石山テクノ建設株式会社

会社案内
先端技術で安全と安心を創造する
石山テクノ建設株式会社
会社概要
経営理念
『先端技術で安全と安心を創造する』
わたしたちは わたしたち石山テクノ建設の補修・補強の保全技術で
暮らしやすい環境を人々に提供できる このことを最大のよろこびとしています
■創業の精神― 人の命を守る建物づくりを追求します
1995 年 1 月 17 日午前 5 時 46 分に発生した阪神淡路大震災は死者 6436 人、
全・半壊家屋約 27 万 4 千棟もの大惨事に発展しました。
当時私は , 構造物の補修・補強の専門家として、自分の
使命を自覚し全うすべく、「人の命を守る建物づくり」
にチャレンジすることを誓いました。
代表取締役
石山孝史
そのため、構造物に対する安全と安心を高度な保全
阪神・淡路大震災
技術で実現し社会に貢献する「石山テクノ建設株式会社」
防災まちづくり研究所HPより
を 1997 年に創業しました。
■あらゆる構造物の補修・補強を得意とする専門業者です
● 耐震補強工事
耐震壁設置
高島屋京都店 耐震補強工事
3Q-Wall 工法 施工状況
3Q-Wall 工法 概要
樹脂注入 ( ビックス工法 )
二重梁 PC 緊張工事
● 重要文化財の補修・補強工事
梁補修・補強
東本願寺 御影堂修復工事
● 集合住宅・テナントビル改修工事
分譲マンション大規模改修例
オーナーズマンション大規模改修例
-1-
テナントビル外壁改修例
●会社概要
■商 号
石山テクノ建設株式会社 一級建築士事務所
■本 社
〒 604-8411 京都市中京区聚楽廻南町 1 番地
Tel.075(822)4377 ㈹ Fax.075(803)0417
■亀岡出張所
〒 621-0034 京都府亀岡市稗田野町芦ノ山アゲキ 1-31
Tel.0771(25)9974 Fax.0771(23)6331
■設 立 ■資 本 金 ■代 表 者 1997 年 ( 平成 9 年 )6 月 17 日 10,000,000 円 代表取締役 石山 孝史
■建設業許可
京都府知事許可(般―19)第 31204 号
土木工事業/建築工事業/大工工事業/とび・土工工事業/石工事業/屋根工事業/
タイル・れんが・ブロック工事業/鋼構造物工事業/ほ装工事業/しゅんせつ工事業/
塗装工事業/内装仕上工事業
■一級建築士事務所登録
京都府知事登録(20 A)第 10512 号 有効期限 平成 25 年 5 月 15 日
■ 営業内容
建築・土木構造物の調査・診断・設計業務 建築・土木構造物の補修・補強工事
重要文化財・木造建造物の補修・補強工事 耐震補強工事
マンション・ビル大規模改修工事 建物の新築・リフォーム工事
マンション・ビル管理業務
■加盟団体
全京都建設協同組合 京都建築設計監理協会 関西建築構造設計事務所協会
京都建築構造研究会 社)京都府建築士会 3Q -Wall 工法研究会
QTダンパー工法研究会 繊維補修補強協会 CFRPラミネート工法研究会
●当社の特徴
【 経営理念 】
【 丁寧な施工 】
-2-
【 安心の報告書 】
調査・診断
適切な調査と診断
■適切な調査・診断・計画・施工の重要性
把握することが大切ですが、調査の結果から評
向上
建物の調査では、現状の劣化や損傷の程度を
性能向上
価・診断を行い適切な補修計画を立案する事が
改修
劣化
重要です。
保守点検
補修
初期性能
許容レベル
放置
改良保全
維持保全
不適格レベル
補修・改修工事で安全性・耐久性を確保する為には、
●調査結果に基づく診断が正しく行われなければ、その後の計画も施工も不適切なものとなります。
●補修・改修工事は新築工事の単なる応用ではなく、蓄積された経験がものを言う、新築工事とは異なっ
た建築工事です。
●これからの住宅や建造物の安全は、維持保全により建物
設計
と基礎の劣化を防ぐだけでなく、地震に耐える強度を確保
施工
診断
し維持することが大切です。築年度の古い建物では耐震診
断・耐震補強が欠かせません。
■建物
■基礎
調査
■地盤
調査・診断・設計・施工・アフターケアと、
点検
一貫した体制で「安全と安心」をご提供します。
■当社の許認可資格一覧
技術士(建設部門)
一級建築士
一級土木施工管理技士
一級建築施工管理技士
二級建築士
二級建築施工管理技士
二級管工事施工管理技士
マンション管理士
(マンション)管理業務主任者
宅地建物取引主任者
特殊建築物等定期調査技術者
振動関係公害防止管理者
騒音関係公害防止管理者
1級防水施工技能士
単一等級樹脂接着剤注入施工技能士
京都府木造住宅耐震診断士
監理技術者資格
監理技術者講習終了
コンクリート主任技師
建築仕上診断技術者
建築仕上げ改修施工管理技術者
特定化学物質等作業主任者
有機溶剤作業主任者
連続繊維施工管理士
連続繊維施工士
硬化繊維シート施工士
CFRPラミネート工法施工責任者
CFアンカー施工技術者
シーリング管理士
型枠支保工組立等作業主任者
足場の組立等作業主任者
玉掛け技能講習
職長・安全衛生責任者
小型移動式クレーン運転技能講習
高所作業車運転技能講習
フォークリフト運転技能講習
車両系建設機械(整地)運転技能講習
石綿使用建物等解体等特別教育
ゴンドラ特別教育
アーク溶接
研削砥石
-3-
補修・補強
高度な技術と丁寧な施工
■地盤・擁壁・外構の補強工事例
【 地盤沈下による建物の傾斜発生(不同沈下)を抑止する為に、鋼管杭を用いた抑止策工事例 】
①機材搬入状況
②ケーシング挿入状況
③抑止杭打設完了状況③
【 地盤改良(表層改良工法)工事例 】
①地盤改良材の散布状況
②地盤改良材の混合・攪拌状況
③転圧状況
【 擁壁の強度不足を、既存擁壁の外側に新設した施工事例 】
①現況
②支持杭設置及び鉄筋組み立
③コンクリート打設及び新
て状況
設間知ブロック組積完了状
【 鋼製アンカー補強工法】
アンカー筋使用例
①現況 ②アンカー筋設置はつり ③アンカー設置(エポキシ樹脂接着)
④アンカー筋設置完了 ⑤エポキシ樹脂埋戻し ⑥塗装完了
-4-
補修・補強
■エポキシ樹脂、炭素繊維シートによる補修・補強
技術の蓄積による高度な施工!
【 コンクリートの補修工事例 】
鉄筋コンクリート構造体の機能的な性能低下は、基本的には鉄筋の腐食によって決定されます。
ジャンカなどの局所的不具合は、中性化を防ぐ適切な補修材料と、丁寧な施工で十分回復できます。
ひび割れ
(0.2 ㎜幅以上)
エポキシ樹脂注入
豆板(ジャンカ)
(深さ10㎜から30㎜程度)
はつり ポリマーセメントモルタル充填
(深さ30㎜から100㎜程度)
はつり 型枠+無収縮モルタル注入
コールドジョイント
(0.2 ㎜幅未満)U カット+弾性シーリング (0.2 ㎜幅以上)エポキシ樹脂注入 Uカットシーリング エポキシ樹脂注入
【 柱耐震補強 】炭素繊維補強工法
①施工前 ②プライマー塗布 ③エポキシ樹脂パテ塗付 ④炭素繊維シート貼付け -5-
当社独自の注入技術!
【 木部の補修工事例 】
当社で積み重ねて来ましたエポキシ樹脂注入及び炭素繊維シートによる補修補強技術を、独自の技術で木部の
補修補強に生かせる技術に発展させました。
東本願寺御影堂での施工例
隅木埋め木接着(エポキシ樹脂注入) 化粧隅木補強(炭素繊維シート補強工法)
京都市指定・登録文化財(虫食い部の補修)
①エポキシ樹脂試験注入 ② サンプルを切断して確認 ③施工前現況
④汚染防止被膜塗布 ⑤エポキシ樹脂注入 ⑥汚染防止被膜除去完了
土台の割れ部
① 現況 ② エポキシ樹脂注入
筋交いの割れ部
① エポキシ樹脂注入 ② 炭素繊維シート巻き補強
-6-
補修・補強
■木造住宅の基礎の補修・補強工事例
入念な施工で機能を回復!
【 基礎部の補修・補強 】
普段は目にすることはない基礎部分ですが、コンクリート構造物としての劣化が発生します。
補修・補強を適切に行い強度を回復することが大切です。
ひび割れが中性化を促進し、
鉄筋に錆が発生します。放置に
より曝裂が発生しコンクリート
強度が低下します。
中性化
ひび割れ
鉄筋の錆
ひび割れ部
【 低圧エポキシ樹脂注入工法 】
カートリッジ式の樹脂注入器具を用いて定量のエ
ポキシ樹脂をゴムチューブの内圧により、人手を介
さずに確実に注入する、ひび割れ補修工法です。
低圧でエポキシ樹脂を注入することにより、
微細なひび割れの隅々まで樹脂を充填し、確実
に補修することができます。
低圧エポキシ樹脂注入状況
チェックボーリング
低圧エポキシ樹脂注入工法により、
太いひび割れから細かなひび割れま
で、完璧に充填できています。
壁厚1mのRC構造からの採取コア(直径約 50 ㎜×長さ約 600 ㎜)
曝裂部補修
及び
中性化保護工法
①施工前現況 ②錆鉄筋防錆処理
-7-
③下地処理完了
④エポキシ樹脂パテ塗付完了
⑤エポキシ樹脂塗料塗布完了
⑥アクリルウレタン樹脂塗料塗布完了
炭素繊維シート
補強工法
内側
①炭素繊維シート貼付け ②炭素繊維シート貼付け完了
外側
①施工前現況 ②炭素繊維シート貼付け
③硅砂撒布 ④完了(モルタル刷毛引き)
-8-
止水・防水
■地下車庫漏水補修工事例
駐車場の漏水を解消!
エポキシ樹脂注入 コンクリート保護工法 ( 防水性塗装工事)
【 車庫ボックスカルバート目地部漏水補修 】
①施工前現況 ②漏水状況 ③漏水状況
④目地部モルタル撤去 ⑤欠損部補修 ⑥エポキシ樹脂注入
⑦エポキシ樹脂注入 ⑧目地部シーリング ⑨施工完了
【 防水性塗装工事 】
エポキシ樹脂系コンクリート保護材による被覆工法
エポキシ樹脂プライマー エポキシ樹脂塗装 アクリルウレタン樹脂塗装
①下塗り パテしごき ②中塗り ネオライナー(3回塗り) ③上塗り AU-1(2回塗り)
-9-
■地下室漏水補修工事例
地下室のジメジメを解消!
施工前 シラスバルーン断熱塗装施工完了
【 地下室漏水補修 】
①施工前状況 ②施工前状況 ③施工前状況
④入角のモルタル撤去 ⑤入角をカッター切り ⑥エポキシ樹脂注入 ⑦パテしごき ⑧クロスライニング(2層) ⑨シラスバルーン断熱塗装(3回塗り)
【 ピット部での施工例 】
①注入用パイプ設置 ②エポキシ樹脂注入 ③ライニング完了
- 10 -
制振ダンパー
木造住宅の必需品
耐震と制振で地震に耐える
QT
クエイク・テクノ ダンパー
QTダンパー」の制振性能が、建物を共振による倒壊から守ります。
「
グラ
ラ
共振
グ
グラ
木造家屋が比較的短い周期の波で強く揺すられる
・・
と、柱と梁の接合部がゆるんで固有周期が長くなり、
・
共振
周期がやや長い(1 秒前後の)地震動に大きく作用
(共振)をして、家屋を倒壊にいたらせます。
これはおびただしい木造家屋の倒壊を生じた阪神
淡路大震災の“震災の帯”で記録された地震動を、
ほかの地震の波形と比較して明らかになったこと
0.1 ~ 0.5 秒ほどの地震動 揺れ続けると、緩みが生じ
に建物が共振して揺れる。 固有周期が1秒ほどに伸び で、このときの周期 1 秒前後の強い顕著な振動は、
ていきます。
「キラーパルス」と呼ばれていました。
●倒壊の原因は共振により建物が緩んでいくためです。
それを防ぐためには、繰返し
建物に加わるエネルギーを吸収
する「QT ダンパー」の持つ制振
性能により、柱と梁の接合部の
緩みを抑えて、固有周期が伸び
ることを防止し共振による倒壊
から建物を守ります。
●繰返しの揺れから建物の損傷を抑えます。
・基礎にしっかりと固定する完全自立型制振装置
・建物の揺れに「直接作用する」明快な構造
・高減衰ゴムの伸縮で効果的に揺れを防ぐ
・環境振動から大地震まで幅広く対応
・シンプル構造で長期間メンテナンス不要
・資格認定を有した会員による設計施工体制
・建築技術性能証明取得 GBRC性能証明
QT ダンパーに使用する高減衰ゴム(ゴムチェーンダンパー)の中央部と、チェー
ン埋め込み部の断面積の差により、中央部の高減衰ゴムに応力が集中し、効果的に制
振機能を発揮できるように開発された高性能ダンパーです。 (特許出願中)
【QT ダンパ-】の設計及び施工は、認定資格を有した会員による安心対応です。
QT
クエイク・テクノダンパー
【QT ダンパ-】は、日本建築総合試験所にて、建築技術性能証明を取得しています。
(2007 年 3 月)GBRC性能証明 第 06-21 号
- 11 -
工法研究会
CFRPラミネート工法
構造物の曲げ耐力向上に
東レ ( 株 ) 製
トレカ ・ラミネート工法
トレカラミネートの3大ポイント
早い=短工期
軽い=良好な施工性
安心=高い施工信頼性
プライマー塗布や炭素繊維の
炭素繊維は鉄の4分の1の
工場で製造した高品質なCFRP
積層作業は不要です。
重さです。
硬化板を使用しています。
①トレカラミネートは高強度(T700S)、もしくは高弾性
(M46J)の炭素繊維を一方向に引き揃え、熱硬化型のエポキ
シ樹脂を含浸させた炭素繊維強化型プラスチック(CFRP) 硬
化板です。
②単位幅あたりの炭素繊維重量は、炭素繊維シート(目付量
300g / ㎡)の4~8層分に相当します。
●軽くて扱いやすいため、作業が容易で大掛かりな機械や設備が不要です。
●スラブ下端の配管が交錯する箇所や限られた空間での作業も簡単です。
●CFRPラミネートは強度と剛性が高いため、構造物全面に貼り付ける必要は有りません。そのため、
下地処理の面積が少なく工事に伴う粉塵やガラの発生量を減少できます。
●腰壁や垂れ壁などがあるスラブの場合、CFRPラミネートを通す孔を開けるだけで済み、効率よく作
業が出来ます。
●施工後の、母材の目視点検が容易に行えます。
●貼り付けるCFRPラミネートの量が多いほど補強効果
は高い傾向を示します。
●鉄筋が降伏するまで、CFRPラミネートは剥離しませ
ん。
●CFRPラミネートに端部定着を設けることで、補強効
果を高めることが出来ます。
スラブ補強例
梁補強例
- 12 -
丁寧な施工
トータルコストの削減
時間の経過とともに真の価値を発揮する丁寧で正しい補修・補強工事を
行うことが、建物の安全性と耐久性を向上させ資産価値を高めます。
構 造 安 全 性 能
構造物を根本から補修・補強して劣化防止工
日常安全性
中性化
強度低下
ひび割れ(腐食)
美 観
凍 害
ひび割れ(乾燥収縮)
資産価値を高めます。
表面的な 「 化粧 」 だけでは真の対策にはなり
ません。
表面劣化
居 住 性
大たわみ
鉄 筋 腐 食
事を行い耐久性を向上し、美しい仕上げを行い
劣化現象は単独ではなく、相互に複雑に関係
しています。各劣化原因の推定と、これに続く
補修や補強の対応も複雑になります。
漏 水
そのため適切な調査と丁寧な施工の必要性が
求められます。
丁寧で正しい施工による、「躯体の補修・補強」と「仕上げの塗装・防水等」
が耐久性の向上に繫がり。トータルコストの削減に繋がります。
■塗装・防水等改修工事
外壁塗装
屋上防水(アスファルト冷工法)
屋上防水(シングル葺き)
バルコニーウレタン防水
バルコニーFRP防水
廊下塩ビ長尺シート
階段塩ビシート
階段エポキシ塗床
- 13 -
室内床MMA樹脂ライニング
安心の報告書
安全と安心を提供
安心の報告書が適切な維持保全に繋がります。
安心の報告書『建物のカルテ』
当社では、お客様に『時間の経過と共に真の価値を発揮する』
丁寧で正しい補修・補強工事を行い、その工事記録を詳細にまと
めた『安心の報告書』を、提出し続けています。
当社でも同じ報告書を全て管理保管し、常に継続性のある対応
が出来る体制を整えています。
それは、まさしく主治医が保管しているカルテと同様です。
歴代工事の報告書を全て保管しています
一貫した体制で、安全と安心をご提供します。
アフターケア
保守点検
引渡し
検査
施工記録作成
施工実施
工事見積書作成
施工計画書作成
施 工
施工方法の検討
調査報告書作成
調査実施
調査見積書作成
調査計画立案
予備調査
調査依頼
調 査
戸建住宅改修工事例
集合住宅大規模改修工事例
わたしたちは、適切な調査・診断・設計・施工に努め、個人住宅や
マンションの様々な不具合の補修やリフォーム・耐震補強などを通じ、
皆様に安全と安心をご提供します。
- 14 -
□建物に関する、あらゆるご相談にお答えします。
□劣化や損傷の原因を適切に判断・評価します。
□技術的・経済的に最良の対策をご提案します。
まずは、ご相談ください
【QT ダンパー 総販売代理店】
『先端技術で安全と安心を創造する』
わたしたちは わたしたち石山テクノ建設の補修・補強の保全技術で暮らしやすい環境を
人々に提供できる このことを最大の喜びとしています
石山テクノ建設株式会社
一級建築士事務所
〒604‑8411 京都市中京区聚楽廻南町1番地
TEL 075‑822‑4377 ㈹ FAX 075‑803‑0417
E‑mail [email protected]
URL http://www.ishiyama‑techno.co.jp
QT ダンパー
クエイク・テクノ
R
工法研究会
050-3385-3790
050-3737-0980
E-mail [email protected]
201110K06
http://www.ishiyama-techno.co.jp