自治体 GIS の 発展過程分析と 今後の展開

Title
Author(s)
Citation
Issue Date
自治体GISの 発展過程分析と 今後の展開
深田, 秀実
産学官セミナー 地理空間情報が拓く未来Ⅱ = BusinessAcademia-Government Collaboration Seminar on
Developments of Geo-spatial Information and Future World II.
平成22年11月4日(木). 北海道大学学術交流会館, 札幌市.
2010-11-04
DOI
Doc URL
http://hdl.handle.net/2115/44140
Right
Type
conference presentation
Additional
Information
File
Information
22_8.pdf
Instructions for use
Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers : HUSCAP
北海道大学サステナビリティウィーク2010
産学官セミナー「地理空間情報が拓く未来 Ⅱ」
-自治体GIS -
自治体GISの
発展過程分析と
今後の展開
小樽商科大学 社会情報学科
博士(ソフトウェア情報学)
准教授
深 田 秀 実
[email protected]
アウトライン
1.自治体GISの現状
2.ノーランのステージ理論
3.盛岡市におけるGISの発展過程分析
4.考察
4.1 発展段階ⅥにおけるGISのあり方
4.2 ステージ理論によるGIS発展分析の利点と限界
5.自治体GIS導入・更新におけるプロジェクトマネジメント
6.まとめ
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
2
1.自治体GISの現状
1.1 統合型GISの導入状況
1.2 アプローチ
3
1.1 統合型GISの導入状況

政府のGIS政策
→地方自治体でGISの導入
が進みはじめた.

統合型GISを導入済: 28.5%

未検討:36.3%
(2009.4.1現在.1,800市区町村のうち)
(出典)総務省地域情報政策室:地方自治情報管理概要(2009.10)

従来,自治体GISの利用動向の調査研究が多い.
→情報システムの発展過程という視点から
GISを分析した事例は,ほとんどない.
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
4
1.2 アプローチ

ノーランのステージ理論に立脚.

自治体GISの発展過程を分析・考察.

自治体GISの現在発展段階を把握し,課題の抽出.

長期的な視点に立ったシステム整備計画の立案.

本研究で用いる分析の枠組みが,他の自治体GIS
を分析する際にも有益であるかどうかを検討.
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
5
2.ノーランのステージ理論

R.L.Nolanのステージ理論(修正6段階発展モデル)

ノーランのステージ理論に着目した理由
(1)ステージ理論は,組織に情報システムが導入される
過程を明確にすることができ,現在でも引用されることが
多いため.
(2)個別GISから統合型GISへと展開してきた自治体の
GIS発展過程に当てはまると考えたため.
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
6
2.1 ノーランの修正6段階発展モデル(1)
成長曲線
情報技術の
時代
技術の転換期
データ処理
の時代
初期
波及期
統制期
統合期
データ
管理期
成熟期
2.1 ノーランの修正6段階発展モデル(2)
成長係数
適用業務
ポートフォリオ
資源
(技術と人)
マネジメント
(組織化・
計画・統制)
ユーザの意識
段階Ⅰ
開始
(初期)
段階Ⅱ
段階Ⅲ
拡張
統制
(波及期)
段階Ⅳ
統合
段階Ⅴ
データ管理
段階Ⅵ
成熟
発展段階
8
2.2 ステージ理論適用の指針

段階Ⅰ(開始):個別GISを導入しはじめた時期.

段階Ⅱ(拡張):個別GISの拡大期.

段階Ⅲ(統制):個別GIS拡大の統制期.

段階Ⅳ(統合):全庁で共用する電子地図を導入.

段階Ⅴ(データ管理):共用地図データの一元的
管理を行う段階.

段階Ⅵ(成熟):高度空間情報社会への対応期.
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
9
3.盛岡市における
GISの発展過程分析
3.1 盛岡市のGISに対する取組み
3.2 盛岡市におけるGIS発展過程分析
3.3 発展過程分析の結果
10
3.1 盛岡市のGISに対する取組み

岩手県盛岡市の概要

岩手県の県庁所在地,中核市,人口約30万人.

「GISアクションプログラム2002-2005」策定以前から,
WebGISを導入.


東北地方でGISの活用を積極的に進めている自治体.
公開型のWebGISを導入し,土地情報(都市計画)や
バリアフリー情報を市民に情報提供.

平成18年度に統合型GISを導入

統合型GISの基本地図は,1/500精度(中心部).
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
11
<盛岡市統合型GISの構成>
<統合型GISサーバ群>
12
<盛岡市土地情報提供システム(WebGIS)>
http://gissv.city.morioka.iwate.jp/map/
13
3.2 盛岡市におけるGISの発展過程分析
適用業務
ポートフォリオ
資源
(技術と人)
個別GISの
導入
個別GISの
普及
・水道図面情報
管理システム
・公有林図化管理
システム
・都市計画支援
システム
文書課
総務課
(電算室)
(事務改善係)
全庁GIS導入
の意思決定
共用電子
地図の導入
共用空間
データの構築
・土地情報提供
システム(WebGIS)
・バリアフリー
マップ(WebGIS)
・全庁向け統合型
地理情報システム
・ハザードマップ
(WebGIS)
情報企画室
の設置
統合型GIS
活用検討
幹事会設置
全庁LANの構築
WebGISの導入
高度空間
情報社会
への対応
・道路情報管理
システム
統合型GIS
運営連絡会
(統括管理者)
マネジメント
(組織化・
計画・統制)
「盛岡市電子計
算機組織に
係る個人情報
の保護に関す
る条例」制定
個人情報保護
に関する条例
の緩和
(ネットワーク
結合の解禁)
盛岡市
行財政改革
大綱の策定
盛岡市統合型
GIS整備基本
方針の策定
盛岡市統合
型GIS共用
システム運用
基準策定
ユーザの意識
紙地図から
の開放
便利な
電子地図に
対する興味
戦略のない
GIS導入に
対する懸念
コントロール
されたGIS
導入への期待
重複投資の
排除による
コスト意識
段階Ⅰ
段階Ⅱ
段階Ⅲ
段階Ⅳ
段階Ⅴ
段階Ⅵ
開始
拡張
統制
統合
データ管理
成熟
発展段階
14
3.3 発展過程分析の結果

個別GISの導入・拡張が,行財政改革により,
統合型GISへと展開していく過程を明確にできた.

盛岡市における現在のGIS発展段階は,段階Ⅴ
のデータ管理にあたる.

高度空間情報社会に対応できるようなシステム
構築を立案する段階には至っていない.
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
15
4.考 察
4.1 発展段階Ⅵにおける
GISのあり方
4.2 ステージ理論による
GIS発展分析の利点と限界
16
4.1 発展段階ⅥにおけるGISのあり方
適用業務
ポートフォリオ
資源
(技術と人)
個別GISの
導入
個別GISの
普及
・水道図面情報
管理システム
・公有林図化管理
システム
・都市計画支援
システム
文書課
総務課
(電算室)
(事務改善係)
全庁GIS導入
の意思決定
共用空間
データの構築
・土地情報提供
システム(WebGIS)
・バリアフリー
マップ(WebGIS)
・全庁向け統合型
地理情報システム
・ハザードマップ
(WebGIS)
情報企画室
の設置
統合型GIS
活用検討
幹事会設置
全庁LANの構築
WebGISの導入
マネジメント
(組織化・
計画・統制)
「盛岡市電子計
算機組織に
係る個人情報
の保護に関す
る条例」制定
個人情報保護
に関する条例
の緩和
(ネットワーク
結合の解禁)
盛岡市
行財政改革
大綱の策定
ユーザの意識
紙地図から
の開放
便利な
電子地図に
対する興味
戦略のない
GIS導入に
対する懸念
段階Ⅰ
段階Ⅱ
段階Ⅲ
開始
拡張
統制
発展段階
共用電子
地図の導入
・道路情報管理
システム
統合型GIS
運営連絡会
(統括管理者)
高度空間
情報社会
への対応
・ユビキタス社会
に対応した
統合型GIS
アプリケーション
統合型GISの
運用管理を
専門に行う
部署の設置
盛岡市統合型
GIS整備基本
方針の策定
盛岡市統合
型GIS共用
システム運用
基準策定
推進法に
対応した次期
統合型GIS
整備計画の
立案
コントロール
されたGIS
導入への期待
重複投資の
排除による
コスト意識
平常時と災害時
のシームレスな
利用
段階Ⅳ
段階Ⅴ
段階Ⅵ
統合
データ管理
成熟
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
17
4.2 ステージ理論を適用したGIS発展分析の
利点と限界
<利点>

導入済み自治体では,現在の発展段階を明確化できる.

これからGISの導入を計画している自治体では,将来導入す
るGISの効率的な運用のためのヒントを得ることができる.
<限界>

本研究のフレームワークでは,行政情報システム特有の
発展段階を捉えることができない可能性がある.

外部との関係性を反映できる新たな成長変数の設定が
必要.
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
18
5.自治体GIS導入・更新における
プロジェクトマネジメント
19
5.1 プロジェクトとは

プロジェクトとは,
「特定使命」を受けて,始まりと終わりの
ある特定期間に,資源,状況などの制約
条件のもとで,目標(目的)達成を目指す
個別性
プロジェクト
基本属性
有期性
不確実性
(日本プロジェクトマネジメント協会認定研修会資料をもとに一部改変し作成)
20
5.2 プロジェクトマネジメントとは

定義:プロジェクトマネジメントとは,
専門知識やスキルを駆使して,プロジェクトを
公正な手段で効率的・効果的に遂行すること
により,確実な成果を獲得するための活動
公正な手段
プロジェクト
マネジメント
成果物獲得
実践能力
効率的遂行能力
効果的遂行能力
(日本プロジェクトマネジメント協会認定研修会資料をもとに一部改変し作成)
21
5.3 プロジェクトマネジメントの基本的枠組み
共通感
プロジェクト
ライフサイクル
ステークホルダー
(利益関係者)
PM実践力の
スコープ・マネジメント
基本的枠組み
個別
マネジメント
タイム・マネジメント
品質・マネジメント
(他に6つのエリアがある)
(日本プロジェクトマネジメント協会研修会資料をもとに一部改変し作成)
<個別マネジメント(9つのエリア:PMBOKより)>
統合マネジメント
• 他の8つのエリアで定義される各プロセスを統合するために必要なプロセス
を定義
スコープ・マネジメント
• プロジェクトを成功させるために必要な作業を過不足なく洗い出すためのプ
ロセスを定義
タイム・マネジメント
• プロジェクトを所定の期限内に完了させるために必要なプロセスを定義
コスト・マネジメント
• プロジェクトを所定の予算内で完了させるために必要なプロセスを定義
品質マネジメント
• プロジェクトが確保するべき品質をマネジメントするために必要なプロセスを
定義
人的資源マネジメント
• プロジェクト・チームを組織化し,マネジメントするために必要なプロセスを定
義
コミュニケーション・マネジメント
• プロジェクトのステークホルダーなどとのコミュニケーションを円滑に進める
ために必要なプロセスを定義
リスク・マネジメント
• プロジェクトに関するリスクを識別・分析・監視するために必要なプロセスを
定義
調達マネジメント
• プロジェクトに必要なサービスなどをプロジェクトの外部から購入・取得する
ために必要なプロセスを定義
<プロジェクトライフサイクル>



一般的なプロジェクトライフサイクルは,始まり・
中間・終わりのフェーズで構成される.
中間は,複数に分割(設計,構築など)される.
中間のフェーズ区分は,確認可能な中間成果物
(あるいは最終成果物)を指標としている.
構想企画
フェーズ
設計
フェーズ
構築
フェーズ
集結
フェーズ
マイルストーン:フェーズごとに成果品を確認
(広兼 修:「PMBOK入門」,p.73(図3-1),オーム社(2005)をもとに作成)
24
5.4 プロジェクトのコントロール
スコープ・
マネジメント
プロジェクト
コントロール
タイム・
マネジメント
品質・
マネジメント
(日本プロジェクトマネジメント協会研修会資料をもとに一部改変し作成)
25
5.4.1 スコープ・マネジメント
スコープ(Scope)とは,「範囲」のこと.
 2つに分類:
「スコープ オブ サプライ」 と 「スコープ オブ ワーク」

スコープ オブ サプライ
(供給範囲)
プロジェクトで提供
する製品(または
サービス)に含まれ
る機能や構成要素
パソコンの機能
・CD-RW & DVD
・テレビ機能
(地上デジタル有り)
スコープ オブ ワーク
(作業範囲)
プロジェクトで製品
(またはサービス)を
提供するために
実施される作業
(日本プロジェクトマネジメント協会研修会資料をもとに一部改変し作成)
・基本設計
・詳細設計
・調達
・検査
5.4.2 タイム・マネジメント


タイム・マネジメント(進捗管理)の基本は,計画と実態の
比較である.
プロジェクトのコントロールは,「かけ声」や「気持ち」だけで
なく,形のあるアウトプット(成果物)によって調整することを
心がける.
計画
実態
予定した成果
出ている成果
予定したタイミング
出てきたタイミング
その後の計画
この後出て来そうな
もの
(日本プロジェクトマネジメント協会研修会資料をもとに一部改変し作成)
27
5.4.3 品質・マネジメント


品質とは,「製品やサービスに備わっている特性の
集まりが,顧客の要求事項を満たす」こと.
より満足したプロジェクトにするには,プロジェクト
成果の品質を上げるようにマネジメントする必要が
ある.
品質の把握
中間成果の
状態の評価
最終成果の
評価
他者評価
(日本プロジェクトマネジメント協会研修会資料をもとに一部改変し作成)
28
5.5 GIS導入・更新時のPM適用
<ライフサイクル>
<個別マネジメント>
<GISの整備方針>
GIS 導 入 の 目 的 を
確認し,全体の進め
方等を検討する.
<GISの基本設計> <GIS構築の実施>
GISの機能要件
・外部委託業務の
および技術要件を 管理
まとめる.
・ユーザ教育の
実施予定計画
<システムテストの
実施>
・ユーザ教育の実施
・システムの移行を
実施
<安定運用に
向けた対応>
・保守管理
・ユーザ支援
・障害対応
スコープマネジメント
・スコープ計画
・WBS作成
タイムマネジメント
・スケジュール作成
・ガントチャート
品質マネジメント
・品質計画
・品質管理
(特記事項)
29
<PMをGISサーバ更新へ適用した事例>





件名:平成22年度GISサーバ群の更新業務
主体:盛岡市総務部情報企画室
サーバリプレイスの
プロジェクト(外部委託)
プロジェクトマネジメントの
内容を説明し,理解してもらう
担当者の評価インタビュー


全体工程を管理していく意識が明確になった.
各フェーズでやるべき項目が明示されているため,
取りこぼしがなくなった.
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
30
6. まとめ

盛岡市を対象として,ノーランのステージ理論を
適用し,自治体GISの発展過程を分析 .

今後の課題
(1)自治体GISの発展過程に関する多くの事例を
調査し,考察を深める.
(2)GIS発展過程に対する費用対効果を検証.
(3)自治体GIS導入・更新時におけるプロジェクト
マネジメント適用の効果を検証.
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
31
ご清聴ありがとうございました.
Copyright © 2010 [email protected]
All Rights Reserved.
32