2010/9/29 1 Contents Introduction - 防災社会システム研究分野 - 京都

2010/9/29
2
Contents
四面会議ワークショップによる
地域コミュニティの地域防災力向上に向けて:
インドネシア、メラピ地域の事例から
Introduction
The Yonmenkaigi System Method (YSM)
Adaptation
p
of YSM to the Development
p
Collaborative Action Plan for Sand Mining
Management in Local Community Level
Conclusions
羅 貞一, 京都大学大学院 都市社会工学専攻
岡田 憲夫、京都大学教授 防災研究所
3
四面会議システムのプロセス特徴
Introduction
z
z
z
z
z
地域防災力の向上には、自助・共助・公助のネットワーク化と相互補完によ
る多様性戦略が重要である。その中で、「自助」・「共助」では、特に個人や地
域コミュニティの役割と助け合いが役に立つことと、また、様々な主体が参加
しているリスクコミュニケーション過程においては,初期状態における各主体
間の情報の共有が重要である。(岡田、2006)
阪神大震災以来、日本では地域コミュニティの防災力向上を目指して住民
参加を支援する方法の つとして、参加型ワ クショップの手法が広く使わ
参加を支援する方法の一つとして、参加型ワークショップの手法が広く使わ
れている。
四面会議システム(YSM)は地域コミュニティの防災力向上のために、協働
的な行動計画づくりの参加型ワークショップ手法として提案されている。
四面会議システムはもともと鳥取県智頭町の山間過疎地域の活性化計画づ
くりの手法として、地域住民によってその原型が開発され、それを地域コミュ
ニティの防災計画づくりに適用している。
2009年のインドネシア、メラピ火山の地域コミュニティの砂利採掘管理の活
動を支援するために四面会議システムが活用されていた。
四面会議システムは以下の一連のプロセスから成り立っている。
SWOT分析
C
A
P
問題意識の共有(SWOT分析、Brainstorming・KJ法):
現状診断、限界と問題点を認識共有
四面会議図
議論が必要な問題やテーマを選択、意見と情報を交換:
協働計画を立てる(四面会議図)
(
議 )
ディベート
個人の考えや認識が皆の考えに転換及び共有
D
C
状況に合う行動計画案を決める:
行動計画の策定(Action Plan)
A 行動計画図
上記の方法は、参加者自らが現状を診断しながら共通の問題点を認識し、
解決策の選択などの意思決定を行う。
6
Three stages of YSM procedures
参加者は次に対して議論する:
Group A (Management)
¾What do we know?(現状診断)
¾What should we do?
Debating
¾What can we do?
¾How/What can we work together?
四面会議ワークショップで参加者はこのようなプロセスからお互い
に情報と知識を共有する。その上、目標達成のために行動計画案
を作成する。
Group C (Soft LLogistics)
Yonmenkaigi
Chart
Plana
Planc
Theme
Beyond 1 Year
Within 1 Year
Pland
Plan
b
Within 6 Months
Within 3 Months
Group B (PR, Information)
Group D ((Hard Logistics)
SWOT Analysis
The Yonmenkaigi Chart as a Core Tool of
Communication Media
全体の計画内容を4つの行動要素に
分割し、これを四面の役割または機
能として分担し、後でこれらを統合す
る点が特徴である。
マネジメント,
情報,
人的資源,
物的資源
四面会議システムは、参加者が状況分析後、現状や地域性に応じ
るテーマやシナリオを考え、時間軸で行動計画し、その実践可能性
をグループで相互ディベートして実現可能案にいくことが独創性とし
て挙げられる。
1
2010/9/29
Implementation of YSM in Japan
Implementation of YSM in Japan
(京都市中京区朱八自主防災組織、2008)
(1/0 村おこし運動、鳥取県智頭町、1997-2006)
Implementation of YSM in Japan
PEED Projectとは?
(開村式、鳥取県智頭町山郷地区、2008)
z
z
Project Period: Dec. 2006 – Mar. 2010、
インドネシア、ジョグジャカルタ、メラピ地域
Objective:
- コミュニティレベルで適合な砂利採掘管理と災害管理に
対するフレームワークの確立と検討
z
Components:
- P: Pilot Project
- E: Events (Disaster Education & Merapi Festival)
- ED: Evacuation Drill
Edit from Recommendation for Future Community-Based Sand Mining and Disaster Management, Uehata 201
From sand mining handbook by Yec
Pilot Project
砂利採掘(Sand Mining)による被害
z
Objective:
- 砂利管理のための地域コミュニティ組織の設立
- 行政機関との砂利採掘管理に関する業務分担と協業
- 砂利管理の活動計画とマニュアルの検討
-
z Activity:(現状では)
しかし、2006年からの活動開始以来
組織の設立以外は
2009年までは具体的な活動は
あまりなかった。
BANJIR
Edit from Recommendation for Future Community-Based Sand Mining and Disaster Management, Uehata 201
2
2010/9/29
14
Pilot Projectの活動
Preparation for Implementation of Field Activity
Selection of Model Villages
Establishment of Community
Institution
1. Kepuharjo Village, Sleman Regency
2 Sindumartani Village
2.
Village, Sleman Regency
3. Kemiren Village, Magelang Regency
四面会議システムの導入の目的と挑戦
(四面会議システムを使って)Pilot Project を活性するために
1.
インドネシアのGadjah Mada大学(UGM)に
四面会議システムを紹介する。:現地ファシリテーターの育成
2.
1. Argo Rahayu, Kepuharjo Village
2 Sindumulyo
2.
Sindumulyo, Sndumartani Village
3. Bumi Lestari, Kemiren Village
Implementation of Field Activities
Argo Rahayu
Profile of Sand Miners
Mapping for Reclamation
Facilitator Candidates for YSM
Truck Survey
Kepuharjo
Village
Kemiren Sindumartani
Village
Village
As Local Communicators for PP
Review and Evaluation of Pilot Project
+
Assistant
Facilitators Candidates
From Recommendation for Future Community-Based Sand Mining and Disaster Management, Uehata 2010
Facilitator Training’s Program of YSM
for Facilitator Candidates of UGM
for
Preparation for
Workshop AA
Workshop
Workshop B:
B:
Workshop
Action Plan
Plan
Making Action
Action
Collaborative Action
Implementation
to Implementation
for SMM
Preparation
Workshop A:
Share of awareness & need
to SMM
SWOT & Strategy
Processes of YSM
In Aug, 2009
Workshop B:
Making action plan
YSC & Debating
Field activity
to SMM
volcano (August 19, 2009)
z
In Aug, 2009
In Oct, 2009
Workshop A in 12, Aug, 2009
T i off Vill
Topics
Villages:
1.Kemiren Village
• Sand Mining Truck Survey
2.Sindumartani Village
• Mapping of the Potential Location
for Reclamation
3.Kepuharjo Village
• Profile of Sand Mining Activity
SMM: Sand Mining Management
YSM:Yonmenkaigi System Method
Training of YSM
Case study: Kemiren village of Merapi
z
YSM of Local Community
GMU:Gadjah Mada University
Implementation of
of YSM
YSM
Implementation of YSM in Pilot Project
Implementation of YSM
‹W k hfor B:
‹Workshop
B
Preparation
Workshop B
地域コミュニティレベルの
using YSM
行動計画の作成
Implementation of
Facilitator of YSM SMM: sand mining management
YSM:Yonmenkaigi system method
by UGM
Processes of YSM
June, 2009
地域コミュニティ間の問題認識の共有
Facilitator of YSM for
Workshop B
YSC & Debating
京大から派遣された講師により
3ヶ月間にわたって行った。
YSM of UGM
Preparation for
Workshop A
‹Workshop
A:
using YSM
WorkshopA:
A:
Workshop
Awareness&&Need
Need
Share of Awareness
for
SMM
f
SWOT & Strategy
SWOT & Strategy
May, 2009
‹Part 2:
YSM Workshop for
Developing
Collaborative Action Plan
Special Procedures Developed to Implement
YSM Workshops in Pilot Project
Community
YSM of Local Community
April 2009
April,
Facilitator Training’s
Program of YSM
Instructor
Bumi Lestari
Sindumulyo
‹Part 1:
YSM Program In Pilot Project
Formulation of Action Plan
四面会議が使われた。
(地域コミュニティ自らの参加で)
地域コミュニティレベルのSand Mining Management活動を実践
するための行動計画案を作成する。
するための行動計画案を作成する
z
Kemiran Villageはメラピ火
山の上流に位置している
コミュニティ組織は「 Bumi
Lestari 」で永遠の地球の意
味である。
Bumi Lestari組織は、災害
組織は 災害
管理、砂利採掘管理、農業
、観光の四つの分野で構成
されている。
Kemiren village
(2009,7)
Population
1,141
Household
Area
307
487.629 Ha
Scale1:75000
Mt. Merapi
3
2010/9/29
Date
参加者の構成
19 August 2009
Time
Bumi Lestari
(5)
Kemiren Village
Participants
Number : 13
Kemiren Villagers
UGM
(5)
October 1st~3rd Week
(3 W
Weeks):実施
k ) 実施
S d Mi
Sand
Mining
i Truck
T k Survey
S
T i
Topic
Facilitator
Main : Aris
Sub: Mimbar, Didik,
Pras, Nunung
Recorder
who : Fika
How : Camera,
Handy Cam
Village
Government
Staffs(6)
PR & Information
Head of Local Youth
Organization
2009 September
(4 Weeks):準備
(2)
Human R
Resource
Place
October 4th Week
(1 Week):評価
約3時間
13.20 – 16.10
Physical R
Resource
Time Frames and the Roles in Yonmenkaigi Chart of
the Workshop B
Kemiren Yonmenkaigi Workshop
Management
2ヶ月間の行動計画案を作成
21
Case study: Kemiren village of Merapi Volcano
Workshop A
2.SWOT
3. YSC
S
W
1.Have an office
2 Already legalized
2.Already
3.Knowledge on the environment of
survey
4.Sufficient Human Resources
5.Members of Bumi LEstari were former
truck driver
6.Having conducted survey before
1.Communication is not good
2 Not familiar with survey
2.Not
method
O
T
1.Safe and quiet (condusive) condition
2.Assistance from GMU, Kyoto Univ, and
YEC
3.Support from Village Government
4.Support from villagers
5.Support from related government agency
6.Proactive truck drivers
7.Most truck drivers know Bumi Lestari
members
1.Many activities
2.Local truck driver
3.Unsupportive villagers
4.Disaster
4. Debating
5.APC
3. YSC
Debating for Collaboration
II. October 2009 (3 weeks)
III. October 2009 (1 week)
Meeting with related government agencies (M+I)
Implementation of field task (M+S)
Making report on the whole data (M+S)
Survey on where the trucks
come from
Carrying out workshop
(M+S+I)
Collecting survey data daily (M+S)
Carrying out follow up plan
Proposal Compilation (M+H)
2.SWOT
Making invitation for implementation
meeting through TPS (Sukamto)
Making evaluation meeting invitation for
meeting
Making invitation for committee establishment
Making survey format
担当者の名前も入れた
Kemiren
Sand Mining Truck Survey
Making workshop invitation
(I+S)
(I
S)
Data receiver (Yusuf,
Nurohman, Istiarno)
Preparation of base camp establishment (Yusuf S, Heri)
Distributing logistic (Salem)
Equipment Survey
Procurement of uniforms
Sindumarutani
Report Compilation
Mapping of the Potential Location for Reclamation
Communication Preparation (Iswahyanto, Istiarno)
H
YMC after Debating
Drawing conclusion of
evaluation results (I+S)
Determining survey personnel
(Agung, Yusuf, Sutarno)
S
5.APC
行動計画案の実施
Agenda Planning (M+I, arrange from Sept 09)
I
4. Debating
1. 活動の目標は一週間にBebeng 川地
区内で砂利採掘作業を行っているトラ
ックがどのぐらいあるのかを調査する
こと.
2. 対象はKemiren村を通過するトラック
3. 調査の財源は、Bumi Lestariと村から
用意する。
Establishing committee (M+S)
M
Workshop A
SWOT分析から戦略を立てる
行動計画図 (抜粋、Kemiran Village)
I. September 2009 (1 month)
22
Case study: Case study: Kemiren village of Merapi volcano
Procurement of something
Preparing of workshop
Kepuharjo
Preparing food for the consumption
Survey on trucks that are already recorded
Profile of Sand Mining Activity
4
2010/9/29
z
Workshop B
Check & Action
活動の実施:
3 週間、10月1週~3週
Do
計画と事前準備:
4 週間、9月
Plan
現状の共有と目標の設定
Check & Action
参加者特性を考慮した新
しいスタイルのファシリテ
ーションの提案
– 実行時間の制約
– 理解の向上
– 文化・慣習の理解
z
Sub Facilita
ator
for Group C
発表と評価:
1 週間:10月4週
Sub-facilitatorの導入
– Main facilitatorを支援
:進行と運営を手伝う
– 参加者の参加を活性化
:ガイド、意見の代書
Workshop A
Sub Facilitator
for Group B
Sub Facilitator
fo
or Group D
考察
ワークショップA・BからのCAPD サイクル
Main Facilitator
Sub Facilitator
for Group A
Participants
of Local Community
+ Sub Facilitator
of UGM
各グループの構成
CAPD Cycle to implementation of Field Activity
28
Conclusions
考察
z
z
お互いの知識ギャップを補う→知識開発の生成
UGMと地域コミュニティの新しい人材の発掘
z
z
YSM
Research Group
DPRI, KU
Knowledge
Provision
z
Training Workshop
Knowledge
Provision
z
Local Workshop
Pilot Project
Team,
UGM
Knowledge
Provision
Local
Community
in Mt.Merapi
z
四面会議システムはメラピ地域のコミュニティの防災力向上を目
指す参加型ワークショップ手法として協働的行動計画の作成の
ために適用された。
四面会議ワークショップは地域コミュニティの参加者は砂利採掘
活動のための問題認識から協働の行動計画の開発まで地域コミ
ュニティ力を強化する効果的な手段として提供された。
地域コミュニティの参加者の特性を考慮して四面会議ワークショ
ップのプロセスやマネジメントを変えた。
地域コミュニティと外部支援組織が連携して問題意識の生成から
一緒に参加する協働・同活動は、ローカルコミュニティレベルの
取り組み能力を向上させる重要な要素である。
課題としては、より対象地域の特性を生かす四面会議システム
の改良やファシリテーターの育成、持続的なコミュニティへの活
用プロセスなどがある。
ご清聴ありがとうございます。
njiwor[email protected]
5