講義資料

レファレンスサービス演習:第2回
演習の進め方
2008年10月1日(水)
後期水曜1限
江草由佳
国立教育政策研究所
[email protected]
1
本日のお品書き
•
•
•
•
第2回演習課題の回収
第1回演習課題の講評
レファレンスツールのガイド
ガ
ァ
評価
レファレンスツールの評価
– 第3回演習課題出題:レファレンスツールの評価
• 演習の仕方(質問調査課題)について
– 質問調査課題1 「(2)事柄」出題
– 質問調査課題2 質問調査課題2 「(3)歴史」出題
(3)歴史」出題
– 第4回演習課題出題:事前準備
本日の配布資料
• 回答用紙の書き方マニュアル
答 紙 書き方
• 質問調査課題の回答用紙
3
第1回演習課題の講評
• おおむね
おおむねよくできていました
く き
ま た
• 10人ほど、「レファレンスツールのガイド」がわ
人ほ 、
ァ ン ツ ルのガイド」 わ
かっていませんでした。
– レファレンスツ
レファレンスツールのガイドとは
ルのガイドとは
• 詳細は後述のスライドを参照すること
どのレファレンスツールを使ったらよいかわからないときに
ルを使ったらよいかわからないときに
• どのレファレンスツ
使う
• 「事実解説型」、「案内指示型」ともにわからない時につかう。
• 配布資料の「レファレンスブックのガイド」「書誌の書誌」が
レファレンスツールのガイドにあたる
レファレンスツールのガイド(1)
レフ レンスブ クのガイド(配布プリント)
レファレンスブックのガイド(
布プ
• どのレファレンスツールを使ったらよいかわからない
ときに使う(「事実解説型」「案内指示型」レファレン
スツール)
事実解説型ツール
沙羅樹って
どんな木だ
ろ
レファレンスツ ルのガイド
レファレンスツールのガイド
例:日本の参考図書
例:○○植物事典
案内
探す
そのためには、
どんなレファレ
ンスツールを調
べるといいか
な?
得る
5
レファレンスツール(ブック)のガイド(2)
書誌の書誌
• どのレファレンスツールを使ったらよいかわからない
ときに使う(「案内指示型」レファレンスツール)
英語の早期
教育につい
教育に
い
ての論文が
読みたい
レファレンスツ ルのガイド
レファレンスツールのガイド
例:日本の参考図書
探す
案内指示型ツール
例:教育の主題書誌
案内
そのためには、
教育の主題書
誌があるといい
な、ないかな?
案内
論文
得る
6
次回予告
• 次回は図書館に集合です
次
書館 集合 す
– 図書館の入り口に集合してください
図書館 入り
集合し くださ
• 次回の最後に本日出題した調査質問課題1
を集めます
– 次回の演習だけでは終わらないので各自ほとん
ど完成
ど完成に近いところまでやっておくこと
く
– 清書するだけで30分はかかります
7
レファレンスツールの評価 p.154~
p 154~
• レファレンスツールの選択、収集の際の評価
レフ レンスツ ルの選択 収集の際の評価
– 新しく刊行された・類似のレファレンスツールを選択する
際の判断のため
• 新たに受け入れたレファレンスツールの評価
– レファレンスツールの内容把握、使い方習得のため
レファレンスツ ルの内容把握 使い方習得のため
• レファレンスコレクション更新のための評価
– レファレンスコレクシ
レファレンスコレクションの見直しのため。代替となる新た
ンの見直しのため 代替となる新た
なツールの選択などのため
• 利用者への案内や紹介、書評作成のための評価
利用者への案内や紹介 書評作成のための評価
– 利用者自身がレファレンスツールを活用できるように、使
い方の案内等を作成するときのために必要
8
評価項目とチェックポイント p.155~
‐‐事実解説型のレファレンスツール‐‐
1.
2.
3.
4.
5
5.
6.
7.
製作に関する要素
収録内容と範囲
形式、種類
構成、排列
記載
参考文献
付録
8. 検索手段、項目への
アプ
アプローチ
チ
9. 書誌的来歴
10. 利用対象
11 利用法、操作性
11.
利用法 操作性
12. 形態に関する要素
3 電子メディアの有無
電子メデ アの有無
13.
14. 特徴の要約
9
評価項目とチェックポイント p.158~
‐‐案内指示型のレファレンスツール‐‐
1.
2
2.
3.
4.
5.
6.
7
7.
8.
主題
収録情報源の範囲
構成と排列
情報源の記述事項
形態
索引的書誌の場合に加わるチェックポイント
目録の場合に加わるチ クポイント
目録の場合に加わるチェックポイント
類書との比較
10
レファレンスツール評価レポート作成項目
• 事実解説型
– 書誌的事項
• 案内指示型
– 書誌的事項
• 目録の書き方にそうこと
–
–
–
–
–
–
–
主題
範囲
本文
構成
項目へのアプローチ
項目の記述
用途・印象
• 重要!
• 目録の書き方にそうこと
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
テーマ
テ
マ
範囲
採録方法
構成
目録の部の排列
索引の種類
検索の手がかり
記述
見出しなど
用途及び印象
• 重要!
11
第3回演習課題・
レファレンスツールの評価(1)
• 割り当てられたレファレンスツールの評価レポートを作成す
る
– 評価は、所蔵している物の中の最新版で行う。(特に年鑑)
– ~編が複数ある場合は、それぞれ共通する部分(重複部分)は1回
記述する。
記述する
– 巻数が色々ある場合は、基本的に第1巻を見る。
• 提出 〆切:11/12
• 最終講義に、2分間のプレゼンテーションをしてもらいます。
12
第3回演習課題・
レファレンスツールの評価(2)
• Wordで作成すること
作成する と
• 2ページにまとめること
• 以下を必ず記載すること
– 「レファレンスサービス演習」、「第3回演習課題・レファレンスツール
の評価」、「学籍番号」、「名前」、「提出日」
• 事実解説型:ツールの写真、書誌的事項、主題、範囲、本文、
構成、項目へのアプローチ、項目の記述、用途・印象
• 案内指示型:ツールの写真、書誌的事項、テーマ、範囲、採
案内指示型
の写真 書誌的事項 テ
範囲 採
録方法、構成、目録の部の排列、索引の種類、検索の手が
かり、記述、見出しなど、用途及び印象
• ツールの写真撮影について:
– デジタルカメラ等を所持していない場合、図書館演習中にデジタルカ
メラを貸し出します。
メラを貸し出します
13
演習の目的
• レファレンスサービスの理解を深める
ビ
解を
る
– さまざまなレファレンス質問の調査プロセスを実
さまざまなレファレンス質問の調査プ セスを実
際に体験を通して
• レファレンスツールを使用し
レファレンスツールを使用し、使い方を習得す
使い方を習得す
ること
14
演習の流れ
1. 具体的な検索質問が課題として出題される
– 例:「始」という漢字の語源はなにか。
2. 検索質問に対する調査を行う
1 事前準備をする
1.
•
検索質問の特徴、キーワード、タイプ、レファレンス
プロセス、使用する予定のツールを考える
2. レファレンスツールを使って調べる
3 調べた結果をレポ
3.
調べた結果をレポートにまとめる
トにまとめる
•
A4用紙、2ページ(両面)
15
演習にあたっての注意事項・心構え
1. 演習者はレファレンスライブラリアンの立場という
ブ
ことを意識
•
利用者から質問を受けて調査・回答する人である
2. 自分の記憶で回答してはならない。かならずレファ
レンスツールで確認
3 質問の回答ではなくプロセス、ツールの理解が重
3.
質問の回答ではなくプロセス、ツ ルの理解が重
要
4 回答はコンパクトでインパクトに
4.
5. 実際に利用者に提供するつもりで回答を書く
16
調査につまったときには
‐‐ 教科書・プリントを活用しよう!‐‐
• 教科書
教科書:p.33の2‐1図
33の2 1図 「レファレンスサービスの
「レファレンスサ ビスの
チェック項目シート」のチェックを確認してみよう
– 調査の方向性、見落としを防げる
調査の方向性 見落としを防げる
• 何を調べたらよいかわからない
– 教科書の「回答例」を読む
教科書
回答例」を読む
• 実際の調査プロセスを読めばヒントが得られる
• 教科書のp.23, p.25,p.27,p.29,p.37,p.102~p.135など
– 教科書の第4章 102ページ以降を読む
• 質問のタイプから情報源のタイプがわかる
• 例:「事柄・事象・データ」であれば、108ページ
– レファレンスツールのガイドを使う
ガイドを使う
• 教科書、情報源としてのレファレンスブックス、日本の参考図書、
年刊参考図書解説目録、調査研究参考図書目録、日本の書誌
の書誌 書誌年刊
の書誌、書誌年刊
17
プロセスの確認と回答の作成
‐‐冒頭部分‐‐
レファレンスサ ビス演習 回答用紙
レファレンスサービス演習 回答用紙
提出日 年 月 日 学籍番号: 名前:
第 回 (出題日 月 日) 問題のグループ: 問題番号: 問題文:
• 実際に演習で作成する回答用紙をもとに説
明する
• 提出日、学籍番号、出題文の情報(出題回、
提出日 学籍番号 出題文の情報(出題回
出題日、問題のグループ、問題番号、問題
日)を記述
を記述
18
プロセスの確認と回答の作成
‐‐質問の特徴(1)‐‐
質問の特徴:
• どんな分野の質問なのか問題文を言い換え
た文章を書く。
• What? How? When? Why? Where? Who?
• 質問の種類を書く
– 事実説明型か案内参照型か?
• 質問のタイプを書く
質問 タイ を書く
– ことば・文字、事柄・事象・データ、歴史・時、場
所・地理・地名、人物・団体・企業、図書・出版、新
聞記事 雑誌論文
聞記事、雑誌論文
19
プロセスの確認と回答の作成
‐‐質問の特徴(2)‐‐
• 質問の特徴を書く理由
– 使用する予定のレファレンスツールを選択するた
めに質問内容の整理をするため。
めに質問内容の整理をするため
– 問題文を言い換えることで質問内容、質問のタイ
プを明確にできる。
• ヒント
– p.11 4) 質問内容の確認と分析
p 11 4) 質問内容の確認と分析
– p.34 3) 質問の特徴とキーワード
– p.23~
p 23~ [質問1]~[質問4]の回答例
– ここが書けるというこうとは、「質問のタイプ」がわ
かったということ4章(教科書p.102 )をみれば、
かったということ4章(教科書p.102~)をみれば、
「質問タイプ」にあった情報資源のタイプがわかる
20
プロセスの確認と回答の作成
‐‐キーワード‐‐
キ ワ ド:
キーワード:
• 何をかくか
– 質問内容を端的にあらわすキーワード
– レファレンスツールを使って検索するさいにする使用する
キーワード(語)
– そのキーワードにする理由を書く。
そのキ ワ ドにする理由を書く。
• キーワードを書く理由
– 適切な
適切なレファレンスツールを選択するため
ァ ン ツ ルを選択するため
– レファレンスツールをどんなキーワードで引けばよいか明
確にするため
• ヒント 教科書:p.13
教科書 13
21
プロセスの確認と回答の作成
‐‐情報源の種類 (1) ‐‐
情報源の種類(使用する予定のツ ル)(書名、出版者、(年)):
情報源の種類(使用する予定のツール)(書名、出版者、(年)):
T-1)
T-2)
T-3))
• 何をかくか
– 実際に使用する予定のツールを書く
実際に使用する予定のツ ルを書く
• ヒント
– 「質問のタイプ」と「情報源のタイプ」の対応表と
「質問のタイプ」と「情報源のタイプ」の対応表と、先に書
先に書
いた「質問の特徴」 を使う
– 例:
• 「質問の種類」は事実解説型 (日本アルプスの命名者)
• 「質問のタイプ」場所・地理・地名
• であれば、p.118
あれば
4‐5図場所・地理・地名に関する質問と情報源
図場所 地理 地名 関する質問と情報源
のタイプから、「質問のタイプ」と「情報源のタイプ」の対応表へ 22
プロセスの確認と回答の作成
‐‐情報源の種類 (2) ‐‐
情報源の種類(使用する予定のツ ル)(書名、出版者、(年)):
情報源の種類(使用する予定のツール)(書名、出版者、(年)):
T-1)
T-2)
T-3))
• なにを使ったらよいか分からない場合は
なにを使ったらよいか分からない場合は、レ
レ
ファレンスブックのガイドブックを使う
– 教科書
– 「新版 情報源としてのレファレンスブックス」(シ
ラバスの参考図書にあげたもの)
– 日本の参考図書
– 日本書誌の書誌
23
プロセスの確認と回答の作成
‐‐レファレンスプロセス‐‐
レファレンスプロセス(調査に入る前の方針を記述する):
プ
• どんな戦略で解決するかを書く
– 例:見知らぬトピックスであれば→ 最初に国語
辞典 百科事典で概略を調べる
辞典、百科事典で概略を調べる
– 例:どのツールを調べればよいのか検討がつか
ない→レファレンスブックのガイドブック
24
プロセスの確認と回答の作成
‐‐調査プロセス‐‐
調査プロセス(目次 索引の利用など プロセスの内容を具体的に記述する)
調査プロセス(目次、索引の利用など、プロセスの内容を具体的に記述する):
• もっとも重要な項目
• 誰がみても、ここを読めばどのような調査プロセス
誰がみ も
を読めばど ような調査プ セ
だったかを辿れるように心掛ける
– 一年後の自分がみても
一年後の自分がみても、同じ調査が、これをみただけで
同じ調査が これをみただけで
できるように書く(回答だけではわからないので)
• どのツールを使ったプロセスかわかりやすく書く
– 適宜「A‐1)」や「F‐1)」等を使用する。
25
プロセスの確認と回答の作成
‐‐回答‐‐
回答(得られた結果を転記するか 長ければポイントを要約する):
回答(得られた結果を転記するか、長ければポイントを要約する):
• 回答について書く
• 「A‐1)」などを使って、どのツールで見つけた
か明確に書く。
• 原文のまま引用した文は、「」で囲む
原文のまま引用した文は 「」で囲む
26
プロセスの確認と回答の作成
‐‐使用した情報源‐‐
使用した情報源(情報が得られたツール)(書名、出版者、発行年、掲載ページ):
A-1)
A-2)
A-3)
• 使用した情報源について書く
– 情報が得られたツール(↑の例)
– 情報が得られなかったツール
• 1行に1つのツ
1行に1つのツールを書く
ルを書く
27
プロセスの確認と回答の作成
‐‐調査して重要だと思ったこと‐‐
調査して重要だと思ったこと:
• この事例の場合に特になにが重要かを書く
• 感想ではだめ
– 駄目な例
• 複数のツールをみなければ駄目だと思った
28
演習にあたって
‐‐使用するツールを本に制限‐‐
• 当分の間、課題については、以下の条件にする
当分 間 課題
は
条件 する
– レファレンスブック(本)のみを使用すること
– OPACは本の所蔵場所を調べるときにのみ使用すること
– 回答にはレファレンスブックから得ること
• 一次資料(一般の書籍)のみは不可
• 実際には、一次資料を回答に使うことはあるが、演習のため
• 目的:レファレンスに必要なツールを使いこなすため、
使
レファレンスブック(本)の使用方法を習得して欲しい
• 後の課題については、Web上やCD‐ROM等の検索を
許可する予定です。
29
事柄・事象・データを調べる (P.108~)
p. 109 4‐3図
109 4 3図 事柄・事象・データ
事柄 事象 デ タ
に関する質問と情報源のタイプ
質問のタイプ
プ
全般的な事柄の調査
分野を特定しにくい事項
情報
情報源のタイプ
プ
百科事典 p.62
地域関連の事項
地域百科事典 p.62
特定分野の事項
主題百科事典 p.62
62
専門主題事典 p.64
専門用語辞典・用語集 p.64
方法、規則、概要、
方法
規則 概要
一覧、データ
便覧 p.69
形状、構造、色彩
図鑑 p.70
p 70
統計データ
法律、規則、命令
統計年鑑 p.73
歴史統計 p.74
統計索引 p.74
法令集 p.79
教科書の各ツールの例
のところに「・」があり、
ツールの解題(説明)が
ツ
ルの解題(説明)が
ついているものは重要
なツールを示す
30
歴史・時を調べる(p
歴史
時を調べる(p.114
114~))
p.114 4‐4図 歴史・時に関する質問と情報源の
タイプ
質問のタイプ
歴史的事件、事象
年月日
一般的事項の近年の動向
専門的事項の近年の動向
情報源のタイプ
歴史事典(p.65)、歴史便覧(p69)
年表(p.72)
百科事典年鑑(p.63)、総合年鑑(p.64)
専門主題年鑑(p.80)、地域年鑑(p.80)
31
調査質問課題の問題の割り当て
• 割り当てられた問題を知る方法
– 「課題割り当て 」リンクをクリック
– 自身の「学籍番号」を入力
自身の「学籍番号 を入力
– 「割り当て課題を表示」ボタンをクリック
– 出てきた課題番号は、教科書p.137以降の番号
出てきた課題番号は 教科書 3 以降の番号
• テーマによって問題が分かれることに注意
• 〆切 (2)事柄→次回の演習の最後
– 次回の演習だけでは終わらないので各自ほとん
ど完成に近いところまでやっておくこと
• 〆切 (3)歴史→ 10/29の演習の最後
32
問題の掲載ページ
– p.137~ (2)事柄・事象・データ
事柄 事象 デ タ
– p139 ~ (3) 歴史・時に関する情報源
33
第4回演習課題・事前準備
• 調査質問課題1(事柄)
調査質問課題1(事柄)、2(歴史)の「問題文」、「質問
2(歴史)の「問題文」 「質問
の特徴」、「キーワード」、「情報源の種類」、「レファ
レンスプ セス」、をWordに記述して提出しなさい。
レンスプロセス」、をWordに記述して提出しなさい。
– ただし、教科書にレファレンスツールが見当たらない場合
は、レファレンスブックのガイドをみること
• 2ページまでに抑えること。
ペ ジまでに抑えること
• 一枚に印刷して提出すること。
• 「レファレンスサービス演習」、「第?回演習課題・事
「
サ ビ 演習 「第 回演習課題 事
前準備」、「学籍番号」、「氏名」、「提出日」、「問題の
グループ」
グル
プ」、「問題番号」を忘れずに記述すること
「問題番号」を忘れずに記述すること
34
お
気
に
入
り
に
追
加
す
る
方
法
1
講義WebサイトのURLを入力:↓は例
htt //
http://momiji.mimoza.jp/lecture/2008/ir/
iji i
j /l t /2008/i /
お気に入り
お気に入りに
追加
2
3
4
35
参考:2ページをまとめて一枚として
印刷する方法
1
まとめて一枚
まとめて
枚
2アップ
最後
36
テキスト・参考書(再)
• テキスト
キ
– 木本幸子編著『改訂レファレンスサービス
木本幸子編著『改訂レファレンスサ ビス
演習』 樹村房 2004年 ¥1,900 – 講義や演習で使うので必ず毎回持参すること!
• 参考書
– 長澤雅男、石黒祐子共著『新版情報源としてのレ
ファレンスブックス』 日本図書館協会 ¥1,400 ¥1,400
– 便利なので、ぜひ買うことをお勧めする
37
講義のWebサイト(再)
• 講義のWebサイト
講義の bサイト
– http://momiji.mimoza.jp/lecture/2008/
• 以下の内容があります
– 講義資料
– 課題の出題、課題の〆切
– お知らせ
• 講義・演習を欠席した場合は自分で講義の
W bサイトを確認して 課題や〆切を確認す
Webサイトを確認して、課題や〆切を確認す
ること
38
講義時間外の質問はE mailで(再)
講義時間外の質問はE‐mailで(再)
• 講義時
講義時間外の質問はE‐mailで!
外 質
• メ
メールアドレス:[email protected]
ルアドレス:[email protected]
go jp
– 使えない人は次回までに使えるようになっている
こと!
– メールアドレス:[email protected]
– パスワードがわからない人は学生証を持って教
務課へ
– 鶴見大学Webメールシステム
• https://ems2.s‐idc.net/eaa/jsp/login.jsp?email=1
p //
/ /j p/ g j p
39
講義ホームページ利用方法(再)
•
講義ホ ムペ ジ閲覧+お気に入り追加
講義ホームページ閲覧+お気に入り追加
1. Internet Explore を起動
•
“スタート”→“全てのプログラム”→“Internet
スタ ト → 全てのプログラム → Internet Explore
Explore”
2. “アドレス” に以下を入力、“Enter”キー
http://momiji.mimoza.jp/lecture/2008/
3 “お気に入り”→“お気に入りに追加”→“OK”
3.
•
講義資料取り寄せ(ダウンロード)方法
1 リンクの部分の上のマウスポインタを持っていき
1.
リンクの部分の上のマウスポインタを持っていき、右ボタ
右ボタ
ンをクリック
2. “対象をファイルに保存”を選ぶ
3. USBメモリの場所を選び、“保存”ボタンをクリックする
4. (印刷したい人は)印刷
“ファイル”→“印刷”→“印刷対象”:「配布資料」→“OK”
ファイル → 印刷 → 印刷対象 :「配布資料」→ OK
40
本日のまとめ
•
•
•
•
第2回演習課題の回収
第1回演習課題の講評
レファレンスツールのガイド
ガ
ァ
評価
レファレンスツールの評価
– 第3回演習課題出題:レファレンスツールの評価
• 演習の仕方(質問調査課題)について
– 質問調査課題1 「(2)事柄」出題
– 質問調査課題2 質問調査課題2 「(3)歴史」出題
(3)歴史」出題
– 第4回演習課題出題:事前準備