第 49 回 生体制御学セミナー - 埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

第 4 9 回 生体 制 御学セ ミ ナー
埼玉県立がんセンター・埼玉大学生体制御学コース交流セミナー
Ah レセプターによる大腸がん抑制作用
生田 統悟 先生
埼玉県立がんセンター・臨床腫瘍研究所
日時:2013 年 12 月 12 日(木)16:20~17:20
場所:理学部2号館 2階 8番教室
要旨
我が国における大腸がんの罹患数は男女共に上位を占めており、食生活の変化に伴って
増加していると言われている。われわれは、リガンド依存性転写因子である Ah レセプター
(AhR)欠損マウスの盲腸に管状腺がんが自然発生することを見いだし、AhR の大腸がん抑制
作用を報告した。さらに家族性大腸腺腫症のモデルマウスである Min マウスに AhR リガンドを
飼料に混ぜて投与することにより、腫瘍抑制効果が現れることを示した。
一方、消化管に生じるがんには、炎症が重要な役割をもつことが知られている。AhRKO マウ
スの腸では炎症が亢進することが示されており、このマウスの発がんと炎症の関連について、
無菌的に飼育したマウスや、AhR・ASC 二重遺伝子欠損マウスを用いて研究を進めた。ASC は
生体防御・疾患の免疫応答に重要な役割を果たしており、インフラマソームの構成成分とし
て Caspase-1 を活性化し IL-1β/IL-18 の産生を促進するアダプターである。本セミナーでは
これらの研究で得られた結果を紹介し、発がんと炎症との関係を論じたい。
問い合わせ先:足立 明人(内)4355
akihito@mail.saitama-u.ac.jp