[成果情報名]ビワの果実腐敗の原因となる菌類の感染時期 [要約]ビワ

[成 果 情 報 名 ]ビワの果 実 腐 敗 の原 因 となる菌 類 の感 染 時 期
[要 約 ]ビ ワ 果 実 腐 敗 の 原 因 と な る Colletotrichum 属( 炭 疽 病 菌 )、Pestalotiopsis 属( 灰 斑 病
菌)およびその他種々の菌類の主な感染時期は、開花期から落弁期までの期間である。
[キーワード]ビ ワ 、 果 実 腐 敗 、 感 染 時 期
[担 当 ]長 崎 果 樹 試 ・ 病 害 虫 科
[連 絡 先 ]電 話 0957-55-8740、 電 子 メ ー ル s26700@pref.nagasaki.lg.jp
[区 分 ]果 樹
[分 類 ]指 導
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
[背 景 ・ねらい]
本県の特産果樹であるビワの果実腐敗には複数の菌類が関与するが、これらの
うち炭疽病菌は開花期以降の降雨によって果実内部へ侵入するとされているも
のの 、他 の菌 類の 感染 時期 に関 して は不 明な 点も 多い 。種 々の 菌類 によ る果 実 腐
敗 を 総 合 的 に 抑 制 す る た め に は 、各 種 菌 類 が 感 染 す る 時 期 を 明 確 に す る こ と が 必
要 で あ る 。ま た 、果 実 腐 敗 に よ る 損 失 を 減 ら し 、産 地 イ メ ー ジ を 高 め る た め に は 、
露地 ビワ 栽培 への 耕種 的防 除の 導入 も検 討す る必 要が ある 。そ こで 、果 実腐 敗 対
策として屋根かけ栽培を実施する際に問題となる、「被覆すべき期間(感染時
期)」を明らかにする。
[成 果 の内 容 ・特 徴 ]
1.ビワ果実腐敗は、開花期以降に露地から被覆下に移動した区で発生し、落弁期に移
動 し た 区 は 露 地 と 同 程 度 の 腐 敗 果 率 を 示 す ( 表 1)。
2.被覆下に置いたビワ樹を落弁期に露地に移動すると、わずかに果実腐敗が発生する
が 、 幼 果 期 に 移 動 し た 場 合 に は 発 生 し な い (表 3)。
3 . こ れ ら の 腐 敗 果 か ら は Colletotrichum 属 ( 炭 疽 病 菌 )、 Pestalotiopsis 属 ( 灰 斑 病 菌 )
お よ び そ の 他 の 菌 類 が 分 離 さ れ る ( 表 2、 4)。
4.以上より、ビワ果実(花)への各種菌類の感染時期は、開花期から落弁期までの期
間であり、出蕾期や幼果期には感染していないことが推察される。
[成 果 の活 用 面 ・留 意 点 ]
1.ポ ッ ト 栽 培 ビ ワ を 用 い た 試 験 の 結 果 で あ る 。
2 . ビ ワ 果 実( 花 )へ の 各 種 菌 類 の 感 染 防 止 の た め 降 雨 を 遮 断 す る 場 合 に 、屋 根 か け 等
で被覆すべき期間は、開花期から落弁期までと考えられる。
3.薬剤防除体系を構築する際にも、開花期から落弁期の間が重要な防除時期になると
想定される。
23
[具 体 的 データ]
表1 ビワ鉢の被覆下への移動時期別の腐敗果率(品種:涼風)
区
No.
露地→被覆下 ビワの生育
供試樹数 収穫果数
移動日
ステージ
収穫時
腐敗
8日後
腐敗
8日後
内部腐敗
総腐敗
果数
腐敗果率
(%)
1
2006/10/17
出蕾期
4
68
0
0
0
0
0.0
2
2006/11/24
開花期
4
99
2
4
0
6
6.1
3
2006/12/29
落弁期
4
81
1
4
4
9
11.1
4
露地 −
4
104
2
7
1
10
9.6
表2 腐敗果から分離される菌類(品種:涼風)
区
No.
露地→被覆下 ビワの生育
移動日
ステージ
総腐敗果数
Colletotrichum 属
(炭疽病菌)
Pestalotiopsis 属
(灰斑病菌)
その他
1
2006/10/17
出蕾期
0
0
0
0
2
2006/11/24
開花期
6
3
2
1
3
2006/12/29
落弁期
9
7
1
1
4
露地
−
10
4
1
5
表3 ビワ鉢の露地への移動時期別の腐敗果率(品種:陽玉)
区
No.
被覆下→露地 ビワの生育
供試樹数 収穫果数
移動日
ステージ
収穫時
腐敗
8日後
腐敗
8日後
内部腐敗
総腐敗
果数
腐敗果率
(%)
1
2006/12/29
落弁期
2
29
0
1
0
1
3.4
2
2007/1/25
幼果期
4
20
0
0
0
0
0.0
3
露地
−
4
112
1
11
2
14
12.5
表4 腐敗果から分離される菌類(品種:陽玉)
区
No.
1
2
3
被覆下→露地 ビワの生育
移動日
ステージ
2006/12/29
2007/1/25
露地
落弁期
幼果期
−
総腐敗果数
1
0
14
Colletotrichum 属
(炭疽病菌)
0
0
6
Pestalotiopsis 属
(灰斑病菌)
0
0
2
その他
1
0
6
[その他 ]
研究課題名:果樹ウイルス抵抗性健全母樹の育成と特殊病害虫調査
予算区分:県単
研 究 期 間 : 2007 年 度
研究担当者:菅
康弘
既 発 表 論 文 等 : 平 成 19 年 度 日 本 植 物 病 理 学 会 九 州 部 会 ( 共 催 : 九 病 虫 、 九 農 研 )( 口 頭
発表)
24