緑化施設の心理的リラクゼーション効果に関する基礎的研究* A

緑化施設の心理的リラクゼーション効果に関する基礎的研究*
A fundamental study on Psychological Relaxation Effects of Urban Green Facilities*
加納 光規**・石計 竜一***・伊藤 禎敏****・荻野 弘*****・野田 宏治*****
By Mitsunori KANOU**・Ryuichi ISHIBAKARI*** Sadatoshi ITOH**** Hiroshi OGINO***** Kouji NODA*****
1.はじめに
①優れた景観,風致の美しさ
誰もが木々に囲まれる空間の中,樹木の防音効
緑色は安心感を与える暖かい色であり,社寺の森
果によって得られる静けさとそれを助長する葉音や
や御神木等が宗教的にも大きな存在となっているよ
鳥の声に心を落ち着かせ,日頃擦り減った神経が癒
うに,人々の心に安らぎを与えている.
されると感じている.しかしながら,都市にある身
②静環境
近な樹木が急速に失われて,緑の減少に応じて人々
のストレスは増して来ているように思われる.
これまでにホプキンスリストと呼ばれる心理テス
トによりストレスと緑との関係の研究をしてきたが,
静環境は騒音源を覆い隠す効果や森林の持つ心地
よい音が不快な騒音を打ち消すマスク効果など,心
理面に与える効果は大きい.
③フィトンチッドの効果
樹木に対する好感度とストレス反応との相関関係は
フィトンチッドとは樹木が光合成のプロセス中に
十分に説明出来ず,相互に影響を及ぼしているとは
つくり出し発散する揮発性物質である.森林浴時に
言い難いことがわかってきた.しかし,多くの人が
爽快な気分となるのはこのフィトンチッドによる効
「樹木は人の心に安らぎを与えていると思います
果である.
か」の質問では,ほとんどの人が「思う」と回答し
3.本研究の方法
ており,樹木が何らかの安らぎを与えていることは
間違いないと思われる.
ストレスは 感覚的なものであり,言葉で表現さ
れるが,データとして示すことはなかなか容易では
そこで,本研究では緑に対する好感度の観点で
ない.そのため通常,心理的な反応を生理的な反応
はなく,心理テストのPOMSを使い実際に公園を利用
に置き換えて判断する方法がとられる.例を挙げる
した人の気分変化を調査し,人々がどのような空間,
ならば,ストレスの度合を心拍数や血糖値を用いて
あるいはどのような行動で癒されているのかを明ら
表すということである.
かにし,癒しを与える緑化施設空間とはどのような
本研究では樹木を心の拠り所,すなわち「安ら
ものかを考えることを目的とする.
ぎ」を対象としたストレス緩和を考慮しようとした
2.樹木の効果
ため,心理的な反応として捉えることにした.井川
樹木が心身に与える影響として基本となるもの
1)・高津 2 )らの研究を参考に心理的な反応を容
原
は「快適性」であり,肉体的や精神的に安らぎを与
易に捉えることとし,POMS と呼ばれる心理テス
えることである.樹木がストレスに何らかの影響を
トを用いることとした.
及ぼすであろう効果とは以下のようなことが考えら
3−1 POMS3)について
れる.
使用した質問紙は,精神的な健康状態を測定す
る の に 用 い ら れ る POMS で あ る . POMS は
*キーワーズ:景観,公園・緑地,心理
**学生員,豊田工業高等専門学校専攻科建設工学専攻
***非会員,豊田高専 専攻科
****学生員,豊田高専 専攻科
*****工博,豊田高専 環境都市工学科
(〒471-8525 豊田市栄生町2−1
TEL0565-36-5875 FAX 0565-36-5875
E-mail:ogino@toyota-ct.ac.jp)
Profile of Mood States の略で,「気分プロフィー
ル検査」と呼ばれている.この検査は,65 項目の
質問からなり,被験者は各質問に対し,「全くなか
った」(0 点)から「非常に多くあった」(4 点)
までのいずれかひとつを選択する.これら 65 項目
中 58 項目が 6 つの尺度(緊張‐不安,抑うつ‐落
表−2 場所別の気分変化
込み,怒り‐敵意,活気,疲労,混乱)に分類され
ており,各尺度ごとに合計得点を算出することによ
り,気分変化が測定できる.
4.学生の分析
平均
学 校 SD
n=53 t検定
平均
公 園 SD
n=54 t検定
4−1 調査について
調査期間は平成 15 年 7 月∼8 月で対象者は豊田
学校
n=53
高専の学生 144 名であり,有効回収票は 107 票で有
公園
n=54
平均
SD
t検定
平均
SD
t検定
緊張−不安
前
後
変化率
57.06 57.74 101.44
8.26
9.40
10.64
0.411
54.96 50.74
93.22
8.84
8.04
12.28
0.000
活気
後
変化率
47.57
97.24
10.15
8.67
0.023
49.28 103.64
11.97
13.91
0.040
前
48.96
9.77
47.48
9.87
効回収率は 74.31%であった.調査方法は,POMS
を休み時間もしくは公園利用の前後で行い,その前
後でt検定により心理的効果を調べた.アンケート
学校
公園
(人)
評価,④樹木,⑤公園,⑥ストレス,⑦自由記述で
活気低下傾向
前
後
11
16
13
13
平均
散 歩 SD
n=20 t検定
平均
運 動 SD
n=18 t検定
平均
会 話 SD
n=43 t検定
平均
その他 SD
n=26 t検定
緊張−不安
前
後
変化率
54.40 54.50 100.49
6.81
7.70
11.03
0.940
57.33 49.39
87.26
10.16
7.88
11.60
0.000
56.74 56.26
99.71
7.81
8.81
12.73
0.679
55.08 53.92
97.77
9.97 11.46
8.96
0.245
ある.利用した公園は,独立行政法人土木研究所自
人 数 を 表 − 3に 示 す .「 学 校 」 で は , 活 気 の 低
下が有意であった.緊張−不安,抑うつ−落込
み,混乱の各因子の結果は有意ではないが,前
後 で 上 昇 の 傾 向 が 見 ら れ た . し た が っ て ,「学
校」で休み時間を過ごすということは,学生に
平均
散 歩 SD
n=20 t検定
平均
運 動 SD
n=18 t検定
平均
会 話 SD
n=43 t検定
平均
その他 SD
n=26 t検定
前
49.30
9.72
活気
後
50.80
10.03
52.33
10.80
55.06
12.39
45.65
9.77
45.88
10.82
48.77
8.43
46.23
9.55
とって何らかのストレスとなっていることが分
(人)
つ−落込み,怒り−敵意,疲労, 混 乱 の 各 因 子
の低下および活気因子の上昇で有意であった.
散歩
運動
会話
その他
以上から,学生は「公園」を利用すると,さま
(人)
ざまな感情のリラクゼーションに良い影響を与
散歩
運動
会話
その他
変化率
103.30
8.89
0.148
105.57
17.57
0.186
100.50
10.02
0.733
94.72
10.56
0.014
前
59.05
6.96
疲労
後
55.40
5.89
58.44
10.31
55.33
10.35
59.12
9.96
57.63
10.37
57.46
11.29
56.23
11.32
後
28
11
怒り−敵意
後
変化率
54.30
97.26
12.18
13.75
0.399
58.06 54.44
95.93
10.22 11.44
26.68
0.214
55.77 52.26
94.21
9.63
9.79
11.44
0.004
52.73 51.42
97.52
10.31 11.29
11.52
0.277
前
55.95
9.84
変化率
95.20
15.81
0.102
95.40
13.77
0.084
97.86
9.88
0.139
98.49
11.36
0.332
前
58.20
8.94
混乱
後
55.90
7.67
59.33
10.02
52.56
9.71
60.05
8.52
59.37
8.56
58.58
8.94
57.04
9.71
変化率
96.83
11.16
0.128
89.23
12.00
0.002
99.43
10.99
0.512
97.63
9.24
0.157
②
①
③
④
怒り‐敵意
前
8
7
14
5
疲労傾向
前
11
8
22
14
前
8
8
24
9
職業
5%
30%
19%
43%
女
後
8
5
11
6
混乱傾向
後
6
6
18
8
性別
5%
男
3%
57%
8%
3%
27%
会社員
専業主婦
無職
見 る と ,「 運 動 」 に お け る リ ラ ク ゼ ー シ ョ ン 効
果が高いことがわかる.よって,学生ではある
0%
公務員
パート・内職
その他
自営業
学生・生徒
来園人数
年齢
11%
が 10 代後半から 20 代 前 半 の 男 女 は 体 を 動 か す
14%
14%
11%
11%
19%
という行動はよりリラクゼーションになるとい
5−1 調査について
前
25
24
抑うつ‐落込み傾向
前
後
10
12
9
5
24
23
10
8
活気低下傾向
前
後
3
2
3
3
13
17
5
7
の人数を 表 − 5に 示 す . 「 行 動 別 」 の 気 分 変 化 を
5.一般の人の分析
後
18
12
混乱傾向
後
23
15
抑うつ−落込み
前
後
変化率
59.45 58.45
98.39
9.32 10.11
9.43
0.440
60.00 55.72
93.28
9.98 10.52
11.39
0.024
61.28 59.84
97.88
9.60 10.30
9.15
0.157
58.50 56.38
96.38
11.26 12.13
7.85
0.044
POMS の 結 果 の う ち , 「 行 動 別 」 の 気 分 変 化 の
うことがわかる.
怒り‐敵意
前
18
16
疲労傾向
前
27
28
緊張‐不安傾向
前
後
5
7
11
2
18
19
9
7
4−3 行動別の結果
ものについて 表 − 4に , ス ト レ ス 傾 向 に あ る 人
58.33
8.98
表−5 行動別のストレス傾向人数
か る . 一 方 ,「 公 園 」 で は , 緊 張 − 不 安 , 抑 う
えているということが分かる.
混乱
後
変化率
60.00 100.14
9.22
9.95
0.869
54.07
93.50
8.03
11.53
0.000
前
60.13
8.74
表−4 行動別の気分変化
然共生研究センターおよび豊田市緑化センター(西
の に つ い て表−2 に , ス ト レ ス 傾 向 に あ る 人 の
疲労
後
変化率
59.21
99.15
10.08
9.69
0.378
53.81
95.10
8.95
13.86
0.003
抑うつ‐落込み傾向
前
後
30
30
23
18
学校
公園
POMS の 結 果 の う ち 「 場 所 別 」 の 気 分 変 化 の も
57.31
9.97
緊張‐不安傾向
前
後
23
25
20
20
の質問項目は,①POMS,②個人属性,③快適性
4−2 場所別の結果
前
59.89
9.49
怒り−敵意
前
後
変化率
55.92 54.79
97.98
9.67 11.48
12.09
0.220
54.98 50.85
93.80
10.29
9.85
17.73
0.002
表−3 場所別のストレス傾向人数
(人)
山公園)の2箇所である.
抑うつ−落込み
前
後
変化率
61.40 61.58 100.25
10.43 11.52
7.65
0.775
58.72 54.57
93.48
9.39
8.74
9.73
0.000
26%
22%
8%
10歳代 20歳代 30歳代 40歳代
50歳代 60歳代 70歳代
64%
1人で来ている人
2人で来ている人
3人で来ている人
4人で来ている人
図−1 一般の人の属性
後
7
3
21
8
一般の人に対する調査は平成 16 年 1 月 31 日
表−6 場所別の気分変化
( 土) , 2 月 1 日 ( 日 )
, 7 日 ( 土 ), 8 日 ( 日 )
に実施した.調査は①公園に行ってもらった人
10 名 ② 公 園 に 来 て い る 人 30 名の2つのグルー
プで行った. 図 − 1に 被 験 者 の 属 性 を 示 す .P
ショッピング
センター
n=8
平均
SD
t検定
平均
SD
t検定
公園
n=37
OMSのアンケートを公園利用の前後で行い,
心理的効果を調べ た . 調 査 場 所 は い ず れ も 豊 田
市緑化センター(西山公園)である.
5−2 分析結果
(1)公園に行ってもらった人
公園に行ってもらった人については,公園による気
分変化とショッピングセンターなどを利用した時の
ショッピング
センター
n=8
平均
SD
t検定
平均
SD
t検定
公園
n=37
120
緊張−不安
前
後
変化率
50.38 47.00
93.95
6.50
8.83
16.14
0.320
46.54 42.00
90.57
5.22
5.84
10.44
0.000
前
47.00
7.80
49.57
6.78
活気
後
変化率
53.25 113.37
9.60
9.61
0.009
51.03 103.32
8.86
12.86
0.184
95
では,抑うつ−落込みの低下,怒り−敵意の低下,
85
活気の上昇が有意であり,ショッピングセンターの
80
★
★
★
緊張-不安
抑うつ-落込み
公園行って
もらった人
n=9
公園に
来ている人
n=28
る人との比較結果を表−7,図−3に示す.図表よ
公園行って
もらった人
n=9
公園に
来ている人
n=28
り,「公園に来ている人」が,調査のために行って
105
もらった人と比べより癒されていることがわかる.
103
調査日の気温の違い(行ってもらった人の調査日は
99
平均
SD
t検定
平均
SD
t検定
平均
SD
t検定
平均
SD
t検定
ったということもあるが,「学生」よりも「一般の
人」の方がより癒されていることが分かる.
(4)芝生の利用と気分の変化
緊張−不安
前
後
変化率
46.00 41.44
90.67
5.00
5.39
11.68
0.056
46.71 42.18
90.54
5.36
6.06
10.24
0.000
前
49.11
7.98
49.71
6.50
活気
後
変化率
50.44 103.61
6.17
8.73
0.291
51.21 103.22
9.66
14.07
0.288
抑うつ−落込み
前
後
変化率
48.56 45.89
95.07
7.88
7.57
10.40
0.164
51.50 45.32
88.54
6.60
5.07
7.79
0.000
前
47.00
3.71
46.04
7.07
疲労
後
変化率
43.22
92.33
3.73
8.88
0.038
41.25
90.53
4.66
9.86
0.000
怒り−敵意
後
変化率
42.56
89.04
5.77
9.34
0.011
49.25 42.61
87.03
6.69
6.08
9.38
0.000
前
48.11
6.75
前
50.33
5.41
49.89
6.95
混乱
後
変化率
45.89
91.35
5.56
7.46
0.012
44.39
89.60
6.56
11.35
0.000
%
101
97
95
93
91
★
★
89
★
★
★
★
★
87
★
85
緊張-不安
図−4に示す.「学生」の調査日が曇りの天候であ
混乱
★:有意な差
公園に来ている人の比較
は全てが有意であり,「公園」を利用したときには
一般の人と学生との気分の変化の結果を表−8,
疲労
公園
表−7 調査で公園に行ってもらった人と
「ショッピングセンター」に劣るが,その他の因子
(3)一般の人と学生との気分の変化の違い
活気
★
図−2 場所別 変化率比較
各因子の上昇が見られた.公園での活気の上昇は
りストレスへの影響があったと考えられる.
怒り-敵意
ショッピングセンター
しかし,アンケートで人ごみが嫌いと答えた人は,
真冬日に近い状態であった)や時間の拘束などによ
★
★
★
★
買い物はリラクゼーション効果があると考えられる.
調査のために公園に行ってもらった人と来てい
50.00
6.54
混乱
後
変化率
51.00
96.30
10.74
8.28
0.225
44.76
90.03
6.29
10.47
0.000
%
90
(2)公園に行ってもらった人と公園に来ている人との比較
前
53.13
11.03
105
表−6,図−2に示す.「ショッピングセンター」
ラクゼーションをもたらすと考えられる.
46.27
6.38
疲労
後
変化率
46.50
93.12
9.40
9.55
0.060
41.73
90.97
4.49
9.54
0.000
怒り−敵意
後
変化率
46.13
91.34
7.85
9.50
0.041
48.97 42.59
87.52
6.63
5.92
9.28
0.000
前
50.75
8.50
110
100
効果が見られる.したがって,「公園」は心理的リ
前
50.13
10.25
115
気分変化について両者を比較した.比較した結果を
「ショッピングセンター」以上のリラクゼーション
抑うつ−落込み
前
後
変化率
53.50 49.88
93.80
11.03
9.30
6.82
0.044
50.78 45.46
90.13
6.93
5.66
8.81
0.000
抑うつ-落込み
怒り-敵意
公園に行ってもらった
活気
疲労
公園に来ている
混乱
★:有意な差
図−3 調査で公園に行ってもらった人と
公園に来ている人の変化率比較
芝生を利用した人は芝生の上で何らかの形で体を動
芝生の利用の有無について学生と一般の人の気
かしているからと考えられる.一方,疲労を除く他
分変化を図−5に示す.疲労に関しては学生も一般
の感情では全て芝生を利用している人が利用してい
の人も芝生を利用していない人が利用している人
ない人に比べより癒されていることが分かる.この
に比べて,より癒されていることがわかる.これは
結果より,芝生の利用について疲労は感じるものの,
表−8 一般の人と学生の比較
ストレスという点ではリラクゼーション効果がある
ことが分かる.
6.まとめと今後の課題
本研究では,緑化施設,主に公園の心理的リラ
緊張−不安
前
後
変化率
46.54 42.00
90.57
5.22
5.84
10.44
0.000
54.96 50.74
93.22
8.84
8.04
12.28
0.000
平均
SD
t検定
平均
SD
t検定
一般
n=37
学生
n=54
クゼーション効果を POMS により明らかにし,同時
にどのような行動がより癒されるかも明らかした.
学生の結果より,
1)学生は学校内で休み時間を過ごすより,公園を
平均
SD
t検定
平均
SD
t検定
一般
n=37
学生
n=54
利用することの方が,リラクゼーション効果が
105
高いことが分かった.
101
47.48
9.87
活気
後
変化率
51.03 103.32
8.86
12.86
0.184
49.28 103.64
11.97
13.91
0.040
りも運動という行動がよりリラクゼーション効
93
58.33
8.98
★
★
95
★
★
★
★
★
★
★
89
★
★
87
85
緊張-不安
り,自由記述の回答からも 70%の人が公園とス
抑うつ-落込み
学生
トレスの関係に関心があることが明らかとなっ
ていることも分かった.
混乱
後
変化率
44.76
90.03
6.29
10.47
0.000
54.07
93.50
8.03
11.53
0.000
前
50.00
6.54
%
91
た.また,学生は公園から何らかの安らぎを得
57.31
9.97
疲労
後
変化率
41.73
90.97
4.49
9.54
0.000
53.81
95.10
8.95
13.86
0.003
99
97
3)学生の多くが自宅周辺の樹木の減少を感じてお
前
46.27
6.38
怒り−敵意
後
変化率
42.59
87.52
5.92
9.28
0.000
54.98 50.85
93.80
10.29
9.85
17.73
0.002
前
48.97
6.63
103
2)行動別の気分の変化から,学生は散歩や会話よ
果が高いことが分かった.
前
49.57
6.78
抑うつ−落込み
前
後
変化率
50.78 45.46
90.13
6.93
5.66
8.81
0.000
58.72 54.57
93.48
9.39
8.74
9.73
0.000
怒り-敵意
活気
疲労
混乱
★:有意な差
一般
図−4 一般の人と学生の変化率比較
120
%
115
芝生の利用比較(学生)
★
110
この結果より,リラクゼーション効果のある公
園は芝生のように容易に出入りが出来,簡単に運動
100
95
のできる形の公園が有効であると考えられる.大学
のキャンパス内に芝生のような緑を設ければ,学業
★
105
★
90
85
★
★
★
★
★
★
80
に疲れた身体をリフレッシュできると考えられる.
緊張-不安
抑うつ-落込
み
一般の人の結果より,
1)一般の人はショッピングセンターで買い物をす
利用してない
利用した
疲労
混乱
★:有意な差
芝生の利用比較(一般)
105
に効果的なことが明らかとなった.
100
は子供と遊ぶ時が多く,50 歳代以上では散歩つ
活気
110 %
るより,公園を利用した方がリラクゼーション
2)一般の人が公園を利用する理由は,30 歳代で
怒り-敵意
95
★
90
★
★
★
★
★
★
★
85
★
いでに寄る時が多かった.
80
3)一般の人は自然に近い花の多い場所や,芝生の
広い開放的な場所がある公園を求めている.
緊張-不安
抑うつ-落込
み
怒り-敵意
利用してない
活気
利用した
疲労
混乱
★:有意な差
この結果,一般の人には散歩コースの充実した,自
図−5 芝生の利用比較
今後の課題として,被験者を増やすことと,緑
然に近い,開放的な公園がよりリラクゼーションに
は季節によっても違う色を見せてくれるため,季節
なると考えられる.
による比較も必要である.
今回の調査で,広い芝生は若い人には運動ので
きる場であり,30 歳代,40 歳代には子供を遊ばせ
る場になっていることがわかった.また,お年寄り
は,散歩のときに広い芝生を見て開放的な気分にな
っているようである.これらの結果から,「芝生」
は全世代に愛される緑化の1つと考えられる.
参考文献
1)井川原弘一:森林内を散策することで気分はどう変わる
のか?:岐阜県森林科学研究所
2)高津浩彰,伊藤道郎,藤本巳由紀,伊藤義和:余暇時間
におこなう主観的運動の心理的リラクゼーション効果に
ついて:豊田工業高等専門学校
3)横山和仁,荒記俊一著:日本版POMS 手引:金子書房