381/381i - ダイナミックオーディオ

新製品のご案内
381/381i
CD PLAYER
各位
2009 年 8 月
アクシス株式会社
拝啓
時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜りまして誠にありがとうございます。
さてこのたび、ワディアから最新の CD プレーヤー“Wadia381/381i“ がリリースされ、
輸入発売の運びとなりましたのでここにご案内申し上げます。
この“Wadia381/381i“は、ワディア最新の技術、I/V 変換の極致ともいえる SC-3D をはじめとした高度な
回路構成と斬新な機構技術、新ディスクドライブメカニズムの搭載によって、
高品位な CD 再生を果たすばかりでなく、WMA や MP3、そして FLAC などの音楽ファイルデータを CD-R に焼き込
んだ 96/24 HD 音源ディスクの再生をも可能とした、まさに次世代の CD プレーヤーです。
また、381i には新たにワディア独自の画期的な回路で超低ジッターを実現する USB 入力を含むディジダル入出力が
装備され、コンピューターからの HD 音源をも圧倒的な高音質で再生することを可能としています。
つきましては、別紙にて本機の概要をご案内致しますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
敬具
- 記 Wadia 381
Wadia 381i
CD Player (Digital IN/OUT なし)
CD Player [Digital IN(w/USB)/OUT 付]
●外装仕上げは Black または Silver
¥980,000
¥1,250,000
●2009 年 8 月発売予定 (税別希望小売価格)
※u upgrade [Wadia381 に後から 381i の Digital IN(w/USB)/OUT を追装備] ¥330,000
381/381i
CD PLAYER
381/381i CD PLAYER
時領域のアルゴリズム「ディジマスター」による高密度なプロセッシングによって音楽信号のナチュラリティーとダイナミックス
を生き生きと再現するワディア・ディジタル・テクノロジー。Wadia381 は、その最先端技術、I/V 変換の極致ともいえる SC-3D
をはじめとした高度な回路構成と精緻な機構技術、新ディスクドライブメカニズムの搭載によって、高品位な CD 再生を果た
すばかりでなく、WMA や MP3、そして FLAC などの音楽ファイルデータを CD-R に焼き込んだ 96/24 HD 音源ディスクの
再生をも可能とした、まさに次世代の CD プレーヤーです。そして、Wadia 381i には新たにワディア独自の画期的な回路で
超低ジッターを実現する USB 入力を含むディジダル入出力が装備され、コンピューターからの HD 音源をも圧倒的な高音質
で再生することを可能としています。
[ Wadia 381/381i に搭載された最先鋭のテクノロジー ]
Wadia381/381i 内部のディスク・トランスポート部には、極めて高いピット読み取り精度を達成した新 CD ドライブ・メカニズム
を搭載。DAC 部には、ワディア伝統の「ディジマスター2.5」アルゴリズムによるワディア・マルチビット・ハイリサンプリング・
デコーダーを搭載。その I/V 変換ステージには、「ワディア・スウィフトカレント 3 ディスクリート(SD-3D)」を投入し、かつてな
い驚異的なリニアリティーを得ています。そして、両者は DAC に配備された高精度マスタークロックによって一元管理され
る「クロックリンク」によってコントロールされ、圧倒的な低ジッター性能による高忠実度再生がなされます。また、さらには定
評の 24 ビットの「デジタルボリューム」コントロールがパワーアンプ直結を実現する「デジタルダイレクトコネクト」機能も装備。
アナログファイナルステージのタイムコヒーレント・アナログフィルター・アレーや、優れたグラウンディング機構と電流供給
能力を高めた新アナログパワーサプライなどと相まってワディア最先鋭の技術が全面的にに盛り込まれています。
New Multi-Format Disc Mechanism 高忠実度でデータキャプチャーを行ないクロックリンクによってジッターを低減する
最新のディスクドライブ・メカニズムを搭載。さらに、このメカニズムは機械的振動と電気的干渉から完璧にアイソレーション
を行なうカスタムマウンティング機構を持つ独自の重厚なメカニズム・コンパートメントに収容。最高レベルのオーディオ・イン
フォメーションをデジタル・オーディオディスクから引き出すことを可能としています。また、この新ドライブは、CDフォーマット
(レッドブック規格のCDとCD-R,CD-RW)のみならず、MP3やFLACそしてWMAなどのフォーマットで記録された音楽ファイルの
データディスクの再生も可能。特にFLACフォーマットでは、96kz/24bitまでのHD音源の再生までも可能としています。
DigiMaster ワディアの特許技術「デジマスター」フィルターシステムが、その特異なアルゴリズムによってデジタルオーデ
ィオ信号をアナログ復調する際にオリジナルアナログ信号に含まれるデリケートな「時間」と「位相」の情報を極めて高精度に
再現し、音楽のリアリズムを極限まで再生しつくします。381/381i に搭載されたデジマスター2.5・ソフトウェアは、デジタルオ
ーディオ信号を 24 ビットレゾリューション、MHz オーダーの超高速デュアル DSP によって正確に処理されます。
これによって、折り返しノイズを可聴帯域から遥かに離れた高周波帯に追いやり、通常不可欠とされる 1/2fs(CD では 20kHz)
以上を急峻にカットするデジタルフィルターやアナログフィルター等による周波数領域での遮断処理を必要とせずにアナログ
復調が行なわれます。一般的にデジタルの悪癖といわれる群遅延や位相歪みなどのフィルターによる周波数領域の処理に
起因した不自然な音を一蹴し、ワディアならではの時領域(タイム・ドメイン)処理による滑らかで且つインパルス応答に優れ
た音の表現力を持ちます。アナログの最も自然な音楽性を再現する極めて高いレゾリューションとスルーレートを実現する
優れた方式です。
SwiftCurrent 3 「スウィフトカレント」サーキットは Wilson current mirror 回路を高度に発展させた Current Conveyor
(カレント・コンベアー)回路構成をベースとし、グローバルフィードバックを用いることなく圧倒的な直線性と過渡特性が得ら
れる I/V 変換を可能とする特許取得の回路技術。ワディア・パワーDAC の開発によって確立され Wadia861 に搭載された I/V
変換の要となるその「スウィフトカレント」テクノロジーは次世代 DAC、Wadia921 の開発でその性能を大きく前進させ、ディスク
リート構成、クラス A スループットステージを擁する最新のスウィフトカレント・サーキットに生まれ変わりました。そして、今ま
たそれは、一段と S/N を高めた最新の「SC-3D」となって Wadia381/381i に搭載。その出力は不要高周波成分のみカットする
位相歪のないフィルターにダイレクトに導かれアナログ電圧出力となって高品位な D/A コンバージョンを果たします。
Wadia DirectConnect Technology with Digital Volume Control ダイレクトコネクト・テクノロジー ウィズ・デジタル
ボリュームコントロール、それは、フルデジタル・システムの至近距離に位置する最も現実的な優れたコンセプト。
Wadia381/381iに搭載された50dB可変のデジタルボリュームコントロールは、パワーアンプ直結を可能とします。
ClockLink Jitter Reduction 内部でCDトランスポート部とDAC部がクロックリンクされています。これは超高精度のマス
タークロックをひとつだけDACの最も近くに配備して、双方のクロックを一元管理することで驚異的な低ジッターを実現する方
式です。
High-Power Zero Noise Supply ハイパワー・ゼロノイズ・パワーサプライ
Wadia381/381i には、超低ノイズで安定した電源供給を実現する新開発のアナログ電源をトランスポート部、DAC 部にそれ
ぞれトランスから分離して搭載。多重レギュレータによる強力電源を構成しています。さらに、表面実装による部品間の RF
信号の低干渉化と、さらなるジッター低減を図る アドバンスド・サーキットボードレイアウト・テクニック を駆使した基板と、メ
インボードの要所に配備された 2 ポール高音質アンチ RF フィルター、さらにフェライトRFIノイズフィルタリング素子との相乗
効果によってデジタル/アナログのノイズ干渉を徹底的に抑えた総合的な低ノイズ化を達成しています。
Digital Inputs with USB 超低ジッターを実現する新開発のUSB入力 (Wadia381i)
Wadia381iには画期的なUSB入力が装備されています。通常のUSBオーディオ伝送は、コンピューター側のクロックによって
制御されたディジタルオーディオ信号を受けてDAC側でPLLなどによる同期を掛けD/A変換します。しかし、そこには、オーデ
ィオ的観点からすると看過できない、クロック精度、ジッター値などの多大な問題が潜在します。Wadia381iのUSB入力回路
には、この問題を解決する画期的なUSB方式が搭載されています。、ハイエンドオーディオ機器にふさわしい高精度クロック
と超低ジッターを実現し、今やCDを上回る品位を持つHD音源配信などの新しいオーディオメディアに圧倒的なクォリティーで
対応します。
Upgradeable Modular Design アップグレーダブル・モジュラー・デザイン
アップグレードへの柔軟性は Wadia 哲学の基本です。381 から 381i の USB 対応 96kHz/24 ビット・デジタル入出力のような
オプショナル・モジュールカード増設などに加えて、ソフトウェアにおける将来の技術へのアップグレードにも十分な対応力を
もたせています。
Sonically 三次元イメージの描写力、瞬発的トランジェントの再現力、S/N感、しなやなかさ、そのすべてにおいて
Wadia381/381iは、さらに深みを増した驚異的な音のリアリティーを再現します。
Wadia381/381i CD PLAYER
Wadia381/381i <Black>
Technical Specifications
●デコーディング・ソフトウェア: DigiMaster 2.5 (アルゴリズム A,B,C 選択可能), 24bit resolution
●DAC リサンプリング・レート: 1.4112 MHz (32 [email protected],44.1kHz48kHz 16 [email protected],96kHz)
●デジタル処理能力: 24 ビット
●分解能: 21 ビット
●メディアフォーマット: CD,CD-R,CD-RW
●デコードフォーマット: CD, MP3, FLAC(最大 24/96), WMA(WMA lossless は除く)
●位相反転: デジタル領域
●デジタルボリューム・コントロールレンジ: 50 dB (0.5dBx100 ステップ)
●最大出力レベル:4.2V(標準)から-6dB ステップで 0.3V まで 5 段階で内部スイッチ切替で設定可
●出力インピーダンス: 51Ω
●アナログ出力(2 系統): バランス L/R (XLR), シングルエンド L/R(RCA)
●パワーサプライ: アイソレーション・チェンバーに格納するデュアル・トロイダルトランス
●[381i] デジタル入力(4 系統): USB x1, S/PDIF (BNC) x1, Toslink x1, AES/EBU (XLR) x1
※すべて 96 kHz までのサンプリングレートに対応
●[381i] デジタル出力(4 系統): ST x1, S/PDIF (BNC) x1, Toslink x 1, AES/EBU (XLR) x1
●電源/消費電力: 100VAC/58W
●外形寸法: 432W x 184H x 420D(mm)
●重量: 25kg
●外装フィニッシュ: Black または Silver
輸入発売元:アクシス株式会社 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2−34−27
TEL:03-5410-0071 / FAX:03-5410-0622 E-Mail: [email protected]
Web Site: www.axiss.co.jp
©2009.8