サウジアラビアの石油・エネルギー産業 - 石油エネルギー技術センター

JPEC レポート
JJP
PE
EC
C レ
レポ
ポー
ートト
第 21 回
2014 年度
平成 26 年 12 月 12 日
サウジアラビアの石油・エネルギー産業
米国 DOE・エネルギー情報局(EIA)の
レポートを主なベースとして、サウジアラ
ビアの石油・エネルギー産業について紹介
する。
1. サウジアラビアの位置と地勢 ········· 1
2. サウジアラビアの地方行政区画 ······ 2
3. サウジアラビアとクウェート間の
中立地帯······································ 2
4. サウジアラビアの一般情報············· 3
5. サウジアラビアの石油・天然ガス
についての概要 ···························· 4
6. 石油 ············································ 5
7. 天然ガス·····································11
1. サウジアラビアの位置と地勢
サウジアラビアはアラビア半島の大部分を
占め、北に 3 ヶ国(ヨルダン、イラク、ク
ウェート)
、南に 4 ヶ国(イエメン、オマー
ン、アラブ首長国連邦、カタール)と国境
を接し、東はペルシア湾、西は紅海に面している。国土の大部分は砂漠で、北部のネフド
砂漠と南部のルブアルハリ砂漠をアッダハナと呼ばれる長さ 1,500km に及ぶ長大な砂丘が
結んでいる。図 2 の衛星画像からは、鉄分を含むため赤色を呈した弓状の砂丘地形が識別
できる。
図 1 サウジアラビアの概略地図
図 2 アラビア半島の衛星画像
1
JPEC レポート
サウジアラビアの地方行政区画
日本の約 5.7 倍の国土を有するサウジアラビアは図 3 のように地方行政区画(13 州)を
設定している。その州知事にはサウード家出身者以外は就任できなく、同家の国家統治を
強固なものにしている。
2.
表 1 サウジアラビアの州と州都
図 3 サウジアラビアの地方行政区画(州)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
州名
ジャウフ州
北部国境州
タブーク州
ハーイル州
マディーナ州
カスィーム州
メッカ州
リヤド州
東部州
バーハ州
アスィール州
ジーザーン州
ナジュラーン州
州都
サカカ
アルアル
タブーク
ハーイル
マディーナ
ブライダ
メッカ
リヤド
ダンマーム
バーハ
アブハー
ジーザーン
ナジュラーン
3. サウジアラビアとクウェート間の中立地帯
サウジアラビアとクウェートの間に中立地帯(Neutral Zone)が存在し、
「中立地帯分割協
定」に基づき中央の分割ラインより南部をサウジアラビア、北部をクウェートが管轄して
いる。
図 4 サウジアラビアとクウェート間の中立地帯(緑色斜線部分)
2
JPEC レポート
4. サウジアラビアの一般情報
4.1. サウジアラビアの主な一般情報(表 2 参照)
通称国名
正式国名及び国旗
独立年
政体
首都
人口
公用語
通貨
名目 GDP
表 2 サウジアラビアの主な一般情報
サウジアラビア
サウジアラビア王国
1916 年にオスマン帝国から独立しヒジャーズ王国と名乗る。
その後、1932 年にサウード家がヒジャーズ王国を滅ぼしサウ
ジアラビア王国を樹立。アラブ諸国中で英仏の植民地支配を
受けたことのない稀な国である。
君主制
リヤド
3,000 万人(2013 年)
アラビア語
サウジアラビア リヤル (SAR)
7,450 億ドル(2013 年)
4.2. サウジアラビアの宗教
サウジアラビアにはイスラム教の聖地メッカがあり、同国はイスラム教を国教と定め国
民が他の宗教を信仰することを禁じている。サウジアラビア国民のほとんどはイスラム教
スンニ派に属している。世界のイスラム教の二大宗派(スンニ派とシーア派)の分布は図
5 のとおりで、中東諸国では宗派間の争いが絶えない。因みに、シーア派が多い国として
はイラン・イラク・アゼルバイジャン等が挙げられる。
図 5 イスラム教の二大宗派の分布図(黄緑:スンニ派、緑:シーア派)
3
JPEC レポート
5. サウジアラビアの石油・天然ガスについての概要
5.1. 石油・天然ガスについての主な情報(表 3 参照)
表 3 サウジアラビアの石油・天然ガスの主な情報
サウジアラビア本土分(2,660 億バレル)
石油確認埋蔵量
+ 中立地帯分(25 億バレル) = 2,685 億バレル
ベネズエラに次ぎ世界第 2 位、世界合計の 16%に相当する。
石油の輸出入
純輸出国
石油輸出国機構(OPEC)
加盟
原油精製能力
251.2 万 BPD
8
製油所数
3
天然ガス確認埋蔵量
8.24 兆 m (世界第 5 位)
天然ガスの輸出入
自給自足(輸出も輸入もしていない)
特記事項
シェールガス開発に乗り出す計画がある。
5.2. 石油・天然ガスインフラの位置
サウジアラビアの油田、ガス田、石油パイプライン、天然ガスパイプライン、石油前処
理施設、製油所などの石油・天然ガスインフラの位置は図 6 のとおりである。
図 6 サウジアラビアの石油・天然ガスインフラの位置図
(油田、ガス田、石油パイプライン、天然ガスパイプライン、石油前処理施設、製油所)
注記:茶色実線部分の IPSA(natural gas)は IPSA(Iraq Pipeline through Saudi Arabia)の一
部をサウジが天然ガスパイプラインに変更したもの。一方、緑色点線部分の IPSA
(oil)は石油パイプラインのままだが現在使われていない。
4
JPEC レポート
5.3. サウジアラビア経済と石油・天然ガス事業
サウジアラビア(以降、サウジと略す)の経済は石油依存度が高く、2013 年には石油輸
出収入が同国全体の輸出収入の 85%を占めた。複数の最大級の石油プロジェクトの完成が
近づくに伴い、サウジは石油精製・石油化学・天然ガス・発電分野を拡大しつつある。サ
ウジの石油・天然ガス事業はサウジアラビア国営石油(サウジアラムコ)によって独占さ
れている。一方、サウジの石油鉱物資源省と石油鉱物資源最高評議会が同国の石油・天然
ガス分野を監督している。
サウジは中東で最大のエネルギー消費国である。特に輸送用燃料と発電用生焚き原油の
消費量が大きい。高い石油価格と多額の燃料補助金による好景気がサウジ国内のエネルギ
ー消費量の伸びに拍車をかけている。2013 年には、サウジは世界第 12 位のエネルギー消
費国(約 60%が石油、残りは天然ガス)となっている。
6. 石油
6.1. 石油精製
6.1.1. 原油の前処理
サウジアラビア国営石油(サウジアラムコ)は東部州のアブカイク(Abqaiq)に世界最
大の石油前処理施設(原油前処理能力 700 万 BPD 超)を保有している。なお、当該施設は
油井から出たばかりの原油をセパレーターなどで前処理(泥水分、塩分、不凝縮ガスなど
を除去)し輸出向けや国内の製油所向けの商品としての製油所対応原油(Refinery-ready
Crude oil)に仕上げるもので、いわゆる製油所における原油精製施設とは異なる。アブカ
イクの当該施設は Arab Extra Light 原油と Arab Light 原油および天然ガス液(NGL)を前処
理している。
以前から、サウジの石油輸出ネットワークと石油パイプラインがテロリストの攻撃目標
になっている。2006 年 2 月、サウジの治安当局はアブカイクの原油前処理施設を狙った自
爆テロを未然に防いだ。当該事件以後、政府はサウジアラムコが直接雇用している 5,000
名のガードマンに加えて、
国家警備隊と軍の治安部隊合わせて約20,000名を増員している。
6.1.2 製油所
サウジには現在、8 つの製油所があり、原油精製能力合計は 251.2 万 BPD である(表 4
参照)
。なお、各製油所の位置は図 6 に記載している。サウジは複数の製油所と大規模な石
油化学コンビナートを結合し続けており、その計画は「石油化学都市の創生(the creation of
petrochemical cities.)
」と呼ばれている。
サウジはより多くの超低硫黄ディーゼル燃料を提供するため、数多くのクリーン燃料プ
ロジェクトを始めている。サウジアラムコと Mobil Yanbu Refining 社(エクソンモービルの
子会社)が共同所有しているヤンブー(Yanbu)製油所はよりクリーンな燃料を生産する
ためアップグレードされた。又、サウジアラムコと Shell Saudi Arabia Refining 社が共同所
有しているジュベイル(Jubail)製油所でも類似のアップグレードが完了した。
5
JPEC レポート
表 4 サウジアラビアの既存製油所の概要
精製能力
製油所
立地
操業会社
(万 BPD)
55.0
ラスタヌラ(Ras Tanura)
ペルシア湾沿岸 サウジアラムコ
25.0
ヤンブー(Yanbu)
紅海沿岸
サウジアラムコ
12.2
リヤド(Riyadh)
内陸部 リヤド
サウジアラムコ
8.5
ジッダ(Jeddah)
紅海沿岸
サウジアラムコ
40.0
SATORP ジュベイル(Jubail)
ペルシア湾沿岸 サウジアラムコと
トタールの合弁会社
40.0
ラービグ(Rabigh)
紅海沿岸
サウジアラムコと
住友化学の合弁会社
40.0
SAMREF ヤンブー(Yanbu)
紅海沿岸
サウジアラムコ
30.5
SASREF ジュベイル(Jubail)
ペルシア湾沿岸 サウジアラムコと Shell
Saudi Arabia Refining 社の
合弁会社
251.2
8 製油所合計
新しく計画された製油所あるいは開発中の製油所は下記のとおりである。
・ サウジアラムコ(62.5%)と中国石油化工集団公司(37.5%)の合同企業体である Yanbu
Aramco Sinopec Refining 社が紅海沿岸のヤンブー工業都市に建設している製油所は
2014 年の第 3 四半期までに計画中のマニファ(Manifa)油田開発プロジェクトからの
Arab Heavy 原油を最大で 40 万 BPD 処理する予定である。
・ サウジアラムコはサウジ南西部ジーザーン州に新しくジーザーン(Jazan)製油所(40
万 BPD)を建設するプロジェクトを推進中で、2016 年後半までに Arab Heavy 原油と
Arab Medium 原油の処理を開始する計画である。
・ サウジアラムコは既設のラービグ(Rabigh)製油所(現在能力:40 万 BPD)の能力増
強を検討中である。
6.1.2. 海外の石油精製事業への投資
サウジは共同企業体などを通し海外(日・米・中・韓)に 240 万 BPD の石油精製権益を
保持している。そのうちサウジアラムコの持ち分は 90 万 BPD である。同社はシェルと折
半出資し米国ヒューストン拠点の合弁会社 Motiva Enterprises を立ち上げ、ルイジアナ州と
テキサス州で 3 つの製油所を所有している。現在、この 3 製油所合わせた原油精製能力は
約 100 万 BPD である。日本では昭和シェルと、中国では福建省でエクソンモービル及び中
国石油化工集団公司(Sinopec)と、韓国では S-Oil 社と共同事業を行っている。
6.2. 石油パイプライン
6.2.1. 国内の石油パイプライン
図 6 のとおり、サウジはアブカイク(Abqaiq)コンビナートから同国を横断し紅海に至
る「Petroline」で知られる全長 1,200km の「East-West 石油パイプライン」を有している。
当該パイプラインは 2 本の配管で構成されており公称輸送能力合計は 480 万 BPD である。
6
JPEC レポート
その 1 本(口径 56 インチ)の配管の公称輸送能力は 300 万 BPD であるが、現在の実輸送
量は約 200 万 BPD となっている。もう 1 本の配管(口径 48 インチ)は天然ガスパイプラ
インとして使われていたが、サウジは再び石油パイプラインに戻した。この切り替えによ
り、
ホルムズ海峡をバイパスするための石油パイプラインの予備輸送能力が 280 万 BPD に
増えている。
「Abqaiq-Yanbu NGL パイプライン」が「Petroline」と並行に走っている。当該パイプラ
イン(輸送能力 29 万 BPD)はヤンブー(Yanbu)の石油化学プラント群に天然ガス液(NGL)
を供給している。
(図 6 参照)
東部州のダーラン(Dhahran)とリヤド(Riyadh)の間に総延長 380km の多品種石油製
品パイプラインが敷設されている。類似のパイプライン(総延長 354km)がリヤドとカス
ィーム(Qassim)州の間に敷設されている。
6.2.2. 国際石油パイプライン
現在、サウジアラムコは重要な機能をもつ国際石油パイプラインを 1 本も運営していな
い。1947 年に、東部州の Qaisumah からヨルダンを経由してレバノンの Sidon に原油を運
ぶ Trans-Arabian 石油パイプライン
(Tapline)
が敷設されたが、
1984 年以降に一部閉鎖され、
1990 年にはヨルダンに向かう部分も閉鎖されている。
(図 6 参照)
1989 年にイラクからサウジに入り、途中から「East-West 石油パイプライン」と並行して
走りヤンブーの南の Muajjiz 港に至る輸送能力 165 万 BPD のサウジ〜イラク間の石油パイ
プライン(IPSA)が敷設された。しかし、湾岸戦争中の 1990 年に閉鎖され、2001 年にサ
ウジが当該 IPSA を接収した。同国は「East-West 石油パイプライン」に並行している部分
を発電所に天然ガスを送るガスパイプラインに変更し、残りの部分は閉鎖したままとなっ
ている。
(図 6 参照)
現在、サウジで機能している国際石油パイプラインはサウジのアブサファ(Abu Safah)
油田からバーレーンへアラビアンライト原油を運んでいる 4 本の小口径の海中パイプライ
ンのみである。このパイプラインは敷設後 60 年を経た老朽配管である。現在、サウジのア
ブカイクとバーレーンの Sitra 製油所を結ぶ新しいパイプライン(輸送能力 35 万 BPD)が
建設中で、2016 年の第 3 四半期内に完成の見込みである。その節には老朽配管は退役とな
る。
6.3. 石油の埋蔵量
2014 年 1 月時点のサウジの確認石油埋蔵量はサウジ本土分の 2,660 億バレルに、サウジ
とクウェート間の中立地帯(Neutral Zone)の石油埋蔵量の半分(25 億バレル)が加算され
合計 2,685 バレルとなる。この量はベネズエラに次ぎ世界第 2 位で、世界の石油埋蔵量合
計の 16%に当たる。サウジには約 100 の油田があるが、同国の石油埋蔵量の半分以上は 8
つの油田に埋蔵されている。因みに、世界最大のガワール(Ghawar)油田の推定残存石油
7
JPEC レポート
埋蔵量は他の 7 油田の合計量より多い 750 億バレルである。
6.4. 石油の生産
サウジは 2013 年に前年より 13 万 BPD 少ない 1,160 万 BPD の石油を生産した。そのう
ちの 960 万 BPD は原油で、残り 200 万 BPD は非原油液体(non-crude liquids)であった。
図 7 に示すように、国別ではロシアを凌いだが米国に次ぎ世界第 2 位であった。サウジは
現在、世界最大の原油生産設備能力を保持している。2014 年末には、同国の原油生産設備
能力は約 1,200 万 BPD に達する見込みである。サウジの長期目標はさらに軽質原油の開発
を進め、より新しい油田が成熟油田の減衰量を穴埋めし、現状の生産レベルを維持するこ
ととしている。サウジの石油鉱物資源省はサウジの油田の減衰率は毎年 2%よりは高くな
いと推定している一方で、サウジアラムコは成熟油田の産油量の自然減を穴埋めするため
既存油田に追加の掘削を実施すると発表した。
サウジは重質から超軽質に至る広いレンジの原油を生産している。同国の原油生産能力
合計の 70%超は軽質原油で残りは中質または重質原油である。軽質原油は一般的に内陸油
田で、中質または重質原油は海洋油田で生産されている。Extra Light 原油を除いて、サウ
ジ原油はサワー(sour)で比較的に硫黄含有量が多いと見られている。
サウジ〜クウェート間の中立地帯で、日本のアラビア石油(AOC)が 2 つの海洋油田
(Khafji および Hout 油田)を操業していたが 2000 年 2 月にその利権を失い、サウジアラ
ムコが AOC の油田を引き継いでいる。現在、カフジ(Khafji)油田は約 30 万 BPD の原油
を生産しているが、フート(Hout)油田は 2005 年以降操業されていない。サウジアラムコ
は同社所有の油田に石油増進回収技術を使う必要はないが、中立地帯に位置する油田には
蒸気注入が必要だと述べている。
中立地帯では、
他に Saudi Arabian Chevron 社と Kuwait Gulf
Oil 社が操業している。
表 5 サウジアラビアの主な油田の概要
産油能力
油田
位置
(万 BPD)
580
ガワール(Ghawar)
内陸
120
サファーニア(Safaniya)
ペルシア湾
120
クライス(Khurais)
内陸
90
マニファ(Manifa)
ペルシア湾
75
シャイバ(Shaybah)
内陸
50
カティフ(Qatif)
内陸
50
クールサニア(Khursaniyah) 内陸
50
ズルフ(Zuluf)
ペルシア湾
40
アブカイク(Abqaiq)
内陸
1,175
9 大油田合計
8
原油名
Arab Light
Arab Heavy
Arab Light
Arab Heavy
Arab Extra Light
Arab Light
Arab Light
Arab Medium
Arab Extra Light
JPEC レポート
図 7 3 ヶ国(米・露・サウジ)の石油生産量 (2009~2013 年)
6.5. 石油の消費
サウジは中東最大の石油消費国である。力強い産業の成長と補助金により、2013 年には
2000 年のほぼ 2 倍に当たる 290 万 BPD の石油を消費した。この伸びは発電用生焚き原油
の使用量の増加(図 8 参照)と天然ガス液(NGL)を用いた石油化学製品の生産量の増加
が寄与している。
図 8 サウジ原油の発電用生焚き量の推移(2009~2014 年)
9
JPEC レポート
6.6. 石油の輸出
サウジは石油輸出国機構(OPEC)に加盟し、その盟主的な存在となっている。2013 年
にサウジは 770 万 BPD の原油を輸出した。図 9 のとおり、その 68%はアジア向けであっ
た。サウジは 2014 年の第 1 四半期に米国向けに 150 万 BPD(前年同期より 40 万 BPD 増)
の石油を輸出した。2012 年以降、同国はカナダに次いで 2 番目に多い米国向け石油輸出国
となっている。2013 年のサウジ原油の輸出先トップ 5 は米国(150 万 BPD)
、日本(120
万 BPD)
、中国(110 万 BPD)
、韓国(90 万 BPD)
、インド(80 万 BPD)の順となってい
る。図 10 のとおり、石油製品の輸出先でもアジア向けが圧倒的に多い。
図 9 サウジ原油の輸出先(2013 年)
図 10 サウジアラビアの石油製品
の輸出先(2013 年)
6.7. 石油の出荷
サウジアラムコの出荷部門の子会社である Vela International Marine 社は中東原油を欧州
および米国のメキシコ湾岸に運ぶ VLCC(Very Large Crude oil Carrier)タンカーを 15 隻保
有している。同社は又、5 隻の石油製品タンカーを保有し、紅海とペルシア湾内での石油
製品の沿岸貿易に携わっている。さらに、同社は数多くの VLCC と石油製品タンカーを一
時的にチャーターしている。加えて、サウジアラムコはオランダのロッテルダムやエジプ
トの地中海沿岸など世界中で石油貯蔵施設を所有またはリースしている。
サウジ船舶公社(The National Shipping Company of Saudi Arabia :NSCSA、通称 Bahri)は
VLCC 17 隻とケミカルタンカー 24 隻および複数の貨物船を所有する上場企業である。同
社の株式はサウジ政府の公的投資基金(PIF)が 28%、残り 72%はサウジ国民が所持して
いる。2012 年 6 月、Bahri と Vela は両社の船団と運営の合併を進める拘束力のない覚書に
署名した。サウジアラムコの VLCC 輸送システムの管理責任は Bahri の事業形態内で実行
され、合併は 2014 年中に始まると見られる。
10
JPEC レポート
サウジには下記の 3 つの石油輸出ターミナルがある。
・ ペルシア湾に面したラスタヌラ(Ras Tanura)基地:取扱い能力は 340 万 BPD で、サ
ウジアラビアの石油輸出のほとんどを取り扱っている。
・ ペルシア湾に面したラスアルジュアイマ(Ras al-Juaymah)基地:取扱い能力は 300 万
BPD で、様々な一点係留ブイを有し最大級のタンカーへの原油積み込みが可能となっ
ている。
・ 紅海に面したヤンブー(Yanbu)基地:取扱い能力は 130 万 BPD である。
6.8. サウジ原油の価格設定
サウジアラムコが消費者の場所と出荷される原油の品質に基づいた原油の公式販売価格
(OSP)を決定している。OSP は特定の原油のベンチマーク価格に差分を加味して計算さ
れる。アジア向けの原油に対しての OSP は価格決定機関である Platts が公表するドバイ原
油とオマーン原油の平均価格に基づいている。
一方、欧州と地中海地域へ輸出される原油の OSP はインターコンチネンタル取引所
(ICE)が公表するブレント原油価格(Brent Weighted Average :BWAVE)に基づいている。
北米へ輸出される原油の OSP は「Argus Sour Crude Index :ASCI」に基づいている。なお、
ASCI は米国のメキシコ湾岸で産する中位のサワー原油(Mars、Southern Green Canyon、
Poseidon の各原油を含む)のバスケット(加重平均)価格に基づく。2010 年以前、サウジ
は West Texas Intermediate(WTI)原油の価格をベンチマークとしていたが、現在は ASCI
のほうが米国メキシコ湾岸のサワー原油市場をより代表するとして、WTI から ASCI に切
り替えている。
7. 天然ガス
7.1. 天然ガスの埋蔵量
2014 年 1 月時点のサウジ(中立地帯を含む)の天然ガス確認埋蔵量は 8.24 兆 m3(291
兆 cf)で、ロシア・イラン・カタール・米国に次いで世界第 5 位である。
7.2. 天然ガスの生産と消費
サウジの天然ガス田の大多数は石油堆積層に付随しているか又は油田と同じ井戸で発見
されている。天然ガス生産量の 70%以上は Ghawar、Safaniya、Zuluf 各油田からの随伴ガス
で占められている。サウジは最近の主要な石油開発フェーズを完了し、石油の下流側分野
に関心をシフトしているため、同国は随伴ガス田由来の天然ガス生産量を上げようとはし
ていない。
サウジは 2013 年に天然ガスを 1,000 億 m3(3.6 兆 cf)生産、消費した。同国は天然ガス
を自給自足し、輸出も輸入もしていない。従って、サウジは今のところ LNG プラントも
LNG 受入れ基地も保有していない。現時点では、現在と将来の全てのガス供給(NGL を
除く)は内需用に決定されている。今後、石油化学分野と発電分野および海水脱塩による
造水分野を伸ばすサウジの計画のためには、急速なガス田開発が必要となっている。
11
JPEC レポート
7.3. 天然ガスの開発
7.3.1. サウジアラムコの天然ガス開発戦略
サウジアラムコはペルシア湾内の主要な海洋ガス開発に重点的に焦点を合わせている。
同社の天然ガス探査と開発は紅海・サウジの北部と西部・Nafud 盆地・リヤドの北部など
のようなこれまで天然ガスが生産されていないエリア(non-producing area)において始ま
るであろう。サウジアラムコは 3 つの領域、サウジの北西部と南ガワール(South Ghawar)
領域およびサウジ南部のルブアルハリ(Rub al-Khali)砂漠に探査活動を分割している。
サウジアラムコは同社の天然ガス生産量を伸ばすための現 5 ヶ年計画において、ペルシ
ア湾内の海洋ガス田に焦点を合わせ、3 つの非随伴ガス田(Karan、Arabiyah、Hasbah 各ガ
ス田)をターゲットにしている。Karan ガス田は 2006 年に発見されたサウジで最初の海洋
の非随伴ガス田で、2012 年から生産開始し、日量 5,100 万 m3 のサワーガスを生産してい
る。当該ガスは全長 109km の海中パイプラインを通ってクールサニア(Khursaniyah)のガ
スプラントへ送られている。
サウジアラムコの「Wasit Gas プログラム」は 2 つの海洋ガス田(Arabiyah、Hasbah)を
開発している。Arabiyah ガス田の生産能力は日量 3,400 万 m3、Hasbah ガス田は日量 3,700
万 m3 の見込みで、サウジアラムコはこれらのガス田から産出する天然ガスを処理する
Wasit Gas プラント(日量 7,100 万 m3)を建設している。完成すれば同社にとって最大級の
ガスプラントの 1 つとなる。2014 年内に完成の予定であるが、2016 年まで完成が遅れるか
もしれないとの報告がある。
7.3.2. 紛争地域での天然ガス探査活動
中立地帯に位置する海洋の Dorra ガス田(推定埋蔵量 1.7 兆 m3)をサウジとクウェート
が共同開発する計画について、当該ガス田の僅かな部分をイランが Arash ガス田だと主張
している事に加え、クウェートとイランの海上境界線の一部が定められないまま残ってい
る問題がある。2013 年、サウジとクウェートは両国に等分のガスを陸上のガス処理施設に
どのように輸送するかについての問題が残っており開発を保留している。
7.3.3. ルブアルハリ砂漠での天然ガス探査活動
ルブアルハリ(Rub al-Khali)砂漠(図 11 参照)は空虚な土地を意味する「Empty Quarter」
として知られている。従来からサウジアラムコに独占されてきたサウジの天然ガス国内市
場は探査と配送部門において民間投資に開かれつつあり、競合も増しつつある。非随伴ガ
スの探査戦略の重要な要素はサウジ南部の 1/3 を包含するルブアルハリ砂漠でのガスとコ
ンデンセートを探査する海外企業連合に依存している。サウジはルブアルハリ砂漠で下記
の 4 つの合同企業体を保有している。
・ South Rub al-Khali 社又は SRAK(サウジアラムコとシェルの合同企業体)
:2014 年にシ
ェルはルブアルハリ砂漠での探査を終了した。
12
JPEC レポート
・ Luksar Energy 社(サウジアラムコと露 Lukoil との合同企業体)
:2010 年にガス発見の
可能性があるより小さなエリアに焦点を当て、同社の探査エリアの 90%を諦めた。
・ Sino Saudi Gas 社(サウジアラムコと中国石
油化工集団公司の合同企業体)
・ EniRepSa Gas 社(サウジアラムコと伊 Eni
及びスペインの Repsol との企業連合)
:2012
年に Eni と Repsol は当該企業連合から撤退
した。
2014 年 7 月現在、これらの合同企業体は商業
的に成り立つ重要なガス田を未だ発見していな
い。
図 11 ルブアルハリ砂漠の位置
7.4. 国内の天然ガスパイプライン
図 12 のようなサウジの国内ガス配送ネットワーク(Master Gas System: MGS)は 1975
年に初めて建設された。それ以前は、サウジで産出される天然ガスは全てフレア焼却され
ていた。サウジ国内の天然ガス需要(特に石油化学プラントへの原料供給)に対し、MGS
が継続的な拡大を牽引してきた。
MGS は紅海沿岸のヤンブーとペルシア湾岸のジュベイル
を含む産業都市へ天然ガスを供給している。現在、いくつかの MGS の追加パイプライン
が計画中または工事中である。
図 12 「Master Gas System」の経路図
13
JPEC レポート
7.5. 天然ガスのフレア焼却
米国海洋大気庁(NOAA)と世界銀行が主導している「随伴ガスのフレア焼却削減パー
トナーシップ(World Bank Global Gas Flaring Reduction Partnership: GGFR)
」は 2011 年にサ
3
ウジが天然ガス生産時にフレア焼却したガス量を 3.7 億 m であると推定している。
7.6. サウジの天然ガス価格
国の補助金を受けペルシア湾岸諸国で最も低いサウジの天然ガス価格に対し国際的な圧
力がかかってきている。これらの低いガス価格はサウジの生産ガスが安価な随伴ガスであ
ることが大きな要因でもある。2013 年現在、サウジの天然ガスの国内価格は一定の価格
(0.75 ドル/100 万 Btu)にセットされ国内の消費者に販売されている。因みに、米国のス
ポット価格は平均 3.73 ドル/100 万 Btu、英国では 10.51 ドル/100 万 Btu でサウジに比べ大
幅に高い。
7.7. 非在来型天然ガスについて
サウジアラムコはサウジの非在来型エネルギー資源にアクセスするため、2011 年から同社
の「Upstream Unconventional Gas プログラム」を始めている。2013 年の年次レビューで、
サウジアラムコは発電源にシェールガスを用いた出力 100 万 kW の発電所建設計画につい
て言及している。
<参考資料>
(1) 米国 DOE・エネルギー情報局(EIA)レポート 、Saudi Arabia Country Analysis Brief
、http://www.eia.gov/countries/cab.cfm?fips=SA
(2) 米国 DOE・エネルギー情報局(EIA)レポート 、
http://www.eia.gov/todayinenergy/detail.cfm?id=18111
(3) GLOBAL NOTE 、http://www.globalnote.jp/post-3197.html
(4) Yanbu Aramco Sinopec Refining Co. 、https://www.linkedin.com/company/yanbu-aramco-s
inopec-refining-company-yasref-ltd(5) 2b1st consulting 、http://www.2b1stconsulting.com/saudi-aramco-on-fast-track-with-master-ga
s-system-expansion/
(6) offshore technology 、Wasit Gas program 、http://www.offshore-technology.com/projects/al
-wasit-gas-program/
(7) 外務省ホームページ、各国情勢 、http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/index.html
以上
14
JPEC レポート
本資料は、一般財団法人 石油エネルギー技術センターの情報探査で得られた情報を、整理、分析
したものです。無断転載、複製を禁止します。本[email protected]
までお願いします。
Copyright 2014 Japan Petroleum Energy Center all rights reserved
次回の JPEC レポート(2014 年度 第 22 回)は
「経済開放下で新たな展開に入ったミャンマーの石油ガス産業」
を予定しています。
15