ISAPHニュースレター第19号 - NPO法人 ISAPH

アイサップ
ニュースレター
第19号
2014 年 11 月 25 日発行
写真:マラウイプロジェクトのカウンターパートと芦北町立湯浦保育所(熊本県)の子どもたち
ISAPH はラオスとマラウイの母親と
子どもたちの保健の向上を支援しています
NPO International Support and Partnership for Health
1
マラウイからの報告
「子どもにやさしい地域保健プロジェクト」
カウンターパート研修報告
聖マリア病院国際事業部 山崎 裕章
2014 年 9 月 17 日 か ら 25 日 ま で の 9 日 間、 マ ラ
ウイ子どもにやさしい地域保健プロジェクト(以下、
プロジェクト)のカウンターパート(C/P)である保
健 省 予 防 保 健 局 IMCI(Integrated Management of
Childhood Illness) 課 長 Mr. Nsona と ム ジ ン バ 県 保
健 局 長 兼 県 病 院 長 Dr. Mbewe を 招 聘 し、 日 本 の 乳 幼
児の健康診査と栄養摂取にかかる研修(講演、 講義、
視察)を実施しました。
C/P の来日に合わせ国際協力セミナーが開催され、
Mr. Nsona に は「 マ ラ ウ イ の 子 ど も の 保 健 政 策 と そ
の課題」と題してマラウイ国の栄養失調児の状況と乳
幼児の栄養にかかる政策について、 また Dr. Mbewe
には「地方における県保健局の役割」と題して県立病
院の紹介と県内での乳幼児の栄養失調の発生状況なら
びに急性栄養失調児の対応について講演をお願いしま
した。 各 25 分の講演時間でしたが、Mr. Nsona はマ
ラウイの典型的な公務員で人前に出て話す機会があれ
ば、何時間でも話をするようで、持ち時間のおおよそ
倍の 50 分くらい話していました。 参加者は外部から
の方々を含め 60 名で、高校生 1 名の参加もありました。
聖マリア病院での研修は「手洗い啓発活動」と「病
院における栄養管理」に関する講義を受け、またヘリ
ポートを施設見学しました。 地上 70m の解放された
と こ ろ に 立 つ こ と 自 体 が 初 め て で、360 度 の パ ノ ラ
の調理実習をしました。離乳食の調理は初めてであり、
砂糖や塩を入れないのかとの質問を何度もしていたと
ころが、大変印象的でした。
マラウイでは、離乳食として成人が食べる朝食(砂
糖入り) を離乳期の児にも与えていることからこの
よ う な 質 問 が あ り ま し た。 調 理 後 の 試 食 で は、Mr.
Nsona も Dr. Mbewe も「バナナを潰しヨーグルトと
混ぜたものは甘くて良いが、他は味がない」と感想を
述べていました。離乳食に関し、保健ボランティアや
マを満喫していました。
視察では、熊本県芦北町の町立保健センターを訪れ、
母親だけでなく、C/P に対しても調理実習が必要だと
認識しました。また幼児食に関しても学ぶために町立
町で実施している母子保健事業(母子保健手帳の交付、
妊婦健康診査、 新米パパママ教室、 乳幼児健康診査、
離乳食教室など)を学び、またエプロン掛けで離乳食
の保育園を訪問しました。メニューを見て毎日調理内
容を変えていることや、園で離乳食や幼児食を調理し
ていることに関心を示し、質問をしていました。この
園で調理された昼食を 5 歳の園児と共にいただきまし
芦北町保健センター 乳児の身長測定における注意点の確認
た。
芦北町では町役場の職員をはじめ、保育園の先生や
園児からも大歓迎を受けました。町としては個別の研
修は初めてとのことでしたが、落ち着いて研修が受け
られる環境を提供していただき、C/P も大変喜んでい
ました。この場をお借りして、芦北町の皆様に深くお
礼を申し上げます。
国際協力セミナーで講演する Mr. Nsona
2
ISAPH 事務局 齋藤 智子
その後、福岡での研修を終えたカウンターパート 2
マラウイ「子どもにやさしい地域保健プロジェクト」
のカウンターパート研修に合わせ 9 月 20 日に久留米
名は東京へ移動し、9 月 24 日には在日マラウイ大使
館を訪問しました。大使をはじめ、次席公使、一等書
記官、二等書記官に対応していただき、プロジェクト
で開催された国際協力セミナーで、プロジェクトのサ
ブプロジェクトマネジャーとして活動全般についてお
話をしました。プロジェクトは長期の栄養不良を意味
が直面している問題について率直な話し合いができ、
有意義な場となりました。 その後、 昼食をご一緒し、
さらに友好な関係を築くことができました。
する発育阻害、つまり年齢に対して身長が低い子の改
善を目指しており、栄養不良の子が離乳期に多いこと
から、いろいろな食材を添加した栄養価が高いお粥を
日本滞在中、カウンターパートの方たちは日本の良
いところを学んだようです。例えばどこの町でも非常
に清潔であること、すべてのことがよく準備されて実
お母さんたちに推奨していることなどです。栄養研修
で学んだことがまだ家庭で実践されていないなどの課
題もあり、今後はタンパク質(大豆)の摂取を増やす
活動 や、HSA(Health Surveillance Assistant) と
施されていること、 人々が親切であることなどです。
このような経験から「日本」というイメージが良くなっ
たようで、今後プロジェクトへの理解や協力が確実に
増すことと思われます。
の連携強化を図っていくこともお伝えしました。
Dr. Mbewe の講演を日本語に通訳
マラウイ大使館にて
ONE by ONE 事務局様より寄付をいただきました
ISAPH 事務局
ONE by ONE 事 務 局 様 よ り、7 月 28 日 に 20,000 円、9 月
20 日に 100,000 円の寄付をいただきました。今後も継続的に
ISAPH をご支援いただけるということです。ONE by ONE 事務局
の坂西様からのコメントをご紹介いたします。
「ONE by ONE」とは、ステッカー(1 枚 150 円)
の購入、もしくは、1円募金 BOX の設置(無料)
活 動 に よ る 利 益 は 100%、ISAPH が 活 動 し て
いるアジアのラオス、アフリカのマラウイにおけ
に よ る 寄 付 に よ り、100 円 で ア ジ ア 貧 困 地 区 の
赤ん坊1人の命を救うことができるというプロジェ
クトです。
プロジェクト名には、一人一人の心を積み重ね
る貧困者を対象とした母子への栄養サプリメント
支援、栄養障害児へのミルク支援や治療費・出産
費支援などの事業に寄付します。皆様ご協力の程、
何卒よろしくお願い申し上げます。
て世にある問題を一つ一つ解決していこう、とい
う意味を込めています。また、大切なのは金額で
はなく行為や心という考えから募金は1円からと
ONE by ONE 事務局 坂西 洋
E-mail:[email protected]
しています。
3
ラオスからの報告
ラオス母子保健プロジェクト
第 3 期 MOU の 1 年延長が決定
ISAPH 事務局 磯 東一郎
本年 12 月をもってラオス政府との第 3 期 MOU(了
解覚書)が終了いたします。終了にあたり、第 1 期か
らこれまでの協力活動による成果の検証と今後の支援
活動についてラオス関係者と協議を行い、次期の計画
の方向性を定めることを主な目的として、聖マリア病
院 国 際 事 業 部 部 長 で あ り ISAPH 理 事 の 浦 部 大 策 先 生
とプロジェクト評価専門家の松葉剛先生にご同行いた
だき、8 月 9 日より 16 日までラオスに出張しました。
これまで約 10 年もの間、 カムアン県セバンファイ
郡保健局を対象に母子保健の向上を目的とした技術協
力を実施してきました。活動の主な成果として低体重
児の減少やこれまで多発していた栄養障害による子ど
もの死亡の低減が確認され、ラオス保健省にも高く評
価されてきました。開始当初は ISAPH 主導で活動を行っ
ていましたが、現在ではセバンファイ郡保健局が主体
となり、活動計画の作成から実施後の報告まで彼らが
実施できるように育っており、当初の目的は達成され
たと判断しています。今回の協議の焦点は、セバンファ
イ郡での活動を終了し、乳幼児の健康問題が多いカム
アン県内の他の地域に活動地域を移すことについて、
県保健局から承認を得ることです。セバンファイ郡内
の 3 地区が対象でしたので、他の地域にも協力を拡大
してほしいという意向はありましたが、郡保健局が住
民への保健活動を独自で実施できるように成長した現
状を説明し、協力終了に理解を得ました。しかしながら、
新天地を探すための調査には十分な期間が必要である
という局長の意見や、いきなりセバンファイ郡保健局
への支援を中止することでの活動の失速を懸念してい
る感もあったため、 浦部先生の案である第 3 期 MOU
カムアン県保健局長トーラカン氏と協議を実施
の 1 年延長を提言し、郡保健局の活動の資金的なフォ
ローを継続しながら、新規活動場所の調査を行うとい
うことで県保健局と合意に至った次第です。
その他には今年度の活動計画関連で、カシ地区の保
健センター建設支援の作業確認、名古屋公衆医学研究
所と合同で開催する寄生虫感染セミナー計画、そして
医療機器支援のための現地調査について、県・郡保健
局と打ち合わせを行い、カムアン県での協議を無事終
了しました。また今回の課題でもあったこれまでの活
動成果のとりまとめでは、 松葉専門家のお力を借り、
乳幼児の低体重児率および乳児死亡率などを疫学的に
まとめていただき、有意差が示されたことも大きな収
穫でした。
終盤では首都ビエンチャンでラオス保健省官房局長
と外務省国際 NGO 課課長にこれまでの協議の内容を
報 告 し、MOU の 1 年 延 長 な ど に 関 し、 諸 手 続 き の 迅
速な対応を快くお約束いただきました。更に保健省官
房局ナオブッタ局長からは、これまでの協力に対する
謝辞に加え、ラオスではまだ乳幼児の栄養障害対策が
遅 れ て い る の で、ISAPH と 聖 マ リ ア 病 院 の プ ロ ジ ェ
クトの新天地での活躍にぜひ期待したいとお言葉を添
えていただき、これまでの努力が報われた思いでした。
以上のように今回の訪問は無事当初の目的が達成で
きたと考えています。ラオス側との交渉では、利害も
絡みデリケートな状況に陥ったこともありましたが、
最終的には 10 年間に及ぶこれまでの協力活動の実績
と両者の信頼関係によって全てが丸く収まったように
思います。やはり国際協力のベースは相手側との信頼
関係で成り立つものであることを痛感しました。これ
も現場で日夜努力している職員の皆さんのおかげです。
ありがとうございます。
プロジェクト関係者を招いての夕食会
4
5 年ぶりのラオス訪問で
感じたこと
聖マリア病院国際事業部 杉本 孝生
2014 年 10 月にラオスを 5 年ぶりに訪問しました。
訪問の目的は、厚生労働省「外国人医師等研修受入推
進実施団体」の公募に実施団体として選定され、マホ
ソット病院を対象にした病院管理研修コース立ち上げ
について打ち合わせるためです。この事業については、
ISAPH と 聖 マ リ ア 病 院 が 共 同 で 実 施 す る こ と に な る
予定で、具体的な内容については後日報告させていた
だきます。
さて、5 年ぶりのビエンチャンの雰囲気は大きく変
わっていました。自動車の台数が大幅に増え、信号機
もいたるところに設置されていました。5 年前はビエ
ンチャン市内に数台しか信号機は設置されていないと
聞 い て い た こ と が ウ ソ の よ う で す。2006 年 の JICA
病院経営研修コースを受講したマホソット病院事務長
のハンサナさんは、自宅からマホソット病院までの通
勤時間が、以前は 20 分で済んでいたのが時間帯によっ
ては 1 時間以上も掛かると嘆いていました。そのハン
サナさんの運転でメコン川沿いに最近できたというレ
ストランに行きました。6 〜 7 階建のビルに相当する
高さで、中央部分は天井まで吹き抜け、1 階の座席数
は 200 以上、2 階以上にはエアコン装備の部屋があり、
BGM は男性デュオによるタイの歌の生演奏。メニュー
は、フライドポテトからメコン川で取れたナマズの蒸
料理で 20 ドル(2,180 円)は、日本では安いのでしょ
うが、公務員の初任給が 50 〜 60 ドルというこの国で、
なぜ多くの若者が訪れ、多くの従業員を抱えるこのレ
ストランが成り立っているのか、とても不思議です。
つぎに、5 年ぶりのマホソット病院は、以前と見か
けはほとんど変わっていませんでした。病院長の説明
によると、数年のうちに 5 階建ての建物を中心に病院
全体を建替える計画があるとのこと。現状では、分散
した建物により外来機能も数か所に分かれているよう
な非効率的な作りになっていることもあり、ハード面
の整備による効率化は期待できそうです。前回の訪問
で感じたのは、清掃が思いのほかいき届いており、建
物の古さの割に清潔と思われたことで、これは今回も
同様でした。資金的に建物や機器の購入が難しくても、
また少ない費用でも患者さんの立場で問題解決を図っ
ていくことはできます。マホソット病院にはその基本
的な考え方が根付いているような印象を受けました。
病院内を見学していると、壁に向かって職員が列を
作っていました。なんと、職員の出退勤管理にはすで
に指紋認証システムが導入され、人事部の作業量が大
幅に削減されたようです。IT は道具の一つに過ぎませ
ん が、 途 上 国 の 病 院 で は IT を 活 用 す る こ と で 一 気 に
効率化を図ることができる可能性があります。IT 導入
の失敗を多数経験している日本の病院の経験を活かせ
る可能性を感じました。
し焼き、そして中華料理まで多彩で、飲み物もビール、
ウイスキー、ワインなど何でも揃っています。我々が
着いたときにはまだ早い時間だったこともあり、客は
数組しかいませんでしたが、ビールが 2 本目になった
時、周りはラオス人の若者グループや家族連れなどで
賑やかになっていました。ビール大瓶 2 本と計 4 皿の
指紋認証システムを実演するハンサナ事務長
渋滞する街中をトゥクトゥクで移動中
5
事務局からの報告
再びラオスの地を踏んで
ISAPH ラオス 赤羽 由香
は じ め ま し て。 こ の 度 ISAPH ラ オ ス 事 務 所 に プ ロ
ジェクト調整員として赴任いたしました赤羽由香と申
し ま す。2013 年 7 月 ま で JICA 青 年 海 外 協 力 隊 で 臨
床検査技師としてラオスに派遣されていました。配属
先はラオス南部に位置するサワナケット県病院検査科
で、主な活動は精度管理方法や検査方法の指導、衛生
指導などを行っていました。それ以外に任地の小中学
校を対象とした健康教育も行いました。
協力隊員としてラオスで活動を行っていた時は検査
科職員を対象とした活動であったため、地域住民と直
接関わる機会はあまりありませんでした。そのため協
力隊任期終了時には、今度は地域住民と関われるよう
な活動もしてみたいと思うようになり、もう少しラオ
スと関わってみたいと考えるようになりました。今回
このような形で再びラオスに赴任することができまし
たことを大変嬉しく思っております。
ラオスでは地域住民の保健衛生に対する認識は低く、
道路などのインフラが未整備であることにより、基本
的な保健医療サービスへのアクセスが困難な状況が多
くあります。また、医療サービスの質の低さ、伝統的
小学校で寄生虫感染予防の指導をしている赤羽職員(左)
治療への依存があることから、医療施設が十分に利用
さ れ て い な い 現 状 も あ り ま す。ISAPH で は 住 民 参 加
型の地域医療保健の向上支援を行っています。今後は
地域住民の保健医療サービス向上に貢献できるよう努
めてまいりたいと思っています。どうぞよろしくお願
いいたします。
外務省 NGO
インターン・プログラムを通して
ISAPH マラウイ 片岡 えりか
はじめまして、片岡えりかと申します。私は今年 6
月から、外務省主催 NGO インターン・プログラムの下、
ISAPH で 研 修 を 受 け さ せ て い た だ い て い ま す。 こ の
プログラムは、NGO による国際協力の拡充を目指し、
インターンの育成にかかる経費の一部を外務省が支給
するというもので、 平成 22 年の開始以来今年で 5 年
目を迎えました。 本年度は 14 団体が受入れ団体とし
て選出され、ISAPH もその一つとして選ばれました。
活動を行っている村での母親ミーティングの様子
インターン期間中の研修内容は各団体によりますが、
私 の 場 合 は ま ず 6 月 か ら 7 月 末 ま で ISAPH 東 京 事 務
所と福岡県にある聖マリア病院で研修を行いました。
トに関する業務に従事しています。現在は活動を行っ
ている村々を視察しながら、現状把握に努めていると
ころですが、現地の職員やボランティアと力を合わせ
聖マリア病院では、 アジアやアフリカ出身の JICA 研
修生たちと寝食を共にしながら、1 カ月半に亘って病
院経営に関する研修を受けました。
て、子どもたちの栄養改善に少しでも貢献できるよう
精一杯頑張りたいと思っています。どうぞよろしくお
願いいたします。
そ の 後 8 月 半 ば か ら は、ISAPH マ ラ ウ イ 事 務 所 で
の 業 務 に 移 り ま し た。 こ こ で は ISAPH が 昨 年 か ら 実
施している、子どもの栄養改善を目指したプロジェク
6
離任のご挨拶
ISAPH ラオス 福山 修次
この度、約 2 年間のラオス勤務を終えて帰国しまし
た。 ラ オ ス で の 活 動 を 通 じ て、 様 々 な こ と を 経 験 さ
せ て い た だ き ま し た。 村 の 活 動 で は、 健 康 教 育 を 通
じ て 住 民 が 健 康 に 関 す る 知 識 を 深 め る 様 子 や、 活 動
地区が健康村や発展村に認定される過程を見てきて、
ISAPH ラオス事務所のスタッフと
ISAPH の 貢 献 度 に 自 信 を 深 め る こ と も あ り ま し た。
村人からの ISAPH への信頼は非常に大きなものでした。
ISAPH の活動は約 10 年の長い歴史に支えられ、また
な国の NGO が援助を行っています。 今後これらの支
援が実を結び、ラオスの人々によりよい生活がもたら
されることを願わずにはいられません。
多くの人の努力があって、ここまでたどり着いたもの
だと思います。その積み上げてきたものを、維持向上
させることに携わることができて、充実した時間を過
またラオスでの生活では、様々なラオス人にお世話
になりました。ラオス語をしゃべることのできない私
を何回も夕食に誘ってくれた大家さんや、英語で通訳
ごすことができました。
しかし、ラオスは未だに後開発途上国の枠組みから
抜け出せず、様々な問題が山積しているのが現状です。
ある時は、村で健康問題に苦しむ人々を目の当たりに
して、助けたくても助けることのできないもどかしさ
を 感 じ る こ と も あ り ま し た。ISAPH の 活 動 範 囲 の も
のではない支援や協力ができないという制約を含め、
援助の難しさや、ラオスの現状を思い知らされること
も多くありました。現在、ラオスでは日本をはじめ様々
をかってでてくれた友人をはじめ、多くのラオス人の
優しさに触れ、助けられて生活することができました。
また、 小さな街で生活する外国人同士の交流も多く、
多くの友人と出会えたことで、楽しく過ごすことがで
きました。これらの経験を活かして、これからも国際
協力に携わっていこうと考えています。最後になりま
し た が、ISAPH の 活 動 を 支 え て い た だ い て い る 聖 マ
リア病院並びに関係者の皆様に厚く御礼を申し上げま
す。ありがとうございました。
インターンを終えて
ISAPH マラウイ(インターン) 西谷 純
2014 年 7 月、マラウイ「子どもにやさしい地域保
健プロジェクト」での約半年間のインターンを終えて
帰国いたしました。
2013 年 12 月に初めてマラウイの大地に足を踏み
入れた時、それまでに抱いていたイメージとは異なる
印象を受けました。渡航前にマラウイについての情報
を調べると、主に入ってくる情報と言えば GNI(Gross
National Income)や平均寿命が低い、感染症に要注
意、といったようなものでした。ところが、マラウイ
での生活を始めると人々がお互いに助け合って生活を
び考えさせられました。日々の生活の苦しさ故、品物
やお金など目の前にあるものや目に見えるものに心を
している姿を目の当たりにし、そのたくましさに感心
させられることが多々あったからです。また、
「Warm
Heart of Africa(アフリカの温かい心)」と言われる
奪われてしまい、本プロジェクトが目指している子ど
もの健康や地域の成長、発展といったような将来の展
望に目を向けることの難しさも痛感しました。地道に
マラウイ。人々の笑顔やさりげない優しさに触れ、そ
のように言われるマラウイアンの温かさを実感する毎
日でした。
コツコツと活動を積み重ねながら村人の成長を見守る
と共に村人の意識が変化していくようプロジェクトの
進捗を期待しています。
本プロジェクトでは、村人が本当に必要としている
ことは何か、彼らの考えを理解するにはどうしたらよ
いか、よりよい活動とはどのようなものか、などを学
最後になりましたが、今回の派遣にあたりお世話に
なった皆様、ご指導・ご助言をいただいた皆様に心よ
り感謝申し上げます。ありがとうございました。
元気いっぱいの村の子どもたち
7
最近のできごと
6月3日~9日
6月24日
2014 年 6 月〜 9 月
【ラオス】東京女子医科大学スタディツアー受け入れ
ISAPH 事務局の磯が保健医療経営大学で講義
6月30日~8月4日 【マラウイ】聖マリア病院新生児科の岡田純一
郎氏をマラウイに派遣
7月 7日
ISAPH 事務局の磯が早稲田大学で講義
7月 8日~12日 【マラウイ】エピングウェニ、カウェテカ村のボ
ランティア19 名を対象に栄養研修を実施
7月26日~8月4日 【 マ ラ ウ イ 】 聖 マ リ ア 病 院 国 際 事 業 部 部 長・
ISAPH 理事の浦部大策氏をマラウイに派遣
7月16日
ISAPH の活動を発展させるた
めに、一人でも多くのご入会、
ご寄付をお待ちしております。
【ラオス】シーブンフアン地区ブンフアナー村におい
て井戸のモニタリングを実施
法人会員
年会費:30,000 円
一般会員
年会費:3,000 円
【振込先】
郵便振込 口座名 特定非営利活動法人 ISAPH
口座番号 00180-6-279925
入会ご希望の方、ご寄付をお願いできる方は、
ISAPH 事務局までご連絡いただければ幸いです。
7月20日~23日 【ラオス】東邦大学スタディツアー受け入れ
7月22日
【ラオス】赤羽由香氏をプロジェクト調整員と
してラオスに派遣
7月29日
【マラウイ】パウロスンタラ村、ジョセニンコ
マ村でのプロジェクト活動を開始
8月9日~16日
【ラオス】聖マリア病院国際事業部・ISAPH 理事
の浦部大策氏、ISAPH 事務局の磯をラオスに派遣
8月9日~23日
【ラオス】ISAPH 顧問(プロジェクト評価)の松
葉剛氏をラオスに派遣
8月17日
【マラウイ】片岡えりか氏をサブプロジェクトマ
ネージャー補佐としてマラウイに派遣
8月17日~9月17日 【マラウイ】聖マリア病院国際事業部の山崎裕章
氏をマラウイに派遣
特定非営利活動法人 ISAPH
【福岡事務所】
〒 813-0034
福岡県福岡市東区多の津 4-5-13 スギヤマビル 4 階
TEL.092-621-8611
【東京事務所】
〒 105-0004
東京都港区新橋 3-5-2 新橋 OWK ビル 3 階
TEL.03-3593-0188 FAX.03-3593-0165
[email protected]
URL http://isaph.jp/
8月31日~9月2日 【ラオス】東京医科歯科大学スタディツアー受け入れ
8月31日~9月5日 【ラオス】聖マリア学院大学スタディツアー受け入れ
9月17日〜25日
役 職
氏 名
理事長
小早川 隆敏
東京女子医科大学名誉教授
理 事
深見 保正
元福岡県企業管理者
情報収集を実施
理 事
浦部 大策
聖マリア病院国際事業部
久留米市で国際協力セミナー「アフリカ・マラウ
イの子どもたちの健康を考える」を開催(主催:
聖マリア病院、共催:ISAPH 他)
理 事
江藤 秀顕
神山復生病院
監 事
竹之下 義弘
弁護士(東京六本木法律特許事務所)
マラウイ「子どもにやさしい地域保健プロジェクト」
のカウンターパート 2 名を研修のため日本に招聘
9月17日〜19日 【ラオス】次期活動対象地区選定のため、他郡の
9月20日
9月29日
ISAPH の役員名簿
【ラオス】次期活動対象地区選定のため、他郡の
情報収集を実施
社会医療法人
雪の聖母会
【ISAPH ニュースレター 第 19 号 編集スタッフ】
石原 潤子/磯 東一郎
聖マリア病院
◦厚生労働省臨床研修指定病院
◦厚生労働省歯科臨床研修施設
◦厚生労働省臨床修練病院
◦地域医療支援病院
◦福岡県救命救急センター
◦福岡県総合周産期母子医療センター
◦福岡県救急告示病院
◦福岡県地域災害拠点病院
備 考
◦福岡県エイズ治療拠点病院
◦福岡県肝疾患専門医療機関
◦福岡県災害派遣医療チーム指定医療機関
◦福岡県第二種感染症指定医療機関
◦地域がん診療連携拠点病院
◦福岡県小児救急医療電話相談施設
◦福岡県児童虐待防止拠点病院
◦久留米広域小児救急医療支援施設
理事長:井手義雄 病院長:島 弘志
〒 830-8543 福岡県久留米市津福本町 422
TEL.0942-35-3322 ㈹ FAX.0942-34-3115
URL http://www.st-mary-med.or.jp
◦ A Baby-Friendly-Hospital-Initiative
(赤ちゃんにやさしい病院)WHO・ユニセフ指定
◦自動車事故対策機構 NASVA 療護施設
◦ ISO 9001 認証施設
◦ ISO 15189 認定施設
◦日本医療機能評価機構認定施設(一般病院Ver.6.0)
◦日韓医療技術協力指定病院
◦久留米市病(後)児保育施設
※本ニュースレターの発行は、
社会医療法人雪の聖母会聖マリア病院にご協力をいただいています。
8