スペック・シート - EMC.com

EMC VNX シリーズ ユニファイド ストレージ
システム
VNX5200
VNX5400
VNX5600
VNX5800
VNX7600
VNX8000
EMC® VNX®シリーズ ユニファイド ストレージ システムは、妥協のない拡張性と柔軟性をミッドティ
アに提供すると同時に、市場をリードするシンプルさと効率性を実現し、TCO(総所有コスト)を最小
限に抑えます。
製品仕様
アーキテクチャ
パワフルな新しい Intel Xeon E5-2600(Sandy Bridge)プロセッサ ファミリを基盤とした EMC
VNX は、ブロック、ファイル、オブジェクトのハードウェア コンポーネントを、ネイティブの NAS、iSCSI、
ファイバー チャネル、FCoE プロトコルのコンカレント サポートと統合するモジュラー アーキテクチャを
実装します。このシリーズは、2~8 台の Data Mover によりファイル(NAS)機能を、デュアル スト
レージ プロセッサによりブロック(iSCSI、FCoE、FC)ストレージを提供し、すべての 6 Gb SAS ディ
スク ドライブ トポロジーを活用します。このシステムは、特許取得済みの MCx™マルチコア ストレー
ジ ソフトウェア オペレーティング環境を利用して、圧倒的なパフォーマンス効率を実現します。ブロッ
クまたはファイル機能から開始し、必要に応じて、ユニファイドに容易にアップグレードすることができ
ます。ユニファイド構成には、次のラックマウント型エンクロージャが含まれます。
•
ブロック サービス: ディスク プロセッサ エンクロージャ(ディスク ドライブあり)またはストレージ
プロセッサ エンクロージャ(ドライブなし)とスタンバイ電源システム。ブロックまたはファイルの
用途向けの容量を DAE(ディスク アレイ エンクロージャ)で追加
•
ファイル サービスと統合サービス: ファイル プロトコルを提供する 1 台以上の Data Mover
エンクロージャと 1 台の Control Station
新定義
スペック シート
VNX の物理的仕様
ブロック コンポーネント
VNX5200
VNX5400
VNX5600
VNX5800
VNX7600
VNX8000
最小/最大ドライブ数
4/125
4/250
4/500
4/750
4/1000
4/1500
最大 FAST Cache
600 GB
1 TB
2 TB
3 TB
4.2 TB
4.2 TB
3U ディスク プロセッサ エンクロージャ(25 x 2.5 インチ SAS/フラッシュ ドライブを保持)
アレイ エンクロージャ
すべてのモデルが、2.5 インチ SAS/フラッシュ ドライブ用 2U 25 ドライブ トレイをサポート
すべてのモデルが、3.5 インチ SAS/フラッシュ ドライブ用 3U 15 ドライブ トレイをサポート
ドライブ エンクロージャ
オプション
(DAE(ディスク
アレイ エンクロージャ))
4U のストレージ
プロセッサ
エンクロージャ
(ドライブなし)
該当なし
VNX5400 以上は、3.5 インチ SAS/フラッシュ ドライブ用 4U 60 ドライブ トレイをサポート
オン ボード バッテリー、各ストレージ プロセッサに 1 個
スタンバイ電源システム
2 x 2U ラック マ
ウント型 2.2 kW
リチウムイオン
電池
0/1/10/3/5/6
RAID オプション
CPU/メモリ数
(アレイ単位)
2 x Intel Xeon
E5-2600 4 コア
1.2 GHz/32 GB
2 x Intel Xeon
E5-2600 4 コア
1.8 GHz/32 GB
2 x Intel Xeon
E5-2600 4 コア
2.4 GHz/48 GB
2 x Intel Xeon
E5-2600 6 コア
2.0 GHz/64 GB
2 x Intel Xeon
E5-2600 8 コア
2.2 GHz/
128 GB
4 x Intel Xeon
E5-2600 8 コア
2.7 GHz/
256 GB
ブロック UltraFlex™
IO モジュール最大数
(アレイ単位)
6
8
10
10
10
22
組み込み IO ポート数
(アレイ単位)
4 レーン SAS ポート x 2(BE 接続用)
該当なし
6 Gb/秒 SAS BE バス
基本数(アレイ単位)
4 レーン x 2
4 レーン x 2
4 レーン x 2
4 レーン x 2
6 Gb/秒 SAS BE バス
最大数(アレイ単位)
4 レーン x 2
4 レーン x 2
4 レーン x 6 または
4 レーン x 6 または
4 レーン x 6 また
4 レーン x 16 ま
4 レーン x 2 +
4 レーン x 2 +
は 4 レーン x 2 +
たは 8 レーン x 8
8 レーン x 2
8 レーン x 2
8 レーン x 2
ポート最大合計数
(アレイ単位)
4 レーン x 2
4 レーン x 8
28
36
44
44
44
88
2/4/8 Gb/秒 FC ポー
ト最大数(アレイ単位)
24
32
40
40
40
72
1 GBaseT iSCSI
ポート最大合計数
(アレイ単位)
16
16
16
16
16
16
10 GbE iSCSI ポート
最大合計数(アレイ単位)
12
16
16
16
16
16
FCoE ポート最大合計数
(アレイ単位)
12
16
20
20
20
36
1~3
1~4
1~4
2~6
2~8
2~8
ファイル コンポーネント**
ファイル
Data Mover 数
Control Station 数
Data Mover:
CPU/メモリ
1×1U サーバー(標準)、2 台目の 1U サーバー(オプション)
Intel Xeon
Intel Xeon
Intel Xeon
Intel Xeon
Intel Xeon
Intel Xeon
5600/6 GB
5600/6 GB
5600/12 GB
5600/12 GB
5600/24 GB
5600/24 GB
最大ファイル UltraFlex
IO モジュール数(Data
Mover***単位)
3
3
3
4
4
5
2/4/8 Gb/秒
FC ポート最小/最大数
(Data Mover 単位)
4
4
4
4
4
4
8
8
8
12
12
16
最大 IP ポート
(Data Mover 単位)
最大 1 GBaseT ポート
(Data Mover 単位)
8
8
8
12
12
16
最大 10 GbE ポート
(Data Mover 単位)
4
4
4
6
6
8
管理
LAN 2 x 10/100/1000 銅線 GbE
機能の制限
最大容量
(未フォーマット時)
500 TB
1,000 TB
2,000 TB
3,000 TB
4,000 TB
6,000 TB
SAN ホスト最大数
1,024
1,024
1,024
2,048
4,096
8,192
15
15
20
40
40
60
LUN 最大数(プール)
1,000
1,000
1,000
2,000
3,000
4,000
LUN 最大数(クラシック)
2048
2048
2048
4096
4096
8192
256 TB
256 TB
256 TB
256 TB
256 TB
(仮想プール LUN)
(仮想プール LUN)
(仮想プール LUN)
プール最大数
256 TB
プール ベース LUN 最大
サイズ
(仮想プール LUN)
(仮想プール LUN) (仮想プール LUN)
ファイル システム最大
サイズ
16 TB
16 TB
16 TB
16 TB
16 TB
16 TB
最大有効ファイル容量
(Data Mover 単位)
256 TB
256 TB
256 TB
256 TB
256 TB
256 TB
OS のサポート
ブロック OS(EMC.com で EMC E-Lab™ Navigator および NAS サポート マトリックスを参照)
*60 台のドライブを構成した 4U DAE はトップ ローディング DAE であり、高密度 EMC ラックが必要。
**ブロックのみのシステムを注文する場合は、ファイル コンポーネントは不要。
***専用アレイへの接続用に予約された Data Mover あたり 1 台の UltraFlex IO モジュールを含む。
注: ファミリ内のデータ イン プレース変換(つまり、小規模な VNX プラットフォームから大規模な VNX プラットフォームへの変換)もサポートされています。
VNX の接続性
VNX シリーズは、NAS との接続性のためのファイル Data Mover と、FC および iSCSI ホストとの接続に使用するブロック ストレージ
プロセッサの両方に、UltraFlex IO モジュールによって柔軟な接続オプションを提供します(サポートされるブレードまたは SP あたりの
モジュール数については前の表を参照)。
ULTRAFLEX IO モジュール オプション(ブロック)
IO モジュール
説明
4 ポート 8 Gb/秒ファイバー チャネル モジュール
2/4/8 Gb/秒にオート ネゴシエーションを行う 4 つのポートを持つ FC モジュール。
光 SFP および OM2/OM3 ケーブルを使用して、ホスト HBA または FC スイッチに直
接接続する
TOE を持つ 4 ポート 1 Gb/秒 iSCSI モジュール
Ethernet スイッチにケーブル接続する CAT 6 への 4 つの 1 GBaseT RJ-45 銅線
接続を持つ iSCSI モジュール。TCP オフロード エンジンを含む
TOE を持つ 2 ポート 10 Gb/秒オプティカル iSCSI モジュール
2 つの 10 Gb/秒 Ethernet ポートと、Ethernet スイッチへの SFP+光ファイバー接
続またはアクティブ Twinax 銅線接続を持つ iSCSI モジュール。TCP オフロード エン
ジンを含む
TOE を持つ 2 ポート 10 GBase-T iSCSI モジュール
2 つの 10 GBaseT Ethernet ポートが Ethernet スイッチに銅線接続されている
iSCSI モジュール。TCP オフロード エンジンを含む
2 ポート 10 GbE FCoE モジュール
2 つの 10 Gb/秒 Ethernet ポートと、Converged Enhanced Ethernet スイッチ
への SFP+光ファイバー接続またはアクティブ Twinax 銅線接続を持つ FCoE モ
ジュール
4 ポート 6 Gb/秒 SAS V2.0 モジュール
ブロック ストレージ プロセッサへのバックエンド ストレージ(DAE)接続用の SAS モ
ジュール。4 レーン 6 Gb/秒(公称スループット 24 Gb/秒)の各 SAS ポートで PCI-E
Gen3 に接続。4×4×6 または 2×8×6 で構成可能。
ULTRAFLEX IO モジュール オプション(ファイル)
4 ポート 1 GBase-T IP モジュール
Ethernet スイッチにケーブル接続する CAT 6 への RJ-45 銅線接続をサポートする
4 つのポートを持つ 10/100/1000 BaseT モジュール
2 ポート 10 GbE Opt IP モジュール
2 つの 10 Gb/秒 Ethernet ポートと、Ethernet スイッチへの SFP+オプティカル接
続またはアクティブ Twinax 銅線接続を持つ IP モジュール
2 ポート 10 GBase-T IP モジュール
Ethernet スイッチに銅線接続する 2 つの 10 GBaseT Ethernet ポートを持つ IP モ
ジュール
4 ポート 8 Gb/秒ファイバー チャネル モジュール
2/4/8 Gb/秒にオート ネゴシエーションを行う 4 つのポートを持つ FC モジュール。
オプティカル SFP および OM2/OM3 ケーブルを使用して専用アレイに直接接続し、
NDMP テープ接続を提供する
最大ケーブル長
ショートウェーブ オプティカル OM2: 50 m(8 Gb)、100 m(4 Gb)、300 m(2 Gb)
ショートウェーブ オプティカル OM3: 150 m(8 Gb)、380 m(4 Gb)、500 m(2 Gb)
バックエンド(ディスク)接続性
各ストレージ プロセッサは、4 レーン x 6 Gb/秒の SAS(シリアル接続 SCSI)バスの 2 組、4 組、8 組、16 組(モデルによる)の各冗長ペアの片
側に接続され、ストレージ プロセッサやバスの障害発生時にホストへの継続的なドライブ アクセスを提供します。VNX モデルには 4 台の「ヴォール
ト」ドライブ(SAS またはニアライン SAS)が必要です。サポートされるディスク最大数はプラットフォームによって異なります(前述の「VNX の物理的
仕様」の表を参照)。ヴォールト ドライブあたり 300 GB が、VNX オペレーティング環境ソフトウェアおよびデータ構造によって消費されます。
ディスク アレイ エンクロージャ
60 x 3.5 インチ ドライブ DAE
15 x 3.5 インチ
25 x 2.5 インチ ドライブ DAE
ドライブ DAE
サポートされているドライブ タイプ
2.5 インチ フラッシュ
2.5 インチ フラッシュ
2.5 インチ フラッシュ
(3.5 インチ キャリアで使用)
(3.5 インチ キャリアで使用)
2.5 インチ 15K rpm
2.5 インチ 15K rpm
2.5 インチ 15K rpm
2.5 インチ 10K rpm
(3.5 インチ キャリアで使用)
(3.5 インチ キャリアで使用)
2.5 インチ ニアライン rpm
3.5 インチ 15K rpm
2.5 インチ 10K rpm
2.5 インチ 10K rpm
2.5 インチ 10K rpm
(3.5 インチ キャリアで使用)
(3.5 インチ キャリアで使用)
3.5 インチ ニアライン rpm
3.5 インチ ニアライン rpm
ドライブの混在
制限事項なし
制限事項なし
制限事項なし
コントローラー インターフェイス
6 Gb SAS
6 Gb SAS
6 Gb SAS
ディスク ドライブ
公称容量
100
200
400
800
300
300
600
600
900
1.2 TB
2 TB
3 TB
GB
GB
GB
GB
GB
GB
GB
GB
GB
10K
7.2K
7.2K
7.2K
SSD*
SSD*
SSD*
SSD*
15K
15K
15K
10K
10K
ドライブ
ドライブ
ドライブ
ドライブ
ドライブ
ドライブ
ドライブ
ドライブ
ドライブ
272.59
545.19
545.1
833.4
1,100.6
1,836
2794
3726
√
√
√
√
√
√
√
フォーマット済み容量(GB)
15 ドライブの DAE で
のサポート
25 ドライブの DAE で
のサポート
60 ドライブの DAE で
のサポート
回転スピード
93.16
186.3
372.5
745.1
272.59
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
√
ソリッド
ソリッド
ソリッド
ソリッド
15,000
15,000
15,000
10,000
10,000
10,000
7,200
7,200
7,200
ステート
ステート
ステート
ステート
rpm
rpm
rpm
rpm
rpm
rpm
RPM
RPM
RPM
6 Gb
6 Gb
6 Gb
6 Gb
6 Gb
6 Gb
6 Gb
6 Gb
6 Gb
6 Gb
6 Gb
6 Gb
6 Gb
SAS
SAS
SAS
SAS
SAS
SAS
SAS
SAS
SAS
SAS
SAS
SAS
SAS
仮想マトリックス
データ バッファー
4 TB
該当なし、 該当なし、 該当なし、 該当なし、
最小
最小
最小
最小
最小
最小
最小
最小
最小
16 MB
16 MB
16 MB
16 MB
16 MB
16 MB
16 MB
16 MB
16 MB
SSD
SSD
SSD
SSD
平均読み取り
該当なし
該当なし
該当なし
該当なし
3.4 ミリ秒 2.8 ミリ秒 3.4 ミリ秒 3.7 ミリ秒 3.7 ミリ秒 3.7 ミリ秒 8.5 ミリ秒 8.5 ミリ秒 8.5 ミリ秒
平均書き込み
該当なし
該当なし
該当なし
該当なし
3.9 ミリ秒 3.3 ミリ秒 3.9 ミリ秒 4.2 ミリ秒 4.2 ミリ秒 4.2 ミリ秒 9.5 ミリ秒 9.5 ミリ秒 9.5 ミリ秒
平均回転待ち時間
該当なし
該当なし
該当なし
該当なし
2.0 ミリ秒 2.0 ミリ秒 2.0 ミリ秒 3.0 ミリ秒 3.0 ミリ秒 3.0 ミリ秒 4.16 ミリ秒 4.16 ミリ秒 4.16 ミリ秒
アクセス時間
公称電力消費量(ワット)
動作モード
8.5
8.5
8.5
8.5
12.92
9.07
16.35
5.6
5.6
5.6
12.2
12.2
12.2
アイドル モード
5.5
5.5
5.5
5.5
8.74
5.25
11.68
3.1
3.1
3.1
8.0
8.0
8.0
*100 GB と 200 GB の SSD は SLC または eMLC テクノロジーで使用可能。400 GB および 800 GB SSD は eMLC テクノロジー。eMLC は FAST VP の用途に
のみ使用可能。
**520 バイト/セクター、1 MB = 1,048,576 バイト
VNX OE プロトコルおよびソフトウェア機能
VNX シリーズは、幅広いプロトコルと、さまざまなソフトウェア スイートおよびパックにより提供される高度な機能をサポートしています。
サポートされるプロトコルおよび機能
Microsoft Windows Server 2003 向け ABE
NLM(Network Lock Manager)V1、V3、V4
NTP(Network Time Protocol)クライアント
ARP(アドレス解決プロトコル)
フェイルセーフ ネットワーク
NTLM(NT LAN Manager)
AVM(自動ボリューム管理): ファイル システム
ICMP(Internet Control Message Protocol)
EMC Atmos™ Virtual Edition によるオブ
(アクセス ベースの列挙)
プロビジョニング
ブロック プロトコル: iSCSI、ファイバー チャネ
ジェクト サポート
Kerberos 認証
Portmapper V2
LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)
RoHS(特定有害物質使用制限)へのコンプラ
ル(FCP SCSI-3)、FCoE
コモン クライテリア認定: EAL 2+FLR
保証レベル
コントローラー ベースの [email protected]
イアンス
Windows 向け LDAP 署名
(Data at Rest Encryption)
リーフ ノードまたはルート サーバーとしての
RIP(Routing Information Protocol)V1、
V2
リンク統合(IEEE 802.3ad)
DFS 分散ファイル システム(Microsoft)
SNMP(Simple Network Management
Protocol)V1~V3
Ethernet トランキング
管理ポート(IPv4 および IPv6)
SNTP(Simple Network Time Protocol)
ファイル プロトコル: NFSv2、v3、v4、v4.1
NDMP(Network Data Management Protocol)
UNIX アーカイブ ユーティリティ(tar/cpio)
(pNFS 対応)、CIFS(SMB 1、SMB 2、
V1~V4
SMB 3)、File Transfer Protocol
(SFTP や FTP など)
FileMover API: オープンな API による、スト
NIS(Network Information Service)クライアント
Microsoft Windows クライアント向けの仮想
Data Mover
レージ ネットワーク階層間での自動的かつ透過
的なデータ移動
NSM(Network Status Monitor)V1
仮想 LAN(IEEE 802.1q)
VNX ソフトウェア
VNX5200、VNX5400、VNX5600、VNX5800、VNX7600、VNX8000
Unisphere™ Management Suite:
シンプルかつ直観的な、VNX の管理、監視、
トラブルシューティング
管理ソフトウェアには以下があります。
Unisphere エレメント マネージャー(ブロック/ファイル/ユニファイド)
Unisphere Central(統合ダッシュボードとアラート)
Unisphere Analyzer(監視とトラブルシューティング)
Unisphere QoS Manager(サービス品質)
VNX Monitoring and Reporting(SRM Lite for VNX)
プロトコル
CIFS、NFS、pNFS、FC、FCoE、iSCSI を含む
ベース ソフトウェア(VNX OE)
以下が可能です。
主要なストレージ機能(接続、効率、移行)を追加コ
ストなしで利用可能
前述のすべてのプロトコル
シン プロビジョニング
固定ブロック重複排除(ブロック用途)
ブロック圧縮
ファイルの重複排除と圧縮
SAN Copy
以下の機能により、パフォーマンスとコストを同時に最適化:
FAST™ Suite: 最高レベルのシステム パフォー
マンスと最小限のストレージ コストを同時に実現でき - ドライブ間でのデータの動的な階層化
るように自動的に最適化
- パフォーマンスを向上させるための拡張可能なキャッシュ
VNX Events and Retention Suite: 変更、
削除、悪意のある操作からデータを保護
ディスク ベースの WORM 機能
ウイルス対策の統合とアラート生成
Local Protection Suite: 安全なデータの保護 ブロック ストレージのスナップショットおよびクローン
と再利用
ブロック ストレージ向けの DVR と同様のリカバリを実現するための継続的なデータ保護
ファイル システム スナップショット
Remote Protection Suite: 局地的な障害、
システム停止、災害からデータを保護
DVR と同様のリカバリを実現するためのユニファイド ストレージ レプリケーション
統合 WAN の重複排除と帯域幅の減少
より細かなファイル システム レベルでのレプリケーションとリカバリ
Application Protection Suite: アプリケー
ションのコピーを自動化し、コンプライアンスを実証
セルフ サービス型のアプリケーション コピー管理
保護のコンプライアンスを実証
Replication Manager と AppSync™を含む
Storage Analytics
VMware® vRealize™ Operations for VNX、EMC Adapter for VNX
Total Protection Pack
Local Protection Suite +
Remote Protection Suite +
Application Protection Suite
Total Efficiency Pack
FAST Suite +
VNX Events & Retention Suite+
Local Protection Suite +
Remote Protection Suite +
Application Protection Suite
暗号化
コントローラー ベースの [email protected](Data at Rest Encryption)
注: ソフトウェア ライセンスの詳細については、EMC セールス担当者までお問い合わせください。
仮想化ソリューション
VNX シリーズは、さまざまなソフトウェア スイートおよびパックにより、幅広いプロトコルと高度な機能を
サポートしています。以下にその一部を紹介します。
•
VMware vSphere™ 5 向け EMC VSI(Virtual Storage Integrator) プロビジョニング、管理、
クローニング、および重複除外プラグイン
•
SRM(Site Recovery Manager)統合: 迅速で確実な災害復旧を可能にする、フェイルオーバー
およびフェイルバックを管理
•
仮想化 API 統合: VMware: VAAI と VASA。Hyper-V: ファイルの ODX(オフロード データ転
送)とオフロード コピー
•
AppSync: アレイ ベースのデータ コピーに基づく、ホスト ベースのサービス指向の管理
•
ESI(EMC Storage Integrator):Hyper-V および SharePoint 向け Microsoft 管理コンテキ
スト(Systems Center)内におけるプロビジョニングに対応
その他のオプションの EMC タイトル
•
EMC VIPR SRM Suite®: VNX と EMC ストレージ管理インフラストラクチャの統合
•
EMC PowerPath®: パス管理
•
EMC CTA(Cloud Tiering Appliance)および CTA/VE: ポリシー ベースのクラウド階層化、
ファイル アーカイブ、移行
VNX の電力仕様概要
すべての電力数値は、最大構成を基にしています。構成固有の電源仕様については、Powerlink アカ
ウントを使用して powercalculator.emc.com で EMC Power Calculator を参照してください。
ディスク ドライブ
VNX5200 DPE VNX5400 DPE VNX5600
DPE
(25 x 2.5
(25 x 2.5
インチ
インチ
(25 x 2.5
ドライブ)
ドライブ)
インチ ドライブ)
VNX5800
DPE(25 x
2.5 インチ
ドライブ)
VNX7600
DPE(25 x
2.5 インチ
ドライブ)
VNX8000
SPE
(ドライブなし)
15 x 3.5
インチ ディス
ク アレイ エン
クロージャ
60 x 3.5
インチ ディス
ク アレイ エン
クロージャ
25 x 2.5
インチ ディス
ク アレイ エン
クロージャ
電力
Energy Star 認証
AC ライン電流
(動作時最大電流)
電力消費量
(動作時最大電力消費量)
力率
発熱量
(動作時最大発熱量)
はい**
はい**
AC 200 V
で最大 4.3 A、
AC 100 V
で最大 8.0 A*
AC 200 V
で最大 4.3 A、
AC 100 V
で最大 8.0 A*
AC 200 V
で最大
4.4 A
AC 200 V
で最大 4.4 A
AC 100 V
AC 100 V
AC 200 V
AC 200 V で最大 2.8 A、 AC 200 V で最大 2.5 A、
AC 200 V
で最大 6.0 A
AC 200 V
で最大 4.5 A で最大 7.25 A
で最大 1.4 A
で最大 1.3 A
最大 860 VA
(835 W)
(200 V)
最大 860 VA
(835 W)
(200 V)
最大 798 VA
(768 W)
(100 V*)
最大 798 VA
(768 W)
(100 V*)
最大
870 VA
(845 W)
最大 870 VA
(845 W)
最大 905 VA
(880 W)
最大
1,450 VA
(1,380 W)
最大
280 VA
(235 W)
最大
1,200 VA
(1,130 W)
最大
250 VA
(230 W)
全負荷、
低電圧のとき
最小 0.98
全負荷、
低電圧のとき
最小 0.98
全負荷、
低電圧のとき
最小 0.98
全負荷、
低電圧のとき
最小 0.98
全負荷、
低電圧のとき
最小 0.98
全負荷、
低電圧のとき
最小 0.98
全負荷、
低電圧のとき
最小 0.98
最大 3.04×
106 J/時間
(2,890
BTU/時間)
最大 3.04×
106 J/時間
(2,890
BTU/時間)
最大 3.17×
106 J/時間
(3,010
BTU/時間)
最大 4.97×
106 J/時間
(4,710
BTU/時間)
最大 8.46×
105 J/時間
(800
BTU/時間)
最大 4.07×
106 J/時間
(3,860
BTU/時間)
最大 8.28×
105 J/時間
(785
BTU/時間)
全負荷、低電圧の 全負荷、低電圧の
とき AC 200V で とき AC 200V で
最小 0.97
最小 0.97
全負荷、低電圧の 全負荷、低電圧の
とき AC 100V*で とき AC 100V*で
最小 0.96
最小 0.96
最大 3.01×
106 J/時間
(2,850
BTU/時間)
(200V)
最大 3.01×
106 J/時間
(2,850
BTU/時間)
(200V)
最大 2.77×
106 J/時間
(2,621
BTU/時間)
(100V*)
最大 2.77×
106 J/時間
(2,621
BTU/時間)
(100V*)
AC 240 V
でライン
コードあたり
最大 50 A
(½周期)
AC 240
V でライン
コードあたり
最大 30 A
(½周期)
AC 240 V
でライン
コードあたり
最大 50 A
(½周期)
AC 240 V
でライン コード
あたり最大 30 A
(½周期)
AC 240 V
でライン コード
あたり最大 30 A
(½周期)
AC 240 V
でライン
コードあたり
最大 30 A
(½周期)
AC 240 V
でライン
コードあたり
最大 30 A
(½周期)
AC 240 V
でライン
コードあたり
最大 30 A
(½周期)
AC 240 V
でライン
コードあたり
最大 30 A
(½周期)
ライン電圧を
問わず、
50 ミリ秒で
最大
29 A rms
ライン電圧を
問わず、
50 ミリ秒で
最大
29 A rms
ライン電圧を
問わず、
50 ミリ秒で
最大
29 A rms
ライン電圧を
問わず、
50 ミリ秒で
最大
29 A rms
ライン電圧を
問わず、
50 ミリ秒で
最大
29 A rms
ライン電圧を
問わず、
50 ミリ秒で
最大
29 A rms
AC 保護
各電源で 10 A
ヒューズ
各電源で 10 A
ヒューズ
各電源で
10 A ヒューズ
各電源で
10 A ヒューズ
各電源で
10 A ヒューズ
各電源で
各ライン コード
各電源で
各電源で
10 A ヒューズ、 で 12 A ヒュー 10 A ヒューズ、
10 A ヒューズ
両相
ズ、両相
両相
AC 入力タイプ
IEC320-C14
アプライアンス
カプラー、
電源領域あ
たり 1 口
IEC320-C14
アプライアンス
カプラー、
電源領域あ
たり 1 口
IEC320-C14
アプライアンス
カプラー、
電源領域あ
たり 1 口
IEC320-C14
アプライアンス
カプラー、
電源領域あ
たり 1 口
IEC320-C14
アプライアンス
カプラー、
電源領域あ
たり 1 口
IEC320-C14
アプライアンス
カプラー、
電源領域あ
たり 1 口
IEC320-C14
アプライアンス
カプラー、
電源領域あ
たり 1 口
IEC320-C14
アプライアンス
カプラー、
電源領域あ
たり 2 口
IEC320-C14
アプライアンス
カプラー、
電源領域あ
たり 1 口
瞬断許容時間
最短 12 ミリ秒
最短 12 ミリ秒
最短
12 ミリ秒
最短
12 ミリ秒
最短
12 ミリ秒
最短
12 ミリ秒
最短
30 ミリ秒
最短
30 ミリ秒
最短
30 ミリ秒
電源間全
負荷の±5%
電源間全
負荷の±5%
電源間全
負荷の±5%
電源間全
負荷の±5%
電源間全
負荷の±5%
電源間全
負荷の±5%
電源間
全負荷の
±10%
電源間
全負荷の
±10%
電源間
全負荷の
±10%
突入電流
起動時サージ耐量
カレント シェアリング
AC 120 V
でライン コ
ードあたり
最大 25 A
(½周期)
ライン電圧を
問わず、
100 ミリ秒で
最大
10.6 A rms
ライン電圧を
問わず、
100 ミリ秒で
最大
27 A rms
AC 120 V
でライン
コードあたり
最大 25 A
(½周期)
ライン電圧を
問わず、
100 ミリ秒で
最大
10.6 A rms
寸法
重量
41 kg
(90.395 ポンド)
41 kg
41 kg
41 kg
41 kg
49.9 kg
(90.395 ポンド) (90.395 ポンド) (90.395 ポンド) (90.395 ポンド) (110 ポンド)
空の場合:
32/14.5
空の場合:
81/36.7
空の場合:
22.1/10.0
垂直サイズ
3 NEMA 単位
3 NEMA 単位
3 NEMA 単位 3 NEMA 単位 3 NEMA 単位 4 NEMA 単位 3 NEMA 単位 4 NEMA 単位 2 NEMA 単位
高さ
13.33 cm
(5.25 インチ)
13.33 cm
(5.25 インチ)
13.33 cm
8.76 cm
13.33 cm
13.33 cm
13.33 cm
17.78 cm
17.78 cm
(5.25 インチ) (5.25 インチ) (5.25 インチ) (7.00 インチ) (5.25 インチ) (7.00 インチ) (3.45 インチ)
幅
44.45 cm
(17.5 インチ)
44.45 cm
(17.5 インチ)
44.45 cm
44.45 cm
44.45 cm
44.45 cm
44.45 cm
44.45 cm
44.45 cm
(17.5 インチ) (17.5 インチ) (17.5 インチ) (17.5 インチ) (17.5 インチ) (17.5 インチ) (17.5 インチ)
奥行
61.0 cm
(24 インチ)
61.0 cm
(24 インチ)
61.0 cm
(24 インチ)
61.0 cm
(24 インチ)
61.0 cm
(24 インチ)
83.8 cm
(33 インチ)
35.56 cm
(14 インチ)
88.9 cm
(35 インチ) +
ケーブル管理
アーム(奥行
112 cm
(44 インチ)の
ラックが必要))
33.02 cm
(13 インチ)
*5200 および 5400 にはオプションで 100~120V の電源をお選び頂けます。これらのシステムには 100~120V で動作するのに必要な正しい電源を設置する
必要があります。100V~120V の電源オプションでは、10GBaseT のブロック UltraFlex IO モジュールはサポートされていません。
**ニア ライン SAS ドライブの使用には制限が適用されます。
VNX ソフトウェア
VNX 8000 予備電源
電力
2.2 kW 2U スタンバイ電源装置(注:すべての定格はフル構成のシステムを前提として
います)
AC ライン電圧
AC 200~240 V ±10%、単相、47~63 Hz
AC ライン電流、内部およびパススルー
最大 0.1 A、AC 200 V 時、内部消費電力(最大 11 A、AC 200 V 時、AC コンセントに
パススルー)
内部消費電力
高充電モードでの最大値は 150 VA(135 W)、フロート充電モードでは 20 VA(12 W)
力率
該当なし(パススルー負荷の場合)、0.60 pf(内部 10 VA 負荷の場合)
発熱量
定常状態で 43.2 x 103 J/時間(40 BTU/時間)
突入電流
AC 240 V で電源あたり最大 25 A(½周期)
AC 保護
20 A サーキット ブレーカー
AC 入力タイプ
IEC320-C14 アプライアンス カプラー(スイッチ付き)
AC 出力タイプ
IEC320-C13 アプライアンス カプラー、4 口
充電時間
最大 5.5 時間
AC 障害検出時間
最大 12 ミリ秒
転送時間
最大 25 ミリ秒
寸法(高さ/幅/長さ)
3.37 インチ/17.5 インチ/28 インチまたは 8.56 cm/44.45 cm/71.1 cm
重量
35.9 kg
注: 各 VNX8000 SPE にはスタンバイ電源装置が必要(次の情報を参照)
キャビネット
標準 40U キャビネット
高密度 40U キャビネット
AC ライン電圧
AC 200~240 V ±10%、単相、47~63 Hz
AC 200~240 V ±10%、単相、47~63 Hz
電源構成
それぞれ冗長化された 2 つの電源ドメイン
(基本/拡張)
それぞれ冗長化された 1 個、2 個、3 個、4 個の電源
ドメイン
電源入力数
2 口(冗長性のある基本構成の場合)または 4 口
(冗長性のある拡張構成の場合)
2 口、4 口、6 口、8 口(ドメインあたり 2 口)
プラグのタイプ
NEMA L6-30P または IEC309-332 P6 または
IP57(オーストラリア)
NEMA L6-30P または IEC309-332 P6 または
IP57(オーストラリア)
入力電源の容量
4,800 VA @ AC 200 V、5,760 VA @ AC
240 V(基本構成)
ドメイン×1: 4,800 VA @ AC 200 V、5,760 VA
@ AC 240 V
9,600 VA @ AC 200 V、11,520 VA @ AC
240 V(拡張構成)
ドメイン×2: 9,600 VA @ AC 200 V、11,520 VA
@ AC 240 V
ドメイン×3: 14,400 VA @ AC 200 V、
17,280 VA @ AC 240 V
ドメイン×4: 19,200 VA @ AC 200 V、
23,040 VA @ AC 240 V
AC 保護
各分岐電源に 30 A の回路ブレーカー
各分岐電源に 30 A の回路ブレーカー(最大 8)
40U キャビネット寸法
高さ:75 インチ(190.8 cm)、幅:24 インチ
(61.1 cm)、奥行:39 インチ(99.2 cm)、
重量(キャビネットのみ):380 ポンド(173 kg)
高さ:75 インチ(190.8 cm)、幅:24 インチ
(61.1 cm)、奥行:44 インチ(111.8 cm)、
重量(キャビネットのみ):435 ポンド(197.3 kg)
DME(Data Mover エンクロージャ)と Control Station
VNX5200
VNX5400
VNX5600
VNX5800
VNX7600
VNX8000
1 台の DME と 2 台の Data Mover
Control Station
1
電力
AC ライン電圧
AC ライン電流
AC 100~240 VAC ±10%、単相、47~63 Hz
AC 100 V で最大 5.3 A、AC 200 V で最大 2.7 A
AC 100 V で最大
1.0 A、AC 200 V で
最大 0.5 A
最大 530 VA(500 W)
最大 100 VA(90 W)
全負荷、低電圧のとき最小 0.98
全負荷、低電圧のとき
最小 0.90
最大 1.80×106 J/時間(1,710 BTU/時間)
最大 3.24×
105 J/時間
(310 BTU/時間)
(動作時最大電流)
電力消費量
(動作時最大電力消費量)
力率
発熱量(動作時最大発熱量)
突入電流
AC 240 V でライン コードあたり最大 15 A(½周期)
AC 120 V でライン コードあたり最大 8 A(½周期)
起動時サージ耐量
AC 保護
AC 入力タイプ
瞬断許容時間
カレント シェアリング
電圧を問わず、50 ミリ秒で最大 27 A rms
該当なし
各電源で 7.8 A ヒューズ、両相
該当なし
IEC320-C14 アプライアンス カプラー、電源領域あたり 1 口
最短 30 ミリ秒
該当なし
電源間全負荷の±15%
該当なし
23.8 kg(52.5 ポンド)
10.5 kg(23.3 ポンド)
2 NEMA 単位
1 NEMA 単位
8.89 cm(3.50 インチ)
4.45 cm(1.75 インチ)
44.45 cm(17.50 インチ)
43.8 cm(17.25 インチ)
61.0 cm(24.0 インチ)
55.37 cm(21.8 インチ)
寸法
重量
垂直サイズ
高さ
幅
奥行
動作環境(ASHRAE の装置規格クラス A3 に準拠)
推奨動作範囲
装置が最も確実に動作し、かつ適切なエネルギー
効率でデータセンターの運用を達成する制限範囲。
露点 5.5°C(41.9°F)で 18°C~27°C(64.4°F~80.6°F)、
最大で相対湿度 60%、露点 15°C(59°F)
継続許容動作範囲
データセンター全体の効率性を高める目的でデータ
センター エコ技術(フリー クーリングなど)を導入した
場合に、 装置の吸気状態が推奨範囲に収まらなく
なっても動作が継続される範囲。この範囲内であれ
ば、時間単位の制限なしで装置が動作します。
相対湿度 20%~80%で 10°C~35°C(50°F~95°F)、
最大露点(最大湿球温度)21°C(69.8°F)。950 m を超え
る高度では、最大許容乾球温度が 300 m ごとに 1°C
(3117 フィートを超える高度で、547 フィートごとに 1°F)低く
なります。
拡張許容動作範囲
1 日のうちの特定の時間帯や 1 年のうちの特定の
時期に、装置の吸気状態が継続許容範囲に収まら
なくなっても動作が継続される範囲。この範囲内で
あれば、年間動作時間の 10%までは装置が動作
します。
拡張許容動作範囲の例外
拡張許容温度範囲で動作しているシステムのパ
フォーマンスが保証されるのは、システムが待機中ま
たは処理中の間です。
20°C/時(36°F/時)
温度勾配
高度
5°C~10°C および 35°C~40°C(装置への直射日光は避
ける)、相対湿度 8%~85%、露点-12°C~24°C(最大湿
球温度)。継続許容範囲(10°C~35°C)から外れても、
5°C~40°C の範囲内であれば、年間動作時間の 10%まで
はシステムの動作が継続されます。温度が 35°C~40°C
(95°F~104°F)の場合、950 m を超える高度では、最大許
容乾球温度が 175 m ごとに 1°C(3117 フィートを超える高
度で、319 フィートごとに 1°F)低くなります。
まれに特定の動作モードに影響することがあるため、
60 x 3.5 インチ ディスク アレイ エンクロージャでは、温度
が 35°C を超える場合はサービスを保留することをお勧めし
ます。
3050m(10,000 フィート)
最大動作
電磁波に関する規格
FCC クラス A、EN55022 クラス A
CE マーク VCCI クラス A(日本)
ICES-003 クラス A(カナダ)、AS/NZS 3548 クラス A
(オーストラリア/ニュージーランド)
EN55024 Immunity、ITE BSMI クラス A(台湾)
品質管理と安全基準
UL 60950、CSA C22.2-60950、EN 60950
ISO 9000 に準拠した品質システムで製造
ETSI EN 300 386
お問い合わせ
EMCの製品、サービス、ソリューション
がビジネスおよびITの課題の解決に
どのように役立つかの詳細について
は、EMCセールス担当者またはEMC
認定リセラーまでお問い合わせくださ
い。あるいはEMC Storeをご参照くだ
さい。
EMC2 、EMC、EMCのロゴ、EMC Virtual Positioning、AppSync、Atmos、E-Lab、FAST、MCx、
ProSphere 、 PowerPath 、 Powerlink 、 Unisphere 、 UltraFlex 、 VNX 、 VNX5200 、 VNX5400 、
VNX5600、VNX5800、VNX7600、およびVNX8000は、EMC Corporationの登録商標または商標
です。VMware、vCenter、vSphere、およびVMwareのロゴは、VMware, Inc.の登録商標または商
標です。© Copyright 2011, 2014 EMC Corporation. All rights reserved.
Published in the USA. 11/14 スペック シート H8514.19-J
EMC Corporationは、この資料に記載される情報が、発行日時点で正確であるとみなしています。また
情報は予告なく変更されることがあります。
新定義
スペック シート