いわき市社会福祉協議会

第109号
このマークは社会福祉協
議会の「社」を図案化し 、
「 手をとりあって 、明るいし
あわせな社会を建設する姿 」
いわき市
社会福祉協議会だより
を表現しています。
平成26年1月20日発行
編集・発行
社会福祉法人
いわき市社会福祉協議会
広報委員会
いわき市平字菱川町1番地の3
(いわき市社会福祉センター内)
TEL0246-23-3320 FAX0246-35-5031
ホームページ www.iwaki-shakyo.com
メールアドレス master@iwaki-shakyo.com
新年おめでとうございます
年頭のごあいさつ
ぐち
口
のぶ
暢
社会福祉法人いわき市社会福祉協議会
こわ
会 長 強
新年おめでとうございます。
皆様には、すがすがしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
日頃から、本会の福祉活動に温かい御理解と御協力を賜り、心より
感謝申し上げます。
この輝かしい新春にあたり、さらなる飛躍を目指し、役職員一丸と
なり、地域福祉活動に取り組んでまいりますので、旧倍の御支援をお
願いするとともに、皆様の益々の御健勝と御多幸をお祈り申し上げ、
新年のあいさつといたします。
こ
子
湯の岳から望む日の出
目 次
年頭のごあいさつ…………………………………………1
地域は地域で支え合う 小地域福祉活動…………2~3
ボランティア活動センター通信……………………4~5
日韓共同募金会東日本大震災救援プロジェクト………6
社協通信……………………………………………………7
地区協議会だより…………………………………………8
社協のイメージキャラクター「ふくみちゃん」
-1-
いわき市社協だより
~“誰もが住み慣れた地域で安全で安心して 暮らし続けることができる地域社会”を目指して~
第 109 号
小地域福祉活動
小地域福祉活動とは?
地域の身近な福祉課題を共通テーマとして住民組織が解決に向けて
協働しながら進める活動で、この活動の基盤となる福祉コミュニティ
づくりと住民相互が支え合う自主的な活動が小地域福祉活動です。
本事業では、地域の既存の団体や組織を基盤とし、地域の福祉課題
にそった活動計画や援助計画に基づいて、地域福祉活動を進めます。
また、いわき市社会福祉協議会では、「小地域福祉活動指定行政区
連絡会」を開催し、指定地区間の交流や情報の交換を図るとともに、
さらなる効果的な事業の取組みができるよう支援します。
【主な活動内容】
◇交通事故防止運動 ◇子育てサロンの開催 ◇防犯・防火運動 ◇介護講習の開催
◇高齢者と子どもの交流活動 ◇介護者リフレッシュの集いの開催 ◇障がい者との交流
◇励ましや話し相手などの友愛訪問活動 ◇高齢者ふれあいの集いの開催
◇文化・スポーツ活動 ◇介護講習会の開催 ◇草刈りや清掃活動
◇地域福祉マップの作成 ◇防災訓練研修会の開催 地区名
平
小名浜
勿 来
常 磐
内 郷
四 倉
遠 野
自治会・行政区名
平第36区
中央台第一団地区
小名浜西5区連絡協議会
玉川町東2区
錦町大倉区自治会
小名田地区自治会
若葉台2区
小野田区
高坂9区
綴第3区
四倉町第14区
柳生区
下根本行政区
指定年度
24年度~26年度
24年度~26年度
24年度~26年度
24年度~26年度
24年度~26年度
25年度~27年度
24年度~26年度
25年度~27年度
25年度~27年度
25年度~27年度
25年度~27年度
25年度~27年度
23年度~25年度
地区名
小地域福祉活動指定行政区
連絡会の様子
自治会・行政区名
桐ヶ岡行政区
小 川
塩田区
権現堂・仲組区
好 間
久保・源平野地区
下三坂区
三 和
下市萱区
田 人 平成16年度で全行政区指定
川前町第3区
川 前
川前町第8区
金ヶ沢区
久之浜・大久
小山田区
合 計
指定年度
24年度~26年度
24年度~26年度
25年度~27年度
25年度~27年度
23年度~25年度
23年度~25年度
23年度~25年度
23年度~25年度
25年度~27年度
25年度~27年度
23行政区(自治会)
▼ 活 動 紹 介 ▼
若葉台2区(常磐) 区長 松本 義一
四倉町第14区 区長 鈴木 三雄
高齢化が進む中で、地域住民の安全と活性化を図
るために、自治会を中心に毎年「地域内環境整備活
動」「学童下校時見守り活動」「健康増進ウォーキン
グ大会」などの活動を実施してきました。
自分達が住んでいる地域が清潔で明るくより住み
やすい地域になるよう
に、住民同士が積極的
に活動を推進していま
す。
14区は、99世帯の区民が暮らしております。
震災時においては津波の直接の被害は逃れました
が、原発の影響により近隣世帯の多数が避難し、区
はゴーストタウン化しました。この時一番感じたこ
とは、いかに近隣同士のコミュニケーションが大事
かを知りました。
毎年当地区の雷神社
の祭礼も区民が清掃、
草刈りそして当日の祭
典と協力しながら交流
を図っております。
-2-
いわき市社協だより
~“誰もが住み慣れた地域で安全で安心して 暮らし続けることができる地域社会”を目指して~
第 109 号
地域は地域で支え合う
皆さんの地域について話し合いませんか?
住民支え合い活動の推進を目的に、市内 13 地区において、
『座談会』
を開催しています。
現在は、小地域単位で座談会を開催しながら、地域住民をはじめ、区長、
行政嘱託員、民生・児童委員等の福祉関係者や消防団、青年会等と連携
し、どうすれば「安心して暮らせる地域」になるのかを話し合います。
マップを使って、地域の福祉課題につい
て協議(田之網地区)
地域の課題
10 年後もこのままで
いられるのかな…。
1.地域で話し合いの場を持ちましょう!
2.継続的に話し合いの場を持ちましょう!
普段、顔を合わせることがない方とも、
話す機会となり、地域の課題の共有と解決
策に向けての糸口が見えてきます。
一度で解決策は見つかりません。多様な機関・団
体と連携して話し合いを進めることが大切です。
○座談会では、こんな地域の
“声”が挙げられました。
・住民間での関わりの希薄化
・地域行事の減少
・地域住民が集まれる場がない
・地域の防災意識を高めたいなど
主役は地域の
皆さんです!
○座談会には、様々な
団体が参加しています。
・行政、地域包括支援センター
・自治会、隣組、青年会、老人会、
子ども会、婦人会、消防団など
多くの関係者と連携して
座談会を開催(宮地区)
3.さまざまな解決策を模索
4.課題解決に向けた取組み
参加者それぞれが持つ強みを活かして、課
題を解決します。
話し合いの形式も“マップ”を使用し、地
域理解を深めるなど、多くの手法があります。
座談会の中で出た課題について、地域の
仕組みづくりや事業として継続的に取り組
みます。
まずは、話し合いの場を持ちましょう!
●下根本(遠野)の例
下根本地区では、子ども会を中心に様々な行事を実施してきましたが、子どもの減少
により少ないメンバーでの継続もできず、子ども会が解散することになりました。
そこで、この座談会をきっかけに地域住民が話し合いの場 ( 下根本 絆の会 ) を立ち
上げ、
「地域の中で何ができるか」を住民の方々や青年会などの地域内の既存の団体、そ
して支所、地区保健福祉センター、地域包括支援センター、社会福祉協議会と一緒に考え、地区行事の復活をす
ることになりました。
「地域交流会」では、絆の会のメンバーが協力し、多くの住民の方々が参加し、餅つき体験
や輪投げ、そして抽選会などを実施することができ、素晴らしい想い出になったと区長さんからお話がありました。
-3-
~“誰もが住み慣れた地域で安全で安心して 暮らし続けることができる地域社会”を目指して~
いわき市社協だより
第 109 号
0246プロジェクト
参加者募集!
ボランティアの第一歩ともいえる、相手の話を「聴
く」技法を学び、地域で悩みや寂しさを抱えている方々
の話し相手となるボランティアの養成を行います。
今、地域や家庭で求められている「聴き上手」になっ
てみませんか?
★日 時:平成26年2月8日(土)、15日(土)
両日ともに10:00~15:00
★場 所:いわき市社会福祉センター 5階 大会議室
★対 象:全日程受講できる方
★定 員:50名(定員になり次第締め切ります)
※応募者が多い場合は、受講経験のない
いわきのこれからについて考えることをテーマに次
の日程で「0246プロジェクト」を開催します。
これまで頑張った、今頑張っている、そして、これ
からボランティアをしてみようと思う皆さん。
一緒に、いわきのボランティアについて考えてみま
せんか?
★日 時:平成26年3月16日(日)10:00~15:30
★場 所:いわき市社会福祉センター 5階 大会議室
★参加費:無 料
★内 容:1)ボランティア交流会
ボランティアにふれてみよう(活動紹介)
2)記念講演
「家族のつながり、今大切なこと」
講師:杉尾 秀哉 氏
(TBS報道局解説・専門記者室長)
※記念講演は、申し込みとなります。(先着250名)
3)スペシャルコンサート(予定)
一緒に歌って、楽しもう!!
美味しい
炊き出しも ます
備してい
準
方を優先とさせていただきます。
★参加費:無 料
★講 師:柳澤 孝主 氏(いわき明星大学現代社会学科教授)
窪田 文子 氏(いわき明星大学心理学科教授)
菅野 昌史 氏(いわき明星大学現代社会学科准教授)
米澤 智秀 氏(全日本仏教青年会救援委員長)
傾聴ボランティア養成講座
受講者募集!
講座・イベント等への申し込みについては、
〒 970-8026 いわき市平字菱川町 1 番地の 3
TEL:38-6631 FAX:38-6632
E メール:saigai-vc@iwaki-shakyo.com
申込み方法 住所・氏名・電話番号をご記入の上、郵送・
FAX・E メール又は電話等でお申込みください。
いわき市ボランティア活動センター
ここからボランティアの
第一歩を踏み出した仲間たち
(いわき市復興支援ボランティアセンター)
~掲示板~
ブログ本発行
平成25年11月6日から全5回コースで、地域福祉活
災害救援(復興支援)ボランティアセンターで起
動に関心のある方を対象に「福祉レクリエーション
こった数々のエピソードが本になります。スタッフ
ボランティア入門講座」を開催しました。
やボランティアさん、被災された方々の想いが綴ら
受講者は、講師の七海多美子氏(福祉レクリエー
れた「ブログ本」。
ションワーカー)から、ボランティアの第一歩とし
「0246プロジェクト」が開催される3月16日に発行
予定。
いわき市ボラ
(ボラセン) ンティア活動セン
では、
こんな活動を ター
しています
 ボランテ
ィアの
登録 ・ 斡旋
 ボランテ
ィアに関す
る情報収集
 助成金情
・ 発信
報の発信
 各種ボラ
ンティア講
座の
 市民活動
共有スペースの開催
 ボランテ
利用
ィアルーム
の利用(団
 古切手の
体のみ)
収集
他にもいろん
な活動をしてい
ます!!
って???
自分ができる
ことを
自分ができる
時間で
そして、
誰かを笑顔に
、元気にする
活動が
ボランティア
活動です。
ボラセンだより・リーフレット発行
ボランティア活動センターでは、
こんなボラン
 傾聴ボラ
ティア活動が
ンティア活
動
あるよ
 ボラセン
運営のお手伝
い
 福祉
施設等でのイ
ベントのお
 福祉施設
手伝い
等でのレクリエ
ーション活
 要援護者
動
宅での片付け
 障がいを
持っている
方の支援活動
 被災され
た方の支援活
動
て、「自らが楽しむこと」など、レクリエーション
を通して学びました。
ボランティア
いわき市
ボランティ
ア
活動センタ
ー
第4回目では、特別養護老人ホームパライソごし
きにおいて、利用されている高齢者の方々とこれま
「ボラセンだより」や「ボラセンリー
で学んだレクリエー
〒970-8026
いわき市平字
(いわき市社 菱川町1番地の3
会福祉センタ
いわき市社会
ー内)
福祉協議会
いわき市ボラ
ンティア活動
電話:024
センター
6-38-6
FAX:024
631
6-38-6
Eメール:saigai
632
-vc-shakyo
ブログ:
.com
http://iwakisa
igaivc.blog.fc2
.com/
フレット」を発行しています。
ションで楽しく交流
←東京
いわき駅
生涯学習プラザ
LATOV
総合図書館
各支所、公民館等でボランティ
T-1ビル
仙台→
を図ることができま
みずほ銀行
秋田銀行
国道6号
東邦銀行
ピュアベルヴィ
文化センター
いわき市
市役所
した。
NTT
園
コジマ
アリオス
ガソリンスタンド
専用駐車場
みよし
小名浜→
ア情報をゲットしよう!!
いわき市
社会福祉セン
ター
立美術館
平中央公
ブログも更新中
社会福祉法人
いわき市社会
福祉協議会
高齢者の方々と笑顔で
交流する受講者の皆さん
http://iwakisaigaivc.blog.fc2.com/
講座申込み及びボランティアに関するお問い合わせ先 ボランティア活動センター 38-6631 まで !!
-4-
いわき市社協だより
~“誰もが住み慣れた地域で安全で安心して 暮らし続けることができる地域社会”を目指して~
第 109 号
いわき市ボランティア基金収益助成結果報告
本会は、いわき市における地域福祉の向上を目指し、
福祉活動に関わる地域住民・民間団体の自主的で継続
的なボランティア活動を育成・助長することを目的に
「いわき市ボランティア基金」を設置しています。
これまで、ボランティア活動のための研修会、資機
材の整備、福祉教育活動などさまざまな分野へ幅広く
助成しています。
◆ボランティア基金造成額
5億51万6,163円
(平成25年3月31日現在)
平成25年度までの助成実績
◆助成団体数 317団体
◆助成総額 7,654万7,868円
【平成25年度助成結果】 15団体 総額271万6,000円
助 成 団 体 名
助成額
事 業 内 容
いわき転入女性の会
41,000円
転入女性への情報提供と交流会・子育て支援事業
いわき市ボランティア連絡協議会
82,000円
ボランティア活動普及啓発のための広報紙発行事業
いわき「犬猫を捨てない」会
90,000円
要約筆記いわきサークル
160,000円
要約筆記に必要な機材整備事業
福祉レクリエーションネットワークinふくしまいわき
160,000円
レクリエーション支援活動に必要な音響整備事業
いわき音楽療法研究所 ミュージックフォレスト
167,000円
音楽ボランティアに必要な機材整備事業
ボランティア組織 クローバー会
190,000円
会報作成及び情報発信に必要なパソコン・複合機整備事業
CAPいわき
194,000円
中学生ワークショップ用カード作成及びクリアファイル作成事業
いわき声の奉仕グループ
198,000円
講習会用プロジェクター整備及びデジタル録音機整備事業
いわき点訳グループ
200,000円
点訳活動のための点字盤整備事業
NPO法人 いわき緊急サポートセンター
200,000円
病児・障がい児を含む子ども一時預かり拠点整備及び広報事業
200,000円
児童・生徒・保護者の電話相談活動に必要な広報・啓発事業
クローバーミュージックプロジェクト
200,000円
活動をいわき市民に知って頂くための広報事業
子どもの読書環境を豊かにする会
200,000円
講演会開催事業
いわき市社会福祉協議会ボランティア活動センター
434,000円
ボランティア活動保険助成事業及びプロジェクター・ミニ
コンポ整備事業
学校支援ボランティアの会
「ダイヤルこだま・いわき」
セミナーペット防災事業
(東日本大震災に学ぶ同行避難と日頃の備え)
ボランティア基金の助成を受けて…
たい基本的な「しつけ」などを学ぶ場として、
「ペッ
ト防災セミナー(東日本大震災に学ぶ同行避難と日
いわき「犬猫を捨てない」会
頃の備え)」を開催することができました。
私たちは、無為に捨てられる犬や猫をなくすため、 今後もこのようなセミナーを開催するとともに、
不妊・去勢の必要性を訴えるとともに、保護し里親 ペットを心の
を探すなど、人と動物の共生を目的として活動して 拠り所として
いる方々に寄
います。
この度のボランティア基金の助成により、東日本 り添い活動に
大震災の影響で、家族同然に暮らしてきたペットと 全力で取り組
一緒に避難することができなかった飼い主の心のケ んでいきたい
ア、ペットと一緒に避難する方法や身に付けておき と思います。
-5-
~“誰もが住み慣れた地域で安全で安心して 暮らし続けることができる地域社会”を目指して~
いわき市社協だより
第 109 号
「日韓共同募金会東日本大震災救援プロジェクト」
韓国共同募金会からの寄付金を活用し、被災者支援を目的とした地域福祉活動事業を実施しています。
平成25年度は、949万円が交付され、次の16事業を実施しています。
事業名
交付額
事業等内容
住民交流事業
・あったか~い温泉に入ってリフレッシュ事業(津波被災地域高齢者対象)
・春休みの小学生を対象にした子育てサロン事業(小名浜地区)
・親子体験教室(勿来地区)
・お出かけ子育てサロン♪(常磐地区)
・ふれあい交流事業~好間地区・大熊町・富岡町住民の交流~ (好間地区)
・遠野地区・田人地区合同子育てサロン(遠野・田人地区)
4,820,000円
・元気な川前をつくろう!~高齢者と若者のふれあい福祉事業~ (川前地区)
・ふるさとサロン(久之浜・大久地区)
・地域ふれあいサロン~民間借上げ住宅入居者を中心としたサロン~
(いわき市復興支援ボランティアセンター )
・ぼくとわたしの海辺のクリスマス事業
(小名浜地区復興支援ボランティアセンター )
情報提供等を
目的とした広報事業
・情報提供等を目的とした広報紙作成
2,990,000円
(健康情報カレンダー・ボランティアセンター広報紙・地区社協だより)
・いわき市災害救援(復興支援)ボランティアセンターブログ本作成
・傾聴ボランティア・フォローアップ講座の開催
・0246プロジェクト(ボランティア感謝の集い)
ボランティア関係事業 1,680,000円
・学生ボランティア視察研修(平地区)
・ボランティアスクール+1(内郷地区)
◆主な事業の紹介
親子体験教室
8月4日(勿来地区)
勿来市民会館と錦公民館におい
て、なこそ授産所や親子の利用者な
ど60名が参加し、お互いの交流を深
める事を目的に「親子体験教室」を
開催しました。
料理教室をはじめ、人形語りやミ
ニコンサートなどで楽しい時間を過
ごしました。 ふれあい交流事業~好間地区・大熊町・ 遠野地区・田人地区合同子育てサロン
富岡町住民の交流~12月1日(好間地区)
11月6日(遠野・田人地区)
好間公民館において、32名が参加 いわき市オートキャンプ場におい
し、「地域での暮らしを支えあおう」 て、20組の親子が参加し、地元の社
をテーマに、講談師の神田織音氏を 会資源を活用し元気いっぱい子ども
招き、成年後見制度や認知症につい 達が遊べる機会を作る事を目的に、
ての講演会を開催しました。
「遠野・田人地区合同子育てサロン」
また、大熊町と富岡町の仮設住宅 を開催しました。
集会所において、そば打ち体験や合 餅花を作るなど貴重な体験となり
唱を行い、交流しました。
ました。
-6-
いわき市社協だより
第39回
~“誰もが住み慣れた地域で安全で安心して 暮らし続けることができる地域社会”を目指して~
いわき市総合社会福祉大会を開催 !
第 109 号
社協通信
福祉施設・団体・ボランティアなど福祉関係者及
び市民の方々が一堂に会して、いわき市の福祉を総合的に高めていく「い
わき市総合社会福祉大会」(主催=いわき市・いわき市社会福祉協議会)
を、平成25年11月18日(月)いわき市文化センターで開催しました。
大会の席上、本市の福祉向上発展に多大な活躍をされた方々に表彰を
行いました。
【市長感謝】 6名
【大会会長表彰】90名
【大会会長感謝】 6名
代表受賞者より清水市長・強口会長へ謝辞
また、本大会において次の大会宣言が採択されました。
3団体
1 誰もが住み慣れた地域でその人らしい自立した生活を送れるよう、小地域での福祉活動を拡充し、地域は地域で支
え合うまちづくりを進めましょう。
1 すべての児童が、よりよい環境のもとで健やかに育成されるよう、地域ぐるみで子育てを支援しましょう。
1 高齢者やひとり親家庭などが孤立することなく、安心して暮らせるよう、保健・医療・福祉の連携による地域福祉
活動を強化しましょう。
1 障がい者保健福祉施策を、より充実させるとともに、すべての障がい者が、社会の一員として正しく理解され、共
に暮らせる地域づくりを進めましょう。
1 介護保険施設・福祉施設と地域住民との交流を深め、在宅福祉活動の拠点としても活用されるよう、地域ぐるみで
支え合いましょう。
1 市民の社会福祉に対する理解と関心を高め、ボランティア活動への積極的な参加を進めましょう。
1 共同募金が、社会福祉の増進に果たす役割と使命を理解し、募金活動をさらに進めましょう。
1 東日本大震災によって被災された方々が生活再建できるよう、地域住民が協働し、被災者支援に取り組みましょう。
第67回福島県社会福祉大会が
相馬市で開催されました!
県内の社会福祉関係
者が一堂に会し、「第
67回福島県社会福祉大
会」が平成25年11月15
日(金)相馬市民会館
で開催されました。
式典では、県内の福
祉向上に多大な貢献を
された方々の表彰が行
われ、本市からは26名
1団体が表彰されまし
た。
式典の様子
大会に参加した
本会役員の皆さん
【知 事 感 謝】 9名
【大会会長表彰】16名
【大会会長感謝】 1名 1団体
車椅子同乗移送用自動車貸出事業
市内に在住する自力で歩行が困難な方の日常生活
を支援するとともに、社会参加を促進するため、車
椅子同乗移送用自動車を無料で貸し出しています。
こんなときに利用できます。
○医療機関、公共機関での用事
○公共団体、社会福祉団体などが行う研修会、
講習会などへの参加
○買い物、スポーツ、行楽
◆申込方法:申込用紙の記入(予約制)
◆利用できる地域:原則としていわき市内
◆利用回数:原則として月2回
車椅子
も貸
◆利用期間:原則として1日以内
ていま 出し
す!
※申込みの際は、
運転免許証と印鑑を
お持ちください。
お問い合わせ先
地域福祉課
23-3320(代)
-7-
~“誰もが住み慣れた地域で安全で安心して 暮らし続けることができる地域社会”を目指して~
いわき市社協だより
第 109 号
地 区 協 議 会 だ よ り
いわき市社会福祉協議会は、市内13地区(平、小名浜、勿来、常磐、内郷、四倉、遠野、小川、好間、三和、田人、
川前、久之浜・大久)に地区協議会を設置し、『誰もが住み慣れた地域で安全で安心して暮らし続けること
ができる地域社会』を基本理念に、地域住民の福祉ニーズに合ったさまざまな事業を実施しています。
◆平地区協議会(障がい児・者余暇活動支援事業)
◆常磐地区協議会(高齢者スポーツ大会)
福祉レクリエー
ションワーカーの七
海多美子先生を講師
に招き、12月14日に
社会福祉センターに
おいて、障がい児・
者の方とボランティ
アの方とが、レクリ
エーションを楽しみました。30名が参加し、会場
内特設カフェスペースでクリスマスの雰囲気を楽
しみながら交流しました。
スポーツを通じて
健康増進を図り、親
睦を深めることを目
的 に12月1日 に 湯 本
一小体育館で開催し
ま し た。 約150名 の
高齢者が参加し、
「ボ
ウリング大会」「空
飛ぶ円盤」など10競技に汗を流しました。また、
いわき総合高校の「総合フラガール」によるフラ
ダンスの披露もあり、笑顔いっぱいの世代間交流
も図られました。
◇詳しくは、常磐地区協議会43-2111㈹まで
◇詳しくは、平地区協議会22-6441まで
◆四倉地区協議会(高齢者ふれあいの集い)
地域での世代間交
流や社会参加を目的
に、11月23日に四倉
地区の高齢者を対象
に四倉公民館で「高
齢者ふれあいの集
い」を開催しました。
約350名 が 参 加 し、
演芸披露や四倉中学校吹奏楽部による吹奏楽演奏
を楽しんだ後、婦人会の皆さんの協力による豚汁
を頂き、交流を深めました。
◇詳しくは、四倉地区協議会32-2114㈹まで
Ʒ
ǓȞǜⴾ
đኇ̸
᧯ᙆક‒ɟɱȾ
ヵノヒɛɳ
ロモヵヰヷ
ἕ۰ࡖሤⴆ
͜۞ē
ȎǩȊ⧼⒅
ᲆᨀ⧼⒅
編集
後記
࡛⣔⿅‫ۥ‬
ኇ⤒⧼⒅
ɜɭȪɡɳɼȫ
ᄙ‫ك‬Ƀɻɇʀ
ǓȞǜల
᰷Ήᱨ᰽Ƀɻɇʀ
ǓȞǜలᴗῡ⒈ⴆ
లൃཀ
Ȼɀɦ
ȴɅɲɻɁɇɻɑ
ଗ᧸ⵂ⟥ई
ȎȗǦ
ତ۵ᘛせ
ȪɲȲɁ
◇詳しくは、川前地区協議会84-2111㈹まで
昔から、元日には「年神様」という新年の神様が、一年の幸福をも
たらすために各家庭に降臨するとされています。その年神様を迎え
入れてお祝いし、たくさんの幸せを授けてもらうために様々な正月
行事の風習が生まれました。時代が変わっても、この風習が受け継
がれているように「思いやりや支え合いの風習」が受け継がれてい
くよう願います。
広報委員一同
皆様の声をお待ちしています!
いわき市社会福祉協議会では、市民の皆様の声をお待ちし
ています。 手紙、電子メールでお気軽にお寄せください。
住所:いわき市平字菱川町1番地の3(いわき市社会福祉センター内)
ワヵヵ
౪˛ঞӸࡰ
◆川前地区協議会(青少年福祉体験学習)
民生児童委員、老
人クラブ会員、行政
嘱託員などの協力に
より、11月29日に桶
売中学校において正
月飾りを製作しまし
た。
生徒たちは、地域の
先輩方から正月行事の伝統の技を教わりながら、
学校生活の良い思い出づくりとなりました。
いわき市社協
ホームページ
ホ ー ム ペ ー ジwww.iwaki-shakyo.com メールアドレスmaster@iwaki-shakyo.com
「いわき市社協だより」の作成経費として、皆様からの寄付金・会員会費及び共同募金配分金を使用させていただいております。
-8-