PDF;2.20MB - 大阪府臨床検査技師会

大臨技ニュース
第2 4 0 号
2009年(平成21年)1月1日
正
賀
さご せ繁最
て栄後
いとに
たごな
だ健り
き勝ま
まをし
す祈た
。念が
し、
み
新な
年さ
のま
ごが
挨た
拶の
に益
か々
えの
所とたりのさりとは化を し何新二 を理ま新会 存要なで組らい言も、展大あ卒た年昨お解た年員新
で請チす織にっわち公開臨げこに目年借と平をの年
すにー。
強臨それろ益し技まれ職を四りご素おみあ
そ
の応ムの化床うたん法てはすま務迎月し協よ迎なけ
でじ医たに検の歴の人い本。
にえにて力りえさま
化く年 で
、
療
も
充
精る新厚 大のまし
史
こ
た
査
以
ど
め
対予も 上励こ役くを
へ
、
実
あ
と
魅
技
臨こにて
う
にこ
策定昨 のすと員御賜
の
を
る
で
力
師
っ
技とおお
か
もれ
、
礼
取
図
る
大
に
で
体
あ
府 年 ご
てのとかめ
ご的 多まの
申
り
り
所
臨
な
ご
制
り
民
な
唯
支
お事おれで
同
期
彩で
し
組
た
存
技
り
ざ
が
ま
へ
事
一
援
り業慶まと
様
待
な以
あ
み
い
で
の
ま
い
ス
す
の 引 よ
まにびしう
く業 職上の
げ
な
と
ご
学
し
ま
タ
が
臨 き ろ
す対申てご
だ展 域に職
ま
﹁
ど
思
ざ
術
た
す
ー
、
開
床
能
し
こししはざ
続
さ
的力
す
学
、
っ
い
活
。
。
ト
検デき く 役
と多あおい
いを時テを団
。
術
て
ま
動
し
査ー各 お 員
に大げ健ま
。し代ー注体
ま す
てのマぐといにの啓タ種 願す一、
本 こなすや。
大
ま
の
は
い流やつし
発 事 い 同年 のる。か
阪等標
で
くれ新もてす、
よ
。 ﹂ 準業 申、心は 場ご な
府民公開講座
〒545-0051
大阪市阿倍野区旭町1-1-28ニチマンビル
TEL.06-6647-3454 FAX.06-6644-1128
社団法人 大阪府臨床検査技師会
発行責任者:今井 宣子
大臨技ホームページURL
http://www.osaka-amt.or.jp/
社
団
法
人
大
阪
府
会臨
長床
検
今査
井技
宣師
子会
平
成
二
十
一
年
年
頭
所
感
平成20年度 大臨技・大放技合同フォーラム
40歳からの特定健診(メタボリックシンドローム)―みつめよう自分の体型―
目 的
日 時
診療放射線技師と臨床検査技師との合同学習会において
双方の立場から、健康で快適な生活をおくるための講演を
いたします。
会 場
内 容
14:00∼
14:10∼
開会の挨拶
教育講座Ⅰ
「検査値が解き明かす、あなたのメタボ」
(臨床検査技師からの提言)
14:50∼
講師:大野記念病院 中央検査部
臨床検査技師 吉本 茂 教育講座 Ⅱ
「画像診断による内臓脂肪測定法とは」
(放射線技師からの提言)
講師:育和会記念病院 放射線科
診療放射線技師 渡邊 博隆
15:30∼15:35 休憩
15:35∼
特別講演
◆「メタボリックシンドローム、
診断と治療」
平成21年1月17日(土) 14:00∼17:00
大阪市立中央青年センター(第一ホール)
※「府立青少年会館」
とお間違いのないようお願いします。
参加費
無料(どなたでも参加いただけます)
主 催
社団法人 大阪府臨床検査技師会
社団法人 大阪府放射線技師会
問い合わせ先
市立豊中病院 清水 隆之
E-mail:[email protected]
評価点
基礎教科-20点
―ウエスト83cm、目指すは90cm、80cm
どっちですか―
16:40∼
講師:関西医科大学附属枚方病院
循環器腎内分泌代謝内科 教授
木村 穣
閉会の挨拶
大臨技ニュース(1)
Previous
Notice
渉外部からのご案内 予告編
下記事業は、一般の方もご参加いただけます。
ともに、参加費無料です。
詳細は2月号に掲載いたします。
2月は2週連続公益事業開催!
平成20年度 手話講演会
平成
年度 手話講演会
日 時
会 場
参加費
テーマ
講 師
評価点
第30回 献血推進活動
回 献血推進活動
平成21年2月7日
(土) 14:00∼16:00
クレオ大阪中央 音楽室
無料
気づくことの大切さ∼手話を通して学んだこと∼(仮)
多田 京子
基礎教科-20点
講師紹介
日 時
会 場
評価点
平成21年2月14日
(土) 10:00∼16:00
難波グリーンガーデン
基礎教科-20点
献血ボランティアを募集しています!
内 容
「街頭呼びかけ、献血協力」
http://www7a.biglobe.ne.jp/~lovely-kyoko/index.html
参加していただける方は下記メー ルアドレス
までご連絡ください。
連絡先:市立豊中病院 清水 隆之
E-mail:[email protected]
Information
of Seminar
平成20年度臨床検査データ標準化推進事業報告
大臨技標準化推進委員会
検体管理システム部門共催講演会
評価点:基礎教科-20点(会員証をお持ちください)
※評価点=日臨技生涯教育点数
大臨技標準化推進委員会は、昨年10月に大臨技施設74施設を対象とした精度管理調査を実施し、11月には参加施設
に第一次結果報告書を送らせていただきました。現在は参加施設へのアンケート調査実施ならびにフォローアップ作業
の調整、報告書作成等の今年度の総括作業を行っております。
また精度管理調査実施に際しては参加施設・賛助会員の皆さまにはご迷惑をおかけしたかと思います。しかしこれら
の事業は大臨技にとって初めての試みであり、ご理解をいただきたいと思います。現在の医療において臨床検査データ
の標準化は必須の課題であり、大臨技としても、よりよい事業にすべく継続して推進していく予定であります。
つきましては今年度に標準化推進事業に参加された方、この事業にご興味のある方々にご参加いただき、今回の事業
報告ならびに標準化推進事業に対するご意見を伺いたいと思います。多くの方のご参加をお待ちしております。
日 時
平成21年2月7日
(土) 14:30∼16:30
会 場
あべのメディックス 6階ホール
参加費
会員500円 非会員3,000円
連絡先
松下記念病院 中央臨床検査部 中島 康仁
TEL 06-6992-1231(3224)
E-mail:[email protected]
(2)大臨技ニュース
講演内容
(演者については調整中)
1. 「大臨技標準化推進事業総括」
2. 「配布試料について」
3. 「評価方法および報告書について」
4. 「質疑応答」
Information
of Seminar
学術部 免疫血清検査部門からのお知らせ
評価点:専門教科-20点(会員証をお持ちください)
免疫血清検査部門 定期講演会
※評価点=日臨技生涯教育点数
e プロカルシトニンの有用性について−症例で学ぶ−
m
The
講師:和光純薬工業株式会社 臨床営業本部西日本CS課 中井 剛史
日 時
平成21年1月28日
(水) 18:30∼20:00
会 場
大阪市立大学医学部 4階小講義室1
参加費
会員500円、非会員3,000円
細菌性敗血症の鑑別診断及び重症度判定の補助として注
目され て いる新しい 血 中 マ ーカー“ プロカルシトニン
(PCT)”について、症例を中心に有用性についてご講演い
ただきます。
皆様のご参加をお待ちしています。
連絡先
近畿大学医学部附属病院 中央臨床検査部 岡田 和敏
TEL: 072-366-0221 内線 2181
E-mai:[email protected]
Information
of Seminar
学術部 微生物検査部門からのお知らせ
評価点:専門教科-20点(会員証をお持ちください)
微生物検査部門 定期講習会
※評価点=日臨技生涯教育点数
(仮)』
e 『感染性胃腸炎の院内感染対策
m
The
講師:大阪警察病院感染管理センター 副センター長 寺地 つね子
忘年会、新年会と我々医療従事者も、皆で集まって同じものを摂食する機会が多い冬ですが、皆さんの施設ではどの様に注
意喚起し、対策を整えていますでしょうか?ノロウイルスのアウトブレイクは、ここ数年新聞を賑わしていますが、未だ保険適応
外で、アウトブレイクを抑え込むのと同時に、それに掛かる費用も抑え込む必要があり、そして我々はそれに頭を抱え込む・
・
・。
今回は大阪警察病院感染管理センターの寺地先生に、感染性胃腸炎の院内感染対策を中心にご講演をいただく予定です。皆
様奮ってご参加ください。
日 時
参加費
平成21年1月27日
(火) 18
:
30∼20
:
00
会員500円、非会員3,000円
会 場
連絡先
大阪医療技術学園専門学校
(〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30)
Information
of Seminar
(財)大阪府警察協会大阪警察病院 赤木 征宏 E-mail:[email protected]
学術部 輸血検査部門からのお知らせ
評価点:専門教科-20点(会員証をお持ちください)
輸血検査部門 学術講演会
※評価点=日臨技生涯教育点数
e 「鉄代謝と鉄キレート剤について」
m
The
講師:大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 准教授 松村 到
日 時
慢性的な血液疾患に対する治療のため頻繁に輸血した
場合の副作用に鉄過剰症があり、放置しておくと体内に鉄
が蓄積され、肝臓や心臓などに支障をきたします。このた
め、体内や組織内の鉄と結合する薬剤を使って体外への鉄
の排泄を促す鉄キレート療法を行います。これまでは点滴
による鉄キレート剤の静脈注射が一般的でしたが、経口タ
イプの錠剤が開発され臨床的に使用され始めています。今
回、この鉄キレート剤および鉄キレート療法について、臨床
応用も含めたお話をしていただく予定です。
平成21年1月24日(土) 14:00∼15:30
会 場
大阪府赤十字血液センター 7階 研修室
参加費
会員500円、非会員3,000円
連絡先
「件名」を「学術講演会問い合わせ」
として下記アドレスへ
メール送信してください。 E-mail:[email protected]
大臨技ニュース(3)
Previous
Notice
平成20年度 輸血セミナー2009 予告
諸般の事情により前号でお知らせした開催日時及び会場
を変更せざるを得なくなりました。誠に勝手ながら御了承
ください。
日 時
平成21年2月14日(土) 10:00∼16:00
講 演
1. TRALIと輸血副作用について
講師:大阪府赤十字血液センター 平山 文也
2. ADAMTS13とHITについて
講師:奈良県立医科大学 輸血部 松本 雅則
会 場
あべのメディックス 6階ホール
詳細は次号2月号をご覧ください。
シンポジウム
「施設による輸血業務の運用状況について」
輸血前検査から、製剤払出し、使用状況確認、副作用調査等までの輸血業務に関する運用状況を、いろいろと条件の異なる施設の方
にご紹介いただき、輸血業務を行っていくうえでの課題や問題点についてのディスカッションを行います。各施設での安全な輸血管理
体制構築のための参考となるよう企画いたしました。
また、セミナー終了後は例年通り懇親会(会費実費)を行います。多数の皆様の参加をお待ちしています。
Training
Association
学術部 一般検査部門からのお知らせ
(会員証をお持ちください)
一般検査部門研修会「一般検査でわかること②」 評価点:専門教科-20点
※評価点=日臨技生涯教育点数
今月の一般検査部門研修会は、以前から要望が多かった「穿刺液」について学びたいと思います。
髄液、胸・腹水を中心に検査法や細胞の鑑別法、考えかたなどを京都医療センターの佐伯仁志先生にご講演いただきます。
日ごろ穿刺液の検査について不安なかたやビクビクしているかた、この機会にスッキリしてみませんか?
初心者からベテランまで、多くの方のご参加を心よりお待ちしております。
テーマ
「穿刺液だよ全員集合!
−基礎から学ぶ穿刺液−」
日 時
平成21年1月24日
(土) 15:00∼17:00
会 場
近畿医療技術専門学校 2階会議室
連絡先
大阪大学医学部附属病院 医療技術部検査部門 堀田 真希
E-Mail:[email protected]
参加費
技師会員(賛助・申請中を含む)500円 非会員3,000円
講 師
国立病院機構京都医療センター 研究検査科 佐伯 仁志
Information
of Seminar
学術部 臨床化学検査部門からのお知らせ
臨床化学検査部門講演会
「汎用分析装置で測定する免疫検査項目」
日 時
平成21年1月15日
(木) 18:30∼20:00
会 場
大阪市立大学医学部 6階 中講義室2
参加費
会員700円、非会員3,000円
連絡先
近畿大学医学部附属病院 中央臨床検査部 増田 詩織
TEL&FAX.072-360-2344 E-mail:[email protected]
(4)大臨技ニュース
評価点:専門教科-20点(会員証をお持ちください)
※評価点=日臨技生涯教育点数
内容
1. 汎用分析装置で測定する免疫検査項目
講師:ニットーボーメディカル株式会社 未定
2. 炎症マーカー(CRPを中心に)
講師:近畿大学医学部附属病院 中央臨床検査部 増田 詩織
Training
Association
学術部 病理細胞検査部門からのお知らせ
評価点:専門教科-20点(会員証をお持ちください)
病理特別講習会
※評価点=日臨技生涯教育点数
e 「呼吸器疾患 特に腫瘍性病変の病理組織診断」
m
The
講師:国立病院機構 大阪医療センター 真能 正幸
今月は、国立病院機構大阪医療センター真能 正幸先生をお招きして『呼吸器疾患、特に腫瘍性病変の病理組織診断』のお話
をしていただきます。HE標本を中心とした病理組織標本の基本的な見方や、診断や鑑別のポイント、今、話題の石綿健康被害
救済法も合わせて講演していただく予定です。
病理細胞検査に携わっておられる方はもちろん、呼吸器の腫瘍性病変に興味のある方など幅広く受講していただける内容で
すので、みなさん、奮ってご参加ください。
日 時
参加費
平成21年1月30日
(金) 19:00∼20:30
会員500円、非会員3,000円
会 場
連絡先
大阪府立成人病センター 6階講堂
南大阪病院 宇津野 美弥子
E-mail:[email protected]
交通案内
JR環状線 森之宮駅
地下鉄(中央線・長堀鶴見緑地線) 森ノ宮駅
徒歩5分
Information
of Seminar
情報組織部 チーム医療部門 糖尿病療養指導部会からのお知らせ
第14回
評価点:専門教科-20点(会員証をお持ちください)
糖尿病療養指導士 講演会
※評価点=日臨技生涯教育点数
e 糖尿病療養指導士が知っておきたい糖尿病治療のEBM
m
The
内 容
日 時
平成21年2月22日
(日) 13:20∼17:00
会 場
大阪大学中之島センター 10Fホール
参加費
会員500円 非会員3,000円
共 催
(社)大阪府臨床検査技師会 糖尿病療養指導部会
アボットジャパン株式会社
連絡先
大阪赤十字病院検査部 山下 己紀子
E-mail:[email protected]
講演 Ⅰ 部
1. 「近畿地区の糖尿病療養指導士の資格を持つ臨床検
査技師アンケートから見た現状と課題」
技師会に求められる役割
講師:松下記念病院 江後 京子
2. 「糖尿病療養指導と管理栄養士の役割」
講師:財団法人甲南病院 栄養管理室長 市橋 きくみ
講演 Ⅱ 部
特別講演
「糖尿病治療と診断のEBM」
講師:京都府立医科大学 内分泌代謝・糖尿病内科
福井 道明
★日本糖尿病療養指導士認定のための更新単位 第Ⅱ群、第Ⅰ群いずれか1単位申請可能です★
(申請には登録番号が必要のため必ずお持ちください)
大臨技ニュース(5)
Information
of Meeting
第19回 日本臨床化学会近畿支部総会のご案内
日 時
総会長
平成21年1月24日
(土)9:20∼17:00
会 場
大阪医科大学総合医学講座・臨床検査医学教室
田窪 孝行
大阪医科大学 学Ⅰ講堂
支部総会事務局
参加費
大阪医科大学総合医学講座・臨床検査医学教室
TEL:072-683-1221 内線2438 FAX:072-684-6548
E-mail:[email protected]
1,000円(学生無料)
臨床化学会非会員の方も同額でご参加いただけます。
プログラム
Theme
「最先端糖尿病検査・診断・治療」
9:20∼10:20
一般演題
10:20∼12:00 ワークショップ
「最新血糖管理マーカーの検査法」
座 長: 片山 善章(神戸常盤大)
小林 吉晴(神戸薬大)
1. 「HPLC法によるヘモグロビンA1c(HbA1c)測定の特徴」
新藤 義之(東ソー株式会社)
2. 「SMBG機器および測定原理の変遷と現在」
東野 功嗣(アークレイ株式会社)
3. 「糖尿病におけるLDL-C測定の重要性」
片山 有基(協和メデックス株式会社)
4. 「尿中ミオイノシトール測定による耐糖能異常の検出」
山越 勝(旭化成ファーマー株式会社)
13:00∼13:20
支部総会
13:30∼14:30 特別講演
座 長: 田窪 孝行(大阪医大)
「劇症1型糖尿病の発症機序・診断・治療に関する最新知見」
大阪医科大学 第一内科学 花房 俊昭 教授
14:40∼17:00 シンポジウム
「日常糖尿病検査の落とし穴」
座 長: 三家 登喜夫(和歌山医大)
米田 孝司 (オリエンタル酵母)
1. 「日常検査で出会う問題点」
藤田 誠一(姫路医療センター)
2. 「インスリン、C-ペプチド測定における注意点」
堀江 典代(大阪医大病院)
3. 「酵素法によるHbA1c測定時の問題点」
石田 繁則(大阪市大病院)
4. 「糖尿病療養指導の落とし穴−検査値だけを見て指導
してませんか−」
田中 久晴(済生会和歌山病院)
5. 総合討論
Information
of Meeting
評価点:専門教科-10点(自己申告制)
※評価点=日臨技生涯教育点数
第23回 臨床検査精度管理奨励会研究報告会のご案内
研究報告会
日 時 平成21年2月7日
(土) 14:00∼17:00
場 所 コミュニティープラザ大阪【コンポホール】
大阪市福島区福島3丁目1番73号 電話:06-6454-1153
参加費 無料
主 催 臨床検査精度管理奨励会
共 催 日水製薬株式会社
後 援 (社)
日本臨床衛生検査技師会・近畿臨床検査技師会
(社)大阪府臨床検査技師会
access
特別講演
テーマ:「特定健診の状況について」
講師:NPO法人東京臨床検査医学センター
渡辺 清明
(6)大臨技ニュース
J R 東 西 線 [新福島駅] 徒歩5分(地下駅②出口)
阪 神 電 車 [福 島 駅] 徒歩5分(地下駅③出口)
京阪電車中之島線 [中之島駅] 徒歩5分(地下駅⑥出口)
Information
情報組織部からのお知らせ
第25回 技師長会開催 予告
平成21年2月21日(土)に住友病院におきまして技師長会を開催します。
今回は「チーム医療」をテーマに、3名の講師の方にご講演いただきます。
詳細は2月号のニュースまたは JAMTIS をご参照ください。
News
Report
日臨技エイズ予防啓発活動(世界エイズデー)報告
平成20年11月29日(土)13:00∼15:00の間
道頓堀界隈にて世界エイズデーの啓発活動を実施
平成20年11月29日∼12月5日大型野外スクリーンで日臨技のエイズ撲滅キャンペーンの映
像が放映されるのにあわせて(15秒間のキャンペーン映像は全国47箇所で放映され、大阪は阪
急ビックマン・トンボリステーション・トンボリリバーサイドビジョン で放映されました。)
初日の11月29日、大臨技理事10名(前半5名、後半5名)で街頭に
立ち、12月1日が「世界エイズデー」であることをアナウンスしなが
らチラシとポケットティッシュ1,000部を配布しました。
献血推進活動で配布する数に比べて少ないとの印象を持っていま
したが、実際配り始めてみると、制限時間内いっぱいのフル稼働とな
りました。
Report
当日配布したセット
第4 回 府 民 健 康フォーラム 報 告
於:平成20年11月22日
(土) 大阪YMCA国際文化センター
薬剤師会・臨床検査技師会・栄養士会とともに開催した府民健康フォーラム。
テーマを「運動療法とメタボリックシンドローム∼メタボといわれたあなたへ∼」とした
今回、大阪産業大学教授 田中史朗氏の基調講演をはじめとし、各会からそれぞれの職
種で取り扱う内容で「メタボ」に関する話題が提供され、会場には多くの府民 と、各部
からは勉強熱心な会員の方々が参加していた。
田中氏の講演の中で紹介された「これだけはやろう メタボ対策の運動」の内容は、
今後も「府民のための健康フォーラム」を
日常生活を活発にすることの重要性を説いており、
特別なことではなく簡単なことを継
開催していく
続して続けることを勧められていた。
例として、①立位の時間を延ばす ②少し余分に歩く程度のことを毎日続けるだけでもよいとのことだった。
薬剤師会の西川節子氏、臨床検査技師会の高田厚照氏と興味深い講演が進
み、静かに聴講する流れを変えたのが、栄養士会からの講師 岡田光代氏。田
中氏は 管理栄養士で健康運動指導士でもある。
「皆さん座りっぱなしなので、
ちょっと体を動かしてみましょう」から始まった講演は、隣同士の人とペアを組
み、
ジャンケンをしたり意見を言い合うといった、終始アクティブな進行で、参
加者は体で講演内容を覚えて帰ることができたのではないだろうか。
質疑応答の場面では、会場の男性からの問いかけに対して、丁寧なアドバイ
スを返していた講師の先生方の親身な姿勢が印象に残った。
会場参加型の講演
大臨技ニュース(7)
大臨技事務局より 平成21年度 会費納入のお願い
平成21年度 会費納入の時期となりました。
会費は前納制をとっていますので、
1月31日までのできるだけ早
い時期に納入してください。
なお、1月31日までに納入されないとき
(継続の方)は会誌「医学
検査」が中断されますので念のため、
ご案内いたします。
納入金額
① 日 本 臨 床 衛 生 検 査 技 師 会
② 大 阪 府 臨 床 検 査 技 師 会
(近 畿 臨 床 検 査 技 師 会 含 む )
合 計
10,000円
5,000円
15,000円
原則として領収書の発行は行いません。郵便振込みの際に渡
される半券の領収書をもって大臨技会費領収書とさせていた
だいています。従前のような手書きの領収書を特に必要とされ
る方は別途大臨技事務所へご依頼ください。
新入会員の方は、入会金6,500円(日臨技2,000円、大臨技
4,500円)が加算されますので、合計21,500円となります。
なるべく施設毎にまとめてお振込みください。
納入の際は必ず施設名と会員番号をご記入ください。
会員の「継続」
「入会」
「異動」などの届出は、
日臨技ホーム
ページのJAMTIS、
または所定用紙の郵送でお願いします。
TEL、FAXでの届出はご遠慮ください。なお、JAMTISによ
る届出方法に関する詳細、所定の郵送用届出用紙の綴じ込
みは、会誌「医学検査2009年1月号Vol.58、No.1」に掲載さ
れています。届出用紙については、
日臨技ホームページから
でも入手できます。
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
郵送による届出先はすべて「大臨技事務所」あてにお願いしま
す 。特 に 住 所 変 更 に つ い て は 、必 ず 届 出 をし てくだ さ い 。
届出をされませんと、宅急便のメールサービスを利用した大臨
技 から の 郵 送 物 は 、あ て 先 不 明 で 配 達 さ れ なくなります 。
会費納入に際しての
お願いとご注意
平成21年度会費納入は、大臨技専用振込
用紙(赤色)にて15,000円のご入金をお願
いします。12月号に同封しました日本臨床
検査技師連盟の振込用紙(青色)での振り
込みはご遠慮ください。
★ニュース番外編★
こちらのご案内の詳細は大臨技ホームページ
にて掲載しております。
http://www.osaka-amt.or.jp/
をご参照ください。
■第24回 中央支部自由集会
テーマ
「医療機能評価対策」と
「DPC制度の理解」
日 時:平成21年1月31日(土) 15:00∼17:30
会 場:大阪府立成人病センター 6階 講堂
第1部ではテーマについて基礎的なお話しを、
第2部では実際に医療機能評価対策やDPC導
入を経験された先生より具体的な対応策や苦
労話をお聞きします。皆様と一緒に活発な討論
ができればと考えております。
■第19回 近畿一般検査研修会
テーマ
「基礎から臨床まで学ぼう」
∼この知識 絶対必要!
!∼
日 時:平成21年2月22日(日) 9:00∼16:00
会 場:福井県立病院 3階 講堂
受講料:5,000円 (定員80名)
申込期間:平成21年1月5日
(月)∼1月31日
(土)
∼本年もよろしくお願いいたします∼
皆さんのご意見、情報等お待ちしております。
FAX:06-6644-1128 E-mail:[email protected]
[email protected]
平成21年2月号の原稿〆切は平成21年1月5日(月)、3月号は2月2日(月)です。
(8)大臨技ニュース
Event
Schedule table
2009 1月
大臨技行事予定表
謹賀新年
※基礎=日臨技生涯教育点数 基礎教科
※専門=日臨技生涯教育点数 専門教科
本年もよろしくお願い申しあげます
★ 講 演 会・講 習 会 参 加 時 は 必 ず 会 員 証 を ご 持 参 く だ さ い ★
行 事 内 容
木
"土
金
!土
"日
#月
$火
%水
&木
講
師:大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 教授 松村 到
会 場:大阪府赤十字血液センター 7階 研修室
時 間:14:00∼15:30
参加費:会員500円
連絡先:
(E-mail)「件名」を「症例検討会問い合わせ」として下記アドレスへ
([email protected])
2009年2月行事予定・大臨技ニュース締め切り
専門-20 一般検査部門 研修会
講 師:国立病院機構京都医療センター 研究検査科 佐伯 仁志
会 場:近畿医療技術専門学校 2階会議室
時 間:15:00∼17:00
参加費:会員500円
連絡先:
(E-mail)
:大阪大学医学部附属病院 堀田 真希
([email protected])
専門-20 血液検査部門 「形態セミナー シニア」
(正会員+オブザーバー)
会 場:大阪府済生会中津病院 南棟2階講堂
時 間:18:30∼20:00
参加費:会員(オブザーバー)500円
連絡先:
(E-mail)
:松下記念病院 村瀬 幸生([email protected])
第19回 日本臨床化学会近畿支部総会
「最先端糖尿病検査・診断・治療」
●大臨技理事会 ■ 会場:大臨技事務所 時間:18:30∼20:30
'金
土
日
月
! 火
" 水
# 木
特 別 講 演 「劇症1型糖尿病の発症機序・診断・治療に関する最新知見」
講師:大阪医科大学 第一内科学 教授 花房 俊昭 シン ポジウム 「日常糖尿病検査の落とし穴」
ワークショップ 「最新血糖管理マーカーの検査法」
会 場:
時 間:
参加費:
専門-20 臨床化学検査部門 講演会
「汎用分析装置で測定する免疫検査項目」
1. 汎用分析装置で測定する免疫検査項目
講師:ニットーボーメディカル株式会社 未定
2. 炎症マーカー(CRPを中心に)
講師:近畿大学医学部附属病院 中央臨床検査部 増田 詩織
会 場:大阪市立大学医学部 6階 中講義室2
時 間:18:30∼20:00
参加費:会員700円
連絡先:
(E-mail)
:近畿大学医学部附属病院 増田 詩織
([email protected])
●地区事業部会 /情報組織部会
$ 金
% 土
基礎-20 府民公開講座 平成20年度「大放技・大臨技合同フォーラム」
「40歳からの特定健診(メタボリックシンドローム)」
―みつめよう自分の体型―
会 場:大阪市立中央青年センター(第一ホール)
時 間:14:00∼17:00
参加費:無料(どなたでも参加できます)
連絡先:
(E-mail)
:市立豊中病院 清水 隆之 ([email protected])
木
!金
#日
$月
%火
●渉外部会
■ 会場:大臨技事務所 時間:19:00∼20:30
●総務部会
■ 会場:大臨技事務所 時間:19:00∼20:30
専門-20 微生物検査部門 定期講演会
『感染性胃腸炎の院内感染対策』
講 師:大阪警察病院感染管理センター 副センター長 寺地 つね子
会 場:大阪医療技術学園専門学校
時 間:18:30∼20:00
参加費:会員500円、非会員3,000円
連絡先:
(E-mail)
:
(財)大阪府警察協会 大阪警察病院 赤木 征宏 ([email protected])
&水
専門-20 免疫血清検査部門 定期講習会
「プロカルシトニンの有用性について−症例で学ぶ−」
講 師:和光純薬工業株式会社 臨床営業本部西日本CS課 中井 剛史 会 場:大阪市立大学医学部4階小講義室1
時 間:18:30∼20:00
参加費:会員500円
連絡先:
(E-mail)
:近畿大学医学部附属病院 岡田 和敏 ([email protected])
■ 会場:大臨技事務所 時間:19:00∼20:30
第1部 教育講座
1.「検査値が解き明かす、あなたのメタボ」
(臨床検査技師からの提言)
講師:大野記念病院 中央検査部 臨床検査技師 吉本 茂
2.「画像診断による内臓脂肪測定法とは」
(放射線技師からの提言)
講師:育和会記念病院 放射線科 診療放射線技師 渡邊 博隆
第2部 特別講演
「メタボリックシンドローム、診断と治療」
―ウエスト83cm、
目指すは90cm、80cmどっちですか―
講師:関西医科大学附属枚方病院 循環器腎内分泌代謝内科 教授 木村 穣
& 日
' 月
火
水
専門-20 輸血検査部門 学術講演会
「鉄代謝と鉄キレート剤について」
●常務理事会
'木
! 金
■ 会場:大臨技事務所 時間:19:00∼20:30
専門-20 病理細胞検査部門 病理特別講習会
「呼吸器疾患 特に腫瘍性病変の病理組織診断」
講 師:国立病院機構 大阪医療センター 真能 正幸 会 場:大阪府立成人病センター 6階 講堂
時 間:19:00∼20:30
参加費:会員500円 連絡先:
(E-mail)
:南大阪病院 宇津野 美弥子 ([email protected])
! 土
基礎-20 第24回 中央支部自由集会
「医療機能評価対策」と「DPC制度の理解」
第1部
I. 病院機能評価(Ver5及び6)は何故、必要なのか? 講師:アルフレッサ株式会社 機能評価支援グループ 四野宮 敬彦 II. DPCって???良くわかりませ∼ん」って方に、
やさしいDPCの話
講師:医療法人竹村医学研究会 小阪産病院 情報企画課 栗本 幸司
第2部
I. DPC導入、病院機能評価受審後の施設の苦労話し 講師:医療法人橘会 東住吉森本病院 臨床検査科 浅沼 晴雄
II. DPC導入、病院機能評価受審前の準備は大変です!」 講師:近畿大学医学部附属病院 中央臨床検査部 中江 健市
会 場:大阪府立成人病センター 6階講堂
時 間:時間:15:00∼17:30(14:30受付開始)
連絡先:
(TEL):済生会 野江病院 検査科 森 啓悟
TEL:06-6932-0401(内線821)
★5年間で基礎教科(60点以上)
+専門教科(140点以上)=合計200点以上 取得を目指しましょう!
取得者には日臨技より
「修了証書」が送付されます。