2012 9.28 Vol.95 - OCN

J I A 長 野 県 ク ラ ブ
95
2012
9.28 Vol.
関東甲信越支部 長野地域会
長 野 県クラブの活 動から信 州 建 築へのアプローチ
夏のセミナー
エコハウスセミナー・飯田
まち並ウォッチング・上田
上田情報
夏のセミナーにて
「川上から川下へ 地
域材を考える」のテーマをもとに、パネルディ
スカッションが去る7月28日に松本 崖の
湯 茜宿にて開催されました。信州の木を
利用して、信州の木造建築に生かす。地産地
消の考え方で生産者と消費者の距離感を
なくし対面することで両者のコミュニケーショ
ンがはかられ、里と山の循環性を構築する
ことが信州の山を守り、地域に育った木によ
り建築を造ることで、
自然、気候になじみ、
く
るいの少ない構成となり、風土になじんだ建
築を造ることの可能性が大きくなる。
信州の山は、
日本の中でも特に自然のお
りなす四季の季節感がすばらしく、世界には
ない光景だと思う。
この美しい信州の山々を
守る為にも、山を荒らさず里山を育てていく
事が大変重要だと思う。
今回、川上会長が打ち出した地域材によ
り新たな信州の建築文化を創造する先駆者
として、長野県クラブのメンバーが木造住宅
を県産材で造るという活動は意義のある事
だと思う。
それに向かって長野県クラブが一丸とな
り努力することはすばらしい事だと思う。
そん
な事業を通じて一般の人々の為に役立ち、
社会から必要とされる団体又は個人でなけ
ればならない。
我々に建築の設計を依頼して
くる人は、一般的に経済的に豊かな人が多
く、大半の人は建築家には依頼はせず、
プレ
ハブメーカーの展示住宅に足を運ぶ。一般
消費者にも受け入れてもらうには、県産材を
利用したローコスト住宅を提案しなければ、
受け入れてもらえないだろう。一般消費者に
とって、里山が視覚的にも家を造るというコ
スト面においても、身近な存在である必要性
が大切だと思う。一般消費者にとっても役立
つ仕事も両立していくべき必要があると感じ
る。
それには、長野県で活動する建築家とし
甘利享一
て個 の 力を高め
ていくことが大切
であると考える。
団体スポーツにお
きかえれば、チー
ムワークの良いこ
とは 当 然 強い 力
を発揮できるが、
個のプレーもレベ
ルを上げ互いに刺激しあい、個を変える事
によりさらにチームプレーを高めていき、社会
に必要とされる存在に徐々に変わっていくこ
とが「要」
であると思う。いきなり社会を変え
ようと大上段にかまえると、何をしていいの
か見えてこないけれど、
自分を変革していくこ
とから始めていくと何かが見えてくるように思
う。
1本のろうそくを隣の人に灯すことによりそ
の輪が広がっていき、
やがて世を灯す明りに
変わっていく。
個を高めるには、
クライアントの夢を実現
させていく使命感に応えられることが必要と
思う。
それには我々がクライアントと共に夢を
見なければ、楽しくなければ、感動がなけれ
ば、何も見えてこないだろう。予算がない、敷
地条件が悪い、
あらゆる条件が悪いなかで
それを現実のものとしていくには、現在の社
会情勢の中では厳しいものがあるのも現実
です。
しかし、我々が個を変え社会を変えて
いくには、想像力と情熱をもって建築活動と
向かい合わなければなりません。
そうしなけ
れば、社会から必要とされず、一般消費者か
ら遠ざかっていってしまうのではないでしょう
か。県産材をただ使えば良いということでは
なく、
そこに我々の知恵を絞り込んで、信州の
木による新しい建築文化に息吹を吹き込
み、信州の風土を創造していく意気込みを
伝えなければならないと思う。
エコハウスセミナーに参加して
十年ほど前、
「一年後には 環境 が必ずビジネスのキーワードになる」
とある方
小宮山 吉登
コストはどの位かかるのだろう?ランニングコストが低減され、
地球環境保全
からお話を伺いました。
「ほんとかな」
と半信半疑で聞いていましたが、
今や
「環
に貢献しているとは言えとても気になるところです。
化製品・給湯器、
インバータ制御等の技術進歩は目を見張るものがあります。
燃
から、
質疑の中でお聞きした総工事費を床面積で割ると、
「やっぱりかかるね」
と
今回見学した三つの建物には、
太陽光を調整する木製格子扉、
太鼓貼りの
コストを抑えるまでになったそうですが、
あと3万円下げるのが目標とのお話
境・ECO」
は身近な生活にすっかり定着の気配です。
省光熱費・節水をうたう電
料電池、
電気自動車等これからの進化に少なからず期待をしてしまいます。
断熱障子、
蓄熱体としての土間のある空間等々、
そうしたハイテク技術とは一味
二味も違う、
どこか懐かしく似たような体験が身体感覚に残るECOが、
現代の
技術が付加された形でちりばめられており、
感嘆の思いで見学させて頂き、
興
味深くお話を伺いました。
「りんご並木のエコハウス」
はECO住宅啓蒙促進のショウルーム的建物です
いう坪単価です「県産材住宅モデルハウ
。
ス」
はOMソーラー付で68万円/坪まで
でした。
個々の住まいを設計する際、
その建物敷地の自然環境の分析、
生活スタイル
に合ったECOの選定、
それらを形にするための創意工夫、
設計者の技量が求
められると、
気の引き締まる思いでセミナー会場を後にしました。
まち並ウォッチング 上田
福島 透
今回のまち並ウォッチングは上田市を中心に養蚕で栄えた20世紀初頭の建
がありました。
昭和恐慌を迎えるまでの繁栄著しい時代に建てられたものです。
同時にこの繁
を説明すると
「上田にも誇れる建てものがあるのねぇ」
と嬉しそうに微笑んで路
物を視察しました。
見学した建物は製糸業が全盛期を迎えた19世紀中期から
栄の影響で西洋建築が花開いた時期でもあります。
この時代を反映してか見
学した建物の中には西洋建築風でありながら、
どこか和風的なスパイス?が入
見学途中に買い物帰りであろうご婦人に、
何の団体かと声を掛けられ、
概略
地へ姿を消して行きました。
建築物とは、
迷惑建築になるものもあれば今回見学した建物のように市民
った建物も見受けられ、
実に興味深く見学出来ました。
今回見学した主な建物
の誇りとなる可能性も秘めています。
どであり、
どの施設も管理者から丁寧な説明をいただき、
建物の良さや特色な
行りに惑わされることなく、
時代を見据えた価値観を常に考え、
設計に臨まなけ
は
「笠原工業の繭蔵」
「信州大学繊維学部の建築群」
、
そして
「上田蚕種㈱」
な
どが十分に理解できました。
特に信州大学繊維学部の講堂は装飾が見事で、
折り上げ格天井やプロセニアムアーチ廻りの装飾は当時の職人の心意気を垣
間見ることができた。
これは今流行りの白一辺倒で装飾の無いシンプルな建物
と対峙する建築でもあり、
そんな建物に見慣れた私の眼には新鮮で心躍るもの
建築家は建物やそれを取り巻く空間に対して、
創る責任の重さを認識し、
流
れば!
陽が西に傾く暑い日の路地裏で、
このご婦人の後ろ姿を見送りながらそんな
ことを思いました。
上 田情報ビジネス専門学校 「ものづくり講 座 」
上田情報ビジネス専門学校のものづくり講座も今年で5年を迎え、
多くの長
野県クラブの会員の方々を講師として、
講義を行ってきました。
当初、
学生にもの
づくりの楽しさをしってもらうために始まった雑学講座ですが、
学生設計コンクー
ルでの学生の作品を見させてもらうと、
年々レベルが上がってきており、
このもの
勝山 敏雄
たり「場」
、 や
「その土地」
あるいは
「思考」
「思想」
時には
「機能」
や
「用途」
等、
いつ
もさまざまな視点で自分の中で取り組み、
取り込んでいく。
という内容でした。
講
義の後半は今までの作品をひとつひとつ説明してくださいました。
後半は上田警察署の現場見学でした。
ちょうどこの日は最上階のコンクリート
づくり講座が少し、
皆に刺激を与える場になっているようにも思えます。
打ちで、
その現場を見学させていただきました。
配筋された型枠の中に生コンが
義、
後半は児野さん設計の上田警察署の現場見学でした。
(県の施設課の許
ートを打っていく様子を見ている学生を見ていると、
のめり込むように目を輝かせ
今回の講座はアーキディアック児野登さんの講義でした。
前半は教室での講
可を得て特別に見学させていただきました。
)
講義のテーマは
『建築の外延と建
築に内包されるもの』
でした。
児野さんが設計に携わる中で、
言葉にはなかなか
表現できない内に秘める建築に対する思いや考えが伝わってきました。
建築と
送り込まれ、
それぞれの立場の職人さんたちが手際よく、
そして、
きれいにコンクリ
ていました。
PC梁の様子も見られ、
通常のRCでは見ることができない貴重な経
験もしました。
下階では内装工事が進められており、
設備配管や電気配線、
場
所によってはボード張りの工事が進んでいました。
普段完成された建物では決
いうカタチは、
外から見る形であるが、
それに内包された意味を問いただし、
理
して見ることのできない建物の裏を見させていただきました。
家が自己主張するものではなく、
建築そのものが自己主張しなければならない。
と思います。
解することが必要で、
それを見出すことで本来の建築のカタチが生まれ、
建築
それはひとつの法則や手法などではなく「歴史」
、
「時代」
や
「芸術」
「様式」
であっ
今回のものづくり講座を通して、
学生さんがまた一歩成長してもらえればよい
夏 の セ ミ ナ ー
7月28日
(土)松本市 崖の湯 薬師平茜宿にて恒例の
「夏のセミナー」
が開かれました。
ました。第2部では
『川上から川下へ・地域材を考える』
と題
して、今年度発足した地域材活性化委員会委員を中心とし
午前中に幹事会が開かれ、午後は第1部・賛助会の情
た基調報告並びにパネルディスカッションが行われ、地域
報発信として、賛助会3社からの最新情報を紹介いただき
材利用などに関して活発な議論が交わされました。
賛助会からの情報発信
会員委員会委員長 長島 三夫
会員委員長になって初めての大仕事です。
今まで不真面目な会員だったた
め、
どのように進めていいのか分からず、何事も起こらずにただ時間が過ぎてく
れればいいな と暗い空気を漂わせながらの進行でした。
賛助会からは㈲E・C・O、 長野三菱電機機器販売㈱長野支店、 ㈱角藤
長野本部以上3社の協力により情報発信が行われました。
1番目は㈲E・C・Oからは廃タイヤを利用したゴムチップの床材の紹介、
以前
紹介した時より技術的にいろんな工夫がなされ、
使用範囲がずいぶん広がっ
を持つメーカーならではの説明に、
古くなったエアコンはこの際新しくしてしまお
うと思った程。
数年前と比べ効率も凄く進歩している事に驚かされた。
(もう少し待
てばもっとよくなり、
価格も下がるような予感!我が家はもう少し待つことにします。
)
3番目は㈱角藤から地中熱を利用し熱源を取り入れる技術紹介でした。
今、
取り組まなければならない、
原子力に代わるエネルギーのひとつです。
自社では
地中熱をすでに取り入れているそうです。
是非、
見学会をお願いして会員の理
解を深めていただければと思っております(モグラはいつも一定の温度の中で
。
たようです。
ここ信州の冬は玄関先でころんで怪我をする例が多いですが、
こん
暮らしているのかな?)
って他人事ではなくなりました。
)
からも会員、
賛助会員の希望や意見を頂戴し、
設計する上で必要な情報、
皆さ
最近多くなったリフォームを中心とした空調の紹介で、
長野県では一番のシェア
ーに備えたいと思います。
な事故も減らしてくれる材料として注目です(足腰がだんだん自由に動かな
。
くな
2番目は三菱電機の工場から説明者がきていただいての情報発信でした。
このセミナーが会員の設計活動に少しでも役立てて頂ければ幸いです。
これ
んに伝えたい情報を探し出し有意義なセミナーになることを目指して冬のセミナ
地域材活性化へ向けて
尾日向 辰文
『川上から川下へ・地域材を考える』
というテーマで地域材活性化委員会の
た話。
「山がやばい」
と言った真剣な表情が印象的でした。
基調報告、
後半は自由な意見交換という2部構成でした。
建てられる!と掲げた地域材活性化委員会の謳い文句に対して、
限られた予算
新井委員長をコーディネーターに開催されました。
前半は4人のパネラーによる
基調報告は、
県の県産材利用推進室吉川課長補佐から、
森林が成長して
蓄積量が年々増えているが成長量の2割しか使われていない現状、
育てる時
代から使う時代になったという話。
根羽村森林組合の鈴木さんから、
植林から
意見交換は、
会員がそれぞれに県産材の家を年3軒建てれば全員で200軒
の中で外材に比べて値段の高い県産材を採用することが施主の利益になる
のだろうか、
という意見も出され、
混迷しました。
会員それぞれ、
地域材に対する関心の度合いや付き合い方が違います。
私
製材加工、
販売まで総合的に取り組む、
根羽村トータル林業の話。
征矢野建材
自身、
明確な意志を持っていません。
過日、
根羽村と風の学舎を皮切りに始まっ
建築設計事務所の下崎さんから、
自分の山の木で家を建てた施主の仕事を
たらと思います。
の星川さんから、
地域材に付加価値を加えた接着重ね梁や圧密材の話。
下崎
する中で、
島崎山林塾の島崎さんと出会い、
山の現状を知り、
地域材に傾倒し
新
人
た地域材フィールドワークなどを通じて考えを深め、
川上と川下の渡し役になれ
紹
介
今年度からJIA長野県クラブに入会させていただくこ
大先輩の川上会長と安藤さんにご紹介いただいて、
とになりました、
北村建築設計事務所の北村と申します。
この度入会しました設計工房悠の百瀬と申します。
7月
に松本市内に設計事務所を開設いたしました。
大学卒
すが、
皆様の意識の高さと情熱に圧倒されております。
郷里で建築の仕事に携わることを目標にして、
6年前
から、
少しずついろんな会に参加させていただいていま
業後、
奈良市内の設計事務所にて多くの伝統建築に触
昨年まで、
長年老舗の設計事務所に一設計士として
れる機会を得、
松本に戻ってからは川上会長のもとで
北村 浩康
民家再生の業務を通して、
地域の建築のあり方を考え
てまいりました。
今、
子供の頃に愛着をもった信州の姿の多くは、
残念ながら失われてしまい
ました。
あらためて、
地域性や地方性というものは、
これまでの歩みの延長線上
にしか存在しないことを強く感じています。
また、
地元に愛着を持つものが、
もの
づくりに関わる事こそが、
地域性や地方性を現した信州の建築を生み出すこと
勤めて参りましたので、
建築家協会に所属ということ自
百瀬 万里子
体、
何となく恐れ多い気がしています。
地域材活性化委員会に入れていただきました。
恥ず
かしいことにそういった意識が今までとても低く、
大変勉強になっております。
根
羽村のフィールドワークでは、
建築家の協力のもと、
こんなことを実現している自
治体があるのだと驚きました。
希望を持って、
素朴にまっすぐに活動している姿が
印象的でした。
自分にも何か地域や地球の為にできることがあるかもしれない
につながるのではないかと思っています。
と、
ちょっとどきどきもしております。
を学んで、
長野県の建築家としての役割と責任を果たしていければと考えてお
自分の価値観や方向、
また社会に自分が出来ることをみつけてゆきたいと考え
どうぞよろしくお願いいたします。
よろしくお願いいたします。
今後は、
信州を愛する長野県クラブの諸先輩方との活動を通して、
多くの事
ります。
皆様にご指導いただいたり、
ご一緒に宣伝させていただきながらこれからの
ております。
賛助会だより
安全で、
清潔で、
美しく、
快適で、
長持ちする床づくり
株式会社タジマ信越営業所 宮本 順一
社会のあらゆる建物の床材とそれを使うソフトの開発を重ねて半世紀。
その一貫したテーマは、人間の為の床づくりです。
これまでも、
これからも、
私たちは5つのスピリットを持つ
「人の床」
を提案していきます。
取扱品
ビニル系を中心とした床タイル/シート類
カーペットタイルを中心としたセンイ床材
巾木、接着剤、床手入れ剤などの関連商品
一貫体制について
時代のニーズに合った、優れた機能的床づくりを提供する為、
タジマは
研究、開発から製造、物流までを自社一貫体制で臨んでいます。又、
ISO
9001を取得し、国際的な品質基準にも対応しています。
タジマは常に理想の床づくりを追求いたします。
そして、安全で、清潔で、
美しく、快適で、長持ちする床づくりを目指します。今後ともよろしくお願い申
し上げます。
〒390-0832 松本市南松本1-13-14松本ノーサンビル3F TEL:0263-27-1841 FAX:0263-26-8390
美しい水を守る
フジクリーン工業株式会社 松本営業所 松田 保
弊社は美しい水を守る為、
フジクリーンが目指すもの※の企業理念に基
づき、 1.低炭素社会を実現する商品開発、 2.中水道システムの研究、
3.単独浄化槽から合併浄化槽へと言う3つの取り組みを行っております。
具体的な営業種目として、小型・中型・大型浄化槽、高度処理浄化槽、
産業廃水処理装置、農業集落排水処理装置、中水道システム、
ブロワ
(送
風機)
があり、
それぞれの商品とも自社で、開発、設計、製造、販売、施工を
一貫して行っております。
また、製品の維持管理、水質分析・調査も行って
おります。
※私たちの使命は、子供たちが水まみれ泥まみれになって遊ぶことのでき
る、生物にあふれた小川や水辺を回復することです。
そのために、人が使
い汚してしまった水をその場できれいにし再生する技術の開発に力を注
ぎ、技術力、商品力で世界一を目指します。
〒390-1243 長野県松本市大字神林3308番地1 TEL:0263-27-2080 FAX:0263-27-2081
私たちは環境保全活動に取り組み
『環境調和企業』
を目指します
私たちはお客様に優れた品質で最高の満足を提供いたします。
私たち双葉は創業以来、
あらゆる産業の基準器たる計測機器の販売と
科学技術の発展と共に益々その重要度を加えている教育研究施設の開
発・設計・施工を営業の主軸に、お客様が今何を求めているかを的確に
判断し、徹底的な分析検討をもとにお客様にとって最適・最良な解決策を
ご提案・ご提供していくベスト・ソリューション・サプライヤーを目指して標準
化した提案・提供でなくここにしかない、今しかないものを、
お客様の多様
株式会社 双葉 飯田営業所 有賀 通夫
なニーズに合わせ、
タイムリーにお届けして行くことです
システム創造型企業として、人・情報・環境の明日を見つめ、人間が持
つ本来の創造性を最大限に発揮できる時間と空間を提供したい・・・それ
が私たち双葉の根底に脈打つポリシーです。つねにオリジナリティに溢れ
た、真のCS(顧客満足)
を追求し、
ご提供していきたいと考えています。宜し
くご指導をお願いいたします。
【教育施設設備(黒板・収納家具・体育遊具施設・図書館)博物館・病院福祉施設機器等】
飯田営業所 飯田市上郷別府3361 TEL:0265-22-6787 本 社 岡谷市天竜町3-4-8 TEL:0266-23-3108
県下唯一の日立グループ総合特約店です。
松田・南信株式会社 環境システム部 小林 勤
当社は、
日立製作所の総合特約店として日立グループ全般の製品を取
り扱う卸売会社であると同時に、空調・給排水・衛生設備等の管工事や、
エレベーター・エスカレーター等の機械器具設置工事と電気工事の建設
業を営む設備会社です。
日立グループの確かな技術力を背景にハイテクと
自然が調和する空間の創造をめざして、各種設備やシステムの企画立案
から設計施工、
メンテナンスまで一貫したサービスをお客様にご提供でき
る様努力しています。特に精密工業や食品工業関連の工場におけるク
はじめよう、
炎のある暮らし
新入会員
リーンルームの設備工事においては、当社の得意とする空調ユーティリ
ティー設備技術や省エネ・低コスト化技術と日立の高品質な関連製品を
余すところなく駆使して多くの施工実績を上げています。
平成19年に
「松田産業株式会社」
と
「株式会社南信日立」
が合併し社
名を新たに発足してから、両者が長年培った営業・エンジニアリング・
サービスを結集・強化してより地域に密着した地元企業として、お取引先
様の真のパートナーになるべく、社員一同全力を挙げて邁進しています。
〒381-8539 長野市南長池古新田369-5 TEL:026-243-3222(代表)
有限会社ヤマショー 代表:山口 長武 担当:藤澤 知旦
弊社は昭和48年にチェンソー等の林業機械の販売を柱に創業いたし
ました。
その後、平成元年より薪ストーブの販売と取付工事を行っておりま
す。
ご承知のとおり薪ストーブは再生可能で身近なバイオマスエネルギーを
利用し、
自然な空気の対流のみで動かせるシンプルな暖房です。
特にストーブ先進国である欧米のストーブはクリーンバーン等の採用に
よって、
より人と自然にやさしい暖房になったと言われています。
寒さの厳しい信州での施工実績も2,000軒を超えて、今後もオリジナル
部材の開発や、更に安全で安心な煙突施工を目指していきたいと思って
おります。
現在は上田と松本に拠点を置いて県下全域をカバーしていますので、
アフターメンテナンスは勿論、林業関係機関との連携による薪の調達や配
送も自社で賄い、
ユーザー様の薪ストーブライフをバックアップしています。
〒386-1101 上田市下之条203-3 TEL:0268-27-0324
■今後の行事予定
■開催したイベント
10月22日(月)… 第5回会員の集い
11月16日
(金)… まち並みウォッチング
11月29日
(木)∼12月1日
(土)… JIA建築家大会2012横浜
12月上旬 ………「信州の建築家とつくる家+プラス 第9集」発刊
12月 8日
(木) 冬のセミナー&忘年会〈安曇野市 ほりで∼ゆ〉
第2回地域材フィールドワーク(上伊那・木曽地域)…10月下旬
7月28日
(土)… 夏のセミナー&納涼会〈松本市 崖の湯 茜宿〉
8月30日
(木)… 第1回 地域材フィールドワークin南信州
根羽の取り組み
8月30日
(木)… 環境を考える夕べ〈飯田市 風の学舎〉
今年度上四半期における主な活動紹介を主軸に本号を編集させていただきました。夏のセミナーでは、地域材活性化委員会が今年発足
したことから
『川上から川下へ・地域材を考える』
をテーマに県産木材の活用について様々な意見交換が行われ、本号でも大きく取り上げ
ました。
「 県クラブ会員が一丸となって地域材活用を促す」
という目標に向けての第一弾です。障害も少なくはありませんが、地道な活動を
通じてお互いの理解を深め、少しづつでも前進していきたいものです。 下崎明久
皆様からの投稿をお待ちしております。誌面へのご意見もお寄せ下さい。
編集人/下崎明久
発行所/J I A長野県クラブ 長野市南長野妻科426-1 長野県建築士会館内 TEL:026-232-3897 FAX:026-232-5303
発行人/川上恵一
URL
http://www4.ocn.ne.jp/~jia-naga/ E-mail jia-naga@jeans.ocn.ne.jp