sarabetsu

sarabe
tsu
さらへつ
こ
こう
うほ
ほう
う
2005
9
16
NO 5
http://www.sarabetsu.jp/
特集 第3次行政改革大綱策定
特集 第3次行政改革大綱策定
特集 第3次行政改革大綱 策定
1
し
/
行
政
運
営
の
効
率
化
5年間の削減目標額
1億7
0
0万円
2
見 組
引 常
直 織 役 き に
し 運 場 続 組
営 組 き 織
の 織 見 ・
合 ・
機 直 機
理 構
し 構
化 の
/ 見 を の
委 直 推 点
員 し 進 検
会 / し を
な 議 ま 行
ど 会 す い
の の 。 、
政
サ
ー
ビ
ス
が
展
開
で
き
る
よ
う
、
会
経
済
情
勢
の
変
化
に
即
応
し
た
行
多
様
化
す
る
皆
さ
ん
の
要
望
や
社
代
組に
織即
・応
機し
構た
の
見
直
し
時
施
設
運
営
/
公
共
事
業
コ
ス
ト
の
見
直
ど
の
推
進
/
協
働
の
推
進
/
効
率
的
な
事
務
事
業
の
見
直
し
/
民
間
委
託
な
業
の
簡
素
化
・
効
率
化
を
図
り
ま
す
。
率
・
効
果
を
十
分
精
査
し
、
事
務
事
受
益
と
負
担
の
公
平
確
保
・
行
政
効
法
を
取
り
入
れ
、
連
携
の
あ
り
方
・
の
パ
ー
ト
ナ
ー
シ
ッ
プ
︵
協
働
︶
の
手
し
、
民
間
事
業
の
支
援
や
皆
さ
ん
と
ま 事 効 務
行 す 務 果 事
政 。 事 的 業
業 な の
が
の 事 見
担
整 務 直
う
理 を し
業
合 行 を
務
理 う 行
範
化 た い
囲
を め 効
に
推 、 率
留
進 一 的
し 層 ・
意
限
ら
れ
た
財
源
の
中
で
絶
え
ず
事
て
、
次
の
7
項
目
を
挙
げ
て
い
ま
す
。
効
率
的
な
行
政
運
営
の
推
進
5年間の削減目標額
8,
1
0
0万円
3
定
員
・
給
与
な
ど
の
状
況
の
公
表
5年間の削減目標額
4億4,
2
0
0万円
し
/
福
利
厚
生
事
業
の
点
検
・
見
直
し
/
計
画
的
な
定
員
管
理
/
給
与
の
見
直
運
用
を
推
進
し
ま
す
。
し
、
引
き
続
き
給
与
制
度
の
適
正
な
の
地
方
自
治
体
と
の
均
衡
を
考
慮
ま
た
、
給
与
に
つ
い
て
も
国
や
他
を
一
層
推
進
し
ま
す
。
員
に
取
り
組
み
、
適
正
な
定
員
管
理
を
行
い
、
定
員
の
縮
減
と
職
員
の
減
見
直
し
と
と
も
に
職
員
の
適
正
配
置
増
加
に
対
し
て
も
、
組
織
・
機
構
の
地
方
分
権
な
ど
に
よ
る
事
務
量
の
定
員
管
理
・
給
与
の
適
正
化
住
民
ニ
ー
ズ
の
施
策
反
映
と
説
明
責
進
し
ま
す
。
提
供
を
図
り
、
開
か
れ
た
村
政
を
推
た
め
、
積
極
的
に
情
報
公
開
や
情
報
く
こ
と
が
重
要
な
課
題
で
す
。
そ
の
満
足
す
る
行
政
の
運
営
を
行
っ
て
い
村
政
の
主
役
で
あ
る
皆
さ
ん
が
、
公
正
な
行
政
運
営
の
推
進
革
の
推
進
方
向
と
目
標
効
果
額
を
盛
4
5
任
/
監
視
機
能
の
充
実
大
綱
の
重
点
項
目
大
綱
で
は
、
今
後
改
革
を
進
め
て
い
く
中
で
の
重
点
項
目
と
し
資
画 員 能
質 職 的 人 力
向 員 研 材 な
上 の 修 育 ど
意 を 成 の
識 推 基 向
改
革 進 本 上
/ し 方 を
研 ま 針 図
修 す に る
の 。 基 た
づ め
充
き 、
実
計 職
と
職
員
の
政
策
形
成
能
力
、
創
造
的
進
め
て
い
き
ま
す
。
て
い
ま
す
が
、
さ
ら
に
意
識
改
革
を
行
政
課
題
に
責
任
を
持
っ
て
あ
た
っ
員
一
人
ひ
と
り
が
常
に
創
意
工
夫
し
行
政
需
要
の
増
大
す
る
中
で
、
職
員
の
意
識
改
資革
質と
向
上
職
6
電
子
自
治
体
の
推
進
7
健
全
化
/
計
画
的
な
財
政
健
全
化
3
減
と
合
理
化
/
特
別
会
計
事
業
の
経
営
積
極
的
な
財
源
の
確
保
/
経
費
の
節
に
努
め
ま
す
。
抑
制
を
推
進
し
、
健
全
な
財
政
運
営
自
主
財
源
の
確
保
と
歳
出
全
般
の
健
全
な
財
政
運
営
の
確
保
5年間の削減目標額
1億7,
2
0
0万円
行
政
情
報
の
積
極
的
な
公
開
・
提
供
/
的
な
提
供
に
努
め
ま
す
。
す
る
と
と
も
に
、
行
政
情
報
の
積
極
政
事
務
の
効
率
化
・
高
度
化
を
推
進
イ
ン
タ
ー
ネ
ッ
ト
の
利
用
に
よ
る
行
リ
テ
ィ
に
十
分
留
意
し
、
パ
ソ
コ
ン
・
情
報
の
漏
え
い
防
止
な
ど
セ
キ
ュ
報
行化
政な
サど
ーの
ビ推
ス進
のに
向よ
上る
情
ま
た
、
こ
の
大
綱
を
基
に
行
政
改
定
し
ま
し
た
。
方
針
を
定
め
た
﹁
第
3
次
更
別
村
策 行
政
改
革
大
綱
︵
﹂
以
下
﹁
大
綱
﹂
︶
を
意
見
を
募
り
、
5
年
間
の
行
政
改
革
住
民
説
明
会
や
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
で
ご
革
を
継
続
的
に
推
進
す
る
た
め
に
、
て
、
よ
り
積
極
的
で
確
実
な
行
政
改
ま
え
て
中
期
的
な
財
政
見
通
し
を
立
そ
こ
で
、
こ
れ
ま
で
の
経
過
を
踏
行
わ
な
け
ば
な
り
ま
せ
ん
。
務
全
般
の
さ
ら
な
る
見
直
し
な
ど
を
予
想
さ
れ
、
自
主
財
源
の
確
保
や
業
は
一
層
交
付
税
・
補
助
金
の
削
減
が
影
響
し
て
い
ま
す
。
し
か
も
、
今
後
割
し
か
な
い
本
村
の
運
営
に
大
き
く
な
ど
の
大
幅
削
減
は
自
主
財
源
が
2
だ
け
を
見
て
も
、
交
付
税
・
補
助
金
境
は
年
々
厳
し
さ
を
増
し
、
財
政
面
し
か
し
、
自
治
体
を
取
り
巻
く
環
実
施
計
画
﹂
と
﹁
実
施
計
画
に
基
づ
く
間
の
計
画
と
し
て
﹁
、
行
政
改
革
大
綱
効
果
額
に
つ
い
て
は
、
向
こ
う
3
年
め
に
、
具
体
的
な
実
施
項
目
と
目
標
な
り
ま
す
。
は
、
皆
さ
ん
に
も
公
表
す
る
こ
と
に
行
政
改
革
の
進
捗
状
況
に
つ
い
て
成
果
を
挙
げ
て
き
ま
し
た
。
に
行
政
改
革
に
取
り
組
み
、
着
実
に
行
政
改
革
の
実
効
性
を
高
め
る
た
そ
の
具
体
化
を
図
り
ま
す
。
策
定
。
健
全
な
行
財
政
運
営
の
た
め
と
平 本
成 村
8 で
年 は
、
に
﹁ こ
行 れ
政 ま
改 で
革 昭
大 和
綱6
1
﹂
を 年
定
し
た
と
こ
ろ
で
す
。
画
﹂
と
﹁
財
政
計
画
﹂
も
合
わ
せ
て
策
り
込
ん
だ
﹁
行
政
改
革
大
綱
推
進
計
を
行
い
な
が
ら
、
予
算
な
ど
に
よ
り
定
。
毎
年
度
見
直
し
と
効
果
の
検
証
財
政
計
画
﹂
を
今
年
11
月
め
ど
に
策
行
政
改
革
大
綱
と
は
?
更
別
∼
﹁
第 村
3 の
次
更 明
別
村 る
行 い
政
改 将
革 来
大
綱 の
﹂ た
策
定 め
∼ に
⋮
2
特集 第3次行政改革大綱 策定
ウ
を
作
成
。
毎
年
度
見
直
し
動
し
た
財
政
計
画
︵
3
カ
年
単
位
︶
今
後
、
行
政
改
革
実
施
計
画
と
連
イ
込
み
試
算
る
た
め
、
一
括
繰
上
償
還
を
盛
り
負
担
金
の
後
年
度
負
担
軽
減
を
図
国
営
・
道
営
土
地
基
盤
整
備
事
業
ア
の
効
果
額
を
盛
り
込
み
試
算
度 財
の 政
行 推
政 計
改 に
革 、
7
を1
実 年
施 度
し か
た ら
1
場2
合 年
﹁
す 希 切
。
望 り
拓
﹂
が き
持 、
て ま
る た
た 住
め 民
の 生
取 活
り に
組 明
み る
で い
●歳入歳出の収支累積表
行
政
改
革
は
、
自
立
で
き
る
将
来
を
ん
で
い
く
必
要
が
あ
り
ま
す
。
示
し
、
最
大
限
の
自
助
努
力
に
取
り
組
け
て
歳
入
確
保
・
歳
出
削
減
の
目
標
を
測
さ
れ
る
こ
と
か
ら
、
収
支
改
善
へ
向
将
来
の
財
政
運
営
は
厳
し
い
状
況
が
予
期
の
財
政
見
通
し
で
す
。
財
政
推
計
で
、
大
綱
の
数
値
目
標
を
盛
り
込
ん
だ
中
◆
財
政
計
画
エ
オ
み
ま
す
︶
て
い
な
い
事
業
を
除
い
て
推
計
︵
光
フ
ァ
イ
バ
ー
網
整
備
事
業
、
優
良
田
園
住
宅
整
備
事
業
は
推
計
に
含
事
業
の
う
ち
、
計
画
が
具
体
化
し
総
合
計
画
お
よ
び
過
疎
計
画
登
載
積
み
上
げ
方
式
に
よ
り
推
計
位
に
所
管
課
に
よ
る
推
計
数
値
の
よ
り
実
態
に
即
し
た
も
の
と
す
る
た
め
、
予
算
計
上
の
事
業
項
目
単
ウ
計
期
間
と
し
て
設
定
ら
れ
る
こ
と
か
ら
、
最
大
限
の
推
規
模
町
村
に
対
す
る
合
併
が
進
め
な
こ
と
と
、
合
併
新
法
に
よ
り
小
政
制
度
の
見
直
し
方
向
が
不
透
明
5 え 計 り は の
カ ︶ で 込 行 基
は ま 政 準
年
行 れ 改 に
の
革 て 革 よ
推
前 い に り
計
の ま よ 試
期
数 す る 算
間
︵
値 が 効 当
は
に 、 果 初
、
地
置 財 額 予
方
き 政 が 算
財
換 推 盛 で
イ
度 17 在
か 年 の
ら
度 施
21 当 策
年 初 を
度 予 前
の 算 提
5 を と
カ 基 し
年 に て
試
を 、
一 17 算
定 年
ア
不
透
明
な
た
め
、
現
行
制
度
や
現
地
方
財
政
制
度
の
見
直
し
方
向
が
●財政推計と財政計画の状況比較表
(単位:百万円)
平成1
7年度 平成1
8年度 平成1
9年度 平成2
0年度 平成2
1年度
村 税
交付税
歳 繰入金
入
村 債
その他
歳入総額
推計
人件費
計画
推計
物件費
※
計画
歳 扶助費・
補助費
普通建設
1
7年度∼2
1年度までの収支累積が
現状推移の場合約1
8億円マイナスですが、
大綱における行革を実施した場合約1
0億円マイナスで、
累積の行政改革節減効果額は約8億円となります。
出
推計
計画
推計
事業費
計画
推計
その他
計画
推計
歳出総額
計画
推計
計画
歳入歳出収支
答申書を村長に渡す黒澤会長
5
※
﹁
と め 諮
。 ら
問
れ ﹂
た ⋮
事 一
項 定
に の
つ 機
い 関
て に
の 対
意 し
見 て
を 、
尋 条
ね 例
求 な
め ど
る で
こ 定
り
﹂
な
ど
に
配
慮
し
た
行
政
改
革
に
努
め
ら
れ
た
い
。
3
2
受 重
1 す
、
、
る
け 人 大
、
委
﹁
綱
地 た 担 協 に 解 な し 協 こ 員 て 会
と
策 長 は
い
努
域 。 を 働 め の 機 て 働 の 会 定 ・ 、
も 会 の の
明 の
か
の
確 ま ら と を 説 ま ほ ら し 委 村
活
に ち れ に と 明 ち か の た 員 で
性
し づ た 住 ら 責 づ 、 答 も 数 案
化
、 く い 民 え 任 く 次 申 の 9 を
﹂
着 り 。 な て を り の 書 で 名 作
﹁
、
成
住
実 は
ど 情 十 の 意 に す ︶
へ
み
に 、
と 報 分 実 見 は 。 条 し
行
や
実 住
行 を に 施 が 、
例 政
﹁
す
施 民
政 公 果 に 付 諮
に 改
く
さ な
と 開 た あ け 問
基 革
魅
れ ど
の し す た 加 案
づ 推
力
る と
協 、 べ っ え の
き 進
的
よ 行
働 住 く て ら と
諮 委
な
う 政
体 民 、 は れ お
問 員
ま
努 の
制 な さ 、 ま り
。 会
ち
め 役
の ど ま 行 し ﹂
答 ︵
づ
ら 割
構 の ざ 政 た 答
申 黒
れ 分
く
築 理 ま と 。 申
を 澤
※
諮
諮
問
問
︵
し
も
ん
︶
案
案
に
に
対
対
し
し
て
て
答
答
申
申
行
政
改
革
推
進
委
員
会
が
36
9
36
9
1,
87
3
1,
87
3
95
55
43
2
46
8
93
0
93
5
3,
70
0
3,
70
0
79
7
73
4
67
4
66
6
49
8
49
8
62
8
62
8
1,
16
5
1,
16
5
3,
76
2
3,
69
1
▲62
9
推計
計画
推計
計画
推計
計画
推計
計画
推計
計画
推計
計画
37
9
37
9
1,
77
9
1,
77
6
40
38
6
16
4
39
3
73
4
74
8
3,
09
6
3,
68
3
78
5
68
0
67
2
65
9
46
7
45
5
25
2
82
7
1,
11
9
1,
11
8
3,
29
4
3,
74
0
▲198
▲57
44
1
44
1
1,
51
3
1,
50
9
52
18
1
12
5
21
4
71
8
74
1
2,
85
0
3,
08
5
79
5
67
5
67
2
64
4
44
5
42
4
30
4
52
0
1,
14
2
1,
14
2
3,
35
8
3,
40
5
▲509
▲320
44
2
44
2
1,
49
0
1,
48
4
79
6
60
90
72
0
74
4
2,
79
1
2,
76
6
78
7
67
3
66
3
62
9
43
8
41
5
27
0
23
0
1,
19
0
1,
18
4
3,
34
9
3,
13
1
▲557
▲365
44
2
44
2
1,
46
7
1,
46
1
10
4
24
61
46
1
71
7
74
2
2,
79
1
3,
12
9
79
2
67
4
67
0
63
0
44
2
41
8
28
5
59
9
1,
07
0
1,
06
8
3,
26
0
3,
39
0
▲469
▲261
は
変
動
す
る
こ
と
が
あ
り
ま
す
。
算
し
た
も
の
で
す
。
そ
れ
ぞ
れ
の
数
値
し
を
、
次
の
一
定
の
仮
定
の
も
と
で
試
れ た 画
ぞ 。 ︵
れ 推 行
次 計 革
の ・ を
条 計 実
件 画 施
に の し
基 期 た
づ 間 場
合
き を
7の
試1
算 年 見
し か 通
し
て ら
1︶
い2
を
ま 年 別
ま
す
表
(単位:百万円) 。 で
の の
概 要
5 と
年 お
村民税・固定資産税・軽自動車税・たば
こ税
間 り
と 作
国税5税の一定割合を国が地方公共団
し 成
体の財政状況に応じて交付するお金
て し
、 ま
貯金
(基金)
を取り崩したお金
そ し
現
状
の
ま
ま
推
移
し
た
場
合
の
見
通
◆
財
政
推
計
今
後
の
財
政
推
計
︵
現
状
の
ま
ま
推
移
し
た
場
合
の
見
通
し
︶
・
財
政
計
財
政
推
計
と
財
政
計
画
村の借金
国などからの譲与税・交付金・補助金、
使用料および手数料など
議員報酬、委員報酬、特別職・職員給与
など臨時職員以外の人にかかるお金
臨時職員賃金、旅費、消耗品・光熱水費
など村の総括的な事務に使うお金
扶助費:社会補償制度で支給するお金
補助費:特定目的に補助するお金
施設建設・道路工事などの公共工事に
行うお金
施設の維持管理費や災害の復旧を行う
お金など
※端数処理の関係上、表内で合計数値が一致しない場合があります
【参考1】 基金残高および地方債残高の状況(単位:百万円)
平成1
7年度 平成1
8年度 平成1
9年度 平成2
0年度 平成2
1年度
基金残高
地方債残高
推計
計画
推計
計画
3,
53
4
3,
64
5
4,
86
7
4,
90
3
3,
32
4
3,
23
0
4,
39
4
4,
65
9
2,
79
2
2,
75
8
3,
87
5
4,
22
8
2,
18
4
2,
41
5
3,
30
4
3,
69
1
1,
64
0
2,
15
9
2,
83
7
3,
62
4
※基金残高は歳入歳出収支のバランスをとった場合
財政推計と比較し地方債残高が増加しているのは、国営かんがい排水事業の償還方法
を、規定償還から地方債を充当した一括償還に変更したことが最大の要因です。利率
の低い地方債にすることで、下表のとおり平成2
1年度までの償還額は増えますが、後
年度の財政負担は約9億円減少します。
【参考2】 国営かんがい排水償還方法比較表
(単位:百万円)
平成17∼21年度 平成22∼26年度 平成27∼31年度 平成32年度∼
合 計
規定償還による償還金額
24
7
68
4
88
1
1,
01
5
2,
82
7
過疎債など地方債借り入れ
による償還金額
57
9
66
4
50
6
16
8
1,
91
7
▲332
20
37
5
84
7
91
0
差引効果額
4
介護保険制度が始まって5年が経過し、皆さんの老後
を支える制度の一つとして定着してきましたが、高齢
化社会が進むにつれ介護サービスの利用・給付が増え
ています。
現在の状況を踏まえながら、今後の少子高齢化の進展
を見据え、制度全般について見直しが行われました。
皆さんのご理解とご協力をお願いします。
10月から
介護保険制度が
一部改正されます
社会功労者
従来型個室
多床室
特養など
(相部屋)
(注1)
ユニット型 ユニット型
老健・療養
など(注2)
準個室
490
490
820
300
第2段階 と合計所得金額の合計が80万円以下)
320
420
490
490
820
390
第3段階 (村民税非課税世帯で第2段階以外の方)
320
820
1,
310
1,
310
1,
640
650
全額自己負担(金額は施設によって異なります)
注1:特別養護老人ホーム、短期入所生活介護の場合/注2:老人保健施設、介護療養型医療施設、短期入所療養介護の場合
→
10月以降
1
5,
0
0
0円/月
②高齢夫婦世帯などの
居住費・食費の軽減
利用者負担第4段階の方のみ
【要件】
次の要件をすべて満たす方(単身世帯を除く)
・村民税課税者がいる高齢夫婦などの世帯
・世帯員が、介護保健施設の
「ユニット型個室」
「ユ
ニット型準個室」
「従来型個室」に入り、利用者負
担第4段階の居住費・食費の負担を行っている
・年間収入から施設の利用者負担
(1割負担、
居住
費・食費の年額合計)を除いた額が80万円以下
・預貯金額450万円以下
・日常生活に使用する以外の資産がない
・負担能力のある親族に扶養されていない
・介護保険料を滞納していない
問い合せ…
保健福祉課 53−3000 7
[email protected]
隆
さ
ん
更別村消防団員として
多年にわたる功績
民生委員児童委員として
多年にわたる功績
更
別
木東
山
区
③社会福祉法人による
利用者負担軽減制度の運用改善
【要件】
村民税世帯非課税で次の要件をすべて満たす方。
・年間収入が単身1
50万、世帯員が1人増えるごと
に50万加算した額以下
・預貯金額が単身3
50万、世帯員が1人増えるごと
に100万加算した額以下
・日常生活に使用する以外の資産がない
・負担能力のある親族に扶養されていない
・介護保険料を滞納していない
夫 さ
ん
低所得者への制度を充実
利用者負担第2段階の方のみ
更
別
森 区
個室
320
①高額介護サービス費の見直し
佐
藤
食 費
0
現行 2
4,
6
0
0円/月
民生委員児童委員として
多年にわたる功績
香
川
区
居住費(滞在費)
第4段階 それ以外の方
さ
ん
民生委員児童委員として
多年にわたる功績
単位:円/日
多
年
に
わ
た
る
功
績
を
た
た
え
て
正 低所得者の施設利用が困難とならないように、所得に応じて負担限度額を設定します。
(村民税非課税世帯で課税年金収入額
佐
藤 さ
ん
低所得者には負担限度額を設定
第1段階 (生活保護・老齢福祉年金受給者)
橋
本
香
川
区
敏
正
自宅でサービスを受けている人と、施設利用者との負担の均衡、年金給付と介護保険の調整などを図るた
め、次の部分が自己負担となります。
利用者負担段階
勢
雄
区
施設などでの居住費と食費が全額自己負担に
①介護保健施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設)の「居住費」
・
「食費」
②ショートステイ(短期入所生活介護、短期入所療養介護)の「滞在費」
・
「食費」
(通所介護)
(通所リハビリテーション)
③デイサービス
・デイケア
の「食費」
自治功労者
平
成 17
年
度
昭
和
区
卓
也
宮
武 さ
ん
隆 更別村消防団員として
多年にわたる功績
さ
ん
昭和区納税貯蓄組合組合長として
多年にわたる功績
④旧措置入所者の負担軽減
措置制度(平成12年4月以前)から継続して特別養
護老人ホームに入所している方は、制度変更後も措
置制度の負担水準を超えることのないよう負担軽
減を実施。
ま
し
た
。
⑤利用料を支払った場合に
生活保護の適用となる方の負担軽減
本来適用とすべき利用者負担段階とした場合に生
活保護が必要となり、それより低い負担段階であれ
ば生活保護を必要としなくなる場合に、低い利用者
負担段階を適用。
受賞者代表挨拶をする佐藤 正さん
尽
く
し
て
い
き
た
い
﹂
と
挨
拶
さ
れ
な
が
ら
今
後
も
村
の
発
展
の
た
め
に
て
重
要
な
時
。
受
賞
者
一
同
、
微
力
し
て
お
り
、
今
が
今
後
の
村
に
と
っ
﹁
村
を
取
り
巻
く
情
勢
は
日
々
変
化
賞 つ
者 表
代 彰
表 状
と と
し 記
て 念
佐 品
藤
が
渡
正 さ
さ れ
ん 、
が 受
た 決 査2
5の
式 。 定 の 日 皆
で
。 結 の さ
は
受 果 村 ん
、
賞 、 表 が
安
の 全 彰 候
村
運 員 者 補
村
び が 選 に
長
功 考 選
と 労 委 ば
よ
な
り
者 員 れ
り と 会 、
一
ま し で 7
人
づ
し て 審 月
社
会
功
労
者
5
名
と
合
わ
せ
て
6
名
ま る 貢 日
今 し 更 献 、 開
年 た 別 さ 村 村
度 。 村 れ の 記
功 た 社 念
は
、
労 方 会 日
自
者 々 福 に
治
表 の 祉
功
彰 功 ・ あ
労
式 績 自 た
が を 治 る
者
行 た な 9
1
わ た ど 月
名
・
れ え に 1
6
更小生
全道陸上大会で 上位入賞!
さん
ュ
芽衣
中
田
ニッシ
・
ィ
ん
フ
さ
2
・
詩織
で4位
ん
ー
く
レ
佐々木 子100m走で1
博
リ
元
女
高野 び・4×100m
4年生
飛
走り幅
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸陸
去る7月17日から18日にかけて、函館市において
北海道小学生陸上競技大会が開催され、本村から参
加した選手で4年生100m走に出場した佐々木詩織
さん
(若葉町)
が14秒91のタイムで見事優勝。同じ
レースで田中芽衣さん(新栄町)も15秒06で2位に
入り全道大会で1・2フィニッシュという快挙。
また、6年生の高野元博くん(更南区)も走り幅跳
びが4m64の記録で4位、十勝陸上競技連盟チーム
の一員として参加した4×100mリレーでも4位と
それぞれ入賞を果たしました。
1・2フィニッシュを飾った佐々木さんと田中さ
んは「決勝でも緊張はしなかった。でも、結果には
ビックリ。来年も出てみたい」と笑顔でコメント。
左から田中さん、佐々木さん、高野くん
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上上
一方高野くんは「週に3回練習したので、良い結
果が出てうれしい。まだ9月に全十勝小学校陸上
競技大会があるので、自己ベストを更新できるよう
頑張りたい」とのこと。
大会に引率した石原博美先生は「更別小学校から
は9名の選手が参加しましたが、みんな大きな大会
でも精一杯力を発揮してくれました」と選手をねぎ
らっていました。
4年生から6年生までの一番良い記録を出した
選手のみ全国大会に行ける規則のため、残念ながら
全国大会には進めませんでしたが、それでも全道で
トップクラスの成績。今後が楽しみです。
文化・スポーツに貢献された
団体・個人の方はいませんか?
団体・個人の方はい
ませんか?
村では、文化・スポーツの向上と発展を図るため、その育成振興に尽力し優秀な成績を収めた個人や団体へ更別
村文化賞・スポーツ賞を贈り、功績をたたえています。
平成17年度の受賞候補者について、次により皆さんからご推薦いただけるようお知らせします。
★表彰内容
文化賞・文化奨励賞・スポーツ賞・スポーツ奨励賞
の条件に当てはまる個人や団体。
※条件は教育委員会事務局へご確認ください。
★受賞候補者の推薦
9月26日(月)までに教育委員会事務局へ「文化賞・
スポーツ賞等候補者推薦書」を提出してください。
※推薦書は同事務局で配布しています。
9
★表彰式
11月3日(木)
「文化の日」
★その他
受賞者の決定は、更別村文化賞・スポーツ賞等審議
会の答申に基づいて教育委員会が決定します。
推薦・問い合せ…
教育委員会 52−3171 と
い
っ
た
内
容
で
す
と
﹁
、
ど
の
地
で
は
な
い
か
?
﹂
わ し お い
願
﹁
の
・
・ い ハ ら た 伝 ま
ご 例
え 2 が を 内 を ご し ガ ず 場 え す
み ば 点 あ さ 容 持 自 て キ 紙 合 す が
の
か る せ を っ 身 い の 面 は べ 、
収
ら こ て 確 て の る 投 へ 、 き 広
集
で と い 認 い 発 理 稿 掲 記 内 く
回
す
た す た 言 由 段 載 名 容 住
数
。
だ る だ に は 階 し ・ で 民
が
き た き 対 、 で て 無 あ の
少
た め た し
記 い 記 る 皆
な
い 、 い て
名 ま 名 と さ
い
場 連 こ 責
を す に 判 ん
の
合 絡 と 任
お 。 関 断 に
広報ハガキの次回折り込みは1
0月号です
く
お
願
い
い
た
し
ま
す
。
し
て
い
た
だ
き
ま
す
よ
う
、
よ
ろ
し
を
い
た
だ
き
、
よ
り
積
極
的
に
活
用
し
ま
し
て
皆
さ
ま
の
ご
理
解
ご
協
力
こ
れ
か
ら
も
、
広
報
ハ
ガ
キ
に
対
な
ど
を
記
入
い
た
だ
く
よ
う
に
し
て
ハ
ガ
キ
に
は
お
名
前
や
電
話
番
号
込
み
し
て
い
ま
す
。
望
を
う
か
が
う
た
め
ハ
ガ
キ
を
折
り
ん
か
ら
行
政
に
対
す
る
ご
意
見
ご
要
広
報
で
は
、
3
カ
月
に
1
度
皆
さ
広
報
ハ
ガ
キ
の
正
し
い
書
き
方
き 紙 こ 分
象 設 も
﹁ い 区
今 ま 上 と か で 的 定 ご ﹂
の
少 ﹂
﹁
後 す へ が れ す な を
な ど
み
、 。 掲 で ば が 回 行
い
の
協
載 き 詳 、 答 っ
の の
働
・ ま し お し て 総 か ご
量
の
回 す い 名 か い
が み
ま
答 し 内 前 で ま を 分 ﹂
ち
す 、 容 や き す 勘 か が
﹁
づ
る 結 を 電 ま ﹂ 案 ら ど
く
こ 果 確 話 せ と し ず
り
と 、 認 番 ん い て 、 れ
を
が 広 す 号 。 う 回 回 く
進
で 報 る が
抽 数 答 ら
だ な
情 れ て ろ 号 め 確
・ き い ま 報 る は で の 、 な
・
・
誹 も 根 の 個 ま た た は の 、 す 記 ハ お
人 す め 、 出 を 差 。 入 ガ 答
謗 の 拠
、 。 掲 次 し 防 し 広 を キ え
中
や
傷
団
載 の ま ぐ 出 報 お に を
理
と
体
を 内 せ た さ へ 願 は さ
由
受
が
控 容 ん め れ の い お せ
が
け
特
え は 。 、 た 掲 し 名 て
明
取
定
氏 方 載 て 前 い
さ 公
確
れ
で
せ 表
名 が に い や た
で
る
て に
き
な 特 あ る 電 だ
は
も
い 適
る
ど 定 た と 話 く
な
の
た さ
の さ っ こ 番 た
も
い
切
で
す
。
そ
れ
に
対
し
て
、
よ
り
的
挙
げ
て
い
た
だ
く
こ
と
は
と
て
も
大
い
?
﹂
と
い
っ
た
ご
意
見
ご
要
望
を
っ
と
こ
う
し
た
方
が
い
い
ん
じ
ゃ
な
こ
ん
な
こ
と
を
し
て
い
る
の
?
﹁
﹂
も
め
て
い
く
上
で
﹁
ど
う
し
て
役
場
は
8月1
5日、更南区で熊の足跡が発見され、更別村猟友会
(石井 肇会
石井 肇会
長)
と役場で捜索したところ、翌日になって3頭の熊を山林の中で発見。
ハンター5名により2頭を東3号の南8∼9線間、続いて1頭を東1号南8線
でそれぞれ銃器により仕留めました。
3頭のうち最も大きなもので体長1
5
0 、体重は推定1
0
0 でした
でした。
。
これからは、熊が冬眠に向けて体に脂肪をつけるため食欲旺盛にな
り、食べ物を求めて出没することが多くなります。山菜取りなどで山
に出かけるときは、事前に役場で熊の出没状況を確認する、単独で行
動しない、鈴などを着け熊に人の存在を知らせる工夫をするなど十分
に気を付けましょう。
また、熊を目撃したときや足跡を発見した場合は、ただちに役場へ
連絡してください。
[email protected]
連絡・問い合せ…産業建設課 52−2115[email protected]
8
Town Topics
Town Topics
さ
ママチャリの暑い夏
友好姉妹都市仮調印
出
場
す
る
チ
ー
ム
な
ど
も
あ
り
、
会
場
自
転
車
に
か
っ
ぽ
う
着
と
も
ん
ぺ
姿
で
パ
、
く
ま
な
ど
の
着
ぐ
る
み
や
、
三
輪
ム チ で ン マ 年
く ル も
の
0コ 今 が ー 開 タ マ で 8
参 。 を3
こ 度 ン 年 完 ム 催 ー チ 7 月
加
ぐ 近 デ は 走 が 。 ナ ャ 回 6
し
参 い ィ 初 し 参 遠 シ リ 目 日
た
加 暑 シ め ま 加 く ョ 耐 を か
チ
者 さ ョ て
ー
し し は ナ 久 数 ら
2た 、 沖 ル レ え 7
た の ン1
ム
ち 中 。 時 。 う 縄 ス ー る 日
の
ち 県 ピ ス 全 に
は 、 ス 間
中
3 か ー が 日 か
み 懸 タ 通
に
6 ら ド 、 本
ん 命 ー し
は
け
2て
6 3 ウ 十1
な に ト て
、
チ 6 ェ 勝 時 、
カ
汗 ペ 時 快
ー 8 イ イ 間 今
ッ
だ ダ で 晴
ょ
う
か
?
も
ぜ
ひ
参
加
し
て
み
て
は
い
か
が
で
し
マ
チ
ャ
リ
レ
ー
ス
。
来
年
は
み
な
さ
ん
夏
の
イ
ベ
ン
ト
と
し
て
定
着
し
た
マ
を
大
い
に
楽
し
ま
せ
ま
し
た
。
た
。
交
流
に
よ
る
人
づ
く
り
を
始
め
た
ら
、
新
市
に
な
っ
て
も
変
わ
ら
ぬ
お
付
先
人
達
の
先
見
の
明
に
感
謝
し
な
が
行
わ
れ
る
運
び
と
な
っ
て
い
ま
す
。
の
締 今
結 後
を は
議 、
決 両
後 市
・
、
1
1村
月 の
に 議
本 会
調 で
印 盟
が 約
かっぽう着、だいこん、そして三輪ママチャリ
は
人
づ
く
り
﹄
を
モ
ッ
ト
ー
に
し
て
き
島
市
長
は
﹁
旧
矢
本
町
は
﹃
ま
ち
づ
く
り
調
印
式
で
阿
部
秀
保
︵
ひ
で
お
︶
東
松
仮
盟
約
締
結
と
な
り
ま
し
た
。
し
て
交
流
を
促
進
す
る
た
め
、
今
回
の
し
て
誕
生
し
た
市
で
、
合
併
後
も
継
続
と
近
隣
の
鳴
瀬
町
が
今
年
4
月
に
合
併
は
、
以
前
姉
妹
町
村
で
あ
っ
た
矢
本
町
姉
妹
都
市
と
な
る
予
定
の
東
松
島
市
仮
盟
約
が
締
結
さ
れ
ま
し
た
。
ふるさとまつり開催
都
市
盟
約
仮
調
印
式
が
執
り
行
わ
れ
、
村
と
宮
城
県
東
松
島
市
と
の
友
好
姉
妹
き
合
い
を
お
願
い
し
た
い
﹂
と
挨
拶
。 仮調印書に署名する阿部市長(写真左)と安村村長
ら
ふるさとまつりぃ∼スタート∼ 「俺ダメ…」
「マジっすか?」
「マジレンジャー」
り
﹂
を
堪
能
。
♪やんちきどっこいどっこいさ…
「俺の愛車どう?」
「…」
べ
つ
か
し
わ
太
鼓
﹁
﹂
ス
ッ
チ
ョ
イ
サ
踊
す ー い ジ
次 。 ロ つ ャ 最
に
ー も ー 初
、
に テ シ を
更
向 レ ョ 飾
別
か ビ ー る
が
﹁
っ で ﹂
で
誇
し は 魔
る
て か
法
郷
声 見 、
子 戦
土
援 ら ど 隊
芸
を れ も マ
能
送 な た ジ
﹁
り い ち レ
さ
ま ヒ が ン
ら
タ
ー
ト
。
→
チ
ケ
ッ
ト
﹂
の
掛
け
声
と
花
火
で
ス
今
年
の
総
合
司
会
、
お
笑
い
芸
人
﹁
ラ
フ
約
3
千
人
の
皆
さ
ん
が
詰
め
掛
け
、
あ
り
声
援
あ
り
と
、
と
て
も
に
ぎ
や
か
。
な
ど
に
悪
戦
苦
闘
。
観
客
か
ら
は
笑
い
ツ
を
持
っ
て
の
こ
ん
に
ゃ
く
キ
ャ
ッ
チ
は
思
え
な
い
暑
さ
に
。
し
た
が
、
影
響
も
な
く
8
月
最
終
週
と
当
日
は
台
風
の
直
撃
が
心
配
さ
れ
ま
で
選
ん
で
の
早
飲
み
、
水
入
り
の
バ
ケ
牛
乳
・
コ
ー
ラ
・
ラ
ム
ネ
を
サ
イ
コ
ロ
者
は
、
ラ
ケ
ッ
ト
で
の
ボ
ー
ル
運
び
、
で
開
か
れ
ま
し
た
。
べ
夏だ!浴衣だ!盆踊りだ!
月
今
1
3年
日 も
﹁
に ど
、 ん
ま ぐ
た
﹁ り
上 村
更 の
別 盆
豊 踊
年 り
踊 ﹂
が
り 8
「ねえ∼これでいいの?」
「う∼ん手が反対かな…」
﹂
せ ど ー わ 更 子
し み ん
た な だ 来 ん を ル ず 別 ど 盆
。 が り 場 。 求 ・ 大 福 も 踊
め フ 変 祉 の り
ら 踊 し
、 っ た
る ラ な 館 部 は
行 た 皆
お ン 賑 駐 も 、
く り さ
客 ク わ 車 あ 大
夏 と ん
さ フ い 場 り 人
を 思 は
ん ル 。 は 、 の
惜 い 、
が ト 出 老 会 部
し 思 食
後 ・ 店 若 場 だ
ん い べ
を 焼 に 男 で け
で に た
絶 き は 女 あ で
ち 鳥 、 を る な
い 楽 り
ま な ビ 問 上 く
ま し 飲
11
8
月
2
5
日
、
社
会
福
祉
セ
ン
タ
ー
で
長
︶
が
主
催
。
の
実
行
委
員
会
︵
松
橋
和
光
実
行
委
員
て
、
毎
年
恒
例
と
な
っ
て
い
る
盆
踊
り
。
パークゴルフで熱戦!
0
4
打
で
回
る
ハ
イ
レ
ベ
ル
な
戦
い
。
短
い
夏
の
最
後
を
飾
る
行
事
と
し
た が
上 。 9
月
更
1
別
日
豊
に
年
そ
踊
れ
り
ぞ
は
、
れ
若
行
者
わ
が
れ
主
ま
体
し
の
晩
夏
を
満
喫
し
て
い
ま
し
た
。
勝
者
は
1
8
8
打
、
女
子
優
勝
者
も
2
フ 両 実 つ オ
め
た で
ン ど
︵ ー 今
遠 場 日 行 ﹂
パ 。7
2デ の 初 、
昨
ー
ホ ィ 暑 日 年 く に プ 委 実 プ 年
2
ー シ さ は を 福 て ラ 員 行 ン で
6
ル ョ 、 8 上 岡 催 ム 長 委 パ 2
4
の ン 2 月 回 県 さ カ ︶
が 員 ー 回
打
長 が 日 中 る か れ ン 、 会 ク 目
ま ト
主 ゴ
の
異 目 旬
丁 な は と 1 ら し リ 8 催 ル と
と
な
月
5
の
場
た ー2
こ
る 時 は
0・ フ っ
2
参
に
。 パ 日 赤 i た
ろ
中 折 思
挑 、 降 え 名 加
ー ・
を
津 n ﹁
が
者
み 2 雨 な
ク2
1寛 さ 全
男
参
も
ま 日 と い
ゴ 日 一 ら 日
子
加
ル の 郎 べ 本
し 間 コ ほ 。 含
優
7
打
︶
と
善
戦
し
ま
し
た
。
つ
各課・施設の電話/メールアドレス 総 務 課 52−2
111 住民生活課 52−2
112[email protected]
[email protected]
︵
道 錦 加
。
見
洋 町 最
︶
子 の
上
さ1
5位
は
ん
︵ 位
︵ 男
本 2 子
町 0 が
︶
の
7 高
1
8打 下
︶ 弘
位
︵ 、
女 美
2 子 さ
2 が ん
かしわ太鼓少年部も元気に演奏
外
か
ら
詰
め
掛
け
た
皆
さ
ん
は
、
更
別
本
村
を
代
表
す
る
イ
ベ
ン
ト
に
村
内
っ
て
い
ま
し
た
。
な
が
ら
、
発
表
さ
れ
る
番
号
を
聞
き
入
も
子
ど
も
も
抽
選
券
と
に
ら
め
っ
こ
し
最
後
に
﹁
お
楽
し
み
抽
選
会
﹂
。
大
人
曲
を
熱
唱
。
ス
の
朝
﹂
を
含
め
予
定
よ
り
も
多
い
6
﹁
五
十
嵐
浩
晃
﹂
が
ヒ
ッ
ト
曲
﹁
ペ
ガ
サ
た
雰
囲
気
の
曲
を
中
心
に
歌
い
上
げ
、
で
活
躍
中
の
﹁
鈴
木
一
平
﹂
が
落
ち
着
い
の
ネ
タ
で
笑
っ
た
と
こ
ろ
で
、
ラ
ジ
オ
ス
テ
ー
ジ
で
は
、
ラ
フ
→
チ
ケ
ッ
ト
「私の方が早いわよ」
「さすが亀の甲より…」
本
村
勢
も
男
女
合
わ
せ
て
4
0
名
が
参
し
、
高
校
生
や
中
学
生
も
参
加
。
参
加
行
政
全
般
、
皆
さ
ん
が
﹁
聞
き
た
い
こ
と
﹂
を
、
職
員
が
出
向
が
い
、 第
て
82
7 説
月
回 明
2
8さ す
日 ら る
に べ ﹁
ふ つ 村
る ふ づ
さ る く
と さ り
館 と 出
前 ま 前
広 つ 宅
場 り 配
便
﹂
を
ご
利
リ
レ 続 用
ー い く
て だ
﹂
。 、 さ
今 広 い
年 場 。
︵
は
中 申
央
1
6
込
チ で は
ー の
﹁ 5
ム ど 名
が ん 以
出 ぐ 上
場 り で ︶
★
役
場
住
民
生
活
課 52
・
2
1
1
2
「え∼私が1等だなんて信じられな∼い」
今月の子育て標語
♪
「あ∼つく燃える、
まるでかげろうさ∼」
って
昔のCMソング憶えてますか?
大切にしたい 物より体験
大切にしたい 物より体験
「おはようございます。鈴木一平です。
私のラジオ番組知っていますか?」
お金で買えない「体験」を、
子どもの時から。
10
を
願
い
、
姉
妹
都
市
盟
約
の
仮
調
印
両
市
村
が
そ
れ
ぞ
れ
に
将
来
の
発
展
が
、
再
び
新
し
い
よ
り
大
き
な
形
で
、
深
め
ら
れ
今
日
に
至
っ
て
お
り
ま
す
り
一
層
意
識
が
高
ま
り
、
き
ず
な
が
よ
り
、
ま
た
、
姉
妹
町
村
締
結
に
よ
年
い
に 両 を
及 市 申
ぶ 村 し
人 の 上
材 交 げ
交 流 ま
流 事 す
の 業
積 は
み お
重 よ
ね そ
に2
0
と
リ
ー
ダ
ー
シ
ッ
プ
に
敬
意
と
お
祝
の
皆
さ
ん
、
行
政
関
係
者
の
ご
努
力
て
新
し
く
誕
生
致
し
ま
し
た
。
市
民
1
日
に
人
口
4
万
4
千
人
の
市
と
し
ま
れ
た
諸
先
輩
の
ご
尽
力
や
先
見
性
永
き
に
わ
た
り
交
流
事
業
を
は
ぐ
く
こ
と
が
財
産
で
あ
り
、
種
を
ま
き
、
を
問
わ
ず
親
善
大
使
が
育
っ
て
い
る
り
ま
す
。
老
若
男
女
、
年
齢
、
性
別
る
こ
と
が
で
き
た
と
い
う
こ
と
で
あ
実
績
で
あ
り
、
ま
た
、
今
日
を
迎
え
た
だ
い
た
こ
と
が
何
よ
り
も
大
き
な
両
市
村
住
民
の
皆
さ
ま
に
支
え
て
い
れ
に
、
い
ろ
い
ろ
な
課
題
を
超
え
て
が
、
こ
の
間
の
相
互
派
遣
や
受
け
入
﹁
継
続
は
力
な
り
﹂
と
言
わ
れ
ま
す
堪
え
ま
せ
ん
︵
。
中
略
︶
に
至
り
ま
し
た
こ
と
は
誠
に
喜 仮盟約の締結後、握手を交わす両首・議長
び 左より三浦東松島市議会議長、阿部東松
島市長、安村村長、渡辺村議会議長
に
致
平 し
成
ま
1
7す
年 。
8
月
2
5
日
心
か
ら
お
祈
り
申
し
上
げ
ご
挨
拶
と
の
皆
さ
ま
方
の
ご
健
勝
と
ご
多
幸
を
島
市
の
ま
す
ま
す
の
発
展
と
ご
出
席
た
皆
さ
ま
に
感
謝
申
し
上
げ
、
東
松
を
盛
り
上
げ
、
祝
福
い
た
だ
き
ま
し
結
び
に
、
本
日
の
記
念
す
べ
き
日
念
願
す
る
も
の
で
あ
り
ま
す
。
と
一
層
の
ご
指
導
を
賜
り
ま
す
よ
う
り
ま
す
の
で
、
末
長
い
お
付
き
合
い
う
こ
と
も
大
切
な
こ
と
と
存
じ
て
お
創
意
工
夫
し
、
知
恵
を
出
し
合
い
行
わ
し
て
い
た
だ
き
な
が
ら
、
そ
の
分
、
東
松
島
市
は
、
合
併
に
よ
り
4
月
を
申
し
上
げ
ま
す
。
一
方
で
は
、
本
村
の
身
の
丈
に
合
こ
ろ
で
あ
り
、
深
く
感
謝
し
、
お
礼
も
大
事
で
あ
り
ま
す
。
が
希
望
し
期
待
を
い
た
し
て
い
る
と
流
な
ど
特
色
を
生
か
し
た
交
流
事
業
り
行
え
ま
す
こ
と
は
、
多
く
の
村
民
災
害
協
力
や
職
員
を
含
め
た
人
材
交
り
、
姉
妹
都
市
盟
約
仮
調
印
式
を
執
す
ま
す
必
要
と
さ
れ
て
い
る
と
き
、
村
内
外
よ
り
関
係
者
の
ご
出
席
を
賜
ど
将
来
を
見
据
え
た
行
政
運
営
が
ま
会 松 ぐ
議 島 る
長
市 本
市 日
三 長
の
浦
良
阿 き
昇 部 日
様 秀 に
を 保 、
は 様 宮
じ 、 城
め 市 県
、 議 東
中
央
・
地
方
の
﹁
く
に
﹂
の
あ
り
方
な
に
誠
に
多
く
の
課
題
が
あ
り
ま
す
。
政
治
の
混
迷
に
も
表
れ
て
い
る
よ
う
で
し
た
。
学
校
内
の
選
考
会
で
こ
の
十
勝
の
大
地
に
収
穫
の
季
節
が
め
今
、
行
政
を
取
り
巻
く
環
境
は
、
技
の
会
場
前
で
説
明
が
あ
り
、
用
紙
に
し
て
お
り
ま
す
。
た
め
に
役
立
て
て
い
く
決
意
を
新
た
村
の
教
育
・
文
化
・
福
祉
の
発
展
の
一
層
実
り
あ
る
も
の
に
し
て
、
両
市
た
だ
き
、
こ
れ
か
ら
の
友
好
親
善
が
の
重
さ
を
十
分
受
け
止
め
さ
せ
て
い
ま
し
た
。
盟
約
締
結
に
向
け
、
意
義
い
て
も
特
段
の
ご
配
慮
を
い
た
だ
き
東
松
島
市
の
新
市
合
併
協
議
に
お
に
深
く
敬
意
を
申
し
上
げ
ま
す
。
ま
し
た
。
開
会
式
を
終
え
て
鑑
定
競
い
よ
い
よ
本
番
の
日
が
や
っ
て
き
算
問
題
を
中
心
に
勉
強
し
ま
し
た
。
し
ま
い
ま
し
た
が
、
夜
遅
く
ま
で
計
届
け
て
も
ら
う
と
い
う
ミ
ス
も
し
て
定
ノ
ー
ト
を
家
に
忘
れ
て
し
ま
い
、
で
、
一
番
大
切
な
自
分
で
作
っ
た
鑑
行
な
い
ま
し
た
。
私
は
そ
の
合
宿
す に い
。 役 学
立 校
て 生
て 活
い 、
そ
き
し
た て
い 進
と 学
思 、
い 就
ま 農
た
。
こ
の
経
験
を
あ
と
半
年
し
か
な
と
の
で
き
な
い
思
い
出
に
な
り
ま
し
敗
や
経
験
は
私
に
と
っ
て
忘
れ
る
こ
が
出
来
ま
せ
ん
で
し
た
が
、
こ
の
失
残
念
な
が
ら
私
は
入
賞
す
る
こ
と
そ
し
て
閉
会
式
、
成
績
発
表
⋮
◆
生 優 情
活 秀 報
科 賞 処
理
学
競
科
技
3
年
アトリ絵
よ
西
村
沙
緒
里
吉し
平 田
だ
成 16
年
9
北月
更4
別日
区生
香川区
い
わ
き
み
か
井脇 美華さん(中3)
13
各課・施設の電話/メールアドレス 産業建設課 52−2
115 農業委員会 52−2
116 理
央お
り
ち
ゃ
ん
吉田家のいやし系アイドル
「理
央」
です。食欲旺盛で、
毎日いたず
らをしては高速ハイハイで逃げて
いきます。
これからも元気いっぱい、みん
なのいやし系でいてね。
昭一・梢枝
[email protected]
[email protected]
し
た
。
今
回
、
私
は
初
め
て
の
出
場
に
は
最
後
の
仕
上
げ
と
し
て
合
宿
も
後
は
毎
日
模
擬
鑑
定
を
や
り
、
週
末
ま
し
た
。
2
学
期
に
入
っ
て
も
放
課
る
も
の
が
増
え
て
い
く
よ
う
に
な
り
身
で
も
自
信
を
も
っ
て
答
え
を
書
け
で
し
た
が
、
何
度
も
繰
り
返
し
行
な
然
点
数
を
取
る
こ
と
が
で
き
ま
せ
ん
た
。
模
擬
鑑
定
は
最
初
の
こ
ろ
は
全
少
し
難
し
か
っ
た
で
す
。
て
い
な
か
っ
た
分
野
の
問
題
も
出
て
も
出
ま
し
た
が
、
中
に
は
勉
強
を
し
っ
た
模
擬
鑑
定
の
問
題
と
似
た
問
題
2 題 つ
問 は
い
。4
0に
夏 問 競
休 、 技
み そ が
中 の 始
や う ま
放 ち り
課 計 ま
後 算 し
に 問 た
行 題 。
な が 問
来
た
と
い
う
思
い
で
し
た
。
そ
し
て
が
配
布
さ
れ
ま
し
た
。
運
命
の
時
が
農
最
優
業
秀
賞
科
3
年
う
う
ち
に
点
数
も
上
が
り
、
自
分
自
・
・
肉 農
農
優 乳
牛
秀 牛
の 業
業
賞 の
部
部
科 科
2 3
年
年
泉
伊 廣
賀
瀬
秀
明
皓 正
一 貴
小売価格調査結果
小売価格調査結果(7月分)
◆
家
畜
審
査
競
技
る
と
模
擬
鑑
定
を
何
度
も
し
ま
し
ー
ト
を
作
成
し
ま
し
た
。
後
半
に
入
に
登
校
し
て
、
農
業
鑑
定
の
鑑
定
ノ
み
中
を
中
心
に
ほ
と
ん
ど
毎
日
学
校
生 生 生 優
活 活 活 秀
科 科 科 賞
学 学 学
科 科 科
2 1 3
年
年
年
生 最
活 優
科 秀
学 賞
科
2
年
津
村
は
づ
き
増
田
山
田
沙
恵
子
永
田
加
奈
子
た な を と 以 は 大
出 。 く か 思 前 、 会
と
場
出 け っ か て に
が
場 て て ら も 出
決
す も い こ う 場
ま
る ら た の れ で
っ
こ っ の 大 し き
た で 会
て
る
と 時 、 に く と
か
を は 先 出 思 決
ら
決 迷 生 場 い ま
は
め う か し ま っ
、
ま こ ら た し た
夏
休
し と 声 い た 時
。
・
生
活
科
学
コ
ー
ス
由
香
はくさい
1
00
きゃべつ ほっけ(開き)
1
00
平
・ ◆
東 成
農
優 農 農
北1
7
秀 業 業
海 年
業
道
賞 コ 鑑 第
5学 度
ー 定3
回 校
ス
科
技 農
2
術 業
年
競 ク
技 ラ
村
大 ブ
上
会 連
成 盟
良
績
輔
∼消費生活モニターが調べるお買い物情報∼
∼消費生活モニターが調べるお買い物情報∼
食 料 品
品名
比較
東
北
海
道
農
技
業
術
科
競
3
技
年
大
会
高
橋
出 に
場
俊 し
之 て
北
海 8
道 月
3
の2
技 日
術 に
競 帯
技 広
大 農
会 業
が 高
あ 校
り で
ま 東
みそ
上白糖
1
00
1
1
雑 貨
食パン
6枚スライス
こんにゃく
300 程度
トイレット
ペーパー
衣 類
【単位:円】
燃 料
ガソリン
クリーニング(レギュラー)
12ロール Yシャツ1枚
1
更 別 村
1
0.
5
9.
5
1
32.
0
3
81.
0
1
72.
0
1
22.
5
9
5.
5
4
79.
0
178.
0
123.
0
管内平均
2
2.
0
1
7.
3
1
12.
6
3
56.
0
1
58.
0
1
51.
0
1
14.
0
4
14.
0
136.
0
123.
0
全道平均
2
1.
0
1
5.
4
1
01.
1
3
28.
0
1
58.
0
1
57.
0
1
09.
0
4
21.
0
158.
0
125.
0
価格はすべて消費税込です。 「更別村」分については、消費生活モニター2名の調査による村内店舗の平均価格です。
調査対象は全55品目で、うち1
0品目をランダムに抽出し掲載しています。詳しくは役場産業建設課( 5
2−21
15)へ問い合せください。
各課・施設の電話/メールアドレス 出 納 課 52−2113 企画政策室 52−2114[email protected]
[email protected]
12
INFORMATION
含めて3年未満の方で実在職年
綿による胸膜肥厚がある)
が見られる
が1年以上の方
場合は、北海道労働局に申請の上健康
金銭・交通事故・土地建物・夫婦関
管理手帳の発行を受け、無料で定期的
係・親子問題・相続など
②内地勤務経験のみの方で、実在
職年が1年以上の方
外地から引き揚げられた方々へ
外地から引き揚げられた方々へ
保管証券類をお返ししています
保管証券類をお返ししています
税関では、戦後海外から引き揚げて
こられた方々からお預かりし未返還で
ある約8
7万件の保管証券類をお返しし
③上記対象者で、請求を行うこと
なく亡くなられた方
に健康診断を受けることができます。
●相談担当者
石綿肺・肺がん・中皮種などを発症し、
民事調停委員、
家事調停委員、
弁護士
それが石綿にばく露したことが原因で
●問い合せ
終戦に伴い、本邦以外の地域から
あると認められれば労災補償を受ける
引き揚げてこられた方
ことができます。
●贈呈内容
●相談内容
帯広調停協会 3
3−8
2
9
3
に該当する方へは
返還の請求は、ご本人だけでなくご
家族の方々でも構いません。
「もしかし
たら家にも…」
とお気付きの方は、
最寄
りの税関にお問い合せください。
●お返ししている保管証券類
ほか、
①に該当する方には合わせ
て銀杯が贈られます。
の③については、ご遺族からの請
求に応じ対象者あてに贈呈します。
●そ の 他
野生大麻・不正けしを
野生大麻・不正けしを
撲滅しましょう
撲滅しましょう
大麻
(総称:あさ)
の葉を吸煙すると、
遺言など大切な各種の契約につい
●問い合せ
れた方々が、上陸地の税関・海運
す。既に請求された方は、再度請求
険です。しかも、習慣性があることか
で無料相談を受け付けています。
局に預けられた通貨・証券
の必要がありません。
ら、一度使用するとなかなか止められ
●休日相談日時
なくなってしまいます。現在大麻は
1
0月1日
(土)
・2日
(日)
「大麻取締法」
の許可を受けなければ栽
午前9時3
0分∼午後5時
培・所持することができません。
自衛官募集
自衛官募集
十勝支庁旧代表電話 2
4−3
1
1
1 れない方はぜひご利用ください。
なお、毎週月曜日から金曜日の午前
平和祈念事業特別基金
表は十勝支庁ホームページでご覧にな
れます。
9時から午後4時3
0分まで、同じ場所
独立行政法人
十勝支庁ホームページアドレス
http://www.tokachi.pref.hokkaido.jp
※事前予約要
道では1
0月の1カ月間を
「マイバッ
0
1
2
0−2
3
4−9
3
3
また、けし属植物にも多くの種類が
※保管証券類とは
http://www.heiwa.go.jp
あり、
「あへん法」対象植物のソムニフ
帯広市西6条南6丁目ソネビル3階
日
(水)
を
「レジ袋を自粛する日」
として
ェルム種・セティゲルム種、
「麻薬及び
帯広公証人合同役場 2
2−6
7
8
9
います。
役場住民生活課 5
2−2
1
1
2
は、携帯輸入が禁止された一定額以
向精神薬取締法」の対象植物ハカマオ
上のものについて、上陸港で引揚者
ニゲシは、厚生労働大臣の許可がない
から税関が預かった
「上陸港扱いの
保管物件」
と、外地から引き揚げの
石綿を取り扱っていた方は
石綿を取り扱っていた方は
健康診断を受診しましょう
健康診断を受診しましょう
と栽培できず、不法に栽培すると処罰
されます。ただし、ひなげし・おにげ
際、在外公館や日本人自治会へ寄託
石綿による健康被害が多発し、今後
しなど植えても良いけしもあります。
され、
最終的に税関へ移管された
「外
も増加することが懸念されています。
野生大麻・不正けしを発見した場合
過去に石綿を取り扱う作業などに従
は保健所へ連絡・通報してください。
地扱いの保管物件」
があります。
●問い合せ
釧路税関支署十勝出張所
(0
1
5
5
8)
2−0
4
0
6
函館税関ホームページ
http://www.hakodate-customs.go.jp
事していた方は、石綿に
「ばく露」
(悪い
●問い合せ ものにさらされ、
悪影響を与えられる
帯広保健所企画総務課医療薬務係
恩給欠格者
恩給欠格者・引揚者の皆様へ
引揚者の皆様へ
内閣総理大臣の書状を贈呈
内閣総理大臣の書状を贈呈
ごみの減量、
資源の保護のためにも、
1等
1等・前後賞合わせて2億円
前後賞合わせて2億円
「オータムジャンボ宝くじ」
「オータムジャンボ宝くじ」
−
全国市町村振興協会から−
「マイバック」
や
「買い物袋」
の持参にご
るいまちづくりをはじめ、環境対策や
高齢化対策など、地域住民の福祉向上
●発売期間
9月2
6日
(月)
∼1
0月1
1日
(火)
調停制度の普及宣伝などを目的とし
2
7−8
5
2
6
消費者金融の利用トラブルを
消費者金融の利用トラブルを
防止しましょう!
防止しましょう!
貸金業者からお金を借りるときは、
応募資格 1
8歳∼2
6歳の男子
試験会場 帯広市内
待 遇 初任給1
5
9,
0
0
0円
(9カ
1 等 1億5,
0
0
0万円×2
4本
護士会の協力を受け、無料調停
(法律)
前後賞 各2,
5
0
0万円
念を示すため、内閣総理大臣名の書状
ていた事業所から健康診断の連絡があ
相談会を実施します。振り込め詐欺・
2 等 1,
0
0
0万円×2
4本
③債務を弁済したときは、受取証書
などを贈呈しています。
った場合は積極的に利用してくださ
相続など法律でお悩みの方は、お気軽
3 等 1
0
0万円×2
4
0本
(領収書)
交付を受け大切に保管し
●対 象
い。また、石綿を取り扱う作業などに
にご相談ください。
4 等 5万円×3万6,
0
0
0本
従事していた方は、発がんリスクを高
●日 時
5 等 1万円×2
4万本
めることになるので、たばこを吸わな
1
0月8日
(土)
午前1
0時∼午後3時
6 等 3,
0
0
0円×1
2
0万本
①外地などでの勤務経験があり、
いようにしてください。
●場 所
●抽 選 日
加算年を含む在職年が3年以上
受診された結果一定の所見
(両肺野
帯広市西4条南1
3丁目
1
0月1
4日
(金)
の方。および在職年が加算年を
に石綿による不整形陰影があるか、石
とかちプラザ 4
0
2号室
月後1
7
4,
2
0
0円)
休2日
●問い合せ
自衛隊帯広募集案内所 2
3−8
7
1
8
②契約前に貸付利率・返済方法など
の条件を必ず確認しましょう
⑤クレジットカード、運転免許証、
固定資産税第2期
固定資産税第2期
納期限は9月
0日
(金)
納期限は9月3
(金)
健康保険証、年金受給証は担保と
納税には便利で確実な口座振替をご
して提供してはいけません。
利用ください。
ましょう
⑥白紙や内容の記載していない書面
に記名・押印してはいけません。
各課・施設の電話/メールアドレス 年2回
(計4.
4カ月)
、
週
確認しましょう。
ている帯広調停協会では、裁判所・弁
[email protected]
[email protected]
●2等陸・海・空士
①登録をしている正規の貸金業者か
要請をしていますので、過去に在籍し
旧軍人軍属で恩給などを受けてい
2次 11月18日
・19日
http://www.obihiro.plo.jda.go.jp
次のことに注意しましょう。
●賞 金
ない、いわゆる恩給欠格者の方
1次 10月16日
昇給年1回、
ボーナス
に対し退職者にも健康診断を行うよう
各課・施設の電話/メールアドレス 教育委員会 52−3
17
1 国民健康保険診療所 52−2
30
1 高卒
看護学生 (見込含)
2
4歳未満
試験期日 受付時に連絡します
十勝支庁生活環境部環境生活課
恩給欠格者・引揚者の皆様に慰藉の
15
2次 12月13日
高卒
∼16日
(見込含)
2
1歳未満 9月30日 1次 11月5日
・6日
防衛医科
まで
2次 12月7日
大学校学生
∼9日
受付期間 通年
※売り切れ次第終了となります。
なお、労働基準監督署から各事業所
試験日
1次 11月12日
・13日
学生
役場住民生活課 5
2−2
1
1
2
受けてください。受ける時には、医師
無料調停(法律)相談会
無料調停(法律)相談会
募集資格 受付期間
●問い合せ
れます。
のために使われます。
いたことを伝えてください。
募集種目
協力ください。
「オータムジャンボ宝くじ」
が発売さ
胸部レントゲン検査などの健康診断を
に自分が過去石綿に関わる作業をして
グキャンペーン」
期間とし、
特に1
0月5
この宝くじの収益金は、市町村の明
2
7−8
6
3
4
こと)
している可能性がありますので、
●相談場所・問い合せ
●各学生
防衛大学校
道では
「マイバッグ」
道では
「マイバッグ」
を推進しています
を推進しています
還されたもの
税関が保管している通貨・証券類に
(0
1
1)
2
3
1−4
1
1
1 内線2
6−3
6
7
問い合せ先が不明な場合は旧代表電
談を実施します。仕事などで平日来ら
などを引き起こし、体にとって大変危
通貨・証券などのうち、日本に返
2
7−8
5
3
7・8
5
3
8
北海道経済部金融課
(直通)
電話となります。これまでの代
て、公正証書作成に関する休日無料相
幻覚・妄想などの精神障害や生殖障害
公館・日本人自治会に預けられた
十勝支庁経済部商工労働観光課
話をご利用ください。また、電話番号
請求書類は役場に用意してありま
●問い合せ
(月)
からすべての係がダイヤルイン
公証事務休日無料相談
公証事務休日無料相談
終戦後、外地から引き揚げてこら
帰国前に樺太や満州にあった在外
十勝支庁・十勝保健福祉事務所・帯広
土木現業所・十勝教育局では、
1
0月3日
へつながります。ぜひご利用ください。
帯広労働基準監督署 2
2−8
1
0
0
内閣総理大臣名の書状が贈呈される
ています。
などの返還を必ず受けましょう
●問い合せ 表番号を介さずに、直接担当の係など
●問い合せ
の①∼③及び
⑦債務返済完了のときは、借用証書
十勝支庁
0月から
月から
十勝支庁1
直通電話導入
直通電話導入
議会事務局 52−2117 保健福祉課 53−3000 ●問い合せ
役場住民生活課 5
2−2
1
1
2
[email protected]
[email protected]
14
心
配
ご
と
の
相
談
は
・
・
・
地
域
型
在
宅
介
護
支
援
セ
ン
タ
ー
相
談
室
︵
老
人
保
健
福
祉
セ
ン
タ
ー
内
︶
へ ★
月
∼
金
曜
日 午
前
8
時 45
分
∼
午
後
5
時 15
分
白
ピ
ン
ク
今
が
見
頃
の
百
合
木 の
山 花
と
み
子
梶
浦
る
み
子
終
戦
日
平
和
の
祈
り
合
掌
す
河
瀬
壽
八
子
森
の
秋
さ
そ
ふ
音
と
し
雨
を
小 聞
森 く
行
々
子
メ
ロ
ン
い
や
す
い
か
も
い
や
と
母
の
病
む
父
の
顔
知
ら
ず
に
老
い
て
終
九 戦
々 日
多
美
子
手
花
火
を
真
剣
に
持
つ
子
の
白 瞳
岩
幸
女
幾
ば
く
の
命
を
鳴
き
て
秋
の
岡
蝉
文
その6
芸
“食”は健康の原点です
27
◎毎食、主食・主菜・副菜でバランス良く適量を
主食はご飯、パン、めん類を。主菜は魚、肉、大豆類、
卵などを。副菜は野菜、海藻、きのこを食べましょう。
白
樺
吟
社
◎野菜はたっぷり、1日350g以上
(生で両手盛りの量)
緑黄色野菜は120g、その他野菜は230gが目標。加熱し
てかさを減らすなどし、多くの野菜を摂りましょう。
◎カルシウムも大切な栄養素
乳製品、大豆製品、野菜類に多く含まれます。運動をし
新
涼
や
く
る
く
る
廻
る
理
容
梶
灯
たり日光に当たると、カルシウム吸収を助けます。
◎食塩は1日あたり10g未満に抑えましょう
食塩小さじ1杯は6gです。調理や食べ方を工夫しまし
ょう。そして塩分を排出するカリウムを取り入れましょ
う。カリウムは、野菜や果物、海草類に多く含まれます。
◎脂肪を減らす工夫を
肉は脂肪が少ない部位を選び、加工食品
(ウィンナー、
ベーコンなど)
、ケーキやスナック類は減らしましょう。
◎肥満に注意
好
子
二大要因は過食と運動不足で
す。腹八分目に!!
夕
方
に
窓
あ
け
仰
ぐ
星
月
夜
河
瀬
み
よ
懐
か
し
き
顔
行
き
交
え
る
盆
太 の
田 墓
み 所
よ
子
◎みんなで楽しく食べよう
川
の
辺
を
歩
く
静
け
さ
秋
の
居 夕
上
1人での食事は食欲がなくなる
など、食に対する関心を低下させ
ます。家族団らんで体と心を健康に。
◎朝食をきちんと食べよう
朝食は大切な活動エネルギー源、一日のスタートです。
◎上手に外食しよう
外食はカロリーや脂肪、塩分など摂りすぎ傾向です。
脂肪が少なめで、野菜の多い料理を選びましょう。
節
子
考えて食事を取り、健康づくりにチャレンジしましょう
問い合せ
●役場保健福祉課
(福祉の里総合センター内) 5
3−3
0
0
0
人口
3,
4
56
(−7)
世帯数
1,
16
2
(−5)
男
女
1,
6
95 1,
761
(−6)
(−1)
※8月31日現在。( )内は前月比。
17
人
の
う
ご
き
木
田
和
男
さ
ん
︵ 更
7
6
歳
別
田
中
正
勝
さ
ん
︵ 平
7
7
歳
和
柴
田
栄
さ
ん
︵ 中
8
7
歳
央
渡
部
光
夫
さ
ん
︵ 錦
7
6
歳
佐
お
悔
藤
や
貞
み
申
雄 し
さ 上
ん
︵ げ
香
9
0 ま
歳
す
川
区
︶
区
︶
町
︶
町
︶
区
︶
各課・施設の電話 ふるさと館 52−2211 どんぐり公園 52−2406 ※
保
護
者
敬
称
略
岡
中
屋
恭
田
行
敷
弘 秀 吏
り
・
・
も
由 萌え 朝
沙 さ
美 ち
ち
子
ゃ
︵ ゃ 子
︵
ん 更 ん
昭
別
和
東
区
区
︶
︶
老人保健福祉センター 53−3500
生活支援ハウス 52−2233
益
誕
生
お
みめ
太 美
・
で
真
翔と と
ち
弓 ゃ う
圭
田
︵ ん
上
更
別
区
︶
希
望
者
の
み
掲
載
戸
籍
の
窓
口
コミュニティプールの利用は9月30日まで!
今季は9月30日(金)をもちまして、コミュニティプールを
閉館します。残りわずかの期間ですが、どうぞ有効にご利用
ください。
このコーナーの問い合せは…教育委員会 52−3171 各課・施設の電話/[email protected]
南十勝消防事務組合更別支署 5
2−22
01[email protected]
16
さ
ら
べ
つ
こ
う
ほ
う
私たちが地球環境に残している「足跡」
9
〒 更 平
0 別 成
7
8 村 1
9 役 年
9
・ 場
1 住 月
2
5 民 1
9 生 日
活 発
5
課 行
北
︵
字 海
N
更 道
O
別 河
5
南 西
1
1 郡
6
線
更
︶
93 別
番 村
地
更別神社秋季祭典が9月1日
に執り行われました。
みこし渡御
(とぎょ∼神様を
みこしに乗せて、
街を練り歩く
こと)
では、
さらべつ三五四会会
員のほか帯広・忠類・鹿追など
他市町村の団体も参加。午前1
0
時に神社を出発し、更別本通り
をメインに約4時間をかけ市街
地を練り歩きました。
http://www.sarabetsu.jp/
[email protected]
[email protected]
E ホ
メ ー 0
ー ム 1
ル
ペ 5
5
︵ ︵ ー
︵
5
村 代 ジ
2
長 表
︶
2
︶ ︶
1
1
1
︵
代
表
︶
9月とは思えない暑さの中で
の渡御で、みこしを担いだ全員
が 汗 び っ し ょ り。表 紙 写 真 の
「宮入り」
(一度みこしに乗って
街を巡った神様が神社に戻って
くること)
の時は全員くたくた
です。
それでも、五穀豊穣を祈り勇
ましくみこしを担ぎきった皆さ
ん、本当にお疲れさまでした。
0
1
5
5
︵
5
2
︶
2
8
1
2
地域安全にゅーす
■更別村の交通死亡事故死ゼロ記録
253日(8月31日現在)
■8月の村内交通事故件数
14件(人身2 物損12)
【今年1月からの計70件】
■8月の村内犯罪発生件数
3件(窃盗2 器物損壊1)
【今年1月からの計5件】
て
し 私
か は
ら ⋮
れ よ
ま く
す し
ゃ
。
︵ べ
桑 り
原 す
︶ ぎ
い
の
で
は
な
い
で
し
ょ
う
か
?
り
、
不
足
し
て
い
る
こ
と
が
多
ケ
ー
シ
ョ
ン
で
き
な
か
っ
た
人
と
人
と
が
上
手
に
コ
ミ
ュ
ニ
と
強
く
聞
こ
え
ま
す
が
、
昨
今
し
か
る
と
い
う
言
葉
を
使
う
剰
に
し
か
っ
た
り
⋮
し
か
ら
な
か
っ
た
り
、
逆
に
過
ら
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
と
き
に
ば
良
い
の
か
分
か
ら
ず
、
し
か
か
る
側
も
、
ど
こ
ま
で
し
か
れ
込
ん
だ
り
逆
に
反
発
す
る
。
し
の
み
で
判
断
し
、
過
剰
に
落
ち
由
を
考
え
ず
し
か
ら
れ
た
行
為
れ
た
経
験
が
少
な
い
か
ら
、
理
し
か
ら
れ
た
側
は
、
し
か
ら
の
で
は
と
感
じ
ま
す
。
﹁
し
か
ら
れ
慣
れ
﹂
し
て
い
な
い
か
ら
れ
る
方
も
﹁
し
か
り
慣
れ
﹂
る
に
つ
け
、
し
か
る
ほ
う
も
し
最
近
こ
の
よ
う
な
事
件
を
見
起
こ
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
。
心
か
ら
言
え
な
い
暴
力
事
件
が
の
甲
子
園
2
連
覇
達
成
⋮
と
、
■
祝
、
駒
大
苫
小
牧
高
校
夏
18