06 実施要項(冬休みケンパ選手権) - 北海道教育委員会

どさん子元気アップチャレンジ「冬休みケンパ選手権」実施要項
(平成 26 年 12 月 19 日付け学校教育局健康・体育課長決定)
1 ねらい
児童生徒の体力向上を図るための「どさん子元気アップチャレンジ」を家庭にも広く普及するとともに、手軽な運動
の実践を通して、児童生徒に楽しく運動を行う態度を身に付け、体力の向上を図る。
2 対象
道内の公立小学校及び中学校、中等教育学校(前期課程)
、特別支援学校(小学部、中学部)に在籍する児童生徒
3 実施期間
平成 26 年 12 月 26 日~平成 27 年 1 月 30 日
4 実施種目
① 種目名
「ケンパ選手権」
② 方法
・
「用意スタート」の合図で9m間を「ケン・パ・ケン・パ・ケン・ケン・パ」のステップで進み、往復する(
「ケン」
の片足は、途中で変えてもよい)
。
・スタートラインからゴールラインまでのタイムを測定する。
・折り返しライン及びゴールラインを完全に越すまでステップを続ける。
・詳しい実施方法は「資料(ケンパ選手権実施方法)
」を参考にすること。
③ 留意点
・広く安全な場所で行うこと。
・教員や保護者等の大人の立会のもと、実施すること。
(計測は試技者以外の子どもが行ってもよい)
・準備運動や用具の安全点検を確実に行うとともに、水分補給等にも十分配慮すること。
5 記録の申告期間
平成 27 年1月 19 日~平成 27 年1月 30 日
6 記録の申告方法
① 学校やスポーツ少年団等として申告する場合
学校やスポーツ少年団等において、所定の「記録申告用紙」
(別添:Excel ファイル)に教員や保護者等の大人の立
会のもとに実施された記録及び必要事項を入力し、電子メールに添付して送信する。メール送信のアドレスは「どさん
子元気アップチャレンジの『冬休みスケート・チャレンジ』
」のアドレスを活用する。
(メールアドレス:[email protected][email protected]には、児童生徒向け記録用紙(別紙1)を用いる。
タイムは1/10 秒までを申告する。1/100 秒は四捨五入する。
② 個人で申告する場合
学校等を通じて配布された児童生徒向け記録用紙(別紙1)に、教員や保護者等の大人の立会のもとに実施された
記録及び必要事項を記入し、家庭等から直接、記録用紙(別紙1)に記載された番号にFAXで送信する。
7 記録の公表
・申告された記録に基づき、種目、学年等別に北海道教育庁健康・体育課のホームページに公表する。
・公表する内容は、
「学校名」
、
「学年」
、
「ペンネーム」
、
「記録」等とする。個人名はホームページ上には公表しないが
記録申告用紙には記入すること。
8 表彰等
・各学年3位までの上位者に対し、表彰状を授与する。
9 その他
・登録名(ペンネーム等)は公表を前提としており、健康・体育課において公表できないと判断した場合は、その記
録は無効とし、公表しないものとする。
資料
「ケンパ選手権」の実施方法について
種目及び実施期間
実
施
方
法
【公募種目】
ケンパ選手権
(個人)
■準備等
・ストップウォッチ
・ラインテープ
・9m間に50cm×50cmのマス目を18個作る。
【実施期間】
■方法
・
「用意スタート」の合図で9m間を「ケン・パ・ケン・パ・ケン・ケン・パ」のステップで
進み、往復する(
「ケン」の片足は、途中で変えてもよい)
。
・スタートラインからゴールラインまでのタイムを測定する。
・折り返しライン及びゴールを完全に越すまでステップを続ける。
12/26~ 1/30
【例:ケンの足~右足】
9m
←スタートライン・ゴールライン
折り返しライン→
スタート時と同じく「ケン・パ・ケン・パ・ケン・ケン・パ」のステップで進む。
バレーボールコートのサイドライン(9m)を活用できます。
■記録
・タイムは1/10秒単位とし、1/100秒は四捨五入する。
(例:18秒35→18秒4)
■実施上の留意点
・体育館など、広く安全な場所で行ってください。
・教員(またはそれに代わる者)の立ち会いのもとに実施しますが、時間の計測等は児童生
徒が行っても構いません。
1/1