7月 - 熊本地域医療センター

院長 廣 田昌彦
平成 23年 (2011年 )7月 発行
熊本地域 医療 センター 電話番号 (代 表 )096 363 331l FAX 096 362 0222
ler-z
_│
一1
―
201
医師会病院理念
z-1
『患者きんの権利を尊重 してより良質で安全な医療を提供できるように、
│ ‐
医師会会員と下丸となって地域医療に貢献する。』
司
И
魏
□
〓
司
田
〓
瓢2不
鸞
辛
2面
寄 稿 ・ 安達善充先 生
3面
市民公開講座
4面
新任 医師あ いさつ
市 民公開講座
看 護 師長 あ いさ つ
げ ま│す
暑 中 御 見 舞 い 申 し上‐
地域 医療連携 室長 ・ 消化器外科部長
梅 雨 が 明 け、
生 ビール が 美
味 しい 季節 に
な りま した 。
会員 の 先 生方
には、 日頃 よ
り大 変 お世話
にな り、誠 に
有 り難 うご ざい ます。
私 、 5月 よ り地域 医療連 携
室 長 を拝命 致 してお ります が 、
何 分 不 精 で怠 け者 、友 人 か ら
は 一 番 似 合 わ ん仕 事 ば しよる
と笑 われ てお ります。 それ で
も連携 室 の ス タ ッフが しつか
りしてお ります の で 、何 とか
無事 に勤 め させ て も らつて い
ます 。
さて 、地域 医療 セ ン ター は
今 年 で 開設 30周 年 、節 目の 年
を迎 えま した 。 更 な る飛 躍 が
期 待 され ます。 しか し、最 近 、
患者 数 の減 少 が 目立 ち、5月
は遂 に病床 利 用 率 70%を 割 っ
て しま い ま した 。 院長 をは じ
め病 院担 当理 事 の 先 生方 、職
員 一 同、危機 感 を抱 き、何 と
かせ ん ば い かん と頭 を悩 ませ
てい る現 状 です 。
共 同指 導 に来 られ た先 生方
には、 ス タ ッ フが積 極 的 に声
をか け、親 しみ を も つて も ら
う様 にす る事 、紹 介 患者 の御
返 事 、入 院 途 中経 過 報 告 、 退
院 時 サ マ リー の 徹 底 、 出動 協
力 医 か ら引 き継 い だ患者 さん
に関 して は、そ の 後 の 経過 を
報告 す る事 、等 々 が 検 討 され
少 しず つ 実行 され てお ります 。
また患者 さん には、快 適 に安
心 して 治療 を受 けて戴 け る様 、
環境 の整備 (施 設 の老 朽 化 で
難 しい 所 もあ ります が 、気 付
い た 所 か ら少 しず つ )、 接 遇
の 改 善 、安 全 管 理 の 強化 等 、
様 々 な方 面 で色 々 な委 員 会 が
知 恵 を絞 つて い ます 。
しか し、何 とい つて も、会
の
員 先 生方 か ら如何 に患者 さ
ん を紹介 して 戴 くか が 、 一番
の ポイ ン トと思 われ ます。 当
セ ンター の 事 を、 も つ と良 く
知 って 戴 く必 要 が あ りそ うで
す。 当セ ン ター は、診 療 科 、
有 田 哲正
医師数 が少 な く、個 人 にかか
る負 担 は相 当な ものが あ りま
す が 、皆 プ ロ意識 を持 ち 、熱
い 気 持 ちで 日々 、診 療 に励 ん
で い ます 。 看 護 師 をは じめ 、
パ ラメデ ィ カル も、常 に問題
意 識 を持 ち、多忙 な時 間 を割
い て の研 修 等 を通 じ、質 の 向
上 に努 めてい ます 。 医療 の 質
の 面 か らは、他 の 施設 と比 ベ
て も何 ら遜 色 は な い と思 われ
ます。
〃
連携 室 と しま して も、 地
〃
域 医療 セ ンター だ よ り 等 に
て 、病 院 の様 々 な事 を紹介 、
ア ピール して い きた い と考 え
てお ります 。
当セ ン タ ー は、会 員 の 先 生
方 に気 持 ち良 く利 用戴 け る病
院 を 目指 して い ます 。御 要 望 、
御 意 見 、お 叱 り等 ご ざい ま し
た ら、何 な りと仰 せ 戴 けれ ば
幸 いで す。
暑 さも厳 しくな つ て ま い り
ます が 、先 生 方 には益 々 の御
自愛 お祈 り申 し上 げます 。
「これからも仲良くJ
糸 り 終雪 電絃習 炉 躊 慇鼈 警 雁
石 に よ る化 膿性 胆 管炎 」 の 患
者 さん と、病 院搬 送 車 で 熊 本
地域 医療 セ ン ター に向か つた 。
当時 KS病 院 で は 内視 鏡 的 ドレ
ナ ー ジ術 を行 な って お らず 、
「勉 強 にな るか ら一 緒 に行 っ
て 来 い 」 と上 司 の ご配慮 を い
た だい た か らだ。 当 セ ン ター
に到 着 し、 「研 修 医 の 安 達 で
す。 今 日は勉 強 させ てい た だ
きます 」 と挨 拶 したが 、 ドレ
ナ ー ジ術 を施行 され る A先 生
は頭 を縦 に 1回 振 っ ただ けで 、
笑顔 も見せ て くれ ず 、 正 直 な
ところ ビ ビ リなが らの 見学 だ
っ た 。 しか し 「ERCPの 所 要 時
間 は 30分 」 とい う固定観 念 が
あ つ た 私 に とっ て 、 A先 生 の
<華 麗 な る早技 >は 衝 撃 だ っ
た。 た った 5分 で 終 了 した の
だ か ら。
雨
あ だち内科 胃腸科
安達 善充
これが私 と当セ ンターの 出会
いで あ り、開業前 の約 4年 間
は勤務 もさせ ていただいた
(な ん とA先 生の部下 ととし
て)。 多 くの ことを勉強でき
た楽 しく充実 した 4年 間 であ
つた。そ のため今 では 当セ ン
ター は、最 も気軽 に患者 さん
を紹介できる医療機 関である。
顔見知 りの職員 も多 い。患者
さん の件で当セ ンター に電話
したのに、取 り次 いで くれ る
事務員 さん と思わず雑談 して
しま うことも 「しば しば」。
共 同指 導 に行 つた時に 「先生、
元気ですか ?」 と笑顔 で声 を
か けて くれ る看護 師 さん 。技
師 さん も多 く、大変嬉 しい。
一緒 に働 い た先生方の 中には、
家族 ぐるみで付 き合 い が続 い
てい る方 もい る し、酒飲みや
ゴル フに今で も付 き合 って く
れ る職 員 もい る。
F西
雨
KS病 院 を始 めほ とん どの周
辺 中核病院が新築 ・ 改築 を行
い 、当セ ンターの老朽 化 は否
定できない。そ んな状況 の 中
で生 き残 りをかけた厳 しい 医
療情勢が続 くと思 い ますが 、
微力 なが ら当セ ンター を応 援
したい と考 えています。
皆 さん、 これか らも公私共
に末長 く仲良 くして、一 緒 に
頑 張 りま しょ う。
F画
呼吸器 内科部 長
6月 4日 に病 院 主 催
の 公 開 市民講座 を、 当
院 の 新 館 6階 ホール で
開催 致 しま した 。 テ ー
マ は 「胃 が ん 最 新 の
診 断 と治療 Jで す。 こ
の 企 画 は 、 が ん 拠 点病
院 の 申請 に 伴 い 、 が ん
を始 め 医学 お よび 医療
に つ い て 市 民 に広 く啓
蒙 す る事 に加 え 、 当院
で の 診 療 内容 を一 般 の
方や医療 関係者 にア ピー
ル す る事 を 目的 に 始 ま
りま した 。 年 2回 を 日
標 に定 期 的 に開 催 して
い きます 。
さて 今 回 は 「胃が ん
最 新 の 診 断 と治療 Jを
テ ー マ に 、最 初 に 消化
器 内科 の 中原 和 之 先 生
に 「胃 が ん の 最 新 診 断
∼ NBI(特 殊 光 観 察 )
と弼 健 音波内視
J、
次 に外 科 医長 の"∼
石川晋
之 先 生 に 「進 行 度 に応
じた 胃 が ん 手 術 ∼ 残 さ
な い よ うに、取 りす ぎ
な い よ うに ∼ 」 、最 後
に消 化器 内科 部 長 の 田
村 文雄 先 生 に 「胃 が ん
の 内科 的 治療 ESD(内
視 鏡 的 粘 膜 剥 離 術 )と
最 新 抗 が ん 剤 治療 Jの
演題 でお 話 して 頂 きま
した 。 題 名 か らは 内容
は 難 しそ うに見 えます
が 、 い ず れ も動 画 な ど
も交 えわ か りや す い も
の で 、 ア ン ケ ー ト調 査
の 結 果 か らも好 評 で し
た。
そ の ア ン ケ ー トで は、
来場 者 の 24%が か か り
つ け の 先 生 か らの お 勧
めや ポ ス ター 、 チ ラ シ
を ご覧 に な っ た方 で し
た cこ の 場 を借 りて ご
協力 へ の 感 謝 を 申 し上
げ ます 。 今 回 は 、 ポ ス
タ ー 制 作 の 遅 れ か ら宣
伝 期 間 が 短 か っ た事 も
あ り、 この 講 演 会 の 告
知 が 十 分 で あ っ た とは
言 えませ ん 。 この 反 省
を踏 ま え 、次 回 は 内容
も更 に 充 実 させ 十 分 な
準備 で迎 えた い と思 い
ます Э 開催 日が近 づ き
ま した ら、 ご案 内 の お
手紙 、 ポ ス ター 、 ち ら
しをお 送 りい た しま す。
そ の 際 は 、 また ご協 力
の ほ どよろ しくお 願 い
申 し上 げ ます 。
消 化器 内科 部 長
私 が講演 したのは「∼
胃がんの 内科 的治療 ∼ 」
で あ りま した 。 私 が 研
修 医時代 、約 20年 前は
胃 が ん にお い て 内 科 は
診 断 ま で 、治 療 は外 科
で行 な うよ うな感 じに
な ってい ま した。 また 、
手術 が 出来 な い進行 し
藤井 慎嗣
田村 文雄
た 胃 が ん 患者 は 、積 極
的な治療 は してい なか っ
た と思 い ます し、告 知
も不十分 だ つ た と記憶
してい ます。 ただ 、肺
がん な ど他 の診療科 で
は抗がん剤治療を行なっ
てお り、なぜ 消化器 が
んは抗 がん剤 治療 が行
なえな いのか ?と 疑 問
に思 っていま した。 平
成 6年 に 国 立がんセ ン
ター での勤務 の機 会 を
得 、国 立がんセ ンター
でのがん診療 を 目の 当
た りに し、今 まで の 常
識 を覆 され た よ うなカ
ル チ ャー シ ョ ックを受
けま した。診 断 か ら治
療 ・ 緩和 まで内科 で行
な い 、加 えて世界 の 中
で 日本 のがん診療 の遅
れ を痛感 しま した。 臨
床試 験 が ほ とん ど進 ん
で い な い 状況 で 、 い わ
ゆ るdrug lagが 起 こ り、
日本 で 開発 され た抗 が
ん剤 が逆 輸 入 され てい
る状況 で あ りま した。
最近 、 よ うや く臨床試
験 の重要性 が認識 され 、
drug lagの 問題 もほぼ
解 決 し、『 がん診療 ガ
イ ドライ ン』 も整 い 、
施設 間格差 も解 消 され
つつ あ ります。 内視鏡
検 査 にお いて も、拡 大
観 察 や NBI(特 殊 光 )
観察 が充実 し、ESD(内
視鏡的粘膜下層剥獅
で粘膜 内がん の 内科治
療 も積極 的 に行 なわれ
て お ります 。 この 間 、
約 15年 間 を経 てお り、
EBM (Evidence― based
medicine)に 基 づ い た
標 準治 療 が一 般 診 療 と
して行 な われ てお りま
す 。 今 後 は、 この よ う
な『 市民 公 開講座 』 を
通 じて、市民や 患者 さ
へ の啓蒙活動を行なつ
υ
ス
て行 く こ とが、我 々 医
療者 の 責務 だ と感 じて
お ります。
外科 医長
外 科 か らは 、「進 行
度 に応 じた 胃がん手 術
∼残 さな い よ うに、取
りす ぎな い よ うに ∼ 」
とい う表題 で 、 い くつ
か の メ ッセー ジ を盛 り
込み 、講義 い た しま し
た。
は じめに、 胃がん に
対す る外科治療 はあ く
まで局所治療 で あ り、
た とえ根 治手術 が得 ら
れ て も、 も う安 心 とい
うわ けには行 かな い こ
と、最低 5年 は通院 が
必要で あ るこ とを話 し
ま した。 次 に、手術 を
す る上 で大事 な検討項
目は、 胃がんので きた
場所 、深 さ、 リンパ 節
郭清 い う 3点 で あ り、
これ らの情報 か ら、 胃
がん診療 ガイ ドライ ン
や 臨床試 験 の エ ビデ ン
ス を参考 に し、 さらに
は患者 さん の全 身状態
や家族 も含 めた患者 さ
んの希望 な ども考慮 の
うえ 、 オ ー ダー メイ ド
の 医療 を心が けてい る
こ とを伝 えて い ます。
実際 の術 式 につ いて
は、幽 門側 胃切 除、噴
門側 胃切 除、 胃全摘 の
3つ の術 式 について説
明 い た しま した。 最後
に、近年 注 目され て い
る腹腔鏡 を用 いた 胃 が
ん手術 につ いて 、適応 、
利 点 、欠 点 な どを説 明
した後 に、 当セ ン ター
で施行 いた しま した 、
腹腔鏡補助 下幽門側 胃
切 除術 の動画 を 5分 程
度提示 い た しま した。
一 般 の方 に是非知 つ
ていただ きた い こ とと
して 、前 述 の よ うに 、
手術 はあ くま で局 所治
療 で あ る こ と、早期発
見、早期 治療 が最 も効
鏡 は精度 が最 も高 く、
確 実性 が あ る検査 で あ
る こ とな どを説 明致 し
ま した。
次 に特 殊 光 内視 鏡
(NBI)に つ い て は 、
当セ ンター で使 用 して
い る01ympus社 の 狭 帯
域 光 観 察 (Narrow
Band
lmaging;NBI)
につ いて原 理や そ の使
用 目的 (有 用性 )な ど
を解説 し、実際 に行 つ
てい る写真や動画 を供
覧 致 しま した 。 NBIは
ヘ モ グ ロ ビンの 吸収特
性 に合 わせ た 415nmと
540nmの 光 を狭 帯域 化
した もの を照 明光 に採
用 した もので 、粘膜表
層 の血 管 の描 出 が 良好
とな るた め病 変 の認識
が しやす くな り、 胃が
ん の範 囲診 断等 にお い
て有用 な方法 とい えま
す。超音波 内視鏡 (E
ndoscopicUltrasonog一
晋之
果 的で あ る こ と、そ し
て 、早期 の 胃 がん はほ
とん ど自覚症状 がない
ため、是非、検診や ドッ
グを受 けていただ きた
い こ とを伝 えま した。
早期 に発 見 されれ ば、
内視鏡 的切 除や腹腔鏡
下 の切 除 とい う低侵襲
の治療 で 済む可能性 が
あ ります ので 、積極 的
に検査 を受 けに来 て い
ただ きた い とい うメ ッ
セー ジを送 り、講義 を
終 了 してお ります。
消 化 器 内科
私 か らは 胃がんの診
断 につい て 、 「胃がん
の 最 新 診 断 ∼ NBI(特
殊 光観 察 )と EUS(超 音
波 内視 鏡 )∼ 」 とい う
テ ー マ で 、話 を させ て
頂 きま した。
は じめに、 胃がん の
疫 学 と検査 の現状 と し
て 、 胃がんは以前 よ り
減少傾 向 にあ るものの 、
今 日で もなお部位 別 が
ん 罹患者 1位 のがんで
あ り、 も つ とも身近 な
がんで あ る こ と、検 査
方法 としては、ペ プ シ
ノゲ ン検 査 、ヘ リコバ
クター ・ ピロ リ血 液抗
体検 査 、 胃 X線 検 査 、
内視鏡検 査 な どが あ り
ます が 、な かで も内視
石川
中原
和之
考 えて い ます 。
最後 にま とめ として、
内視鏡検 査 の進 歩 に よ
り胃が んの早期発 見 が
可能 とな つてい る こ と。
NBIや EUSな ど の 精 密 検
鷲
嚢
楚
力
鼻
濃
落
鱗
キ
輩
LttF墜 凛 ざ
種
:h資 鍾
の写真や動画 な どを供
覧致 しま した。超 音波
装置 が 先端 に装着 され
た専用機 や 胃カ メ ラの
鉗子 チ ャ ンネ ル か ら挿
入 可能 な細径 の超音波
プ ロー ブ を用 いて至近
距離 か ら超音波 を当 て
る こ とで、 胃壁 内 の構
造 が 明瞭 に観 察 で き る
検 査 です 。 正 確 な 胃が
ん の深 達度診 断 を行 う
上で欠 かせ な い検 査 と
を行 える よ うにな つた
こ と。 そ して 胃がん を
早期発 見す る上で大切
な の は、内視鏡 を受 け
る機 会 を少 しで も多 く
作 っていただ く こ とで
あ り、特 に胃がん の 高
リス ク群健診 での異 常
を指摘 され た方 は、定
期 的 な内視鏡検 査 の 受
診 をす るよ うお勧 め し
て講演 を終了致 しま し
た。
外科
平 成 23年 6
月 1日 よ り外
科 勤 務 とな り
ま した 小 澄 敬
祐 と申 しま す。
平成 20年 熊
を機
梼
、
・
声ヨ4、六ぎ学笏茜彬竜
人吉総合病 院で の初期研修 を
終 え、平成 22年 に熊本大学消
化器外科 に入 局 しま した。入
局後 、大学で 1年 2ヶ 月 間勤
務 し、今 回地域 医療 セ ンター
で勤務 させ ていただ くこ とと
な りま した。
大学病 院 では消化器 領域 の
主に悪性腫瘍 の診療 に携 わ っ
てお りま した。 こち らでは悪
性腫瘍 は もちろんの こと、急
性 虫垂 炎・ 胆石症 な どの急性
腹症、呼吸器外 科、乳腺外科
な ど幅広 い領域 の手術 が行 わ
れ てお り、また症 例数 も多 い
とい うこ とで非常 に楽 しみ に
してまい りま した。勤務初 日
よ り多 くの手術 を経験 させ て
いただき、刺激的な毎 日を送 っ
てい ます。病棟業務 に関 して
もス タ ッフの方 に助 け られ何
とか こなす ことがで きて い ま
す。
医師 として もまだ 4年 目で
あ り、未熟 で至 らない点はた
くさんある と思 い ます。少 し
で も地域 医療 セ ンターの力 と
なれ るよ う頑張 ります。 どう
ぞ ご指導 の ほ ど、何卒宜 しく
お願 い致 します。
外 来・
今 年 4月 か
ら外 来 ・ 2階
検 査 の師長 と
して 働 い て お
りま す 。 当院
の外 来 は 、昼
間 の一般 外 来 、
救 急 外 来 、外
来 が ん 化 学療 法 、夜 間救 急 と
色 々 な役 割 が あ ります。
一 般 外 来 は基 本 、紹 介型 で
す が 、飛 び込 み の 受診 も受 け
入 れ る よ うに な り月 に 約 200
∼ 250人 ほ ど来 院 され ま す 。
課題 は待 ち時 間 で あ り、今 年
は 2回 ア ン ケ ー ト調 査 を行 い 、
解 決 に 向 けて努 力 を して い き
たい と思 い ま す。 救 急 外 来 は 、
救急 搬 送 が 月 150∼ 200人 程 で
あ り、疾 患 も多様 で す。 4月
中旬 よ り救急 医療 委 員 会 の 長
1靱
│
鷲驀1111■
鰺
である平井先生 を中心に朝 の
ミニ カ ンフ ァ レンス を行 い 、
問題 が あれ ば、改 善 に向 けて
取 り組 んでい る所 です。夜 間
の救急 は、出動協力 医 の先生
に協力 して頂 き運営 され てい
ます 。風邪 か ら重症 まで と病
状 の 巾が広 く、特 に小児 は病
状 が刻 々 と変化す る為 、重症
を見逃 さない事、また待 ち時
間 の不安 を最小 限に出来 るよ
うに 日曜夜 間 のみ トリアー ジ
を行 っています。受診 者 へ の
十分 な浸透 までは至 っていま
せ んが 、待 ち時 間 のク レーム
が な い ところをみ ると、親 の
安心感 に繋 がってい る と思い
ます。
外来がん化学療法 は、月平
均 130人 で、導入か らギアチェ
ンジまで と患者 の身体的なケ
小澄 敬祐
2階 検査 師長 真 弓 敦子
アは勿論 です が・精神的ケア
も重要です。認 定看護 師を中
心に取 り組 んでお り、看護記
録 を共有 し病棟 と情報 の共有
も図 っています。
検 査室 は 、DPC導 入 に よ り
外来で検査 を行 う患者 が 多 く、
また検査 のみ の紹介患者 もい
らっ しゃい ます。待 ち時 間を
少 な くす る事 と、 2∼ 3件 同
日に検査 が入 つてい る時はな
るべ く負担 を少 な く出来 る様
に工夫 しています。私 自身、
不慣れでまだまだ迷惑 をか け
ていますが、1日 も早 く戦力
になれ るよ う努力 したい と思
い ます。先生方 に も外来、検
査 に患者 をご紹介 い ただ けれ
ば と思います。宜 しくお願 い
致 します。
事し腺 外 来 の・ご 案 内│■
=‐ 午‐
揮‐
ヰ 辱白│1午 前‐
1考 察││お │││││
【
第 2=曜 甲 ‐ 1 石川晋‐
担当医1 ‐
之先生
. . . それ以外のユ曜日 稲吉 厚先生
[email protected] [email protected]り女性は強い。
家でも病院でも、頑張れ日本男児
[email protected] 日本を抜き、世界第2位 の経済大国になつたものの、高速鉄
導の事故では無益な行動が目立った某国。真の一流に成長させた
な態度で再り の機会と捉えることが何事に
だと感恵よ島贅
`戦
の陸封型 (元
ゃ姿は全然違えど、今月の魚「姫鱒Jは 先月の「紅鮭」
!
は一緒!!)で す。う∼ん、サケ科の魚は面白いなぁ"・