オープンイノベーション・マッチング - 京都リサーチパーク

特集:オープンイノベーション・マッチング
価値ある技術タッグへの新たな挑戦
オープンイノベーション・マッチング
大きな可能性を秘めた“ニーズ×シーズ”
強力なビジネスを創る出会いをKRPで
Open Innovation Matching
大企業
大手企業が自社の技術ニーズを公開し、優れた技術を
もつ中小・ベンチャー企業のシーズを幅広く募集、企業
連携によって革新的な技術・製品開発のスピードアップと
ニーズ公開
コスト削減を図るオープンイノベーション・マッチング(以
下 OIM)
。京都リサーチパーク株式会社(以下 KRP)
成長
ニーズ
公開企業
技術公開、社外提携についての意識改革がスタート
中小企業のものづくり技術とのマッチングに期待
技術ニーズ公開の成果第1号がまもなく誕生
「研究開発をスピードアップさせるための社外技術・知識・
応募27案件
(17社)
から選定した10件の商談を行った結果、
製造プロセス装置にかかわる1件がまもなく採用となる予定。
ラボによる新たな市場での事業・商品の創出」
を目的として、
技術企画統括部の牛尾隆一担当課長は
「まずまずの成果。
オープンイノベーションに取り組もうとしている同社。
取り組
食品など未知の業界で新たな気づきもあり、いい結果が得ら
みは昨年度から始まり、村田恒夫社長自らが2013年度の
れた」
と評価している。12月には20件の技術ニーズを公開し
企業方針として
「オープンイノベーション」
を公言、全社員へ
て2回目の商談会を開催した。
材料から生産まで自社で完結
の意識変革を呼びかけた。
前者できっかけの一つとなるのが
することを強みとしてきた企業だけに、オープンイノベーショ
ンへの意識改革の道のりは険しい。
「従
来のクローズドな体質を変革するには
スマッチング活動を強化。2008 年の自動車関連企業を
マッチングで成果を上げることが一番。
OIM
皮切りに、毎回テーマを設定して「OIM 商談会」
を開催し
ている。中小企業の情報ストックが豊富な全国各地の産
社内ニーズも対象を絞り込み、直接対話
で掘り起こしていく」
と牛尾氏。
今後は商
業振興団体担当者や金融機関の関係者ら、コーディネー
談会直後に発生する案件の拾い上
タを集めて事前の技術ニーズ説明会を行い、マッチングの
成果を上げるべく支援活動を展開。特色は、応募の声掛
げなど、フットワークのいいマッチ
中小企業
全国から38社43案件の応募があった第2回マッチング商談会
(12/5京都、12/9・10東京)
供
新たな技術や製品開発への大きな期待と可能性を秘めた
提
キャッチアップが著しい今、日本の産業界の起爆剤として、
術
況をフォローしてサポートを継続していくこと。海外企業の
ングにも取り組んでいくという。
技
技
術
提
供
けやマッチングの場の設定だけでなく、成約後も進捗状
技
術
提
供
来の意識変革を決断して OIM を推進しようとしている
(株)
村田製作所の大手2企業のキーマンと、昨年 12 月の OIM
グの成果は、OIM に取り組み始めてから
飛躍的に上がっています。ニーズとシーズ
をピンポイントで合致できる中身の濃さ、
技術者同士がダイレクトに成約できるス
ピードの速さが、最大のメリット。KRP
では OIM 成功の鍵を握るといわれるニー
ズ解説書の作成を、NPO 法人京都イノ
ベーション・リソース(KIR)に依頼。地
域産業の仲立ちをしているコーディネー
タや支援担当者を集めてニーズ説明会を
開くなど、最適な技術パートナーとのマッ
2 KRPPRESS vol.134(2014.1)
ニーズ
公開企業
中小企業
に臨んだ応募企業のインタビューを成長企業支援部のサ
確率アップ!
KRP&コーディネータが
ニーズに合いそうな企業を選定
ポート活動とともに紹介。
チングが1件でも多く成立するように支援
しています。シーズ探索をあきらめていた
難易度の高いニーズに思いがけなく多く
の応募が集中し、
驚くほどの成果が上がっ
た時などは非常にやりがいを感じます。
地域にしばられない KRP の強みを活か
して活動範囲を海外にまで広げ、日本の
中小企業に潜在している素晴らしい技術
力を、より多くの
ビジネスにつな
いでいきたいと
思っています。
KRP(株)成長企業支援部
広域連携推進チームマネジャー 國見 章
同社の OIM 推進を担う
技術企画統括部の牛尾隆一担当課長
中小企業
OIM。日本の OIM をリードする大阪ガス(株)
と、創業以
KRP のサポートによるビジネスマッチン
るマッチング商談会。
昨年3月には6件の技術ニーズを公開。
リソースの取り入れ」
と
「外部企業・大学・研究所などとのコ
企業支援部ではこの動きにいち早く対応し、従来のビジネ
エリアを限定せずに活動できる
KRP の強みを発揮していきたい
KRP
(株)
が NPO法人京都イノベーション・リソースと共催す
OIM はチャンス
コーディ
京都企業活躍の場を
ネータ
増やしたい
OIM の機 会は少しずつ増え、
当財団からも京都府内の高い技
術を持つ企業を数社紹介してい
ます。ニーズを理解することが
マッチング商談会のヒット率が飛躍的にアップ
新規テーマ創出、保有技術のビジネス化を目的に
海外ネットワーク、異分野アライアンスにも注力
ればならない」と、その必要性を強調する。幅広い分野か
ガス業界の厳しい情勢のなかオープンイノベーションに
に詳しいコーディネータ向けの技術ニーズ説明会を開催。
着目し、他社に先がけて仕組みづくりを始めた同社では、
通常2%程度といわれるヒット率(事業化や商品化に至っ
2010 年から全国規模でのマッチングを開始し成果を上げ
た案件数÷面談件数)を、東京・大阪ともに約 20%にま
ている。2013 年度はグループ内7組織から過去最高の
で向上させている。電気通信大学(東京都調布市)を通じ
80 件もの探索依頼があり、東京と大阪を拠点にマッチン
て、研究開発型企業が集中する TAMA エリア(広域多摩)
グ商談会を開催。技術戦略部の松本毅オープンイノベー
との技術交流が生まれたことも着実に成果へつながってい
ション室長は「技術開発をスピードアップし品質・コストの
るという。MOT(技術経営)教育の修了生が各組織のオー
競争力を上げるには、旧来の“自前主義”から脱却しなけ
プンイノベーション担当者になるなど、社内
意識も盛り上がってきている。来年度にか
求められますので、各分野の専
けては
「グローバル・オープンイノベーション」
門知識を持つ職員がニーズ説明
を掲げて海外ネットワークを強化し、新規
会に参加するなどし、京都の企
テーマの創出やコア技術の深化・ビジネス
業が活躍する場を増やしていき
化等で競争力の向上を目指す。連携
たいですね。
(公財)京都産業 21
業務推進役 試作サポーター
西里 修氏
らより多くのシーズが集まるよう、商談会の前に企業情報
ニーズの多い異分野大手企業とのア
ライアンスも必要とみている。
11/27~11/29に電気通信大学
(東京都)にて個別面談会を開催。
16社16案件の面談が行われた。
同社の OIM をスタート時から
牽引する室長の松本毅氏
3
京都職人工房が COOL KYOTO に初出展
特集:オープンイノベーション・マッチング
株式会社 井元製作所(京都市上京区)
シーズ
提供企業
株式会社アイテック(大阪府堺市)
シーズ
提供企業
技術者同士で話ができる
スピードの速さが有難い
若手職人の果敢なチャレンジに好反応
首都圏における新商品の手応えを実感
大企業とのマッチングで
技術開発のスケールアップを
高分子分野を中心に理化学機器の設計・製造・販売を
超臨界技術を使ったナノ粒子の合成技術をコアとし高
ビジネス感覚や企画力を備えた若手職人の育成を目指して、京都府が
手がける同社は、営業担当を置かず技術社員が直接外部
い評価を得る同社は、数年前からオープンイノベーション
KISTIC 1階に開設している京都職人工房。
「商品開発」
をテーマにした
に出向いて交渉にあたっている。先方の窓口が営業だった
に注目。
堺市産業振興センターなどを通じて全国から寄せ
活動の成果を、6人のメンバーが
「COOL KYOTO 2013」
(10月25 ~
場合、技術の話をするまでに時間を要することも多い。村
られる数多くのニーズ情報に、積極的に関わっている。最
27日、東京・赤坂サカス)
に出展した。
会場には幅広い年齢層の人が訪
田製作所とのマッチング商談会に臨んだ開発担当の四方
近では大阪ガス(株)のイノベーションマッチングを通じ、
れ、バイヤーも含めてさまざまな感想や提案が聞かれた。
首都圏の顧客
反応をリアルに体験でき、今後につながる有意義な機会となった。
宏幸氏は「初対面でここまで話が詰められたのは珍しい」
ナノ材料の量産化を可能にする装置を納入し、成果を収め
と初参加の印象を話した。あとは社内で若干の実験調査を
た。目下の開発テーマは、ハイパワー化している製品に使
行うのみ、さらに話を進めていく構えだ。井元俊之社長も
われる
「熱を逃がすための複合材料」など“熱”をキーワー
「今は世の中にない新しい技術を生み出す時。技術開発の
ドにした技術。飯田勝康社長は「大企業とのコラボだから
スピードアップのためにこのスタイルが有難い」
と、オープ
こそ可能な新しい
ンイノベーション・
切り口で、大きな
マッチングの利点
イノベーションを
を実 感。今 後は
生みだせれば」と、
取引きの少
イノベーションマッ
ない地元京
チングによる新た
都の大企業
な出会いに期待を
にも働きか
かけている。
竹工芸 小倉
智恵美
着付師 /着物スタイリスト 宮川
昌也
竹の素材感や工芸ならではの繊細さを
ベルトで穿
(は)く新感覚の袴を出展。
活かしたアクセサリーを制作しました。
今回新たにリーフレットを制作したこ
バングルの形状を安定させるために中
とで、機能性という新しいコンセプト
に薄い銅版を入れるなど、技術的な挑
を掘り起こすことができました。会場
戦にもなりました。50 ~ 60代の女性
では職人工房の男性メンバー 全員が
に好評だったり、男性が自分用に購入
着用、PR に一役買ってくれました。目
するなど予想外の反応もあって実りあ
下海外展開も視野に、本格的な生産
る出展でした。
バングル
体制が整いつつあります。
HAKA-MAXX
けていきた
いとのこと。
代表取締役社長 井元 俊之 氏(右)
開発部 四方 宏幸 氏(左)
大手企業の特許を使った
製品開発のマッチングも支援
“コロンブスの卵”をうみだす
画期的な企業コラボを京都から
近畿経済産業局主催 平成 25 年度
シーズと大企業の技術ニーズをつない
知財ビジネスマッチングマート事業
の思いから、2008 年にビジネスマッ
KRP(株)成長企業支援部部長 岡田 直樹
チング活動をスタートさせました。オー
小企業に呼びかけることによって、か
プンイノベーションの気運が高まり始
つてないマッチングが実現、新たなビ
めた 2009 年からは、大阪ガス技術
ジネスを創り出す可能性が大きく広が
戦略部との連携による商談会「オープ
ることです。弊社では応募企業の募
修
友禅 森本
祐可
ゼミクラスでヒントを頂いて、見た目
京友禅を表紙に使った手作りのアル
にインパクトのあるポップな色に挑
バ ム、30 ~ 40歳代の子育て世代に
戦。彩豊かな5色のコップを制作しま
向けた提案です。会場で
「是非プレゼ
した。スタッキングできる形状です。会
ントに使いたい。」という生の声が聞
場では素材が漆であることに驚かれ
けてうれしかった。
「図柄に込めた意
にしながら、アイテムを徐々に増やし
Urushi no Cup
ていく予定です。
味などのストーリーが伝わる工夫が欲
しい」という具体的で有益な意見も頂
きました。
『立涌』×クローバー
12/3 開催「中小企業に役立つ技術
~大手企業の開放特許に触れる~」
金工・絵画 / アウラ・ロコ代表 富永
大士
ベンチャー企業などのもつ高度な技術
ローまで、人と人との繋がりを大切に
力と、新しい価値をつくりだそうとして
地道に根気よく支援していきます。こ
いる大手企業のニーズとを結びつける
れからも、京都企業のもつ高度な技
活動を展開しています。オープンイノ
術やノウハウ、経験を、着実に増やし
近畿経済産業局が取り組む大手企業
ベーションの利点は、大企業が新しい
て来たネットワークの中で、さらに活か
の技術を活かして製品開発を進める事業
価値をつくりだそうとして公開した技術
していき、京都から日本を盛り上げて
の一環として KRP1 号館サイエンスホー
ニーズに、全国どこの企業でも応募で
いきたい。企業コラボなら「まず KRP
ルにてオープン交流会を開催。大手企業
きること。KRP のもつ全国規模のネッ
に聞いてみよう」
と頼りにされる存在を
6 社の技術説明会を開催した。中小企
トワークを駆使して異業種異分野の中
目指します。
業や金融機関、公的機関のコーディネー
晃久
来から作ってきた商品に、ゼミで学ん
提案です。漆の焼き付けを黒色にせず
だグラフィックデザインを参考に3D
「磨き」のまま残しました。もともと作
を意識したPOPを制作。商品は思っ
りたいと思っていたものを商品として
ていた通りの層に好評でした。注文が
出展できたし会場でも予想通り好評
増えてきているので、スタッフも募って
タなど参加者は100名を超えた。
鏡師 山本
現代的な空間に合う新しい京仏具の
「着用できる絵画&オブジェ」として従
ンイノベーション・マッチング」
を開催。 集から商談の場の設定、その後のフォ
4 KRPPRESS vol.134(2014.1)
漆芸 阪本
ました。手触りの良さと素材感を大切
KRP では中小企業の 優 秀な技 術
で、新たなビジネスを生み出したいと
代表取締役社長 飯田 勝康 氏
ネット販売やフェイスブックなどで購
ハート
入につながる体制を整えていきたい。
でした。職人工房のメンバーと一緒に
取り組んだことが、いい刺激になって
頑張れました。
- hana-
[展覧会の予定]
商品の販路開拓とさらなるスキルアップをサポート
平成26年度は開発した商品の販路拡充のために、販売できる常設の場や委託販売の
ルートを確保し、新たな内容のプログラムでさらなる資質向上へとつなげていきます。
ネッ
トワークの拡大につながる新規メンバーの募集も予定しています。
3 月末に京都職人工房メンバー全員の活動成果を展覧会形式で発表予定。
詳しい内容については京都職人工房 HP やフェイスブックで告知いたします。
ホームページ http://www.krp.co.jp/sangaku/kobo/
facebook https://www.facebook.com/krp.shokunin
問合せ KRP(株)[email protected]
5
EVENT REPORT
テクノロジー&ビジネスプランコンテスト/知恵創出
“目の輝き”
日本のテクノロジーとアイデアで世界を変える!
KRPeople
KRPeopleはKRPエリアを拠点に活躍するすべての人、その意外な素顔に迫ります
テクノロジー&ビジネスプランコンテスト in KYOTO 2013
中央技研株式会社
科学技術や斬新なアイデアを活用した新たなビジネスプランを表彰し、応援する本コンテストも回を重ねて3回目。
12月2日に最終審査発表会を開催し、多くの参加者が見守るなか各受賞者が決定した。
日時:2013年12月2日
(月)13 :00 〜17 :00
(交流会17 :30 〜) 場所:KRP 1号館4階サイエンスホール
主催:KRP
(株) 共催:(公財 )京都産業21、(公財 )京都高度技術研究所
協力:京都中小企業事業継続支援センター/ 京都事業継続・起業支援ネットワーク、
(一社 )京都府中小企業診断協会、Impact HUB Kyoto、ShareKARASUMA
後援:近畿経済産業局、京都府、京都市、京都商工会議所、中小機構近畿、日本貿易振興機構
(ジェトロ)大阪本部、(公財 )大学コンソーシアム京都、(一社 )日本ベンチャーキャピタル協会、
(一財 ) ベンチャーエンタープライズセンター、NPO法人日本 MIT エンタープライズフォーラム
事務局:
(同)
SARR
最終審査会には、52 件のエントリーから激戦を勝ち抜いた 8 組
が進出。2 次審査での指摘事項を踏まえ、改良した応募プランに
熱い思いを込め最終発表を行った。審査は白熱し、予定していた賞
に加え、急遽、審査員特別賞が設けられた。審査員を務めた松田
最優秀賞
一敬氏からは、
「今回は、京都ゆかりの方や若手の応募が多いこと
評価を得ており、将来の発展が期待される」と総評が述べられた。
また、基調講演では日本テクノロジーベンチャーパートナーズ投
資事業組合代表の村口和孝氏が、投資家目線での講演を行い、参
代表取締役
受賞プラン:Capy – A New
Frustration Free CAPTCHA
受賞者
・最優秀賞 Capy lnc.
・優秀賞 (株)ジーンクエスト 高橋 祥子
・京都で起業賞 CONNEXX SYSTEMS
(株)塚本 壽
・学生賞 京都産業大学 中西 希
・審査員特別賞 小樽商科大学 保田ゼミ
加者や応募者らが聞き入った。
facebook に写真掲載中! http://www.facebook.com/krp.corp
河野 尚久 氏
宮崎市出身。京都大学工学部卒業後、中
央機械株式会社 に入社。設備関係 に 携
わり、主にフレキシブル 基板にメッキを
施しパターンを形成する機械を担当。8
年間の勤務の後、会社の後押しを受けて
2013年10月に独立。
Capy Inc.
Capy Inc. 森下将宏氏
「ログイン時のセキュリティ認証
(CAPTCHA)に文字入力ではな
くパズルを用いるなど、認証ス
テップに
“楽しさ”
をもたらすこと
で、効果的な不正ログイン対策ソ
リューションを開発。
メンバーにとってゆかりの深い京都で
の受賞を光栄に思う。
今後は日本でのデファクトスタンダー
ドをめざすとともに、今回の受賞を世界進出への足掛かり
にしていきたい。
」
が特徴。いずれのプランも課題はあるが、技術やアイデア面で高い
(ASTEM棟 7階 VIO)
カスタムメイドの産業設備を一括で提供。
第1回
「目の輝き」
成果発表会開催
京の伝統技術と先端技術の融合による新たな
“知恵産業”創出に期待
知恵産業融合センター
センター長 今井 健氏
京都市産業技術研究所知恵産業融合センターでは、平成22年11月の
発足以来、
「伝統産業と先端産業の融合」や
「新たな気づき」による新技
術・新商品の開発による
「知恵産業」
の創出に取り組んできた。
本年度から
“知恵産業”
をキーワードに、産技研の技術を活用した新技術・新商品開
発等を行った企業を
「知恵創出
“目の輝き”
」
企業として認定することとな
り、第1回成果発表会が開催された。
発表会は門川大作京都市長、立石義雄京都商工会議所会頭の挨拶に
始まり、市長から認定企業4社に認定書が授与され、また渡邉隆夫京都
ものづくり協力会会長から地元産業界に貢献した産技研職員2グル-プ
に会長賞が授与された。
続いて認定企業、表彰者による特別講演と成果
発表が行われ、満席の165人が新しい
“知恵ビジネス”
の誕生秘話に熱心
に耳を傾けた。
6 KRPPRESS vol.134(2014.1)
「知恵創出
“目の輝き”」企
業認定においては、
「伝統技
術と先端技術 の 融合 」
「
、新
た な気づ き 」
「
、産技研 の 技
術指導」の3基準のうち1つ
でもクリアしていることが条
件となります。認定は来年以降も継続していく予定
で、そのためには新しい事例がもっと必要ですが、研
究開発はすぐに成果が出るものではないので、支援
体制のさらなる充実が課題ですね。
今後は、京都工業会、京都商工会議所、京都高度
技術研究所、そして産技研の4団体がそれぞれの得
意分野を活かしたオール京都としてのさらなるサポー
トが必要です。
来年度からは企業マッチングにもっと
力を入れ、ガイドブックの制作等、広報にもエネルギ
ーを注いで利用者増加に努めるとともに、知恵産業
のさらなる推進に繋げていきたいと考えています。
それぞれ電気回路制御設計と機械設計を担当。
この3人がい
たら提案も製造もできる、そういう構成です。
2人のほうが先輩
なのですが、学生時代はアメフト部でいちばん体が大きく、表に
出て踏んだり蹴ったりされても多分こいつなら大丈夫だろうとい
うので、私が代表を務めています
(笑)
。
会社設立に際し、私たちは
「理想的なものづくりのカタチを
追求していこう」
と話し合いました。
電子部品業界は特に商品の
入れ換わりが早く、人と人がきちんと向き合う暇もないほどの
競争にさらされています。
そんななかでも、ものづくり自体が発
弊社は産業機器、特に電子部品関係の製造工程における
展継続していくためには、お互いがじっくりと向き合い、確認し
産業設備、電気機械を製造する、いわゆる設備業。
この分野の
合いながら取り組める体制も必要だと考えています。
目の前の
設備・機械はメーカーごと、工程ごとのカスタムメイドになるの
案件を大事にしつつも、この設立の趣旨を忘れることなく理想
で、ゼロからの企画提案、電気および制御の設計等を一括して
を追求していきたいです。
全部請け負い、設備として生産可能な状態でお渡しするところ
休みの日は子どもと遊ぶ時間をつくって…と思うのですが、今
までが我々の仕事です。
前の会社では電子部品の中でも特に
はちょっと難しいですね。
7歳と4歳の娘がいて、可愛いですよ
メッキ関係をメインに手掛けてきましたが、それ以外のプロセス
(笑)
。
でも、設備業はお客さんが生産していないときの作業が
ももっと幅広くやりたいという思いで独立・起業しました。
VIOに入居した理由の一つは、サポート体制ですね。
工場を
持たないファブレスからスタートするつもりだったので、とりあえ
ず事務所だけを探していました。
新会社でお客さんに新たな提
案をする際、学術的裏付けや実験レベルでの実績などを提示し
たいと考えていたので、それをサポートしてくれるのは、さまざま
日時:2013年11月14日
(木)
13 :00 〜16 :40
(交流会17:00 〜)
場所:発表会/ 京都市産業技術研究所 2階 多目的ホール 交流会/ KRP1号館1階 レストランPATIO
主催:京都市、京都ものづくり協力会 共催:京都商工会議所
後援:近畿経済産業局、京都産業育成コンソーシアム、
京都産学公連携機構、
(公社)
京都工業会、
(公財)
京都高度技術研究所、
(公財)
京都産業21、KRP
(株)
私は企画営業を担当し、あとの2人は営業的要素も持ちつつ、
な支援機関もあるKRP地区かなと思い、伴走支援にも期待で
きるVIO への入居を決めました。
基本だから土日の仕事も多いですし、休みが取りにくいんです。
当面の目標は1年以内に工場を借りて、自分たちで製造できる
体制を整えること。
きっと実現します。
PickUp!
この3人が揃えば企画から設計、製
造、据え付け、メンテまで一貫しての
管理が可能な最強のメンバー。
ワンス
トップでのトータルソリューション提
理想的なものづくりのカタチを追求していきたい。
現在のメンバーは3人で、前の会社から一緒に独立しました。
案ができるのが弊社の強みです。
左から、機械設計担当の大崎裕史氏、
河野氏、制御設計担当の加地弘幸氏
Newcomer
ASTEM棟7階 VIO
中央技研株式会社
河野 尚久
代表取締役
9号館6階
日本たばこ産業株式会社 京都支店
新しい入居企業様の紹介
電子部品生産に使用され る装置設
備のハード/ソフト一貫提供を得意と
し、
お客さまの
「最適なエンジニアリン
グ」
を可能にします。
フレキシブル基板
の表面処理装置、その他、各種 搬送
機構、
制御・生産管理システムなど。
●TEL/075-315-9055
●FAX/075-315-9056
●MAIL/[email protected]
JTグループは、
国内及び海外たばこ
事業、医薬事業、飲料事業、加工食
品事業を中心としたさまざまな事業
活動ほか、
社会への取り組みや企業
イベント・企業スポーツを展開してい
ます。
このような活動を通じ、
お客様
にとって価値ある
「JTならではのブ
ランド」
をお届けし続けていきます。
●TEL/075-315-0031 ●FAX/075-315-0076
8号館3階
株式会社 shimogamo
大村 裕視
代表取締役
4号館3階
株式会社伊藤商店 貿易部
伊藤 博永
代表取締役
建築、設計、施工、内装
●TEL/075-325-0173
●FAX/075-325-0178
●MAIL/[email protected]
http://shimogamo-kyoto.com/
金属全般のリサイクル。貿易部は海外、
特にアジア圏の国々と輸出入の取引を
伸ばすために設立しました。
需要と供給
のバランスを考えて有限な金属資源を
大切にする会社です。
●TEL/075-321-5509
●FAX/075-321-5579
●MAIL/[email protected]
http://www.iron-ito.co.jp/
7
部 イベントレポート
KRP成長企業支援
10 ㊌
23
イノベーションジャングル PJ
「海外なう2013」
開催!
スペイン、アイルランドでの企業誘致を中心に
『シリコンバレー 流マーケティング』
11 ㊎
(イノベーションジャングル PJ)
8 世界を視野に入れて漕ぎ出せ!講師はマーク・カトウ氏
マーケティングの専門家であるマーク・
カトウ氏を特別講師に迎えて開催。日本
市場限定ではない、世界を対象にした
マーケティングのための発想、視点を解
説。
「日本の技術はまだ世界一。マーケ
ティングをしっかりとすれば、世界で売
れる製品が作れる」と力強く語った。
欧州では、元気な起業家を歓迎し積極的に誘致している。海外進出の
「現在」を知り、次なる一手へのきっかけと
してほしいとの思いから、(公財 )京都高度
技術研究所と共催している本セミナー。今
回は、スペインマラガ市の市長とアイルラン
ド政府産業開発庁の日本代表を招き開催。
50名を超える参加者が熱心に耳を傾けた。
11 ㊎〜11 ㊐ Startup Weekend Kyoto 2013
のペアチケットサービス
15
17 「愛」
『Ticke 2』が優勝!
第36回 宇治ベンチャー企業
12 ㊌
育成工場セミナー
11 『ビジネスは聴き出してナンボ!』
日本唯一のプレゼンテーション専門コン
サルティング企業の代表、新名史典氏に
二度目の 登壇を頂き、宇治市産業振興
センターにて無料セミナーを開催。対話
のなかで相手との接点を探し、共感し、
反応することがいかに難しく、かつ大切
であるか、実例を交え講演頂いた。
6回目を迎えた本イベント。福岡、仙台と
同時開催し、25名が参加。3日間でサー
ビスのプロトタイプ制作まで行い、最終
プレゼンに挑んだ。6 つのチームが旅行、
観光や健康レシピなどそれぞれ魅力ある
サービスを提案。
カップルにペアチケット
を提供する提案をした
『Ticke2』
が優勝し、参加者、メンター、運営スタッ
フの熱い思いが交錯する3日間が終了した。
http://www.krp.co.jp/sks/
http://www.krp.co.jp/machiya/blog/
● KRP成長企業支援部
● 町家日記
詳しい内容は WEB でチェック!
KRP東地区 京都府産業支援センター内
新年のごあいさつ
2 つの拠点オープン 開所式開催
新年あけましておめでとうございます。皆さまにおかれましては健やかな新年を
お迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
「京都次世代ものづくり
産業雇用創出プロジェクト推進センター」
昨年は、リーマンショックや東日本大震災による経済の低迷から抜け出しつつ
あるような兆しが表れた年でした。京都におきましては、京都中小企業事業継続
支援センターや京都市成長産業創造センター、京都大学デザインスクールデザイ
ンイノベーション拠点の開設など、新たなイノベーションを生む仕組み作りが着々
と進みつつあります。京都各界のトップが集う
「京都の未来を考える懇話会」から
発表されました「京都ビジョン2040」におきましても、イノベーションの重要性が謳
われております。当社といたしましても、この地区が地域や世界と連携しながら、
日本、そして世界へイノベーションを巻き起こす拠点「イノベーション・ハブ KRP
(iHub KRP)」となるべく、最大限の努力を行ってまいる所存です。
京都府と京都
市が共同で進
め る「京都次
世代ものづく
り 産業雇用
創出プロジェクト」
推進センターを開設。3年間
で2 ,000人の雇用を創出する同プロジェクト
の推進体制を強化した。
当地区は、本年、おかげさまで開設25年を迎えま
す。ここまで歩んでこられましたのは、ひとえに入居
企業・産業支援機関の皆さまならびに、地元の産学
公の皆さまからのご支援・ご協力のたまものです。改
めて、深く感謝・御礼申し上げます。今後、この「iHub
KRP」が、地区内の皆さま、日本、そして世界から「I
have KRP. (KRP があるさ )」と頼っていただける、
活気と魅力に溢れたリサーチパークへ進化していく
ことを全社員一丸となって目指して参ります。どうぞ
ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
この新しい年が皆さまにとって、より嘉き年となり
ますことを心から祈念して、新年の挨拶とさせてい
ただきます。
「大学連携試作技術開発拠点」
京都府では、中小企業による試作産業の振興
に向け、大学と中小企業の連携を図るための
「大学連携試作技術
開発拠点 」を開設。
京都 工芸 繊 維 大 学
と共同で中小企業の
視点に立った試作産
業の育成を目指す。
KRP-PRESS アンケート実施中 !
抽選で100名様にQuoカード1,000円分プレゼント
(2014年1月31日まで)
http://www.krp.co.jp/pub/
配送・停止・変更のご希望は、
右記内容を明記の上
[email protected] へ
vol.134
Jan
2014
配 送
① 〒、住所 ② 団体名 ③ 部署名 ④ お名前 ⑤ TEL/FAX ⑥ メールアドレス ⑦「配送希望」 ※定期配送も可能です
停 止
⑧ ご登録No.
(封筒宛名ラベル右下) ⑨「配送停止希望」
www.krp.co.jp
変 更
①〜⑥のうち変更箇所と⑧のご登録No.
KRP News Mail 配信中
○編集・発行/京都リサーチパーク株式会社 〒600-8813 京都府京都市下京区中堂寺南町134番地(ASTEM棟4階)
毎月第2・4火曜配信中
TEL:
(075)315 - 8342 FAX:
(075)322- 5348
http://www.krp.co.jp/pub/maga.html
○編集長/鈴川 和哉 ○取材・編集・デザイン・制作・印刷/株式会社情通レゾナンス ◯配送管理/有限会社セクレタリアット