プログラムの詳細はこちらから(1.4MB) - 東邦大学理学部

第8回 東邦大学複合物性研究センターシンポジウム
8 HIGH-TECH RESEARCH CENTER SYMPOSIUM
「機能性材料の最前線」
“New Frontiers in Functional Materials”
文部科学省 戦略的研究基盤形成支援事業
th
December 6 (Sat), 2014
Faculty of Science, Toho University, 2-2-1 Miyama, Funabashi, Chiba 274-8510 Japan
プログラム (Program Schedule)
Oral Presentations (理学部 V 館 1 階 5101 (Room 5101))
幅田揚一 (Yoichi Habata)
10:00 - 10:05
Opening Address
10:05 - 10:35
カーボンナノチューブとキャップの構造設計
東邦大学 (Toho University)
"Structural Designs of Caps and Carbon Nanotubes"
菅井 俊樹 (Toshiki SUGAI)
東邦大学 Toho University
10:35 - 11:05
電子デバイス用機能性ポリイミドの開発
"Development of Functional Polyimides for Electronic Devices"
石井 淳一 (Junichi ISHII)
東邦大学 Toho University
11:05 – 11:15
Coffee Break
11:15 – 12:00
有機薄膜太陽電池に用いるフラーレン誘導体電子アクセプターの開発
"Development of Fullerene Derivative Electron Acceptors for Organic Solar Cells"
松尾 豊 (Yutaka MATSUO)
東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻
Department of Chemistry, School of Science, The University of Tokyo
12:00 - 12:50
Lunch
12:50 - 14:10
Poster session
14:10 - 14:20
Coffee Break
14:20 – 15:05
パーフルオロアルキル化合物のバルク物性の起源
(理学部 V 館 2 階 Room # 5204, 5205, and 5206)
"Origin of Bulk Properties of a Perfluoroalkyl Compound"
長谷川 健 (Takeshi HASEGAWA)
京都大学化学研究所
ICR, Kyoto University
15:05 - 15:15
Coffee Break
1
15:15 – 16:00
磁性の電圧制御とその応用
"Voltage control of magnetism and its application"
松倉 文礼 (Fumihiro MATSUKURA)
東北大学原子分子材料科学高等研究機構
東北大学省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター
東北大学電気通信研究所附属ナノ・スピン実験施設
WPI-Advanced Institute for Materials Research, Tohoku University
Center for Spintronics Integrated Systems, Tohoku University
Laboratory for Nanoelectronics and Spintronics,
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University
16:00 – 16:10
Coffee Break
16:10 – 16:55
スピン波と熱の相互作用
"Interplay between Spin Wave and Heat "
安 東秀 (Toshu AN)
理研 RIKEN
16:55 - 17:25
分子性ディラック電子系における量子輸送現象
"Quantum Transport Phenomena in Molecular Dirac Fermion Systems"
田嶋 尚也 (Naoya TAJIMA)
東邦大学 Toho University
17:25 - 17:55
Closing Address
2
ポスターセッション Poster Session
(理学部 V 館 2 階 5204, 5205, 5206 (Room 5204, 5205, 5206) )
奇数番の方は 12:50-13:30 まで,偶数番の方は 13:30-14:10 までポスター前に立っていてください.
理学部 V 号館 2 階 5204 (Room 5204)
1
"Discrete and 1D-3D Coordination Polymers of A Versatile
Macrocyclic Pillar Ligand " ○ Hyunsoo Ryu1, Leonard F.
Lindoy2, Shim Sung Lee1 [1Department of Chemistry,
Gyeongsang National University, S. Korea, 2School of Chemistry,
The University of Sydney, Australia]
2
"Endo- and Exocyclic Siver(I) and CunIn Cluster Complexes
with Thiamacrocycles " ○Seulgi Kim1, Arlette D. Siewe1, Mari
Ikeda2, Yoichi Habata3, Shim Sung Lee1 [1Department of
Chemistry, Gyeongsang National University, S. Korea,
2
Education Center, Faculty of Engineering, Chiba Institute of
Technology, Japan, 3Department of Chemistry, Toho University,
Japan]
3
4
○ 浅 面 里 美 , 渡 邊 総 一 郎 [ 東 邦 大 理 ] "Synthesis and
Photoreaction of Protein-binding Molecules Having Photolabile
Group" ○ Satomi ASAOMO, Soichiro WATANABE [Toho
University]
"三枚の芳香環を持つ銀食い分子の選択的合成 " 幅田揚一
1,2
,木崎樹里 1,細井康弘 1,○池田茉莉 2,3,桑原俊介 1,2 [1 東
邦大理, 2 東邦大分析セ, 3 千葉工大工教育セ] "Selective
Synthesis of Argentivorous Molecules Bearing Three Aromatic
Side-Arms" Yoichi HABATA1,2, Juli KIZAKI1, Yasuhiro HOSOI1,
○Mari IKEDA2,3, Shunsuke KUWAHARA1,2 [1Department of
Chemistry, Faculty of Science and 2Research Center for
Materials with Integrated Properties, Toho University,
3
Education Center, Faculty of Engineering, Chiba Institute of
Technology]
"凝集誘起発光を示すピリジン含有配位子-Ag(I)錯体の発光特
性 " ○池田茉莉 1,3,床枝あかね 4,李心星 2,桑原俊介 3,4,幅
田揚一 3,4 [1 千葉工大工教育セ,2 慶尚大学校,3 東邦大複合物
性研究セ,4 東邦大理]
"Emission Property of Pyridine-Containing Ligand/Ag(I)
Complex which shows Aggregation-Induced-Emission" ○Mari
IKEDA1,3, Akane TOKOEDA4, Shim Sung LEE2, Shunsuke
KUWAHARA3,4, Yoichi HABATA3,4 [1Education Center, Faculty
of Engineering, Chiba Institute of Technology, 2Department of
Chemistry, Gyeongsang National University, 3Research Center
for Materials with Integrated Properties and 4Department of
Chemistry, Faculty of Science Toho University]
10
"プテリン-7-カルボキサミド類の合成とアルドース還元酵素阻害
活性 " ○鈴木沙織,佐々木要,齋藤良太 [東邦大理]
"Synthesis of pterin-7-carboxamides and their Aldose reductase
inhibitory activity" ○Saori SUZUKI, Kaname SASAKI, Ryota
SAITO [Toho University]
11
"6-位に種々の二環式複素環を有する botryllazine B 誘導体
の合成 " ○大菅由衣,佐々木要,齋藤良太 [東邦大理]
"Synthesis of botryllazine B analogues having diverse bicyclic
heterocyces at the 6-position" ○ Yui OHSUGA, Kaname
SASAKI, Ryota SAITO [Toho University]
12
"糖尿病および糖尿病性合併症の同時治療薬を指向した新規
1-アリール-4-ヒドロキシ-5-オキソ-2,5-ジヒドロ-1H-ピロール-3-カ
ルボン酸誘導体の合成 " ○川埜紗椰,佐々木要,齋藤良太
[
東
邦
大
理
]
"Synthesis
of
1-aryl-4-hydroxy-5-oxo-2,5-dihydro-1H-pyrrole-3-carboxylic
acid derivatives toward novel drugs for simultaneous treating of
diabetes mellitus and diabetic complications" ○ Saya
KAWANO, Kaname SASAKI, Ryota SAITO [Toho University]
13
"核酸塩基に結合する新規ボロン酸の合成と評価 " ○山地美
穂,齋藤良太,佐々木要 [東邦大理] "Synthesis and evaluation
of novel boronic acids interacting with nucleic bases" ○Miho
YAMAJI, Ryota SAITO, Kaname SASAKI [Toho University]
14
"アザクラウンエーテル部位を有する TCNQ 誘導体の構造と発
光特性 " ○宮内隆裕,加知千裕 [東邦大理] "Structure and
Luminescent Properties of TCNQ Derivatives with Azacrown
Ether
Group"
○ Takahiro
MIYAUCHI,
Chihiro
KACHI-TERAJIMA [Toho University]
15
"二脚型配位子を用いたランタノイド錯体と一酸化窒素 (NO)の
反応における構造と発光特性の変化 " ○霜山岳呂,加知千
裕 [ 東 邦 大 理 ] "Structural Change and Luminescence
Properties in Reaction between Nitric Oxide and Lanthanide
Complexes with Dipodal-Imidazole Ligand" ○ Takeru
SHIMOYAMA, Chihiro KACHI-TERAJIMA [Toho University]
5
"縮合多環芳香族からなる剛直な骨格をもつポリカテナンモノマ
ー 分 子の 合 成 " ○ 相 田 玲 奈 ,渡 邊 総 一 郎 [ 東 邦 大 理 ]
"Synthesis of a Partial Unit of Polycatenanes Consisted of Rigid
Polycyclic Aromatic Hydrocarbons" ○Reina AIDA, Soichiro
WATANABE [Toho University]
6
"ヘリセンの立体制御を目指したジスチリルベンゼン誘導体の
光環化反応の検討 " ○斎藤弘,渡邊総一郎 [東邦大理]
"Photocyclization of Distyrylbenzene Derivatives toward
Stereoselective Helicene Synthesis" ○Hiromu SAITO, Soichiro
WATANABE [Toho University]
16
"イオン液体カチオン交換抽出による鉄 (II)と鉄(III)の相互分
離 " ○鈴木宏明,平山直紀 [東邦大理] "Mutual Separation
of Iron(II) and Iron(III) by Ionic Liquid Cation-exchange
Extraction" ○Hiroaki SUZUKI, Naoki HIRAYAMA [Toho
University]
7
"フルオロシクロブテン誘導体合成法の検討 " ○南縁,渡邊総
一郎 [東邦大理] "Study on the Synthesis of Fluorocyclobutene
Derivatives" ○Yukari MINAMI, Soichiro WATANABE [Toho
University]
17
8
"光分解基を有するビオチン修飾ビーズによるタンパク質の捕
捉と光溶出 " ○深澤愛,渡邊総一郎 [東邦大理] "Capture
and Photorelease of Proteins by Biotin Coated Beads with
Photocleavable Linker" ○ Ai FUKASAWA, Soichiro
WATANABE [Toho University]
"イオン液体抽出系における抽出剤 N,N,N',N'-テトラキス(2-ピリ
ジルメチル)エチレンジアミンの構造効果 " ○浅野夏海,平山
直 紀 [ 東 邦 大 理 ] "Structural Effect of an Extractant
N,N,N',N'-Tetrakis(2-pyridylmethyl)ethylenediamine in Ionic
Liquid Extraction System" ○ Natsumi ASANO, Naoki
HIRAYAMA [Toho University]
18
"8-キノリノールによる鉄(III)のイオン液体へのキレート抽出挙
動 " ○江口綾乃,平山直紀 [東邦大理] "Chelate Extraction
Behavior of Iron(III) into Ionic Liquids with 8-Quinolinol" ○
Ayano EGUCHI, Naoki HIRAYAMA [Toho University]
9
" 光分解基を有するタンパク質結合分子の合成と光反応性 "
3
19
"溶媒可溶性低熱膨張ポリイミド(3) . フレキシブルプリント配線
基板用カバー材への応用 " ○横山直樹,石井淳一,長谷川
匡俊 [東邦大理] "Organo-Soluble Low CTE Polyimides (3).
Applications of Cover Layer Materials in Flexible Printed
Circuit Boards" ○ Naoki YOKOYAMA, Junichi ISHII,
Masatoshi HASEGAWA [Toho University]
20
"超低弾性率ポリイミド(6).リン含有化合物による難燃性の改
善 " ○関根あゆ美,石井淳一,長谷川匡俊 [東邦大理]
"Ultra-Low-modulus
Polyimide(6).
Improvement
of
non-flammability by Phosphorus-containing Compounds" ○
Ayumi SEKINE, Junichi ISHII, Masatoshi HASEGAWA [Toho
University]
21
"イミン基を含むポリアルキルフルオレン . オキサゾール基の効
果 " ○岩田尚紀,石井淳一,長谷川匡俊 [東邦大理]
"Polyalkylfluorens Containing Imine Groups. Effect of
Benzoxazole units" ○Naoki IWATA, Junichi ISHII, Masatoshi
HASEGAWA [Toho University]
22
"超低弾性率ポリイミド(5).銅箔接着強度の改善 " ○佐伯真
由美,石井淳一,長谷川匡俊 [東邦大理] "Ultra-Low-modulus
Polyimides(5). Improvement of Adhesion Strength with Copper
Foil" ○ Mayumi SAEKI, Junichi ISHII, Masatoshi
HASEGAWA [Toho University]
23
"粘土面への吸着を利用した不斉識別:キラルな Ru 錯体の間
の場合 " ○中山駿佑,北澤孝史,山岸晧彦 [東邦大理] "Use
of clay minerals for chiral recognition: Reactions involving
Ru(III) complexes" ○ Syunsuke NAKAYAMA,Takafumi
KITAZAWA,Akihiko YAMAGISI [Toho University]
24
"セロソルブを有する新規シアン化カドミウムの合成と結晶構造
" ○川﨑武志,猪口佳弘,北澤孝史 [東邦大理] "Synthesis
and Crystal Structure of Cadmium Cyanide with Cellosolve" ○
Takeshi KAWASAKI, Yoshihiro INOGUCHI, Takafumi
KITAZAW [Toho University]
28
"単層カーボンナノチューブに由来するグラフェン量子ドットと発
光特性制御 " ○高橋未咲,菅井俊樹 [東邦大理] "Control of
Photoluminescence Property of Graphene Quantum Dots
Derived from Single-Walled Carbon Nanotubes" ○ Misaki
TAKAHASHI, Toshiki SUGAI [Toho University]
29
"フーリエ変換イオンサイクロトロン質量分析器を用いた遷移金
属ナノクラスターの気相反応 " 〇戸張雄太,小笠原一樹,佐
藤仁紀,斎藤真琴,千足昇平,丸山茂夫,菅井俊樹 [東邦大
理] "Gas Phase Reactions of Transition Metal Nano-clusters by
Using Fourier Transform Ion Cyclotron Resonance Mass
Spectrometer" 〇 Yuta TOBARI, Kazuki OGASAWARA,
Yoshinori SATO, Makoto SAITO, Shohei CHIASHI, Shigeo
MARUYAMA, Toshiki SUGAI [Toho University]
30
"イオン収束トラップ気相移動度測定システムの開発とポリスチ
レン粒子の電荷測定 " 〇廣芝泰祐,菅井俊樹 [東邦大理]
"Development of Ion Trap Mobility with Focusing System and
Measurement of Charge on Polystyrene Particles" 〇Yasuhiro
HIROSHIBA, Toshiki SUGAI [Toho University]
31
"イオン移動度 / 質量分析のためのソフトイオン化システムの開
発 " 〇松林広延,菅井俊樹 [東邦大理] "Development of Soft
Ionization System for Ion Mobility/Mass Spectrometry" 〇
Hironobu MATSUBAYASHI, Toshiki SUGAI [Toho University]
32
"低熱膨張・低吸水性ポリエステルイミド(45)硫黄含有モノマー
による難燃性改善効果 " ○小宮麻衣子,石井淳一,長谷川
匡 俊 [ 東 邦 大 理 ] "Low-CTE and Low-water Absorption
Poly(ester imide)s (45) Effect of Sulfur-containing monomer on
non-flammability" ○ Maiko KOMIYA, Junichi ISHII,
Masatoshi HASEGAWA [Toho University]
33
"ベンゾアゾール環を含むポリイミド(13)超耐熱性と低熱膨張
特性を発現するための方策 . " ○星野有輝,石井淳一,長谷
川匡俊 [東邦大理] "Polyimides Containing Benzazole Units
(13). Strategy for Obtaining Ultra-high Heat Resistance and
Low CTE Characteristics" ○Yuki HOSHINO, Junichi ISHII,
Masatoshi HASEGAWA [Toho University]
34
"ポリイミドワニスからのキャスト製膜により誘起される透明ポリイ
ミドの面内配向(19)超低熱膨張性半脂環式ポリイミド " ○渡
部 裕 平 , 石 井 淳 一 , 長 谷 川 匡 俊 [ 東 邦 大 理 ] "In-plane
Orientation in Colorless Polyimides as Induced by Solution
Casting from Polyimide Varnishes (19). Ultra-low-CTE
Semi-cycloaliphatic Polyimides" ○Yuhei WATANABE, Junichi
ISHII, Masatoshi HASEGAWA [Toho University]
35
"ポリイミドワニスからのキャスト製膜により誘起される透明ポリイ
理学部 V 号館 2 階 5205 (Room 5205)
25
"ホモダイン検出強磁性共鳴法によるナノスケール磁性体の特
性評価 " ○平山絵里子 1,金井駿 1,佐藤英夫 2,3,松倉文礼
1,2,4
,大野英男 1,2,3,4 [1 東北大通研附属ナノ・スピン実験施設, 2
東北大 CSIS , 3 東北大 CIES, 4 東北大 WPI-AIMR] "Properties
of nanoscale magnets investigated by homodyne-detected
ferromagnetic resonance" ○ Eriko HIRAYAMA1, Shun
KANAI1, Hideo SATO2,3, Fumihiro MATSUKURA1,2,4, Hideo
OHNO1,2,3,4 [1Laboratory for Nanoelectronics and Spintronics,
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku Univ.,
2
Center for Spintronics Integrated Systems, Tohoku Univ.,
3
Center for Innovative Integrated Electronic Systems, Tohoku
Univ., 4WPI-Advanced Institute for Materials Research, Tohoku
Univ.]
26
"MnSi ナノディスクにおけるスピン起電力の縦続接続効果 " ○
嶋田裕樹,大江純一郎 [東邦大理] "Cascade effect of spin
motive force in MnSi nanodick" ○Yuhki SHIMADA, Jun-ichiro
OHE [Toho University]
27
"アルコール化学気相成長法を用いたカーボンナノチューブ生
成における基板位置効果 " 〇陣内涼太,菅井俊樹 [東邦大
理] "The Effect of Substrate Positions in Production of Carbon
Nanotubes by Alcohol Chemical Vapor Deposition" 〇Ryota
JINNOUCHI, Toshiki SUGAI [Toho University]
ミドの面内配向(18) 全芳香族ポリエステルイミドの低熱膨張
性透明プラスチック基板への適用. " ○平井友貴,石井淳一,
長谷川匡俊 [東邦大理] "In-plane Orientation in Colorless
Polyimides as Induced by Solution Casting from Polyimide
Varnishes (18). Applications of Aromatic Poly(ester imide)s to
Low-CTE and Transparent Plastic Substrates" ○ Tomoki
HIRAI, Junichi ISHII, and Masatoshi HASEGAWA [Toho
University]
4
36
"熱可塑性透明ポリイミド(8).熱・紫外線安定性 " ○牧村莉沙,
石 井 淳 一 , 長 谷 川 匡 俊 [ 東 邦 大 理 ] "Transparent
Thermoplastic Polyimides (8). Thermal and UV-stability" ○
Risa Makimura, Junichi ISHII, Masatoshi HASEGAWA [Toho
University]
37
"A サイト秩序型 RBaMn2O6 の R サイトの乱れが磁性に与える効
果 " ○谷川統久,佐藤里砂,赤星大介,齊藤敏明 [東邦大
interaction in a cis-trans mixed type coordination polymer
complex" ○Kei HIRUMA, Akihiko YAMAGISHI, Hisako
SATO, Takafumi KITAZAWA [Toho University]
理] "Effect of R-site randomness on magnetic properties in A-site
ordered RBaMn2O6 " ○ Norihisa TANIKAWA, Risa SATO,
Daisuke AKAHOSHI, Toshiaki SAITO [Toho University]
38
39
40
"RF マグネトロンスパッタ法によるペロブスカイト型 Mn 酸化物
Nd1− xSrxMnO3 の薄膜作製およびエピタキシャル歪みの評価 "
○手塚貴之,和田詠史,吉河義信,赤星大介,齊藤敏明 [東
邦大理] "Deposition of Nd1− xSrxMnO3 epitaxial thin films by RF
magnetron sputtering and evaluation of the epitaxial strain" ○
Takayuki TETSUKA, Eiji WADA Yoshinobu YOSHIKAWA,
Daisuke AKAHOSHI, Toshiaki SAITO [Toho University]
"スピネル酸化物 Co1+xAl2-xO4 におけるサイト間の原子の乱れが
磁気的性質に与える影響 " ○堀川哲,塚原雅之,赤星大介,
齊藤敏明 [東邦大理] "Effect of atomic site disorder on the
magnetic properties in spinel oxide Co1+xAl2-xO4" ○ Akira
HORIKAWA, Masayuki TSUKAHARA, Daisuke AKAHOSHI,
Toshiaki SAITO [Toho University]
"RKKY 型スピングラス a-GdSi の相転移へのランダム一軸異方
性の効果 "○和田詠史,加藤光樹,池田勇人,酒井晶,赤星
大介,齊藤敏明 [東邦大理] "The effect of random uniaxial
anisotropy on a RKKY-type spin-glass transition in a-GdSi" ○
Eiji WADA, Koki KATO, Hayato IKEDA, Akira SAKAI,
Daisuke AKAHOSHI, Toshiaki SAITO [Toho University]
42
"非ハロゲン難燃ポリアミドナノコンポジット " ○大山翔一,田
村堅志,北澤孝史,山岸晧彦 [東邦大理] "Non-halogen flame
retardant polyamide nanocomposite" ○ Shoichi OYAMA,
Kenji TAMURA, Takafumi KITAZAWA, Akihiko YAMAGISHI
[Toho University]
43
"2-Methylpyrazine を用いたスピンクロスオーバーFe(II)錯体の
磁気挙動及び電子状態 " ○関谷円香,岸田貴範,岡林潤,
北澤孝史 [東邦大理] "Magnetic and Electronic properties of
spin crossover Fe(II) complexes with 2-Methylpyrazine" ○
Madoka SEKIYA, Takanori KISHIDA, Jun OKABAYASHI,
Takafumi KITAZAWA [Toho University]
44
"4-X-pyridine(X = Cl, Br, I)を配位子とする Fe(II)-Au(I)系スピン
クロスオーバー錯体の結晶構造及び磁気挙動 "○上野将太
郎,岡林潤,北澤孝史 [東邦大理] "Crystal structures and
magnetic property of Fe(II)-Au(I) system spin crossover
complexes with 4-X-pyridine (X = Cl, Br, I) " ○Shotaro UENO,
Jun OKABAYASHI, Takafumi KITAZAWA [Toho University]
45
" 二 次 元 平 面 を 有 す る ホ フ マ ン 型 錯 体
FexCo1-x(3-Fluoropyridine)2[Au(CN)2]2 の構造と磁性 " ○松本
晋弥,岡林潤,北澤孝史 [東邦大理] "Structural and magnetic
properties
of
2D
Hofmann-type
complexes
FexCo1-x(3-Fluoropyridine)2[Au(CN)2]2"
○
Shinya
MATSUMOTO, Jun OKABAYASHI, Takafumi KITAZAWA
[Toho University]
46
"シス-トランス混在型配位高分子錯体における親金相互作用に
よる発光挙動 " ○蛭間慶,山岸晧彦,佐藤久子,北澤孝史
[ 東 邦 大 理 ] "Luminescence behavior from an aurophilic
"光エネルギー集約を目指したイリジウム(Ⅲ)錯体間のエネルギ
ー移動反応の研究 " ○住恵理子,北澤孝史,山岸晧彦,田
村 堅 志 , 佐 藤 久 子 [ 東 邦 大 理 ] "Energy-transfer reactions
among Ir(Ⅲ) complexes as studied for light energy harvesting"
○Eriko SUMI, Takafumi KITAZAWA, Akihiko YAMAGISHI,
Kenji TAMURA, Hisako SATO [Toho University]
48
"ホフマン型錯体[Fe(Ethyl Isonicotinate)2Pt(CN)4]の合成及び
結晶構造 " ○椎名瞳,北澤孝史 [東邦大理] "Synthesis and
crystal structure of Hofmann type complex [Fe(Ethyl
Isonicotinate)2Pt(CN)4]" ○ Hitomi SHIINA, Takafumi
KITAZAWA [Toho University]
理学部 V 号館 2 階 5206 (Room 5206)
"エピタキシャル Fe/Au/Cr 薄膜で観測された磁化のスローダイ
ナミクス "○蕗田佳耶,和田詠史,床井圭佑,赤星大介,齊藤
敏明 [東邦大理] "Slow dynamics of magnetization observed in
epitaxal Fe/Au/Cr(001) thin films" ○ Kaya FUKIDA, Eiji
WADA, Keisuke TOKOI, Daisuke AKAHOSHI, Toshiaki
SAITO [Toho University]
41
47
5
49
"NHC を支持配位子とするパラダサイクル錯体の合成と性質 "
○ 庵 上 香 織 , 山 本 哲 也 , 山 川 哲 [ 相 模 中 研 ,東 邦 大 理 ]
"Synthesis and properties of NHC-palladacycles"○Kaori ANJO1,
2
,Tetsuya YAMAMOTO1, Tetsu YAMAKAWA1,2 [1Sagami
Chemical Research Institute, 2Toho Univ.]
50
"カルボン酸エステル含有フラーレン誘導体の合成と有機薄膜
太陽電池特性 " ○井川望月,阿部海,Haeseong Lee,Jae S
Lee,Seung Joo Lee,Jin Jang,朴鐘震,森山広思 [東邦大理,
TAKOMA Technology Co., Ltd.,全州大,慶煕大,高麗大]
"Synthesis and characterization of fullerene derivatives with
carboxylic acid ester in organic photovoltaic devices" ○Mizuki
IGAWA1, Kai ABE1, Haeseong LEE2,3, Jae S LEE4, Seung Joo
LEE4, Jin JANG4, Chyongjin PAC1,5, Hiroshi MORIYAMA1
[1Toho Univ., 2TAKOMA Technology Co., Ltd. , 3Jeonju Univ.,
4
Kyung Hee Univ., 5Korea Univ.]
51
"臭素化フラーレンの置換反応による多付加フラーレンの付加
位置制御" ○渡邉敬太,内山幸也,与座健治,森山広思 [東
邦 大 理 , Bruker AXS] "Regioselective synthesis of novel
multifunctionalized fullerenes by a substitution reaction of
bromofullerene." ○ Keita WATANABE1, Kouya UCHIYAMA1,
Kenji YOZA2, Hiroshi MORIYAMA1 [1Toho Univ., 2Bruker
AXS]
52
"有機薄膜太陽電池におけるメトキシ基、シアノ基含有フラーレ
ン誘導体の置換基効果 " ○松本華奈,Haeseong Lee,Jae S
Lee,Seung Joo Lee,Jin Jang,朴鐘震,森山広思 [東邦大理,
TAKOMA Technology Co., Ltd.,全州大,慶煕大,高麗大]
"Structural effect of fullerene derivatives with a methoxy group
and cyano group in OPV devices" ○Kana MATSUMOTO1,
Haeseong LEE2,3, Jae S LEE4, Seung Joo LEE4, Jin JANG4,
Chyongjin PAC1,5, Hiroshi MORIYAMA1 [1Toho Univ.,
2
TAKOMA Technology Co., Ltd., 3Jeonju Univ., 4Kyung Hee
Univ., 5Korea Univ.]
53
"ホスホン酸エステル含有フラーレン誘導体の合成および有機
薄膜太陽電池における性能評価 " ○ 河合佑亮,Haeseong
Lee,Jae S Lee,Seung Joo Lee,Jin Jang,朴鐘震, 森山広思
[東邦大理,TAKOMA Technology Co., Ltd.,全州大,慶煕大,
高麗大] "Synthesis of fullerene derivative with a phosphonic
ester group and its evaluation as an acceptor in OPV devices"
○Yusuke KAWAI1, Haeseong LEE2,3, Jae S LEE4, Seung Joo
LEE4, Jin JANG4, Chyongjin PAC1,5, Hiroshi MORIYAMA1 [1
Toho Univ., 2TAKOMA Technology Co., Ltd., 3Jeonju Univ.,
4
Kyung Hee Univ., 5Korea Univ.]
54
"カルボン酸基を有するポルフィリン誘導体を用いた有機薄膜
の作製および物性評価 " ○舩來由理絵,植村周平,朴鐘震,
森 山 広 思 [ 東 邦 大 理 , 高 麗 大 ] "Preparation and
characterization of organic thin films of porphyrin with carboxyl
group" ○Yurie FUNAKI1, Shuhei UEMURA1, Chyongjin PAC2,
Hiroshi MORIYAMA1 [1Toho Univ., 2Korea Univ.]
55
"ホスホン酸基含有ポルフィリン薄膜の作製と物性評価 " ○澤
野彩香,植村周平,朴鐘震,森山広思 [東邦大理,高麗大]
"Fablication and characterization of a thin film of porphyrin
with phosphonate moiety" ○ Ayaka SAWANO1, Shuhei
UEMURA1, Chyongjin PAC2, Hiroshi MORIYAMA1 [1Toho
Univ., 2Korea Univ.]
56
" 新規セキシチオフェン薄膜の電気化学特性と光機能物性 "
◯賣野寛人, 小平晃, 堂田悠香, 朴鐘震,森山広思 [東邦
大理,高麗大] "Fabrication and photofunctional properties of
thin films of novel sexithiophene derivatives" ◯Hiroto URINO1,
Akira KODAIRA1, Yuka DOUDA1, Chyongjin PAC2, Hiroshi
MORIYAMA1 [1Toho Univ., 2Korea Univ.]
57
"有機薄膜太陽電池におけるアルキルスぺーサー導入フラーレ
ン誘導体の合成とその物性評価 " ○九田優樹,阿部海,
Haeseong Lee,Jae S. Lee,Seung J. Lee,Jin Jang,朴鐘震,森
山広思 [東邦大理,TAKOMA Technology Co., Ltd.,全州大,
慶煕大,高麗大] "Synthesis and characterization of fullerene
derivatives with alkyl spacer in organic photovoltaic devices"
○Yuki KUDA1, Kai ABE1, Haeseong LEE2,3, Jae S. LEE4,
Seung J. LEE4, Jin JANG4, Chyongjin PAC1,5, Hiroshi
MORIYAMA1 [1Toho Univ.,2TAKOMA Technology Co.,
Ltd.,3Jeonju Univ.,4Kyung Hee Univ.,5Korea Univ.]
嶋 尚 也 ,梶 田晃 示 [東 邦大 理] "Magneto-caloric effect of
κ-(BETS)2FeBr4 " ○Syouma MUTA, Yutaka NISHIO, Naoya
TAJIMA, Koji KAJITA [Toho University]
64
"有機導体 λ-(BETS)2FeCl4 の反強磁性絶縁相における非線形
電気伝導 " ○杉浦栞理,嶋田一雄,田嶋尚也,梶田晃示,西
尾豊,加藤礼三,杉井かおり,磯野貴之,寺島太一,宇治進也
[ 東 邦 大 理 ] "Non-liner Conductivity in Antiferromagnetic
Insulator Phase of λ-(BETS)2FeCl4 " ○ Shiori SUGIURA,
Kazuo SHIMAD, Naoya TAJIMA, Koji KAJITA, Yutaka
NISHIO, Reizo KATO, Kaori SUGII, Takayuki ISONO, Taichi
TERASHIMA, Sinya UJI [Toho University]
65
"プロトン-電子相関系有機伝導体 κ-X3(Cat-EDT-TTF)2[X = H,
D] における圧力効果 " ○山田翔太,上田顕,磯野貴之,松
林和幸,上床美也,吉沢英樹,西尾豊,田嶋尚也,梶田晃示,
中尾朗子,熊井玲児,中尾裕則,村上洋一,森初果 [東邦大
理] "Pressure Effect on Proton-electron Correlated Organic
Conductor κ-X3(Cat-EDT-TTF)2 [X = H, D]" ○ Shota
YAMADA, Akira UEDA, Takayuki ISONO, Kazuyuki
MATSUBAYASHI, Yoshiya UWATOKO, Hideki YOSHIZAWA,
Yutaka NISHIO, Naoya TAJIMA, Koji KAJITA, Akiko NAKAO,
Reiji KUMAI, Hironori NAKAO, Youichi MURAKAMI,
Hatsumi MORI [Toho University]
66
"核水素化トリメリット酸無水物から誘導される透明ポリイミド(7)
立体構造制御による低熱膨張化の検討 " ○木曽貴彦,石井
淳一,長谷川匡俊 [東邦大理] "Colorless Polyimides derived
from Hydrogenated Trimellitic Anhydride (7). Steric Structure
Control for decreasing CTE" ○Takahiko KISO, Junichi ISHII,
Masatoshi HASEGAWA [Toho University]
67
"ベンズアゾール基を側鎖に有する液晶性ポリマー(3) " ○永
井俊次郎,石井淳一,長谷川匡俊 [東邦大理]
"Liquid-crystalline Polymers Bearing Benzazole Units in the
Side Chains" ○ Shunjiro NAGAI, Junichi ISHII, Masatoshi
HASEGAWA [Toho University]
58
"強固な三座配位子を持つ 5 配位有機ケイ素アニオン種の分
子内異性化に関する速度論研究 " ○小熊崇大,松川史郎,
高橋正 [東邦大理] "Kinetic Study on the Stereomutations of
Pentacoodinate Organosilicon Anions Bearing a Rigid
Tridentate Ligand" ○Takahiro OGUMA, Shiro MATSUKAWA,
Masashi TAKAHASHI [Toho University]
68
59
"テルチエニル基を持つヘキサ置換ジシロキサンの合成及び酸
化還元特性 " ○綿引裕太,松川史郎,高橋正 [東邦大理]
"Synthesis and Redox Properties of Hexasubstituted Disiloxanes
Bearing Terthienyl Groups" ○ Yuta WATABIKI, Shiro
MATSUKAWA, Masashi TAKAHASHI [Toho University]
"低線熱膨張・熱可塑性ポリイミド(9) " ○金木貴之,石井淳
一,長谷川匡俊 [東邦大理] "Low-CTE and Thermoplastic
Polyimides (9)" ○Takayuki KANEKI, Junichi ISHII, Masatoshi
HASEGAWA [Toho University]
69
"ボラジン骨格を導入した縮環多環芳香族化合物の合成の検
討 "○奥脇一也,松川史郎,高橋正 [東邦大理]
"Examination of Synthesis of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons
Containing a Borazine Moiety" ○Kazuya OKUWAKI, Shiro
MATSUKAWA, Masashi TAKAHASHI [Toho University]
"透明ポリイミドの複屈折制御(14)新規スピロ型モノマーの効
果 " ○佃壮一,石井淳一,長谷川匡俊 [東邦大理]
"Birefringence control of colorless polyimides.(14)Effect of
spiro-type monomer" ○ Soichi TSUKUDA, Junichi ISHII,
Masatoshi HASEGAWA [Toho University]
70
"スチボラニドと結合を持つ二配位および三配位 Au(I)化合物の
合成と性質 " ○大野将太,高橋正,松川史郎 [東邦大理]
"Synthesis and Properties of Two and Three-coordinated Au(I)
Complexes with a Stiboranide Ligand" ○ Shota OHNO,
Masashi TAKAHASHI, Shiro MATSUKAWA [Toho University]
"ベンゾオキサゾール環を有する液晶性ベンゾオキサジンとそ
の硬化物 " ○繁田香澄,石井淳一,長谷川匡俊 [東邦大理]
"Liquid crystalline benzoxazine having a benzoxazole ring and
the hardened material" ○Kasumi SHIGETA, Junichi ISHII,
Masatoshi HASEGAWA [Toho University]
71
"透明ポリイミドの複屈折制御(13)芳香族側鎖導入の効果 "
○高橋秀一,石井 淳一,長谷川匡俊 [東邦大理]
"Birefringence control of colorless polyimides (13). Effect of
aromatic side groups" ○Syuichi TAKAHASHI, Junichi ISHII,
Masatoshi HASEGAWA [Toho University]
60
61
62
"熱緩和法による比熱の磁場依存性の測定 " ○嶋田一雄,杉
浦栞理,田嶋尚也,梶田晃示,西尾豊,加藤礼三 [東邦大
理 ] "Magnetic-field-dependence of Specific-heat using
Thermal-relaxation-method." ○ Kazuo SHIMAD, Shiori
SUGIURA, Naoya TAJIMA, Koji KAJITA, Yutaka NISHIO,
Reizo KATO [Toho University]
63
"κ-(BETS)2FeBr4 の磁気熱量効果 " ○牟田翔馬,西尾豊,田
6
Oral Presentation (理学部 V 館 1 階 5101 (Room 5101))
10:05 - 10:35
カーボンナノチューブとキャップの構造設計
Structural Designs of Caps and Carbon Nanotubes
菅井 俊樹(東邦大理)
Toshiki SUGAI (Toho Univ.)
カーボンナノチューブは一次元ナノ物質としての特異な構造と電子状態を持ち、その有用な特性はセン
サーや電子デバイスなどに活用されつつある。しかしナノチューブは気相凝集過程で生成するため常に
多様な構造を持つ混合物として得られ、高い性能を実現するために選択的合成法の開発が求められてい
た。近年有機合成などでナノチューブの半球状先端構造「キャップ」を構造選択的に合成し、そこから
成長させることで、ナノチューブを構造選別的に合成させる試みがなされてきた。先端構造の合成[1]
と、ナノチューブの成長[2]がこれまでに報告されている。この手法は高い構造選択性が得られているこ
とと共に、生成できるナノチューブの多様性が高く、原理的にどのようなナノチューブ構造も生成でき
ることが特徴である。しかしながら、これまでは C60 に類似の高い対称性を持ち、目視でキャップとナ
ノチューブの構造対応性が認識できるものに限られていた。今回我々は、任意の構造を持つキャップと
それから成長するナノチューブの構造を対応させるアルゴリズムとプログラムを構築し、この合成手法
の可能性と具体的な合成戦略を示すことに成功した。本講演ではその紹介と今後の可能性を示す。
[1] L. T. Scott, E.A. Jackson, Q. Zhang, B. D. Steinberg, M. Bancu, and B. Li, J. Am. Chem. Soc. 134, 107 (2012)
[2] J. R. Sanchez-Valencia, T. Dienel, O. Gröning, I. Shorubalko, A. Mueller, M. Jansen, K.
Amshavov, P. Ruffienux, and R. Fasel, Nature 512, 61–64 (2014)
7
Oral Presentation (理学部 V 館 1 階 5101 (Room 5101))
10:35 – 11:05
電子デバイス用機能性ポリイミドの開発
Development of Functional Polyimides for Electronic Devices
石井 淳一(東邦大理)
Junichi ISHII (Toho Univ.)
近年,モバイル機器は「軽薄短小」が進み,多機能化や高速伝送化も求められている。一方,照明や
表示機器に注目すると,LED モジュールのハイパワー化,長寿命化,高い光取り出し効率化,そして優
れた耐久性が要求されている。このような機器の進化を実現するために新たなデバイスが設計され,そ
のデバイスに用いられる高分子材料にも,これまでにない高度な性能と機能が必要となった。例えば,
回路基板用耐熱性樹脂の低弾性率化や低誘電率化,LED 用高透明樹脂の耐熱・紫外線安定性,そしてデ
バイスから発生する熱の放熱を助ける絶縁性高熱伝導率樹脂がその一例である。我々は,これらの要求
を全て満たすために高分子材料としてポリイミドに着目した。ポリイミドフィルムは,有機化合物の中
でも最高レベルの耐熱性,耐化学薬品性,電気絶縁性を有しているので,航空宇宙分野から電子デバイ
スまで幅広く応用されている。しかしながら,従来のポリイミドフィルムは,高弾性で着色が激しく,
加工性に乏しいといった課題があり,新規なデバイスを作製する上で高分子材料に求められる全ての要
求に応えられていなかった。本講演では,これらの要求に応えるためにポリイミドの優れた特性を犠牲
にすることなく,新たな機能(低弾性率化,高透明化など)を付与したポリイミドについて紹介する。
従来ポリイミドの例(Kapton type)
●高弾性●有色フィルム●不溶不融
ポリイミドの構造
低弾性率ポリイミド
●低弾性
●溶媒可溶性
回路基板用絶縁保護膜
半導体バッファーコート材
熱可塑性・透明ポリイミド
●溶媒可溶性
●透明性
●耐熱・紫外線安定性
LED 用接着材料
8
アルカリ可溶性ポリイミド
●溶媒可溶性
●アルカリ可溶性
●微細加工性(感光性能)
回路基板用感光性樹脂
Oral Presentation (理学部 V 館 1 階 5101 (Room 5101))
11:15 – 12:00
有機薄膜太陽電池に用いるフラーレン誘導体電子アクセプターの開発
Development of Fullerene Derivative Electron Acceptors for Organic Solar Cells
松尾
豊(Yutaka Matsuo)
東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻
Department of Chemistry, School of Science, The University of Tokyo
E-mail: [email protected]; http://www.matsuo-lab.net/
1.はじめに
有機薄膜太陽電池,有機EL素子,および,有機トランジスタに代表される有機薄膜エレクトニ
クスデバイスは,新エネルギー,省エネルギー,低環境負荷,低コストといった観点から注目され,
それらの研究は,今世紀に入ってますます活発になっている.また,有機薄膜電子素子を構成する
有機半導体分子の合成研究,物性研究も盛んになり,有機エレクトニクスの研究の原動力となって
いる.
2.新規フラーレン化学修飾反応の開発
環境負荷が小さく安価な工業原料でもある塩化鉄(FeCl3)を用いてのフラーレン化学修飾反応を
開発した.この反応により,大スケールでアリール五重付加型フラーレン(Org. Biomol. Chem. 2011,
9, 6417.),フラーレニルエステル(Org. Lett. 2012, 14, 3276.),ダンベル型二量体 C120(Carbon
2013, 61, 418.)を得る方法を開発した.また,後に示すジヒドロメタノ基をフラーレンに導入す
る新規シクロプロパン化反応を開発した(J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 8086.).さらに,単結
合で連結されたフラーレン二量体の熱解離とフラーレンラジカルの生成を利用して,フラーレンに
対するアルキンの位置選択的[2 + 2]環化付加反応を新たに開発した(Org. Lett. 2013, 15, 2176.).
3.新規フラーレン電子アクセプターの開発
最小の有機付加基であるジヒドロメタノ基(メチレン基,=CH2)を導入した 56π電子系フラーレ
ン類(メタノインデンフラーレン)を創出し,ポリ(3-ヘキシルチオフェン)(P3HT)と組み合わ
せた有機薄膜太陽電池において 6.4%のエネルギー変換効率を得た(Adv. Mater. 2013, 25, 6266.)
.
フラーレンのπ電子共役系の形状を変えて LUMO 準位を上げ,高い開放電圧を得るというコンセプ
トを,日本化学会の速報誌に総説としてまとめた(Chem. Lett. 2012, 41, 754.)
.
安価な C60・C70 混合物から合成する[60]PCBM と[70]PCBM 混合物である mix-PCBM を開発し,安価
なばかりでなく,変換効率と素子寿命も向上させることを見いだした(Appl. Phys. Lett. 2013, 103,
073306.).さらに,フラーレン誘導体薄膜の電子輸送特性を向上させる目的で,有機n型ドープ材
となるフラーレン誘導体の二量体を開発した(J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 3366.)
.
4.リチウムイオン内包フラーレンに対する化学修飾
リチウムイオンを内包した有機官能基化フラーレン誘導体を世界で初めて合成した(Org. Lett.
2012, 14, 3784.)
.もともとフラーレンは高い電子親和力をもつが,ケージ内にリチウムイオンを
内包することにより,
さらに電子親和力が高まった.リチウムイオン内包 PCBM の LUMO 準位は約–4.4
eV と見積もられた.フラーレンは,深い LUMO 準位を持つため Diels–Alder 反応における良いジエ
ノフィルである.[[email protected]]は,さらに深い LUMO をもつため,高効率な Diels–Alder 反応が進行す
る(Org. Lett. 2013, 15, 4466; J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 11162.)
.
9
Oral Presentation (理学部 V 館 1 階 5101 (Room 5101))
14:20 – 15:05
パーフルオロアルキル化合物のバルク物性の起源
Origin of Bulk Properties of a Perfluoroalkyl Compound
長谷川健
Takeshi Hasegawa
京都大学化学研究所
ICR, Kyoto University
[email protected]
【緒言】パーフルオロアルキル(Rf)基からなる化合物は,表面疎水性・高融点・低誘電率・
低溶解性などの際立ったバルク物性を示すことで知られる.一方,フッ素はあらゆる元素の
中で最大の電気陰性度を示し,C–F 結合には大きな電気双極子があり,本来,親水性や高誘
電率を示してもおかしくない.これら一見つじつまが合わなく見えるフッ化物特有のバルク
物性について,Rf 基を含む分子 1 分子の性質と,分子集合系としての性質を区別して議論
することですっきりと理解できる階層双極子アレー(Stratified Dipole Arrays; SDA)モデル[1]
について述べる.またそのモデルを,異なる Rf 長を持つミリスチン酸を用いて界面化学的
実験および赤外分光法により検証する.
【実験】ミリスチン酸のアルキル鎖末端から,異なる長さ( n = 3, 5, 7, 9)を持つ Rf 基を導
入した化合物(CF3(CF2)n–(CH2)m–COOH)を合成した( n  m  12 ).この化合物のクロロホル
ム溶液を水面上に展開し,できた Langmuir 単分子膜の表面圧-面積( -A)等温曲線を 15 °C
で測定した.また,その単分子膜を金板上に 転写して 1 層 Langmuir-Blodgett(LB)膜とし,
反射吸収(RA)法で赤外スペクトルを測定した.比較のため,分子パッキングの程度の高
い固体試料を赤外 ATR 法で測定し,RA スペクトルとバンド位置を対等に比較できるよう,
LO エネルギー損失関数に換算した.
【結果と議論】Phase II と呼ばれる相では Rf 鎖は 13/6 型ヘリカル構造をもつ.これをもとに
n = 9 の化合物を考えると,hexagonal packing の二次元分子集合系を自発的に作り,その中
で分子が垂直に配向することが期待される.一方,n = 3 では分子集合化が進まず,Rf 基が
親水性を示して,分子が水面に横倒しになる構造が期待される.この予想通り, -A 曲線は
n = 9 では液体凝縮膜領域のほとんどない結果を示し, n = 3 ではガス状態から表面圧の上昇
を示した.
一方,赤外スペクトルを詳しく検討した結果,Rf 化合物の基準振動はアルキル鎖の場合
と大きく異なり,量子化学計算と因子群解析の結果を総合的に判断して,分子パッキングと
分子配向の議論に使えるバンドを 2 本見出した.これに基づいて LB 膜の赤外 RA スペクト
ルを議論したところ,モデル予想の通りの分 子配向を明瞭に示した.また,分子パッキング
も n = 9 で特異的に高密度になっていることを示し,Rf 鎖長に基づく自発的分子集合モデル
を強く支持した.さらに,相転移温度(19 °C)を超えた温度でのバルク物性を SDA モデル
により予想し,よく一致する実験結果が得られたことも示す.
[1] T. Hasegawa, T. Shimoaka, N. Shioya, K. Morita, M. Sonoyama, T. Takagi, T. Kanamori.
ChemPlusChem 79, 1421 (2014).
10
Oral Presentation (理学部 V 館 1 階 5101 (Room 5101))
15:15 – 16:00
磁性の電圧制御とその応用
Voltage control of magnetism and its application
松倉文礼
Fumihiro Matsukura
東北大学原子分子材料科学高等研究機構
東北大学省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター
東北大学電気通信研究所附属ナノ・スピン実験施設
WPI-Advanced Institute for Materials Research, Tohoku University
Center for Spintronics Integrated Systems, Tohoku University
Laboratory for Nanoelectronics and Spintronics, Research Institute of Electrical Communication,
Tohoku University
III-V 族強磁性半導体[(Ga,Mn)As、(In,Mn)As 等]の強磁性は正孔を媒介とした磁性スピン
間の交換相互作用により発現する[1]。正孔濃度の増大により、キュリー温度は向上する。
従って、強磁性半導体をチャネルとした電界効果素子を作製し、電圧印加によりチャネル
の正孔濃度を増減することで、キュリー温度を増減できる。このことは、(In,Mn)As を用い
た電界効果素子において最初に実証され[2]、(Ga,Mn)As においても同様の結果が得られて
いる[3]。電圧印加による保磁力変調[4]、無磁界下での磁化回転が実験的に示されており[5]、
新しい電気的磁化反転手法に繋がるものと期待されている。
強磁性半導体を対象にはじまった磁性の電圧制御の研究は、材料の枠を越えて様々な波
及効果をもたらしている。強磁性金属を用いた研究についても紹介する。
本研究の一部は FIRST プログラム、文科省 ICT 基盤技術の研究開発の支援を受けて行わ
れました。
[1] T. Dietl, H. Ohno, F. Matsukura, J. Cibert, and D. Ferrand, Science 287, 1019 (2000).
[2] H. Ohno, D. Chiba, F. Matsukura, T. Omiya, E. Abe, T. Dietl, Y. Ohno, and K. Ohtani, Nature
408, 944 (2000).
[3] D. Chiba, F. Matsukura, and H. Ohno, Appl. Phys. Lett. 89, 162505 (2006).
[4] D. Chiba, M. Yamanouchi, F. Matsukura, and H. Ohno, Science 301, 943 (2003).
[5] D. Chiba, M. Sawicki, Y. Nishitani, F. Matsukura, and H. Ohno, Nature 455, 515 (2008).
11
Oral Presentation (理学部 V 館 1 階 5101 (Room 5101))
16:10 – 16:55
スピン波と熱の相互作用
Interplay between Spin Wave and Heat
安 東秀
T. AN
1IMR,
Tohoku Univ., 2ASRC, JAEA, 3Department of Physics, Toho Univ., 4WPI-AIMR, Tohoku Univ.,
*Present address: RIKEN
1
東北大学金属材料研究所, 2 日本原子力研究開発機構先端基礎研究センター, 3 東邦大学理学
部, 4 東北大学原子分子材料科学高等研究機構, *現所属:理研
T. An1*, K. Uchida1, K. Harii2, J. Ohe3, H. Adachi2, S. Maekawa2, and E. Saitoh1,4
安 東秀, 内田健一, 針井一哉, 大江純一郎, 安立裕人, 前川禎通, 齊藤英治
物質中のスピンと熱の相互作用による新現象を研究する“スピンカロリトロニクス”の分野が注目
を集めている[1]。これは、内田等による“スピンゼーベック効果”の実証が刺激となっている [2]。スピ
ンゼーベック効果は、磁性体中に温度勾配が印加された常磁性体/磁性体界面においてスピン角運動量の
流れである“スピン流”が注入される現象である。その後、磁化やその最小単位であるスピンの歳差運
動の共鳴である磁気共鳴現象において、温度勾配が印加された磁気共鳴下の磁化に熱的なトルクが作用
(熱スピントルク)し、歳差運動の振幅を変調できることも示された[3,4]。以上は熱からスピン流を生み
出す手法である。我々は、さらに、スピンを用いて熱を制御する効果である“スピン波熱移送効果”を
見出した[5]。この効果は、スピンの集団励起であるスピン波のうち、一方向にしか伝搬できない非相反
な表面スピン波を利用して励起エネルギーをミリメートルにわたり伝搬した後、熱に変換する効果であ
る[5,6]。本講演では、このスピン波熱移送効果を中心にスピン波と熱の相互作用について講演する。
図1
表面スピン波を用いたスピン波-熱エネルギー移送.多結晶ガーネット(YIG)円盤の試料中にお
いて(a) 下面左で励起された表面スピン波は、一方向にしか伝搬できないため、右端まで伝搬した後、
戻る(反射)ことができずに試料の右端でスピン波の移送したエネルギーが熱エネルギーとして放出さ
れる.(b) この際に生じる発熱が赤外線カメラにより観測された.印加する磁場の方向を反転すること
で表面スピン波の伝搬する方向を変えて、発熱の場所を右端から左端へと変えることができる.
参考文献
[1] G. E. W. Bauer, E. Saitoh, and B. J. van Wees: Nature Materials, 11, 391 (2012)
[2] K. Uchida et al.: Nature, 455, 778 (2008)
[3] Y. Kajiwara, et al.: Applied Physics Letters, 103, 052404 (2013)
[4] M. B. Jungfleisch, et al.: Applies Physics Letters 102, 062417 (2013)
[5] T. An, et al.: Nature Materials, 12, 549-553 (2013)
[6] T. An, K. Yamaguchi, K. Uchida, and E. Saitoh: Applied Physics Letters, 103, 052410 (2013)
12
Oral Presentation (理学部 V 館 1 階 5101 (Room 5101))
16:55 – 17:25
分子性ディラック電子系における量子輸送現象
Quantum Transport Phenomena in Molecular Dirac Fermion Systems
田嶋尚也(東邦大理)
N. Tajima (Toho Univ.)
我々は、図 1 のように伝導帯と価電子帯との間のエネルギーギャップがゼロ、つまり点(ディラック
点と呼ぶ)で接しているゼロギャップ電気伝導体が高圧下にある-(BEDT-TTF)2I3(及び類塩物質)で発
見した。ディラック点近傍では、2 つの円錐型バンドが上下から角突き合わせたゼロギャップ構造(デ
ィラックコ-ン)をしているために。質量ゼロのディラック電子(相対論的電子)が電気伝導性の主役と
なる。
このようなディラック電子系の特徴の1つは磁場下・低温で見ることが出来る。通常、磁場をかける
と固体中の電子のエネルギーはとびとびの値しかとれなくなる(図 1)
。これをランダウ準位と呼ぶ。デ
ィラック電子系では、通常の導体とは異なるランダウ準位構造をとることが知られている。ゼロモード
と呼ばれる特別なランダウ準位がディラック点の位置に常に現れることも特徴である。
これまでこの系では、フェルミ準位が常にディラック点にあるために、ゼロモードキャリアの特性は
良く調べられてきた。しかし、ゼロモード以外のランダウ準位を観測できていなかった。そのために、
ディラック電子系に特徴的なランダウ準位の観測、
量子ホール効果の観測が大きな課題の 1 つであった。
この物質に適した担体注入法が今まで確立していなかったためである。ところが最近、我々はブレーク
スルーを起こし、正孔注入に成功し、特別なランダウ準位構造に起因した、量子抵抗振動と量子ホール
効果の観測に初めて成功した。高圧下にある-(BEDT-TTF)2I3 がディラック電子系であることを直接証
明する成果である。
講演では、この系の界面およびバルクの輸送現象等について紹介する。
図 1:-(BEDT-TTF)2I3 のゼロギャップ構造(左)とランダウ準位構造(右)
13