3月18日の交渉と公開質問状への賛同の呼びかけはこちら

高浜3・4号の地震動評価で断層モデルは耐専スペクトルの1/2~1/3
原子力規制委員会に地震動評価法の抜本改定を求めよう!
公開質問状の賛同団体・個人になって下さい!
3月18日午後1時半から参議院議員会館で
原子力規制委員会との交渉に参加を!
耐専スペクトルも岩手・宮城内陸地震を反映せず、過小評価
原子力規制委員会は基準地震動・基準津波の確定と航空機墜落等による大規模損壊時の対策の3条件を
満たす原発を「模範」として選定し「審査書案」を作成しようとしています。あろうことか、政府・与党の中からも
再稼働をプッシュする発言が相次いでいます。ちょっと待って下さい!原発の地震動評価はあまりにもずさん
です。このままでは地震で炉心溶融事故が再び起きる危険があります。私たちは以下のことを原子力規制委
員会に求め、交渉します。ぜひ、公開質問状に賛同し、交渉に参加して下さい。
(1) 高浜3・4号の断層モデルによる地震動評価結果は、国内地震観測記録に基づく耐専スペクトルと比べて
1/2~1/3の過小評価になっています。耐専スペクトルも2008年岩手・宮城内陸地震など震源近傍の国内
地震観測記録が反映されていません。過去20年間の国内地震記録に基づいて耐専スペクトルや断層モデ
ルを抜本的に構築し直し、基準地震動を大幅に引き上げるべきです。
(2) 高浜3・4号および大飯3・4号については、基準地震動をそれぞれ1000ガル以上および1500ガル以上へ
大幅に引き上げるべきです。他の原発についても同様に基準地震動を大幅に引き上げるべきです。
原子力規制委員会との交渉
日時:2014年3月18日(火)13:30~15:00
場所:参議院議員会館 102会議室
(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂駅前」下車歩5分)
参加希望者は通行証が必要ですので、事前に久保
までご連絡下さい。当日は、参議院議員会館の荷物
検査を経て、12時過ぎにロビーへ集合し、事前会合
(12:30~13:20)からご参加下さい。
原子力規制委員会に対する紹介議員は、社会民
主党の福島みずほ参議院議員にお願いしています。
公開質問状は3月5日に66団体・221個人の賛同で第一次提出しましたが、3月17日まで募集を継続し、18
日の交渉当日に改めて提出します。公開質問状への賛同団体・個人になって下さい。そして、3月18日の原
子力規制委員会との交渉に参加して下さい。遠方からの交渉参加者には交通費の半額をめどにカンパした
いと思っています。交渉を成功させるため、1口500円で何口でも結構ですのでカンパをお寄せ下さい。
公開質問状への賛同団体・個人を募集中: 第2次締め切りは2014年3月17日正午
連絡先:〒583-0007 藤井寺市林5-8-20-401 久保方 TEL 072-939-5660 dpnmz005@kawachi.zaq.ne.jp
または 〒591-8005 堺市北区新堀町2丁126-6-105 若狭ネット資料室(長沢啓行室長)
TEL 072-269-4561 ngsw@oboe.ocn.ne.jp http://wakasa-net.sakura.ne.jp/www/
カンパ振込先: 郵便振込口座番号00940-2-100687(加入者名:若狭ネット)
呼びかけ: 原子力発電に反対する福井県民会議、 サヨナラ原発福井ネットワーク、
原子力資料情報室、 若狭連帯行動ネットワーク(事務局担当)
- 1 -
高浜3・4号の地震動評価で断層モデルは耐専スペクトルの1/2~1/3
原子力規制委員会に地震動評価法の抜本改定を求めよう!
公開質問状の賛同団体・個人になって下さい!
耐専スペクトルも岩手・宮城内陸地震を反映せず、過小評価
電力各社は現在、PWR12基(泊1~3、大飯3・4、高浜3・4、伊方3、川内1・2、玄海3・4)とBWR5基(柏崎刈
羽6・7、島根2、女川2、浜岡4)の原子炉設置変更許可申請(再稼働申請)を出し、原子力規制委員会で審査
中です。原子力規制委員会は2月19日の本会議で、基準地震動・基準津波の確定と航空機墜落等による大
規模損壊時の対策の3条件を満たす原発を「模範」として選定して「審査書案」作成のステージに入ることを決
めました。最大の焦点は、基準地震動の策定です。
若狭連帯行動ネットワークなど関西の29市民団体が2月19日、「高浜3・4号と大飯3・4号のFO-A~FO-B断
層と熊川断層の連動に係る地震動評価」について関西電力と交渉した結果、下図のように断層モデルによる
評価結果が耐専スペクトルの1/2~1/3にすぎず、ひどい過小評価になっていることが浮き彫りにされました。
ところが、関西電力はこの大差の原因を説明できず、「いずれの評価も適切であり、断層モデルの評価結果を
2~3倍大きくする必要はない」と言い張っています。しかも、大飯3・4号では断層との距離が近すぎて耐専ス
ペクトルは適用外だとし、断層モデルでしか評価していません。その基準地震動は断層モデルの評価結果に
ほぼ等しい状態です。これでは、耐震安全性が保証されているとは到底言えません。これは他の全原発に共
通した問題です。原発近くの活断層等による地震に対して耐専スペクトルは適用外とされ、もっぱら断層モデ
ルで評価されていますが、断層モデルでは国内の地震動をひどく過小評価しています。高浜・大飯原発を例
- 2 -
原子力安全・保安院によ
りクリフエエジが報告され
た原発は以下の9基:
大飯3・4号1.80Ss
(1,260gal, 2012.2.13)
高浜3・4号1.77Ss
(973gal, 2012.2.13)
伊方3号1.5Ss
(855gal, 2012.3.26)、
川内1号1.86Ss
(1,004gal, 2012.9.3)、
川内2号1.89Ss
(1,220gal, 2012.9.3)、
泊1・2号1.86Ss
(1,023gal, 2012.9.3)
電力会社一次評価は、
美浜3号1.76Ss
(1,320gal, 2011.12.21)
敦賀2号1.77Ss
(1,420gal, 2012.4.19)
だが、原子力安全・保安
院が「評価中」に解散。
他の原発でも、クリフエッ
ジは2.0Ss未満だと推定さ
れる。
にとり、原子力規制委員会に対し、具体的に地震動評価手法の抜本的改定を迫り、基準地震動Ssの大幅引
き上げを求めましょう。炉心溶融事故に至る限界の地震動(クリフエッジ)は高浜3・4号で1.77Ss(973ガル)、大
飯3・4号で1.8Ss(1260ガル)であり、地震動評価手法を改定すればそれぞれ「1000ガル以上」と「1500ガル以
上」に引き上げる必要があります。そうなれば、再稼働などできません。他の原発も全く同じです。
この基準地震動策定のための手法は、主に「耐専スペクトル」と「断層モデル」ですが、いずれも最近20年
間の国内地震観測記録を反映しておらず、耐専スペクトルの適用範囲は狭いままです。断層モデルは北米
中心のデータに基づくレシピになっており、国内の活断層にそのまま適用すると半分以下の過小評価になりま
す。断層モデルのこの問題点は1993年に入倉氏自身の共著論文で明らかにされていたことです。原子力規
制委員会に公開質問状を共同で提出し、高浜・大飯原発の地震動評価を通して具体的に問い詰め、理論的
に追い詰め、耐専スペクトルと断層モデルの抜本的改定を迫り、基準地震動の大幅引き上げを求めましょう。
原子力規制委員会に対する紹介議員は、社会民主党の福島みずほ参議院議員にお願いしています。
公開質問状は3月5日に66団体・221個人の賛同で第一次提出しましたが、3月17日まで募集を継続し、18
日の交渉当日に改めて提出します。公開質問状への賛同団体・個人になって下さい。そして3月18日の原子
力規制委員会との交渉に参加して下さい。遠方からの交渉参加者には交通費の半額をめどにカンパしたい
と思っています。交渉を成功させるため、1口500円で何口でも結構ですのでカンパをお寄せ下さい。
公開質問状への賛同団体・個人を募集中: 第2次締め切りは2014年3月17日正午
連絡先:〒583-0007 藤井寺市林5-8-20-401 久保方 TEL 072-939-5660 dpnmz005@kawachi.zaq.ne.jp
または 〒591-8005 堺市北区新堀町2丁126-6-105 若狭ネット資料室(長沢啓行室長)
TEL 072-269-4561 ngsw@oboe.ocn.ne.jp http://wakasa-net.sakura.ne.jp/www/
カンパ振込先: 郵便振込口座番号00940-2-100687(加入者名:若狭ネット)
- 3 -
2014年3月5日
原子力規制委員会委員長
田中 俊一 様
高浜3・4号と大飯3・4号に則した
耐専スペクトルと断層モデルによる地震動評価に関する公開質問状
現在全面停止中の国内原発について、新規制基準に基づく原子炉設置変更許可申請書の審査が進行中
ですが、私たちは耐震設計における地震動評価法について根本的な疑問を持っています。地震動評価は主
に耐専スペクトルと断層モデルによって行われていますが、いずれも最近20年間の国内地震観測記録が反
映されておらず、近距離で起きる地震による短周期地震動が過小評価されているのではないかと危惧してい
ます。再稼働を求める原子力ムラの圧力に屈しない、科学者の良心に従った判断を国民は求めています。
若狭連帯行動ネットワークなど関西の29市民団体が2月19日に関西電力と交渉した結果、「高浜3・4号と大
飯3・4号のFO-A~FO-B断層と熊川断層の連動に係る地震動評価」について、断層モデルによる評価結果
が耐専スペクトルの1/2~1/3にすぎず、ひどい過小評価になっていることが浮き彫りにされました。ところが、
関西電力はこの大差の原因を説明できず、「いずれの評価も適切であり、断層モデルの評価結果を2~3倍大
きくする必要はない」と言い張っています。しかも、大飯3・4号では断層との距離が近すぎて耐専スペクトルは
適用外だとし、断層モデルでしか評価していません。その基準地震動は断層モデルの評価結果にほぼ等し
い状態です。これでは、耐震安全性が保証されているとは到底言えません。これは他の全原発にも共通した
問題であり、原発近くの活断層等による地震に対して耐専スペクトルは適用外とされ、もっぱら断層モデルで
評価されていますが、断層モデルでは国内の地震動をひどく過小評価している可能性があります。高浜・大
飯原発の例をベースにして、原子力規制委員会においても耐専スペクトルと断層モデルによる地震動評価の
問題点について、早急に検討し直すべきだと私たちは考えます。
ここに公開質問状を提出しますので、炉心溶融事故を二度と起こさないことを肝に銘じ、国民の安全を最優
先すべき原子力規制委員会として文書回答の上、口頭で丁寧にご説明くださるよう、お願い申し上げます。
でも、短周期の地震動レベル(短周期レベルと応力
1.高浜3・4号における地震動評価について
降下量)を1.5倍化した場合などさまざまな不確実さ
(1) 高浜3·4号での「FO-A~FO-B断層と熊川断層
を考慮した地震動評価になっています。いずれも、
の連動を考慮した地震動評価」について、関西電力
同じ断層に対し、同様の条件に対する地震動評価
は、耐専スペクトルと断層モデルによる評価結果を
であり、本来はほぼ一致するはずです。両者で2~
図1のように示し、「いずれの結果も適切だ」と主張し
3倍の差は大きすぎます。今の強震動レシピを用い
ています。しかし、この図から明らかなように、断層モ
た断層モデルによる地震動評価法には、根本的な
デルによる評価結果は耐専スペクトルの1/2~1/3に
問題があると私たちは考えていますが、いかがです
すぎません。断層モデルによる地震動評価は明らか
か。評価結果が耐専スペクトルの1/2~1/3であって
に大幅な過小評価であると私たちは考えますが、い
も、断層モデルに特段の問題はないとお考えなので
かがですか。
しょうか。
(2) 図1において、耐専スペクトルは内陸補正をしな
(3) 地震動評価結果に1/2~1/3倍の大差が出た根
いグラフであり、新潟県中越沖地震の教訓から震源
本原因は、活断層による地震規模の推定値が断層
特性を1.5倍にした形になっています。断層モデル
モデルと耐専スペクトルとで全く違うことにあると私た
- 4 -
ちは考えていますが、いかがですか。
タに基づく回帰式ですが、断層幅が平均16.6kmで
耐専スペクトルでは、震源断層の地下での長さ
あるのに対し、国内の断層幅は平均13kmにすぎま
(広がり)から松田式で地震規模(気象庁マグニチュ
せん。その結果、入倉式を日本国内の活断層にそ
ード)を算出していますが、断層モデルでは断層面
のまま適用すると断層面積が小さいため地震規模
積から入倉式で地震規模(地震モーメント)を算出し
がひどく過小評価されてしまいます。それを端的に
ています。ところが、入倉式は北米中心の地震デー
示すものが中央防災会議による図2です。国内の活
断層に対して、入倉式が最も小さな地震規模(モー
メントマグニチュード表示)を算出することは明白で
す。断層モデルでは、この地震規模に基づき、短周
期レベル、応力降下量、平均すべり量、アスペリティ
面積などのパラメータが算出されますので、地震規
模が小さく算定されることは、地震動評価にとって致
命的です。入倉式をベースにした断層モデルを国
内の活断層、とりわけ断層幅の短い横ずれ断層に
そのまま適用すると、地震動をひどく過小評価する
ことになると私たちは考えますが、いかがですか。
(4) 北米と国内との地震データの違いについて、入
倉氏も共著者である論文(Somerville et al.:「地震
断層のすべり変位量の空間分布の検討」, 第22回
地震工学研究発表会,291-294, 1993)では、北西
図1.高浜原発におけるFO-A~FO-B断層と熊川断層の
連動を考慮した場合の耐専スペクトルと断層モデルによ
る地震動評価結果(全ケース:EW方向) および新基準地
震動Ss-H(水平)(2013年12月)
アメリカ12、日本国内8の地震データを分析・比較し
て、次のように記されています。
「日本の地殻内地震の断層面積は北西アメリカの
地震の0.53倍であり、平均すべり量は1.86倍大きく、
対応する日本の地殻内地震の静的応力降下量は
平均で北西アメリカの地震の2.6倍大きい。日本の
Slip Constant Ratio の平均は1.57であり、アスペリテ
ィの破壊面積の合計は断層全体の面積の42%を平
均で示している。北西アメリカではそれぞれ1.875と
26%である。このことは日本の地殻内地震はすべり
量のコントラストが小さいアスペリティで、より広い領
域が覆われていることを示す。アスペリティの絶対面
積は日本の地震と北西アメリカの地震で大きな差は
ない。すなわち、日本の地殻内地震は北西アメリカ
の地震とほぼ同じ大きさのアスペリティを持っている
が、すべり量の小さい領域は少ない。つまり、破壊
図2.2006年中央防災会議第26回「東南海,南海地震等
に関する専門調査会」で検討された国内活断層に対する
各種地震規模推定式とその評価結果
領域全体の面積は小さい。すべり継続時間は平均
して、3.6倍日本の地殻内地震のほうが北西アメリカ
の地震より大きい。しかし、すべりモデルを求めたイ
- 5 -
ンヴァージョン解析に固有周期6秒の気象庁1倍強
れていますが、解放基盤表面はぎとり波で1500ガル
震計の変位記録を用いていることに注意が必要で
以上の地震動が観測されている2007年新潟県中越
ある。」
沖地震M6.8や2008年岩手・宮城内陸地震M7.2等
断層モデルは一種のシミュレーションであり、その
については反映されていません。これらを包含した
パラメータ設定を間違うと地震動評価結果はひどい
形で耐専スペクトルを再構築し、震源近くの地震動
過小評価にもなり得ます。とりわけ、北米と日本国内
評価を大幅に改善し、適用範囲を拡大すべきだと
とで地震データにこのような大きな差があるとすれ
私たちは考えますが、いかがですか。
ば、それぞれに特化した断層モデルのパラメータ設
定法が不可欠です。この問題を解決するためには、
北米中心の地震データに特化した入倉式による断
層モデルをそのまま適用するのではなく、1995年の
阪神・淡路大震災以降の強震計ネットワークで観測
された日本国内の地震データに基づいて国内用の
断層モデルを再構築する以外にないと私たちは考
えますが、いかがですか。
(7) 「基準地震動及び耐震設計方針に係る審査ガ
イド」の「断層モデルを用いた手法による地震動評
価」においては、「震源の極近傍での地震動の特徴
に係る最新の科学的・技術的知見を踏まえた上で、
さらに十分な余裕を考慮して地震動が評価されてい
ることを確認する。」と記されています。耐専スペクト
ルにおいても同様に十分な余裕を考慮すべきだと
私たちは考えますが、いかがですか。
(5) 「FO-A~FO-B断層と熊川断層の63.4km連動
耐専スペクトルの上記原子力安全委員会での適
モデル」の応力降下量として Fujii-Matsu'ura による
用性検討によれば耐専スペクトルには「倍半分」の
値(断層平均3.1MPa、アスペリティ平均14.1MPa)を
バラツキがあり、原発の耐震安全性を確保するため
関西電力は用いていますが、地震調査研究推進本
には耐専スペクトルの2倍程度の余裕を見込む必要
部の「活断層の長期評価手法(暫定版)」報告(2010
があると私たちは考えますが、いかがですか。
年11月)には「長さが100kmを超えるような長大な断
(6)(7)の観点から、高浜3・4号についても、基準地
層」と明記されており、連動モデルが「長大な断層」
震動を1000ガル以上へ引き上げるべきだと私たち
と言えるかどうかは疑問です。断層幅も剛性率も
は考えますが、いかがですか。
Fujii-Matsu'ura モデルより小さく、このモデルをその
まま適用するのは問題だと私たちは考えますが、い
かがですか。また、新潟中越沖地震を教訓として応
力降下量等に1.5倍の不確実さを考慮しています
が、アスペリティ平均応力降下量は、鳥取県西部地
震M7.3で(28.0MPa, 14.0MPa)、能登半島地震M6.9
で(20MPa, 20MPa, 10MPa)、岩手・宮城内陸地震
M7.2で(17.0MPa, 18.5MPa)と評価されています。基
本モデルのアスペリティ平均応力降下量を20~30M
Pa程度に設定し、その上で1.5倍の不確実さを考慮
すべきだと私たちは考えますが、いかがですか。
2.大飯3・4号における地震動評価について
(1) 大飯3・4号での「FO-A~FO-B断層と熊川断層
の連動を考慮した地震動評価」について、関西電力
は、耐専スペクトルは近すぎて適用外だとし、断層
モデルによる評価結果を図3のように示し、周期0.02
秒の応答加速度が759ガルになって、基準地震動
の700ガルを超えたため、基準地震動を759ガルに
引き上げるとしています。しかし、高浜3・4号では、
同じ断層に対する断層モデルによる地震動評価結
果は耐専スペクトルの1/2~1/3にすぎませんでし
(6) 耐専スペクトルについても、2000年鳥取県西部
た。関西電力は「断層モデルによる地震動評価結果
地震M7.3における賀祥ダム(等価震源距離Xeq=6k
が不適切であるとか、2倍しなければいけないとか、
m)の地震動については原子力安全委員会(第62回
そういうことは考えていない」と主張していますが、断
地震・地震動評価委員会及び施設健全性評価委員
層モデルの評価結果にぎりぎりの基準地震動を策
会WG3,2010.3.3)の適用性検討で妥当だと確認さ
定されても耐震安全性は確保されないと私たちは考
- 6 -
図4.耐専スペクトルの作成・適用性確認に用いられた
地震データの等価震源距離Xeqと気象庁マグニチュード
M(図中はMjと表記)(大飯3・4号と高浜3・4号に関するデータ
を二重線の菱形および二重点線の菱形(推定値)で加筆した)
図3.大飯原発におけるFO-A~FO-B断層と熊川断層の
連動を考慮した場合の断層モデルによる地震動評価結
果(応力降下量1.5倍ケース)と現行の基準地震動Ss-1H
(2013.12)
えますが、いかがですか。大飯の場合、断層モデル
による過小評価を考慮し、「十分な余裕」をもたせる
ことに配慮すれば、現行の基準地震動の2倍以上、
1500ガル以上の基準地震動を設定すべきだと私た
ちは考えますが、いかがですか。
(2) 関西電力は耐専スペクトルに関して、「FO-A~
FO-B断層と熊川断層の連動」(M7.8,Xeq=12.6km
程度)だけでなく、「FO-A~FO-B断層」(M7.4,Xeq
=10.5km)も近すぎて適用外だとしていますが、1(6)
の原子力安全委員会での適用性検討では、図4の
図5.関西電力が第59回新規制基準適合性に係る審査
会合(2013.12.18)で示した耐専スペクトルの適用性検討
データ(1:FO-A~FO-B断層(M7.4,Xeq=10.5km),2:熊川断
層(M7.1,Xeq=15.4km),3:上林川断層(M7.5,Xeq=30.2km))
データが示され、2000年鳥取県西部地震の賀祥ダ
が、図4を見れば、十分適用範囲内であることは明
ム(M7.3,Xeq=6km)での耐専スペクトルは地震観測
らかだと私たちは考えますが、いかがですか。「FO-
記録とよく合うと評価されており、これ以外の地震デ
A~FO-B断層と熊川断層の連動」についても、耐
ータも適用性検討で評価されています。「FO-A~F
専スペクトルで評価すべきだと私たちは考えます
O-B断層」や「FO-A~FO-B断層と熊川断層の連
が、いかがですか。
動」に対して耐専スペクトルが適用外だとする根拠
はないと私たちは考えますが、いかがですか。
関西電力は図4を示さず、図5を示して、「FO-A
~FO-B断層」は適用範囲外だと主張しています
以上
添付資料:1.関西電力との2014年2月19日交渉記録、
2.長沢啓行(大阪府立大学名誉教授):「大飯3・4号と
高浜3・4号の耐震安全性は保証されていない」,若狭ネ
ット第147号,pp.6-27(2014)
- 7 -
呼びかけ団体:
原子力発電に反対する福井県民会議、サヨナラ原発福
井ネットワーク、原子力資料情報室、若狭連帯行動ネット
ワーク(事務局担当)
賛同団体・個人:(2014.3.5現在 66団体、221個人)
(3月6日現在 70団体、239個人)
[北海道] 山内恵子、林 正樹、
[青森] 核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団、浅石紘爾
[福島] 双葉地方原発反対同盟、社民党福島県連合、
石丸小四郎、佐藤龍彦
[宮城] みやぎ脱原発・風の会、舘脇章宏、篠原弘典
[新潟] 柏崎原発反対刈羽村を守る会、武本和幸
[東京] すなめりの会、原子力資料情報室、日本消費者
連盟反原発部会、ふぇみん婦人民主クラブ、安達由起、
斉藤美智子、山口泰子、伴 英幸、西尾漠、松久保肇、
谷村暢子、吉岡香織
[神奈川] 小沼智子
[茨城] 反原子力茨城共同行動、根本がん
[埼玉] 細谷孝、野口久枝、
[静岡] 東京電力と共に脱原発をめざす会、原発震災を
防ぐ風下の会、太田川ダム研究会、小池泰子、堀 考信、
粕谷たか子、西原幸子、東井 怜、古浦勝久
[長野] 伊藤順
[愛知] 核のごみキャンペーン・中部、安楽知子、岡田雅
宏
[石川] 志賀原発を廃炉に!訴訟原告団、原発震災を案
じる石川県民、北野 進、堂下健一、岩淵正明、中田博
繁、奥村回、橋本明夫、北尾 美帆、川本藏石、川本樹、
中垣たか子
[福井] 原子力発電に反対する福井県民会議、サヨナラ
原発福井ネットワーク、株式会社森と暮らすどんぐり倶楽
部、石地優、松下照幸、山崎隆敏、田代牧夫、中嶋多恵
子、若泉政人、石森修一郎、笠原一浩、芦野順介
[京都] 京都原発研究会、山田耕作、尾崎一彦
[滋賀] 滋賀県放射性チップを告発する会、池野正治、
西村広宣、白永昇次
[大阪] 科学技術問題研究会、労働組合なにわユニオ
ン、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン、どこまで
も9条の会、大阪此花発!STOPがれき 近畿ネットワー
ク、全日本港湾労働組合関西地方大阪支部、平和と民
主主義をめざす全国交歓会、ストップ・ザ・もんじゅ、福島
の子どもたちを放射能から守ろう・関西、原発ゼロ上牧行
動、STOP原子力★関電包囲行動、みらくる∞未来を創
るにんげんアクション、9条改憲阻止共同行動、ヒバク反
対キャンペーン、若狭連帯行動ネットワーク、地球救出ア
クション97、チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西、子どもた
ちを放射能から守る大阪ネットワーク、国際女性年連帯
委員会、風を起こす女の会、大阪東南フオーラム平和・
人権・環境、高井千彰、小川亮、色見勝徳、白木原雄、
乾清之、戸田寛、戸田剛、田辺秀作、寺西久雄、松野尾
かおる、高橋もと子、中井かをり、前田由隆、長沢啓行、
長沢由美、久保きよ子、久保良夫、定森和枝、山崎清、
稲岡美奈子、稲岡宏蔵、猪又雅子、原 三郎、三田宣
充、金澤知成、黒石昌朗、太田陽子、森田悦子、曽我部
玲子、中野陽子、須波あゆみ、柳内ちよ子、花立和代、
足立須香、山口直子、立花善子、陰山みどり、八瀬宗
子、髙木永貢子、上松治美、桃田恵子、寺西久子、中井
久子、中井のどか、北川芳美、野澤八千代、田中一成、
木村英生、山本ゆき、木村洋子、康 由美、長澤民衣、冨
士野佐和子、大山裕喜子、山本次子、陶山喜代子、岸上
知三、中沢浩二、尾崎一彦、中山一郎、服部良一、中澤
和子、三好龍孝、荒木淳子、土代武、出来秀人、堀田雅
代、松尾哲郎、山田肇、瀧石雄介、中野晴久、平見 毅、
山本光子、松尾和子、奥村剛子、重松信子、林田 史、
春木博美、中野正史、門林洋子、山崎憲成、坂元千賀
子、遠藤槙夫、北阪英一、疋田真紀、鎮西節子、山本英
子、東野セツ、木下佳子、松永節、松本郁夫、鴨井憲雄
[兵庫] 原発の危険性を考える宝塚の会、さよならウラン
連絡会、安全食品連絡会、鈴蘭台食品公害セミナー、現
代を問う会、神戸YWCA平和活動部、建部 暹、喜岡笙
子、北川れん子、喜多康夫、高橋智子、竹本衣江、富樫
章、振津かつみ、中川慶子、
[奈良] 奈良脱原発ネットワーク、反原発奈良教職員の
会、さよなら原発北葛の会、さようなら原発生駒、川崎寛
子、田中正和、岩佐元春、梅谷敦子、加藤義明、金丸知
佳、井上智絵、三宅恵子、野澤七雄、足立嘉代子、菅原
紘美、松尾富雄、榎本恭一郎、旭 幸美、平岡敏幸、野
口夏紀、山本万知、窪田義廣、中村優衣、山口花織、西
林紗紀、大川雅博、辻和将、篠原章二、村橋香美、坂下
智子、若松未来、橋本繁、保浦公夫、堀田美恵子、住吉
純子、中西克至、上島 博、二階堂裕之
[和歌山] 寺井拓也、内海洋一、田中美津子、上平正子
[島根] 島根原発増設反対運動、島根原子力発電所3号
機の運転をやめさせる訴訟の会、芦原康江、阪本 清
[岡山] 小林秀朗
[広島] ヒロシマ・エネルギー・環境研究室、溝田一成
[山口] 原発いらん!山口ネットワーク、三浦翠、小畑太
作
[愛媛] 阿部悦子と市民の広場、原発さよなら四国ネット
ワーク、原発さよならえひめネットワーク、原発なしで暮ら
したい松山の会、愛媛の活断層と防災を学ぶ会、放射能
を憂慮する市民の会、農薬空中散布に反対する会、愛媛
環境ネットワーク、伊方原発反対八西連絡協議会、八幡
浜・原発から子供達を守る女の会、伊方原発をとめる会、
阿部悦子、小倉 正、垂水正和、垂水栄子、近藤 誠、大
野恭子、渡部伸二、古茂田知子、土居立子、大本光子、
井出久司、松尾京子、谷口博徳、斉間淳子
[鹿児島] 川内原発建設反対連絡協議会、川内つゆくさ
会、まちづくり県民会議、荒武重信、有馬和子、安藤成
子、小川 彰、小川美沙子、川畑一勝、北畠清仁、小薗
元子、小原治代、城 眞理、城下義博、嶽釜百合子、田
中ひろみ、佃美喜子、外山一正、堂免明子、鳥原禧一、
鳥原良子、鳥原雅子、中俣貞子、馬場園征子、福丸のり
子、堀之内しおり、松田勝美、松田良子、松山喜美子、
三園敏則、武藤智子、村田明子、森永明子、山下勝次、
山下美紀、若松静美
連絡先:若狭連帯行動ネットワーク
久保 TEL 072-939-5660 dpnmz005@kawachi.zaq.ne.jp
長沢 TEL 072-269-4561 ngsw@oboe.ocn.ne.jp
- 8 -