4月 ( しがつ ) 号 - 島根県

森林・林業総合情報誌
しまねの森林
も
り
34
NO.
平成26年4月
通巻274号
特集
P2
循環型林業の確立に向けて
森林の知恵袋
シリーズ④
P6
「しまねの木」建築利用促進事業
森林のトピックス②
P8
島根県木材利用率先計画の更新
林業課 木材振興室
林業課 木材振興室
森林へ行こう!
vol.29
春の野草に注意しましょう
~毒草の紹介~
∼平成26年度 島根県の取り組み∼
森林のトピックス①
P7
P7
旅伏山(出雲市)
森林のトピックス③
P9
高性能林業機械などの安全対策
林業課 森林組合・担い手育成グループ
伐
使
育
植
も
り
2014『しまねの森林』フォトコンテスト 作品募集開始!
循環型林業の確立に向けて
~平成26年度 島根県の取り組み~
伐って
持続可能な林業経営の実現と森林の
多面的機能の発揮のためには、森林・林
業・木材産業の関係者が一体となり、需
要に応じた木材を供給する仕組みづく
りを進め、木を「伐って、使って、
植えて、育てる」循環型林業を確
立することが重要です。
この考えに基づき平成26年度に取
使って
育てる
植えて
り組む、島根県の主な施策をご紹介し
ます。
伐って
◆原木の増産対策
島根県内では、原木の需要量に対して供給が追い付かない、需給ギャップが起こっています。これを解消する
ためには、利用期を迎えた豊富な森林資源を本格的な収穫(主伐)により増産して、安定的な供給を図ることが
必要です。
①森林整備加速化・林業再生事業、森林・林業再生基盤づくり交付金
(高性能林業機械導入、森林境界の明確化 など)
高性能林業機械の導入や路網整備による高効率な作業システムの導入を支援し、原木の低コスト生産・安定
供給を推進します。
②循環型林業に向けた原木生産促進事業
主伐促進のために、原木の搬出に要する経費の一部を助成します。( 1 ㎥あたり500円)
③森林の循環整備推進事業(原木搬出作業道開設)
主伐に必要な作業道の開設経費を助成します。( 1 mあたり2,000円)
バイオマス利用により林地残材のない伐跡
2
NO.34 /2014. 4
主伐の跡地には再植林を行い、
将来の森林資源を育てます
使って
◆木材の加工・販売体制の強化対策
県産木材の生産から加工、流通、販売促進に至る一貫した林業・木材産業の振興を図るためには、付加価値の
高い木材製品の加工・販売体制の強化が必要です。
①森林整備加速化・林業再生事業、森林・林業再生基盤づくり交付金
(木材加工流通施設等整備など)
質の高い木材製品を出荷するための製材・加工施設等の整備や、新製品開発等を支援します。
②県産木材加工体制強化事業・県産木材販路拡大事業
製材技術者の育成・確保、大規模消費地での販路拡大を支援
します。
島根県産の高品質・高付加価値な木材製
品の販路を拡大するために、県外で開催
される展示・商談会への積極的な出展を
支援します
◆木材の需要拡大
学校等の公共施設、個人住宅や商店等の民間施設など建築分野、土木工事等において、木材の需要拡大を図り
ます。
①島根県木材利用率先計画に基づく県立施設の木造化・木質化、公共土木工事における木材利用
②森林整備加速化・林業再生事業、森林・林業再生基盤づくり交付金
(木造公共施設等整備、地域材新規用途導入促進支援など)
公共施設の木造化等を推進するため、木造施設の建築や内装木質化等を支援します。また、地域材があまり
使われていない分野における利用促進を支援します。
③「しまねの木」建築利用促進事業
構造材として県産木材を50%以上使用した木造住宅や、商店等の民間施設において、新築・増改築及び修繕・
模様替えを支援します。
詳しくは 6 ページへ!!
スギ板材をヒノキ板材2枚でサンドした
三層パネル:
「ECO3PANEL(エコサン
パネル)」は、室内の間仕切り、クロー
ゼットなどの建具として利用できます
◆木質バイオマス利用促進対策
木質バイオマスの安定供給を通じて、適切な森林の経営・管理、林業・木材産業の活性化及び地域雇用の拡大を
図ります。
①森林整備加速化・林業再生事業、森林・林業再生基盤づくり交付金
(木質バイオマス生産利用関連施設整備 など)
木質バイオマス生産用機械や木質ボイラーの導入等を支援します。
NO.34 /2014. 4
3
植えて・育てる
◆森林整備における所有者負担の軽減
循環型林業を確立するためには、植林、育林などの森林の整備に係る所有者負担の軽減を図ることが必要です。
①造林事業
植林や下刈り、除伐等の育林に対し助成します。(事業費の68%)
②森林整備加速化・林業再生事業(作業道整備)
間伐に必要な路網の開設に助成します。
(1mあたり25,000円、2,000円)
③苗木安定供給推進事業
植え付け機などの育苗機械や、コンテナ苗の栽培施設等の整
備を支援します。
④森林の循環整備推進事業(新植支援)
国補・造林事業(新植等)の補助残に県が上乗せ助成します。
(所有者負担 32%→16%)
⑤伐れる山林づくり間伐促進事業
切捨て間伐(造林事業)に係る所有者負担を県が支援します。(所有者負担 32%→0%)
《苗木供給の現状と目標》
H20年度
H25年度
H34年度
需要量
106万本
124万本
209万本
供給量
103万本
87万本
209万本
自給率
97%
70%
100%
県内産苗木の安定した供給が求められます。
《コンテナ苗について》
コンテナ苗とは、専用のコンテナで育る根鉢付きの苗です。ポット苗
で問題となる根巻が生じないような仕掛けが施されています。
〈コンテナ苗の特徴〉
●植栽時期を選ばない
コンテナ苗には根鉢がついており、乾燥に強いため一年を通して植
栽可能です。造林者にとって使いやすいものとなっています。
●育苗期間が短い
普通苗と比較して、育
苗期間の短縮が図れるた
め、需給の調整が立てや
すくなります。
植穴を開ける道具↑
4
NO.34 /2014. 4
その他の取り組み
◆森林・林業人材育成対策
①森林整備加速化・林業再生事業 (人材育成対策等)
効率的に素材生産を行うことのできる森林技術者を育成するため
の各種研修の開催や、講習等への参加支援、労働災害防止対策への
支援を行います。
◆特用林産物の振興
①森林整備加速化・林業再生事業、森林・林業再生基盤づくり交付金
(特用林産物振興等)
効率的で低コストなきのこ生産を図るための生産・加工・流通施
設等の整備や販路開拓に必要な生産実証を支援します。
平成26年度予算
合 計
35億4224万6000円
内訳
森林整備加速化・林業再生事業
19億7316万7000円
森林・林業再生基盤づくり交付金
4億8802万9000円
造林事業
7億 610万7000円
苗木安定供給推進事業
県単独事業
722万9000円
3億6771万4000円
平成26年度も引き続き、国の森林整備加速化・林業再生事業や県独自の事業
を活用して
○主伐による原木増産と再植林の推進
○木材産業の強化
○木質バイオマス発電への燃料用チップの安定供給体制の整備
などの取り組みに対し、積極的に支援を行っていきます。
現在、245団体・31個人の
ご参加をいただいております。
NO.34 /2014. 4
5
新規
「しまねの木」建築利用促進事業
林業課 木材振興室
製材用原木の需要を拡大することにより、県産原木を増産し、循環型
林業の実現を図るため、製材品の主要な需要先である住宅、商店等の民
間施設に対して、県産木材を使用した新築・購入、増改築並びに修繕、
模様替えに助成します。
あわせて、県産木材、石州瓦の利用拡大とともに、木材産業、瓦産業、
建設産業等の住宅関連産業の振興を図り、県内経済を活性化します。
※1 これまで実施してきた「県産木材を生かした木造住宅づくり支援事業」を商店等の民間施設にも拡大するなど
の見直しを行って、新規事業として実施します。
※2 「県産木材」は、「しまねの木認証材」を使用してください。
※3 商店等の民間施設は、不特定多数の者が利用する建築物であることとします。また、その民間施設では県産木
材使用の表示を行い、来客等の目に触れる部分(内・外装材等)に県産木材を使用することとします。
1 新築・購入、増改築
●助成対象者 県内に自ら居住するための一戸建住宅や商店等の民間施設を新築・購入また
は増改築される方(施主)
●対象となる建築物
・県産木材を構造材(柱、梁、桁、壁、床など)に50%以上使用する新築・購入、増改築
・県産木材を構造材に50%以上使用し、石州瓦を使用した新築・購入
●助成額
☆県産木材を使用する
新築・購入
☆県 産木材と石州瓦を
使用する新築・購入
☆県産木材を使用する
増改築
県産木材使用
1㎥当たり2万円
県産木材使用
1㎥当たり2万円
最大で30万円
石州瓦使用
+ 1㎥当たり480円
県産木材使用
1㎥当たり2万円
最大で37万円
最大で15万円
2 修繕・模様替え
●助成対象者 県内の自ら居住するための住宅や商店等の民間施設を修繕・模様替えされる方
●対象となる工事
・事業費50万円以上の工事(修繕・模様替え)を実施し、そのうち、県産木材の材料費が
20万円以上のもの
●助成額
定額 10万円
補助金の申込み及び問い合わせ先 (一社)島根県木材協会
TEL 0852-21-3852
島根県木材協会
助成期間 平成26年4月1日~平成27年3月31日(予算がなくなり次第終了します)
6
NO.34 /2014. 4
検索
た
vol. 29
ぶし
さん
旅 伏 山
出雲市/標高:417.9m(三角点:456.5m)
旅伏山は、出雲国風土記の国引き神話と深い関わりを持っています。山名は、国引
き神話の主人公、八束水臣津野 命 が朝鮮半島から旅をしてきた際に、この山で休息
されたことに由来していると言われています。
旅伏山のある出雲北山地域は、弥山〔vol.19参照〕でも紹介したとおり国引き神話
において、
「八穂米支豆支の御埼」と呼ばれ、朝鮮半島の新羅の岬を引き寄せた土地
と記されており、ふもとの国富町には、国を繋ぎ留めた「要石」も伝えられています。
また、出雲国風土記によれば旅伏山には、
「多夫志烽」と呼ばれる「烽」もあった
と記されています。「烽」は、緊急時に狼煙や炎を上げて緊急を知らせるための施設
で、松江市の嵩山など他の「烽」とともに、国庁や兵士の駐屯地などとの情報伝達を
東屋のある山頂広場
行ったものと考えられています。現在、「烽」のあった場所は、山頂広場となってお
り、そこからは出雲平野とその平野を横切る斐伊川を一望にすることが
できます。
旅伏山の登山コースは、ふもとからの出発地点別に数えると10コース
以上ありますが、金山地区からの中国自然歩道コースが一般的です。旅
伏山登山口の看板が整備された駐車場からニホンジカによる被害防護
柵の扉を通過して、緩やかな登山道を登ると、9 合目に都武自神社の石
段があり、そこを過ぎるとすぐに山頂広場です。【所要時間:約60分、登
山適期:通年】
山頂近くの都武自神社のご祭神「速都武自和気命」は、風の神様で、
八束水臣津野命の旅を手助けした旅行安全の守護神と言われ、山名とも
重ねて、通称「旅伏さん」と呼び親しまれています。傘型の特徴的な形の
旅伏山は、神話に彩られ、古代から今日まで多くの人々に敬われてきた
斐伊川から望む旅伏山
身近な山です。
〔内藤暢文〕
や つかみづおみ づ
や ほし ね
き
づ
き
ぬ のみこと
み さき
く ん ど み ちょう
かなめ い し
た
ぶ し の とぶひ
つ
はや つ
む
じ
む
じ
わ け の みこと
林業課 林業普及スタッフ
シリーズ④
■春の野草に注意しましょう~毒草の紹介~
早春の候、野山に出かけ、山菜を採取される際、注意して
いただきたい植物を少し紹介します。
■ドクセリ(セリ科) 有毒部:全草(根が強い)
セリと同じ場所に生息し、
一見見分けはつきにくいで
すが、セリ特有の臭いがな
く、地下茎はワサビのように
ドクセリの根
太く、中を割るとタケノコの
ような節があります。誤って食べると口の中に灼熱感があ
り、吐き気、腹痛、けいれんなどを起こし、最悪の場合、
死亡します。皮膚からも毒が吸収されたという事例があり
ます。
■トリカブト(キンポウゲ科)
有毒部:全草(根が強い)
トリカブト
モミジガサ
山間部に自生し、美しい花をつけますが猛毒です。春の
若芽の頃は成長の度合いで、モミジガサ、ニリンソウ、ゲ
ンノショウコと見分けがつきにくく、誤食するケースが全
国的に発生しています。食べると、吐き気、麻痺が起き、
最悪の場合、死にいたります。
■スズラン(ユリ科) 有毒部:全草(根が強い)
スズラン
ギボウシ
新芽はギボウシに似ており、花がない時期はギョウジャ
ニンニクと間違って食されることがあります。誤食した場
合、吐き気、めまい、頭痛など中毒症状を発症します。
このほか、皆さんが知っている山菜や野草でも、冷え性の
方や妊婦の方など、人によっては毒になりますし、調理方法
を間違えると体に害を及ぼしますので、確認した上で、自然
の恵みを堪能して下さい。
NO.34 /2014. 4
7
島根県木材利用率先計画(平成26年3月更新)
に基づく県産木材の利用促進
林業課 木材振興室
1.計画の目的
「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(平成22年法律第36号)に基づき、平
成22年12月に「しまね県産木材の利用促進に関する基本方針」及び「島根県木材利用率先計画」
を策定し、全庁的に取り組んできました。
平成25年度末で率先計画の計画期間が終了することから、率先計画を更新して引き続き県産木
材の率先利用に取り組みます。
2.計画期間
平成26年度から平成30年度までの 5 年間
3.対象範囲
⑴ 県が整備する公共の用又は公用に供する建築物
⑵ 県が整備する道路、河川、砂防、治山、公園、
土地改良、漁場等の工事における土木構造物
⑶ 県が調達する机や書棚等の備品、消耗品
4.計画の概要
県営住宅(汐入団地)浜田市
⑴ 公共建築物の木造化・木質化
①木造化
県が整備する建築物は、原則として木造化し、木材使用量の概ね50%以上は県産木材を使
用(更新前:35%)
2
[対象]高さ13m以下かつ軒高 9 m以下で、延べ床面積3,000m 以下の施設
[定義]木造化とは、構造上重要な部分(柱、梁、桁など)に50%以上木材を使用
[目標]毎年度の木造化施設率=100%
②内外装の木質化
県が整備する建築物にあっては、関係法令、コスト等の制約がある場合を除き、床や壁等
の内装を可能な限り木質化し、木材使用量の概ね35%以上は県産木材を使用(更新前:35%)
[定義]木質化とは、「延べ床面積に対する木質化施工面積の割合」が50%以上
[目標]毎年度の木質化施設率=100%
③県産木材を使った建具等の調達
ドア、窓等(窓枠を含む)の建具等は、県産木材を使った製品を積極的に調達
⑵ 公共土木工事における木材利用
[基準]県が行う公共土木工事において、「 1 工事現場-1 木材利用運動」を展開し、積極的に
利用
[目標]全ての工事箇所で木材を利用
事業費 1 億円当たりの木材利用量をH23~25年度水準の1.1倍以上
⑶ 県産木材を使った机や書棚等の備品及び消耗品の調達
5.推進体制等
⑴ 庁内の推進体制
進行管理及び全庁的な木材利用を推進するため公共部門木材利用推進連絡協議会を設置
⑵ 県産木材の利用推進と安定供給のための推進体制
各地域において、案件ごとに県、木材業界、建築業界の代表者等による協議会を設置
⑶ 県の予算要求指針及び予算執行方針において、県産木材の積極的な利用を明記
8
NO.34 /2014. 4
高性能林業機械などの安全対策
林業課 森林組合・担い手育成グループ
厚生労働省では、車両系木材伐出機械装置(伐木等機械、走行集材機械、架線集材機械)を使用
する作業による死傷労働災害が全国的に増加傾向にあることから、労働災害を防止するため、労働
安全衛生規則を一部改正し、平成25年11月29日に公布されました。
【主な改正(規制)の内容】
○機械・装置による作業での危険防止 ⇒ 平成26年6月1日施行
・運転者席への防護柵等、前照灯、ヘッドガードの設置
・運転中接触危険箇所への立入禁止 など
※ただし、既存機械に対する危険防止設備の設置はH26年11月30日まで経過措置あり
●機械・装備の運転業務従事者に対する特別教育の実施 ⇒ 平成26年12月1日施行
①伐木等機械、②走行集材機械、③簡易架線集材装置・架線集材機械の運転業務
従事者に対する安全のための「特別教育」の受講義務化
※「特別教育」に係る講習は林業・木材製造業労働災害防止協会島根県支部が実施予定
〈例〉
①ハーベスタ
(伐木等機械)
②フォワーダ
(走行集材機械)
③タワーヤーダ
(架線集材装置)
【島根県の支援対策】
○車両系木材伐出機械の危険防止設備の整備
事 業 内 容
申請・交付先
*助成対象:車両系木材伐出機械を所有する者
*対象となる機械:12月 1日以降に使用することが見込まれる機械
*対象経費:運転席防護柵等、前照灯、ヘッドガードの経費及びこれらの取り
付け料について 1 / 2 を助成
*助成額の上限:運転席防護柵等15万円、前照灯 5 万円、ヘッドガード10万円
*取付期限:平成26年11月30日
( 公 社 )島 根 県 林 業
公社
{林業労働力確
保支援センター}
●素材生産を低コストに行える人材の緊急育成
事 業 内 容
・素材生産作業に必要な講習等の参加支援
*助成対象:認定事業体
*対象経費:受講料、受講生賃金、受講生旅費
*助成額の上限:対象者 1 人当たり80万円
お問い
合わせ
◇島根県農林水産部林業課(森林組合・担い手育成グループ)
◇(公社)島根県林業公社{林業労働力確保支援センター}
◇林業・木材製造業労働災害防止協会島根県支部
申請・交付先
( 公 社 )島 根 県 林 業
公社
{林業労働力確
保支援センター}
TEL0852-22-5159
TEL0852-32-0253
TEL0852-21-3852
1.林業労働者の募集
2.
新規就労者及び雇用主に対する研修
3.林業就業促進資金の貸付
4.
林業雇用に関する情報の提供・相談その他の援助
5.雇用改善のための啓発活動
公益
松江市黒田町 432 番地 1(島根県土地改良会館 3F)
TEL(0852)32-0253 FAX(0852)21-4375 E-mail shimane-roukakuc@forestry-shimane.or.jp
NO.34 /2014. 4
9
島根県県民の森
飯石郡飯南町小田
県民の森ではトレッキング、木工教室等各種イベントを
開催しています。自然や森の大切さ、木の温かさなどを、
ご自身で感じてください。
5月∼7月のイベント情報
◆ 5 月11日㈰
大万木山サンカヨウ観察会
〈定員20人〉
◆ 5 月18日㈰
筍の季節に竹で食べ、
野草茶を楽しむ!
〈定員20人〉
◆ 5 月25日㈰
若葉の指谷奥縦走
〈定員20人〉
◆ 6 月 8 日㈰
等検境縦走
〈定員20人〉
◆ 7 月27日㈰
森のいろいろえんぴつを作ろう!
〈定員20人〉
国土緑化運動ポスターに採用された 出雲高等学校 谷口良太さんの作品
〈申込先〉飯南町ふるさとの森 もりのす(旧県民の森研修館)
TEL0854-76-3119
※事前申し込みが必要です。
緑の募金 ご協力を
お願いします
皆様から寄せられた「緑の募金」は
県内のゆたかな緑づくりに活かされます
平成25年はおかげさまで35,381,041円募金いただきました。
公益社団法人 島根県緑化推進委員会
〒690-0886 島根県松江市母衣町55 島根県林業会館内
TEL(0852)21-8049 FAX(0852)21-8231
島根県観光キャラクター「しまねっこ」
島観連許諾第658号
ホームページ http://www.shimane-green.or.jp/
サンケイの松くい虫防除薬剤
多目的使用(空中散布・地上散布)ができる
伐倒木用くん蒸処理剤
頼れる松枯れ防止用散布剤
ナラ枯れ予防用樹幹注入剤
スミパイン®乳剤
モリエート®S C
樹幹注入剤
グリンガード®エイト
キ ル パ ー ®40
ウッドキング®SP
微量注入用 ナラ枯れ予防用樹幹注入剤
ウッドキング®DASH
お問合わせは最寄りの県森連・森林組合へ
新刊
大阪市淀川区西中島4-5-1 TEL 06(6305)5871
『出雲の山城』
̶山城50選と発掘された城館
定価
山城50を厳選し、
写真や縄張り図で
詳しく紹介!
ふるさとの森を守る。
1,944 円(本体1,800円+税144円)
岡山市北区磨屋町9番地18の101号 TEL(086)222-0675
10
NO.34 /2014. 4
島根県の恵み豊かな自然、
緑豊かな森林を撮ろう!!
も
も
り
しまねの森林』フォトコンテスト
2014 『
り
■テーマ 「しまねの森林」 島根県の森林・山々、シンボル的な樹木、森と人とのふれあい、林
業、山の幸…。あなたが見つけた「しまねの森林」を写真に撮って
ご応募ください。(スナップ写真大歓迎)
■応募作品
1人5点まで(デジタル写真可、組写真不可)
ただし、島根県内で撮影した未発表のものに限ります。
■写真サイズ
2013 最優秀作品
2Lサイズ~A3サイズ
(台紙貼り付け不可)
■応募方法
必要事項を記入した応募用紙を
作品の裏側にセロテープでとめ
てご応募下さい。
■応募締切
平成26年7月31日(木)
「頂上は近い」(田坂 将さん)
当日消印有効
■応募・お問い合わせ先
「しまねの森林」発行委員会事務局
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県庁林業課林政企画グループ TEL 0852-22-5163
■表彰
最優秀賞1点(賞状・賞金3万円) 入選3点(賞状・図書カード5千円)
優秀賞 2点(賞状・賞金1万円) 佳作5点(賞状・図書カード3千円)
※同一応募者の方の重複しての受賞はありません。
■審査
主催者が委嘱する審査委員会において選考、決定します。森林・林業
総合情報誌「しまねの森林」
(No.36)平成26年秋号の誌面に入賞
作品を掲載のうえ発表します。また、入賞者には直接通知します。
も
り
☆こちらの募集要項は、島根県農林水産部林業課HPから印刷できます☆
2014しまねの森林フォトコンテスト 検索
松 原 正 記
■応募上の注意
◆人物を被写体とする場合は、応募に際しては必ず本人の承諾を得て
下さい。
◆入賞作品の版権は、主催者に帰属します。使用したフィルム(ポジ、
ネガ)、画像データ(CD-Rなどのメディア)を後ほど提出していた
だきますので保管をお願いします。
◆応募作品は原則として返却しません。ただし、返信用封筒(切手貼
付、宛名明記)を同封で応募のあった返却希望者には、審査終了後
返却します。入賞作品は返却しません。
◆入賞作品は、「しまねの森林」ほかの広報に使用します。
◆入賞作品の広報にあたっては、氏名を公表します。
◆応募用紙に記載された個人情報は、入賞通知などの連絡にのみ使用
し、その他の目的では一切使用しません。
主催/「しまねの森林」発行委員会
2014「しまねの森林」
フォトコンテスト 応募用紙
住 所
〒 -
T E L
( )
氏 名
( )才
職業または学校名
撮影場所
市町村
撮影年月
平成 年 月 日
作品タイトル
一 般
財団法人
NO.34 /2014. 4
11
現地
広域
林業普及
リポート
松江
森林作業道
現地検討会
●日時:平成26年2月28日㈮
●場所:出雲市
●日時:平成26年3月5日㈬
●場所:母衣小学校(松江市)
県庁林業課
URL:http://blog.goo.ne.jp/f-kentyou/
出雲
東部農林振興センター
URL:http://www.pref.shimane.lg.jp/toubu_norin/matu_nourin/matu_fore/blog_cms/
平成25年度 大山地区
の緑を守る会植栽活動
浜田
●日時:平成26年3月6日㈭
●場所:浜田市旭町「人工ほだ場」
東部農林振興センター出雲事務所
URL:http://blog.goo.ne.jp/f-izumo/
西部農林振興センター
URL:http://blog.goo.ne.jp/f-hamada/
隠岐産材を使用した新高速船
屋根付き連絡通路完成(西郷港)
●日時:平成26年1月21日㈫
●場所:益田合同庁舎
●日時:平成26年3月1日㈯
●場所:隠岐郡隠岐の島町港町
西部農林振興センター益田事務所
URL:http://blog.goo.ne.jp/f-masuda_001/
隠岐支庁農林局
URL:http://blog.goo.ne.jp/f-oki_001/
森林・林業総合情報誌
しまねの森林
り
34
NO.
平成26年4月
通巻274号
平成25年度 全国林業グループコン
クールで仁多郡林業研究グルー
プが農林水産大臣賞を受賞!!
●日時:平成26年2月18日㈫
●場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
東部農林振興センター雲南事務所
URL:http://blog.goo.ne.jp/f-kisuki/
県央
ヒノキ実生コンテナ苗
育成技術及び再造林
技術研修会を開催
●日時:平成26年2月14日㈮
●場所:川本合同庁舎会議室
西部農林振興センター県央事務所
URL:http://blog.goo.ne.jp/f-kawamoto/
隠岐 「レインボージェット」乗降客用 農林大
森林情報化技術研修会
の開催
も
原木乾しいたけの生産振興プロジェクト
「原木乾しいたけ現地研修会」を開催
雲南
∼人工ほだ場における省力化栽培について∼
●日時:平成26年2月23日㈰
●場所:出雲市湖陵町差海の海岸林
益田
農林水産「もの知り出前
講座」で“森のお話”を
しました!
農林大
だより
平成25年度
卒業証書授与式
●日時:平成26年3月13日㈭
●場所:大田市波根町
島根県立農林大学校林業科
URL:http://blog.goo.ne.jp/f-nodai/
発 行:「しまねの森林」発行委員会
島根県・島根県森林組合連合会・島根県林業改良普及協会・島根県森林協会
島根県緑化推進委員会・島根県林業公社・島根県木材協会・島根県猟友会
独立行政法人森林総合研究所森林農地整備センター松江水源林整備事務所
協 力:島根県農林水産部 林業課林政企画グループ
発行日:平成26年4月25日
ホームページアドレス:林 業 課 http://www.pref.shimane.lg.jp/ringyo/
森林整備課 http://www.pref.shimane.lg.jp/shinrinseibi/