本文ファイル

NAOSITE: Nagasaki University's Academic Output SITE
Title
温泉熱発電(油ポンプなしのねじ膨張機の湿り運転特性)
Author(s)
河部, 秀彦; 栗須, 正登; 児玉, 好雄; 吉田, 孝男
Citation
長崎大学工学部研究報告, 19(33), pp.1-6; 1989
Issue Date
1989-08
URL
http://hdl.handle.net/10069/24294
Right
This document is downloaded at: 2014-11-14T13:35:23Z
http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp
長崎大学工学部研究報告 第19巻 第33号 平成元年7月
1
温泉熱発電
(油ポンプなしのねじ膨張機の湿り運転特性)
河部 秀彦*・栗須 正登*
児玉 好雄*・吉田 孝男**
Power from a Thermal Spring
(Characteristics of a small−size Screw Expander with Wet Working Medium)
by
Hidehiko KAWABE*, Masato KURITSU*, Yoshio KODAMA*
and Takao YOSHIDA**
The performance characteristics of a small−size screw expander for energy conversion of hot springs
are described in this report. Instead of lubrication oil, the test machine is fed high temperature、 oily
working medium liquid for the luりricant, This idea is proposed in order to omit lubrication of pump。
By feeding of the oily working medium liquid工ubricant, the working fluids must be of low
quality(dryness fraction). For the calculation of the wet expantion, we introduce the actual adiabatic.
expansion with thermophysical properties of the actual working medium. This expansion is the
isentropic expansion in which the adiabatic exponentκis variable. The calculated values of this
rmethod gives fairly good agreement with the experimental resu星ts. In this paper, as the result of the
calculation and experimentation, we report the performance characteristics of a small−size screw
expander operated with a low (κ=0,6∼1.0)quality actual working medium.
1.緒 言
低温度差エネルギ回収サイクルで,比較的温度が低
張の研究⑥などがあるが,本報告では,乾き度が比較
的大きい状態で,湿った場合の膨張機出力の予測方法
い領域での小型動力回収装置として,ねじ型膨張機(以
について,計算と実験により検討した結果について報
降膨張機と略記)が有効とされ種々の研究(2)∼⑥が進め
告する.
られている.著者らは,回収サイクルで内部動力を軽
減することを目的とした研究を進めているが,今般,
2.実験発電システムとその特徴
潤滑油ポンプを省略し,代わりに作動媒体に油を混入
図1は実験装置の主要部の写真で,図2は装置の系
し,その高温の作動媒体液を潤滑剤とするシステムで
統図を示している.実験装置は,凝縮器,・蒸発器,ね
実験を実施した.油分の多い作動媒体液を潤滑剤とし
じ型膨張機,三相誘導発電機などで構成されている.
たため,.作動媒体は湿ったものになった.湿った状態
本実験装置の特徴は,①温皐蒸気の熱水タンク内での
でのねp型膨張機の運転特性研究としては,乾き度の
復水過程で,気泡のドラフトを利用し温水ポンプを省
小さい部分での実験的研究(5)と,飽和液に近い湿り膨
略したこと.②潤滑油と燃料を一緒にして駆動する混
平成元年4月28日受理
・機械工学科(Department of Mechanical Engineering)
**大学院海洋生産科学研究科(Graduate School of Marine Science and Engineering)
2
河部秀彦・栗須正登・児玉好雄・吉田孝男
合燃焼内燃機関の考えを取入れ,作動媒体と潤滑油の
曳丸
混合供給により潤滑油ポンプを省略したこと,③凝縮
鯉鮒
奪1撃、
器内の冷却された作動媒体液に,下から作動媒体蒸気
を吹き込むドラフト凝縮器を考案し,普通の熱交換器
鞭
でも高い熱交換性能を得られるようにしたことである.
これらにより,低温度差エネルギ回収サイクルで課題
であった,内部動力軽減が可能となり,また高価な高
性能熱交換器でなく,安価な熱交換器で十分な性能が
得られることが明らかとなった.
墜\・
ねじ型膨張機は,10kW級のスクリュ圧縮機を改造し,
騨
設計容積比レδを2.4としたものを用いた.図3に実験
を用いたねじ型膨張機の断面概要図を,表1にその主
Fig.1 Experimental apparatus
要仕様を示す.
Resistance・
Irぬuctance CondenSer
OU{pUt MeaSUrement SySte皿
A叩are
Hoter
》
1¢
’し 4
A叩are
Voit Heter
’Heter
”att
4
A叩are Heter
Heter
Induction
Generator
10
EvapoPatoPsystem
Cbo目ng
TQ鴨r
(しubricant Fron しlquid)
〔F『on Vape『)
〔stea煽》
P『e−heate『
Flasher
Screw Expander
腫8”τochnology
Condenser
Hot 日ate「 τank
Fron Pu億P A
(Fron Liquid)
Cooling 日ater τank
Stea鳳 Separator
Fron Pump B Coo l i ng Hater Pu煽P
謝1愚,,H。t H・ter Condenso『Syste田
Fig.2 Systematic diagram of experimental apparatus
〈:〉エ山_ Table l specification of screw expander
Maker
0.000816㎡/rev
Built In Volume Ratio
2.4
Rotor Diameter
112㎜
Rotor Length
127㎜
Max Inlet Pressure
0.931MPa{9.5kgf/㎡}
Min Outlet Pressure
0.186MPa{1.9kgf/㎡}
Working Medium
R11
◇
Type
Motor(Generator)
Fig.3 Screw expander
HOKUETSU INDUSTRIES
Theoretical Outlet Volume
Induction Machine
Phase/pole
3/4
Rated Output
7.5眠W
3
温泉熱電発(油ポンプなしのねじ膨張機の湿り運動特性)
実験の目的が作動媒体の乾き度が膨張機出力に及ぼ
1,0.
す影響を調べることにあるので,膨張機の入口,出口
に作動媒体の湿りの状況が肉眼で確認できるサイトグ
ラスを設置してある.
発電には,三相200V−4P 7.5kWの誘導発電機を使用
し,100W,500Wの白熱灯を負荷とした.温度計測に
言
冷0,5.
.魯
はR測温体を,低温度差の計測には,精度が0.1%ス
パンの丁壮計測用P,測温体を使用した.圧力計測は,
拡散型半導体(シリコン)の電子式圧力発信器を用い
て,流量計測はポケットレス容積型流量計を使用して
行った.
作動媒体は,安全上の理由からR11を使用した.
?・q・・一“ト“5㎏∼・
0
今竃q・?鷹。・3・哺・4㎞イs
1.0 1.5 2.0 2.・5 3.O
Expa駐sl。n Rati。π
Fig.4 Relation between measuring polytropic
efficiency and pressure ratio
3.主な記号
ση5F ;作動媒体のシステム循環質量流量 ㎏/s
としてR11に冷凍機油を混入したものを用いた.この
κT、んT2;膨張機入口/出口の乾き度
混合液は,1)作動媒体の作用と2)膨張機の潤滑油
κ。T、腐“T2;膨張機入口/出口の体積流量比
の2つの作用をする.潤滑系には高温の油分の多い作
π
;運転圧力比(膨張比)
動媒体液を供給した.そのため運転の作動媒体の乾き
π1
:実作動物質の最適圧力比
度(κT)は,従来のものに比べて小さくなった.
/1’
;実作動媒体の出力
KJ
式(3)は,完全ガス(κ=一定)で断熱変化(ぬ=
E7
;有効仕事
KJ/㎏
0)した場合の断熱仕事の式ωであり,次に述べる実際
Eταd
;完全ガスの断熱仕事
KJ/㎏
の作動媒体の断熱仕事(以下実断熱仕事と呼ぶ〉との
E’Tαd
;実作動媒体の断熱仕事
KJ/㎏
比較のために示した.
E’
;計測ポリトロープ仕事
KJ/㎏
;負の仕事
KJ/㎏
;実膨張機の軸比仕事
KJ/㎏
実験中の作動媒体は.斯が大巾に異なるため,完全
;理想膨張機の運転断熱比仕事
KJ/㎏
ガス(κ=一定)とは取り扱えず,R11の蒸気表の数表
。ε
E灘
隅
隅ゴ。ρ
ET。4=C、1{1一(」ク亡2ノφご1)(κ一1)ノκ}
(3)
を用いて,数値積分を行った.すなわち,κは蒸気表に
4.実験結果の整理とその検討
従って変化(数表の温度差△Tの問では一定)するも
4.1 計測ポリトロープ効率
のとして,取り扱った.
実際に計測された膨張機の作動媒体単位質量当りの
軸仕事を実膨張機の軸比仕事と名付け,これと計測し
た膨張機入口・出口のエンタルピ差から求めたポリト
ロープ仕事(計測ポリトロープ仕事と呼ぶ)との比を
計測ポリトロープ効率と名付ける.図4は,計測ポリ
一二
(4)
(爵=0)
砺ゴ肋
(4)’
(4S−0)
トロープ効率η’τρ。‘に及ぼす圧力比πの影響を示した
ものである.πが大きくなるにつれて,η’助αは高くな
る傾向がみられる.式(1)には,計測ポリトロープ効
率を,式(2)には,比較の為従来用いられているポリ
実際の作動媒体の熱物性値を利用し,式(4)で計算
される仕事を実作動媒体の実断熱仕事と定義した.こ
こで,三一は実際の作動媒体の実断熱仕事である.な
お式(4)は,単位質量1㎏についての,式(4)’は任意
トロープ効率を示している.
質量彿㎏についての仕事である.
η’
V日目‘= 隅/1ゴTρo‘
一一励煽一毒1継)
(1)
4.3 実作動媒体の最適圧力比’
図5は,式(4)’の計算に次の条件を加えて計算した
(2)
4.2 実断熱仕事
潤滑油ポンプを省略するため,実験では,作動媒体
結果を示したものである.ここで添字の1,2はラン
キンサイクルのポイントNαを示す.
4
河部秀彦・栗須正登・児玉好雄・吉田孝男
4.4.1・理想ねじ膨張機比仕事の運転による変化
0.5
低温度差エネルギ回収のサイクルでは,高温側温度
(PtT、 、Vユ)
ほほぼ一定に保たれると予想されるが,低温高温度は,
O.4
冷却水の冷熱源の種類により,日変動,季節変動が在
R11
刊呂O.4
ε
73.6
=O.3
富O.8
‘
;Air
=to
}巳昌1.4
炉=1.162
婁。.2
定めるが,図6は,入口乾き度に応じての恥蜘および
1
実作動媒体の実断熱仕事E’T。dの変化である.
量i ll l
1
同書の(d)はんnが1.0の場合であるが,図で①②
[email protected],P鵬■軌46即ど1
Vユ
0
運転出口圧力ρT2と設計出口圧力ρ鯉bが一致しない
場合の膨張②についてのρ一θ線図を図6に示す.
理想ねじ膨張機の運転断熱一仕事隅帥を式(6)で
1
塁
低O.1
り,したがって運転出口圧力ρT2は,かなりの変化が予
想される.
③④の面積が丁丁。dを示し,κT、が減少すればこの面
C
積が小さくなることがわかる.理想膨張機を,①②③
O O,01 0,02 0,03 0,04 0,05
④で運転すれば,肱。ρとE’τ。dが等しくなるが,ねじ
VolU田e V凱3
型であるため実際に得られる理想膨張機の運転断熱比
Fig.5 ρご一γdiagram
仕事は,
ing mediam
Working Medium
Ideal Gas
R11
κ=1.4
(6)
恥f。ρ=E’TαrE柳
Table 2 Most suitable pressure ratio of work−
式(6)に示されるように,図6(d)の負仕事②②
π’
②”だけ小さいものとなる.
3.41
図8は,入口乾き度κT1と理想膨張機の運転断熱比
κ=1。162
2.77
仕事隅帥の関係を示すもので,入口圧力ρm(入口
κT1=1.0
2.49
温度7…T、=348K)を固定し,出口圧力加2を0.147,
κT1=0.8
2.44
0.196,0.246MPaに固定(したがって運転圧力比πは
κT1=0.6
2.31
2.93,2.34,1.87)している.この図から,κT1が減少
κ71=0.4
2.10
ひT1:κ丁二==0.4
入口;ρn,7h,斑=一定
奮丁2
表2には,膨張機入口温度ZT、が348Kの場合の,完
全ガス断熱変化,R11の断熱指数一定(κ=1.162)の
断熱変化,および膨張機入口乾き度κTI変化による等
τechnical
‘
2
霧
£
”ork
も「『饗
tT2
亀丁2b
奪∫3b,
Specific Volume り
る.
(a) Ent『ance Oryness
つまり断熱指数κとか,膨張機入口の湿り度が異なれ
ば,作動媒体についての最良の運転圧力比π’バ実作動
」”i
。”田t
エントロピ膨張での最適運転圧力比の違いを示してあ
図5および表2より,作動媒体の性質が異なれば,
もh
Negative
(5)
出口;%=一定
りT1:κ鷲=0,6
(b) 5ピT12呂O.6
κT1=0,4
P… 凶8 CP…絆』1・・
媒体の最適圧力比と名付ける)が変化することがわか
③
る.
駕’『2
4.4 理想ねじ膨張機
著者らは,理想ねじ膨張機2)を,作動媒体の性質に
甲bi
ii
りT21
②②”
セヤ 暉ド
より決まる最適圧力比πゴ’(図5参照)があり,この最
適圧力比で運転された場合,作動媒体の実断熱仕事が,
100%膨張機の比仕事になるものとして定義している.
(C) κT1==O,8
(d) κ・r===1.O
Fig.6 ρ‘一7diagram
5
温泉熱電発(油ポンプなしのねじ膨張機の湿り運動特性)
20
=1と仮定して計算より求めた体積流量である.
ここで実験で使用したねじ膨張機は,潤滑が十分に
○:え。窪to
「:z,経O.8
一一 ■一 一一,
2≒15
行われた場合(湿り運転)は漏れ流量が無視出来る.
栫Fz卍O,6
と
ここでσ’むτ2のうちσ’”τ2一σ。τ2わだけは液として,
1 .
A司.σ
σ“T2bがガスとして通過したものと考えると,式(7)で
V1=0.8
計算される体積流量比絢72は,ガス分流量/全流量と
s1=O.6
き
なり,乾き度κ.に相当するものと考えられる.ζこで,
詮会込
ま
6‘
mノ’伊
’
κ露≧κ。T2として,κ’で近似させた.
ζ』
o
宙Ti
津
κ。。2=σ。。2、/σ’。。、
1
WT
D。脅△
01.0
運転出口温度318Kでは, R11の液体の体積は,蒸気
1,5 2.0 2,5 3.O
と考えることができる.
Fig.7 Cha孕ge in specific work by driving
condition
;10
津
’
ト
津0
6. 実験結果と計算結果の比較
図7は,κ’(κ。)がほぼ0.6,0.8および1.0に対する単
位質量流量当りの軸出力略 (以降 軸比仕事と略
o
零2。
き
の1/127の体積であり,設計以上に流れたと計算され
た蒸気体積分は,体積の小さい液として通過している
ExpanSion Ratioπ
と
(7)
記)の実験値と運転圧力比πとの関係を示したもので
WTi。P
(a’)O:πミ2.9
ある.図7中の○印はκ’がほぼ1.0,△印は,ほぼ
{1:;含雛鴇 聖2
0.8,◇印は,ほぼ0.6の実験結果である.また図中に
は,実線で理想ねじ膨張機の運転断熱比仕事肪帥の
π=2.93
, ル
π=2.34 0 』βrて(b・1
π=1,87
7 ,
WT£3
0
二箒銘
0,5
1,0
関係の計算結果を併記している.実験結果と計算結果
は同じ傾向を示している.なお二季の破線は,最小自
乗法によって求めた実験値を通る線である.’
図8は,運転圧力比πを変化させた場合ρ,乾き度
κ’
Fig.8 Chahge in specific work by dryness
iκ。)と賜の関係を示したものである.図8中の○
印は運転圧力比πがほぼ2.9,△印はほぼ2.3,◇印は
ほぼ1.9の結果である.また睡中には,陽帥の計算結
すると隅帥は減少するが,運転出口圧力ρ戯が高い
果を併せて図示しているが,恥は運転圧力比πに関
場合は,その減少度合いは少ないことがわかる.
し隅f。ρと同じ傾向を示している.
図7は,入口乾き度κτ、が0.6,0.8,1.0の場合の運
ここで膨張機の軸比仕事泌と理想ねじ膨張機の
転圧力比πと理想膨張機の運転断熱比仕事恥f。ρの
運転断熱比仕事隅ビ。ρとの比を膨張機の運転効率
関係を示したものである.入口乾き度κT1が小さい場
ηT。ρとし,式(8)で定義した.
合は,膨張機の駆動に寄与する作動媒体の蒸気量が小
ηTOρ= ワレケ/レレヨ・ゴoρ
(8)
となるので,恥∫。ρも小となる.κT1により隅帥が0
となる圧力比π阻。ρ。。は異なる.すなわちκ71=1.0
の場合は,π職。ρ。。=1.29であり,κT、=0.6の場合は
π阻。ρ;o=1.26である.
本研究では,肪が計測されたときの条件で理想ね
じ膨張機の断熱比仕事防f。ρを各回定点について計算
し,式(8)によりητ。ρを求めた.図9は膨張機の運転
効率ηT・ρと運転圧力比πとの関係を示したもので,図
5.膨張機運転時の乾き度の計算
実際の膨張機の場合,乾き度の正確な定量的計測は,
かなりの困難を伴なうため,次のような方法で乾き度
κをκ’で近似させた.膨張機の出口の設計体積流量を
4。T2δ,計算体積流量をσ密2とする.この計算体積流量
4’
BT2は,計測された質量流量σπ∫Fの作動媒体が,κT2
中の○印はκ7(κ。)がほぼ1.0,△印はほぼ0.8,◇印は
ほぼ0.6の結果である.この図より圧力比πが大きく
なるとηT。ρが増加する傾向がわかる.
しかしκ’を乾き度とし,隅が計測されたときの条
件で,最適圧力比π7fを求めると,ほぼ2.2∼2.8である
ので,ηT。ρのピークは2.7∼3.0くらいに存在すること
6
河部秀彦・栗須正登・児玉好雄・吉田孝男
ηπ。ρもんT1により変化する.図9には実線でκT、が
1.o
1.0の場合を,破線でκT、が0.6の場合のη7紳を示して
畿!ηTi.p
ある.図9によれば理想ねじ膨張機の運転効率ητf。ρ
は,運転圧力比πが1.8付近より小となると急激に減
ηT。P
少する.しかし実際の膨張機の運転効率ηTψと理想ね
じ膨張機の運転効率η聯との関連については,今後
£
の検討が必要である.
←O,5
き’
7.結 論
ト
○:z.∼1,0
作動媒体が湿った場合の膨張機の出力の予測方法に
△:駕.タ0,8
◇:罪.∼Q.6
関して,計算と実験の両面から検討した結果,以下の
note: L/b ==≒2,4
。,o’
結論を得た.
(1)本報告では,作動媒体が乾きに近い状態の湿り蒸
1.0 1、5 2,0 2.5 3.O
気における,ねじ膨張機の性能予測計算法として,実
Expansion Ratioπ
作動媒体の熱物性データを利用し,断熱指数κが変化
Fig.9 Relation betweenηandπ
する等エントロピ膨張の実断熱仕事の考えを導入し,
湿り運転の膨張機出力を予測可能にした.
(2)本研究では,作動媒体の乾き度κに相当するもの
が予想される.
ここで式(9)で表される,一般に用いられる膨張機
η。=隅/E。
(9)
として,体積流量比κ。Tbκ。T2を設定し,これにもと
づいた乾き度κ’で得られたデータを整理すると,予測
値と実験値は,その傾向が似かよったものになった.
の全効率ωηTと,膨張機の運転効率ηT。ρの関係を調
(3)実軸比出力防の予測には,計算した理想膨張機
べるために,膨張機の運転条件での実際の作動媒体の
断熱比仕事を実断熱仕事ガぬとし,E’7。、で理想ねじ
の運転断熱仕事隅f。ρに,ねじ膨張機固有の運転効率
膨張機の運転断熱比仕事恥ゴ。ρを割ったものを理想ね
(4)膨張機の運転効率ηTψは,膨張機固有の特性値で
じ膨張機の運転効率(2)η丁紳として,式(10)で定義す
あるが,運転圧力比πおよび乾き度κ’により変化す
る.
ηT。ρを掛けることで整理することができる.
る.今回の実験に使用したねじ膨張機の場合,κ’が
ηTfOρ= 17}・♂oρ/1ダ1「αd
(10)
1∼0.6の範囲で運転圧力比πが最適圧力比π’fに近け
れば,運転効率ηT。ρは概ね0.70の値となる.
理想ねじ膨張機の運転効率η丁帥を利用すると,膨張
機の運転効率ητ。ρと一般に用いられる膨張機の全効
率ηTとの関係は,次の式(11)で示されるようになる.
ET。d亙丁。4
陽ご。ρ 貼
ηT=
d。’
d。。。●
〟B、●肱。,
おわりに,本研究の実験に関し,温泉の利用と実験
場所を提供いただいた,長崎県小浜温泉の本多宣章氏
に謝意を表わす.
(11)
=ηTの,αθ。ητw.5’ηTfO♪●ηToρ
参考文献
1)機械工学便覧 B5 p−4∼6
ηT。ッ。‘、は有効率と言うべきもので,ランキンサイク
2)金子・ほか1名,機論,51−461,B(1985),134.
ルの断熱仕事と,可逆サイクルの有効仕事との比であ
3)栗須・ほか2名,Trans. ASME, J. Offshore
り,ηTW.εは作動媒体係数と言うべき実作動媒体の実
Mech. Arct. Eng.(1983),593.
断熱仕事と,完全ガスの断熱仕事との比である.
4)Wauter P,De Vlaminck M,VDI Ber,640,
式(10)で求まる理想ねじ膨張機の運転効率η肋ρの
(1987),81.
運転圧力比πによる変化(2)を図9に併せて示してい
5)Steidel, R. F.,ほか2名, Trans. ASME, J., Eng.
る.理想ねじ膨張機の運転断熱比仕事恥紳が図7,図
Power,104(1982),231.
8に示すように,入口乾き度κτ、により変わるため,
6)谷口・ほか4名,機論,51−467,B(1985),
2471.