みんなが利用したくなるバスづくりで が利用したくなるバスづくりで みんな

第5回 地域バス交通活性化セミナー
みんなで支えるバス ∼事業者、自治体、市民
事業者、自治体、市民
それぞれの立場で考える∼ (14/11/28
14/11/28))

バスってどうして必要ですか?
みんなが利用したくなるバスづくりで、
みんなが利用したくなるバスづくりで
が利用したくなるバスづくりで、
みんなが住み続けられるまちをつくる
みんなが住み続けられるまちを
つくる

ないと暮らしていけませんか?
∼「交通維新」こそ
∼「交通維新」
こそ地方創生の第一歩∼
地方創生の第一歩∼

あったほうがいいですか?
地域公共交通プロデューサー
地域公共交通
名古屋大学大学院環境学研究科准教授
国土交通省交通政策審議会委員

使う気になりますか?
加藤 博和

お金を出していただけますか?
1
名古屋大学 加藤博和 14/11/28

燃料費高騰

運転手不足

車両費増加
しかし、これはあくまで結果
本当の原因ではない!
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
2
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
3


1. モビリティ・ディバイド(移動制約者)の発生
利用者減少が止まらない!
 対応1:経費節減
→ 既に極限。待遇悪化が続き従業員のやる気が出ない
→ 事業改善検討要員がカットされ、自社で新規施策や
企画・広報ができない(だから自治体・地域の協力が必要)
→ クルマは古く汚くなる。基本的な安全性や、従業員の技倆・
やる気の確保ができずモラル低下
 対応2:利便性切り下げ
→ 利用者がますます減り、地域の評判も下がる悪循環に
・・・クルマが使えるかどうかで、暮らしぶりが全く違う
送迎してもらえばよいとはいえ 自力で通学・通院できないような
送迎してもらえばよいとはいえ、自力で通学・通院できないような
地域では安心して暮らせない。これでまちが生き残っていけるのか?
2. クルマに頼った社会構造の行き詰まり感
・・・クルマ社会による地域コミュニティ分断・衰退
「乗合」によって「コミュニティ」を守り、つくりだす
歩かないと不健康。生活習慣病増加。
歩かないと不健康。生活習慣病増加
。PPK
PPK(ピンピンコロリ)に
(ピンピンコロリ)にならず
ならず
3 地域づくりへのマイナス
3.
・・・クルマ依存による中心市街地空洞化と郊外スプロール
まちのかたちは発散、土地を浪費、維持・防災コストもかさむ
個性(地域らしさ 景観 風土)を失い 賑わいも軸も核も生まれない
個性(地域らしさ、景観、風土)を失い、賑わいも軸も核も生まれない
4. 地球環境・エネルギー面からも必要に
事業が持続不可能に!
利用者が減少して るのに、それをまかなう
→ 利用者が減少しているのに、それをまかなう
人員(特に運転手)が確保できない(北陸道事故の背景)
※近年「地域を支える仕事」と銘打ったバス運転手募集も
→ 担い手がいなくなることによる地域公共交通破綻が現実に
→ そこまでして続ける意味は何か?
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
・・・「乗合」による環境負荷削減・省エネ
だから「だれ
だから
だから「だれでも乗れる」公共交通は必要(社会的意義がある仕事)
「だれ も乗れる 公共交通は必要(社会的意義がある仕事)
「だれでも乗れる」公共交通は必要(社会的意義がある仕事)
しかし、上記1
しかし、上記
1∼4は「外部経済効果」(代金を払ってもらえない)
市場原理ではうまく供給できないので
市場原理ではうまく供給できないので、
市場原理ではうまく供給できない
ので 地域で支える仕組み必要
ので、地域で支える仕組み必要
こういったことをどこで話し合うのでしょうか?
4

赤字路線を維持するためには
当然、だれかが尻ぬぐいしなければならない
昔は事業者の内部補助で帳尻が合ったが・・
5
乗合交通機関は、同一方向にまとまった交通需
要がないと存在し得ない。
要がないと存在し得ない
(交通需要)=(目的地の魅力)×(交通手段の便利さ)
※定時定路線は「線」がにぎわう
フルデマンドは「点」のみにぎわう
一般に、コミュニティバス・路線バス運行に、年間数千万
円規模の欠損補助<時には協賛金・負担金>が必要(住
民1人あたり数千円) → 保険料
 コミュニティバスを安い運賃で利用する
(ワンコイン<100円>運賃など)
→ 自己負担
保険料と自己負担の割合をどの程度にすべきか(だれがど
れだけ出して支えるか?)
これだけの負担をしてバスを運行する意味があるのか
→ 基本は「保険料・自己負担を払ってもらえるサービス」を
つくり、それをうまく「案内」「PR」し、意識共有を進めること
→ 負担してこそ、責任も参画意識も生まれ、いいものになる
負担して そ 責任も参画意識も生まれ
も になる
負担割合
負担
割合を決めるのはどこでしょうか?
を決めるのはどこでしょうか?

名古屋大学 加藤博和 14/11/28
名古屋大学 加藤博和 14/11/28

乗合交通機関のないまちとは?
魅力ある(つまり、「にぎわい」のある)場所がない(あ
るとすればクルマでは運びきれない)
 歩いて鑑賞するに堪えない景観に陥る(運転手は景
色を見ないので)

「公共交通が維持できない」=「にぎわいがない」
=「個性がない」=「まちが衰退する
「個性がな
「まちが衰退する
まちが衰退する
まちが衰退する」
6
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
7
魅力向上・環境・福祉・健康・コスト
の観点から、交通体系再編、モー
タリゼーション脱却を
「政策」として強力に推進
市民の支持も得られる
(首長・議会選挙で勝てる公約)
日本では富山が先行
きっかけ:既存の「どうしようもな
かった」鉄道線をLRT(Light Rail
Transit)化(富山ライトレール)
→ 冴えなかった路線が、
まちの軸として誇れる存在に
→ コンパクトシティへ展開
コンパクトシティ 展開
「乗る路線」がないとできない
<交通戦略>
コンパクト化を誘導しうる
コンパクト化
を誘導しうる交通ネットワーク
交通ネットワーク
公共交通・非動力交通の充実
ライフスタイ
ルも変化
<都市計画マスタープラン>
公共交通を有効に機能させうる
公共交通
を有効に機能させうるコンパクト化
コンパクト化
公共交通指向型ゾーニング・施設再配置
公共交通指向型ゾ
ニング 施設再配置
これをやりとげるためには大変なエネルギーが必要だが・・・
8
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
40年計画で頑張ればよい
40
年計画で頑張ればよい(その間に建物は半分以上建て替わる)
ただし、従来の法律では誘導できない
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
9
都市の低炭素化の促進に関する法律(エコまち法
都市の低炭素化の促進に関する法律(
エコまち法)
)2012年8月29日成立、12月4日施行
2014年2月12日閣議決定、5月14日成立、5月21日公布、11月20日施行
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
10
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
11
2014年2月12日閣議決定、5月14日成立、5月21日公布、8月1日施行
名古屋大学 加藤博和 14/11/28


2014年2月12日閣議決定、4月18日成立、4月25日公布、7月3日施行
12
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
よく言われる理由:モータリゼーションと少子高
齢化
→ 公共交通がなくても暮らしていける
公共交通だけに頼っていては不便
→ しかし、それだけが原因か?
しかし それだけが原因か?
13
まさに「供給者目線」
「不便でなく不安」
影の理由:公共交通は旧態依然、十年一日(
世の流れについていけていない)
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
14
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
15
2003

メディア間の一貫性のなさ
1.
配布物、掲示、車両LED表示、車内案内、ウェブサイト、案内所
 系統図、時刻表、のりば案内
 系統番号・愛称、経由・行先


2
2.
3.
4.
「系統」「ダイヤ」「乗降施設」「車両」の4大コンテンツ
「系統」「ダイヤ」「乗降施設」「車両」の4大コンテンツが路線の性
能を決める
 系統・ダイヤがそもそも複雑で把握しづらい、説明もしづらい
系統 ダイヤがそもそも複雑で把握しづらい 説明もしづらい
 そのため、一見さん向け系統と、一見さんお断り系統が錯綜せざ
るを得ない非効率

16



見かけでなく本当のニーズとは?
見かけ
なく本当
ズとは?
移動サービスを通じて地域に豊かさをもたらす
6.
わざと隠しているのではないかと思うくらい
わざと隠しているのではないかと思うくらいPR
PR下手
下手
(「メニュー」であるはずの停留所掲示が見にくく分かりにくいのはなぜ。
お客様は勝手に集まってくると思っている?)
7.
社長が自社商品を使っていないことが多い
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
17
→ 高齢者は病院しか行くところがない?(でかける口実
がつくれない?)
(例2)商店街から要望を受けて路線を引いた
これは、本当にいいことなのか?
少し高くても、待っても、こちらの方がよい、と納得させる
そのために「分かりやすく」「使いやすく」を徹底
利用者が運賃を、自治体・地域が補助金や負担金を払う
気になるには何が必要かを考える
それが収益を、給料を高くすることにつながる
→ これができる事業者は残
これができる事業者は残っていけるし、
ていけるし
そんな事業者やそれをサポートできる自治体が
ある地域も残っていける
→ どうすれば「くるり」できるのか?
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
お客様や現場の不満がほとんど改善されていかない
(「言ってもムダ」状態。労働集約型産業の強みを生かせず)
(例1)総合病院乗り入れは「路線バス勝利の方程式」
しかし、本当にいいことなのか?
お客様・地域に選んでいただけるサ ビスの提供
お客様・地域に選んでいただけるサービスの提供

5.
※ そして何よりも致命的なのは「普通の商売では考えられないことばかり
商
なのに、バスの場合『これで当たり前』とみんなが思い込んでいる」こと
→ 「10年たった今も新鮮?」とはどういうことか!
お客様・地域のニーズに応えるコンテンツの提供

降りるまで値段が分からないことが多い
(回らな すし屋より ど
(回らないすし屋よりひどい。運賃が上がるたびにドキドキするスリルを味わう)
運賃が上がるたびにドキドキする リ を味わう)
(競合他社どころか自社路線さえ説明できなくて恥ずかしくないのか?)
分かりやすい案内にしないと使ってもらえない
しかし 何を案内すべきか分か ていないのかも?
しかし、何を案内すべきか分かっていないのかも?

従業員の方が偉そうにしていることが多い
(中年男性の座ったままの応対は自然とそう見える。運転手とお客様との圧倒的な
(中年男性の座
たままの応対は自然とそう見える 運転手とお客様との圧倒的な
情報格差。お客様はドキドキしながら乗っている。営業所が「営業」所になっていない)


遅れるのはしかたないとしても お断りやおわびがあまりない
遅れるのはしかたないとしても、お断りやおわびがあまりない
(嫌な気持ちになったお客様は二度と戻ってこない)
基本コンテンツに起因する問題
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
お客様を待たせることを当然と思っている
(しかも多くの場合、待つ環境は劣悪。劣等感さえ感じる)
→ 商店街が何も努力しなければ共倒れになる
公共交通づくりは、集まれる場所づくりとセットであるべ
公共交通づくりは
集まれる場所づくりとセットであるべ
き(商店街・産直・ショッピングセンター、図書館・生涯
学習施設、温泉、コミュニティカフェなど)。
→ それによって「おでかけ」が楽しくなる
※施設最寄停留所:施設との位置関係、名称
最
留所
置 係 名称
※自宅最寄停留所:位置も大事だが待ち環境も大事

18
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
19
一見さんお断り
見さんお断り


ターゲットを明確化する
タ
ゲットを明確化する
クルマに乗れない人・・・確実に囲い込む
クルマに乗れない人・・・確実
に囲い込む


その人たちにどんな生活をしてほしいか?
 そのためにどんな「おでかけ」を担保すべきか?
そ ため どんな「おでかけ を担保すべきか?



基本 ンテンツを磨き上げる
基本コンテンツを磨き上げる




利用者の立場に立ったインタフェイス
20
需要:顕在化しているもの(行っているor行いたい)
→ アンケートが有効
 ニーズ:潜在的なもの(気づいていない)
→ 膝詰め(グループインタビューやワークショップ)
膝詰 (グ
プ
タ
や
プ)
が有効
調査手順
通勤:ノー残業デーのまちなかへの便、深夜便
買物:停留所位置。荷物置場。特典付与
観光:見て乗 て楽しいバスを走らせる
観光:見て乗って楽しいバスを走らせる
※何十年もバスに乗ったことがない、乗り方を知らな
※何十年もバスに乗ったことがない
乗り方を知らな
い人がたくさんいる
※クルマに乗れなくなるほど体が弱ったときには公
共交通にも乗れない
分かりやすく、おしゃれで、心に響く訴えかけを
分かりやすく
おし れ
心 響く訴えかけを
する
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
クルマに乗れる人・・・1年に一度でいいから乗
ク
クルマに乗れる人・・・1年に一度でいいから乗
乗れる人
年
度
から乗
ってもらえるようにする

系統、ダイヤ、乗降施設、車両で決まるサービスレ
ベル
 それを「お値打ち」と思わせる運賃設定

通院:病院・処方せん薬局とタイアップ。診療時刻調整
通院
病院 方
薬局
診療時刻調
高校通学:進路決定段階からバス情報を流す。高校別時
刻表配布。部活対応。放課後対応
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
21

1.
2.
3
3.
4.


まず現状の移動状況や気持ちをはき出してもらう
情報を提供し、考え、気づいてもらう
関係者で どうすべきか 何ができるか話し合う
関係者で、どうすべきか、何ができるか話し合う
考えをまとめなおしてもらう
→ ニ
ニーズとその充足方法が見いだされる
ニーズとその充足方法
ズとその充足方法
ズとその充足方法が見いだされる
いずれにせよトップダウンやコンサル丸投げではダメ
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
単にコミュニティバスやデマンド交通を走らせたり、運
行欠損補助を増額するという意味ではない
公共交通が必要な理由、それを公的に維持する必
公共交通が必要な理由
それを公的に維持する必
要性を明らかにする

それをどのように具体化するかを考える

それを誰がどのように支えるのかを考える
を誰
よ
支え
を考え
関係者全員が集まって、必要な地域公共交通を
「見つけ」「つくり」「守り」「育てる」ことの重要性
=「一所懸命
=「
一所懸命」になれる「
」になれる「場
場」づくり
22
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
23
地域住民組織が主体的に企画するコミュニティバス
一所懸命
岐阜市芥見東・南地区「みどりっこバス」
交通事業者
(2008
2008年
年6月1日運行開始、日本タクシーが運行)
•地域住民:「運行協議
地域住民 「運行協議
会」をつくり、路線・ダイ
ヤ 運賃などを自ら決定。
ヤ・運賃などを自ら決定。
利用促進活動も実施
沿線企業等
市町村
金
人
地域公共交通
システム
心
口
•市:存続基準・補助上限
を設定の上で運行支援・
事業者選定
負担・支援
方法は様々
地域住民
•イメキャラを作成。バスにとどまらず地域のキャラクターに成長
イメキ ラを作成 バ
とどまらず地域 キ ラクタ
成長
•ダンスの会、歌声喫茶など自主イベントを企画
•車内ボランティア(40名)による乗降支援や案内など
→ バスを守り育てることで、地域を守り育てる
•みんな対等
利用者
•言いっぱなしにしない
•できることをやる
→ 信頼関係
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
24
25
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
「適材適所」







名古屋大学 加藤博和 14/11/28
運賃:
1∼10
運賃:10
南相馬市
小高eまち
タクシー
大
度

ドアトゥドア
経路自由度

名張市
名張市:地域バス「国津」04年9月、「錦生」08年4
月 「薦原」7月 「緑ヶ丘」09年4月 「美旗」12年4
月、「薦原」7月、「緑ヶ丘」09年4月、「美旗」12年4
月
伊賀市:「比自岐」03年11月(09年4月有償化)
伊賀市
松阪市:コミュニティバス「黒部・東」06年7月 「機
松阪市:コミュニティバス「黒部・東」06年7月、「機
松阪市
殿・朝見」08年7月、「飯高波瀬森」10年4月、「嬉
野」11年8月、「三雲」12年10月
豊田市:地域バス「高岡」00年9月、「水源東」「保
豊田市
田市 地域
高岡」 年 月、 水源東」 保
見」07年9月、「旭」10月、「藤岡」08年4月、「小原」
09年4月
岐阜市:ぎふっこバス06年10月4路線、08年6月4路
岐阜市
線
線、09年6月2路線、10年9月1路線、12年9月1路
年 月 路線
年 月 路線
年 月 路
線、12年10月1路線、13年9月1路線、14年9月2路
線
一宮市:生活交通バス「萩原・大和」「千秋」07年11
一宮市
月
関市:地域バス5地区で09年4月
関市
岡崎市:「下山」09年3月、「形埜」09年11月、「宮
岡崎市
崎」09年12月、「豊富」10年3月
豊橋市:地域生活バス「東部東山線」08年7月、「北
豊橋市
26
部線」10年10月
自
松阪市三雲地区
「た ち
「たけちゃんハートバス」
バ
(12/10/01
12/10/01運行開始)
運行開始)
小
ミーティング
ポイント
郡上市白鳥町
デマンドバス
飯田市乗合タ
クシー千代線
クシ
千代線
ルート・エリア
デマンド
フリー乗降
タクシー、個別
STS、安曇野市
あづみん
愛知県みよし市
さんさんバス
乗継タクシ
乗継タクシー
路線バス/
線
コミュニティ
バス
運賃 1
運賃:1
豊田市小原
さくらバス
松阪市機殿・
朝見コミバス
定路線
定時
ダイヤ固定
小
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
ダイヤ自由度
ダイヤ非固定
大
27
幹線・支線のメリハリをつけることで、利便性を高めながら費用・資源効率を高める
協調によって経費減と乗客増を同時達成!
清水グリーンライン
八戸駅⇔
八戸駅
⇔中心街間共同運行
(福井市、京福バス運行)2011.10.1
(福井市、京福バス運行)
2011.10.1運行開始
運行開始
(市営バス・南部バス、08
(市営バス・南部バス、
08年
年4月1日より)
従来:福井駅前と清水地域との間に幾つかのバス路線があり、経
従来
福井駅前と清水地域と 間に幾 か
路線があり、経
路が異なる上、いずれも本数が少なく、欠損も大きかった
運行間隔を調整し、交互に運
行
共通定期券を発行
八戸駅のりばを事業者別から
行先別に変更
中心街のりばの名称を分かり
やすく整理
案内システムの整備(バスマ
ップ、案内板、行先番号)


大規模小売店舗「プラ ト を拠点とし 福井駅前とを結ぶ
→ 大規模小売店舗「プラント3」を拠点とし、福井駅前とを結ぶ
幹線を30分ヘッド運行(地域間幹線として国県補助)
→ 地域内には乗合タクシー「ほやほや号」を運行(昼間デマン
ド)し清水プラント3で接続。
更 地域 体 乗合
更に地域主体型乗合タクシー「殿下かじかポッポー」も接続
殿下か か
」も接続
→ プラント3は乗降スペースとともに待合所を整備



※バスを乗継させるのは難しい。
※バ
を乗継させるのは難しい
結節点はそれ自体目的地になるようなところが望ましい
※問題はバスから支線のダイヤ・接続が分からないことと、
※問題はバスから支線のダイヤ・接続が分からないことと
車内でデマンド予約ができないこと
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
おでかけ
28
調整
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
組織化
自治体の新たな役割
地域公共交通会議
「市町村の公共交通を
市町村が自ら決める」
ための場(特区)
【主宰者】
•「おでかけ」
おでかけ」確保戦略の確立
市区町村(複数市区町村共同、都道府県も可)
【構成員】
‒公共交通戦略:「地域の一体感」「住民のQOL向上」「訪問者の利便性確保」
のためのネットワークづくり
福祉交通戦略 移動制約者対応」 必要水準 方法
準 くり
‒福祉交通戦略:「移動制約者対応」の必要水準と方法の基準づくり
‒移動手段確保の「担い手」は問わない(いい担い手が出てくるしくみこそ「戦
略」)
市区町村、住民代表、利用者代表、都道府県、地方運輸局(又は支局)、
旅客自動車運送事業者(又はその団体)、一般乗合旅客自動車運送事業に
係る労働組合の代表者、道路管理者、都道府県警察、 学識経験者 等
(地域の実情に応じて)
(※事案によって構成員を変更して分科会形式とすることも可)
【目 的】
・地域のニーズに即した乗合運送サービスの運行形態(市町村運営バス
の必要性を含む)、サービス水準、運賃等について協議。必要に応じ
て、例えば地域の交通計画を策定
・輸送の安全、旅客の利便の確保方策等を説明(地方運輸局において審査)
事業者へ委託する
こととなった場合
‒結節点整備(停留所、ターミナル、駅広、P&R・K&R)
‒共通運賃・共通案内等のソフト的シームレス化
共通運賃 共通案内等のソフト的シ ムレス化
‒事業者間の調整・連携の模索(調整・意識共有の「場」づくり)
新4条に基づく乗合事業者による運送
(旧21条コミバス等含む)
<事業認可又は事業計画変更認可>
•各交通システムのサポート
○運賃認可の届出化
‒「適材適所」となる運行手段のコンサルティング
「戦略」に適合する交通機関の公認 広報 案内
‒「戦略」に適合する交通機関の公認・広報・案内
‒「担い手」となる事業者・NPO・住民組織の側面支援
事業者によること
が困難な場合
79条(旧80条)に基づく
自家用自動車による
有償運送(市町村運営バス)
<登録(更新制)>
○輸送の安全・利便の確保
○道路管理者・警察への意見照会の簡便化
○標準処理機関の短縮
・路線変更認可の迅速化
路線変更認可の迅速化
等
・一定の講習の修了(運転者)
・運行管理体制、事故処理体制
・運送の対価の掲示義務 等
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
•地域として必要な路線を
自ら協議し認定すること
で 各種許可が簡略化 弾
で、各種許可が簡略化・弾
力化(運賃・路線設定・使
用車両など)
•一般乗合路線ならなんで
も認定できる
認定
•デマンド運行、タクシー車
両利用も位置付け
○事後チェック
・事業改善命令、行政処分
30
更新・
変更
•交通ネットワークの維持発展
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
※連携計画によって、別区間で
も10年4月より等時間隔共同
運行開始
29
等
31
地域公共交通会議(および法定協議会)は
法的に必要なセレモニーという
側面もありますが、
側面もありますが
一番大事なのは
「ステ クホルダ (利害関係者)会議
「ステークホルダー(利害関係者)会議」
だということです
1.
2.
3.
4
4.
年間予定がなく開催が行き当たりばったり
協議事項があるときしか開かない(のでシャンシャンにしたい)
事前に委員への資料配布をしない
開催通知や決定事項を地域住民や利用者に分かる形(広報・webはもとよ
り、停留所や車内など目の届くところ)で提示していない
5. 開催時刻を公共交通の時刻に合わせない(開催通知に書く。駐車場無料
券を出すなど論外)
6. 傍聴者がいない(PRしていない)
7. 住民・利用者代表がしゃべらない(しゃべりやすくする工夫をしていない)
8
8.
現場を知らな 委員に見せる 体験させる機会を くらな (バ は会議室
現場を知らない委員に見せる、体験させる機会をつくらない(バスは会議室
でなく現場を走っている)
9. コミバスやデマンドしか扱わない(事業者路線は話題にもしない)
10. 規定の委員しか集めない
市町村、運輸局、都道府県、住民代表、利用者代表、
運転者代表 道路管理者 交通管理者 その他
運転者代表、道路管理者、交通管理者、その他
関係者が一堂に会する
目的を共有する
有
どう実現するかを遠慮せず議論する
決まったらみんなで協力して走る

この程度のことをやっていなくて、
「この制度はうまく機能しない」って、当然でしょ!
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
32
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
•バス・タクシーしか協議対象にならない(道路運送法の限界)
→これでも大半のことはできる
これでも大半のことはできる
→ただし、鉄道・航路再生や、それらとバスとの連携には
(法的には)無力
•バス・タクシーしか協議対象にならない(道路運送法の限界)
→これでも大半のことはできる
これでも大半のことはできる
→ただし、鉄道・航路再生や、それらとバスとの連携には
(法的には)無力
→「地域公共交通特定事業」
地域公共交通特定事業」として多モードに展開
多
多モードに展開
→「新地域旅客運送事業
新地域旅客運送事業」
」による新モード導入の円滑化
新モード導入の円滑化
•公共交通計画・戦略の策定が任意
場当たり的な開催になる懸念
→場当たり的な開催になる懸念
•公共交通計画・戦略の策定が任意
場当たり的な開催になる懸念
→場当たり的な開催になる懸念
→「地域公共交通総合連携計画」
地域公共交通総合連携計画」策定を規定
•メンバー参加への拒否権がある(特に交通事業者)
バ 参加
拒否権がある(特 交通事業者)
→出てきてもらわないと協議にならない
•メンバー参加への拒否権がある(特に交通事業者)
バ 参加
拒否権がある(特 交通事業者)
→出てきてもらわないと協議にならない
→公共交通事業者・道路管理者
公共交通事業者・道路管理者等の参加応諾義務
応諾義務
※非常に強い権限が付与(言うまでもなく議会が優越)
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
34
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
33
35
地
地域公共交
通総合連携
携計画の件
件数
失効
600
500
400

活性化 再生総合事業
活性化・再生総合事業
(連携計画が
国庫補助に直結)
確保維持改善事業
(連携計画があっても
国庫補助は出ない)
地域公共交通政策の「憲法」



計画期間内(有効)
300

200

100
計画期間終了(失効)

0
国土交通省調べ
2012年度末現在
どう「連携」するかが書かれるべき

2008
2009
2010
2011
2012
年度
やる気のあるところはフル活用
やる気のあるところはフル活用。しかし・・・
しかし
関係者間、モード・路線間、生活圏内の「連携」
→ 要するに「バラバラではダメ」
2013 (見込)
金(国庫補助)の切れ目が縁の切れ目?
計画の必要性が全然理解されていない証拠。情けない・・・
昨年度から地域協働推進事業によ
昨年度から地域協働推進事業によって再び増加(またカネかよ)
再び増加(またカネかよ)
結局、自治体・地域の自覚・覚悟がまだ足りない

「協議会」は連携計画をつくり実行していく組織(予算が組める)



36
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
コミバス デマンドだけでなく、 般路線バス 鉄道
コミバス・デマンドだけでなく、一般路線バス・鉄道・一般タクシーを含めた
般タクシ を含めた
包括計画として策定するべき
「戦略」「役割分担」「PDCA」→目的と評価指標を明確に
生活交通NW計画(国庫補助対象系統リスト) 地域協働推進事業計画(
生活交通NW計画(国庫補助対象系統リスト)、地域協働推進事業計画(
MM・PR等)は連携計画(網形成計画)の詳細計画として位置づけられる
都市・地域総合交通戦略(整備局マター)との連動も
担当者の「遺言」(政策の継続性)
取締役会。全参画者が事業に実質的に取り組む必要
現場委員(住民 利用者 運転者)を きるかぎり活性化する
現場委員(住民・利用者・運転者)をできるかぎり活性化する
バス事業者や住民からでも連携計画の提案ができる(7条2)
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
37
網
交通「総合」 → 交通「網」(
「網」(network
network)
)
 地域全体を見渡した面的な公共交通ネットワ
地域全体を見渡した面的な公共交通ネットワー
クの再構築


1 地域戦略との一体性
1.
地域戦略との 体性
一部でなく全体を考える
2. 総合的なネットワ
総合的なネットワーク形成
ク形成
(単なるコミバス計画やデマンド交通計画ではダメ)
3. 多様なモードの組み合わせ
タクシーや自家用有償運送も対象とすることを推奨
タクシ
や自家用有償運送も対象とすることを推奨
4. 広域性
※移動制約者対応、来訪者対応という観点は弱い。自治体と
してどう考えるかが問われる
※特に既存路線バスを見直すツールとして「再編事業」新設
※自家用有償運送制度の見直しもよく理解する必要

5 住民等関係者の連携
5.
6. 数値化した目標設定と評価
コンパクトシティの実現に向けたまちづくりとの連携
パクトシテ
実現に向けたまちづくりと 連携
これらがみたされている連携計画は形成計画に
これらがみたされている連携計画は形成計画に
転換可能 → どんどん進めてください
都市再生特措法、中心市街地活性化法との連動を推奨
※「コンパクトシティを目指さないと形成計画は出せない」わけ
ではない(非都市部の場合「小さな拠点」)

名古屋大学 加藤博和 14/11/28
38
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
39
<実態>
実態
•
国の補助要件に合う路線を「3カ年計画」にリストし、国県補助
→ 路線維持理由が不明確。各市町村・地区の想いと不整合
<本来>
•
県は「3カ年計画」で、必要と考える路線網を指定
→ 網形成計画に相当
 指定路線の維持・サービスレベル確保に対して、県単補助など支
援措置( れ も特別交付税措置
援措置(これにも特別交付税措置<8割>)
割 )
 それが国の補助要件にも合えば、国が欠損の半額を協調補助し
てくれる(すなわち、国県補助ではなく県国補助)→今は協調不要
→ 旧総合事業(計画事業<3カ年>)に相当
ちゃんと議論すれば、広域幹線を生まれ変わらせることが可能
「3カ年計画」(現在のNW計画)は県のバス政策実施の本丸
(国の基準に倣う必要なし<ポリシーがないから活用できない?>)
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
<内容> 詳細な路線網計画

網形成計画に基づき、面的な公共交通ネットワークの再構築
の具体的内容(既存路線・ダイヤの見直し 新たなサービスの
の具体的内容(既存路線・ダイヤの見直し、新たなサ
ビスの
導入等)を記載
<特例> 事実上の「権限移譲」




バス路線・輸送力設定等に関する許認可の審査基準緩和
バス運賃・料金規制の緩和 (上限認可→届出)
計画維持を困難とするような行為の防止
事業が実施されない場合の勧告・命令
<条件> パートナーシップ
パ トナ シップ

40
自治体と交通事業者の合意
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
41
地域公共交通を役に立つものにするための「適材適所」「 所
地域公共交通を役に立つものにするための「適材適所」「一所
懸命」「コーディネート」「品質保証」は、現場の参画・協力・誘導
あってこそ可能
 そして、今でも、公共交通の基幹は鉄道・バス・タクシー事業者
が担っている(改正地域公共交通活性化再生法のターゲット)
 そこにこそ、交通事業者の今日的付加価値がある!
 これに貢献できる活動をしてこそ、組合は職場・雇用を守り、地
域を守ることができる!
→ 現場に立脚した企画提案力・サービス力が、運行受託や企画
提案が採択されるため 源泉(付加価値)に
提案が採択されるための源泉(付加価値)に
→ そして、魅力ある事業に生まれ変わることができる!
制度を利用して前向きの提案を恐れずやってください!
実際に使ってもらえありがたかってもらえるかがすべてです!

事業者主導で自治体等が補助する自主運行バスでな
い
 自治体主導で事業者が受託運行するコミバスでもない
→ 自治体と事業者がパートナーシップを組んで路線
網を くり」 守り」 育てる」 とを通 、公共交通
網を「つくり」「守り」「育てる」ことを通じ、公共交通
活性化・再生を図り、地域魅力向上へつなげる
→ 具体的な形としての「公設民営」「公設民託」「車両
リース」

名古屋大学 加藤博和 14/11/28
42
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
43
「みんなの想い」で地域公共交通を地域
「みんなの想い」で地域公共交通
を地域の手
の手に
に
取り戻し 役に立つもの
取り戻し、役に立つもの
取り戻し、役
役に立つものに現場で変えていこう
に現場で変えていこう
∼答えは現場にある!現場にしかない!∼
答えは現場にある!現場にしかない!
1.
目的の明確化


2.
公共交通は持続可能なまち・人づくり、地球環境対応の手段
現場・利用者起点 公共交通担当者は「ライフスタイル・クリエーター」
現場・利用者起点。公共交通担当者は「ライフスタイル・クリエーター」
適材適所


3.
固定観念に縛られず、地域の顕在・潜在ニーズを「澄んだ目」で見る
前例 迷信 外見 他地域の優良事例や自慢話に惑わされない
前例・迷信・外見・他地域の優良事例や自慢話に惑わされない
一所懸命


4.
地域の、地域による、地域のための「地産地消」型交通
地域
、地域による、地域 た
地産地消」型交通
お願い型・評論型から参画型・自律型へ。担い手を生み出す
組織化



5
5.
場づくり:連携・協働、必要十分な構成、行動が生まれる仕掛け
場づくり:連携・協働
必要十分な構成 行動が生まれる仕掛け
方向性:調整(コーディネート)・企画・・・「戦略」確立が必要
バラバラではダメ。ネットワークでないと機能しない
カイゼン




目的が明確であれば、評価基準も明確なはず
徹底して現場・利用者起点に立つことこそよりどころとなる
失敗を恐れるのでなく、対応を間違えないこと
国の制度も下から意見を出してアップデートしていくべき
44
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
加藤博和
検索
E-Mail: [email protected]
[email protected]
facebook:: buskato
facebook
公共交通戦略立案やコミバス DRT導入、路線バス改
公共交通戦略立案やコミバス・DRT導入、路線バス改
編などに各地の現場でボランティア参加しています。
意識を共有できる方々とならどこへでも出かけて協力し
ます! ぜひ一緒に仕事しましょう!
東海3県の路線バス情報のページ
http://orient.genv.nagoyap
g
g y -u.ac.jp/kato/bus/index.htm
jp
http://orient.genv.nagoya
東海3県(愛知・岐阜・三重)の路線バス情報、特に、山間地
域のバス・過疎バス・自治体運営バスなど、メジャーなメディア
では分からない情報を重点に提供
住民の想い:必要なおでかけが確保された生活環境
自治体の想い:豊かで魅力的な地域
 事業者の想い:存在意義があり、収益も出る事業運営
 運転手の想い:やりがいがあり苦しくない仕事場
これらを全部実現することができる、
「みんなが安心して住み続けられる持続可能な地域」
を支えうる「みんなが乗りたくなる公共交通 を
を支えうる「みんなが乗りたくなる公共交通」を
「みんなで守り育てる」体制
そのために大事なのが「現場起点」
「現場起点」
 意見を言い、議論し、取組に参加し、評価することで、
改善を進めていける「場」をつくり広げること
「場」をつくり広げること
 だれの指図を受けるのでもなく、人任せにせず、できる範囲で、
しかしかしこく「行動」すること
「行動」すること
まず「現場であなたが動く
「現場であなたが動く ことから始まります!
それはまず
それは
まず「現場であなたが動く」ことから始まります!
「現場であなたが動く」ことから始まります!
体がうずうずするでしょう! 今日から早速動きませんか!


45
名古屋大学 加藤博和 14/11/28
(本資料使用における注意)
※本資料の著作権はすべて制作者に帰属します。ただし、一部、他の
機関 個人が作成した図や 撮影した写真があります
機関・個人が作成した図や、撮影した写真があります。
※自治体担当者・地方運輸局・交通事業者・学識経験者等、地域公共
※自治体担当者
地方運輸局 交通事業者 学識経験者等、地域公共
交通会議・法定協議会運営に関わる方々におかれましては広くご活用
いただけます。ただし、公の講義・講演・研修・書籍・論文等への転載、
および他への再配布は 必ず制作者の許可を得て行ってください
および他への再配布は、必ず制作者の許可を得て行ってください。
※本資料は、国土交通省の担当部局による監修を受けたものではあり
ません また 地方運輸局によ ては見解や運用方針が異なる ともあ
ません。また、地方運輸局によっては見解や運用方針が異なることもあ
りますので、ご注意ください。
名古屋大学大学院環境学研究科 加藤 博和
[email protected] nagoya-u
[email protected]
u.ac.jp
ac jp
http://orient.genv.nagoya-u.ac.jp/kato/Jkato.htm