国際医療福祉大学大学院 教授 武藤正樹 Masaki Muto MD PhD

国際医療福祉大学大学院 教授
武藤正樹
Masaki Muto MD PhD
Professor, International University
of Health and Welfare Graduate School
国際医療福祉大学・高邦会グループの概要 平成7年栃木県大田原市に、日本初の保健・医療・福祉分野の総合大学として設立。看護師、理学療
法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、診療放射線技師、社会福祉士、介護福祉士、薬剤師等
のメディカル・スタッフを育成している。 <特徴>
国際医療福祉大学
大学院(東京青山
キャンパス)
大学院 医療福祉学研究科
大学院 医療福祉学研究科
修士課程:保健医療学専攻、医療福祉経営専攻
臨床心理学専攻
博士課程:保健医療学専攻



栃木本校のほかサテライトキャンパスも設置
(東京・小田原・熱海・福岡・大川)
同時双方向遠隔授業
医療職のための本格的な生涯学習コース、
「乃木坂スクール」開講
保健医療学部
看護学科、理学療法学科、作業療法学科、言語
聴覚学科、視機能療法学科、放射線・情報科学科
大学附属施設
医療福祉学部
(269床)
医療経営管理学科、医療福祉学科
(291床
)
薬学部 東京本部
(乃木坂)
総務部
人事部 企画部
医療管理部
薬学科
福岡リハビリテーション学部
(福岡県 大川キャンパス)
理学療法学科、作業療法学科、
言語聴覚学科(平成19年4月開設)
熱海病院
(206床
)
三田病院 (300床)
小田原保健医療学部
(神奈川県 小田原キャンパス)
看護学科、理学療法学科、作業療法学科
国際医療福祉
大学病院
塩谷病院
目次
•
パート1
– 日本の高齢化の現状と世界のジェネリック
医薬品
•
パート2
– ジェネリック医薬品普及の課題
•
パート3
•
– 2010年診療報酬改定とジェネリック医薬品
パート4
– 急性期医療とジェネリック医薬品
パート5
– 慢性期医療とジェネリック医薬品
日本ジェネリック医薬品学会
•
高齢者の適切な医薬品使用
•
•
–
国際ジェロントロジー・フォーラム 後藤光世
パート1
日本高齢化の現状と
世界のジェネリック医薬品
超高齢化社会がやってくる
世界で最速、最長、最大規模でやってくる
6
5
歳
以
上
人
口
の
占
め
る
割
合
65歳人口が全人口占める割合の年次推移
平均寿命の国際比較
平均寿命の年次推移
日本の女性
はぶっちぎ
日本の女性の平均寿命は
りの第1位
すでに世界のトップランナー
日本の女性の平均寿命の推移:
2050年平均寿命90歳!
90歳
85.99歳(2007年)
79.19歳(2007年)
きんさん・ぎんさん
百歳老人激増中
16000
2009年
百歳以上老人4万人突破
14000
12000
10000
8000
6000
4000
2000
0
S38 41
44
47
50
53
男
56
59
女
62
2
5
8
11
日本は高齢化オリンピックで
三つの金メダル
• ①65歳以上人口の割合の最速の増加スピード
• ②平均寿命世界一
• ③65歳以上人口の最大規模(3400万人、20
25年)の増加
• バンクーバーオリンピック
– 金メダル 0
– 銀メダル 3
– 銅メダル 2
これからの超高齢化社会は
「団塊の世代」が作る!
団塊の世代とは
1947~49年生まれの世代
団塊の世代
団塊ジュニアの世代
高齢化社会とジェネリック医薬品
高齢化社会における
ジェネリック医薬品の意義
• 後発品のメリットは何よりも価格が安いという
ことである。わが国は本格的な高齢化社会を
迎え、国民医療費の増大が予想される中で、
後発品は低価格の医薬品供給を通じて国民
負担の軽減に資するであろう。また、後発品
は医薬品市場の競争を促進し、医薬品価格
の抑制に寄与するというメリットを有している
• 「21世紀の医薬品に関するあり方に関する懇
談会」(平成4(1992)年6月、厚生省薬務局
GEと先発薬の製造経費は同等
Medical Tribune 2010年2月25日号
世界のジェネリック医薬品
世界のジェネリック医薬品
(2008)
市場シェア比較
(2009年)
(2007年)
(%)
Ⓒ2009 IMS Health. All right reserved.
出典:IMS Health MIDAS Market Segmentation, Rx only, Dec 2008.
18
日本※ :日本ジェネリック製薬協会2007年度調査データ
メーカー出荷ベース
長期収載品市場の
ジェネリック医薬品シェア(2008)
日本の
(%)
出典:IMS Health MIDAS Market Segmentation, Rx only, Dec 2008.(メーカー出荷数量ベース)
19
Copyright IMS, 2009 ジェネリック医薬品市場シェア率と
高齢化率国際比較の相関
高齢化率(%)
米国のジェネリック医薬品シェア推移
日本の現状は米国の1984年
84年
ハッチ・ワックスマン法(ANDA
申請、ボーラー条項、
特許延長等)施行
94年
特許挑戦第1号GEに
180日独占販売権付与
06年
メディケア・パートD
(外来薬剤給付)実施
89年
GE品質問題
出典:アメリカジェネリック医薬品協会 Annual Report 2009
IMS Health, National Sales Perspectives TM, Nov 2008 (GE+ブランデッドGE)
21
(2008年:Moving Annual Total, Nov. 2008)
我が国の医薬品市場の推移予測
先発薬及びGE薬の市場規模推移
売上高(十億円)
7000
6530
6520
6810
6660
6950
7100
7240
12
10
6000
8
5000
4000
6
3000
4
2000
1000
390
430
460
510
590
660
740 2
0
0
2005
2006
先発薬の売上高(十億円)
2007
2008E
2009E
GE薬の売上高(十億円)
2010E
2011E
GE薬の金額シェア(%)
出所:矢野経済研究所
GE薬の(金額)割合(%)
8000
2012年までに
ジェネリック医薬品の数量シェア30%に! • 経済財政諮問会議
(2007年5月15日)
– 後発医薬品の数量シ
ェアを2012年までに3
0%に、5000億円削
減
– 現在の市場シェア
20%を30%までに!
経済財政諮問会議
後発医薬品割合(数量ベース)
厚生労働省「最近の調剤医療費の動向」より
シェア30%目標
達成なるか?
都道府県別後発医薬品割合
(数量ベース)2009年4月~9月分
沖縄県は
30.6%!
パート2
ジェネリック医薬品普及の課題
普及進まぬ3つの理由
• ①医療機関
– 処方医のジェネリック医薬品の品質に対する不
信感、情報不足
• ②保健薬局
– 在庫負担、ジェネリック医薬品の説明に時間がか
かる
• ③患者側
– 医師、薬剤師がジェネリックを勧めないから
医療機関でジェネリック医薬品が普及しない理由
品質
不安がト
ップ
平成20年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成21年度調査)
後発医薬品の使用状況調査 結果概要資料より
保健薬局で
ジェネリック
医薬品が
普及しない理由
在庫問題
がトップ
では保険薬局で
どうしたら普及できるのか?
患者側で
ジェネリック医薬品
促進のポイントは?
医師の
説明
薬剤師の
説明
普及しない理由その1
ジェネリック医薬品に対する
医師・薬剤師の3つの不安
品質、情報、供給
医師のジェネリック医薬品に対する
意識調査
• 日経メデイカルオンライン調査
– インターネット調査
– 08年8月医師642人
• 調査内容
– 08年4月より処方せん様式が見直された
– 医師が処方せん上で後発品を選ぶ率を調べた
処方箋様式の見直し
• 06年診療報酬改定
– 後発医薬品への変更
可に医師サイン
• 08年診療報酬改定
– 後発医薬品への変更
不可に医師サイン
– 後発品を標準とする
処方箋様式に見直し
後発品への変更「不可」とする
医師の割合
%
N=642
後発品を不可とする理由は何ですか?
N=93
後発品を処方する理由は何ですか?
N=93
日本のジェネリック医薬品の
品質が、年々向上していることが
医師・薬剤師の間でも
知られていない
後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン
日本における生物学的同等性試験の流れ
1.1971年6月(昭和46年)薬務局長通知
「ウサギ、イヌなど大動物を用いた吸収、分布、代謝、
排泄に関する資料提出」(動物による試験)
2.1980年5月(昭和55年)薬務局長通知及び審査課長・
生物製剤課長連名通知
「生物学的同等性試験に関する試験基準
(健康成人による)」
3.1997年12月(平成9年)医薬安全局審査管理課長通知
「後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン
について」(再評価が義務付け)
年々、ジェネリック医薬品の承認申請の基準は高まっている!!
先発品との同等性・品
質をどう担保するか
昔の後発品
溶出試験
同
等
性
品
質
試験液中での製剤からの
薬物の溶け出す速度や
量が同じかどうか
生物学的同等性試験
製剤を経口投与したとき
の薬物の血液中の入る
速度や量が同じかどうか
安定性試験
長期・過酷条件下の保存
で規格からはずれること
がないかどうか
製造承認に
要件なし
変更
1997年
変更
動物実験
1980年
経時変化の観察
変更
条件の定めは
なし
1980年
実生産バリデーション
承認申請の各試験に使用
された製剤と市場に出され
る製品が同じかどうか
現在の後発品
製造許可に
要件なし
変更
1996年
オレンジブック
一般的とされる胃液のpHから水まで4種
類の試験液で時間を追って薬物濃度を
測定し溶出挙動を調べ、先発品と同等で
あることを証明する
人での試験
通常、20人以上の健康な成人に製剤を
投与し、時間を追って薬物の血中濃度を
測定し、先発と同等であることを証明す
る
加速試験
パイロットスケール以上で製造された
3ロットの製剤につき各3回の測定
製品の製造設備、手順、工程などの製造
方法につき、試験に用いたものと同じ製
剤を得られることを検証し、文書化する
後発医薬品の再評価
ジェネリック医薬品の品質保証
• 1997年
– 「後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドラインについて」
• 「後発品は品質が劣る」との指摘を踏まえ、後発品の品質を確保する
• 後発品の品質が、申請時の状態を保たれていることを確認する
• 1998-2004年
– 品質再評価(溶出試験)
• 550成分、5000品目以上
• 1999年5月より
– オレンジブック
• 2001年6月
– 総務省勧告
• 先発医薬品との比較データー等同等性評価の情報を医療機関に提出を
推進
溶出試験の実際
日本版オレンジブック
品質情報集『日本版オレンジ
ブック』 はアメリカにならい、
「後発医薬品の使用促進」 を
実現すべく、 ジェネリック品の
品質を裏付けるために行われ
た 「品質再評価」 の結果を掲
載したもの
2008年6月
品質再評価はこれまで4265品目実施し、うち
3905品目が適応、359品目が不適応
適応品目は医療用医薬品品質情報集
(日本版オレンジブック)に収載される。
ファモチジン日米欧局方規格
日本の規格は米国、ヨーロッパより厳しい
日局 14
USP 23
EP 5.0
(2001年)~ (1995年)~ (2005年)~
原薬不純物
0.5% 以下
1% 以下
1% 以下
錠剤中含量
94~106%
90~110%
未収載
注射剤中
不純物
1% 以下
未収載
未収載
46
日本ジェネリック製薬協会国際委員会 陸寿一氏
第30回 日本臨床薬理
学会年会, パシフィコ横浜,
それでも
医師は治療学的同等性に
こだわる
ジェネリック医薬品の臨床研究
Medical Tribune 2010年2月25日号
GEと先発薬の臨床効果の同等性の評価
ー普通錠 -
118人の中等度高血圧症患者について
非盲検無作為割り付け、8週間後の血圧
変化量を見た
Medical Tribune 2010年2月25日号
GEと先発薬の臨床効果の同等性の評価
- OD錠 -
118人の中等度高血圧症患者について
非盲検無作為割り付け、8週間後の血圧
変化量を見た
Medical Tribune 2010年2月25日号
循環器領域における先発品とジェネリック
医薬品の臨床的同等性に関するメタ分析結果
Clinical Equivalence of Generic and Brand-Name Drugs Used in
Cardiovascular Disease A Systematic Review and Meta-analysis
Aaron S. Kesselheim, MD, JD, MPH; Alexander S. Misono, BA; Joy L. Lee,
BA; Margaret R. Stedman, MPH; M. Alan Brookhart, PhD;
Niteesh K. Choudhry, MD, PhD; William H. Shrank, MD, MSHS JAMA. 2008;300(21):2514-2526.
普及しない理由その2
保険薬局の在庫負担と
低い薬価差益
日本調剤三田薬局はジェネリック医薬品600品目を備蓄している
薬価差益問題
• まだまだ薬価差は7%と大きい
• 出来高払いの環境下では薬価差益が薬局や医療機関の収
入源
薬価差益
7円
仕入れ価
93円
3.5円
46.5円
薬価100円の先発品
薬価50円の後発品
フランスのジェネリック政策
・GE代替率75%協定達成
‘99
・代替調剤開始
・GEマージン、先発品と同額補償
・GE代替率70%協定達成
・先発品希望者全額立替払い(‘08全国レベルへ)
・薬価15%以上強制切り下げ(06年参照価格組入れ品は除外)
(5千億円)
・参照価格制度導入
・政府TVで啓発キャンペーン
・医師会、疾病金庫GE処方率協定
(900億円)
償還金額ベース
出典:ヨーロッパジェネリック医薬品協会総会、フランス保健省大臣代理発表(2008年6月2日、パリ)
CNAMTS(国民医療保険基金)
54
日本ジェネリック製薬協会国際委員会 陸寿一氏
赤字は前年比(%)
第30回 日本臨床薬理
学会年会, パシフィコ横浜,
2009年12月5日
パート3
2010年診療報酬改定と
ジェネリック医薬品
2010年度診療報酬改定
• 全体改定率 +0.19%
• 1 診療報酬改定(本体)
• 改定率 +1.55%
5700億円
– 各科改定率 医科 +1.74%
• (入院 +3.03%、外来 +0.31%)
• 歯科 +2.09%
4400億円
• 調剤 +0.52%
うち急性期病
• 2 薬価改定等
院4000億円
– 改定率 ▲1.36%
– 薬価改定 ▲1.23%(薬価ベース ▲5.75%)
– 材料価格改定 ▲0.13%
2010年度診療報酬改定の基本方針
• 重点課題
– ①救急、産科、小児、外科等の医療の再建
– ②病院勤務医の負担の軽減
• 4つの視点
– ①充実が求められる領域を適切に評価していく視点
– ②患者からみて分かりやすく納得でき、安心・安全で、生活の質にも
配慮した医療を実現する視点
– ③医療と介護の機能分化と連携の推進等を通じて、質が高く効率的
な医療を実現する視点
– ④効率化余地があると思われる領域を適正化する視点
• (2009年11月25日社会保障審議会の医療保険部会)
後発品促進策
(中医協09年12月16日)
○薬局の調剤基本料における「後発医薬品調剤
体制加算」の見直し
○薬局における含量違いまたは剤形違いの後発
品への変更調剤の容認
○医療機関における後発品を積極的に使用する
体制の評価
○保険医療機関および保険医療養担当規則(療
養担当規則)等の改正。
パート3
急性期医療とジェネリック医薬品
急性期医療における診断群別包括支払い(DPC)
国際医療福祉大学三田病院も2008年よりDPC導入
三田病院もDPCに08年7月から突入
現行の診療報酬体系のイメージ
90万床
34万床
出来高払い
包括払い
診断群別
でき
包括支払制
(DPC)
救急医療
回復期リハ等
急性期医療
入院医療
療養
病床
小
児
外
来
診
療
料
出来高払い
外来
診療料
生活習
慣病管
理料
慢性期医療
外来医療
DPC関連病院の拡大
DPC対象病院1283
DPC準備病院 274
合計 1557(48万床)
DPCによる医薬品の変化
中医協DPC評価分科会より
2005年4月12日
%
DPC対象病院・準備病院における
ジェネリック医薬品使用状況
8
%
7
6
5
4
3
2
1
0
平成16年
平成17年
平成18年
平成19年
平成20年
2004年 2005年 2006年 2007年 2008年
2009年5月中医協DPC評価分科会資料
どんな後発品が
増えたのか?
DPC病院58病院の2005年10月と
2006年10月を比べてみる
(DPC分析ソフト「ヒラソル」)
銘柄別抗菌剤の使用状況
•2005年-2006年と継続してDPCデータが存在する17病院 約20,000症例
•周術期の予防投与として抗菌剤が使用されたと思われる症例をピックアップ
2005年
銘柄
2006年
使用比率
銘柄
使用比率
1
セファメジンα
セファメジンα注射用 1g
注射用 1g
14.1%
セファメジンα
生理食塩液100mL
100mL付
付)
セファメジンαキット 1g(
キット 1g(生理食塩液
10.3%
2
セファメジンα
生理食塩液100mL
100mL付
付)
セファメジンαキット 1g(
キット 1g(生理食塩液
11.8%
セファメジンα
セファメジンα注射用 1g
注射用 1g
10.0%
3
ユナシン-S
静注用1.5g
1.5g
ユナシン-S静注用
6.0%
★オーツカCEZ
注-MC 100mL付
付)
オーツカCEZ注
-MC 1g(生理食塩液
1g(生理食塩液100mL
8.0%
4
フルマリンキット静注用1g
(生理食塩液100mL
付)
フルマリンキット静注用1g 生理食塩液100mL付
5.1%
ユナシン-S
静注用1.5g
1.5g
ユナシン-S静注用
4.5%
5
セフメタゾン静注用1g
セフメタゾン静注用1g
4.8%
フルマリン静注用1g
フルマリン静注用1g
4.0%
6
パンスポリン静注用1g
バッグS
S (生理食塩液100mL
付)
パンスポリン静注用1gバッグ
生理食塩液100mL付
3.9%
★ラセナゾリン注射用 1g
ラセナゾリン注射用 1g
3.7%
7
セフメタゾンキット点滴静注用1g
(生理食塩液100mL
付
セフメタゾンキット点滴静注用1g 生理食塩液100mL付
)
3.6%
セフメタゾンキット点滴静注用1g
(生理食塩液100mL
セフメタゾンキット点滴静注用1g 生理食塩液100mL
付)
3.0%
8
フルマリン静注用1g
フルマリン静注用1g
3.2%
パンスポリン静注用1g
バッグS
S (生理食塩液100mL
付)
パンスポリン静注用1gバッグ
生理食塩液100mL付
2.9%
9
セファメジンα
生理食塩液100mL
100mL付
付)
セファメジンαキット 2g(
キット 2g(生理食塩液
3.1%
パンスポリン静注用1g
パンスポリン静注用1g
2.5%
10
スルペラゾン静注用1g
(生理食塩液100mL
付)
スルペラゾン静注用1g 生理食塩液100mL付
3.0%
セフメタゾン静注用1g
セフメタゾン静注用1g
2.4%
X線造影剤
オムニパーク
イオパミロン
採用
病院数
採用
病院数
イオパーク300
シリンジ 64.71%100mL
64.71%100mL
イオパーク300シリンジ 13
オイパロミン370
75.52%100mL
オイパロミン370 35
イオパーク300
64.71%100mL
イオパーク300 9
オイパロミン300
シリンジ 61.24%100mL
61.24%100mL
オイパロミン300シリンジ 28
イオパーク350
75.49%100mL
イオパーク350 9
オイパロミン300
61.24%100mL
オイパロミン300 27
イオパーク300
64.71%20mL
イオパーク300 8
オイパロミン370
75.52%50mL
オイパロミン370 24
モイオパーク300
シリンジ 64.71%100mL
64.71%100mL
モイオパーク300シリンジ 7
オイパロミン370
75.52%20mL
オイパロミン370 21
イオパーク300
64.71%50mL
イオパーク300 6
オイパロミン300
61.24%20mL
オイパロミン300 20
イオパーク350
75.49%50mL
イオパーク350 5
オイパロミン370
シリンジ 75.52%100mL
75.52%100mL
オイパロミン370シリンジ 20
イオパーク350
シリンジ 75.49%100mL
75.49%100mL
イオパーク350シリンジ 4
オイパロミン300
61.24%50mL
オイパロミン300 16
モイオパーク300
注バッグ 64.71%100mL
64.71%100mL
モイオパーク300注バッグ 4
モイオパミン300
シリンジ 61.24%100mL
61.24%100mL
モイオパミン300シリンジ 7
イオパーク350
75.49%20mL
イオパーク350 3
オイパロミン300
シリンジ 61.24%50mL
61.24%50mL
オイパロミン300シリンジ 6
イオパーク300
シリンジ 64.71%50mL
64.71%50mL
イオパーク300シリンジ 2
オイパロミン300
シリンジ 61.24%80mL
61.24%80mL
オイパロミン300シリンジ 5
イオベリン注300
64.71%100mL
イオベリン注300 2
オイパロミン150
30.62%50mL
オイパロミン150 2
イオパーク300
シリンジ 64.71%80mL
64.71%80mL
イオパーク300シリンジ 2
モイオパミン370
シリンジ 75.52%100mL
75.52%100mL
モイオパミン370シリンジ 2
イオベリンシリンジ300
64.71%80mL
イオベリンシリンジ300 1
オイパロミン370
シリンジ 75.52%80mL
75.52%80mL
オイパロミン370シリンジ 1
イオベリンシリンジ350
75.49%100mL
イオベリンシリンジ350 1
オイパロミン150
30.62%200mL
オイパロミン150 1
イオベリン注300
64.71%20mL
イオベリン注300 1
モイオパミン300
シリンジ 61.24%50mL
61.24%50mL
モイオパミン300シリンジ 1
抗がん剤においてよく使用されたジェ
ネリック薬
2006.7-11 150病院DPCデータ (株)メディカルアーキテクツによる分析
薬剤名
分類名
症例数
620000216:★カルボメルク注射液1% 150mg15mL
4291403:パラプラチン
686
644290002:★プラトシン注10 10mg20mL
4291401:ランダ
375
620002932:★カルボメルク注射液1% 50mg5mL
4291403:パラプラチン
358
620000217:★カルボメルク注射液1% 450mg45mL
4291403:パラプラチン
326
640406088:★シスプラチン注「マルコ」 10mg20mL
4291401:ランダ
280
620002905:★塩酸エピルビシン注10mg「メルク」
4235404:ファルモルビシン
225
620002930:★カルボプラチン注射液1%「ヘキサル」 150mg15mL
4291403:パラプラチン
198
644290004:★プラトシン注50 50mg100mL
4291401:ランダ
194
640406090:★シスプラチン注「マルコ」 50mg100mL
4291401:ランダ
179
620000232:★シスプラメルク注射液0.05% 50mg100mL
4291401:ランダ
138
640406089:★シスプラチン注「マルコ」 25mg50mL
4291401:ランダ
113
620004170:★パクリタキセル注30mg/5mL「NK」
4240406:タキソール
112
620002931:★カルボプラチン注射液1%「ヘキサル」 450mg45mL
4291403:パラプラチン
109
ランダ
ジェネリック使用率の推移(症例数ベース)
100%
80%
60%
先発
GE
40%
20%
0%
2005
2006
2005.7-10、2006.7-11150病院DPCデータ (株)メディカルアーキテクツによる分析
パラプラチン
ジェネリック使用率の推移(症例数ベース)
100%
80%
60%
先発
GE
40%
20%
0%
2005
2006
2005.7-10、2006.7-11150病院DPCデータ (株)メディカルアーキテクツによる分析
三田病院のDPC導入と
ジェネリック医薬品
~08年7月からDPC突入~
ジェネリック医薬品への
置き換え
注射薬65品目の一斉置き換え
三田病院におけるジェネリック医薬品
切り替え方針
• 入院における注射薬について7月1日から切
り替え、一段落したら次に内服外用薬を切り
替え
• ジェネリック医薬品の選定方針
– 国際医療福祉大学グループ3病院で使用している注射薬600品目の
うちジェネリック医薬品が存在するのが300品目
– 流通上の問題のあるもの、先発品と比較してコスト差があまりないも
の等の整理を行い、約150品目に絞込み
– 入院中心で使用されると想定される薬剤および造影剤に、更に絞っ
て整理し65品目とした。
– 流通に関しては、直納品ではなく大手卸会社経由のものにて選定。
聖マリアンナ医大の事例も参考にした
• 2003年4月1日よりDPC導入
• 全採用品目数約1700品目、年間医薬品購入費5
0億円
• 67品目の注射剤を先発品から後発品に切り替え→
年間2億円の削減効果
• 切り替えプロセス
– 後発品のあるすべての注射薬120-130品目
について検討
ー品質、情報、安定供給を確認したうえで、67品目を切り
替え
削減効果の多い注射薬(2005年)
メシ ル酸ナファモ ス タッ ト
メシ ル酸ガベキサート
ア シ クロビル
塩酸リトドリン
塩酸バンコマ イシ ン
オザクレルナトリウム
塩酸ニカルジ ピン
酒石酸ブロチン
塩酸ドブタミン
維持液500ml
メシ ル酸ガベキサート
ア ルフロス タジ ルア ルファデス ク
ウリナス タチン
ス ルバクタム ・セフォラペラゾン
メシ ル酸ナファモ ス タッ ト
ファモ チジ ン
聖マリアンナ医大
削減額の大きい内服薬(2005年)
フルコナゾール
ロキソプロフェンナトリウム
クエン酸タモキシフェン
塩酸チクロビジン
メシル酸カモスタッド
酢酸メドロキシプロゲステロン
シンバスタチン
アルファカルシドール
かわらたけ多糖体末
プラバスタチンナトリウム
セラプターゼ
ファモチジン
ニコラジル
フロチゾラム
カリジノゲナーゼ
ファモチジン
聖マリアンナ医大
三田病院後発品置き換え品目
先発薬品名
規格・単位
会社名
1 アデラビン 9号
1mL 1A
2アネキセート注射液 0.5mg
3アミノレバン ソフトバッグ
4イノバン注 100mg
5イントラリポス 20% ソフトバッグ
6ヴィーンF 注
0.5mg 5mL 1A
500mL 1B
100mg 5mL 1A
20% 100mL 1B
500mL 1バイアル
7エフオーワイ注射用 100
10塩酸バンコマイシン点滴静注用
100mg 1バイアル
0.1% 200mL 1バ
ッグ
0.3% 200mL 1バ
ッグ
0.5g 1バイアル
11キサンボン注射用 20mg
20mg 1バイアル
キッセイ
12グリセオール注 バッグ
13シグマート注 2mg
14シグマート注 48mg
15 スルペラゾン静注用 1g
200mL 1バッグ
2mg 1バイアル
48mg 1バイアル
1g 1バイアル
中外
中外
中外
ファイザー
16セファメジンα点滴用 1g キット
1g 1キット
17セファメジンα注射用 1g
18 セフメタゾン キット点滴静注用 1g
19 セフメタゾン静注用 1g
20セルシン注射液 10mg
8塩酸ドパミン注キット 200
9塩酸ドパミン注キット 600
後発薬品名
規格・単位
会社名
日医工
リバレス注
1mL 1A
フルマゼニル注射液0.5mg「F」
ヒカリレバン
ドパミン塩酸塩点滴静注用100mg「アイロム」
イントラファット注20%
ソリューゲンF
0.5mg 5mL 1A
500mL 1B
100mg 5mL 1A
20% 100mL 1B
500mL 1V
小野
注射用プロビトール100mg
日医工
持田
塩酸ドパミン注キット 200
持田
塩酸ドパミン注キット 600
グリセレブ
ニコランジル点滴静注用2mg「サワイ」
ニコランジル点滴静注用48mg「サワイ」
バクフォーゼ静注用1g
100mg 1バイアル
0.1% 200mL 1バ
ッグ
0.3% 200mL 1バ
ッグ
0.5g 1バイアル
20mg 1mL 1アンプ
ル
200mL 1バッグ
2mg 1バイアル
48mg 1バイアル
1g 1バイアル
アステラス
ラセナゾリン注射用 1g
1g 1バイアル
日医工
1g 1バイアル
アステラス
ラセナゾリン注射用 1g
1g 1バイアル
日医工
1g 1キット
1g 1バイアル
10mg 1A
第一三共
第一三共
武田
セフメタゾールNa静注用1g「NP」
セフメタゾールNa静注用1g「NP」
ジアゼパム注射液10mg「タイヨー」
1g 1バイアル
1g 1バイアル
10mg 1A
ニプロ
ニプロ
大洋
三和化学
アステラス
大塚
協和
大塚
興和
塩野義
塩酸バンコマイシン点滴静注用0.5g「TX」
キサクロット点滴静注20mg
富士
光製薬
アイロム
武田
アイロム
アイロム
アイロム
光製薬
アイロム
テルモ
沢井
沢井
サンド
三田病院後発品置き換え品目
21 ゾビラックス点滴静注用 250
22ソリタ-T 3号
23ソリタ-T 3号
24ソル・メドロール 125mg
25ソル・メドロール 500mg
26ソルダクトン 100mg
27タキソール注射液 30mg
28タキソール注射液 100mg
29ダラシン S注射液 600mg
30デカドロン注射液 4mg
31ドブトレックス注射液 100mg
32トランサミン注 10%
33ドルミカム注射液 10mg
34ハベカシン注射液 100mg
35パラプラチン注射液 50mg
36パラプラチン注射液 150mg
37パラプラチン注射液 450mg
38 パンスポリン静注用 1g バッグS
39パントール注射液 100mg
40パントール注射液 500mg
41ヒルトニン 0.5mg 注射液
250mg 1バイアル
GSK
200mL 1バイアル
味の素
500mL 1バイアル
味の素
125mg 1バイアル
ファイザー
500mg 1バイアル
ファイザー
100mg 1A
ファイザー
30mg 5mL 1バイア
ブリストル
ル
100mg 16.7mL
ブリストル
1バイアル
600mg 1A
ファイザー
3.3mg 1mL 1A
万有
100mg 1A
塩野義
10% 10mL 1A
第一三共
10mg 2mL 1A
アステラス
100mg 2mL 1A
明治
50mg 5mL 1バイア
ブリストル
ル
150mg 15mL 1バ
ブリストル
イアル
450mg 45mL 1バ
ブリストル
イアル
1g 1キット
武田
100mg 1A
トーアエイヨ
500mg 1A
トーアエイヨ
0.5mg 1A
武田
アシクロビル注250mg「科薬」
ヒシナルク3号輸液
ヒシナルク3号輸液
注射用ソル・メルコート125
注射用ソル・メルコート500
ベネクトミン静注用100mg
パクリタキセル注射液30mg「NK」
パクリタキセル注射液100mg「NK」
クリダマシン注600mg
デキサート注射液
ドブタミン点滴静注用100mg「アイロム」
トランサボン注1g
ミダゾラム注10mg「サンド」
デコンタシン注射液100mg
カルボプラチン点滴静注用50mg「サンド」
カルボプラチン点滴静注用150mg「サンド」
カルボプラチン点滴静注用450mg「サンド」
パセトクール静注用1g
パンテニール注100mg
パンテニール注500mg
ヒシダリン注0.5mg
250mg 1バイアル
ポーラ
200mL 1バッグ
ニプロ
500mL 1バッグ
ニプロ
125mg 1バイアル
富士
500mg 1バイアル
富士
100mg 1A
大洋
30mg 5mL 1バイア
日本化薬
ル
100mg 16.7mL
日本化薬
1バイアル
600mg 1A
ニプロ
3.3mg 1mL 1A
富士
100mg 1A
アイロム
10% 10mL 1A
ニプロ
10mg 2mL 1A
サンド
100mg 2mL 1A
大洋
50mg 5mL 1バイア
サンド
ル
150mg 15mL 1バ
サンド
イアル
450mg 45mL 1バ
サンド
イアル
1g 1バイアル
ニプロ
100mg 1A
アイロム
500mg 1A
アイロム
0.5mg 1A
ニプロ
三田病院後発品置き換え品目
42ブスコパン注射液
43プロスタルモン・F注射液 1000
441% プロポフォール注「マルイシ」
2% 1mL 1A
1mg 1mL 1A
200mg 20mL 1A
N・B・I
小野
丸石
ブスポン注射液
プロスモン注1000
1% プロポフォール注「マイラン」
2% 1mL 1A
1mg 1mL 1A
200mg 20mL 1A
45ペルジピン注射液 2mg
2mg 2mL 1A
アステラス
サリペックス注0.1%
2mg 2mL 1A
46ペルジピン注射液 10mg
10mg 10mL 1A
アステラス
サリペックス注0.1%
10mg 10mL 1A
47ヘルベッサー注射用 10mg
10mg 1A
田辺三菱
塩酸ジルチアゼム注射用10「日医工」
10mg 1A
48ヘルベッサー注射用 50mg
50mg 1A
田辺三菱
塩酸ジルチアゼム注射用50「日医工」
50mg 1A
49ペントシリン注射用 1g
1g 1バイアル
大正富山
ビクフェニン注射用1g
1g 1バイアル
50 ペントシリン静注用 2g バッグ
2g 1キット
大正富山
ビクフェニン注射用2g
2g 1バイアル
日医工
日医工
日医工
日医工
日医工
日医工
51ミネラリン注
52 モダシン静注用
53ラシックス注 20mg
2mL 1A
1g 1バイアル
20mg 1A
日薬
GSK
サノフィA
メドレニック注
セパダシン静注用1g
フロセミド注「ミタ」
2mL 1A
1g 1バイアル
20mg 1A
大洋
光製薬
キョーリン
54硫酸アミカシン注射液「萬有」
100mg 1A
ベルマトン注100mg
100mg 1A
55リンデロン注 2mg (0.4%)
2mg 0.5mL 1A
リノロサール注射液2mg (0.4%)
2mg
56 ロセフィン静注用 1g
1g 1バイアル
セフィローム静注用1g
1g 1バイアル
57オムニパーク 300
58オムニパーク 300
64.71%
64.71%
64.71%
1V
64.71%
1シリンジ
75.49%
75.49%
1V
75.49%
1シリンジ
イオパーク 300
イオパーク 300
64.71%
64.71%
64.71%
1V
64.71%
1シリンジ
75.49%
75.49%
1V
75.49%
1シリンジ
59オムニパーク 300
60オムニパーク 300 シリンジ
61オムニパーク 350
63オムニパーク 350
64オムニパーク 350 シリンジ
万有
塩野義
中外
20mL 1V 第一三共
50mL 1V 第一三共
100mL
第一三共
100mL
第一三共
50mL 1V 第一三共
100mL
第一三共
100mL
第一三共
タゴシッド200mg
アステラス
シプロキサン注 300mg バイエル
プロスタンディン 20 小野
イオパーク 300
イオパーク 300 シリンジ
イオパーク 350
イオパーク 350
イオパーク 350 シリンジ
1A
キョーリン
富士
マイラン
日医工
わかもと
日医工
20mL 1V
50mL 1V
100mL
100mL
50mL 1V
100mL
100mL
コニカ
コニカ
コニカ
コニカ
コニカ
コニカ
コニカ
テイコプラニン点滴静注用200mg 日医工
シプロフロキサシン点滴静注液300mg 日本ケミファ
タンデトロン注射用20 高田
パート5
慢性期医療とジェネリック医薬品
現行の診療報酬体系のイメージ
90万床
34万床
出来高払い
包括払い
診断群別
でき
包括支払制
(DPC)
救急医療
回復期リハ等
急性期医療
入院医療
療養
病床
小
児
外
来
診
療
料
出来高払い
外来
診療料
生活習
慣病管
理料
慢性期医療
外来医療
アンケートまとめ
• ジェネリック薬を積極的に採用していると回答
した施設は61%であった。
• ジェネリック薬の品目ベースでの採用率は、2
割未満が27%と多く、次いで3割未満が23%で
あった。
• ジェネリック薬の使用推進については、更な
る啓蒙活動を行っていく必要があると考えら
れる。
ある療養病床主体のA病院を例に
療養病床主体のA病院:870床(一般170床,療養700床)
ジェネリック医薬品シェア15%(金額ベース)
単位 千円
内日医工実績
7,110 5%
後発医薬品,
20,870, 15%
先発(後発以外),
115830, 85%
年間購入額
2.7億円
どんなジェネリック医薬品が使われているのか?
A病院:870床(一般170床,療養700床)の病院
循環器官用薬
消化器官用薬
血液・体液用薬
化学療法剤
ビタミン剤
外皮用薬
抗生物質製剤
末梢神経系用薬
アレルギ ー用薬
ホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)
滋養強壮薬
中枢神経系用薬
その他の代謝性医薬品
泌尿生殖器官及び肛門用薬
呼吸器官用薬
その他の治療を主目的としない医薬品
末梢神経系用薬, 239,
4%
循環器官用薬, 2,300,
40%
中枢神経系用薬, 474,
8%
消化器官用薬, 440, 7%
抗生物質製剤, 1,840,
31%
2009年半期 Nichiikoのジェネリック実績
病床種別のジェネリック医薬品シェア
(2009年度 ジェネリック販売実績)
単位 千円
8,000,000
6,000,000
一
般
+
療
養
4,000,000
2,000,000
一
般
病
床
D
P
C
対
象
・
準
備
病
院
0
そ の他 (介 護 施 設 )
特別養護老人 ホー ム
老人保健施設
療 養 病 床 (診 療 所 )
精神 +療養
療養 のみ
一般病院 + ケ ア ミ ック ス
(Nichiiko)
病院区分別開発区分(後発品)の売上金額推移
まとめと提言
・高齢化、急性期医療、慢性期医療の包括
支払いの進展の中で、ジェネリック医薬品の
役割がさらに増すだろう。
・2010年診療報酬改定による保険薬局での
ジェネリック医薬品の伸びに期待
・まず、ジェネリック医薬品を
よく知ること始めよう。
・安心・安全のジェネリック医薬品で、2012年
、ジェネリック医薬品市場シェア30%の達成
有限責任中間法人
日本ジェネリック医薬品学会
101
102
102
日本ジェネリック医薬品学会の主な活動
について
医師・
薬剤師
向けの
主な活動
ジェネリック医薬品
情報システム
学会誌
学術大会の開催
(次回は2010年6月12日大宮開催)
患者
向けの
主な活動
お願いカード
啓発ポスター
患者さんの薬箱
GE推奨マーク
103
103
日本ジェネリック医薬品学会医療機関会員数推移
4500
4090
3670
4000
その他
20 27
健康保険組合
官公庁
薬局(薬剤師含む)
3500
3000
32
2975
医院、クリニック他
会員
施設
数
42
32
30
17
24
8
民間病院
国公立病院
大学病院
2736
2500
2452
1993
2000
1288
1500
12
13
6
247
1000
500
0
832
19
5
0
3
2
174
6
0
3
59
13
32
41
20
194
334
55
158
149
63
415
255
306
144
171
275
411
327
237
104
104
学会誌発行
2009年度は本誌2号とサプリメント1号の発行を予定しております
。
105
105
各種委員会
• 編集委員会(委員長 緒方先生)
– 年2回の学会誌の編集、発刊
• ジェネリック医薬品流通委員会(委員長 増原先生、副委員
長 佐々木先生)
– ジェネリック医薬品の流通に関する検討
– ヤマトメデイカルダイレクト
• ジェネリック医薬品評価委員会(委員長 村田先生)
– ジェネリック医薬品の備蓄リストの検討評価
• ジェネリック医薬品国際委員会設置(委員長 折井先生)
106
ヤマトメディカルダイレクト
point
メーカーと購入者が直接売買を行う「ダイレクト流通システム」。
ヤマトが受注~代金回収まで一連の作業を、メーカーからまとめて受託することで
複数メーカー&複数購入者間での取引をワンストップで実現。
情報の流れ
モノの流れ
お金の流れ
契約関係
売買取引
業務委託
メーカー
受注・出荷
データ
物流機能
発注管理
入庫管理
在庫管理
出荷管理
返品管理
マスタメン
テナンス
委託料
入庫
Aメーカーの
卸売一般販売業
許可エリア
Bメーカーエリア
返品
決済
会員登録
ダイレクト流通システム
Cメーカーエリア
Copyright © Yamato Logistic
s Co.,Ltd. 2008
情報提供・受注機能
データベース
受注・発注データ
出荷・配送データ
請求・決済データ
会員マスタ管理
取引条件マスタ
製品マスタ
価格マスタ
会員マスタ
製品マスタ
トレーシングデータ
荷まとめ作業
受注管理
売上管理
請求管理
荷物追跡
注文
医療機関
調剤薬局
情報入
手
医薬品照会
各種情報
決済機能
与信管理
請求作業
入金管理
支払管理
督促作業
お届け
返品
決済
第4回日本ジェネリック医薬品学会
学術大会
• 大会テーマ
– ジェネリック医薬品、本格使
用の実践
• 会期 2010年6月12日(土)
、13日(日)
• 会場 大宮ソニックシティ (
埼玉県さいたま市大宮区桜
木町1-7-5)
• 大会会長
– 増原 慶壮 (日本ジェネリッ
ク医薬品学会理事、聖マリア
ンナ医科大学薬剤部 部長)
聖マリアンナ医科大 増原慶壮部長
ご清聴ありがとうございました
本日の講演資料は武藤正樹のウェブサイ
トに公開しております。ご覧ください。
武藤正樹
検索
クリック
ご質問お問い合わせは以下のメールアドレスで
gt2m-mtu@asahi-net.or.jp