PCSG レターNo.11(2013 年 9 月) - 緩和ケアサポートグループ

NPO 法人
緩和ケアサポートグループ
PCSG レターNo.11(2013 年 9 月)
☆4月25日に引っ越しました
〒203-0053 東京都東久留米市本町1-13-1
コンフォール東久留米402(中神方)
ご挨拶
電話/FAX:042-420-4008
自然の力の前に「経験したことのない」という報道が連続し
Email:[email protected]
[email protected]ますように
URL:http//www.kanwacare.com/
と祈り願います。
前号からの半年、PCSG にもいろいろなことがありました。
お知らせのとおり、4 月には東久留米駅近くに転居しました。
しつつあります。
高田馬場の小さな部屋からサンクレスト(東久留米白十字訪
貴重な患者家族体験をとおして、病院の役割や医療者の在り
問看護ステーション分室)を経て、事務室や小イベントの環
方を再考するとともに、がんの早期発見のためにもっと活動
境がさらに整いました。ご配慮くださった中神先生、御母上
する必要を感じました。
様、中島所長はじめ皆さまにあらためて御礼申し上げます。
みなさま、いろいろなお考えはあろうかと思いますが、健
また、4 月から日本財団の助成をいただき、ふらっとカフェや
診結果をよく読み、精密検診が必要なときは速やかに受けま
諸事業を拡充中です。
しょう!!!
活動参加者の中にも多くのことが起こりました。がんの診
(代表
河正子)
断を受けて療養なさった方、ご家族の介護に新たな展開が在
った方、受療施設を変えた方、他の参加者とのつながりで活
動を広げられた方等…。6 月には近隣の二つのカフェと合同で、
2013 年度 緩和ケア・高齢者ケア学習会報告
医療を補完する「対話カフェ」を考える市民公開シンポジウ
ムを盛況裡に開催できました。本号では半年間の多くの活動
の一つとして、8 月に理事の中島朋子さんが講師を務められた
テーマ:看取りの現場における緩和ケアの展開
密度の濃い学習会の概要を中神副代表がまとめてくださって
日 時:2013 年 8 月 3 日(土)14 時~16 時
います。
場 所:コンフォール東久留米 1階 集会室
秋以降も諸活動を計画しております。インフォメーション
講 師:中島 朋子
をご覧くださり、ぜひご予定にお加えください。また、今年
(東久留米白十字訪問看ステーション管理者)
も 10 月第 2 土曜日の世界ホスピス緩和ケアデーに合わせて、
(NPO 法人緩和ケアサポートグループ理事、
「清瀬ホスピス緩和ケア週間」が開催され、本法人も後援団
緩和ケア認定看護師)
体になっております。
さらに、東久留米白十字訪問看護ステーションと協働して、
夏休みに入り、猛暑の中、一般市民の方、医療福祉従事者
ステーションの一部に地域ホスピス相談室を設置する計画も
20 名の参加を得て今年度初の学習会が始まりました。市民の
進行中です。一層のご協力をどうぞよろしくお願い申し上げ
中には、訪問看護を受けたご本人と介護体験者もおられまし
ます。
た。講師の中島さんは平成 7 年から約 20 年訪問看護に従事さ
最後に私事をひとつ。この夏、夫にがんが発見され入院、
れており、さらに本年 4 月から、看護協会認定 在宅看護専門
手術というおもいがけないことがありました。幸い経過は良
看護師資格取得を目指して大学院で学ばれるなど、今回のテ
好で(今後の長い内科的管理は必要ですが)
、職場復帰を果た
ーマにうってつけの講師をお迎えしたことになります。
1
では、60 枚余りのスライドを駆使しての講演の概要をお伝
に場所”がない、という状況を迎えることは近々と予想され
えします。
る。
1.
2.
訪問看護と日本の医療についての基礎知識・現況
訪問看護をささえるケアの考え方
★訪問看護とは、病院ではなく“自宅”
(グループホーム、有
料老人ホームなどの施設も含め)という生活の場で提供され
る医療・看護ケアである。つまり、自己実現を果たしやすい
場で「利用者とご家族の QOL―生活の質-を確保」し、
「そ
の人らしく生きること」の応援をケアの二本柱としつつ、穏
これからは、訪問看護ケアを在宅・地域での緩和ケアと読
やかで尊厳ある人生の幕引き(看取り)への支援も行う。
み替えてお話ししたい。
★訪問看護ステーションは「看護職が管理者・責任者・経営
そもそも、医療・看護・介護ケアの原点にはホスピスマイ
者となって医療と看護ケアを提供する組織」として 1992 年に
ンドがある。ホスピスは、
“人を手厚くもてなす”というラテ
設置されたが、その活動内容が医療従事者にも十分浸透して
ン語に由来し、本来は全人的なケアの哲学を意味する。しか
いるとはいえない。構成員は看護師、保健師、助産師、理学
し、広義にはホスピスケアが行われる場所・施設をさす。
療法士、作業療法士、言語聴覚士、精神保健福祉士、看護補
すなわち、
“温かいおもてなしの心(ホスピタリティ)に則っ
助員、事務員によって構成される。ケアの対象者は年齢、疾
て、一人一人の患者を尊厳ある人として大切にし、親密に関
患を問わず多様であり、利用者のかかりつけ病院もそれぞれ
わりつつ、そのニーズ[求めるもの・こと]を最大限実現出
違う。
来るように努めること”を何よりも大事にする。
まず、日本の医療について基礎的なことをまとめておこう。
最近では、とくにがんの患者に対するケアとして、世界保
健機関 WHO が提唱した 緩和ケアという言葉が世界的に使
われるようになった。緩和ケアの基盤になるのは全人的苦痛
・平均寿命(2013 年):男 80.88 歳、女 87.18 歳
(total pain)の理解と対処である。
“ひと”は身体的苦痛・精神
・高齢化率(2012 年):23.3% 2025 年には 30%を超える。
的苦痛・社会的苦痛・スピリチュアルペインという相互に関
・多死の時代(2008 年 114 万人→2040 年 166 万人)
連しあう4種の苦痛をもつといわれる。緩和ケアは“生命を
⇒日本は超高齢化社会であり、かつ 21 世紀は一層の多死の時代
脅かす疾患に直面する患者とその家族の QOL(人生と生活の
になる。
質)の改善を目的”とし、疾患への罹患早期から積極的治療に
・死亡場所の変化:1975 年頃を境に自宅死を病院死が上回る。
あわせて全人的苦痛の緩和にチームで取り組むのである。ホ
現在、81%が病院死。
スピス・緩和ケアは“最期まで患者がその人らしく生きてゆ
・入院日数の短縮化・早期退院:2013 年 3 月で 16.9 日
けるように支える”ことが基本方針の一つである[日本ホス
・死因:1位 がん、2位 心疾患、3位 脳血管性疾患
ピス緩和ケア協会『ホスピス緩和ケアの基準』
]
。以上は、訪
⇒2人に1人はがん、3人に1人はがん死(年間 30 万人)
。
問看護の理念・目標と同じである。
・主にがん患者を受け容れる緩和ケア病棟(ホスピス)数:全国に
257 施設 5101 床
(いずれも累計、2012.11.1 現在)。
以上をまとめると、国民の 6 割は最期まで自宅で過ごした
いと希望しても、家族への遠慮、看取りを知らない世代の増
加もあり実現不可能と考えている。にも拘わらず患者・家族
の気持ちが追いつかぬまま、しかも医療機器・医療処置を要
する状態で退院を迫られているのが現状である。多死の時代、
介護施設を 2 倍、
自宅死を 1.5 倍に増やしても 47 万人には
“死
2
ところで、在宅での看取りには、とくに訪問看護師にとって、
3.
在宅・地域での緩和ケア
いくつかの留意点がある。
訪問看護による在宅緩和ケア(地域での緩和ケア)は生活
モデルの形をとって行われる。
・
つまり、主体的に積極的にその人らしく生きるための支援と
医療従事者が常にいるわけではない。従って、利用者・家
族に対して準備・説明が必要である。臨終期予測のアセス
いうことである。
メント・マネジメントが必須である
・
具体的には、
基本的には家族だけで看取る。家族に起こりうることを説
明し、症状の変化や症状に応じた対応*など、死の準備教育
が必須である。
[*救急車を呼ぶ前に、まず訪問看護師に連
・利用者の生活の質・生命の質を重視したケア→利用者・家族の
絡を、などは特に重要である]
意思決定を大事にする。生き方・死に方を最大限尊重する
・
死亡確認を実施してくれる医師は必要である。死亡確認を
・生活を中心に組まれた医療福祉サービス→生活の中に医療を馴
依頼できないと検死扱いになる。ただし、最終診察 24 時間
染ませる。そのため、多種・多様な職種の協働によるチームアプ
以内の死亡であれば、死亡確認のための訪問をしなくても
ローチが準備される。
死亡診断書は可能である(異常死を除く)
。
* 生活の延長線上にある自然な死を迎えるためのサポート
在宅・地域での看取りの要件を挙げる。
在宅での緩和ケアおよび看取りの、利用者・家族にとって好
ましい点として次のようなことが挙げられよう。
・
・
本人、家族の希望
・
介護する人(家族)がいること(独居、介護困難なご家族-
高齢夫婦、家族がいても遠方など-が増加しており、今後の
馴染み深い自分の城で、自分のペースで穏やかな生活・時間
課題である)
を過ごせる
・
自己実現がしやすい
・
大事な家族、その一員であるペットと過ごす時間が持てる
・
医療機器に囲まれないで過ごせる
・
生活の延長線上にある自然な死を迎える
・
臨終期を家族に囲まれて過ごすことが可能である
・
エンゼルケア(ご遺体の処置)はご家族と一緒に行うことも
24 時間対応の医師、訪問看護の受け容れ
・
必要に応じた介護サービス(訪問介護など)の受け容れ
・
入院必要時の受け入れ先病院の確保
・
施設での看取りの充実も今後の課題である
4.家族ケアの真髄
可能である
・
・
家族は“もう一人の病人”と言われる。医療従事者に望ま
家族は“自分たちに出来ることは精一杯やった”という満足
れる家族ケアの真髄を挙げる。
感・達成感を持つことができる。もちろん、そのための家族
・ 家族の思いに対しても傾聴・受容・共感する
への支援[予期悲嘆への援助も含め]は必須である。
・ 家族の思いや価値観、意思決定を尊重する
・ 家族と共にサービス提供者がいることを伝える→寄り添
い、共に考え、患者・家族に
とってより良い QOL を維持できるように最善を尽くす
ことを伝える
・ 家族が出来るケアの方法を説明する→「やれるだけのこ
とはしてあげられた」という達成感を家族に持ってもら
うためにとても大切である。
3
学習会では、全人的苦痛の内容と対処法、家族ケアの具体的
な内容、予後予測に必要な知識についても講義があった。し
かし、かなり専門的になりすぎるため割愛することにした。
その代わりに、誰にとっても大切な心構えを2点話して下さ
ったので報告する。
5.自分らしい人生の最後を迎えるために
・ 死は誰にでも必ず平等にいつかは訪れる
・ 自分の命について日頃から自分で考える
・ 死をタブー視せず、より良く生きるため
に必要なこととして積極的に考え、話し合う
・ 家族や親しい人と「自分の命」
「どんな最後を迎えたいか」
“ちょこっと”よりみち
などについて意思表示し、折りにふれて話し合う機会を
持つ
・ 地域にどういう医療体制があるか、元気なうちに知って
おく
・ 終活―どんな医療を受けたいか、どんな最後を迎えたい
■つい最近、NHK BSで「今朝の秋」という作品を偶然
かなど-の内容を文書の形で残す。
(例)リビングウィル、
みました。原作 山田太一 氏、音楽 武満徹 氏、演出 深町幸
アドバンスディレクティブ、事前指示書、アドバンスプ
男 氏、俳優 笠智衆 氏、杉村春子 氏、杉浦直樹 氏 等々の
ランニングなど。
そうそうたる面々で 1987 年に製作された番組です。以下、ホ
ームページにのっていた作品のあらすじ文章です。
6.普段元気な時から考えておくこと、話し合っておくこと
・ どんな生き方をしたいか
“宮島鉱造(笠智衆)は蓼科で隠居生活を送っていました。あ
・ どんな医療を受けたいか
る日、一人息子の隆一(杉浦直樹)が、がんを患い余命がわ
・ 告知をすべて受けたいか
ずかであると知って東京の病院に駆けつけます。しかし、
・ 人生の幕引きをどのように迎えたいか
病気の息子に気の利いた言葉もかけられずに迷っている
・ 意思表示が出来なくなった時は、どうして欲しいか
と、二十数年前に離婚した前妻のタキ(杉村春子)がやって
・ どんな葬儀をしたいか
来ます。一人息子の死を目の前にして、別々の人生を送
など…
ってきた鉱造とタキは、親として何をどう行動すればい
中島さんの話を伺いながら、往診に行っていたときのことを
いのか。悩みながらも、二人はやがて家族の絆の重さを
思い出しました。現実的な希望を持って頂きつつ、患者さん
感じ始めます。
”
とご家族双方に好ましい幕引きを準備することに腐心しまし
た。入院時から訪問看護師に訪室してもらい信頼関係をつく
■息子の死が近いことをきっかけに、それぞれ違う方向を
っておくことが大切です。全くのサービスでしたが、試験外
みて生きてきた家族が息子を中心に動き出すといったストー
泊の時に対応してもらったこともあり、患者・家族の安心に
リーです(だと思います)
。私は、この作品をテレビで4度く
つながりました。スムースな在宅ケアへの移行に向けて保険
らいみているのですが(笠智衆が好きだということもあり)
、
でカバーされると良いのですが。民間保険の活用もあるかも
いつみても、心動かされ見入ってしまいます。再放送が何度
しれません。私自身、新しい情報・知識の学習が必要でしょ
もされるくらい評価の高い番組なのですね。
う。最後の 2 点、自分はどこまで出来ているだろうか、心許
なさを感じております。
(副代表 中神)
■この作品が制作された 1980 年代は、がんという病名が患者
に直接伝えられることはほとんどない時代であったといいま
4
す。ドラマの中でも、息子は父や母に、残された命が短いの
だん大きくなり、いずれはべつの方向に、たいがいはまちが
ではないか、どうせ死ぬなら覚悟して死にたいと訴え、それ
った方向に転化せざるをえなくなる。
を聞いた父や母は、息子に死が近いことを伝えることの葛藤
*怒りは自分が傷つけられていること、自分の欲求がきき入
を抱きます。父は古くからの友人に自分の気持ちを以下のよ
れられていないことを警告してくれている。・・・ なにか
うに話します。
が自己の信念体系に抵触していることを知らせるシグナルの
役目もはたしている。有害なできごとにたいして随時生じる
“このまま治るゆうて死に別れていいのかと思うが、あと
適度の怒りは健全なものではあるが、その感情にたいしてと
みつきだと知らせて安らかに逝かせる自信もない。八十
る過剰な行動とともに、なにも行動しないことが問題の原因
過ぎても子供にろくな言葉一つ言えん”
になっている。
*怒りは、うけた傷に自分がなんの対処もしていないことを
■2000 年代以降は、予後(治癒可能性や、余命の予測など)
知らせるシグナルである。傷をためこみ、それに注意をむけ
を含めた説明が行われるようになってきています。ただ、予
ないでおくと、怒りは成長する。わたしたちはたくさんの傷
後について話し合うその時々の過程が、容易にすすむわけで
をためこみ、やがて傷の分類ができなくなって、最後には自
はありません。
“死に向き合う”とか、
“死を受け入れる”と
分に怒りがあることにさえ気づかなくなる。怒りの感情とと
か、私たちはこの言葉をよく使ってしまいますが、そんな簡
もに生きることに慣れすぎてしまい、それが自己の一部だと
単にはいきません・・・。だからこそ、私はこの番組を何回
おもいはじめる。・・・ そして怒りがアイデンティティの
もみてしまうのでしょうか・・・。今まで出会った方々、そ
一部になる。だからわたしたちは、自己のアイデンティティ
して、自分の家族のことを思い浮かべながら書いています。
と古い感情とを分ける作業をはじめなければならない。自己
の善性をおもいだし、真の自己をおもいだすために、怒りを
(副代表
草島悦子)
手放す必要があるのだ。
*怒りを内部にむけていくと、それはしばしば抑うつや罪悪
感となってあらわれてくる。
*処理されない恐れは怒りに転化する。
*怒りがわるいもの、まちがったものだとされている社会に
―ライフ・レッスン―
住んでいるわれわれは、それを健全なかたちで表出する方法
を知らない。・・・ きょう怒りを感じたら、その場で「怒
ホスピス緩和ケアの発展に大きな影響を与えた「死ぬ瞬間-
っている」と口にだし、あしたべつのことで怒りを感じたら、
死にゆく人々との対話」の著者エリザベス・キューブラー・
またその場で「怒っている」といえばいいのだ。
ロスは、晩年に病の床で、同労者デーヴィッド・ケスラーと
*正直に自分の怒りを表現することを学ばなければならない。
共に「ライフ・レッスン」という味わい深い書を著していま
怒りをためこまず、やりすごす生きかたを身につけなければ
す。その 14 のレッスンの中から、印象に残る文章を少しずつ
ならない。それは可能である。
紹介していくコーナーの 9 回目です。
◆第 9 章 怒りのレッスン より
*怒りは自然な感情であり、自然な状態においては、数秒か
ら数分で消えていくものである。・・・だが、とつぜん怒り
を爆発させるなど不適切な表現をするか、逆に抑えてためこ
んでしまうと、問題が生じてくる。
*抑圧された怒りはかんたんには消えず、わだかまりとして
残っていく。小さなうちに処理しておかないと、怒りはだん
5
御礼
インフォメーション
今年度も、4 月からの半年間に 5 名の方々からご寄付をいただ
・12 月までの決まっている予定
きました。
[email protected]
[email protected]動に役立た
▽第 17 回
せていただきます。
日時:10 月 5 日(土)13 時~15 時
ほんとうにありがとうございました。
▽第 18 回
日時:11 月 2 日(土)13 時~15 時
▽第 19 回
日時:12 月 7 日(土)13 時~15 時
◆アロマの会
編集後記
▽第 3 回
日時:10 月 5 日(土)15 時~
▽第4回
すっかり秋の涼しさになりました。前回のニューズレターか
日時:11 月 2 日(土)15 時~
ら半年。半年と一口に言っても、いろいろなことが起こるも
◆詩彩画の会
のです。
日時:12 月 7 日(土)15 時~
私的なことも絡めて思い起こすと、事務所の引っ越し、テレ
上記いずれも
ビドラマ「あまちゃん」の大ブーム!河代表のご主人の手術
場所:東久留米白十字訪問看護ステーション
に、私の病気の疑いによる検査(ひとまず経過観察です)と
東久留米市本町 2-2-5 本町ビル 1 階
いうこともありました。
そんな中、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催
◆清瀬ホスピス緩和ケア週間
が決まりました。
http://www.shin-ai.or.jp/hospiceweek
私は1964年の東京オリンピックの年に生まれ、1972年の札幌
▽パネル展示「ホスピス緩和ケアってなぁに?」
オリンピックには北海道で暮らしていました。
日時:10 月 1 日(火)~10 月 13 日(日)
が、あいにく、観戦に足を運んだことはありません。
場所:クレアギャラリー(清瀬西友4階)
でも、いよいよ7年後に東京で、となると、何か観に行こうか
▽講演会&コンサート「ホスピス緩和ケアのお話と病棟の
しら、何かお手伝いできることはないかしらという気になり
紹介」
ます。
日時:10月26日(土)10~12 時
3兆円の経済効果と言われても、私にはピンとこない話ですが、
場所:東京病院 大会議室(西武池袋線清瀬駅よりバス)
7年後というちょっと先の数字がありがたいような。
▽ホスピス緩和ケア病棟 見学ツアー(事前予約制)
私もまだまだ弱音は吐けないなと思わされ、スポーツに打ち
日時:10 月 26 日(土)13 時~15 時 30 分
込んでいる子供たちの世代には、自国の夢の舞台で!と目標
◆希望の会主催研修会*11 月 16 日に予定しておりましたが、
を持たせてくれるに違いない。
変更になりました
とにかく少し先の未来に‘希望’の文字が見える話題でした。
日時: 2 月 8 日(土) 午後 2 時~4 時頃
(前田 奈美)
場所: 武蔵野公会堂 第 1・第 2 合同会議室(定員 108 名)
<お問い合わせ>
テーマ 「がんで限りある命と言われたら ~最期まで自分ら
しく生きるために~ 」 (仮)
■NPO法人緩和ケアサポートグループ
電話&FAX:042-420-4008
6