ServeRAID-B5015 導入ガイド - IBM

ServeR
AID-B
5015 導入ガイド
ServeRA
ID-B5015
Version 1.22.0.0 編
Version
20
20111-02
お願い
ここに記載されている情報とそれに対応する製品をご使用になる前に、「本書をご利用する前に」 の事項を必
ずご確認ください。
2011 年 02 月
発行: 日本アイ・ビー・エム株式会社
担当: System x Technical Sales
© Copyright International Business Machines Corporation 1999. All rights reserve.
2
本書をご利用す
る前
に
をご利用する前
る前に
この出版物はお客様、ビジネスパートナー様、IBM 関係者が、IBM System x を活用することを目的として作成されました。この
情報はプログラミングインタフェースの仕様書ではありません。製品報告書の類いの情報については、System x 公式 URL をご
参照ください(http://www-06.ibm.com/systems/jp/x/)。
この文書中の IBM 製品、プログラム、サービスに関する記述は、IBM が営業を行うすべての国・地域において適用できることを
意図するものではありません。
この文書に含まれる情報は IBM の正式な検査機関には未提出で、現状のまま提出するものです。これらの情報は、資料作成時
における最新情報をご参考のために提供することを目的として記載されており、IBM は、情報の正確性、完全性または有用性に
ついて何ら保証するものではありません。この情報の利用や技術の実行は、お客様の責任で行ってください。文書中の各事項
は、それぞれ特定の環境でのその正確さについて再チェックを行っていますが、他の環境で同様の結果が得られるという保証
はありません。これらの技術を個々の環境に適用する場合は、各々のリスクにおいてこれを行ってください。
本書に記述されている主題事項に関して IBM が特許権(特許出願を含む)を所有していることがあります。本書による情報の
提供は、これらの特許権について実施権を許諾することを意味するものではありません。実施権についてのお問い合わせは、書
面にて下記宛先にお送りください。
〒103-8510
東京都中央区日本橋箱崎町十九番二十一号
IBM World Trade Asia Corporation
Licensing
3
Index
ServRAID-B5015 導入ガイド................................................................................................................1
要約.........................................................................................................................................................5
1 ハードウェア仕様............................................................................................................................6
2 maxRAID Configuration Manager (UEFI Utility)...................................................................7
2-1 maxRAID Configuration Manager の起動.................................................................................7
2-2 maxRAID Configuration Manager で RAID-1 の構成例.........................................................11
2-3 maxRAID Configuration Manager でホットスペアの指定.........................................................16
3 DeviceDriver のインストール...................................................................................................19
3-1 Windows Server 2008 への DeviceDriver のインストール.....................................................19
3-1-1 OS 導入途中での DeviceDriver のインストール..................................................................20
3-1-2 OS 導入完了後 DeviceDriver のインストール/アップデート............................................24
3-2 Redhat EnterpriseLinux 5.4 への DeviceDriver のインストール..........................................26
3-2-1 OS 導入途中での DeviceDriver のインストール..................................................................26
3-2-2 OS 導入後に DeviceDriver のインストール.............................................................................27
4 maxRAID Storage Manager のインストールと起動................................................................29
4-1 Windows Serve 2008 へのインストールと起動......................................................................29
4-2 RedHat Enterprise Linux 5 へのインストールと起動..............................................................34
5 maxRAID Storage Manager の使い方......................................................................................41
5-2 ホットスペアの設定.................................................................................................................46
5-3 イベントの E-Mail 通知...............................................................................................................48
6 コマンドライン・ユーティリティ.............................................................................................53
6-1 OS 上でコマンドラインユーティリティを利用.......................................................................53
6-1-1 Windows での利用................................................................................................................53
6-1-2 Linux での利用.....................................................................................................................54
6-1-3 利用例....................................................................................................................................55
6-2 Preboot でコマンドラインユーティリティを利用...................................................................56
4
要約
このガイドでは Sytem x 3650M3 に ServeRAID-B5015 SSD コントローラー(P/N:46M0969)を搭載した構成での
DeviceDriver や管理ツールの導入手順、および設定方法について記述しております。
以下の環境
で確認しておりま
す
の環境で
確認しております
System x 3650M3
uEFI:1.08
OS:Windows Server 2008(64bit)/2008 R2
Redhat Linux 5.4(64bit)
ServeRAID-B5015
Firmware Package:1.03
Firmware:B038
Windows Driver :1.21.6
Linux Driver:1.0.22
maxRAID Storage Manager:1.22.0.0
maxRAID Configuratrion Manager(UEFI Utility):1.0.20:
CLI:1.21.0.0
□
DeviceDriver の導入手順
□
管理ツールの導入手順
□
RAID の構成方法
□
モニタリングの設定手順
活用局面:
□ 提案時
■ 構築時
□ 運用時
情報: □ Marketing ■ Technical
シリーズ:
■ 単発
対象サーバモデル:
□ 定期発行
■ ServeRAID-B5015 をサポートする System x
5
1 ハードウェア仕様
仕様
RAIDレベル
ServeRAID-B5015 SSD コントローラー
 RAID-1、5
6 Gbits/s per phy
Data Transfer
Rate
Bus
キャッシュサイズ
コネクタ
バッテリー
オンラインで仮想ド
ライブ容量増加
オンラインRAID
レベルの変更
割り当て
ホットスペア
グローバル
ホットスペア
OSのイベントログ
に通知
e-Mail通知
SNMP
トラップ通知
MIBファイル
データの暗号化
最大物理ドライブ数
最大仮想ドライブ数
PCI Express x8 (2.0)
なし
2つの内部コネクタ (SFF-8087)
なし
不可
不可
不可
可能
不可
可能
不可
なし
なし
8
4
6
2 maxRAID Configuration Manager (UEFI Utility)
maxRAID Configuration Manager は、ServeRAID-B5015 SSD コントローラーの RAID 構成を行う
ツールです。maxRAID Storage Manager と違い、コントローラー BIOS 上にあり、OS に依存しない
ツールです。OS を導入する前に RAID 構成を行う時に使用します。
2-1 maxRAID Configuration Manager の起動
maxRAID Configuration Manager は uEFI に対応しておりますので uEFI 対応機種ではサーバーの
Setup ユーティリティ(System Configuration and Boot Management)から起動します。uEFI に対応
していない機種やレガシーモードでは POST の途中で起動します。
① POST の途中で起動する方法を説明します。 uEFI 対応機種では②以降を参照して下さい。
サーバーの電源を入れると POST で ServeRAID Controller が認識されます。 Initializing…
が完了すると、「Press <Ctrl><P>to invoke maxRAID Configuratuin Manager」と表示されます
ので「Ctrl+P」を押します。次は⑦の画面が表示されますので② ~⑥ は参照する必要はありません。
② uEFI 対応機種について説明します。サーバーの電源を入れると、IBM System x のロゴが表示され
ます。しばらくして画面下に「<F1> Setup」と表示されたら、
「F1」キーを押して「Setup Utility」を起動
します。
7
③ Setup ユーティリティー「System Configuration and Boot Management」画面が表示されますので
「System Settings」を選択します。
④「Adapter and UEFI Drivers」を選択します。
(表示位置は機種により異なります)
8
⑤「Please press ENTER to refresh this page」が選択されていますので「Enter」キーを押します。
機種によっては「Please press ENTER to compile the list of drivers」と表示されます。
⑥「PMC EFI Driver」の項より「PciRoot(0x0)/Pci(0x1C,0x0)/Pci(0x0,0x0)」を選択して「Enter」キーを
押します。※ハードウェア構成によって、表記が異なっている場合がございます。
⑦ GUI もしくは CLI(コマンドライン・インターフェース)どちらを起動するか選択する画面が表
示されますので「1」を入力して GUI(maxRAID Configuration Manager)を起動を選択します。
9
⑧ 以下のような「maxRAID Configuration Manager」(maxRAID UEFI Utility)が起動します。
10
2-2 maxRAID Configuration Manager で RAID-1 の構成例
ここでは 2 本の HDD で RAID-1 を構成する手順を紹介しております。
① 上部のタブメニューから「Configure」を選択します。
②「Create Virtual Disk」選択します。 11
③「Advanced」を選択して「Next」ボタンを押します。
④ 装着したドライブの「Disk Type」と「Device Type」を選択すると下にリストが表示されますので今
回の RAID 構成に含めるディスクにチェックを付けて「Next」ボタンを押します。
12
⑤「Raid level」を選択して「Next」ボタンを押します。
⑥「Volume Name」欄に任意の名前を入力し、
「Stripe Size」を変更する場合はリストから選択して指定し
「Next」ボタンを押します。
13
⑦ Summary が表示されますので内容を確認して「 Finish」ボタンを押します。
⑧ Successful と表示されますので「OK」ボタンを押します
14
⑨ Logical View で作成された仮想ドライブ(VD)を確認できます。
⑩ 以下は VD の詳細を表示しております。
15
2-3 maxRAID Configuration Manager でホットスペアの指定
① Confirure タブメニューの「Assign Spares」を選択します。
② 選択可能なドライブ一覧が表示されますので Hotspare に指定するドライブにチェックを付けて「Next
」ボタンを押します。
16
③ 前画面で選択したドライブがホットスペアとしてカバーできる仮想ドライブの一覧が表示されますの
で確認して「Next」ボタンを押します。
④ 確認画面が表示されますので「Finish」ボタンを押します。
17
⑤ Success.. 画面が表示されますので「OK」ボタンを押します。
⑥ Logical View で確認すると指定したドライブの Config Status が「Global Spare」となっていることが
確認できます。
18
3 DeviceDriver のインストール
3-1 Windows Server 2008 への DeviceDriver のインストール
ここでは OS 導入の途中で DeviceDriver を導入する手順および、OS インストール済みの環境へ
DeviceDriver を導入する手順を紹介しております。
ServeRAID-B5015 SSD コントローラーに接続されたドライブに OS を導入する場合、
ServeRAID-B5015 SSD コントローラーは Windows Server 2008 および 2008 R2 にて自動認識
されませんので OS 導入の途中で DeviceDriver を導入する必要があります。
ここでは下記サイトからダウンロードしたバージョン 1.21.6 を使用しております。
Web サイトより入手可能な最新バージョンをご利用ください。
ServeRAID B Series Controller Driver v1.21.6 for Windows http://www-947.ibm.com/support/
entry/portal/docdisplay?lndocid=MIGR-5085251
ibm_dd_pmcraid_1.21.6_windows_32-64.exe
19
3-1-1 OS 導入途中での DeviceDriver のインストール
ServeRAID-B5015 に接続されたドライブに OS を導入する場合、OS 導入途中でデバイス・ドライバ
ーが必要になりますのであらかじめ用意しておく必要があります。
① 前述のサイトよりダウンロードしたデバイス・ドライバーを別のコンピューター上で USB メモリ
ーキーなどに展開しておきます。ここでは Windows XP クライアントマシンに USB メモリーキーを
挿入し、ibm_dd_pmcraid_1.21.6_windows_32-64.exe を実行しております。
「Extract to Hard Drive」を選択して「Next」ボタンを押します。
② USB メモリーキーの任意のフォルダを指定して「 OK」ボタンを押して下さい。
20
③ USB メモリーキーにデバイス・ドライバーが展開されました。Extract successful と表示されます
ので「Exit」ボタンを押します。これでデバイス・ドライバーの準備が完了です。
④ 次の画面は Windows Server 2008 インストールの途中でインストールする場所を選択するところ
です。必ずこの画面で停止しますのでここで準備したデバイス・ドライバーをインストールします。
この画面では ServeRAID-B5015 ドライバーが導入されていないためリストに何も表示されており
ませんので「ドライバーの読み込み」を押します。
21
⑤ デバイス・ドライバーが入った USB メモリーキーを挿入してから「参照」ボタンを押します。
⑥ 今回ここでは USB メモリーキーにドライバーを展開しましたのでリムーバブルディスクを選択し
ております。ドライバーファイルの存在するフォルダを指定してから「OK」ボタンを押します。
22
⑦「ServeRAID B5015」を選択して「次へ」ボタンを押します。
⑧ デバイス・ドライバーが導入されるとディスクが認識されリストに表示されますので表示されたディ
スクを選択して「次へ」ボタンを押します。
OS をインストールディスクが選択できましたのでインストールを続行してください。
23
3-1-2 OS 導入完了後 DeviceDriver のインストール/アップデート
ServeRAID-B5015 は Windows Server 2008 / 2008 R2 にて OS 標準で自動認識されませんので、OS
を別のディスクコントローラ上に導入した場合 OS 標準で不明なデバイスとして表示されている場合
もあります。
OS 導入時にデバイス・ドライバーを適用した場合は正しい名称で表示されておりますが、最新バー
ジョンを適用していただくようお願いします。
① 前述(3-1)のサイトからダウンロードした ibm_dd_pmcraid_1.21.6_windows_32-64.exe を実行す
るとインストーラーが起動しますので Perform Update が選択されている状態で「Next」ボタンを押
します。
② OS に適合するドライバーが検出されると Package and System Match
Ready to Update Sysytem という画面になりますので「 Update」ボタンを押します。
24
③ ドライバーの適用が完了すると Success と表示されますので「Exit」ボタンを押します。
④ デバイス・マネージャー上で右クリックしてプロパティを表示するとバージョンが確認できます
25
3-2 Redhat EnterpriseLinux 5.4 への DeviceDriver のインストール
ここでは OS 導入の途中で DeviceDriver を導入する手順および、OS インストール済みの環境へ
DeviceDriver を導入する手順を紹介しております。
ServeRAID-B5015 は Redhat EnterpriseLinux 5.4 にて自動認識されませんので ServeRAIDB5015 に接続されたディスクに OS を導入するには OS 導入途中に DeviceDriver を導入する必
要があります。
ここでは下記サイトからダウンロードしたバージョン 1.0.22 を使用しております。
Web サイトより入手可能な最新バージョンをご利用ください。
ServeRAID B Series SSD Controller Driver for RHEL5
http://www-947.ibm.com/support/entry/portal/docdisplay?lndocid=MIGR-5085044
ibm_dd_pmcraid_1.0.22_rhel5_32-64.tgz
3-2-1 OS 導入途中での DeviceDriver のインストール
ここでは Redhat EnterpriseLinux 5.4 で確認した手順を記載しております。
Redhat EnterpriseLinux 5.4 に は 標 準 で ServeRAID-B5015 SSD コ ン ト ロ ー ラ ー の
DeviceDriver が含まれておりませんのでインストール時にデバイス・ドライバーを導入する必
要があります。
① ドライバー・ディスクの作成
上記サイトよりダウンロードしたファイルを展開すると以下のような内容が含まれております。
Disks →
RHEL5.4 x64 では ddu-2.6.18-164-64.rhel5.iso を CD-ROM メディアに焼いて使用しま
す。フロッピーディスクの場合以下のファイルのみをコピーして利用可能です。
② Redhat EnterpriseLinux 5.4 インストールメディアから起動し、boot:で停止したところで
「linux dd」と入力します。
Boot:linux dd
③「Do you have a driver disk?」の画面で停止したときに①で作成したドライバー・ディスクを挿入
┇
して「OK」ボタンを押します。(CD-ROM
の場合は OS メディアと入れ替えになります。 )
26
④「Insert Driver Disk」の画面で停止した場合は「OK」ボタンを押します。
(入れ替えた DriverDisk は OS メディアに戻して)以降は通常の Linux 導入手順にて導入します。
3-2-2 OS 導入後に DeviceDriver のインストール
27
① ダウンロードしたファイル ibm_dd_pmcraid_1.0.22_rhel5_32-64.tgz をローカルに置きます。ここ
では/root/dd/ を作成しここに置きました。
② tgz ファイルを tar コマンドで展開します。
cd /root/dd
tar xzf ibm_dd_pmcraid_1.0.22_rhel5_32-64.tgz
③ インストーラーが展開されておりますので install.sh スクリプトを実行します。
古いバージョンが導入されている場合は以下のオプションをつけて実行します。
./install.sh --update --override
[[email protected] dd]# ./install.sh --update --override
INSTALL_OPTIONS --yes -update -override
Drivers will be installed/migrated to 2.6.18-164 version
---------------------------------------------------------------------Checking kmod-pmc-pmcraid-1.0.22-1.x86_64.rpm
......
---------------------------------------------------------------------kmod-pmc-pmcraid-1.0.22-1.x86_64.rpm installed successfully
SUCCESS
[[email protected] mrdr]#
┇
④ 前記のように SUCCESS と表示されればアップデートが完了です。
インストール後はシステムのリブートをして pmcraid のバージョンを確認してください。
modinfo コマンドで確認できます。
modinfo pmcraid | grep version
[[email protected] ~]# modinfo pmcraid |grep version
version:
1.0.22
srcversion:
BB8601F56CF2D965E840EA7
[[email protected] ~]#
28
4 maxRAID Storage Manager のインストールと起動
maxRAID Storage Manager は OS 上で稼動する RAID の構成、およびモニタリングをするツールで
す。OS をインストールする前に RAID を構成するには maxRAID Configuration Manager(UEFI
Utility)をご利用下さい。maxRAID Storage Manager は Web-based GUI ですので Web ブラウザー
が必要となり下記の Web ブラウザーがサポートされております。
■ Microsoft Internet Explorer v8
■ Mozilla Firefox v3.6
Windows Serve 2008 では Microsoft Internet Explorer v8 を使用した例を紹介しており、RedHat
Enterprise Linux では Firefox を使用した例を紹介しております。また、これらの Web ブラウザーに
対応したアドオン(プラグイン) Adobe Flash Player が必要となります。
4-1 Windows Serve 2008 へのインストールと起動
ここでは下記サイトからダウンロードした maxRAID Storage Manager バージョン 1.22.0.0 を
使用しております。製品に ServeRAID B5015 SSD Controller Support CD が同梱されており
maxRAID Storage Manager が含まれますが最新バージョンは Web サイトよりダウンロードし
てご利用下さい。maxRAID Storage Manager が動作するために必要となる Flash Player が下
記サイトの zip に含まれまております。Support CD には Flash Player が含まれませんので下記
サイトよりダウンロードしてご利用下さい。
maxRAID (Storage Management) Application for Windows 2008
http://www-947.ibm.com/support/entry/portal/docdisplay?lndocid=MIGR-5085356
ibm_sw_pmcraid_maxraid-1.22.0.0_windows_32-64.zip
① ダ ウ ン ロ ー ド し た ibm_sw_pmcraid_maxraid-1.22.0.0_windows_32-64.zip を Windows Server
2008 上で展開します。
② FlashPlayer、Installer、Similator という3つのフォルダが展開されております。まず、maxRAID
Storage Manager が動作するために必要な FlashPlayer をインストールしますので FlashPlayer の
フォルダを開きます。
③ ここでは WEB ブラウザとして Internet Exproler を使用しておりますので
「Flash_Player_10InternetExproler」をダブルクリックしてインストールします。
29
④「閉じる」ボタンを押して Flash Player のインストールを完了します。
⑤ 先に zip ファイルを展開した Installer フォルダがを開きます。 ⑥ setup.exe ファイルを実行します。
⑦ InstallShield Wizard が起動しますので「Next」ボタンを押します。
30
⑧ License Agreement の画面で「I Accept the term in the license agreement」を選択して「Next」ボタ
ンを押します。
⑨ プログラムをインストールするフォルダを指定して「Next」ボタンを押します。
⑩ Setup Type をここでは「Complete」を選択して「Next」ボタンを押します。
⑪ デフォルトのポート番号が表示されております。ここではデフォルトのまま「Next」ボタンを押し
ます。他のアプリケーションと競合する場合は変更して下さい。
31
⑫ 確認画面が表示されますので「OK」 ボタンを押します。
⑬「Install」ボタンを押してインストールを開始します。
⑭「Finish」ボタンを押して完了します。
⑮ プログラムメニューとデスクトップにアイコンが作成されますのでどちらからでも起動できます。
プログラムメニューでは「PMC-Sierra」というグループ配下に「maxRAID Storage Manager」が存在
します。
⑯ Web ブラウザーの環境設定によりますが、ブロックされている場合は以下のような画面が表示さ
れますので、このサイトを信頼済みサイトに追加してください。
32
⑰ ログイン画面が表示されますので、インストールした OS のユーザー ID、パスワードでログインす
ると構成画面が表示されます。
33
4-2 RedHat Enterprise Linux 5 へのインストールと起動
maxRAID Storage Manager は Web-based GUI ですので Web ブラウザーが必要となり Linux
では Firefox 3.6 以降をサポートしております。当ガイドでは RHEL のバージョン 5.4 で動作確
認しており、RHEL5.4 に標準の Firefox のバージョンは 3.0.2 となりますので事前に新しいバー
ジョンにアップデートする必要があります。当ガイドでは下記サイトより Firefox 3.6.13 をダウ
ンロードしてインストールしております。
Mozilla Firefox 3.6
http://mozilla.jp/firefox/download/all/
また、Web ブラウザーには Adobe Flash Player がプラグインされている必要があります。すでに
Adobe Flash Player がプラグインされている環境であれば新たに導入の必要はありません。
maxRAID Storage Manager Application に Flash Player が同梱されますが、Firefox 3.6.13 と
の組み合わせでは正しく動作いたしませんので当ガイドでは Web から最新版をダウンロードし
てインストールしております。
Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
Firefox ブラウザーの「ツール」-「アドオン」を参照してインストールしたバージョンがプラグイ
ンされているか確認します。
34
maxRAID Storage Manager は下記サイトからダウンロードした maxRAID Storage Manager
バージョン 1.22.0.0 を使用しております。製品に ServeRAID B5015 SSD Controller Support
CD が同梱されており maxRAID Storage Manager が含まれますが最新バージョンは Web サイ
トよりダウンロードしてご利用下さい。
maxRAID (Storage Management) Application for Linux
http://www-947.ibm.com/support/entry/portal/docdisplay?lndocid=MIGR-5085357
ibm_sw_pmcraid_maxraid-1.22.0.0_linux_32-64.zip
① ダウンロードしたファイル ibm_sw_pmcraid_maxraid-1.22.0.0_linux_32-64.zip を展開します。
ここでは maxraid というディレクトリを作成してダウンロードした zip ファイルをコピーしていま
す。
unzip ibm_sw_pmcraid_maxraid-1.22.0.0_linux_32-64.zip
[[email protected] maxraid]# unzip ibm_sw_pmcraid_maxraid-1.22.0.0_linux_32-64.zip
Archive: ibm_sw_pmcraid_maxraid-1.22.0.0_linux_32-64.zip
inflating: Installer/Install_pmc_maxRAID.sh
inflating: Installer/license.txt
creating: Installer/rpms/
inflating: Installer/rpms/CLI-1.22-0.x86_64.rpm
inflating: Installer/rpms/Extended_Manageability-1.22-0.x86_64.rpm
creating: Installer/scripts/
inflating: Installer/scripts/Configure.sh
inflating: Installer/scripts/maxRAID.conf
inflating: Installer/scripts/Modify.sh
inflating: Installer/scripts/Remove.sh
inflating: Installer/scripts/Rollback.sh
inflating: Installer/scripts/RunRPM.sh
inflating: Installer/scripts/Upgrade.sh
inflating: Installer/scripts/Verify.sh
creating: FlashPlayer/Linux/
inflating: FlashPlayer/Linux/flash-plugin-10.0.42.34-release.i386.rpm
[[email protected] maxraid]# ls
FlashPlayer Installer ibm_sw_pmcraid_maxraid-1.22.0.0_linux_32-64.zip
[[email protected] Installer]#
② zip が展開されると FlashPlayer と Installer というディレクトリが作成されております。
Installer に maxRAID Storage Manager のインストーラーが含まれますので Installer に移動しま
す。
cd Installer
[[email protected] maxraid]# cd Installer
[[email protected] Installer]#
┇
35
③ 内容を ls –l で確認するとインストール・スクリプトファイルに実行権限がないので実行権限を付
けます。
chmod 744 Install_pmc_maxRAID.sh
cd scripts
ls –l
chmod 744 *.sh
[[email protected] Installer]# ls -l
合計 40
-rw-r--r-- 1 root root 22869 5 月 13 11:40 Install_pmc_maxRAID.sh
-rw-r--r-- 1 root root 4267 5 月 13 11:40 license.txt
drwxr-xr-x 2 root root 4096 5 月 17 11:37 rpms
drwxr-xr-x 2 root root 4096 5 月 17 11:37 scripts
[[email protected] Installer]# chmod 744 Install_pmc_maxRAID.sh
[[email protected] Installer]# cd scripts/
[root@ station073a scripts]# ls -l
合計 88
-rw-r--r-- 1 root root 34808 5 月 13 11:40 Configure.sh
-rw-r--r-- 1 root root 17941 5 月 13 11:40 Modify.sh
-rw-r--r-- 1 root root 1488 5 月 13 11:40 Remove.sh
-rw-r--r-- 1 root root 2843 5 月 13 11:40 Rollback.sh
-rw-r--r-- 1 root root 3655 5 月 13 11:40 RunRPM.sh
-rw-r--r-- 1 root root 9239 5 月 13 11:40 Upgrade.sh
-rw-r--r-- 1 root root 1816 5 月 13 11:40 Verify.sh
-rw-r--r-- 1 root root
281 5 月 13 11:40 maxRAID.conf
[[email protected] scripts]# chmod 744 *.sh
[[email protected] scripts]# ls -l
合計 88
-rwxr--r-- 1 root root 34808 5 月 13 11:40 Configure.sh
-rwxr--r-- 1 root root 17941 5 月 13 11:40 Modify.sh
-rwxr--r-- 1 root root 1488 5 月 13 11:40 Remove.sh
-rwxr--r-- 1 root root 2843 5 月 13 11:40 Rollback.sh
-rwxr--r-- 1 root root 3655 5 月 13 11:40 RunRPM.sh
-rwxr--r-- 1 root root 9239 5 月 13 11:40 Upgrade.sh
-rwxr--r-- 1 root root 1816 5 月 13 11:40 Verify.sh
-rw-r--r-- 1 root root
281 5 月 13 11:40 maxRAID.conf
┇
④ スクリプトを実行してインストールを開始します。
[[email protected] Installer]# ./Install_pmc_maxRAID.sh
IMPORTANT - READ BEFORE COPYING, INSTALLING OR USING.
Do not use or load this software and any associated materials (collectively,
the "Software") until you have carefully read the following terms and
conditions. By loading or using the Software, you agree to the terms of this
Agreement. If you do not wish to so agree, do not install or use the Software.
LICENSE. You may copy the Software onto your organization's computers for your
organization's use, and you may make a reasonable number of back-up copies of y
36
⑤ License Agreement で停止しますので「Y」を入力します。
TPMC's proprietary rights therein. Contractor or Manufacturer is PMC-Sierra,
Inc., Mission Towers One, 3975 Freedom Circle, Santa Clara, California 95054.
I accept the terms in the license Agreement (Y)es/(N)o: y
⑥ デフォルトのインストール・パスが表示されますので特に変更しない場合は「n」を入力します。
maxRAID Host Software Application will be installed at /opt/PMC-Sierra/maxRAID
Would you like to change the default location Y/N:n
⑥ インストールするコンポーネントを選択します。
ここでは Complete を選択しているので「1」を入力しております。
Proceeding with default location..
1. Complete Installation
2. Custom Installation
[Press 0 to Quit] :1
⑦ CIMServer_httpPort のデフォルトのポート番号を変更を変更する場合は「y」を押して次にポート
番号を入力します。ここでは特に変更しませんので「n」を入力しております。
Default CIMServer_httpPort is 5988
Do you want to change this port?
Press "Y" to change and "N" to continue with the default port:n
⑧ CIMServer_httpsPort のデフォルトのポート番号を変更を変更する場合は 「y」を押して次にポー
ト番号を入力します。ここでは特に変更しませんので「n」を入力しております。
Default CIMServer_httpsPort is 5989
Do you want to change this port?
Press "Y" to change and "N" to continue with the default port:n
⑨ WebServer_Port のデフォルトのポート番号を変更を変更する場合は「y」を押して次にポート番号
を入力します。ここでは特に変更しませんので「n」を入力しております。
Default WebServer_Port is 8443
Do you want to change this port?
Press "Y" to change and "N" to continue with the default port:n
37
⑩ インストールが開始します。Product is installed successfully.と表示されれば完了です。
Selected ports are
CIMServer_httpPort=5988
CIMServer_httpsPort=5989
WebServer_Port=8443
Installing...rpms/CLI-1.22-0.x86_64.rpm
準備中...
########################################### [100%]
1:CLI
########################################### [100%]
Done.
Installing...rpms/Extended_Manageability-1.22-0.x86_64.rpm
準備中...
########################################### [100%]
1:Extended_Manageability ########################################### [100%]
Done.
Configuring...
Writing maxRAID to /etc/profile
MailerPlugIn.so
証明書がファイル </opt/PMC-Sierra/maxRAID/Web_Server/TOMCAT/conf/maxRAIDManager.cer> に保存
されました。
Starting AenDaemon...
INFO : Using AenDaemon from path /opt/PMC-Sierra/maxRAID/bin
Starting maxRAID_Notifier : maxRAID_Notifier Start in progress ....
Initializing maxRAID_Notifier : maxRAID_Notifier Initialized successfully
Starting cimserver...
INFO : Using cimserver from path /opt/PMC-Sierra/maxRAID/CIM_Server/bin/
Starting maxRAID_CIMServer : maxRAID_CIMServer Initialized successfully
Starting TOMCAT web server...
Starting Tomcat: Using CATALINA_BASE:
/opt/PMC-Sierra/maxRAID/Web_Server/TOMCAT
Using CATALINA_HOME:
/opt/PMC-Sierra/maxRAID/Web_Server/TOMCAT
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/PMC-Sierra/maxRAID/Web_Server/TOMCAT/temp
Using JRE_HOME:
/opt/PMC-Sierra/maxRAID/Web_Server/JRE/jre1.6.0_12/
Product is installed successfully.
See the log in /var/log/PMC-Sierra_maxRAID.log for details.
[[email protected] Installer]#
38
⑪ maxRAID Storage Manager を表示します。Firefox の URL に「https://127.0.0.1:8443/
maxRAIDManager」と入力します。
注:8443 はデフォルトのポート番号です。maxRAID Storage Manager をインストールするときに⑨で WebServer のポート
番号を変更した場合はそのポート番号を指定してください。
⑫ 証明書がインストールされておりますが、Firefox は自己署名の証明書の場合はこの警告を表示し
ますので「危険性を理解した上で接続するには」を押します。
⑬「例外を追加」ボタンを押します。
⑭「セキュリティ例外を承認」ボタンを押します。
39
⑲ maxRAID Storage Manager の画面が表示されます。
インストールした OS のユーザー ID とパスワードでログイン可能です。
注意!
40
maxRAID Storage Manager のログイン画面でユーザー ID とパスワードの入力エリアに入力
が で き な い 場 合 Web よ り 最 新 の Flash Player を ダ ウ ン ロ ー ド し て 適 用 し て 下 さ い 。
maxRAID Storage Manager v1.22 に同梱される Flash Player では入力できない場合があり
ます。
SELinux が「Enforcing」に設定されているとアクセスできない場合があり、以下のようなメッ
セージが表示されます。
アイコンをクリックすると回避方法のコマンドが表示されますのでインストールしているサ
ーバーで確認してください。
5 maxRAID Storage Manager の使い方
maxRAID Storage Manager は Web-based GUI ですので対応した Web ブラウザーに Falsh Player
がプラグインされている環境であればリモートシステムに maxRAID Storage Manager をインスト
ールしなくても maxRAID Storage Manager をインストールしたホストシステムにアクセス可能で
す。 リモートからアクセスする場合は URL に以下のように入力します。
https://<Hostna me
_or_IP
>:<
WebSe
/max
RA
IDMa
nager
me_or_IP
_or_IP>
:<W
ebSerrver
ver__Po
Porrt>
t>/
maxRA
RAIDMa
IDMan
例:https://192.168.120.105:8443/maxRAIDManager
ローカルの例:https://127.0.0.1:8443/maxRAIDManager
41
5-1 RAID-5 の構成例
① 初期画面で「Configure」タブをクリックします。
② Configure メニューにて「Create Virtual Disk」 を押します。
42
③「Advanced」を選択して「Next」ボタンを押します。
④ Disk Interface:「SATA」、Disk Type:「Solid State Disk(SSD)」を指定すると装着されている
RAID 構成可能なドライブが表示されます。RAID-5 構成に含めるドライブにチェックを付けて
「Next 」ボタンを押します。
(現在のところ SATA/SSD のみサポートされております)
43
⑤ RAID Level:RAID-5であることを確認し「Next」ボタンを押します。
⑥ Virtual Disk Name:を入力し、Stripe Size を変更する場合はここで変更して「Next」ボタンを押
します。
44
⑦ Summary が表示されますので内容を確認して「 Proceed」ボタンを押します。
⑧「OK」ボタンを押すと Virtual Disk の作成完了となります。
⑨ Logical View で作成された Virtual Disk の情報が確認できます。 45
5-2 ホットスペアの設定
① maxRAID Storage Manager の画面で「Configure」タブを表示し「Assign Spares」を選択します。
② ホットスペアに指定可能なドライブの一覧が表示されますので今回ホットスペアに指定するドラ
イブにチェックを付けると、そのホットスペア・ドライブで保護できる Virtual Disk の一覧が表示さ
れます。(グローバル・ホットスペアとなりますのでここで Virtual Disk は選択できません)
確認して「Next」ボタンを押します。
46
③ Summary が表示されますので「Proceed」ボタンを押します。
④「OK」ボタンを押します。
。
⑤ Physical View で確認できます。
47
5-3 イベントの E-Mail 通知
① maxRAID Storage Manager の画面にて「Maintenace」タブを表示し、
「E-Mail Management」を押
します。
48
② SMTP Server:メールサーバーの IP アドレスもしくは Server 名
Sender E-Mail ID:送信者のアドレス
Subject:送信されてくるメールの表題
User ID、Password:認証が必要な場合は入力してください。
Message:送信されてくるメールの本文の冒頭部分に表示される文字列(エラーメッセージの内
容
はこの下に自動で記載されますのでブランクでも問題ありません)
③「Add」ボタンを押して E-Mail ID Setting 欄にメール受信者のメール・アドレス を入力します。
Trigger Level はどのレベルの情報をメール受信するかを選択します。
49
④「Submit」ボタンを押して設定した E-Mail 構成情報を保存します。 ⑤ 確認画面が表示されますので「Yes」ボタンを押します。
⑥「OK」ボタンを押します。これでEメール送信構成が保存されます。
50
⑦「Send Test E-Mail」ボタンを押してテストメールを送信してみます。
⑧ メール受信者のアドレスが表示されますので確認して「Yes」ボタンを押します。
⑨「OK」ボタンを押すとメールが送信されます。
51
⑩ 以下のようなテストメールを受信します。
実際の障害発生時は以下のように設定したメッセージの下にエラーメッセージが自動で記載されて
送信されます。
例:
52
6 コマンドライン・ユーティリティ
maxRAID command line interface (CLI)は「brcli」というユーティリティになります。「brcli」は
RAID の構成、およびモニタリング、
メンテナンスを行うためのツールです。
「brcli」は OS 上に導入、お
よび OS 起動前の preboot で利用可能です。
6-1 OS 上でコマンドラインユーティリティを利用
brcli は OS 上に maxRAID Storage Manager をインストール時に「Complete」を選択していると同
時にインストールされております。Windows では 4-1 ⑩、Linux では 4-2 ⑥ を参照してください。
6-1-1 Windows での利用
スタートボタンから表示されるプログラムメニューから brcli のインストールされているパスのコマ
ンド・プロンプトを表示できます。
「PMC-Sierra」-「maxRAID」-「maxRAID CLI」
brcli コマンドラインユーティリティのみ入手するには下記サイトよりダウンロード可能となってお
ります。
BRCli (Command Line) Utility for Storage Management v1.21.0.0 for Windows 2008
http://www-947.ibm.com/support/entry/portal/docdisplay?lndocid=MIGR-5085358
53
6-1-2 Linux での利用
maxRAID Storage Manager をインストールする時に Complete を選択し、デフォルトのパスでイン
ストールした場合 brcli コマンドラインユーティリティは以下のパスにインストールされておりま
す。
/opt/PMC-Sierra/maxRAID/bin
brcli コマンドラインユーティリティのみインストールする場合は下記サイトよりダウンロードして
ご利用下さい。Web に最新版がある場合最新版をご利用下さい。
BRCli (Command Line) Utility for Storage Management for Linux http://www-947.ibm.com/
support/entry/portal/docdisplay?lndocid=MIGR-5085359
ibm_utl_pmcraid_brcli-1.21.0.0_linux_32-64.zip
ここでは root/cli というディレクトリを作成してダウンロードした zip ファイルをコピーしておりま
す。
zip ファイルを展開すると展開したパスで利用可能となります。
nzip ibm_utl_pmcraid_brcli-1.21.0.0_linux_32-64.zip
[[email protected] cli]# unzip ibm_utl_pmcraid_brcli-1.21.0.0_linux_32-64.zip
Archive: ibm_utl_pmcraid_brcli-1.21.0.0_linux_32-64.zip
Inflatting: bircl
Help を表示してパラメーターを確認してみましょう。
[[email protected] cli]# brcli help
54
6-1-3 利用例
brcli show ctlr0
Properties for Controller 0
==============================
_Asset:
Model:
Part Number:
Cache Memory:
Serial Number:
BIOS Version:
Firmware Version:
Vendor Id:
Manufacturer:
SubSystem Vendor Id:
SubSystem Device Id:
Plant of Manufacturer:
Device Id:
ServeRAID B5015
BR5225-80
370 MB
02400422
01.05.36
B036
0x11F8
PMC
0x1014
0x270
CHN
0x5220
_Battery:
Battery Type:
Charge Status:
Status:
Install Date:
Serial Number:
Country of Origin:
Return Code: 0x0000: Success.
Missing
Unknown
Unknown
Unknown
Unknown
Unknown
brcli show ctlr0/vdisk0
Properties of Virtual Disk 0 on Controller 0
==================================================
==================================================
_Operational:
Status:
Size:
Virtual Disk Id:
Boot Virtual Disk:
Virtual Disk Name:
RAID Level:
Stripe Size:
Spare Protected:
Physical Disk List:
Configuration Status:
Optimal
44 GB
0
No
Windows
1
128 KB
No
0-0,0-1
Configured
Return Code: 0x0000: Success.
55
6-2 Preboot でコマンドラインユーティリティを利用
maxRAID command line interface (CLI)「brcli」は OS 稼動前に uEFI 上で動作します。
起動の手順は以下のようになります。
① サーバーの電源を入れると、IBM System x のロゴが表示されます。しばらくして画面下に「<F1>
Setup」と表示されたら、「F1」キーを押して「Setup Utility」を起動します。
② Setup ユーティリティー「System Configuration and Boot Management」画面が表示されますので
「System Settings」を選択します。
56
③「Adapter and UEFI Drivers」を選択します。
④「Please press ENTER to refresh this page」が選択されていますので「Enter」キーを押します。
57
⑤「PMC EFI Driver」の項より「PciRoot(0x0)/Pci(0x1C,0x0)/Pci(0x0,0x0)」を選択して「Enter」キーを
押します。※ハードウェア構成によって、表記が異なっている場合がございます。
⑥ GUI かコマンドライン・インターフェース (CLI)どちらを起動するか選択する画面が表示されます
ので「2.CLI」を入力して 「brcli」を起動を選択します。
brcli の画面が表示されますのでコマンド入力時には brcli とは入力せず以降のパラメーターから入力
します。
例:
show ctlr0
58