印刷用 PDF 版 (追加資料付) - World Wide Web Consortium

Grid 協議会第9回ワークショップ
各標準化団体の活動紹介
印刷用 PDF 版 (スライドの
印刷用 PDF 版 (追加資料
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55 六本木アカデミーヒルズ 49階 オーディトリアム
World Wide Web Consortium Presents
W3C における Web 標準化活動の概要
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
http://www.w3.org/2004/Talks/1005-GridConsortiumJapan
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
13.
14.
World Wide Web Consortium Presents
Early History
Leading the Web to its Full Potential ...
W3C in 7 Points
W3C 会員と W3C Team
W3C 日本会員リスト
W3C 会員特典
W3C 会員数の遷移
W3C Team
W3C Offices
W3C Hosts, Offices, & Team Residences
W3C 運営体制
ドメインとアクティビティ
Working Group 一覧
15.
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
27.
28.
Working Group での日々の活動
W3C 勧告への道
続 W3C 勧告への道
W3C 運営手順書
W3C "Royalty-Free" 特許方針
これからの Web
W3C Web Services アクティビティ
主な Web Services 関連仕様
SOAP/1.1 から SOAP Version 1.2 へ
Web Services 関連のその他の動き
他組織との連携
一般から W3C への貢献方法
W3C 慶應ホスト
お問い合わせはこちらまでお気軽に
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
Early History
1994年10月:
CERN の協力と米国国防総省高等研究計画局 (DARPA),欧州委員会
(EC) の援助を得て,米国マサチューセッツ工科大学計算機科学研究所
(MIT/LCS) に Tim を招き,W3C を設立
1995年4月:
仏国立情報処理自動化研究所 (INRIA) が欧州ホストとして参加
1996年9月:
日本の慶應義塾大学が東アジアホストとして参加し,MIT/LCS, INRIA,慶
應義塾大学の3者による共同運営体制を確立
参考: Web 略歴,W3C 設立経緯,W3C 日本語略年表 (最新版)
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
2 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
... by developing common protocols that promote its evolution and
ensure its interoperability - W3C の使命
目標
Web のユニバーサルアクセス,Semantic Web,信頼できる Web
役割
Web の将来に対するビジョンやデザインの提示
Web 技術の標準化 [W3C 勧告 (Recommendation)]
方針
Web の相互運用性や発展性の確保と分散化
オープンな議論の場を提供し,Web を堅牢かつ
スケーラブルで適応性のある情報基盤に
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
3 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C 会員と W3C Team
W3C in 7 Points
W3C in 7 Points - W3C 7箇条
1.
Universal Access - ユニバーサルアクセス
2.
Semantic Web - セマンティック Web
3.
Trust - 信頼性
4.
Interoperability - 相互運用性
5.
Evolvability - 発展性
6.
Decentralization - 分散化
7.
Cooler Multimedia! - クールなマルチメディア!
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
W3C における Web 標準化活動の概要
1 of 28
Leading the Web to its Full Potential ...
1990年:
欧州共同原子核研究機関 (CERN) にて Tim Berners-Lee が Web
を発明
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
4 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C Member (W3C 会員)
W3C における世界規模での Web 技術標準化に賛同する企業,研究所,大
学,政府機関,NGO,NPO,ユーザ団体などの組織
2004年10月1日現在 360 組織 (うち日本会員は 33 組織)
会員の種別は Full と Affiliate の2種類 (違いは年会費のみ)
W3C Team (W3C チーム)
米国マサチューセッツ工科大学計算機科学人工知能研究所 (MIT CSAIL),
仏に本部を置く欧州情報処理数学研究コンソーシアム (ERCIM),慶應義塾
大学 (SFC 研究所) のいずれかのホストに所属
仕様策定に関わる技術的な作業を主導,監督する多くの専門家
運営やその補佐,あるいは広報やシステムサポート担当者
現在 Team 71 名 (うち慶應ホストには 12 名)
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
5 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C 日本会員リスト
株式会社ACCESS
アンテナハウス株式会社
株式会社イメージソース
インフォテリア株式会社
インターネットアカデミー株式会社
インターネット協会
Internet Technology Research Committee
ウェブソフト・インターナショナル株式会社
株式会社NTTドコモ
キヤノン株式会社
株式会社KDDI研究所
国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所
シャープ株式会社
財団法人情報処理相互運用技術協会
Sky株式会社
セイコーエプソン株式会社
株式会社セック
W3C 会員特典
ソニー株式会社
株式会社デジタルスケープ
株式会社東芝
豊橋技術科学大学
日本障害者リハビリテーション協会
日本電気株式会社
日本電信電話株式会社
日本放送協会放送技術研究所
株式会社日立製作所
富士写真フィルム株式会社
富士通株式会社
松下電器産業株式会社
株式会社ミツエーリンクス
三菱電機株式会社
株式会社メディアフュージョン
株式会社リコー
(2004年8月現在33組織)
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
6 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C 会員数の遷移
仕様策定への直接参加,勧告の公開前入手,国際標準化への貢献
→ 他組織に先駆けた技術開発・製品投入,組織イメージの向上
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
7 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C Team
Team の役割
技術スタッフ
ワーキンググループなどの作業グループの主導,監督
W3C 内外の標準化作業グループとの技術的調整
公開講演などを通じた技術普及活動
技術者との幅広い交流,意見交換
運営スタッフ
会員向け会議や一般参加が可能な講演会などの開催,運営
W3C 以外の標準化 / 業界団体との調整 (リエゾン)
広報,普及活動 (報道発表)
http://www.w3.org/ の管理運営
Member, Team の活動に対する様々な後方支援活動
ベンダ中立であることが何よりも求められる
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
8 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C Offices
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
9 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C Hosts, Offices, & Team Residences
W3C Office とは...
z
z
z
設置地域におけるベンダ中立な W3C 普及活動拠点
各地域ごとに英語に加えてローカル言語での活動を推進
Team と Member の中間的な位置付け
W3C Office 設置地域
オーストラリア
フィンランド
ギリシャ
ハンガリー
イタリア
モロッコ
スウェーデン
ベネルクス (ベルギー,オランダ,ルクセンブルグ)
ドイツ - オーストリア
香港
イスラエル
韓国
スペイン
イギリス & アイルランド
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
10 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
11 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C 運営体制
ドメインとアクティビティ
Team 側の主なポスト
Director: Tim Berners-Lee
Chief Operating Officer (COO):
Steve Bratt acting Chair
Associate Chair:
Alan Kotok,
斎藤 信男
(慶應義塾大学常任理事),
Daniel Dardailler
Deputy Director:
萩野 達也 (慶應義塾大学
環境情報学部教授),
Philipp Hoschka
Architecture:
Interaction:
Web を支える基盤技術の改善と自動処理の推進
Web 情報に対する新しいアクセス手法の探究
z
全体会議: AC Meeting (年2回), Technical Plenary (年1回)
z
z
z
z
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
12 of 28
Working Group 一覧
Web Services
(SOAP 1.2, WSDL 2.0, Choreography)
DOM (DOM Level 1/2/3)
国際化
URI (IRI)
z
z
z
z
z
z
Technology and Society:
z
Web 上の政策的課題に取り組む支援技術の提供
z
z
z
z
HTML
(HTML 3.2/4.0/4.01, XHTML 1.0/1.1/2.0)
XForms
Style (CSS Level 1/2/3)
Math (MathML 1.0/2.0)
Graphics (PNG, SVG 1.0/1.1/1.2, WebCGM)
Synchronized Multimedia (SMIL 1.0/2.0)
Device Independence (CC/PP)
Multimodal Interaction (EMMA, InkML)
Voice Browser (VoiceXML 2.0, SRGL, SSML)
Patent Policy
Semantic Web
Web Accessibility Initiative (WAI):
(RDF, Web Ontology, Semantic Web)
障害を持つ人を含む全ての人が使いやすい Web の実現
Privacy (P3P)
XML Key Management (XKMS)
z
z
WAI International Program Office
WAI Technical Activity
(WCAG, ATAG, UAAG)
ドメイン横断的なアクティビティ:
z
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
z
XSLT, XSL, XPath, XQuery, XLink)
z
Member 側の代表者組織: Advisory Committee (AC), Advisory Board (AB),
Technical Architecture Group (TAG)
XML (XML, XML Schema,
アクティビティ一覧
Quality Assurance (QA)
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
13 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
Working Group での日々の活動
ワーキンググループ (WG)
具体的な技術仕様やガイドラインの策定を行う活動の最小単位
会員からの技術者と,Team からの技術スタッフで構成
WG 議長は会員側参加者から選出
Team スタッフは Team Contact として議長を補佐
会員や Team 以外の専門家の招聘も可能 (Invited Expert)
構成人数は数名から数十名規模までさまざま
WG には世界中から技術者が参加する
週に1, 2回の電話会議
2, 3ヶ月に1回の実際に顔を合わせる face-to-face 会議
日常の議論や情報交換にはメーリングリスト
情報の蓄積や共有,閲覧には Web
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
14 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C 勧告への道
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
15 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
続 W3C 勧告への道
W3C の仕様は以下の5つのステップを経て,勧告として公開
1. 草案 (Working Draft) [W3C 特許方針に基づく特許調査期間]
2. 最終草案 (Last Call Working Draft)
3. 勧告候補 (Candidate Recommendation)
[実装試験期間]
4. 勧告案 (Proposed Recommendation) [会員による投票期間]
5. 勧告 (Recommendation)
W3C Working Group Note:
仕様ではないが,有用な技術情報を WG として文書化したもの
W3C Team Submission:
Team スタッフから提出された,仕様ではない技術情報文書
W3C Member Submission:
W3C 会員から提出された,仕様ではない技術情報文書
受理されるためには一定の条件を満たす必要がある
(ex. WS-Addressing Submission)
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
16 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
会員を含む一般からのレビューに基づくオープンな議論
多数決ではなく,合意 (Consensus) に基づく仕様策定プロセス
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
17 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C 運営手順書
W3C "Royalty-Free" 特許方針
W3C Process Document (2004年2月5日版)
1. Introduction
2. Members, Advisory Committee, Team, Advisory Board, Technical Architecture
Group
3. General Policies for W3C Groups
4. Dissemination Policies
5. Activities
6. Working Groups, Interest Groups, and Coordination Groups
7. W3C Recommendation Track Process
8. Advisory Committee Reviews, Appeals, and Votes
9. Workshops and Symposia
10. Liaisons
11. Member Submission Process
12. Process Evolution
13. References
14. Acknowledgments
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C 特許方針と Tim Berners-Lee による見解全文 (報道発表文)
目的:
ロイヤリティフリーに基づき,W3C 勧告の実装を可能にすること
対象者:
特許保持者とそれ以外の全ての人双方を含む,Web の構築や利用に関
わる全ての関係者
特許保持者の適用範囲:
W3C 勧告の実装に必要不可欠な技術に対し,特許を保持している W3C
のワーキンググループ参加組織
要求事項:
保持している特許一式全ての放棄を要求しない代わりに,ロイヤリティフリ
ーに基づく W3C 勧告の実装を対象者全てに認めること
例外処理:
PAG を召集し,該当するワーキンググループに解決案を提示
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
W3C における Web 標準化活動の概要
18 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
19 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
これからの Web
W3C Web Services アクティビティ
Leading Web Services to Their Full Potential...
活動内容が原則公開される公開アクティビティ (2002年1月に設置)
Web Services の基盤技術の標準化を推進
アクティビティの構成
XML Protocol WG
Web Services Description WG
Web Services Choreography WG
Web Services CG
Semantic Web Services IG
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
20 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
21 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
主な Web Services 関連仕様
SOAP/1.1 から SOAP Version 1.2 へ
勧告:
SOAP Version 1.2
草案:
Web Services Description Language (WSDL) Version 2.0
Web Services Choreography Description Language 1.0
WG ノート:
Web Services Architecture
SOAP/1.1 にはない SOAP Version 1.2 の特徴
堅牢かつ曖昧性のない拡張可能な処理モデル
実装可能性や相互運用性が検証された仕様群
XML Schema 1.0, XML Base, XML Information Set といった W3C の
他の標準仕様との相互運用性も確保
プロトコル独立なバインドメカニズムを採用し,HTTP や SMTP など様々
なプロトコル上で利用可能
z
z
z
z
SOAP Version 1.2 に移行することで,既存の XML 技術との相互運
用性を実現するだけでなく,Web Services 本来の目的である,Web
Services 間同士の相互運用性も確保される
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
22 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
23 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
Web Services 関連のその他の動き
他組織との連携
現在リエゾン関係を持つ組織一覧
主な連携団体:
Global Grid Forum (GGF)
Object Management Group (OMG)
Web Services Interoperability Organization (WS-I)
注意: 必ずしも活発に活動しているというわけではありません
z
z
最近提出された会員提案:
Web Services Addressing (WS-Addressing)
WS-MessageDelivery Version 1.0
z
z
z
z
ワークショップ:
Workshop on Constraints and Capabilities for Web Services
10月12-13日 於 米国カリフォルニア州 Redwood Shores
イベント参加 (終了):
IDG ジャパン主催 Web Services Conference 2004
[W3C 展示ブースポスター縮小版] (8/31 - 9/1 @ 品川)
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
z
z
z
z
z
z
z
z
■ W3C 仕様を正しく実装しているか試験集 (Test Suite) で確認
W3C における Web 標準化活動の概要
26 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
お問い合わせはこちらまでお気軽に
World Wide Web Consortium: http://www.w3.org
W3C について: http://www.w3.org/Consortium/
初めて訪れる方は: http://www.w3.org/2002/03/new-to-w3c
本日のスライド:
http://www.w3.org/2004/Talks/1005-GridConsortiumJapan
お問い合わせ先 (ご質問や W3C への参加希望等):
慶應義塾大学 SFC 研究所 W3C
〒252-8520 神奈川県藤沢市遠藤 5322
電話: 0466-49-1170
Fax : 0466-49-1171
email: keio-contact@w3.org 担当: 平川,高野
イベント情報:
11月23-24日: 慶應義塾大学SFC研究所主催 オープンリサーチフォーラム
(ORF2004) にて講演会と展示ブースを出展予定
於 六本木アカデミーヒルズ40 (六本木ヒルズ森タワー40階)
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
GGF
ICANN
ICC
IEEE
IETF
INCITS
IRTF/ASRG
ISO
ITIC
ITU
IW3C2
JIS
Liberty Alliance
NIST
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
OASIS
OMA
OMG
OeBF
Open GIS Consortium
SMPTE
TOG
Unicode
VoiceXML
WASP
Web3D
WS-I
WSIS
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
25 of 28
W3C 慶應ホスト
会員でなくても W3C の活動に貢献できます
■ public mailing list への参加してみる
■ 仕様策定の各段階でコメントしてみる
■ 技術仕様の翻訳してみる
■ オープンソースソフトウェア開発へ貢献してみる
■ W3C Weekly News を購読してみる
■ W3C の仕様を正しく使ってみる
W3C Markup Validator (HTML, XHTML, MathML, SVG), Checklink,
CSS Validator, RDF Validator, P3P Validator, XML Schema
Validator, Log Validator
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
z
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
一般から W3C への貢献方法
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
z
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
W3C における Web 標準化活動の概要
24 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
3GPP
AccessBoard
AForum
AILF
ATIA
ATSC
Apache
CEN
DCMI
Daisy
EuroAccessibility
ETSI
FSTC
GFSI
W3C における Web 標準化活動の概要
28 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
z
z
z
z
z
z
z
東アジア地区担当ホストであり,東アジア地区の W3C 窓口
会員,一般向けに様々なサービスを提供
日本国内向けの日本語による情報提供
12 名が Team スタッフとして活動
特に以下のアクティビティに注力
XHTML / HTML
XForms
Device Independence (DI)
国際化
Semantic Web
Quality Assurance (QA)
イベントや講演などを通じての W3C 普及活動
W3C 報道発表文の日本語翻訳版の提供
(ex. WS-CDL 1.0 草案初版の公開)
W3C Asian Communications Officer
平川 泰之 [chibao@w3.org]
Grid 協議会第9回ワークショップ
2004年10月5日 (火) 15:10-15:55
W3C における Web 標準化活動の概要
27 of 28
Copyright © 2004 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
W3C日本会員リスト(2004年8月現在)
株式会社ACCESS
アンテナハウス株式会社
株式会社イメージソース
インフォテリア株式会社
インターネットアカデミー株式会社
インターネット協会
Internet Technology Research Committee
ウェブソフト・インターナショナル株式会社
株式会社NTTドコモ
キヤノン株式会社
KDDI株式会社
国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所
シャープ株式会社
財団法人情報処理相互運用技術協会
Sky株式会社
セイコーエプソン株式会社
株式会社セック
ソニー株式会社
株式会社デジタルスケープ
株式会社東芝
豊橋技術科学大学
日本障害者リハビリテーション協会
日本電気株式会社
日本電信電話株式会社
日本放送協会放送技術研究所
株式会社日立製作所
富士写真フイルム株式会社
富士通株式会社
松下電器産業株式会社
株式会社ミツエーリンクス
三菱電機株式会社
株式会社メディアフュージョン
株式会社リコー
以上33組織
World Wide Web Consortium (W3C) 会員参加手続きのご案内 (参考資料)
W3C への参加を希望される場合は本紙を参考にお手続き下さい。本紙は Web 上に掲載されている正規の参加手続きの
ご案内 http://www.w3.org/Consortium/Prospectus/Joining に基づき,一部の手続きを簡略化した日本語参考資料です。
1. W3C 会員参加お申込み手順について
1) Web 上に掲載されている W3C 会員参加申込書 http://www.w3.org/Consortium/Prospectus/form に直接
必要事項をご記入の上,申込書の最後にある提出 (Submit) ボタンを押して送信して下さい
W3C 会員参加申込書の各項目へのご記入内容につきましては本紙次節を参考にして下さい。
送信完了後,申込書の 12. Submitter 欄にご記入頂いた電子メールアドレス宛に,署名以外の必要事項が全て記載
された W3C 会員参加申請書 [Application for Membership in the World Wide Web Consortium] 及び W3C 会
員契約書 [International World Wide Web Consortium (”W3C”) Member Agreement] (英文) が送信されます。
2) W3C 会員参加申請書及び W3C 会員契約書をご用意し,郵便追跡システムが利用可能な配達記録郵便また
は書留にて,慶應義塾大学 SFC 研究所 W3C 宛まで郵送して下さい
W3C 会員参加申請書については 1 部,W3C 会員契約書については 4 部印刷し,それぞれの文書の最後にある署
名欄全てにご署名とご署名日を直筆にてご記入下さい。郵送先住所は本紙の最後に記載されております。郵送の際
には,日本語表記でのご連絡先や,次の 3) で必要となる請求書の郵送先,ご担当者名もお書き添え下さい。
3) 送付される請求書に従い,年会費を慶應義塾大学の指定銀行口座へお振込下さい
郵送された契約書類の受領確認後,年会費の請求書を郵送させて頂きます。契約書につきましては,W3C の 3 ホス
ト組織 (慶應義塾大学,MIT,ERCIM) にてそれぞれ署名した後,そのうちの 1 部を郵送にて返送させて頂きます。
各ホストでそれぞれ署名を行いますので,ご返送までにお時間がかかる場合がございます。予めご了承下さい。
2. W3C 会員参加申込書ご記入内容について
W3C 会員参加申込書 http://www.w3.org/Consortium/Prospectus/form へのご記入内容についてご案内致します。
W3C 会員参加要綱 http://www.w3.org/Consortium/Prospectus も併せてご参照下さい。なお W3C の公式言語は英
語となりますので,大変申し訳ございませんが日本語でのご提供はしておりません。予めご了承下さい。
1) Member Organization: Preferred URI for our List of W3C Members
W3C の会員リスト http://www.w3.org/Consortium/Member/List に掲載される URI をご記入下さい。
2) Your Organization’s Interests:
W3C の未踏分野も含め,Web に関連すると思われる分野でご興味のある分野についてご自由にご記入下さい。
3) Class of Membership:
W3C 会員には,正会員 (Full Member,年会費:7,076,460 円),準会員 (Affiliate Member,年会費:707,646 円)
の 2 種類の会員種別があります。会員特典上の違いは全くございません。
(1) 非営利組織,(2) 政府機関及びその関連機関,(3) 年商 50,000,000 US$以下 の何れかを満たす場合に限り,
準会員での参加が認められます。準会員でのご参加を希望される場合は,”Reason for Affiliate”欄に該当する理由
((3) に該当する場合は昨年度の年商額) をご記入下さい。条件を満たさない場合は正会員でのご参加となります。
会員契約は原則,新規ご契約時から最初の 3 年間は自動継続となります。その後は 1 年毎に自動更新され,更新前
に会員種別の確認が行われます。
4) Effective Date:
January 1st (1 月 1 日),April 1st (4 月 1 日),July 1st (7 月 1 日),October 1st (10 月 1 日) の何れかお選び頂い
た日が会員契約期間開始日となります。
5) Payment Method:
”Send invoice”をご選択下さい。お振込につきましては,W3C/慶應義塾大学よりご加入期間,会費金額記載の請求
書を発行致しますので,ご確認の上,銀行振込によりご送金下さい。お振込の際の振込手数料はご負担頂いておりま
す。予めご了承下さい。領収書につきましては,銀行振込の控えを以って代えさせて頂いております。別途,領収書の
発行を希望される場合は,慶應義塾発行の領収書を発行させて頂きます。
1/2
6) W3C Member Site Access:
W3C では会員向けの Web ページをご用意しておりますが,このページの閲覧に認証が必要となります。基本的には
会員組織に所属する個人毎に必要に応じてアカウントを発行し,パスワード認証を行いますが,会員組織内で利用さ
れているグローバル IP アドレスを用いて認証する方法を追加することもできます。
IP アドレス認証を追加したい場合は”Enable IP address access”を選択し,該当する IP アドレスまたは IP アドレスの
範囲を”IP address set”にご記入下さい。IP アドレス認証が不要の場合は空欄のままで結構です。
なお IP アドレス認証を追加した場合でも,認証対象外のホストからのアクセスや,個人を特定する必要があるページ
へのアクセス等,個人毎に発行されるアカウントとパスワードが必要となる場合がございます。
7) Select an Advisory Committee Representative:
会員組織における W3C 代表者である Advisory Committee Representative (AC Rep) の方をご記入下さい。AC
Rep は会員組織内でのお立場に関係なく,会員組織における W3C 活動の代表者として活動して頂ける方であればど
なたでも構いません。技術的な話題を取り扱うこともございますので,その点も考慮して選出して頂くと良いでしょう。
なお以下で指定する Contract Agent, Authorizing Agent, Invoice Contact, Notices Contact の各担当者とは,兼
務して頂いても,それぞれ別の方を選出して頂いても構いません。ただしそれぞれの役割は異なりますので,以下の説
明の他に,会員向け FAQ http://www.w3.org/Consortium/Prospectus/FAQ.html#ACRep や W3C 会員契約書,
またはその付属書 http://www.w3.org/Consortium/Agreement/Appendix.html 等をご参考に選出して下さい。
8) Contract Agent:
W3C (MIT, ERCIM, Keio) と会員契約を締結する際に実際に契約書に署名される契約責任者をご記入下さい。AC
Rep 等との兼務でも構いません。 7) Select an Advisory Committee Representative の説明もご参考にして下さい。
9) Authorizing Agent:
会員組織の代表者の方,または Web への掲載等 W3C の活動において会員組織名を利用する際に組織名利用の承
認権を有する方をご記入下さい。 7) Select an Advisory Committee Representative の説明もご参考にして下さい。
10) Invoice Contact:
請求書のやり取りをする際の会計担当者をご記入下さい。 AC Rep が兼務される場合,記入欄は空欄のままで結構
です。 7) Select an Advisory Committee Representative の説明もご参考にして下さい。
11) Notices Contact:
契約書等の書類のやり取りをする際の担当者をご記入下さい。AC Rep または Invoice Contact が兼務される場合,記
入欄は空欄のままで結構です。 7) Select an Advisory Committee Representative の説明もご参考にして下さい。
12) Submitter:
W3C会員参加申込書にご記入された方,または会員契約完了までの間,ご連絡先となる方をご記入下さい。こちら
にご記入された電子メールアドレス宛に,以後のお手続きに関するご案内と,署名以外の必要事項が全て記載された
W3C会員参加申請書 [Application for Membership in the World Wide Web Consortium],及びW3C会員契約
書 [International World Wide Web Consortium (”W3C”) Member Agreement] (英文) が送信されます。
13) Comments and Questions:
コメント,ご質問等がございましたら,ご遠慮なくご記入下さい。
なお電話番号及びファクス番号のご記入の際は,”Country Code”欄に日本の国際電話識別番号”81”を,”Number”欄
には市外局番の最初のゼロを取り除いた電話番号を,それぞれご記入下さい。
本 件 ご照 会 ・郵 送 先 :
慶應義塾大学 SFC 研究所 W3C
担当:髙野,平川 keio-contact@w3.org
〒252-8520 神奈川県藤沢市遠藤 5322
Tel: 0466-49-1170 Fax: 0466-49-1171
会員参加に関するご相談承ります。W3C会員規約や契約手続きについてご不明な点がござい
ましたら,上記までお気軽にお問合せ下さい。皆様の積極的なご参加を心よりお待ちしております。
2/2