広報しゅうなん4号 - 周南市

広
報
周南
Public Relations Shunan City
ニュース
周南市初代市長が決まりました
市民提言を募集します
ごみ袋の使用について
特別職報酬等審議会委員を募集します
周南市誕生記念!施設の無料開放
2003
6.15
No.0004
周
南
市
長
河
村
和
登
﹁
人
リ
ー
ド
す
る
元
気
発
信
都
市
の
創
造
﹂
新
市
建
設
計
画
に
も
﹁
県
勢
発
展
を
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
﹁
打
て
ば
響
く
行
ま 参 互 育 ト を
さ す 画 い 、 ナ 原 ま
ら 。 型 に 環 ー 点 た
に
の 協 境 シ と 、
、
シ 力 な ッ し 市
市
ス し ど プ 、 民
役
テ 合 、 の 市 の
所
ム う あ も 民 皆
も
づ 、 ら と と さ
変
く 新 ゆ 、 行 ん
わ
り し る 福 政 の
ら
を い 分 祉 の 気
な
進 市 野 、 パ 持
け
め 民 で 教 ー ち
め
ま
す
。
動
が
展
開
さ
れ
る
ま
ち
づ
く
り
を
進
が
集
い
、
交
流
し
、
さ
ま
ざ
ま
な
活
そ
の
た
め
に
は
、
ま
ず
、
多
く
の
人
元
気
に
な
る
と
私
は
考
え
て
い
ま
す
。
申
し
上
げ
ま
す
。
ご
支
援
と
ご
協
力
を
心
か
ら
お
願
い
た
だ
け
る
よ
う
、
明
日
の
発
展
と
、
周
南
市
に
愛
着
と
誇
り
を
も
っ
て
い
た
﹂
と
真
に
感
じ
て
い
た
だ
き
、
こ
の
民
一
人
ひ
と
り
に
﹁
合
併
し
て
よ
か
っ
す 一 ま 運 の 政
そ 。 丸 ち 営 一 の
し
と づ の 層 確
て
な く 両 の 立
、
っ り 立 向 ﹂
に
15
て へ を 上 向
万
取 の 目 と け
8
り 思 指 効 、
0
組 い し 率 市
0
ん を 、 的 民
0
で 一 職 な サ
人
参 つ 員 行 ー
の
り に と 財 ビ
し
市
政 ス
ま
、 、
り
が
始
ま
ろ
う
と
し
て
い
ま
す
。
最
後
に
、
今
後
の
ま
ち
づ
く
り
へ
の
幕
が
上
が
り
、
新
た
な
ま
ち
づ
く
た
い
と
考
え
て
い
ま
す
。
夢
と
期
待
を
担
っ
た
新
市
、
周
南
市
先
進
都
市
﹁
周
南
市
﹂
を
築
い
て
い
き
意 向 ぎ た 同 て
の ん
さ で け な 旧 時 身 そ 市 の こ
て す 、 が 市 に が の 長 ご の
に 支 た
、 。 4 ら ・
町 、 引 責
市
年 、 の こ き 務 就 持 び
民
間 新 歴 れ 締 の 任 を 、
の
全 た 史 ま ま 重 い い 多
皆
力 な と で る 大 た た く
さ
で 発 伝 は 思 さ し だ の
ん
取 展 統 ぐ い に ま き 市
の
り と を く で あ し 、 民
大
組 飛 受 ん あ ら た 周 の
き
む 躍 け で り た 。 南 皆
な
決 に 継 き
め
市 さ
、
を
結
集
し
て
、
全
国
に
誇
れ
る
合
併
皆
さ
ん
、
職
員
と
と
も
に
、
そ
の
力
民
の
皆
さ
ん
を
は
じ
め
、
市
議
会
の
子
ど
も
た
ち
の
未
来
の
た
め
に
、
市
人
が
元
気
で
輝
い
て
こ
そ
、
ま
ち
が
を
目
指
し
て
輝
く
都ま
市ち
・
周
南
市
﹂
す れ お を
そ 。 る り 基
の
ま 、 本
原
ち 周 目
動
に 南 標
力
し 市 と
は
た を し
﹁
い 快 て
人
と 適 掲
﹂
で
思 で げ
あ
っ 活 て
り
て 力 い
ま
い あ る
す
ま ふ と
。
よ
本
格
的
に
ス
タ
ー
ト
し
ま
す
。
県
勢
発
展
を
リ
ー
ド
す
る
元
気
発
信
都
市
の
創
造
に
向
け
た
新
た
な
ま
ち
づ
く
り
が
、
い
よ
い
5
月
25
日
に
行
わ
れ
た
周
南
市
長
選
挙
の
結
果
、
初
代
市
長
は
河
村
和
登
氏
に
決
ま
り
ま
し
た
。
河周
村南
和市
登初
氏代
に市
決長
定は
広報周南 2003. 6. 15
2
周南市のまちづくりにあなたの
ご意見をお寄せください!
のりしろ
✂
7 4 5 8790
周
南
市
役
所
企
画
調
整
課
行
の
り
し
ろ
周
南
市
岐
山
通
一
︱
一
市民提言の募集について
4月21日、徳山市、新南陽市、熊毛町、鹿野町の
2市2町の合併により、人口規模で山口県下第3位、
面積では県下第1位の広さを持つ「周南市」が誕生
しました。
市では今後、周南市のまちづくりの指針となる
総合計画を策定します。
つきましては、この計画に市民の皆さんの意見
を幅広く反映させるため、まちづくりについての
提言を募集します。
周南市に望む都市像や夢、まちづくりに対する
目標、また今後重点的に取り組んでほしいことな
ど、あなたの率直なご意見やご要望をお寄せくだ
さい。
提言の方法
裏面の質問事項に沿って、意見や要望を記入し、
この封筒を切り取り、裏面を内側にして郵便封筒
を作り郵送するか、ファックスまたはメールでご
返送ください。
募集期限
平成15年7月15日(火)消印有効
その他
この提言募集は、今後策定するまちづくり総合
計画に活用させていただくものです。なお個別の
回答はいたしませんので、ご了承ください。
また、市では今回の市民提言の募集に続いて、市
民の皆さんのまちづくりに対する意識を把握する
ために、市民アンケート調査を8月に予定していま
す。これは、総合計画策定にあたって基礎資料にな
る大切なアンケートです。アンケートが届きまし
たら、ご協力をよろしくお願いします。
※ご不明な点などがありましたら、企画調整課へ
お問い合わせください。
企画調整課
TEL 0834ー22ー8478
FAX 0834ー22ー8475
Eメール [email protected]
✂
のりしろ
3
広報周南 2003. 6. 15
✂
✂
料金受取人払
周南市のまちづくりにあなたの
ご意見をお寄せください。
1 周南市の都市像やこれからのまちづくりの目標について、ご意見をお聞かせください。
2 あなたが考える周南市の都市像やまちづくりの目標に向けて、今後重点的に取り組む
必要があると考えられる問題、課題は何ですか。
3 あなたは、今後のまちづくりにおけるキーワード(時代を反映させる言葉など)は何だ
と思いますか。あればお聞かせください。
その理由をお聞かせください。
4 その他、市政やまちづくりに関する意見や要望があれば、お聞かせください。
住所 周南市
氏名 年齢 歳(男・女)
※匿名でも受け付けますが、差し支えなければ氏名をご記入ください。
広報周南 2003. 6. 15
4
(
当
す
る
場
合
、
就
園
奨
励
費
補
助
が
、
国
の
定
め
る
補
助
基
準
に
該
す
る
満
3
歳
∼
5
歳
児
の
保
護
者
を
確
か
め
、
薬
剤
を
使
用
す
る
と
市
内
在
住
で
、
幼
稚
園
に
就
園
補幼
助稚
金園
就
園
奨
励
費
(
)
問 合 所 び
合 庁 、 熊
せ 舎 周 毛
内 南 の
学
教 教
校
育 育
教
事 委
育
務 員
課
所 会
1
総
周 合
0
南 出
8
総 張
3
(
肺
が
ん
・
結
核
検
査
大
腸
が
ん
検
診
、
歯
周
疾
患
検
診
、
イ
ル
ス
検
診
、
前
立
腺
が
ん
検
診
、
内 場 ∼
容 所 13
時
基 新 40
本 南 分
健 陽
康 保
診 健
査 セ
、 ン
肝 タ
炎 ー
ウ
所
1
0
8
3
4
︱
63
︱
7
8
9
9
問 時 31 土
合間日・
せ
の日
21 毎 曜
永時日日
、
源∼
7
山翌
月
公日
19
園9
日
管時
∼
理
8
事
務
月
で
食
生
活
の
改
善
が
必
要
な
人
対
象
糖
尿
病
や
高
脂
血
症
な
ど
の糖
栄尿
養病
相・
談高
脂
血
症
の
人
4
︱
22
︱
8
6
9
7
問 こ め
合 と 、
せ な 家
ど 庭
生 の 教
涯 相 育
学 談 、
習 。 友
課 秘 達
1 密 ・
0 厳 進
8 守 路
3
の
関
係
機
関
と
連
携
し
、
不
法
投
棄
市
で
は
、
警
察
・
保
健
所
な
ど
、
な
犯
罪
で
す
。
染
、
火
災
の
原
因
に
も
な
る
悪
質
内 場 金 日
容 所
時
13
子 勤 時 7
ど 労 30 月
も 福 分
の 祉 ∼ 1
不 セ 16 日
登 ン 時 火
校 タ 30
分 、
、 ー
︻
18
い 徳
日
じ ︼
う
だ
け
で
な
く
、
悪
臭
や
水
質
汚
ん
。
不
法
投
棄
は
、
美
観
を
損
な
介
護
保
険
施
設
に
入
所
し
て
い
減介
額護
認保
定険
証標
の準
申
請負
と担
更額
新
成 33毛0総4問人
、 1 8 合 ︱ 合 に
人 3
2 鹿 0 3 支 22 せ は
の
交
野 8 4 所 ︱
1 3 ︱ 担 8 健 付
健
0 3 61 当 5 康 し
康
8
︱ 窓 5 増 ま
診
3 ︱ 3 口 3 進 す
査
4 92 0 。 、 課
期 め て
間 、 使
夜 用
6 間 さ
月 閉 れ
21 鎖 る
日 を
∼ し こ
7 ま と
月 す を
13 。 防
ぐ
日
た
の
が
、
集
団
暴
走
行
為
の
場
所
と
し
︱
68
︱
2
︱
0
0
1
永
源
山
公
園
の
第
1
駐
車
場
の永
夜源
間山
閉公
鎖園
第
1
駐
車
場
部
1
0
8
3
4
︱
21
︱
3
5
9
8
問 ま 月 適
合 す
性 ま
せ 。 以 検 た
降 査 免
、 ・ 許
周
県 講 更
南
内 習 新
農
各 会 に
林
所 が つ
事
で 6 い
務
行 月 て
所
わ 30 は
森
れ 日
林
、
て
る
不
法
投
棄
が
跡
を
絶
ち
ま
せ
林
や
空
き
地
、
河
川
敷
な
ど
に
捨
﹁7
子月
どの
も
の
こ
と
相
談
﹂
お
知
ら
せ
4
︱
22
︱
8
3
2
0
ご
み
を
人
目
に
つ
き
に
く
い
山
6
月
は
環
境
月
間
で
す
。
9
1
、
熊
務
所
へ
お
問
合
せ
く
だ
さ
い
。
ごな
みく
のそ
不う
法
投
棄
申 ※ 8 予
込 今 時 約
み 年 30 受
度 分 付
生 か
開
活 ら
始
安 予
全 約
7
課 制
月
1 で
1
0 す
日
8 。
火
3
法
務
局
職
員
、
警
察
安
全
相
談
課
員
新
南
陽
1
免
許
の
新
規
取
得
は
、
農
林
事
ま
た
は
各
1
0
8
3
8
3
4
︱
68
︱
2
3
3
4
3
︱
92
︱
0
0
2
4
、
鹿
野
1
0
61
︱
3
1
1
0
、
熊
毛
1
0
8
3
免狩
許猟
更免
新許
試
験
と
4
︱
22
︱
8
3
2
2
問 安 し
合 全 て
せ に は
十 、
環 分 使
境 注 用
政 意 上
策 し の
課 ま 注
1 し 意
0 ょ を
8 う 守
3 。 り
、
人
権
擁
護
委
員
、
行
政
相
談
委
員
、
相 時 日
談 ∼ 時
員 12 と
時 場
弁 、 所
護 市
士 民 7
、 館
︻ 月
司 徳 9
法 ︼ 日
書
水
士
9
、
)
や
、
健
康
診
断
な
ど
で
食
事
指
導
問 な の の
合 管 所 防
せ 理 有 止
を 者 に
環 お な 努
境 願 ど め
政 い は て
策 し 、 い
課 ま 土 ま
1 す 地 す
0 。 の 。
8
適 土
正 地
3
7
月
22
日
火
受
付
13
時
る
、
市
民
税
が
非
課
税
の
世
帯
の
(
を
指
示
さ
れ
た
人
。
健
康
づ
く
り
4
︱
22
︱
8
3
2
2
教
科
書
展
示
会
日
時
人
は
、
介
護
保
険
施
設
で
の
食
事
)
■
広 訂
報 正
6
月
1
日
号
の
﹁
身
体
障
平
成
14
年
度
か
ら
使
用
さ
れ
て
代
が
減
額
さ
れ
ま
す
。
(
害
者
相
談
員
﹂
で
松
木
艶
子
さ
ん
日 本 い
時 本 る
を 、
7 展 小
月 示 ・
18 し 中
日 ま 学
す 校
金 。 の
教
ま
科
で
書
の
9
見
)
の
名
前
に
誤
り
が
あ
り
ま
し
た
。
場 ※ 時
所 土 ∼
・ 16
教 日
曜 時
育 日 30
委 を 分
員 除
会 く
、 。
新
南
陽
及
(
訂
正
し
て
お
詫
び
し
ま
す
。
市
有
地
売
り
ま
す
( )
広報周南 2003. 6. 15
4
︱
22
︱
8
5
4
2
)
場 日 の
所 時 た
め
新 7 の
南 月 食
陽 10 事
保 日 に
健 木 関
セ 9 心
ン 時 が
タ ∼ あ
ー 15 る
時 人
( )
)
5
申個相
込人談
み面方
接法
新方
南式1
陽予人
保約1
健制時
セ
間
ン
程
タ
度
ー
の
(
1
0
8
3
4
︱
61
︱
3
0
9
1
相
談
住6
環月
境は
衛
生
推
進
月
間
)
(
7
月
市 の
内 ﹁
在 無
住
の 料
人 法
、 律
30
人 相
程 談
度
﹂
申
※
込 金 基
み
本
ま 健
新 で 康
南 に 診
陽 予 査
保 約
健 が は
セ 必 6
月
ン 要
で
タ す 27
ー 。 日
対
商 15 ︻
業 区 徳 象
︼
地 画 の 地
域
1
い 6
ず 5 櫛
れ g ヶ
も ∼ 浜
宅 3 南
地 0 浜
で 0 2
近 g 4
隣 の 2
(
)
対
象
気
温
の
上
昇
と
と
も
に
活
動
が
1
0
8
3
4
︱
61
︱
3
0
9
1
減
額
を
受
け
る
た
め
に
は
、
減
)
効
果
的
で
す
。
薬
剤
の
使
用
に
際
活
発
に
な
る
ゴ
キ
ブ
リ
は
、
消
化
る
人
は
、
申
請
を
し
て
く
だ
さ
い
。
(
問 復 被 入 以 入 入 ∼ 入 売 宅 利
合 権 後 札 上 札 札 受 札 却 用 用
保 場 付 日 方 地 上
せ を 見 参
得 人 加
証 所 9 時 法 と の
す 制
金
の
都 な ・
時
被
入 30 7 一 る 限
市 い 保 た
入 札 分 月 般 こ
整 人 佐 め
札 監 ∼ 22 競 と 自
備 で 人 の
金 理
課 な ・ 資
日 争 な 分
入 ど が
1 い 破 格
額 室
火 札
0 こ 産
の
住
10
8 と 者 成
5
む
%
で 年
3
時
住
器
系
感
染
症
や
食
中
毒
を
引
き
起
ま
た
既
に
減
額
認
定
証
を
持
)
4
︱
22
︱
8
4
3
1
こ
す
原
因
に
も
な
っ
て
い
ま
す
。
ち
、
ま
だ
更
新
手
続
き
を
し
て
い
(
た
は
各
教
育
委
員
会
総
合
出
張
所
駆
除
を
す
る
に
は
、
生
息
場
所
な
い
人
は
、
至
急
手
続
き
を
し
て
68 0 3 南 た 0
︱ 1 、 陽 は 8
2 0 熊 1 各 3
総
務
課
。
新
南
陽
1
0
8
3
4
︱
額
認
定
証
が
必
要
で
す
。
希
望
す
く
だ
さ
い
。
)
問 書 し 金
合 で く の
せ お は 交
知 、 付
教 ら 各 を
育 せ 幼 行
委 し 稚 っ
員 ま 園 て
会 す を い
総 。 通 ま
務
じ す
て 。
課
1
文 詳
昭
和
54
年
4
月
2
日
∼
昭
風 33毛0総4問
、 1 8 合 ︱ 合
し 3
2 鹿 0 3 支 22 せ
ん
野 8 4 所 ︱
1 3 ︱ 担 8 介
の
0 3 61 当 4 護
予
8
︱ 窓 6 保
防
3 ︱ 3 口 7 険
92
接
4
0 。 、 課
︱ ︱ 8 新 ま 1
種
)
対
象
(
和
62
年
10
月
1
日
ま
で
に
生
ま
れ
( )
0
8
3
4
︱
22
︱
8
5
3
2
、
ま
場 実 た
所 施 人
期
市 限
内
の 9
各 月
実 30
施 日
医 火
療
機
関
( )
持 自 ※
参 己 詳
物 負 し
担 く
予 額 は
、
診
問
票 無 合
料
せ
も
く
っ
だ
て
さ
な
い
い
。
く
ら
し
の
ガ
イ
ド
︻
徳
︼
=
徳
山
地
域
場
所
、
住
所
な
ど
に
︻は
新︻
︼
=︼
新で
南各
陽地
地域
域を
表
︻
示
熊
し
︼
=ま
熊す
毛。
地
域
︻
鹿
︼
=
鹿
野
地
域
年
3
月
31
日
ま
で
に
、
3
歳
児
健
に
、
履
歴
書
写
真
貼
付
・
バ
イ
ト
圏
振
興
整
備
協
議
会
事
務
局
企
た
は
永
源
山
公
園
管
理
事
務
所
1
問 8 申
合 3 込
せ 4 み
︱
周 22 J
南 ︱ T
地 0 B
区 8 徳
広 0 山
域 8 支
市
店
1
町
村
0
申 0 賃 人
込 円 金 程
み 、 日 度
受 当 、
受
6 付
⋮
月 6 監 付
30 5 視 女
日 5 員 ⋮
月 0 ⋮ 2
円 7 人
ま
5 程
で
5 度
募 場
集 所
人
員 市
水
監 泳
視 場
︻
員 徳
男 ︼
女
⋮
20
)
期
間
記
入
を
総
合
ス
ポ
ー
ツ
セ
画
調
整
課
内
1
0
8
3
4
︱
22
0
8
3
4
︱
63
︱
7
8
9
9
(
ン
タ
ー
内
財
徳
山
体
育
協
会
1
︱
8
4
7
8
)
0
8
3
4
︱
28
︱
8
3
1
1
を地
営方
む卸
人売
市
場
内
で
店
舗
満
18
∼
30
歳
ま
で
の
、
農
海
外
派
遣
農
業
研
修
生
(
対
象
)
業
青
年
ま
た
は
将
来
就
農
、
農
業
平
成
14
年
4
月
1
日
∼
今
の山
コ口
ン県
ク母
ーと
ル子
の
よ
い
歯
(
派 い 海 関
遣 る 外 係
国 青 協 機
年 力 関
な に
米
ど 就
国
の 業
本
目 、
土
的 海
・
を 外
ハ
持 移
ワ
っ 住
イ
て 、
、
対
象
(
自
然
と
ふ
れ
あ
い
な
が
康
診
査
を
受
診
し
た
幼
児
と
そ
の
募
集
)
内
容
※ 母
親
で
、
と
も
に
歯
が
健
康
な
人
初
期
の
虫
歯
で
、
完
全
に
処
置
が
い
、
県
に
推
6 薦
月
25
日
水
ま
で
動
物
園
サ
マ
ー
ス
ク
ー
ル
(
ま
で
ら
、
食
べ
物
な
ど
へ
の
感
謝
の
気
※
2
隻
以
上
の
申
込
み
が
あ
っ
た
徳
山
動
物
園
で
、
え
さ
作
り
な
)
申 ※
込 船 欠 場
み 体 者 合
の の は
水 管 順 抽
産 理 位 選
課 は を と
1 自 決 し
0 己 定 、
8 責 し 併
3 任 ま せ
す て
4 で
。 補
︱ す
。
ど
動
物
た
ち
の
世
話
を
し
な
が
選
考 し
て
市 あ
で れ
口 ば
腔 対
診 象
査 に
な な
ど り
を ま
す
行 。
応
募
方
法
家 物 を 市
賃 件 募 場 市
集 に 場
な
ど 生 し 関 内
鮮 ま 連 に
▼ 食 す す 設
面 料 。 る 置
業 す
積 品
務 る
22 な
を 店
g ど
営 舗
・ 2
月 店
む で
人 、
額 舗
問 定 参 持
合 員 加 ち
費 と
せ
50
強
3
人
い
7
0 心
月
0 を
7
0 学
日
円 ぶ
月
)
に
、
周
南
青
年
会
議
所
1
0
8
3
問 派 オ デ
合 遣 ラ ン
せ 期 ン マ
間 ダ ー
ク
7
1
、
月 ∼
ド
25 2
イ
日 年
ツ
、
金 間
ス
イ
ま
ス
で
、
ら
、
い
つ
も
と
違
っ
た
動
物
た
ち
の
素
顔
を
見
て
み
ま
せ
ん
か
。
(
)
( )
4
︱
29
︱
1
4
3
6
22
︱
8
3
6
6
(
講
演
・
講
座
)
オお
で話
響と
け絵
こと
こ音
ろ楽
にの
!ト
リ
クガ
キー
ャル
ンス
プカ
実ウ
行ト
委・
員ワ
ー
に
、
電
話
で
健
康
増
進
課
1
0
8
)
募 対
集 象
人
数 高
校
10 生
人 女
子
(
申 自 月 キ
込 然 4 ャ
み の 日 ン
家
︻ 土 プ
6 徳 ・ の
実
月 ︼ 5 施
日
30
日
日 と
日
、 場
月
大 所
ま
田
で
原 10
)
漁
港
浮
桟
橋
3
4
︱
22
︱
8
5
5
3
(
2
万
7
4
8
9
円
▼
31
g
・
月
8
0
2
0
達
成
者
表
彰
)
額
3
万
8
7
3
4
円
に
、
地
方
卸
売
市
場
1
0
8
3
4
(
申
※
込 途 電
み 必 気
要 ・
水
7 で 道
す
月 。 使
31
用
日
料
な
木
ど
ま
が
で
別
( )
︱
25
︱
0
7
0
8
)
)
▼
市
内
在
住
の
、
0
∼
3
に
、
県
農
林
部
経
営
普
及
課
1
0
(
対
象
)
歳
児
・
未
就
園
児
と
そ
の
保
護
者
8
3
︱
9
3
3
︱
3
3
7
5
の徳
利山
現 用
在 者居
守
船
( )
場 ∼ 日
所 11 時
時
子
6
育
月
て
24
交
日
流
セ
火
ン
10
タ
時
ー
︻
15
徳
分
︼
ス県
テ民
ィ文
バ化
ル祭
出・
演洋
団舞
体フ
ェ
対
象
を
所
有
し
、
県
及
満
80
歳
以
上
で
、
自
分
の
場 開 募
所 催 集
日 団
体
文
化 9 数
会 月
14 3
館
︻ 日
団
徳
︼ 日 体
)
に
、
ガ
ー
ル
ス
カ
ウ
ト
・
國
廣
さ
(
(
ん
1
0
8
3
4
︱
88
︱
2
2
6
3
(
)
)
ー 講 ズ 内
ウ 師 ム 容
に
ェ
イ 森 の 心
っ
岡 た 地
よ
直 絵 い
子 本 歌
さ の 声
ん 読 と
み 楽
ミ 聞 し
ル か い
キ せ リ
キサ
ャン
ンク
プス
ヴ
ィ
レ
ッ
ジ
び
市
の
施
設
利
用
上
の
遵
守
事
項
( )
(
小
学
校
6
年
生
が
守
ら
れ
る
小 人
型
船
用
浮
桟
橋
2
(
)
対
象
募
集
隻
数
来
年
3
月
31
日
水
)
(
( )
場 日 日
所 日 時
下 16 8
松 時 月
市 2
米 ※ 日
川 雨
周 天 土
辺 決 9
行 時
∼
3
隻
分
平
成
15
年
度
中
の
補
欠
者
(
)
( )
も
併
せ
て
募
8 集
月
1
日
金
∼
来
(
利
用
期
間
)
)
年
3
月
31
日
4 水
万
円
(
)
利
用
料
金
対
象
最
寄
り
の
歯
科
医
院
歯
が
20
本
以
上
残
っ
て
い
る
人
は
が
き
、
フ
ァ
ッ
ク
申 時 20 月 期 対
込 間 人
日 象
期
、 と
限 8 ▼ 10 募 小
時 8 人 集 学
6 30 月 人 校
月 分 20 ▼ 数 5
・
30 ∼ 日 8
日 15 水 月 ▼ 6
年
6
月 時 、 日 7 生
月
20 水 28
人
、 日
(
問 の に 申
合 ビ 、 込
せ デ 所 方
オ 定 法
県 を の
文 提 申 6
化 出 込 月
振
書 27
興
と 日
課
発
内
表 金
洋
作 ま
舞
品 で
応
募
期
限
問 会 る に
合 へ と 申
せ 推 、 し
薦 歯 出
科 、
社
医 口
県
院 腔
歯
が 内
科
県 診
医
歯 査
師
科 を
会
医 受
1
師 け
申
込
方
法
( )
フ
ェ
ス
テ
ィ
バ
ル
実
行
委
員
会
1
市
水
泳
場
ア
ル
バ
イ
ト
応
募
方
法
8
3
4
︱
ス
ま
た
は
メ
ー
ル
で
、
住
所
、
氏
( )
0
8
3
︱
9
3
3
︱
2
6
1
0
期 m 対
間 以 象
上
7 泳 18
月 げ 歳
17 る 以
日 人 上
30
木 高 歳
校
∼ 生 ま
9 除 で
月 く で
1
50
0
8
3
︱
9
2
8
︱
8
0
2
0
名
、
電
話
番
号
、
学
校
、
学
年
、
( )
ク周
リ防
ー灘
ン交
ア流
ッ
プ
大
作
戦
0
8
3
4
22 ︱
︱ 22
性
別
、
希
望
日
を
記
入
し
、
〒
7
( )
周
防
灘
を
は
さ
ん
で
近
隣
の
関
ー 5
ル 0 1
4
5
︱
0
8
7
4
徳
山
5
8
4
6
徳
山
動
物
園
)
係
に
あ
る
、
大
分
県
東
国
東
地
域
︱
8
6
4
4
メ (
と
の
交
流
推
進
を
目
的
に
、
清
掃
奉
仕
活
動
を
行
い
ま
す
。
8
6
4
1
( )
場 ∼ 日
所 19 時
時
大 30 7
分 分 月
県
12
国
日
見
土
町
9
時
30
分
皆﹁
さゆ
んめ
の風
手車
で﹂
ま
つ
り
を
10
月
13
日
祝
に
永
源
山
公
園
dobutsuen@
city.shunan.yamaguchi.jp
︻
新
︼
で
開
催
す
る
﹁
ゆ
め
風
車
﹂
ま
(
(
※
年
額
は
6
万
円
で
す
。
つ
り
を
、
企
画
・
運
営
す
る
実
行
)
)
( )
7
月
4
日
金
日
月
8
時
30
分
∼
17
時
15
分
、
(
申
込
期
限
(
10
時
30
分
∼
19
時
15
分
の
2
交
代
2
0
0
人
応
委
員
と
、
ま
つ
り
の
中
で
自
主
運
(
定
員
と
参
加
費
営
の
イ
ベ
ン
ト
を
行
う
人
を
募
集
)
募
多
数
の
場
合
は
抽
選
、
無
料
申 対 い し
込 象 ま ま
つ す
み
ど り 。
6 な を 皆
月 た つ さ
30 で く ん
日 も り の
ま 手
月
せ で
ん 、
ま
か 楽
で
。 し
に
(
新
南
陽
総
合
支
所
都
市
整
備
課
1
)
0
8
3
4
︱
61
︱
3
0
6
9
、
ま
ごみ袋の使用について
各区域専用のごみ袋を
現在、周南市のごみは「徳山区域」、「新
南陽区域」、「熊毛区域」、「鹿野区域」ごと
に、それぞれ異なった施設に搬入し、処理
を行っています。
家庭ごみを出す際の『指定ごみ袋』は、そ
れぞれの施設に合ったごみ袋を使用する必要
があります。自分の住む区域で合併前に指定
されていたもの、または周南市指定の各区
域専用のものを使用してください。
お住まいの区域と違う区域のごみ袋を使
用すると、ごみ処理施設への搬入ができな
くなることから、ごみの収集ができません。
ごみを効率よく収集し、適正に処理が行
えるよう、ご理解とご協力をお願いします。
問合せ 廃棄物リサイクル課10834-22-8303
広報周南 2003. 6. 15
6
子
育
て
交
流
セ
ン
タ
ー
)
(
)
(
)
日
時
8
月
17
日
(
日
)
∼
20
日
日
時
日 対
時 象
( )
未
就
園
児
と
そ
の
家
族
話
番
号
、
講
座
名
を
記
入
し
、
た
は
メ
ー
ル
で
、
住
所
、
氏
名
、
養赤
成十
講字
習救
会急
法
救
急
員
4
︱
22
︱
8
7
7
2
9
2
1
︱
6
0
7
0
0
8
3
山
口
市
後
河
原
松
柄
1
5
材
セ
ン
タ
ー
連
合
会
1
0
8
3
︱
0
︱
1
社
山
口
県
シ
ル
バ
ー
人
)
日
か
ら
毎
週
木
曜
涯
学
習
セ
ン
タ
ー
1
0
8
3
4
(
太
極
7 拳
月 教
17 室
6
月
27
日
金
10
熊
団
っ
食
︼ 時
会 の と
∼
人 ス
12
時
形 テ
)
支
援
セ
ン
22 22
︱
8
6
9
0
5
0
8
3
4
( )
)
購
入
2
歳
[email protected]
(
(
支
援
セ
ン
問
合
せ
時妊木く
間娠
浴
中助
9の産夫
時過師婦
30 ご の で
分し講ど
∼方話う
12
、ぞ
時
24
日、
17
木日
︱
8
8
1
6
メ
ー
ル
申 場 水
込 所
の
み
徳 4
日
7 山 間
保
月 健 、
9 セ 9
日 ン 時
∼
水 タ 17
ー
時
ま
で
申 受 場 日
込 講 所 10
み 料
時
周 10
は 月 陽 分
が 1 公 ∼
き 6 民 11
ま 0 館
︻ 時
た 0 徳 40
は 円 ︼ 分
フ
ァ
ッ
1
0
8
3
4
︱
32
︱
8
1
8
1
︱ ︱ 生 電 ま
)
に
、
社
会
課
1
0
8
3
4
︱
22
︱
母 タ問児タ申定劇ー内場
合 以 ー 込 員 公 ジ 容 所
推 ー
1 せ 上 で み
演
ま 0 1 チ 50 と 京 く 三
都
熊 人
熊 組 カ の わ 丘
つ 8
3 毛 2 ケ 毛
徳
り 3 0ッ 申レ
人 え 修
ト 子 込 ー 形 ・
︱ 子
ぱ
92 育 0 を 育 順 の 劇 ぺ 館
︻
昼
て 円
て
︱
1
5
1
5
市
内
在
住
の
親
子
、
フ
ァ
(
日
中
友
好
協
8
4
6
5
学勝
級間
公ふ
開れ
講あ
座い
セ
ン
タ
ー
)
1
5
0
8
3
4
ク
ス
で
、
〒
7
4
5
︱
0
8
2
2
)
孝
田
町
4
︱
28
(
QS
&O
AH
セO
ミ&
ナ在
ー宅
ワ
ー
ク
6
月
24
日
火
10
親ゆ
子か
着た
つで
けお
教し
室ゃ
れ
申 持 受 場 ※
込 参 講 所 3
日
み 物 料
新 は
7 母 1 南 13
月 子 0 陽 時
1 健 0 保 30
日 康 0 健 分
手 円 セ ∼
火 帳
ン 15
タ 時
ま
ー 30
で
分
に
(
日
時
と
場
所
対
象
)
内 セ 時
容 ン ∼
タ 11
心 ー 時
も ︻ 30
体 熊 分
も ︼ 、
リ
勝
フ
間
レ
ふ
ッ
れ
シ
あ
ュ
い
∼
場 日 ミ
所 時 リ
ー
子 7 サ
育 月 ポ
て 1 ー
交 日 ト
流
セ 火 セ
ン 10 ン
タ 時 タ
ー ∼ ー
︻
11 会
徳 時
員
︼
(
新
南
陽
保
健
セ
ン
タ
ー
1
0
8
3
(
7
月
1
日
火
10
時
∼
12
時
4
︱
61
︱
3
0
9
1
会
・
岩
田
さ
ん
)
新
南
陽
保
健
セ
ン
タ
ー
6
月
28
日
土
10
時
∼
12
)
)
育
児
・
マ
タ
ニ
テ
ィ
用
品
︱
28
︱
0
4
0
6
催
し
内 場 日
容 所 時
日
時
(
大
潮
ほ
た
る
ま
つ
り
内 場 時
容 所 受
付
S 市 9
O 民 時
H 交 30
O 流 分
や セ ∼
在 ン
宅 タ
ワ ー
︻
ー 徳
ク ︼
申 定 着
込 員 つ
け
み
20 講
フ 組 師
ァ 程
ミ 度 樫
リ 申 部
ー 込 悦
サ 順 子
さ
ポ
ん
ー
ト
かオ
らー
みプ
るン
医カ
療レ
やッ
福ジ
祉﹁
﹂情
報
問 ※ バ
合 体 ラ
せ を ン
動 ス
勝 か ボ
間 せ ー
ル
ふ る に
れ 服 チ
あ 装 ャ
い で レ
ン
セ
ジ
ン
!
タ
(
問 定 な に
合 員 ど つ
せ と を い
参 通 て
や 加 じ 、
ま 費 て デ
理 ィ
ぐ
20 解 ス
ち 人
の 、 を カ
S 5 深 ッ
O 0 め シ
H 0 る ョ
O 円 ン
7
月
2
日
∼
30
日
の
毎
週
セ
ン
タ
ー
本
部
1
0
8
3
4
︱
32
(
)
▼
甲
日
時
︱
8
1
9
1
( )
(
)
ー
1
0
8
3
3
︱
92
︱
0
0
4
3
消
防
設
備
士
試
験
( )
の
リ
サ
イ
ク
ル
バ
ザ
ー
、
手
型
・
定 場 水
員 所 曜
日
40 徳 全
人 山 5
申 保 回
込 健 13
順 セ 時
ン ∼
タ 14
ー 時
30
分
(
(
問 相 ー 足
合 談 ナ 型
せ な ー コ
ど 、 ー
新
食 ナ
南
推 ー
陽
コ 、
保
ー 手
健
ナ 作
セ
ー り
ン
、 七
タ
育 夕
ー
児 コ
6
月
21
日
土
18
時
∼
21
試
験
の
種
類
と
受
験
資
格
ま
ま
ぱ
ぱ
学
級
)
)
日
時
種
、
一
定
の
資
格
が
必
要
▼
乙
初
め
て
母
親
、
父
親
に
な
る
人
(
(
内 場 時
容 所 30
分
ホ 大 タ 潮 ※
ル 小 小
観 学 雨
賞 校
︻ 決
、 鹿 行
カ ︼
ラ
オ
ケ
)
)
1
0
8
3
4
︱
61
︱
3
0
9
1
を
応
援
す
る
会
・
松
原
さ
ん
1
0
(
(
6
月
29
日
日
∼
7
月
1
興 問 大
課 合 会
1 せ 、
0
各
8 鹿 種
3 野 露
4 総 店
︱
68 合
︱ 支
2 所
3 産
3 業
1 振
手
作
り
フ
ェ
ス
テ
ィ
バ
ル
9
0
︱
6
4
0
4
︱
3
5
7
6
自シ
動ニ
車ア
軽の
整た
備め
講の
習
会
)
)
( )
日
時
就
業
を
希
望
す
る
55
歳
以
)
(
内 場 日
容 所 火
10
各 文 時
化
種
会 ∼
手 館 16
作 展 時
り 示 30
作 室 分
品 ︻
徳
の ︼
展
チ
ャ
レ
ン
ジ
マ
ー
ケ
ッ
ト
対
象
申 場 日 種
込 所 時 、
み は と だ
受 場 れ
7 験 所 で
も
月 票
1 で 8 受
日 指 月 験
定
可
31
火
日
∼
11
日
日
、
(
)
)
広報周南 2003. 6. 15
( )
示
、
即
売
と
手
づ
く
り
教
室
∼
中
学
生
上
65
歳
未
満
の
7 人
月
15
日
火
∼
金
に
、
消
防
本
部
備
え
付
け
の
)
)
(
問
※
合 会 売
せ へ 上
寄 の
手 付 一
づ し 部
く ま は
り す 社
ふ 。 会
福
れ
祉
あ
協
い
の
議
28
日
土
10
時
∼
15
時
日
時
と
場
所
(
23
日
水
13
時
∼
17
時
土
・
日
(
内 部 曜
容 高 日
等 、
自 産 祝
家 業 日
用 技 を
車 術 除
の 学 く
日 校
︻ 、
常 徳
県
点 ︼
立
検
東
、
願
書
で
、
消
防
本
部
予
防
課
1
0
の
た
め
の
学
級
7 で
月 す
3 。
日
木
歯
申 教 講 受
込 授 師 講
料
み
岩
は
本 1
が
晋 0
き
さ 0
、
ん 0
円
フ
徳
ァ
山
ッ
大
ク
ス
学
(
月
29
日
2
0
各 市 6 幼 0
種 民 月 児 3
交
流
セ
ン
タ
ー
︻
徳
︼
8
3
4
︱
22
︱
8
7
7
2
消
防
設
備
士
再
▼ 講
9 習
期
日
と
内
容
)
期
日
と
講
習
内
容
)
月
、
消
火
設
備
▼
10
月
15
日
(
水
、
警
報
設
備
▼
10
月
22
日
内 場 日 対
容 所 時 象
も
の
づ
く
り
体
験
コ
(
)
7
里
・
吉
崎
さ
ん
1
0
8
3
4
︱
21
水
、
避
難
設
備
と
消
火
器
申 定 軽
込 員 整
み と 備
受 作
業
7 講
料 、
月
洗
1 20 車
日 人 な
火 、 ど
無
ま 料
で
問 費 お ー
合 の も ナ
せ 場 ち ー
合 ゃ
生 あ 病 1
涯 り 院 0
0
学
部 ∼
習
品 3
課
代 0
1
な 0
0
ど 円
8
実
3
、
︱
1
0
4
4
周
南
地
域
地
場
産
( )
( )
( )
に
、
は
が
き
に
講
習
名
、
住
所
、
場
所
と
時
間
)
氏
名
、
生
年
月
日
、
性
別
、
電
話
7
月
11
日
金
ま
で
業
振
興
セ
ン
タ
ー
︻
徳
︼
、
9
時
∼
(
番
号
を
書
い
て
、
〒
7
5
3
︱
0
申
込
方
法
)
に
、
消
防
本
部
備
え
付
け
の
願
書
(
で
、
消
防
本
部
予
防
課
1
0
8
3
)
応募資格と募集人数 市内に在住する20歳以上
の人(国または地方公共団体の議員、公務員及び
その家族を除く)、2人
任期 2年(年1∼3回程度、会議を開催)
応募方法 6月30日(月)までに、所定の申込書
と「議会議員の報酬及び市長等特別職の給料につ
いて」の意見・提言などを800字程度にまとめて、
人事課に提出
※申込書は人事課、各総合支所、支所にあります。ま
た市のホームページからもダウンロードできます。
http://www.city.shunan.yamaguchi.jp/
問合せ 人事課10834―22―8254
科
健
康
診
査
、
10
日
木
妊
娠
中
(
議会議員の報酬額と市長、助役、収入役の給
料額を審議する「特別職報酬等審議会」の委員を、
広く市民の皆さんから募集します。
の
栄
養
と
調
理
実
習
、
12
日
土
(
親
を
楽
し
も
う
・
赤
ち
ゃ
ん
の
も
特別職報酬等審議会
委員を募集します。
て人
る形
の劇
だ﹁
あか
れく
﹂れ
ん
ぼ
し
4
︱
22
︱
8
6
2
1
無 料 開 放!
徳 山動物園
休園日 毎週火曜日
問合せ ☎ 0834-22-8640
7月1日(火)∼7月31日(木)
【徳】
回 天記念館
休館日 毎週水曜日
問合せ ☎ 0834-85-2310
■周南市の誕生を記念して、期
術博物館【徳】
土美術資料館・尾崎正章記念館【新】
間中、次の施設の入場料が無
休館日 毎週月曜日、
7月22日
(火)
休館日 7月6日(日)〜18日(金)、
料になります。
※7月21日(祝)
は開館しています。
22日(火)、28日(月)
■この機会にぜひお越しください。
催し物 「あるサラリーマン・コレクションの軌 催し物 「土居健遺作展」
「上本ひとし写真展」
どなたでも無料です!
跡〜戦後日本美術の場所〜」
7/11〜9/21
〜7/5、
「
藤井孝美作品展」
7/19〜10/4
■休園日、休館日にご注意ください。
美
郷
問合せ ☎ 0834-22-8880
問合せ ☎ 0834-62-3119
だれでも無料で借りることが
7月・8月・9月の ■図書館の本は、
できます。気軽にご利用ください。
巡回日程
徳山地域を巡回
櫛 浜
■悪天候の場合、巡回を中止することがあります。
鼓南・久米
久 米
7月2日
(水) 7月4日
(金) 7月5日
(土)
7月16日
(水) 7月18日
(金) 7月19日
(土)
■大津島地区は
“やまびこ号jr
(ジュ 8月5日(火) 8月6日(水) 8月8日(金)
ニア)
”
が巡回します。
8月29日
(金) 9月2日
(火) 9月3日
(水)
■問合せ 中央図書館【徳】
9月13日
(土) 9月17日
(水) 9月19日
(金)
☎ 0834-22-8683
居守
粭島小学校 清水住宅
10:00〜10:50 10:00〜10:30 10:00〜10:40
旭町
大島小学校 旭ヶ丘団地C棟
11:00〜11:30 10:40〜11:30 10:50〜11:30
櫛浜支所
西久米
久米支所
13:10〜14:00 13:30〜14:10 13:10〜14:20
ひばりヶ丘
魚市場
田中
県営住宅集会所
14:20〜15:20 14:20〜15:00 14:40〜15:20
菊 川
向道・夜市
戸 田
夜市・湯野
都 濃
大津島
7月8日
(火) 7月9日
(水) 7月11日
(金) 7月12日
(土) 7月1日
(火) 7月12日
(土)
7月23日
(水) 7月25日
(金) 7月29日
(火) 7月30日
(水) 7月15日
(火) 7月30日
(水)
8月19日
(火) 8月20日
(水) 8月22日
(金) 8月26日
(火) 8月1日
(金) 8月26日
(火)
9月5日
(金) 9月6日
(土) 9月9日
(火) 9月10日
(水) 8月27日
(水) 9月10日
(水)
9月20日
(土)
9月12日
(金)
東南野
大向公民館 四郎谷
戸田駅前
長穂小学校 瀬戸浜自治会館
10:00〜10:30 10:00〜10:40 10:00〜10:30 10:00〜10:50 10:00〜10:40 10:30〜10:50
刈尾巡航待合所
菊川公民館 大道理公民館 戸田支所
柚木河内
須々万支所 11:00〜11:40
10:50〜11:40 11:00〜11:30 10:50〜11:40 11:10〜11:30 11:00〜11:40 大津島小学校
新南陽地域を巡回
■和田小学校へは、毎月第3
火曜日に巡回します。
■問合せ 新南陽図書館
0834-62-1150
☎
富 田
福 川
7月3日(木)
7月17日(木)
8月7日(木)
8月21日(木)
9月4日(木)
9月18日(木)
7月10日(木)
7月24日(木)
8月14日(木)
8月28日(木)
9月11日(木)
9月25日(木)
東ソー社宅
10:40〜11:10
日新社宅
11:20〜11:50
川崎会館
13:10〜13:30
トクヤマ社宅
13:35〜14:00
新開作公会堂
14:05〜14:30
日新社宅
14:35〜15:00
山部商店前
10:40〜11:10
信越化学社宅
11:15〜11:50
長田中央公園
13:10〜13:35
山田電器
13:40〜14:00
瀬ノ上集会所
14:05〜14:30
警察官官舎
14:35〜15:00
13:00〜13:35
西武井
才原
下戸田浴
湯野公民館 中須支所
13:20〜14:10 14:00〜14:30 13:20〜13:50 13:10〜14:20 13:20〜14:00 馬島公民館
13:50〜14:20
小畑小学校 夜市公民館 押田
北古屋
須磨小学校 大津島中学校
14:30〜15:20 14:50〜15:30 14:00〜15:00 14:30〜15:00 14:40〜15:20 14:50〜15:30
広報
周南 2003.6.15 No.0004
■発行日 毎月1日・15日 ■編集 周南市広報広聴課
〒745-8655
山口県周南市岐山通1-1
5 0834-22-8224
1 0834-22-8232
■印刷 ㈱ふじたプリント社
表 紙 説 明
5月26日、周南市の初代市長となった河村市長が、職員の拍
手に迎えられ初登庁しました。市長は早速、就任式に臨み「市
民の皆さんが元気で輝く周南市となるように、ともにがんばり
ましょう」と職員に訓辞。いよいよ周南市政が動き出しました。
この広報紙は古紙配合率100%の再生紙を使用しています。
■市政情報番組 周南市政だより「周南市の初代
市長に聞く」
(6月16日∼30日)▼CCS(4チャン
ネル)毎日6時・15時・22時▼Kビジョン(11チャン
ネル)毎日9時30分・14時30分・21時30分▼岐北テ
レビでもご覧になれます。
■ホームページ
http://www.city.shunan.yamaguchi.jp/
■E[email protected]
広報周南 2003. 6. 15
8