論実習VI

The University of Tokushima (2010)〉 Faculty of Integrated Arts and Sciences〉 Human Sciences (Psychology and Health Studies) [⇒Japanese]
論実習 VI
1 unit (selection) 2nd-year(1st semester)
名 姓 · Associate Professor / Institute of Socio-Arts and Sciences
Target〉 本授業
,有酸素運動 適
水中運動 体験 通
,水中
運
動 留意点 理解
,健康
必要 運動 対
意識 高
目的
.具体的
,水中
身体 使 方 推進力
理論 踏
,水難救助 方法 ,
実践,基本
技術練習 泳力練習
行 予定
.
Outline〉 水中
.
運動
留意点
理解
,水泳
4 泳法
Keyword〉 水中運動, 水難救助法,
, 4 泳法
Notice〉 本授業 夏季集中授業
.事前
日時 掲示板
確認
.授業時 必要
水着,
,給水用 水筒 各自
準備
.
,成績評価
3/4 以上 出席数 必要
.
Goal〉 水中運動 必要 基礎知識 理解
,水泳指導 必要 基礎泳
力 (具体的
4 泳法 25m 以上) 身
.
Schedule〉
1.
(授業内容 紹介)
2. 水中運動 留意点
3. 水中
Re-evaluation〉 実施
Textbook〉 資料 適宜配布
Reference〉
⋄ 日本水泳連盟 (編)「水泳指導教本【地域
指導者用】」大修館書店
⋄ 日本赤十字社「赤十字水上安全法講習教本」
⋄ 日本
協会 (編)「
・
教本」大修館
Contents〉 http://cms.db.tokushima-u.ac.jp/cgi-bin/toURL?EID=201238
Contact〉
⇒ 行實 .
⇒ Satake (3119, +81-88-656-7212, [email protected]) Mail
(Office Hour: 火曜日:16 時 30 分 ∼ 17 時 30 分)
Note〉 隔年開講
4.
1
5.
2
6. 水中安全管理
7. 溺者
対応
8. 水中運動
計画 管理
9. 蹴伸
習得
10.
習得
11.
習得
12.
習得
13.
習得
14.
習得
15. 泳力
16. 総括
Evaluation Criteria〉 講義 数時間実施
基本的
実技 中心
,
出席状況 重視
.
授業態度,技術点 評価
.評価配分 「出
席 70%」
「授業態度 20%」「技術点 10%」
.
— 1 —