uPC2250シリーズ DS

お客様各位
カタログ等資料中の旧社名の扱いについて
2010 年 4 月 1 日を以って NEC エレクトロニクス株式会社及び株式会社ルネサステクノロジ
が合併し、両社の全ての事業が当社に承継されております。従いまして、本資料中には旧社
名での表記が残っておりますが、当社の資料として有効ですので、ご理解の程宜しくお願い
申し上げます。
ルネサスエレクトロニクス ホームページ(http://www.renesas.com)
2010 年 4 月 1 日
ルネサスエレクトロニクス株式会社
【発行】ルネサスエレクトロニクス株式会社(http://www.renesas.com)
【問い合わせ先】http://japan.renesas.com/inquiry
ご注意書き
1.
本資料に記載されている内容は本資料発行時点のものであり、予告なく変更することがあります。当社製品
のご購入およびご使用にあたりましては、事前に当社営業窓口で最新の情報をご確認いただきますとともに、
当社ホームページなどを通じて公開される情報に常にご注意ください。
2.
本資料に記載された当社製品および技術情報の使用に関連し発生した第三者の特許権、著作権その他の知的
財産権の侵害等に関し、当社は、一切その責任を負いません。当社は、本資料に基づき当社または第三者の
特許権、著作権その他の知的財産権を何ら許諾するものではありません。
3.
当社製品を改造、改変、複製等しないでください。
4.
本資料に記載された回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報は、半導体製品の動作例、応用例を説
明するものです。お客様の機器の設計において、回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報を使用す
る場合には、お客様の責任において行ってください。これらの使用に起因しお客様または第三者に生じた損
害に関し、当社は、一切その責任を負いません。
5.
輸出に際しては、「外国為替及び外国貿易法」その他輸出関連法令を遵守し、かかる法令の定めるところに
より必要な手続を行ってください。本資料に記載されている当社製品および技術を大量破壊兵器の開発等の
目的、軍事利用の目的その他軍事用途の目的で使用しないでください。また、当社製品および技術を国内外
の法令および規則により製造・使用・販売を禁止されている機器に使用することができません。
6.
本資料に記載されている情報は、正確を期すため慎重に作成したものですが、誤りがないことを保証するも
のではありません。万一、本資料に記載されている情報の誤りに起因する損害がお客様に生じた場合におい
ても、当社は、一切その責任を負いません。
7.
当社は、当社製品の品質水準を「標準水準」
、
「高品質水準」および「特定水準」に分類しております。また、
各品質水準は、以下に示す用途に製品が使われることを意図しておりますので、当社製品の品質水準をご確
認ください。お客様は、当社の文書による事前の承諾を得ることなく、「特定水準」に分類された用途に当
社製品を使用することができません。また、お客様は、当社の文書による事前の承諾を得ることなく、意図
されていない用途に当社製品を使用することができません。当社の文書による事前の承諾を得ることなく、
「特定水準」に分類された用途または意図されていない用途に当社製品を使用したことによりお客様または
第三者に生じた損害等に関し、当社は、一切その責任を負いません。なお、当社製品のデータ・シート、デ
ータ・ブック等の資料で特に品質水準の表示がない場合は、標準水準製品であることを表します。
標準水準:
コンピュータ、OA 機器、通信機器、計測機器、AV 機器、家電、工作機械、パーソナル機器、
産業用ロボット
高品質水準: 輸送機器(自動車、電車、船舶等)
、交通用信号機器、防災・防犯装置、各種安全装置、生命
維持を目的として設計されていない医療機器(厚生労働省定義の管理医療機器に相当)
特定水準:
航空機器、航空宇宙機器、海底中継機器、原子力制御システム、生命維持のための医療機器(生
命維持装置、人体に埋め込み使用するもの、治療行為(患部切り出し等)を行うもの、その他
直接人命に影響を与えるもの)
(厚生労働省定義の高度管理医療機器に相当)またはシステム
等
8.
本資料に記載された当社製品のご使用につき、特に、最大定格、動作電源電圧範囲、放熱特性、実装条件そ
の他諸条件につきましては、当社保証範囲内でご使用ください。当社保証範囲を超えて当社製品をご使用さ
れた場合の故障および事故につきましては、当社は、一切その責任を負いません。
9.
当社は、当社製品の品質および信頼性の向上に努めておりますが、半導体製品はある確率で故障が発生した
り、使用条件によっては誤動作したりする場合があります。また、当社製品は耐放射線設計については行っ
ておりません。当社製品の故障または誤動作が生じた場合も、人身事故、火災事故、社会的損害などを生じ
させないようお客様の責任において冗長設計、延焼対策設計、誤動作防止設計等の安全設計およびエージン
グ処理等、機器またはシステムとしての出荷保証をお願いいたします。特に、マイコンソフトウェアは、単
独での検証は困難なため、お客様が製造された最終の機器・システムとしての安全検証をお願いいたします。
10.
当社製品の環境適合性等、詳細につきましては製品個別に必ず当社営業窓口までお問合せください。ご使用
に際しては、特定の物質の含有・使用を規制する RoHS 指令等、適用される環境関連法令を十分調査のうえ、
かかる法令に適合するようご使用ください。お客様がかかる法令を遵守しないことにより生じた損害に関し
て、当社は、一切その責任を負いません。
11.
本資料の全部または一部を当社の文書による事前の承諾を得ることなく転載または複製することを固くお
断りいたします。
12.
本資料に関する詳細についてのお問い合わせその他お気付きの点等がございましたら当社営業窓口までご
照会ください。
注 1.
本資料において使用されている「当社」とは、ルネサスエレクトロニクス株式会社およびルネサスエレク
トロニクス株式会社がその総株主の議決権の過半数を直接または間接に保有する会社をいいます。
注 2.
本資料において使用されている「当社製品」とは、注 1 において定義された当社の開発、製造製品をいい
ます。
データ・シート
バイポーラ・アナログ集積回路
Bipolar Analog Integrated Circuit
µPC2250 シリーズ
システム・リセット端子付き低飽和形安定化電源回路
µ PC2250 シリーズは,入力電圧の低下を検出し,リセット信号を出力する端子を備えた低飽和 4 端子安定化電源
回路です。
入力電圧遮断時に出力端子へ電圧が印加されても逆リーク電流は 1 µ A 程度ですので,バッテリ・バックアップが
必要なマイクロプロセッサ搭載システムなどの電源回路用に最適です,
特 徴
端子接続図(Marking Side)
○ 最小入出力間電圧差が小さい。
4ピン・プラスチックSIP(TO-126)
µ PC2251H, 2253H, 2255H
VDIF = 0.15 V TYP.(IO = 40 mA 時)
★
○ 入力電圧不足時や出力電圧不足時にリセット信号(アクティブ・
ロウ)を出力します。
1: INPUT
○ バックアップ時の逆リーク電流が小さい。
1 2
IOLK = 1 µ A TYP.
3 4
2: RESET
3: GND
○ 無負荷時回路動作電流が小さい。
4: OUTPUT
IBIAS = 1.3 mA TYP.
★
オーダ情報
オーダ名称
パッケージ
出力電圧
µ PC2251H
4 ピン・プラスチック SIP(TO-126)
3V
µ PC2253H
4 ピン・プラスチック SIP(TO-126)
5 V (TYPE1)
µ PC2255H
4 ピン・プラスチック SIP(TO-126)
5 V (TYPE2)
ブロック図
INPUT
OUTPUT
過電流
制限回路
起
動
回
路
基準電圧
回路
誤差増幅
回路
リセット回路
RESET
GND
本資料の内容は予告なく変更することがありますので,最新のものであることをご確認の上ご使用ください。
資料番号 G14451JJ2V0DSJ1(第 2 版)
(旧資料番号 IC-7531)
発行年月 January 2001 NS CP(K)
本文欄外の★印は,本版で改訂された主な箇所を示しています。
1992
µ PC2250 シリーズ
絶対最大定格(特に指定のないかぎり,TA = 25℃)
項 目
★
略 号
入力電圧
VIN
全損失
定 格
単 位
−0.3 ∼ +12
V
1.2
PT
動作周囲温度
動作接合温度
注
W
TA
−20 ∼ +85
℃
TJ
−20 ∼ +150
℃
保存温度
Tstg
−55 ∼ +150
℃
接合―ケース間熱抵抗
Rth (J−C)
10
℃/W
接合―周囲空気間熱抵抗
Rth (J−A)
104
℃/W
注 内部回路で制限されます。TJ >150 ℃では内部保護回路が出力を遮断します。
注意 各項目のうち 1 項目でも,また一瞬でも絶対最大定格を越えると,製品の品質を損なうおそれがあります。
つまり絶対最大定格とは,製品に物理的な損害を与えかねない定格値です。必ずこの定格を越えない状態で,
製品をご使用ください。
★
標準接続
INPUT
入力
OUTPUT
3
CIN
0.33 µ F
出力
4
1
GND
2
D1
CO
バックアップ用
コンデンサ
(バックアップする場合)
RESET
リセット出力
D2
CIN
CDLY
:容量値は電源平滑回路と入力端子とのラインに応じて選定してください。異常発振防止のため必ず接続し
てください。使用するコンデンサには,フィルム・コンデンサのような電圧特性,温度特性に優れたもの
を推奨します。積層セラミック・コンデンサには温度特性や電圧特性が悪いものがありますので注意して
ください。積層セラミック・コンデンサを使用する場合,使用する電圧,温度範囲でこの容量値が確保で
きる必要があります。
CO
:10 µ F 以上。発振防止,過渡負荷安定度向上のため必ず接続してください。
CIN,CO は IC の端子のできるだけ近く(1∼2 cm 以内)に接続してください。
D1, D2 :OUTPUT 端子,RESET 端子が GND 端子より低電圧になる場合はショットキィ・バリア・ダイオード(順
電圧の低いダイオード)を接続してください。
2
データ・シート
G14451JJ2V0DS00
µ PC2250 シリーズ
µ PC2251
推奨動作条件
項 目
★
略 号
MIN.
TYP.
MAX.
単 位
4
9
V
入力電圧
VIN
3.5
出力電流
IO
0
40
mA
動作接合温度
TJ
−20
+125
℃
注意
絶対最大定格を越えなければ推奨動作条件以上でご使用になっても問題ありません。ただし,絶対最大定格
との余裕が少なくなりますので十分ご評価の上ご使用ください。また,推奨動作条件はすべて MAX.値で使
用できることを規定するものではありません。
電気的特性(特に指定のないかぎり,VIN = 4 V,IO = 40 mA,TJ = 25℃,CIN = 0.33 µ F,CO = 10 µ F)
項 目
出力電圧
略 号
条 件
MIN.
TYP.
MAX.
単 位
2.88
3.00
3.12
V
3.15
V
3.5 V≦VIN≦12 V
50
mV
3.5 V≦VIN≦9 V
20
mV
1 mA≦IO≦100 mA
50
mV
1 mA≦IO≦40 mA
20
mV
IO = 0 A
2.0
mA
VO1
VO2
3.5 V≦VIN≦9 V, 1 mA≦IO≦40 mA,
2.85
0℃≦TJ≦125℃
入力安定度
負荷安定度
回路動作電流
REGIN
REGL
IBIAS
IO = 100 mA
8.0
mA
∆IBIAS
4 V≦VIN≦12 V
出力雑音電圧
Vn
10 Hz≦f≦100 kHz
リップル除去率
R•R
f = 120 Hz, 4 V≦VIN≦9 V
最小入出力間電圧差
VDIF
IO = 40 mA, 0℃≦TJ≦125℃
出力短絡電流
IOshort
VIN = 12 V
15
mA
ピーク出力電流
IOpeak
VIN = 4 V
150
mA
出力電圧温度変化
∆VO/ ∆T
IO = 5 mA, 0℃≦TJ≦125℃
0.2
mV/℃
オフ時出力リーク電流
回路動作電流変化量
1.0
IOLK
VIN = 0 V, VO = 3.0 V
リセット開始出力電圧
VORT
0℃≦TJ≦125℃
リセット出力飽和電圧
VRT (sat)
IR = 1.6 mA
データ・シート
G14451JJ2V0DS00
µ Vr.m.s.
70
48
dB
0.15
VO1−0.2
mA
0.30
V
10
µA
VO1−0.1
V
0.8
V
3
µ PC2250 シリーズ
µ PC2253
推奨動作条件
項 目
★
略 号
MIN.
TYP.
MAX.
単 位
6
12
V
入力電圧
VIN
5.5
出力電流
IO
0
40
mA
動作接合温度
TJ
−20
+125
℃
注意
絶対最大定格を越えなければ推奨動作条件以上でご使用になっても問題ありません。ただし,絶対最大定格
との余裕が少なくなりますので十分ご評価の上ご使用ください。また,推奨動作条件はすべて MAX.値で使
用できることを規定するものではありません。
電気的特性(特に指定のないかぎり,VIN = 6 V,IO = 40 mA,TJ = 25℃,CIN = 0.33 µ F,CO = 10 µ F)
項 目
出力電圧
略 号
条 件
VO1
VO2
5.5 V≦VIN≦12 V, 1 mA≦IO≦40 mA,
MIN.
TYP.
MAX.
単 位
4.8
5.0
5.2
V
5.25
V
4.75
0℃≦TJ≦125℃
入力安定度
REGIN
5.5 V≦VIN≦12 V
30
mV
負荷安定度
REGL
1 mA≦IO≦100 mA
80
mV
1 mA≦IO≦40 mA
30
mV
IO = 0 A
2.0
mA
回路動作電流
IBIAS
IO = 100 mA
回路動作電流変化量
出力雑音電圧
∆IBIAS
6 V≦VIN≦12 V
8.0
mA
1.0
mA
µ Vr.m.s.
Vn
10 Hz≦f≦100 kHz
リップル除去率
R•R
f = 120 Hz, 6 V≦VIN≦11 V
最小入出力間電圧差
VDIF
IO = 40 mA, 0℃≦TJ≦125℃
出力短絡電流
IOshort
VIN = 12 V
15
mA
ピーク出力電流
IOpeak
VIN = 6 V
150
mA
出力電圧温度変化
∆VO/ ∆T
IO = 5 mA, 0℃≦TJ≦125℃
0.3
mV/℃
オフ時出力リーク電流
IOLK
VIN = 0 V, VO = 5.0 V
リセット開始出力電圧
VORT
0℃≦TJ≦125℃
リセット出力飽和電圧
VRT (sat)
IR = 1.6 mA
4
データ・シート
130
46
0.15
2.70
G14451JJ2V0DS00
dB
2.85
0.30
V
10
µA
3.00
V
0.8
V
µ PC2250 シリーズ
µ PC2255
推奨動作条件
項 目
★
略 号
MIN.
TYP.
MAX.
単 位
6
12
V
入力電圧
VIN
5.5
出力電流
IO
0
40
mA
動作接合温度
TJ
−20
+125
℃
注意
絶対最大定格を越えなければ推奨動作条件以上でご使用になっても問題ありません。ただし,絶対最大定格
との余裕が少なくなりますので十分ご評価の上ご使用ください。また,推奨動作条件はすべて MAX.値で使
用できることを規定するものではありません。
電気的特性(特に指定のないかぎり,VIN = 6 V,IO = 40 mA,TJ = 25℃,CIN = 0.33 µ F,CO = 10 µ F)
項 目
出力電圧
略 号
条 件
VO1
VO2
5.5 V≦VIN≦12 V, 1 mA≦IO≦40 mA,
MIN.
TYP.
MAX.
単 位
4.8
5.0
5.2
V
5.25
V
4.75
0℃≦TJ≦125℃
入力安定度
REGIN
5.5 V≦VIN≦12 V
30
mV
負荷安定度
REGL
1 mA≦IO≦100 mA
80
mV
1 mA≦IO≦40 mA
30
mV
IO = 0 A
2.0
mA
回路動作電流
IBIAS
IO = 100 mA
回路動作電流変化量
出力雑音電圧
∆IBIAS
6 V≦VIN≦12 V
8.0
mA
1.0
mA
µ Vr.m.s.
Vn
10 Hz≦f≦100 kHz
リップル除去率
R•R
f = 120 Hz, 6 V≦VIN≦11 V
最小入出力間電圧差
VDIF
IO = 40 mA, 0℃≦TJ≦125℃
出力短絡電流
IOshort
VIN = 12 V
15
mA
ピーク出力電流
IOpeak
VIN = 6 V
150
mA
出力電圧温度変化
∆VO/ ∆T
IO = 5 mA, 0℃≦TJ≦125℃
0.3
mV/℃
オフ時出力リーク電流
IOLK
VIN = 0 V, VO = 5.0 V
リセット開始出力電圧
VORT
0℃≦TJ≦125℃
リセット出力飽和電圧
VRT (sat)
IR = 1.6 mA
データ・シート
130
46
0.15
VO1−0.3
G14451JJ2V0DS00
dB
0.30
V
10
µA
VO1−0.2
V
0.8
V
5
µ PC2250 シリーズ
特性曲線(特に指定のないかぎり,TA = 25℃,参考値)
∆ VO − TJ 特性
Pd − TA 特性
30
15
VIN = 6 V,
IO = 5 mA
20
出力電圧変化分 ∆VO (mV)
内部消費電力 Pd (W)
12.5
無限大放熱板付き
10
10 °C/W放熱板付き
5
1.2
25
0
−10
−20
放熱板なし
0
10
50
75
100
動作周囲温度 TA (°C)
125
−30
−25
150
75
100
50
25
動作接合温度 TJ (°C)
0
VO − VIN 特性
125
150
IBIAS − VIN 特性
7
25
IO = 100 mA
IO = 40 mA
6
20
回路動作電流 IBIAS (mA)
µ PC2253, 2255
出力電圧 VO (V)
5
4
µ PC2251
3
2
µ PC2253, 2255
15
µ PC2251
10
5
1
0
1
2
3
4
5
6
入力電圧 VIN (V)
7
8
0
R・R − f 特性
90
IO = 40 mA
リップル除去率 R・R (dB)
80
70
60
µ PC2253, 2255
50
40
30
10
6
µ PC2251
100
1k
10k
周波数 f (Hz)
100k
データ・シート
G14451JJ2V0DS00
2
4
6
入力電圧 VIN (V)
8
10
µ PC2250 シリーズ
リセット出力特性(標準接続時)
VIN
1.5 ∼ 2 V
0V
VO(RST)
VO
注1
0V
VRST
( µ PC2251, 2255)
0V
注2
VRST
( µ PC2253)
0V
注2
注 1. 入力電圧が出力電圧よりも低下しバックアップ状態に入ると,リセット信号が出力されます。
2. 入力電圧が 1.5∼2 V 以下になると,リセット出力は不定になります。
データ・シート
G14451JJ2V0DS00
7
µ PC2250 シリーズ
使用上の注意事項
µ PC2250 シリーズの出力電流は動作接合温度(TJ)に対して,図 1 の IO(定常時)以下になるようにしてくださ
い。
また,起動時は出力コンデンサへの突入電流も含め,図 1 の IORUSH 以下にしてください。
これらの電流制限値を越えてご使用になった場合は,過電流制限回路により,規定の出力電圧に達しないことが
あります。
図 1 µ PC2250 シリーズ出力電流制限値
出力インラッシュ電流 IORUSH(mA)
出力電流 IO(mA)
200
150
IORUSH
100
IO (定常時)
50
0
50
100
動作接合温度 TJ(℃)
8
データ・シート
G14451JJ2V0DS00
150
µ PC2250 シリーズ
外 形 図
4ピン・プラスチック SIP(TO-126)外形図(単位:mm)
8.5 MAX.
13.5±0.7
4
2.3 MIN.
2.0
14.5 MAX.
11.5 MAX.
9.7±0.3
1
2.7±0.2
φ 3.2±0.1
1.25 MAX.
0.55±0.10
1.7 MAX.
1.1 MIN.
0.65±0.10
0.20
M
P4HP-200B-1
データ・シート
G14451JJ2V0DS00
9
µ PC2250 シリーズ
半田付け推奨条件
この製品の半田付け実装は,次の推奨条件で実施してください。
(C10535J)を参照して
半田付け推奨条件の詳細は,インフォメーション資料「半導体デバイス実装マニュアル」
ください。
なお,推奨条件以外の半田付け方式および半田付け条件については,当社販売員にご相談ください。
挿入タイプの半田付け条件
µ PC2251H, 2253H, 2255H:4 ピン・プラスチック SIP(TO-126)
半田付け方式
ウエーブ・ソルダリング
半田付け条件
半田槽温度:260 ℃以下,時間:10 秒以内
(端子のみ)
★
端子部分加熱
端子温度:300℃以下,時間:3 秒以内(1 端子当たり)
注意 ウエーブ・ソルダリングは端子のみとし,噴流半田が直接本体に接触しないようにご注意ください。
10
データ・シート
G14451JJ2V0DS00
µ PC2250 シリーズ
[メ モ]
データ・シート
G14451JJ2V0DS00
11
µ PC2250 シリーズ
•
本資料の内容は予告なく変更することがありますので,最新のものであることをご確認の上ご使用くだ
さい。
•
文書による当社の承諾なしに本資料の転載複製を禁じます。
•
本資料に記載された製品の使用もしくは本資料に記載の情報の使用に際して,当社は当社もしくは第三
者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うものではありません。上記使用に
起因する第三者所有の権利にかかわる問題が発生した場合,当社はその責を負うものではありませんの
でご了承ください。
•
本資料に記載された回路,ソフトウエア,及びこれらに付随する情報は,半導体製品の動作例,応用例
を説明するためのものです。従って,これら回路・ソフトウエア・情報をお客様の機器に使用される場
合には,お客様の責任において機器設計をしてください。これらの使用に起因するお客様もしくは第三
者の損害に対して,当社は一切その責を負いません。
•
当社は品質,信頼性の向上に努めていますが,半導体製品はある確率で故障が発生します。当社半導体
製品の故障により結果として,人身事故,火災事故,社会的な損害等を生じさせない冗長設計,延焼対
策設計,誤動作防止設計等安全設計に十分ご注意願います。
•
当社は,当社製品の品質水準を「標準水準」,「特別水準」およびお客様に品質保証プログラムを指定
して頂く「特定水準」に分類しております。また,各品質水準は以下に示す用途に製品が使われること
を意図しておりますので,当社製品の品質水準をご確認の上ご使用願います。
標準水準:コンピュータ,OA機器,通信機器,計測機器,AV機器,家電,工作機械,パーソナル機
器,産業用ロボット
特別水準:輸送機器(自動車,列車,船舶等),交通用信号機器,防災/防犯装置,各種安全装置,
生命維持を直接の目的としない医療機器
特定水準:航空機器,航空宇宙機器,海底中継機器,原子力制御システム,生命維持のための医療機
器,生命維持のための装置またはシステム等
当社製品のデータ・シート/データ・ブック等の資料で,特に品質水準の表示がない場合は標準水準製
品であることを表します。当社製品を上記の「標準水準」の用途以外でご使用をお考えのお客様は,必
ず事前に当社販売窓口までご相談頂きますようお願い致します。
M7 98.8
お問い合わせ先
【技術的なお問い合わせ先】
電 話
FAX
E-mail
NEC半導体テクニカルホットライン
(電話:午前 9:00∼12:00,午後 1:00∼5:00)
:044-435-9494
:044-435-9608
:s-info@saed.tmg.nec.co.jp
【営業関係お問い合わせ先】
第一販売事業部
東 京 (03)3798-6106, 6107,
6108
名古屋 (052)222-2375
大 阪 (06)6945-3178, 3200,
3208, 3212
仙 台 (022)267-8740
郡 山 (024)923-5591
千 葉 (043)238-8116
第二販売事業部
東 京 (03)3798-6110, 6111,
6112
立 川 (042)526-5981, 6167
松 本 (0263)35-1662
静 岡 (054)254-4794
金 沢 (076)232-7303
松 山 (089)945-4149
第三販売事業部
東 京 (03)3798-6151, 6155, 6586,
1622, 1623, 6156
水 戸 (029)226-1702
広 島 (082)242-5504
高 崎 (027)326-1303
鳥 取 (0857)27-5313
太 田 (0276)46-4014
名古屋 (052)222-2170, 2190
福 岡 (092)261-2806
【資料の請求先】
上記営業関係お問い合わせ先またはNEC特約店へお申しつけください。
【インターネット電子デバイス・ニュース】
NECエレクトロンデバイスの情報がインターネットでご覧になれます。 URL(アドレス) http://www.ic.nec.co.jp/
C00.6