MACC通信第9号 - 荒川区産業ホームページ

1
第9号
Monozukuri Arakawa City Cluster
2009年5月20日発行
荒川区が進める「MACCプロジェクト」は、荒川区独特の多彩な産業集積を活かし、区内企業の顔の見えるネットワ
ークの形成を支援することで、荒川区の産業振興(商品開発や販路拡大など)を図ろうとするものです。
「MACC通信」
は、
「MACCプロジェクト」に関わるホットな情報をお届けしていきます。
今回は、東京都デザイン導入実践セミナー、中小機構主催の「通販マッチング会」についてのトピックスです。
「MACCプロジェクト」会員企業の㈱日興エボナイト製造所と㈲板垣製作所は、平成 20 年度の東京都デザイン導入
実践セミナー「商品デザイン基礎講座」を受講し、その締めくくりとしてこのほど、北区西が丘の東京都立産業技術研究
センター(都立産技研)で、
「成果発表プレゼンテーション」を行いました。
この「商品デザイン基礎講座」は、都立産技研が都内の中小企業者を対象に実施
している講座です。
「売れる商品づくり」という視点から、機能や感性を高め
る製品・商品デザイン、強みを活かす経営の展開、販売促進を図る営業プロセ
スやツールなどを実践的に学ぶことを特徴としています。
講座は毎年、1 業種 1 社の原則で参加企業を募集し、平成 20 年度は 13 業種
13 社が参加しました。このうち、荒川区から㈱日興エボナイト製造所と㈲板垣
製作所が参加し、平成 20 年 7 月から 21 年 2 月まで延べ 20 回の講義などを受
講し、最終日に受講企業が実践的に学んだ成果をプレゼンテーションしました。
荒川区企業 2 社のプレゼンテーションの概要は以下の通りです。
遠藤専務 プレゼンテーション風景
●(株)日興エボナイト製造所
発表者 遠藤智久 専務
当社は国内唯一のエボナイト素材メーカー。創業は昭
和 27 年。かつては同業者が 20 社ほどあったが、いまで
はオンリーワン企業となった。エボナイトは天然ゴムを
原料とする硬質ゴム。機械的強度は金属に匹敵し、電気
を通さない絶縁性、木材に近い低熱伝導性、独特の音響
特性、耐水・耐薬品性に優れるといった特徴をもち、非
石油系なのでエコ素材としても注目されている。
エボナイトはバッテリーケース、水道メーターなど産
業用分野でも幅広く使われ、生活文化の変化の中で衰退
したものもあるが、カメラのボディー、電話機、鉄道模
型、釣具、宝飾品、ボウリングの玉など馴染み深いもの
から専門分野まで多様に使用されている。最近ではエボ
ナイト製の万年筆や喫煙具、木管楽器の吹き口に使用す
るエボナイト製ピースなどもプロ好みの用品として人気
になっている製品だ。
エボナイト製品は、型で成型する方法と、手作業で削
る・磨くなどして作り上げていく方法がある。その両方
の製造法が可能というのもエボナイト素材の特徴で、用
途に応じて様々な形状、デザインを施し、最終製品や中
間材料としてユーザーに提供できるので、エボナイトの
市場性は大きいと自信を深めている。
今回、
「商品デザイン基礎講座」を受講して、エボナイト
の特性を活かした商品づくりを検証し、その商品づくり
と経営面での展開を効果的に進めるためのヒントを得る
ことができた。エボナイトのオンリーワン企業であるこ
との強みを発揮して、商品開発に拍車をかけ、より積極
的に市場を開拓していくことが必要だと考えている。
当社はいま、2 つの夢をかけている。ひとつは、エボナ
イト製品を使った楽器による「オーケストラ」の実現だ。
エボナイト製ハーモニカは音色が良いと愛用者が増えて
おり、エボナイトの弾性を応用したギター用ピックも売
れている。木管楽器のピースも期待が持てる。国の内外
でエボナイトの利点をPRし、他の楽器への採用を増や
して、
“エボナイト・オーケストラ”の演奏による晴れ舞
台を見たいと熱望している。
もうひとつは、エボナイト製品の産業分野への普及で
ある。電気自動車や太陽電池の部材としても有望だし、
宇宙船の部品などにも本格的に普及する時代を想定して
いる。絶縁性、低熱伝導性、耐久性などエボナイトの特
性をフルに活かした産業用部品は、まだまだ未開といわ
れるだけに、普及の余地は大きい。産業分野は使用量も
多量化するので、この面の技術開発が事業拡大を左右す
るポイントになろう。
また、これからの製品づくりとして、ユーザーや消費
MACC 通信
第9号
2009.5.20.
2
者と一緒になって開発する「WITH PRODUCT」作戦を展開
する方針だ。すでに喫煙具のパイプ、蒔絵柄の万年筆、
印鑑、散歩用のステッキ、愛好家向けハーモニカなどを
製作しているが、今後はエボナイト製品を広くアピール
する展示会を開催したり、エボナイトの特性を活かした
製品のアイデアを全国から募集する計画もある。
さらに、経営を展開するうえで重視していることは、
地域連携、地域貢献である。一昨年から荒川区が進める
「MACCプロジェクト」に参加して、製品開発から経
営革新までの取り組みを展開しているのもその一環。当
社初の産学連携を進めて、製品開発に弾みをつけたこと
の意味は大きい。自社工場の一部を「モノづくり体験ス
ポット」として一般公開し、区が主催する展示会「荒川
区産業展」に出展してエボナイト製品をPRするなど地
域との関係を深めている。こうした取り組みが製品開発
を刺激し、企業基盤の強化に役立っていると実感してい
る。
● (有)板垣製作所
発表者 板垣 隆 代表取締役
当社は金属パイプの曲げ加工を得意とする金属加工業
者。昭和 35 年創業の町工場だが、
「MACCプロジェク
ト」に参加したのを機に、産学連携に取り組み、そこか
ら新製品を生み出して、経営革新のきっかけをつかんだ
会社だ。転機となった製品は、新たな発想の「自立する
杖・フェレット」
。高齢者を対象にした健康用品のイメー
ジで商品化したが、
「贈り物として母親にプレゼントした
い」という若者からも注文があるなど、想定外の反響も
あって順調に販売を伸ばし、一応の成果をあげることが
できた。問題はこれからで、第 2 段階の展開を模索して
いるところだ。
製品開発は高齢者のニーズ調査をもとに、杖に対する
既成観念を打ち破ることからスタートした。そのコンセ
プトは「65 歳以上の高齢者が 5 人に 1 人の時代である」
「日常生活では自分の足で歩きたいと思っている」
「ニー
ズに合う杖が少ない」
「そんな高齢者の自立をやさしくサ
ポートする」ことにあった。当初は五里霧中だったが、
首都大学東京の先生方や「MACCプロジェクト」の専
属コーディネータなどの指導を得ながら、何度も試作を
繰り返し、比較的短期間に完成品にこぎつけた。最終的
に、①杖が自立する⇒椅子からの立ち上がりも安心、②
移動がスムーズ⇒軽量なうえ、装着した車輪が歩行をサ
ポート、③ユニークなデザイン⇒柔らかな感じ、④安全
⇒強度試験済で、PL保険加入が可、⑤オーダーメード
⇒使用者の身長や(身障者の)症状に合わせて製作でき
る、⑥袋もぶら下げられる⇒買い物にも便利…という杖
が誕生したわけである。
「自立する杖・フェレット」を製品化したインパクト
は大きく、平成 20 年 2 月にNHK総合テレビで放送され
て、全国各地から問合せや注文が寄せられた。それ以降、
テレビや新聞、雑誌などのマスコミで取り上げられる機
会が増え、その度に話題を集め、製品の売上も比較的順
調に推移して、今日に至っている。当社は小さな町工場
だが、この新製品のおかげで知名度をあげ、荒川ブラン
ドの一角に加わることができたと思っている。
振り返ってみると、開発した“製品”を売れる“商品”
に育てる過程で、重要なポイントになったのは、消費者
の声だ。販売を始めてからは、なるべく電話で注文を受
けるようにして、消費者の製品に対する要望や意見を直
接聞いた。
「フェレットを購入する動機」を聞けば、消費
者ニーズの一端を知ることができるし、
「困っているこ
と」を聞くことで製品改良のヒントにもなる。意外にも
「身障者の友人に贈呈したい」とか「高齢な母の誕生日
プレゼントに使いたい」といった贈答用の注文も少なく
ない。そうした消費者の声を背景に、フェレットは健康・
福祉分野のほか、医療分野の必需品として普及する可能
性も広がってきたと思っている。
そのうえで、
「売れる商品づくり」には販路の開拓が大
切になる。特に、中小企業の場合は、待ちの姿勢でなく、
自らが積極的に市場調査をし、様々な方策を研究して、
対象とする市場・地域にあった販売手段を取り入れてい
くことだと思う。マスコミに取り上げてもらうために、
積極的に働きかけるくらいがいい。今日ではインターネ
ットの活用は不可欠だし、公的機関の様々な支援策をう
まく活用するのも有効だ。
今回の講座を修了して、改めて、フェレットで蓄積し
たノウハウを検証して、次の製品開発に生かし、新たな
「売れる商品」を具体化したいと考えている。
∼ (有)板垣製作所が「自立する杖・フェレット」を出品 ∼
荒川発のニュービジネス創出への具体的検討が進行中です。
「MACCプロジェクト」会員企業の㈲板垣製作所は、独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)関東支部が主
催した「通販マッチング会」に参加し販路開拓の成果をあげました。このイベントは、中小企業と通販企業の“出会いの
場”というユニークな企画で、板垣製作所は新製品の「自立する杖・フェレット」を出品して、通販業者との新たなマッ
チングを具体化し、通販ルートの販路網を広げました。
中小企業と通販企業の“出会いの場”
この通販マッチング会は、中小機構と地域の支援機関
が連携して、中小企業と通販企業とのマッチングの場を
提供し、中小企業の商材(新製品)の販路開拓につなげ
るとともに、対象の商材(新製品)のブラッシュアップ
に役立てることを目指しています。
今回の通販マッチング会は、平成 21 年 2 月 6 日、東京・
MACC 通信
第9号
2009.5.20.
3
虎ノ門の中小機構本部で開かれ、ここ 1∼2 年の間に新製
品を発表した中小機構関東支部管内の中小企業 22 社 1 団
体がそれぞれの自慢の新製品を出品しました。これに対
し、中小企業の新製品を商材として通販ルート売に乗せ
ようとする通販企業 11 社が参加し、それぞれが相互にマ
ッチングを図りました。
会場では、まず、新製品の売り込みを意図する中小企
業・団体がそれぞれに、販路先となる通販企業向けにプ
レゼンテーションを行いました。その後、それぞれが自
社ブースを設営してデモンストレーションを交えてアピ
ールし、そのブースを通販企業の幹部・営業担当者らが
巡回して個別に商談を行うという形で行われました。
販路を広げる一策として
当日、板垣製作所は会場内に自前のブースを設け、板
垣社長自身が説明役を兼ねて現場に立ち通販企業との商
談に対応しました。出品した「自立する杖・フェレット」
はアルミ製の軽量な杖。地面に接する部分に2つの車輪
を取り付けて、手から離れても立っているのがセールス
ポイント。その姿が愛らしい動物のフェレットに似てい
ることから商品名とした製品です。袋をぶら下げるフッ
クがあるので、高齢者の買い物にも便利と注目を集め、
ヒット商品の様相を見せています。
通販企業からも「これまでの杖のイメージを一新した
デザイン・機能が魅力」と関心を集め、複数の通販企業の
商品戦略に加えられています。
なお、参加した通
販企業は、㈱いいも
の王国、㈱テレビ朝
日リビング、㈱イン
ターセクト、㈱デジ
タルダイレクト、㈱
ADKインターナシ
ョナル、㈱アサツ
(有)板垣製作所の「自立する杖・フェ
ー・ディ・ケイ、㈱
レット」展示ブース(正面右、板垣社長)
アイ・サポート、㈱
総通(日本直販)
、ヘッドロックオフィス㈱、㈱京乃豆蔵、
㈱グランマルシェの 11 社。
荒 川 区 ・東京都立産業技術研究センター・城北信用金庫共催
∼ヒットする新商品開発の成功ポイント∼
荒川区では第5回 MACC 産学交流会として「産・学・公・金」連携視察交流会を下記のとおり開催します。普段はなかなか見て
回ることの出来ない東京都立産業技術研究センター内の視察等、新商品開発のためのヒントを得る貴重な機会となりますので是
非ご参加下さい。お問い合わせ・申し込み先は荒川区産業経済部経営支援課 小貫(おぬき)
・渡邉(わたなべ)
(TEL:03-3803-2311)
まで。
【開催概要】
■日時:平成 21 年 6 月 4 日(木)15:00∼18:00(懇親会:18:00∼19:30)
■会場:東京都立産業技術研究センター 西が丘本部(東京都北区西が丘 3-13-10)
■プログラム:
(予定)
第1部 講演(15:00∼16:00)
講演「成功する新商品開発のポイント」
(東京都立産業技術研究センター主任研究員 薬師寺千尋 氏)
講演「荒川 MACC の新商品開発」
(荒川区産学連携主任推進員(MACC シニアコーディネータ) 豊泉光男)
第2部 東京都立産業技術研究センター内視察(16:00∼18:00)
1)デザイン・製品設計(CAD/CAM)部門
2)試作品生成(光造成・RP)部門
3)製品性能試験(物理化学的試験・振動・引っ張り・摩擦・暴露・塩水等)部門
第3部 懇親会(18:00∼19:30) ※会費:2千円
荒川出版物語
MACC シニアコーディネータ 豊泉 光男
季節はすっかり春本番になりましたね。春と言えば桜
餅!・・・じゃなくて、さくら花ですね。ところで、荒
川のお花見所といえば、一番に「荒川公園」ということ
になります。その規模もさることながら、使い勝手と居
心地の良さといったら、もう荒川区民にはお馴染み過ぎ
て何の説明もいらないでしょう。つづいて、忘れちゃな
らない「尾久の原公園」のシダレザクラ。驚くなかれ、
200 本もあるんです。ご存じでしたか? 区民になってま
だ 8 年目で若木ですが、なんてったって荒川区民のまご
ころのお手植えで「尾久の原公園」に居を構えることと
なった“若きエース”です。いつの日か、荒川の「チェ
リー・ブロッサム・グループ(!?)
」のメイン・ヴォー
MACC 通信
第9号
2009.5.20.
4
カルとなるのを楽しみに待ちたいですね。
さて、今回の「TOMMY の部屋」は大東文化大学法学部・
中村昭雄ゼミナール 11 期生編著『変わる!荒川区のもの
づくり』の出版物語をお送りします。
時は 2008 年 3 月、所は「荒川産業展」会場。なにやら
黒のリクルート・スーツに身を包んだ12人の若者集団が、
風雲急を告げるがごとく突如「MACCコーナー」に押
し寄せた。一瞬、緊張感が走る。ガラスのハートの持ち
主(!?)トミーは、それでも勇気を振り絞って(!?)
気軽に(あれ??)声をかけてみた。
「学生さん? え? MACCについて、話しが聞きた
いんですか。奇特な方ですね。それでは・・・」
すると、一人の女子学生が凛として自己紹介を始めた。
「私たち、大東文化大学法学部・中村ゼミの学生なん
です。今回は、荒川区の産業について勉強にまいりまし
た。
」
続いて、中村教授の登場。
「中村です。今度、中村ゼミで荒川区の産業につきま
して、産業政策、支援状況、区内地域企業の紹介の本を
出版したいのですが、宜しくお願いします。
」
「トミーOK!!」の返事が後の苦労につながること
になるだなんて、そのとき学生たちは、きっと予想だに
しなかったことだろう。
8 月の炎天下、47 の事業所への訪問インタビューは、
荒川コンクリートジャングルとそれぞれのモノづくり工
場の中で行われた。時は移ろい、10 月に打ち合わせで再
会した「ゼミ長」の津田さんの、げっそりと痩せこけた
頬は、それまで 2 ヶ月あまりの努力と苦悩を惜しみなく
表現していた。それからもさらに関係者へのインタビュ
ーは続いた。11 月に各章の元原稿は仕上がったものの、
これからがまた大変。今度は校正が始まる。初校、2 校、
3 校と重ねるにつれ、
徐々に出版用の原稿の体を為してい
く。
年明け 1 月にようやく原稿が仕上がり、いよいよ印刷・
製本。
「どうか神様!3 月 14∼15 日の荒川産業展には間に
合いますように!」と、苦しい時の神頼み。この日は彼
らにとっても絶好の販売チャンスなのだ。学生たちの祈
りが通じ・・・いや、努力が実り、なんとかギリギリ、3
月 11 日には完成。みんな、よく頑張った! そして販売
活動はその後も続く・・・。
終わってみれば、出版のステップは、新商品開発のそ
れになんと酷似していることか! つくづく感じ入った
次第です。こうして刷り上がった『変わる!荒川区のも
のづくり』の内容ですが、監修者の中村教授の巻頭言、
西川区長の発刊にあたっての一言に続いて、第 1 章「巻
頭座談会」は、荒川区産業経済部・高野部長、石原課長、
豊泉シニアコーディネータ、大東文化大・中村教授、ゼ
ミ生津田さん、古村さん、大沼さんとの座談会、第 2 章
「荒川区の産業」は、荒
川の産業の歴史、現状、
政策展開、とくに「MA
CCプロジェクト」の紹
介をしています。つづく
第 3 章は企業インタビ
ュー(荒川区の 47 社)
、
第4章
「学生座談会」
は、
学生の目線からみた「M
ACCプロジェクト」
、
第 5 章は中村ゼミから
の荒川区への政策提言
となっています。
皆さん、
是非読んでみてくださ
この本は、荒川区の産
いね。
(by TOMMY)
業の現状、
産業政策、
「M
ACCプロジェクト」の詳細について、一から十まで学
生の手でまとめあげた力作であり良書です。登場企業の
素晴らしさは勿論、学生だから見える! 学生だから言え
る! 斬新な視点と忌憚のないコメントは、刺激的でとて
も読み応えがあります。
「MACCプロジェクト」にとっ
ても、またひとつ貴重な財産となったことと確信してい
ます。ぜひ多くの方々に手に取って読んでいただければ
ありがたいです。なお、今回は自費出版のため書店では
入手できません。ご希望の方は下記までお問い合わせい
ただければ幸いです。
最後になりましたが、学生たちのインタビューに快く
ご協力下さいました、荒川区 47 の事業所の皆様、産業技
術高等専門学校さん、城北信用金庫さん、ありがとうご
ざいました。そして中村先生及び中村ゼミの学生さん、
本当にお疲れ様でした。
「MACCプロジェクト」をテー
マとして取り上げてくださったことに、心より感謝申し
上げる次第です。
◆大東文化大学法学部・中村昭雄ゼミナール 11 期生編著『変わる!荒川区のものづくり』に関する
お問い合わせ先
〒175-8571 東京都板橋区高島平 1-9-1 大東文化大学 法学部政治学科 中村昭雄
TEL:03−5399−7378 e-mail:[email protected]
FAX:03−5399−7379 定価:1,260 円(税込)
「MACC通信」
に関するお問い合わせ先 ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
荒川区産業経済部経営支援課
TEL:03-3803-2311
FAX:03-3803-2333
E-mail:[email protected]awa.tokyo.jp
MACCホームページアドレス
http://sangyo.city.arakawa.tokyo.jp/macc/
MACC 通信
第9号
2009.5.20.