DTC-320 - Village Island

DTC-320
StreamXpert
MPEGMPEG-2 TS 解析ソフトウェア
解析ソフトウェア
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
www.dektec.com
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
Table of Contents
1. はじめに.................................................................................................................................................. 3
2. 最小要求スペック .................................................................................................................................... 4
2.1. 入力ビットレート ................................................................................................................................. 4
2.2. 対応入力アダプタ ................................................................................................................................. 4
2.3. 要求 PC スペック .................................................................................................................................. 4
3. StreamXpert インストール手順................................................................................................................. 5
3.1. PCI カード ............................................................................................................................................ 5
3.2. USB アダプタ........................................................................................................................................ 5
3.3. ライセンスについて ............................................................................................................................. 6
3.4. DirectX のインストール......................................................................................................................... 7
4. StreamXpert 操作概要............................................................................................................................... 9
4.1. StreamXpert の起動 ............................................................................................................................... 9
4.2. StreamXpert の基本画面 ........................................................................................................................ 9
5. セットアップツールバー........................................................................................................................ 11
5.1. “Analyser”メニュー ............................................................................................................................. 11
5.2. TS 記録について.................................................................................................................................. 12
5.3. レイアウトの設定 ............................................................................................................................... 13
5.4. 入力アダプタの選択 ........................................................................................................................... 13
5.5. ヘルプについて .................................................................................................................................. 14
6. 中央左ウィンドウ .................................................................................................................................. 15
6.1. PID ビュー .......................................................................................................................................... 16
6.2. TS 階層ビュー .................................................................................................................................... 16
6.3. PID グリッドビュー ............................................................................................................................ 16
7. 中央右ウィンドウ .................................................................................................................................. 18
7.1. リアルタイム映像/音声デコード......................................................................................................... 18
7.2. PCR 監視画面...................................................................................................................................... 21
8. メッセージウィンドウ ........................................................................................................................... 23
9. トレースバーウィンドウ: ...................................................................................................................... 24
9.1. ビットレート...................................................................................................................................... 24
9.2. TR 101 290......................................................................................................................................... 24
9.3. ETR-290 エラーログ ........................................................................................................................... 25
10. ステータスバー ................................................................................................................................... 26
参考:ISO 8859-x 文字コードテーブルへの対応 .......................................................................................... 27
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 2/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
1. はじめに
DTC-320 StreamXpert は MPEG2 トランスポートストリームのリアルタイム解析のユーザーフレン
ドリーなソフトウェアで、Dektecハードウェアと組み合わせることで動作します。Str
eamXpertは入力された TS 信号のテーブルや PID、そしてビットレート解析などのプロフ
ェッショナルユースな解析が出来ます。また、PCR計測とTR101290(ETR-29
0)準拠の解析も可能で、TS上の問題を特定することもできます。さらにリアルタイム映像/音
声デコード機能も搭載しており、高機能かつポータブルなTS解析ソリューションを低価格で構
築することが出来ます。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 3/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
2. 最小要求
最小要求スペック
要求スペック
2.1. 入力ビット
入力ビット・
ビット・レート
最大 214 Mb/s で各ハードウェアの性能に制限されます。
214Mb/s ・・・DVB/ASI with DTA-120/124/140, DTU-225
160Mb/s ・・・DVB/ASI with DTU-245
108Mb/s ・・・DVB/SPI with DTA-122
ご使用の入力アダプタのスペックをご確認ください
2.2. 対応入力アダプタ
対応入力アダプタ
全ての DEKTEC 製入力ハードウェアに対応しています。
DVB/ASI with DTA-120/124/140, DTU-225,245
DVB/SPI with DTA-122
DVB/ASI 入力インタフェース:DTA-120/124/140/145/225/245/160
DVB/SPI 入力インタフェース:DTA-122
2.3. 要求PC
要求PCスペック
PCスペック
OS: Windows 2000 (≥SP4) / XP (≥SP1a) / 2003
DirectX:
9.0 以上
Video Card:
(映像デコード) ビデオメモリ 64MB 以上
Sound Card
(音声デコード) 標準的なサウンド・カード
CPU:
P4/PentiumM 1.7GHz 以上 (SD 映像 デコード)
P4/PentiumM 3.0GHz 以上 (HD 映像デコード) 1
メモリー:
256MB (最低)2
ハードディスク:
100Mb/s 以下のレートの場合: 7200 RPM SATA or SCSI 以上
100Mb/s 以上のレートの場合: 15000 RPM SCSI, Striped 7200 RPM
SATA, または Striped SCSI3
Note 1: パラレル ATA ドライブではなく、SATA または SCSI を推奨します。
Note 2:あくまで推奨スペックであり、PCシステム状態によりパフォーマンスが異なります。
2:
ハイパースレッド機能搭載のCPUを推奨(当時)
512MB、 デュアルチャンネルのDDR400で最大パフォーマンス(当時)
3 Striped SATA か SCSI Drives が最大パフォーマンス(当時)
1
2
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 4/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
3. StreamXpert インストール手順
インストール手順
3.1. PCI カード
1.PC の電源がOFFの状態でPCIカードを挿入してからPCを起動します。
2 . 次 の リ ン ク よ り 最 新 の DTC-320 StreamXpert を ダ ウ ン ロ ー ド し て く だ さ い 。
(http://www.village-island.com/dl_software.php )
3.Zip ファイルを解凍し、“StreamXpert SetUp.exe”を実行してください。
4.自己解凍式のインストーラで、ドライバのインストールも行えます。DTA-1xx ドライバ
(PCI 用)を正しく選択してください。(Figure1の参照ください)
以上で StreamXpert を使用する準備が整いました。。
3.2. USB アダプタ
1 . 次 の リ ン ク よ り 最 新 の DTC-320 StreamXpert を ダ ウ ン ロ ー ド し て く だ さ い 。
(http://www.village-island.com/dl_software.php )
2. Zip ファイルにインストーラが含まれておりますので、“StreamXpert SetUp.exe”を実行し
てください。
3.自己解凍式のインストーラで、ドライバのインストールも行えます。DTU-2xx ドライバ
(USB 用)を正しく選択してください。(Figure1の参照ください)
4.PCと USB ハードウェアをUSBケーブルで接続してください。“新しいハードウェ
ア”のインストールを行うと自動的にデバイスがインストールされます。(2度インストール
の要求をされる事があります)再度ハードウェアを接続する際に同様の手順を行ってください。
以上で StreamXpert を使用する準備が整いました。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 5/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
Figure 1 ドライバー選択画面
3.3. ライセンスについて
ライセンスについて、
について、
StreamXpert ソフトウェアが起動する為にはその有効なライセンスが必要です 4。StreamXpert の起
動時にシステム上のデバイスが有効なライセンスを確認します。ライセンス確認ができない場合
は、ライセンスのエラーメッセージが表示されます。有効なライセンスが見つかった場合は、正
常に起動します。
StreamXpert ライセンスが含まれた通常のアダプタ(例:DTA-120-SX や DTU-225-SX)を購入を
した場合は、事前にライセンスが付与されており、StreamXpert をすぐに使用することが出来ます。
ライセンスが含まれない製品の購入をした場合は[email protected]
[email protected][email protected]
さい。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 6/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
“DtInfo”は StreamXpert などのライセンス有無や現在使用しているドライバのバージョンなども確
認できます。
Figure 2 DtInfo sample screenshot DtInfoのスクリーンショット
3.4. DirectX のインストール
DirectX のバージョン 9.0 以上がインストールされている必要があります。
「スタート」→「ファイル名を指定して実行」から”dxdiag”の入力し、[OK]を実行してください。
DirectX の診断ツールが表示されます。Figure 4 の最後の行に現在の DirectX バージョンが表示され
ます。9.0 以上のバージョンのものが必要です。その他のシステムパラメータの確認も可能です。
トラブルシューティングの際には、テキストファイルを出力してサポートまで送っていただくこ
とも可能です。
Figure 3「ファイル名を指定して実行」ダイアログ
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 7/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
Figure 4 DirectX診断ツール画面
DirectX のバージョン 9.0 以上がインストールされてない場合は、Microsoft のウェブサイトからダ
ウンロードしてください
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 8/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
4. StreamXpert 操作概要
操作概要
4.1. StreamXpert の起動
デスクトップ上に作成された StreamXpert のショートカットをダブルクリックすると StreamXpert
が起動します。
4.2. StreamXpert の基本画面
1
2
4
3
5
6
1. セットアップツールバー:上記ツールバーは様々な状況に応じて自由に移動可能です。ATSC や
DVB のモード変換、記録ファイルのディレクトリ設定や記録時間の設定、映像デコードの選択な
どが可能です。
2. 中央画面左: TS の各種の値が表示されます。タブにより、PID リスト、SI リストや PID グリッド
などに切り替えられます。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 9/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
3.メッセージバーウィンドウ: 基本的な TS の情報(パケットサイズ情報など)や I/O カードのシ
ステム情報が表示されます。(例:ライセンス情報や TS Sync Loss エラー。)
4.中央画面右:中央左画面と同じ画面に加え、映像/音声デコード、PCR 監視、TR101290 のモニタ
リングなどが可能です。
5.トレースバーウィンドウ: 入力TSのレート・グラフ、タブ切り替えで TR101290 のリアルタ
イムエラーが表示されます。
6.ステータスバー: 各種設定のスナップショットが表示さます。(TS シンク・パケットサイズ・レ
ートなど)
マウスでドラッグすることで、それぞれの画面のサイズ変更が可能です。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 10/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
5. セットアップツールバー
StreamXpert を的確に活用するために、各種設定がそれぞれのTS解析の環境に応じたものにして
ください。セットアップバーには全ての設定項目が含まれています。(例:ARIB 文字の指定な
ど)
5.1. “Analyser”メニュー
メニュー
“Analyser”メニューは、入力TSのフリーズ(ポーズ)、リフレッシュ、リセットなどの機能が
あり、また”TR101290”の監視コントロールも可能です。
Figure 5 TR101290設定
TR101290設定には、エラーログファイルの保存場所の設定や、監視ログファイルの作成開始と終
了のコントロールが可能です。ログ開始後右下のステータスバーにTR101290のエラー情報が表示
されます。
保存されたログファイルの確認もできます。ETR-290 エラーは DVB のスペックに準拠しておりま
す。
“Options”メニューからはその他な様々な設定が出来ますので必要に応じて変更してください。
2
3
4
5
Figure 6 オプション設定画面
1. Environment: メイン画面とPCR監視画面のリフレッシュ・レートの設定が可能です。また
PID と ServiceID の数値の表示方法(16 進もしくは 10 進)の切り替えが可能です。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 11/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
2. Recording: TS 記録時の設定が可能です。”Normal”モードの際は手動で Start と Stop を行いま
す。”Max.Time”モードでは記録時間の指定、”Max.Size”ではファイルサイズの指定が可能です。
(注意:多様なケースに応じての TS 記録の際は、別アプリケーションの”DtGrabber+”をご使用
することをお奨めいたします)"Always ask for new file"をチェックすることにより、毎回ファイル
名を設定出来るので保存されるファイルを分けることが出来ます。
3. Decoding: 映像でコードの解像度の指定として、フル解像度または 1/4 解像度の選択が可能で
す。CPU やビデオメモリのスペックが不十分な場合は、低解像度の設定をすることにより映像確
認ができます。また、ビデオの明るさの設定も可能です。音声のヴォリューム調整可能ですが、
もちろんコントロールパネルのオーディオ設定からの調整も可能です。
4. Algorithms: ATSC、DVB、DVB-RCS モードの選択が可能です。各国の文字にもサポートしてお
り、それぞれのコーデックの選択が可能です(ARIB 文字もここから選択出来ます)”Bitrate”では、
TS のビットレート解析の際の更新頻度の選択ができます。”Gate”は、平均レートの計算するため
の イ ン タ ー バ ル で す 。 ”Time-Slice” は 、 レ ー ト が ど の 周 期 で 計 測 さ れ て る か を 設 定 で き ま
す。”Short-term”と”Long-term”は固定の数値ですが”user”でカスタマイズが可能です。
5. TR101 290: TR101290 ログファイルの最大サイズの設定が可能です。
その他の設定はセットアップ・ツールバーから行ってください。
Figure 7 セットアップツールバー
5.2. TS 記録について
記録について
StreamXpert は TS 記録も可能です。入力 TS のビットレートに対しての要求スペックを確認してく
ださい。マウス操作で容易に記録のスタート/ストップが行えます。
Figure 8 TS記録設定
TS 記録は画像の通り、2箇所から簡単に行えます。記録の際の各種設定は、前述の”Option”から
行います。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 12/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
5.3. レイアウトの
レイアウトの設定
必要に応じて”View”メニュからレイアウトの調整が行えます。
Figure 9 Viewメニュー
画面下に表示される各種バーの表示/非表示を調整出来ます。また、上記ツールバーの表示調整も
可能です。
5.4. 入力アダプタ
入力アダプタの
アダプタの選択
上記ツールバーのアダプタ選択のプルダウンより入力デバイスの選択が来ます。アダプターの接
続が1つのみの場合はデフォルトで自動的に選択されますが、複数の場合は各デバイスに変更し
てください。(Ethernet 経由での TS 入力の際もこちらから選択します)(i)
(i) ボタンをクリックする
と、選択された入力アダプターの情報が表示されます。
Figure 10 入力アダプタ選択
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 13/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
5.5. ヘルプメニューについて
ヘルプメニューについて
[Help] → [About] メニューでご使用の StreamXpert のバージョン情報が確認できます。
Figure 11 ソフトウェアバージョン
これで StreamXpert がセットアップされました。次からは、それぞれの具体的な TS 解析の機能に
ついて説明です。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 14/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
6. 中央左ウィンドウ
中央左ウィンドウ
中央左と右のウィンドウが解析のメイン画面となります。左の画面は、PID リストビュー、TS 階
層ビュー、そして PID グリッド・ビューが表示できます。
6.1. PID リストビュー
リストビュー
PID タブは入力 TS 内の PID をシーケンシャルに一覧表示します。PID 左の"+"をクリックするとツ
リー形式で拡張します。また、PID の数値は、ツールバー”Analyzer”→ “Option”から、10 進数/16
進数表示の切り替えが出来ます。
Figure 12 PID ビュー
Note 1: 入力TSに Digicypher (stream ID 0x80)の映像信号が含まれた場合は、ATSC モードの選択
が必須です。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 15/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
6.2. TS 階層ビュー
階層ビュー
TS タブでは、PAT,PMT などの SI/PSI の階層がツリー形式で解析できます。"+"をクリックすると各
SI/PSI の詳細情報が確認出来ます。
Figure 13 TS階層 ビュー
6.3. PID グリッドビュー
PID グリッド・ビュータブでは、TS内に含まれる PID がグリッド表示されます。Y 軸は 100 単位、
X 軸は 1 単位です。現在 TS 内で使用されている PID がグラフ上で確認出来ます。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 16/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
グリッド上にマウスを合わせると、PID の値が表示されます。
Figure 14 PID Grid ビュー
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 17/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
7. 中央右
中央右ウィンドウ
メイン画面左は、中央の左画面のタブの機能に加えて映像/音声デコード、PCR 計測、TR101290
エラー一覧画面があります。
7.1. リアルタイム映像
リアルタイム映像/音声
映像 音声デコード
音声デコード
StreamXpert の高性能な特徴の一つが、リアルタイム映像/音声デコードの機能です。デコードの
際は、CPU スペックがかなり要求されますので推奨スペックをご確認ください(2.3)。スペックが
不十分の場合が、ツールバー”Analyzer”→”option”→”Decoding”からデコードのパフォーマンス設
定をして下さい。
TV タブを開き、画面上を右クリックするとデコードしたいサービスが選択されます。また、上の
ステータスバー上の設定も可能です。サービス名の表示が文字バケした場合は、[Analyze]→
[option]→[Algorithm]の文字コードの設定を行ってください。
Figure 15 デコードツールバーからの選択
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 18/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
Figure 16 タブ上の画面右クリックし、デコードサービスの選択
サービスが選択されるとメイン画面右の TV タブ上で映像/音声デコードが開始します。サイズ調
整も可能です。音声は PC 上で選択されているサウンドデバイスに出力されます。ツールバ
ー”Analyse”→”Options”→”Decoding”から音量調節をすることが可能です。
デコード・ツールバー右の“+”と“-”のボタンからもチャンネル変更ができます。ストリームによ
って右の Video、Audio プルダウンメニューから PID の選択が可能です。
Figure 17 音声デコード・ツールバー
注意 1:スクランブルされたプログラムのデコードは出来ません。
注意 2:MPEG2 と H264 のデコードが可能です。
注意 3:Mpeg layer-2、AC-3 と AAC の音声デコードが可能です。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 19/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
Figure 18 ビデオデコード画面
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 20/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
7.2. PCR 監視画面
PCR 解析では、TS 内のそれぞれのプログラムに含まれる PCR(Program Clock Reference)の計測を
行います。PCR のタイミングは入力される TS の品質の確認ができ、PCR 精度の低い TS が入力さ
れた場合にデコードの障害が発生することがあります。PCR タブ上で右クリックして、解析を行
いたいサービスを選択してください(1 度に 1 サービス毎の計測です)
Figure 19 PCR計測 対象のサービス選択
1
2
3
Figure 20 PCR計測
1. PCR 精度スナップショット
精度スナップショット:
スナップショット: “Analyser” → “Options” → “Environment”で設定した時間間隔で、
各サービスの PCR 精度が解析されます。TR101290 の規格上では、精度が-500ns から+500ns 以
内の信号は正常であると判断されます。± 500ns を超えた場合は、棒グラフがが赤く表示されま
す。スナップショット上のグラフをマウスで左クリックしながら、キーボードの↑/↓を押すこと
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 21/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
により、Y 軸の最大値を変更出来ます。また、下の2つのグラフも左クリックしながら←/→ボタ
ンを押すことにより X 軸の最大値を変更出来ます。
2. PCR 精密度:このグラフは、0
を基準とした PCR タイムスタンプの発生値を計測したものです。
精密度
正常な入力信号の場合は、+/-500ns 以内が基準です。グラフ上でマウスで左クリックしながら、
キーボードの↑/↓を押すことにより、Y 軸の最大値を変更出来ます。また、左クリックしながら
←/→ボタンを押すことにより X 軸の最大値を変更も出来ます。
3. PCR インターバル密度
PCR タイムスタンプの発生頻度がグラフ表示されます。
インターバル密度:サービス毎の
密度
DVB の場合は 40ms 以内、ATSC の場合は 100ms を超えないものが正常な信号です。グラフ上で
マウスで左クリックしながら、キーボードの↑/↓を押すことにより、Y 軸の最大値を変更出来ま
す。また、左クリックしながら←/→ボタンを押すことにより X 軸の最大値を変更も出来ます。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 22/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
8. メッセージウィンドウ
メッセージウィンドウには二つタブがあります。”Info”タブは入力の検知、Sync ロス、TR101290
ログ開始などの基本的なメッセージが表示されます。”System”タブは Dektec 入力デバイス(DTA
PCI カード、DTU USB アダプタ)の情報が表示されます。
Figure 21 Message Bar Info TabメッセージウィンドウのInfoタブ
Figure 22 メッセージウィンドウのSystenタブ
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 23/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
9. トレースバー
トレースバーウィンドウ
バーウィンドウ
トレースバーには”Bit-rate”、”TR101 290”の 2 つのタブがあります。
9.1. ビットレート
“Bit-rate”タブでは入力信号の TS レートが表示されます。緑線は TS 全体のビット・レートで、赤
線はヌルパケット以外(ビデオ、音声、データ、PSI/SI、…)のペイロードが送られている TS の
ビット・レートです。赤線と緑線の間のスペースはヌルパケットの値ということになります。そ
れぞれの線上にマウスカーソルをポイントすると、レートの数を確認できます
Figure 23 トレースバーのレートグラフ
9.2. TR 101 290
TR101290 タブは DVB の規格である、TR101290 で分類されている Priority1~3 のエラーの発生を
報告します。エラーの詳細を確認をする際はエラーログファイルを確認して下さいファイルの保
存場所が画面上に表示されます。エラーログの開始をために、ツールバーからエラーログ作成の
開始/停止を行って下さい。
Figure 24 トレースバーのTR101290グラフ
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 24/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
9.3. TR101290 エラーログ
エラーログファイルは拡張子*.log で保存されます。通常のテキストエディタで開くことが出来ま
す(Windows のデフォルトは”Notepad”です)。エラーの検出方法は DVB 規格に準拠しており、
妥当な ATSC 準拠のファイルの場合でもエラーが出力される場合があります。
Figure 25 ETR-290 Error Log File
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
TR101290エラーログファイル
Page 25/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
10. ステータスバー
右下のステータスバーではシステムの基本情報が表示されます。
1
2
3
4
5
Figure 26 ステータスバー
1.入力 TS ステータス:入力されている
TS の状態を表し、緑の場合は正常な TS で数字はパケッ
ステータス
ト・バイト数です。赤の場合は接続不良や Sync ロスなどによる以上な接続状態で、たいていの場
合"No Signal"と表示されます。
2.モード:選択された解析のモードが表示されます。(ATSC、DVB、または
モード
DVB-RCS)
3. 入力タイプ
、または DVB/SPI)
入力タイプ:入力デバイスのコネクタの種類が表示されます。(DVB/ASI
タイプ
4.入力
4.入力デバイス
入力デバイス:現在使用の製品の種類が表示されます。
デバイス
5.レコーディング
5.レコーディング・
レコーディング・ステータス:
ステータス:TS 記録状態が表示されます。灰色の場合は記録が無効で、点滅の
赤の場合は記録中を表します。記録時にエラーが発生した場合は、メッセージバーの”Info”タブに
報告されます。
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 26/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007
DTC-320
参考:
-8859-x 文字コードテーブル
参考 ISO-
文字コードテーブルへ
コードテーブルへの対応
Strea,Xpert は SI の文字キャラクターを表示する ISO8859-x をサポートしています。ツールバー
の”Analyser”→”Algorithms”→”Standard”→”DVB Character Code Table”からキャラクターの選択が
可能です。通常は”default”の設定をするべきですが、地域によってそれぞれのキャラクターを設
定できます。
設定のため、次の手順の実施ください:
コントロールパネルを開いてください;
「地域と言葉のオプション」の選択ください
「詳細設定」タブの選択してください
「コードページ変換テーブル」の中から ISO-8859-x のチェックボックスにチェックをし
て下さい。
5. 「適用」をクリックください。
6. 設定を反映させるため、PC を再起動することをお勧めします。
1.
2.
3.
4.
Figure 27 地域と言葉のオプション画面
© 2005 DekTec Digital Video BV
Affordable Tools for Digital-TV Professionals
Page 27/27
Manual for DTC-320 StreamXpert Software
May 2007