親しむ
から近いこの山は、子どもたちの総
してくれるよう願っています。
2月下旬には、牛の樹山を愛する
会 の 協 力 で、 卒 業 生 に よ る 植 樹 を
合学習の場となっています。
亀山地区の神御衣御料所では、伊
勢 神 宮 に 絹 糸 を 奉 献 す る「 お 糸 船 」
地域ゆかりの活動 る会」の方たちが草刈りなどの手入
を実施しています。伊勢神宮の「神
毎年1月には、学校行事で落ち葉
スキーを開催しています。スキー場
れを行っています。スキーを行うと
服 」 の 原 料 糸 と な る“ 赤 引 き の 糸 ”
と な る 傾 斜 地 は、「 牛 の 樹 山 を 愛 す
きは、まず、PTAの役員さんが松
「機織クラブ」開催日
け やま
亀
亀山校区
地域で子どもを育てる
〝ふるさと学習〟
▲落ち葉スキー場でソリ遊びを楽しむ亀山小学校の子どもたち
▲お世話をしてくれた地域の方と記念撮影
● しみんの広場
市民活動を応援するページ
市民活動紹介
田原UC(ユーシー)
羽ばたけ、地域とともに! ∼田原UCメモリアル(卒業式)∼
UC
ユナイテッド
チ ル ド レ ン
(United Children)とは、中高生が「地域を舞台にどんな挑戦
をしていくかを自分たちで考え、自分たちで創り上げる」とい
う意識を持ち、社会に向けた活動を全国各地で行っている団体です。
田原 UC は、
(社)田原青年会議所がアドバイザーとなり、
「社会に出る
前に自分が何ができるか、社会のために自分が率先して何ができるかを
知ってほしい」という思いを胸に、市内の高校生で活動しています。
田原UCのメンバー
2009 年には「エコキャップでつなぐ友情の輪」をテーマに「TAHARA UC フェス 09」を実現し、集まった 23 万個のエコキャップをワクチン寄
付に当てました。ほかにも、若い力で伝統を盛り上げようと「二七の市」へ出店したり、ホタルのすむ川にキャ
ンドルをともし、エコについて市民の皆さんに問い掛けたりしました。
❖第一期生が卒業
3月 19 日(土)に、田原 UC 第一期生の卒業式を行いました。田原町の築出
公園で「トキワマンサク」の植樹を行い、その後、田原文化会館多目的ホール
で卒業生一人ひとりが卒業証書を受け取りました。
卒業生は、
「仲間がいたから、普通ではできない経験ができた」
「楽しかった、
第二期生もがんばって」という言葉を残し、それぞれの道に進んでいきました。
◦田原UCでは、プロジェクトに参加してくれる中高生を募集しています。
詳しくはお問い合わせください。
▲
問い合わせ (社)田原青年会議所 ☎ 23 局 2740 [email protected]
協働
ス
ニュー
記念植樹を行う第一期生
田原市民活動支援センターのホームページを開設
4月から、田原市民活動支援センターのホームページを開設し
ました。ここでは、センターの紹介やお知らせのほか、市民活動
団体のイベント情報、各種支援制度、その他市民活動に関する情
報などを随時お知らせします。市民の皆さんに、市民活動を身近
に感じていただけるような、市民活動団体やボランティア団体の
情報が集まるページを目指していきます。ぜひご活用ください。
なお、当センターでは、ホームページへ掲載する情報を募集し
ています。掲載を希望する団体は、直接センター(下段の連絡先)
へご相談ください。
アドレス http://www.city.tahara.aichi.jp/kyoudou/
田原市民活動支援センター
市民と市役所でつくるページ♥あなたのニュースも募集中!
₁ NPOや市民活動に関する相談を受け付けています。
(毎週㊋・㊎・圡 14:00 ~19:00 田原文化会館フリースペース)
₂ このページに掲載する市民活動情報を募集しています。
◉お問い合わせ: ☎22 局 1111(内線 812)※ 開設時間のみ 23局 [email protected]
│ 5 │ 平成 23 年 4 月15 日
33
今回は、
“山の学校”
長野県阿南町の小学校との交流の様子、
「魅力ある学校づくり事業」
で作ったクロスカントリーコース
を活用する様子をご紹介します。
コマ
学校生活の一
を紹介
●学校教育課23局3679
和地小学校「交流学習」
心をはぐくむ海と山のふるさと交流!
和地小学校では、平成18年の文部科学省「豊かな体験
活動推進事業」の委嘱をきっかけに、阿南町の小学校と
の交流が始まりました。この交流活動は、今年で6年目
を迎えます。
昨年6月、和地小学校に到着した2台のバスから、阿
南町の4つの小学校の5年生が次々と降りてきまし
た。体育館に迎え入れ、学校の様子を互いに紹介してか
ら、和地小学校の4~6年生の案内で、和地海岸に出か
けました。児童会を中心に準備した企画で、磯浜に寄せ
る波とたわむれたり、貝やガラス石を見つけたりして、
山の子どもたちに和地の海の良さを味わってもらいま
した。
今年6月には、本校の子どもたちが阿南町へ2泊3
日の宿泊学習に出かけます。この山の学校との交流や
自然体験を通して、豊かな感性や健やかな心を育てて
ほしいと願っています。
◦仲良くなった阿南町の小学生と一緒に
◦名刺交換をする子どもたち
◦タカラガイを発見!
伊良湖岬中学校「クロスカントリーコース」
自然の中で楽しみながら体づくり!
◦起伏のあるコースを走る子どもたち
伊良湖岬中学校では、昨年9月、運動場の周りにク
ロスカントリーコースを造りました。コースは、幅が
約1.
5mで1周が約400mです。クロスカントリーと
は、野原や丘陵、森林などを横断するコースで行う長距
離競走のことで、
高校駅伝や箱根駅伝に出場するような
強豪チームの練習にも取り入れられ、
効果を上げていま
す。
起伏のあるコースを走ることで、
持久力だけでなく、
普段使わない多くの筋力を強化したり、
バランス感覚や
敏捷性を高めたりすることが期待できます。
中学生の時期は、心肺機能が最も発達しますので、バ
ランスの良い体づくりが重要です。本校では、体育の授
業だけでなく、
部活動での基礎体力づくりや陸上部の練
習でも活用しています。生徒からも「アップダウンでリ
ズムが変わっておもしろい」
「知らないうちに長く走っ
ている」
と好評です。
このクロスカントリーコースで、
楽
しみながら体づくりができることを願っています。
びんしょう
◦近隣の小学生もコースで練習
平成 23 年 4 月15 日 │ 6
│
月
日[月]
福祉を学ぶ
新生活スタート!
田原福祉専門学校の入学式が行われ、 名
が
﹃たっぷく ﹄
の門をたたきました。これから2
国出身の方もいます。地域に飛び込み、
田原市
皆さん。市 外からの新 入 生 も 多 く、中には外
年間で、
介護福祉士の国家資格取得を目指す
44
月
日
[水]
16
思いを新たに
志を誓う
月 日
[日]
陽春の半島で
自然を満喫
名 が 、崋 山 の 銅 像 を 前 に 志 を 誓 い 、将 来 の 夢
の案内で、
湿地やシデコブシなどを観察したほ
名は、
インタープリターと呼ばれる自然ガイド
などで行われました。市内外から参加した
渥 美 半 島 自 然 体 験エコツア ー﹁シデコブ
シと藤 七 原 湿 地の自 然 探 訪 ﹂が衣 笠 山 周 辺
27
などの作文を納めました。児童たちは8年後
た 。式 典 で は 、卒 業 を 間 近 に 控 え た 6 年 生
3
4
か、
火打石を打つ体験をしました。
▲渡辺崋山の像を前に、
それぞれの志を誓う児童たち
3
郷土の偉人である渡辺崋山の伝記にちな
んだ立志式が田原中部小学校で行われまし
3
の成人の日、
この作文を開封する予定です。
│ 7 │ 平成 23 年 4 月15 日
26
4
でたくさんの思い出ができることでしょう。
▲藤七原湿地で、
ウグイスの鳴き声に耳を傾ける参加者たち
53
4
たはらシティニュース
たはらシティニュース
▲力強く誓いの言葉を述べる川口真依さん
意見提出方法
▼
るほか市ホームページからもダウ
▼
は 英 語 で﹃ 養 子 縁 組 を す る ﹄ と い
◉その他
ンロード可)
﹃ 里 親 制 度 ﹄ と 訳 さ れ ま す。 市 民 の
う 意 味 で、 ア ダ プ ト プ ロ グ ラ ム は
方 に 里 親 に な っ て い た だ き、 道 路
申し込み後に、市と協議して「合
意書」を交わします。 ▼維持管理課
や 公 園、 河 川 な ど を 養 子 と み な し、
親 が 子 ど も を 大 切 に す る よ う に、
局0180
http://www.city.tahara.aichi.jp/
[email protected]
局4103 ☎
清 掃・ 美 化 な ど の 活 動 を し て い た
だきます。
※詳しくは、お問い合わせください。
◉活動場所
流 域モニタリング
一斉調 査参 加 者
▼対象=市内の複
市が管理する道路・公園・河川な
どの公共施設
◉活動内容
数名で構成するグ
ル ー プ( 中 学 生 以
場合は保護者同伴)
下水道課 ☎23局3525 22局3184
ご み の 収 集、 除 草、 樹 木 の 管 理、
活動計画書・報告書の提出
環 境 美 化 に 必 要 な 物 品( ご み 袋、
▼調査期間=6月5日(日)の前後
表されます。
計画案の公表場所
村の素案を取りまとめ、全県域汚水適正処理構想として公
下の子どもを含む
軍手)の支給や貸し出し
とめました。なお、公表後に素案を県に提出し、県が各市町
◉支援内容
希望者にはボランティアの名称を
1週間 ※この期間内に、調査がで
きない場合は時期をずらして調査す
表示するサイン看板の設置
ることも可能。 ▼内容=身近な水
辺(河川・海・ため池など)の水質、
活動時に事故が発生した場合の補
償
水量、生態系などを調べて調査結果
[email protected]
まちの環境 美 化対策
アダプトプログラム
︵里親制度︶
田原市では、
まちの環境美
化を推進して
いくためのア
その他活動に必要な事項
◉対象者
課で配布する参加申込書に必要事項
ダプトプログ
ラ ム( 里 親 制
市内に在住・在勤・在学する個人・
事業者・団体
を記入のうえ提出
▼環境衛生課
局3541[email protected]
局0180
を報告 ▼参加料=無料 ▼申し込
み=5月 日(金)までに環境衛生
度)への参加者を募集しています。
◉申し込み
路、公園、河川などの公共施設を市
図ることを目的として、汚水適正処理構想の素案を取りま
❶公表場所へ持参 ❷郵便 ❸FAX ❹Eメール
住所・氏名・電話番号を明記のうえ、意見を提出してくださ
い。
(個々の意見には直接回答いたしません。)
田原市では計画的・効率的な汚水処理施設の整備推進を
市役所下水道課、
赤羽根市民センター
(旧赤羽根支所)
、渥美支
所地域課、
市役所情報広場、中央図書館、
市ホームページ
http://www.city.tahara.aichi.jp/
担当課
アダプトプログラムとは、市民と
市 が 協 力 し 合 い、 市 が 管 理 す る 道
☎
し込み用紙は維持管理課で配布す
所定の申し込み用紙に必要事項を
記入のうえ、維持管理課へ直接(申
)と
adopt
ア ダ プ ト
民がボランティアとなって管理す
る 制 度 で す。 ア ダ プ ト(
意見募集!
23
23
13
パブリックコメント手続制度に基づき、
以下の案件について意見を募集します。
パブリックコメント 23
23
5月10日㊋~6月8日氺
募集期間
▲ロゴマーク
◉全県域汚水適正処理構想(案)について
│
平成 23 年 4 月15 日 │ 8
産者の方からお話を伺います。
ンチをいただきながら、シェフや生
犯対策がしっかりとできているかど
なる時期だからこそ、身の周りの防
をなくしましょう。
ら、思いやりのある運転で交通事故
なくし、子どもや高齢者を見かけた
▲
▲
▲
日(水)正午~午後
うかを確認しましょう。
▼日時=5月
ろう
すべ て の 座 席 で シ ー ト ベ ル ト と
局0180
飲酒運転を根絶しよう
局3504 のため、枠台付き鏡
本、歯鏡
本、
英樹様から、堀切小学校の備品充実
▼3月4日、堀切厄才会 代表 渡會
次の方々からご寄付をいただきま
した。ご厚意に感謝します。
☎
▼市民協働課
▲
長野県宮田村
りんごの木オーナー
子どもや高齢者を交通事故から守
◉重点目標
が あ り ま す。 地 域
周りの大人の方が見守っていく必要
また、新入学児童・園児は、身を
守る力が弱いので、保護者をはじめ
2 時 ▼ 場 所 = ホ テ ル ア ー ク リ ッ
シュ豊橋 ▼講師=酒井淳氏(ホテ
ル総料理長)、地元の生産農家ほか
平成 年に田原市と友好提携を結
んた宮田村では、交流事業の一環と
して、JA上伊那宮田支所が「りん
▼定員=
名(申込者多数の場合は
ごの木オーナー」を募集します。太
チャイルドシートを正しく着用し
▲
抽 選 ) ▼ 参 加 料 = 3 5 0 0 円( 食
暮らせるまちを目
ぐるみで防犯活動
陽の光をたっぷり浴びて育った、甘
事代) ▼申し込み=5月2日(月)
までにFAX・Eメール・はがきに
指しましょう。
を 行 い、 安 心 し て
い蜜の入った「サンふじ」を収穫し
て(参加者全員の住所・氏名・年齢・
◉運動の重点
▲
▲
みつ
てみませんか。
電話番号を明記)
よう
自転車の安全利用を進めよう
なお、昨年度に契約したオーナー
の方には、継続希望をお伺いするハ
▼豊橋田原広域農業推進会議事務局
の防止
自転車盗および自動車関連窃盗の
子どもが被害者となる事件・事故
ガキを郵送していますので、ご記入
(〒440
豊橋市農政課内)
8 5 0 1 住 所 不 要 のうえご返送ください。
♥サンふじ
・価格=2万5000円(税込み)
局0180
防止
住宅を対象とした侵入盗の防止
▼市民協働課
☎(0532) 局2471[email protected]
☎
・数量=180個保証
http://www.toyohashi-tahara.jp/
局3504 (0532) 局5130
♥サンふじB
・価格=3万8500円(税込み) ・数量=300個保証
▼申し込み=5月9日(月)までに
春の交通 安全県民運 動
日水~ 日金
5月
▼3月
電話にて
新緑が鮮やかとなるこの時期、新
入学児の行動範囲が広がったり、高
ら、交通安全推進のため金200万
日、カリツー株式会社様か
和太鼓2台、ハンドマイク1台。
齢者の朝夕の散歩などで外出の機会
円。
のランチセミナー」 参加 者
豊橋田原食 育体験講座
「 地産 地消
84
▼JA上伊那宮田支所営農課
が増えたりすることから、子どもや
▼3月
☎(0265) 局1201
高齢者が犠牲となる交通事故が心配
表 取 締 役 飯 尾 幸 雄 様 か ら、 生 涯 学
春の安全なまちづくり県民運動
されます。また暖かくなり、開放感
習施設充実のため、田原文化会館に
日水
地域の皆さんと防犯協会、警察が
協力しあい、身の周りに危険を及ぼ
から飲酒運転も心配されます。
18
日、 有 限 会 社 丸 一 電 器 代
10
24
5月9日月~
~ホテルで味わう豊橋・田原の旬~
す犯罪を未然に防ぐ活動を行いま
テレビ一台。
48
ドライバーの皆さん、飲酒運転を
│ 9 │ 平成 23 年 4 月15 日
23
48
18
56 51
23
25
-
す。暖かくなり、気持ちも開放的と
20
23
A
農業王国豊橋・田原で生産される
旬の特選素材を活かした地産地消ラ
11
23
11
◉田原市エコエネルギー導入等
補助金制度のご紹介
環境にやさしい太陽光発電システ
ムを設置される方や低公害車を購入
された市民の方・市内事業所に対し
* たはらエコ・ガーデンシティ構想
❖太陽光発電システム
作られた電気は
ご家庭で利用し、
余った場合は電力
会社に売電できま
す 。平 成 年 度 に
設置した場合の買
い 取 り 価 格( 住 宅
用)
は 円/ で、 年間固定です。
設置費用は1 あたり平均 万円
程度です。
kWh
60
個人1331人・事業所 か所(3月末現在)
◉たはらエコチャレンジ宣言登録者数
す。詳細はお問い合わせください。
ムページからダウンロードできま
▪ 補 助 要 綱 や 申 請 様 式 は、 市 ホ ー
❖低公害車
ハイブリッド自動
車や電気自動車、天然
ガス自動車、メタノー
ル自動車が対象です。
23
局7401 局0180
たん せい かん
少なくなります
●長いひも 状のものは 、 以
内に切 る
も や す と きに 使 用 す る 燃 料 が
●生ごみは、水をよく切る
もやせるごみの
出し方は?
もやせるごみは、収集された後、田原リサイクル
センター﹁炭生館﹂へ搬入されます。今回は、も
やせるごみについて、お知らせします。
もやせるごみから
炭ができます
炭 生 館へ搬 入 された も
や せ る ご み は 、蒸 し 焼
きにされ、炭に生まれ変
わ り ま す 。で き た 炭 は 、
保 温 剤などとして使 用
されます。
http://www.gsj-tanseikan.co.jp
炭 生 館 は 、自 由 に
見 学 す ることがで
き ま す 。詳 し く は 、
炭 生 館 ホ ームペー
ジをご覧 く ださい。
▼炭生館
もやせるごみを
減量しよう
●金属などの異物を混ぜない
長いままだと、機械にからまり
故障の原因になります
ご み の 分 け 方・出
し 方 パンフ レット
で 確 認 し 、分 別 に
ご協力ください。
機械が破損し、故障の原因にな
ります
ています 。資 源として出せるものは、
▼清掃管理課
分別してリサイクルしましょう。
局3538
局0180
もやせるごみで大きな割合を占める
のが、紙・布類です。その中には、牛乳
パック・チラシ・包 装 紙・菓 子 箱 な ど 、
資源として再生可能なものが含まれ
30
cm
て、補助金制度がありますのでご利
1市税などの滞納がある場合は、補助金を受けることができません。
2たはらエコチャレンジ宣言の登録が必要となります。
3平成23年度中に設置や購入が完了するものが対象となります。
4申請書類は、本人または家族の方が、直接エコエネ推進室に提出してく
ださい。
5予算がなくなり次第、受付を終了します。
kW
用ください。
新車登録・支払完了後
県
低公害車
上限5万円
30 日以内
(事業用)
(個人用・事業用)(車両本体価格の5%)
42
▼エコエネ推進室
☎
23 23
22
なお、補助要綱や補助金額(太陽
光発電のみ)などが平成 年度と変
太陽光発電
上限24万円
工事着手前
国
(住宅用・事業用) (6万円/kW) (2週間程度前) (住宅用)
10
62
23
補助額
補助施設等
60
23
申請時期
他の補助
わりましたので、ご注意ください。
■平成23年度エコエネルギー導入等補助金制度
ゴミゴミンと
リサイクル
レンジャー
│
平成 23 年 4 月15 日 │ 10
このコーナーでは、
田原市の国内外の交流事業や
多文化共生事業の情報をお届けします。
▶政策推進課☎23局3507 田原市・設楽町交流スタンプラリーにご参加ください
田原市と姉妹都市 設楽町との共同事業である、
交流スタンプラリーをご紹介します。
◉応募先
田原市役所、渥美支所、赤羽根市民センター
(旧赤
羽根支所)
、
設楽町役場、
津具総合支所
◉賞品
国内旅行券(1本)、
グリーンメッセージ宿泊利用券(5
本)
、
設楽町特産品(40本)
など計132本予定
◉お問い合わせ
政策推進課☎23局3507
平成2年に田原市と設楽町は姉妹提携し、昨年、
20周年を迎えました。
これからも交流を続けていく両
市町では、
今年度も交流スタンプラリーを開催します。
応募用紙に指定のスタンプを押して応募すると、抽
選で賞品が当たります。設楽町の「山の自然」
を満喫
し、
スタンプラリーに参加してみてはいかがですか。
◉開催期間
4月29日
(金・祝)~平成24年2月29日
(水)※応募はがき必着
◉参加資格
どなたでも
◉応募方法
応募用紙に、
指定の4つのエリ
ア
(設楽町A・B、田原市C・D)
から各1つ、
すべてのエリアの
スタンプを集め、必要事項を記
入のうえ、
直接または郵送にて
防災まめ知識
田 原 市の支 援
分、
日出
28
東日本大震災
千葉県香取市へ派遣/3月
発・4月1日帰庁
46
◉ 農業集落排水管路の被災状況調査活動
東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震が発 生し、
◦職員2名
11
んにちは、
“かんちゃん”
です。
想 像を絶 する災 害に見 舞われまし
▪物的支援
3月 日(金)午後2時
た。 今 回は、田 原 市が実 施してい
◉市からの支援
こ
る支援内容をご紹介します。 今後
◦宮城県警へ納体袋200袋(3月
日)
も要請に応じ、支援する予定です。
など7380食(3月
24
22
日)
◦宮城県へアルファ米やビスケット
12
▪人的支援
◉緊急消防援助隊愛知県隊
◦ 宮城県へ、簡易トイレ100個、小児
日)
28
◉市内で応募用紙を配布しているラリースポット
「道の駅」田原めっくんはうす・あかばねロコステーション・伊良湖ク
リスタルポルト、蔵王山展望台、
サンテパルクたはら、
シェルマよし
ご、
白谷海浜公園、菜の花まつり会場(平成24年1月中旬開催)
宮城県亘理町・山元町へ派遣/
3月 日の第2次隊に参加後、5
用おむつ1784枚など
(3月
◉市民の皆さんからの支援
3月 日~ 日に受 け 付 けた皆さ
んからの支援物資は、愛知県を通じ、
宮 城 県へ届 け ました。 ご協 力 あ りが
とうございました。
│ 11 │ 平成 23 年 4 月15 日
28
日間程度で次の隊と交代
日
◦アルファ米など721食、カップ
めんなど783食、缶詰790食、
粉ミルク ㎏、おむつ(大人・小
児用)2万7948枚など
※支援内容は4月8日現在
局3548
▼防災対策課☎
88
22
◦第2次隊・第5次~8次隊=消
火隊5名
12
12
日
25
◦第9~ 次隊=消火隊4名
◉給水活動
栃木県矢板市へ派遣/3月
出発・3月 日帰庁
◦職員2名、給水車1台
◉住家被害認定調査活動
千葉県浦安市へ派遣/3月
出発・4月7日帰庁
◦ 第1次/第2次=職員4名/2名
23
18
※詳しくは、市役所、渥美支所、赤羽根市民センター(旧
赤羽根支所)、各ラリースポットにある応募用紙または市
ホームページ
(http://www.city.tahara.aichi.jp)
を
ご覧ください。
71
調に歩んできたように思えます。
地域の典型的な名士としての道を順
を 作 り、 働
地整理組合
汐川沿岸耕
く心を痛め、
のことに深
式次郎はこ
い耕地の姿となりました。
事業を進め、現在のような使いやす
下流の村もそれに連動して耕地整理
式次郎が願った汐川の改修と耕地
整 理 は、 昭 和 2 年 に 工 事 が 始 ま り、
待たずに昭和6年に亡くなりました。
式次郎は病に侵され、事業の完成を
その上、神戸村内を流れる汐川やそ
恵 ま れ た 村 で は あ り ま せ ん で し た。
式次郎が村長を務めたころの神戸
村は、耕地も少なく、決して裕福で
いただけ裕
によって田畑は荒地となり、神戸村
した。働いても繰り返し起こる災害
耕作や収穫のための出入りも不便で
腰までぬかるむ深田で、農道もなく、
不 足 し、 低 い 土 地 は 水 は け が 悪 く、
被害を与えました。また台地は水が
塩害にも悩まされ、作物にも大きな
潮 に な る と 耕 地 に 海 水 が 流 れ 込 み、
周辺は水浸しとなりました。また高
一 旦 雨 が 続 く と 水 は 堤 防 か ら 溢 れ、
る」という心配でした。反対意見だ
路・水路によって耕作地の面積が減
事の間は作物が作れない」
「新しい道
は「工事費を捻出する余裕がない」「工
式次郎は、説得するために 回以
上の会議を重ねました。反対の理由
か ら 式 次 郎 の 苦 難 が 始 ま り ま し た。
な か“ う ん ” と 言 い ま せ ん。 こ こ
意をしました。しかし組合員はなか
の改修と耕地整理の事業を進める決
福になる畑を整備するために、汐川
ようです。 (増山)
郎が汐川の流れを見守っているかの
圧倒的です。その姿は、まるで式次
太陽の光を浴びて輝くその存在感は
昭和 年3月、式次郎の功績を称
え、顕彰碑が建立されました。朝夕、
の支流は、川幅が狭く曲がりくねり、
汐川改修事業と仲井式次郎
の人たちは、苦しみ希望を失ってい
けでなく、事業は複数の町村にまた
し き じ ろ う
汐川と青津川が交わるところ(神
戸町)に、2基の大きな石碑が建っ
きました。日々の生活は荒れるばか
あ お づ
ています。この石碑の一つには「汐
改良事業功労者 仲井式次郎先生彰
徳碑」と刻まれています。
仲井式次郎は、明治2年、現在の
西神戸町に生まれました。神戸小学
年
る決意を涙ながらに語りました。参
回目の最後の会議
加した全ての人が、式次郎の思いに
心は動かされ、
│
●編集・発行/田原市役所政策推進部広報秘書課
●電話/ 0531-22-1111(代表)
● E メール/ [email protected]
【表紙の写真】
スイートピーハウス
(日出町)
▼スイートピーハウスで
は 、例 年 よ り も 早 く 種 用
の花が咲き始めました。
これは、東日本大震災の影響で、
切り花の価格が下落し、
出荷を見
合わせたためとのことでした。
き
れ い な 花 を 見 る と 、笑 顔 に な る
方 も 多 い は ず 。た く さ ん の 笑 顔
を咲かせるための、大切な種。真
心込めて育てられています。(O)
32
No.688 平成23 年4月15 日号
で き ま し た。 し か し 残 念 な こ と に、
▲仲井式次郎顕彰碑
20
意を決した式次郎は、代表者の前
で、事業を断念し、自らの命を捧げ
たことも障害となりました。
がるため、それぞれの事情が複雑だっ
▲改修前の汐川
(点線)
で、ついに全員の同意を得ることが
26
校 に 勤 務 し、 退 職 後 に 地 元 の 区 長、
村会議員、渥美郡会議員、大正
ています。ここまでの経歴を見ると、
▲仲井式次郎
(神戸市民館提供)
りで、もはや限界に達していました。
文化財課 23局3635
22局3811
川 改 修 之 碑 」、 も う 一 つ に は「 土 地
121
~昭和4年には神戸村の村長を務め
10
平成 23 年 4 月15 日 │ 12
本誌は再生紙を使用しています。
其の