白州だより

Letter From Hakusyu 「書を読み、自然に親しみ、勤労にいそしむ」
白州だより
桜まつり! 盛況でした!
何事もなかったように季節はめぐり、春がやってきました。
白州郷牧場から春のおたよりをお届けします!
雪害後の今年の桜まつり。4月5日(土)∼13日(日)まで、
http://www.hakusyu.jp/
info@hakusyu.jp
2014 年 4 月 20 日
二十四節気 穀雨
発 行 白州郷牧場
山梨県北社市白州町横手 2259
TEL : 0551-35-4520
FAX : 0551-35-0132
おっぽに亭こっこ白州横手店にて開催されました。
期間中、県外県内からたくさんのお客さまにご来店いただ
きました!雪害の影響で、直売所のお野菜が少なかったり、
鶏舎が潰れたために卵が不足しており、現在、卵かけごはん
の卵食べ放題ができなくなっていることなど、お客さまには申
し訳ない状況での開催でしたが、労いのお言葉をかけてくだ
さる方も多く、とても励まされました。 おかげで、
「さあ!再
出発」という気持ちにさせていただきました。 ありがとうござ
います。
去年に引き続き、桜の花の塩漬けを浮かべた桜甘酒の無料
サービスも好評。 桜のピンクがとてもかわいらしく、塩分が
自然の甘みを引き立てます。
直売所の野菜が少なかったので、地域のおばば特製のふき
みそをサービスさせていただきましたが、こちらもとても好評
ピングのお野菜がたっぷりなのも売りです。 男性のお客
でした。 お酒のおつまみにしたり、ご飯にのせて食べると、口
さまにもご満足頂けるボリュームですよ!
の中がほんのり苦い春の香りでいっぱいになります。
そして、カレーのご注文をたくさんいただきました。
桜まつり…皆さんと春の訪れの喜びを分かち合い、ま
白州鶏カレー、新登場してから1年半ほどになりますが、試
た一年がんばろうと思えるよい企画となりました。 おっぽ
行錯誤を重ね、味は確実に進化していると自負しています。
トッ
に亭こっこを、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
おっぽに亭こっこホームページ www.hakusyu.jp/opponi/index.html
社 稷(しゃしょく)
白州郷牧場グループ代表 椎名
次回はキララゴールデンウィーク!
5月3日から6日の日程で「キララ身に沁みて白州GW」が開催されます。「身に沁みて白州」とはも
のんびりすごす4日間。 応募締切間近ですが、たくさんのご参加お待ちしております。
「農業ほどやりがいのないものはない。」とは、農業協
めに、安価な食べ物を提供する役割を押し付けられた農
力隊の修了式で来賓挨拶した水上篤さん(株式会社ホトト
民の運命は悪化の一途をたどっている。
代表)の言葉である。 この話を聞いて吹き出したが「本
2014 年 5月3日( 土 )∼5月6日( 火 )
白 州 の 農 業 人と過ごそう∼ 〆 切 は 4月3 0日( 水 )です。
ともと、夏の学校の直後に開催されていたファームステイ・プログラムです。 牧場の日常にあわせて
お申込み方法など
詳しくはウェブで!
www.hakusyu.jp/
www.facebook.com/hakusyugou.bokujo
当だナ」と思った。 また、村の故人となった古老の言葉を
今回の大雪で牧場は大惨事に見舞われた。 まるで他
思い出した。彼はこう言った。「照る日、曇る日、雨の日、
人事のように感じられた。 天罰が下ったと思った。 だが、
昔から百姓にいいことなど何もなかった。」と。 そして、
どうであれ、私たちはこの村で生きていかなければなら
こう付け加えた。「百姓に団結なし」と。 当時の私はこち
ない。 そこで私たちは、復旧よりは未来のためにシンボ
らの言葉の方が気になった。
ルをつくることにした。 遠くインカの人達が、国家の建
江戸時代から戦前までと戦後で、農民の運命は確かに
物を建てるより、神殿づくりから始めたように、牧場を象
違ったろう。 中国革命や北朝鮮での農地改革を受けて、
徴するシンボルづくりから始めようとした。 県産間伐材
日本は小作農を一掃し、自作農とすることによって世界を
を使い、鶏と環境にやさしい鶏舎を手づくりし始めた。
変えた。
今の社会を見ると、農民の運命が良くなったとは思え
ない。 都会に暮らす人、サラリーマンを安く雇用するた
8
Hakusyu-Dayori
盛男
ありがとうございました!
∼多くの方々が作業支援に来てくれました
丸太鶏舎建設中!
丸太鶏舎を自分達で建てるという社長の言葉に、
本当に自分達だけでできるのだろうか? というのが
最初に思った率直な感想でした。 何せ全員素人でし
かも初めての経験なもんで。 今回未曾有の大雪で
白州郷牧場のハウスも殆どが倒壊し、パイプハウス
の限界を感じていたということもあり丸太鶏舎建設
は大賛成だったのも事実です。 実際やってみると最
初のうちは勝手が分からずしどろもどろ、でも時間
が経つにつれ意外な程スムーズに。 慣れとは恐ろし
い。実際素人が建てたので完璧とまではいかないが、
かえって手作り感があって素晴らしいものができた
と思います。
再建はこれからも続きますが、これでようやく白
州郷牧場も新しいスタートをきれる、そう感じた今回
の丸太鶏舎建設でした。 (竹内 崇)
2月14日の大雪によって倒壊してしまった鶏舎やハウ
変えられないのですが、みなさんが来てくれたことによっ
大雪の影響で鶏舎が潰れてしまったので新しく丸
ス。 多くの関係者の方々に駆けつけていただいて、撤去
て「なんとかなる!」と考えることができました。
太で鶏舎を建設することになりました。 みんな初め
がほぼ完了しました。 特に大変だったのは築20年の鶏
ハウスを潰したあの大雪はもう溶けて、何事もなかっ
ての作業で完成するのか不安だったけど、柱が立ち
舎の解体でした。 鶏ふんが積み重なり足元はずくずくで
たかのように下流へと流れていきました。 しかし、共に
梁が入ると鶏舎の骨組みが終わり、ひと安心しまし
歩くのも一苦労。 パイプの連結部分やブロックが埋もれ
汗水を流したという経験は体に沁みて残ります。 その
た。 屋根の下地を張り始めると高いところの作業が
ていたり、ネジがさびてダメになっていたり。 牧場スタッ
つながりこそを何よりも大切にしていきたいと考えてい
続き、怖かったけど見晴らしが良くて気持ちよかった
フの力だけではこんなに早くは撤去できなかったでしょう。
ます。 (内藤 光)
です。 それから下地の上にトタンを張り始めると今
なによりもありがたかったのは、みなさんのおかげで
度は滑って落ちそうになりました。 屋根が完成する
「楽しく」作業を進めることができたことです。 撤去作業
やまなし自然塾/農業生産法人 hototo/山崎農園/NPO法人78
と鶏舎らしくなってきました。 鶏が入るのが楽しみ
の本当のつらさは、重労働だからということではなくて、
会/生活クラブ関西事業部/生活クラブ大阪/生活クラブ奈良/生活
です。 (阿部 孝)
施設がつぶされてしまったという事実と常に向き合わな
ければいけない、ということだと思います。 その事実は
2
Hakusyu-Dayori
クラブ滋賀/生活クラブ京都/らでぃっしゅぼーや/Radixの会/パル
システム神奈川/パルシステム山梨/パルシステム静岡/パルシステ
ム東京/パルシステム連合会/株式会社 ジーピーエス
Hakusyu-Dayori
3
キララ春の学校2014
北杜市郷土資料館
もちつき
初日は雨天ということもあり近くの郷土資料館へ。
恒例のもちつき。 大豆もちと白もちとよもぎ
昭和時代の暮らしの道具が展示されていました。
もちをつきました。 お昼はつきたてのおもち!
半天を着てにっこり!
次の日には揚げもちにしました。 これも美味。
野草摘み
レタスの定植
春の学校恒例の野草摘み。 すっきり晴れて南アル
午前中はレタスの定植に精を出しました。 だんだ
プスも輝いています。 せり、よもぎ、つくし、野カンゾウ
ん慣れてスピードアップしてきた頃に終了。 みんな
…大雪の影響で野草が小さめでしたが、なんとか摘めました。
の植えたレタス、無農薬、無化学肥料栽培のと∼って
「ノビル見っけ∼コレうまいよね」なんて大人みたいなことを言ってる子も^^)
も貴重なレタスに
な り ま す。 お 疲
れさまでした!
野草料理
恒例の手づくり野草料理。 つくしのはかまを取ったり、くっ
ついているゴミをそうじしてから、みんなで手分けしてお料理
ハイキング
スタート。 メニューは、つくしの卵とじ、野カンゾウの酢味噌あ
高学年だけ近所の中山峠へプチ登山。
え、よもぎの天ぷら、せりごはんのおにぎり、他にも大和芋の
傾斜が急で、登るのも下るのも大変ですが、短時間で絶景を拝めます。
天ぷらや牧場で採れたほうれん草のおひたしなど、テーブルは
春の香りでいっぱい!ほんのり苦い春の味を堪能しました。
花壇づくり
高学年が山へ行っている間、低学年は
パンづくり
花壇づくり。 キララ卒業生で保育士の卵
発酵するとふわふわぷっくり膨らんで、なんだか得した気分になる
でもあるひろこちゃんが面倒を見てくれ
パンづくり。竹の棒に巻き付けて焚き火であぶって焼く予定でしたが、
て、ちゃんと図鑑でお花のことを
風が強くて断念。 屋内で焼きましたが、とてもおいしく焼けていて、
調べてから植えました。
大人もパクパク。 大好評でした!
キララ春の学校日程
3月30日(日)
3月31日(月)
4月1日(火)
4月2日(水)
丸太鶏舎の工事
4月3日(木)
6:30 起床
6:30 起床
6:30 起床
6:30 起床
片付け・清掃
片付け・清掃
片付け・清掃
片付け・清掃
朝の散策
〜採卵、牛の世話
朝の散策
〜採卵、ヒナ舎見学
朝の散策
〜採卵、ヒナ舎見学
牛の世話
朝の散策
〜採卵、ヒナ舎見学
牛の世話
朝食〜朝の散策で集めた
卵で卵かけごはん
朝食〜朝の散策で集めた
卵で卵かけごはん
朝食〜朝の散策で集めた
卵で卵かけごはん
朝食〜朝の散策で集めた
卵で卵かけごはん
牧場では2月の雪害でつぶれた
鶏舎を再建中。 子供たちも大人
に交じってちょっとだけお手伝い。 チェーンソーを使わせてもらったり、丸太
に防腐剤を塗ったり。チェーンソー、音が大きくてガソリンの匂いがして、ちょっ
とドキドキ。 女の子も果敢に挑戦!
片付け・荷造り
野草つみ
農作業(レタスの定植)
もちつき
作文
昼食
昼食〜お弁当
昼食
開校式
野草のそうじと
北杜市郷土資料館へ
野草料理準備
昼食
つきたてもちの昼食
農作業(レタスの定植)
登山〜中山峠(高学年)
パンづくり
花壇づくり(低学年)
白州シアター「猫の恩返し」
化学ワークショップと
バルーンアート
おふろ
おふろ
おふろ
おふろ
夕食
野草料理の夕食
手づくりパンと
シチューの夕食
夕食
自己紹介
4
Hakusyu-Dayori
閉校式
化学ワークショップ
スタッフとして お 手
伝いしてくれた大学生の渡邉くん。 特技はバルーンアート。 その
風船を使って、化学ワークショップをやってくれました。 風船を鼻
の下ですばやく伸ばすと…あれっ温かい!
? 一気に縮めると…今度
は冷たい!
? ゴムは伸縮に伴って熱が出たり入ったりするのだとか…
エントロピーが増大?減少?ってなにやら難しい話らしいのですが、風船
で簡単に体感できたおかげか、物理や化学って面白いな∼と実感^^)
最後はバルーンアートを披露してくれました。
Hakusyu-Dayori
5
越冬ほうれん草
ヒナが卵を産みはじめました!
越冬ほうれん草の出荷がはじまりました。
種をまいたのは昨年の10月。 あの極寒の季
節をゆっくりじっくりと大きくなりました。 ほと
んどの植物は霜にあたると凍って細胞が壊さ
れてしまい、枯れてしまいます。 しかし、ほう
れん草は寒さにあたると体内の糖濃度を高め
は数十羽が昇天しています。 なるべく自然
て凍ってしまうのを防ぐ性質をもっています。
に近い形で育てる、完全平飼い養鶏の非情
だから越冬ほうれん草の甘み、うま味は春や秋
なる現実です。
のものとは段違いです。 特に根っこの部分は
皆様のお手元に届けられるようになるま
抜群です。 (内藤 光)
では、もう少し時間がかかると思いますが、
その折にはぜひ、多くの皆さんに食して頂
きたいと思っています。
つ、ついに!
ヒヨコからにわとりへ。
去年の11月、ヒヨコから育てたにわとりが…
私のひよこ育ての任務は3月上旬解除され、養鶏責任
産みました!
者に引き継がれました。
初めてのタマゴです。
雪害の影響で、ヒヨコから育った「おうち」でそのまま
3月24日のことでした。
生活している
「にわとり」たち。たまに、野菜くずや草をもっ
残 念ながら、どのにわとり
て顔を出し「元 気か∼?たまごを
かはわかりませんが(笑)
たくさん産んでくれよ∼!」と声
椎名代表の計らいで、家に
をかけています。
越冬ほうれん草を味わう
シ ン プ ル レ シピ
越冬ほうれん草は、見た目はちょっとワイルドですが、
ひと冬、寒さにさらされたおかげで、栄養をたっぷり蓄え、
甘みが強く味も濃い!今しか出会えない味です。
持ち帰り、家族で有難く頂き
ました。 息子の大好きな「た
だんだん暖かくなって参りまし
まごかけごはん」で。 もちろ
た。 ぜひ自然豊かな白州へ、ヒ
ん旨かったです。
ヨコから育て、大雪に耐えたにわ
とりたちを見に来て下さい。「た
いろんなことがありました。
まごとり」も体験頂けます。 お待
まさに「風雪に耐え」乗り越
ちしています。
えて育ったにわとりたち。
これから、一羽また一羽と
たまごを産みだしてくれるも
のと思います。
通いの僕は、夜間・早朝の
世話は牧場の方にやってもら
ヒヨコ2号こと、こさいたろう
(こさい たろう)
シンプルな
レシピで
どうぞ!
ほうれん草を塩少々を加えた熱湯で
色よくゆで、冷水にとって水けを絞り、
長さ5cmぐらいに切る。
みじん切りにしたにんにくと
鷹の爪をオリーブオイルで熱して、
香りが立ったら、
いましたので半人前でしたが、餌をやり、水をやり、ワク
ほうれん草を加えて炒める。
チンを接種し、生活環境を整えながら、貴重な経験をさ
全体に油が回ったら
せてもらいました。
愛玩動物ではなく、まさに共に生きる動物を育てるこ
と。「生」の喜びも感じましたが、
「死」の辛さにも直面し
ました。 夜盲でこわがりであるにわとりたちは、野生動
ナムル
ガーリックソテー
ごま和え
た熱湯で
塩少々を加え
ほうれん草を
水けを絞り、
冷水にとって
色よくゆで、
いに切る。
長さ5cmぐら
汁、甘麹を
、醤油、だし
ボウルに入れ
。
加えて混ぜる
が
味
に
体
全
代わりに
塩、こしょうで味を整え
出来上がり。
加えて和える
砂糖の
甘麹を使うのが
ポイント!
馴染んだら、
すり胡麻を
。
バターよりも
オリーブオイルが
合います!
ほうれん草20
0gを塩少々を
加えた熱湯で
色よくゆで、
冷水にさらし
、
5cmくらいの
長さに切って
よく絞る。
ボウルに入れ
、ごま油(小
さじ1)、
塩(小さじ1/
3)、砂糖(小
さじ1/2)、
醤油(小さじ
1/3)、
半ずりの白ご
ま(小さじ1.
5)、
すりおろした
にんにく(小
さじ1/4)を
順に加えて
よくあえる。
白ごまをふっ
て
出来上がり。
もやしとにんじ
んの
ナムルも加えて
3色で彩りよく
!
物にはもちろんのこと、風の音にも驚き、ひとところに集
まり、圧迫されて命を落としてしまうのです。 この間、実
6
Hakusyu-Dayori
Hakusyu-Dayori
7