Science of Design - 武蔵野美術大学

武蔵野美術大学
造形学部 基 礎 デザイン学 科
Musashino Art University
College of Art and Design
Department of Science of Design
S c i enc e of D e s ig n
基礎デザイン学科
デザインは分けられない。
基礎デザイン学科は、デザイン諸領域を、科学・芸術・哲学を包括す
それを知ることから始まるデザイン。
る生成の思想としてとらえ、デザインのあるべき姿を考え続ける学科です。
4
年次
デザインの先端をつくっていく
いわゆるデザインの基礎課程ではなく、社会や産業、テクノロジーや文
中心はひとりひとりの卒業研究・制作へと移っていき
明を俯瞰しながら、デザインという営みの可能性を更新し再創造してい
ます。ゼミに分かれて、それぞれの興味を尖鋭化させ、
きます。既にあるデザイン領域に対応する技能を教える場ではなく、も
自分自身の課題に集中的に向き合います。
のづくりやコミュニケーションを背景とする環境形成の諸問題を、常に新
たな視点から捉え、創造的な糸口を見いだしていく技能と能力の育成を
目指しています。
教育カリキュラムは、多様な領域を横断しながらデザインを展開できる人
材が、どのような知的背景あるいは技能を備えるべきかを問い続ける姿
勢から編まれています。
4 年間を通して展開されるデザイン論は、裾野の広いデザイン知を発展
させる下地となります。自然現象を扱う自然科学、社会現象を扱う社会
科学、文化現象を扱う人文科学と関連して、かたちと意味の諸現象を扱
うデザイン学としてそれらは位置づけられています。
3
技術を養成する演習群は、ヴィジュアル、プロダクト、インフォメーショ
ンの諸領域に広がり、ひとりひとりの学生が、それぞれの興味の進展に
年次
複雑の全体像をつかむ
独自の領域へ、それぞれの興味から接近できるようなカリキュラムが用
多様なデザインの方法を、豊富な演習授業を通して
意されています。
経験していきます。ノーテーション、シナジェティクス、
テクストインフォメーション、オートポイエーシスなど知
の先端を拓いていく多様な切り口からデザインの諸相
を学びます。
2
学年
4
年次
デザインの水脈を見つける
科目名
デザイン論 IVA / IVB
言語論
ヴィジュアル、プロダクト、インフォメーションの演習を
デザイン演習 II
現代科学論
中心に、デザイン方法の多様性を学びます。同時に、
(右ページ ダイアグラム参照)
卒業制作・卒業論文
コミュニケーション論
言語論や記号論、テクスト研究などから表現と意味へ
オートポイエーシス論
の認識を深めます。
文化記号論
人工知能論
3
映像工学
デザイン論 IIIA / IIIB
社会学特論
デザイン演習 I [a-n]
詩学
(右ページ ダイアグラム参照)
デザイン記号論
タイポグラフィ論
1
コンピュータ演習 II
年次
1
広い視野を身につける
デザイン論 IIA / IIB
デジタルイメージ研究
記号論 IA / IB
知覚方法論
デザイン論を通して視野を大きく拡張し、共通科目で
色彩論 II
プロダクトランゲージ研究
基本的な教養の下地をつくります。コミュニケーション
形態論 II
ヴィジュアルランゲージ研究
やプロダクトの基礎演習に加えて、色彩や形態の原理
表示方法論 II / III
タイポグラフィ研究
テクスト研究
シルクスクリーン演習
を学びます。
デザイン論 IA / IB
色彩論 I
形態論 I
言語表現論
表示方法論 I
カリキュラムは上記の専門科目の他
に、他学 科などの専門を実習する
「造形総合科目」および「文化総合
コンピュータ演習 I
科目」からなります。
プロダクト材料演習
ここに は 2 014 年 度 入学 生のカリ
コミュニケーション実習
キュラムの構成を示しました。
illustration : R.Hashiba
2
Graduation Works
卒業制作
3. 枝を削る(羽生田 菜緒)
枝 振りのよい木の皮を太い幹の部分から先
端の細い部分まで小刀(ナイフ)で少しずつ
削って行く作業は忍耐強く最後まで地道に
続けられた。表面にはナイフの削り跡が鉛
筆の先のように残っている。そのかすかな
無数の削り跡がこの作品の価値を成してい
る。この作品は作者の手によって削られた
言わば人 工物であるが、人の手というもう
1 つの自然物によって成し遂げられたことは、
自然が自然に戻ったような不思議な感覚を
覚える。
3
1
2
1. Ex-formation T OK YO
2. Ex-formation T OK YO
4. Ex-formation T OK YO
東京迷彩(松原 明香)
東京脈動(ショウ キン)
東京小紋(鈴木 萌乃)
東 京の「迷 彩服 」を制作している。この迷
東京圏の電車の動きをリアルに抽出している。
東 京 小 紋 を 江 戸小 紋と対 照させることで
彩服を着て撮 影されたムービーや写真を見
丹念なデータのノーテーションによって、そ
T OK YO を表現した。江戸小紋は、テキス
ると思わず笑ってしまう。よほど意識しない
れが見事にヴィジュアライズされている。ショ
タイルに表現されたグラフィックパターンで
と、着衣した人の存在を認識できない。そ
ウキンは、平日の朝の 8 時 台と 9 時 台、最
あるが、これは単なる幾何学的反復パター
れほど街に溶け込んでいる。戦闘における
も多くの鉄 道車両が稼動している時間帯の
ンではなく、日常の風物が抽象される眼の
迷彩は恐ろしげな発想であるが、同じ発想
時刻表から、動いている電車の数と動きを
巧みさとでも言うか、パターンに見立てられ、
を平和な「街」に振り向けるところに松原明
割り出し、それをモーショングラフィックス
昇華される手 際の「 粋」がポイントである。
香の研究のユニークさがある。新宿歌舞伎
として表現した。中央線や山手線、地下鉄
鈴木萌乃の「東京小紋」への着眼点もそこに
町なら溶け込みがいがありそうだが、世田
の銀座線など、東京の移動を支える強力な
ある。つまり、現代の東京の文物をモチーフ
谷の住宅街に溶け込もうとは普通考えない。
インフラとしての鉄道がまさに脈打つ様をそ
としてグラフィカルにパターン化するのでは
アスファルトの舗装路や味気ない灰色のブ
れは伝えている。ソウルにも、ロンドンにも、
なく、モチーフの選定や、それを柄として成
ロック塀など、リアルな都 市景観の要素を
ニューヨークにもない、異常な複雑さと精密
就させる際の同時代的な「感性」を、江戸の
冷 静に割り出し、衣服の上下にしたたかに
さを持つ東京の電車の運動。この運動こそ、
「粋」と共振させながら、江戸から受け継ぐ
配していく。その果てに、見事に世田谷に
まさに東京という都市の生命感である。 1 日
文化の遺伝子あるいは、感覚の連繋を確認
溶け込む迷彩服ができた。
に 70 万人を越える新宿の乗降 客 数は世界
したかったのではないかと思うのである。
浅草や丸の内など、選定された場所には納
一らしいが、これは新宿という街の規模の
今日の東京の若者の感覚の中にある「伝統」
得できる景観的特徴があり、僕らは既に知っ
せいでも駅の規模のせいでもない。複雑に
は、電波アイコンや東京タワー、点字ブロッ
ていた街の特徴に、不思議な角度から出会
連繋する鉄道網全体の流動性が生み出す量
クやフェンスの金網を紋 様に見 立てていく
わされることになる。初めて見る人たちに対
でありダイナミズムである。画像は小さく繊
感覚の中にも息づいている。それ故に、風
しても、笑いと理解を同時に誘発するはず
細だが、巨大な都 市のダイナミズムを正確
呂式の上で美しい柄として成就することがで
で、対象の未知化と理解が同時に進んでいく。
に捉えている。
きるのである。
4
Graduation Works
卒業制作
2. dress ink(木村 萌)
3. 葉(田中 健太郎)
この制作は、アクセサリー(首飾り)と服の
葉脈はじつに美しい。だれでも小中学校の
微妙な関係の上に成立している。首飾りは
理科の時間に、その神秘的で繊細な網目に
インクの氷からできており、時間が経つと溶
出会った時の感 動を覚えているだろう。な
けてしまう。溶けたインクは服に染みるので
ぜそれを美しく感じたのか。葉っぱの状 態
あるが、インクは、純白な服に様々なパター
では知り得なかった生命の構造が薬品処理
ンを作り出すような仕掛けがデザインされて
によって自らの存在を一気に露わにしたから
いる。アクセサリーの形と色による服の染み
だろうか。フラクタルという概 念を知らずと
のパターン、あらかじめ細工された服の生地
も、葉っぱの網状脈があたかも樹の枝のよう
による染みのパターンである。首飾りは溶け
に広がり、その込み入った維管束が樹木の
て無くなった時、その存在を服の上のパター
寄り添う森を想起させることに、植物世界を
ンに移して、より存 在感を増す。テーマの
包含する生命形態の連鎖を直観したことだろ
dress ink は、インクのアクセサリーを身に
う。葉脈の形状はまた陽光にかざした手の
つけること、インクの服を着ること、アクセ
平の血管のようであり、紙幣の透かし絵、民
サリーのインクで服を飾りつけること、など
話の中の小判へと観念連 鎖していく。この
複数の仕掛けが意図されている。仕掛けを
作品は、葉脈の構造と出会った時に感じた
実現するための色彩や形は洗練され、造形
驚きと、なぜそれを美しいと感じたのか、そ
の完成度は高い。
ういう感覚のきらめきを極めて精巧な「かた
ち」として提示している。
5
5. 水景(山本 江里)
水辺の景色の美しさを探ることがこの制作
の出発点だった。海の波の遠景、近景とそ
れらの画像処理による実験を通した、波の
写真のシリーズは光をともなう造形として波
を見る視点を提示した。この視点は、次に、
3
波と共通する造 形の特 徴があるものとして
海岸の砂の小さな起伏のパターンや風紋の
2
写真へと繋がった。波と砂浜の起伏を同時
に提示する視点は興味深い。最後に、制作
は、
「水景」として提 示された川に映る周囲
1
4. Ex-formation T OK YO
の景色とその変化に辿りついた。川に映っ
東京おかき(松本 菜摘)
た景色は、波の大小、時刻による明暗によっ
「柿の種」のおかきを「人」に見立てた着想
1. ひらがなの姿(島﨑 碧)
がまず面白い。左右比対称に細長いかたち
本 作は、
「 女手」とも呼 ば れる流 麗な曲 線
は歯ごたえがよく、歯ごたえの異なる落花生
が 魅 力のひらがなを使 い、 女 性の所 作を
を一定の比率で混入させることで人気となり、
表現した 8 つの言葉を立体にした作品であ
日本の生活によく浸透している。ぎっしり詰
る。ひらがなは、紙の上から下へ続く、
「書
まった「柿の種」の袋は、米のようでもあり、
く」行為における自然な身体の動きの足 跡
日本の風物の一角を成しているといっても大
がそのまま文字の形になっている。ひらが
げさではないかもしれない。その「柿の種」
なの流れるような曲線に美しさを感じるのは、
を「人」に置き換えた点が秀逸なのは、同じ
文字の背景に身体性が見えるからだ。また、
ようでいながらひとつひとつ異なる「おかき」
文字は特定の羅列において言葉として意味
が袋に詰め込まれたイメージと、世界最大の
を生じる。ひらがなの流麗な線は、女性の
都市圏に人がひしめく様子が自然に重なって
所作を感じさせる言葉と組み合わせることに
くるからであろう。その着想をどこまでイメー
よって、意味と形が一体となった美しさを持
ジ通り実現するかが松本菜摘のクリアすべき
たせられるのではないだろうか。ひらがな
課題であった。行列や輪、ピーナツとのコン
が立体になることによって、新しい美しさと、
ビネーションや単体、あるいはぎっしりの袋
ひらがなの変わらぬ美しさを持つ彫刻が生
詰めなど、包装形態を工夫した「比喩」のバ
まれたのである。
ラエティもそれなりに頷ける。
4
て変化するのだが、制作はこれらの微妙な
バランスの上に成立している。また、
「水景」
では、多くの視点からの撮影結果が繋ぎ合
わされており、とても複雑な構成になってい
る。この点において、
「水景」は、一連の制
作の到達点になっているということができる。
Information
2. ノーテーション[デザイン演習 Il ]
人間や環 境に対するヴィジョンを更 新する。
人間は、言 語表現を超えた情 報を記 述し、
対象の構造やシステムをより直観的に把握す
るために、地図や設計図、楽譜や舞踏譜な
どの図的表現を創出した。ノーテーションと
は、それら直観的な図的表現を指す。掲載
作品は、生物の寿命を記譜したもの。世界
中の膨大な量の情報を選択・編集し、新た
な座標の中でそれらを再構築することにより、
それまで見えてこなかった知を生成する。
3
2
色彩論 I
色彩にとって光は本質的である。その光=
1
色彩が見える様相は多様だ。たとえば、ス
トロボの光、 太 陽、 虹、 朝焼けの雲や空、
りん光、暗い行灯などがある。また、色は
インフォメーションは、ヴィジュアルコミュニケー
があります。デザインする時、既にあるデザイン
ション、プロダクト環境とともに基礎デザイン学
を再生産するのであれば、その情報を見つける
科の教育プログラムの軸です。インフォメーショ
ことは容易です。お手本を見ればよいからです。
が残像である。これら様々な光の現象を体
ンは、コンピュータを使うことやメディアや S NS
けれども、デザインを刷新するとき、そのお手
験・理解し、再構成を行う。
上の表現やアプリを作ることと同じではないし、
本や情報はまだどこにもありません。デザインを
3. 太陽残像
またデザインするために情報を集めることでもあ
導いてくれる科学、デザインの足場を再確認さ
りません。正確には、それらもインフォメーショ
せてくれる科学、自然科学ばかりでなく人間科
残像の観察に基づいて、太陽を再構成する。
ンの内容の一部には違いありませんが、別の意
学や社会科学も含めて、それらと連携して、人
4. 光の表出
味も含んでいます。
間や環境に対するヴィジョンを更新することが
光の色を絵具で再現することは難しい。この
情報(インフォメーション)を鍵にしてデザイン現
できる地平に立ってデザインしていくことがイン
象を捉えて、制作することは重要です。例えば、
フォメーションの軸です。
人間の外側の世界にあると同時に、人間の
4
激を取り去った後に色が(心に)見える現象
強い光の残像は、いろいろな色が交代して
現れるように見える。この課題では、太陽の
課題では、さまざまな光の特徴を捉え、そ
の表現を行う。
5. トランスペアレンシー
情報と色や形を繋げれば、形態論、色彩論と言
この課題では光の混色(加法混色)と、絵具
の混色(減 法混色)の原理を利用し、色 彩
う、色や形についての思想、科学、美術を統合し
て、色や形を認識する地平、創造する地平が拓
かれます。この他にも、情報とヴィジュアルコミュ
ニケーション、情報とプロダクト環境、さらに情
報と環境、情報と生命を繋いでいかないとデザ
インができない程、現代のデザインは複雑であ
り、高度な社会関係の中にあります。
基礎デザイン学の教育の中でインフォメーション
は、
「インフォメーション理論」とくくられること
内側にある。ある色の刺激を見て、その刺
構成を行う。
1. テクストインフォメーション
5
[デザイン演習 Id ]
6. 色彩論 II | material / color
様々な要素によって織りなされた、テクスト
色彩論 I で探 究した色彩の様相をさらに発
としての街の構 造を見つけ出し、再び 街を
展させ、形や素材との関係で様々に変容す
記述する。生物の「生態」を分析するように
る色彩の現象性を探る。この課題では、身
環境に蠢くヒト + モノ + コトの関係性を改め
近な素材(自然 物・人 工物を問わず)が 持
て発掘していく課題である。写真は、目線
つ色の特 性を分析し、色 彩の構成を行う。
の動きを可視化したインタラクティブな作品。
素材の成り立ちを同時に考えることにより、
見ているものに手を当てると、その場所に興
物質と色・物性と色についての考察を行う。
味を持ったとみなされ、その部分にピントが
平面だけではない、空間や時間との関係にお
合うようになっている。
いて変容する色彩の豊富な様態も見えてくる。
6
Visual Communication
潜在している可能 性を、可視化すること。
ヴィジュアルコミュニケーションには独創性が重
要ですが、それは必ずしも誰も見たことがない
荒唐無稽なヴィジュアルを強引にひねり出すとい
うことではありません。むしろ、誰もが既に知っ
ている事柄を、あらためて新鮮に捉え直すような
ものの見方を獲得することで、自然に発露されて
くる力なのです。
イメージの資源は、人々の頭の中に既に蓄積さ
2
れている記憶です。経験によって人々の頭の中に
蓄えられてきた膨大な記憶こそ、最もアクティブ
なイマジネーションの鉱脈なのです。意外性のあ
る角度から刺激されることで、蓄積された記憶
相互に新鮮な連携や融合が起こり、生き生きと
したイメージや共感が生成されてきます。
そういう意味では、冷静な観察力や洞察力こそ
重要で、そこにのびのびと闊達な表現や合理的
な定着方法が掛け合わされることで、優れたヴィ
ジュアルコミュニケーションが生まれます。
ヴィジュアルデザインの役割は、潜在している可
能性を、可視化することでもあります。社会や世
界の中に潜在し、可能性の領域にとどまってい
るものを、説得力のあるイメージとしてヴィジュア
ライズすることで、人々を動かしていく期待や希
求が強く湧き上がってくるのです。
ポスト工業化する日本の産業状況の中で「価値」
を生み出していく局面で機能するデザインとして、
ヴィジュアルコミュニケーションはより大きな役割
5
を担っていくと考えられます。
タイポグラフィ研究 a
タイポグラフィを広義の意味でとらえ、空間
のなかでのポイエーシスの生成をめざす。音
楽のリズムや旋律、拍子を、文字組 版、空
間構成へと拡張する。
ヴィジュアルコミュニケーション
3. typography in a space
[デザイン演習 I m ]
ある曲を、 指 定された詩を用い箱という 3
1. C AB BAGE
次元 空間に構成する。曲の「空間」を視覚
「 CABBAGE」または「 cabbage」という文
化することを試みる。
字とともに、最小の表現で「キャベツ」を表
現し、画面の中に定着させる。静止画の象
4. typography in a book
徴性と言語記号としての文字との相関、そし
自ら書いた詩によって「本」という四次元空
て限定された空間の余白や緊張感について
間を表現した。本は、頁をめくる行為によっ
も同時に考察を深める。
て積層された疑似立体、さらに流動する時
間を生む仮想空間となる。
2. 生物園
架空の「生物園」を構想し、ヴィジュアルア
5. typography in a poster
4
イデンティティを展開していく。マークやロ
Oskar Schlemmer の「 トリアディッシュ・
ゴのみならず、それらがどのように適用され
バ レ エ( Das Triadische Ballett )」の 3 幕
ることで効果を発するかを体 感する。一連
のうちひとつを選び、その演目から受けた
の作業を通して、アイデンティフィケーショ
ンに関する理解と考察を深めていく。
1
印象をもとに詩を自作し、 その文 字と点・
3
線・面によってポスターに再表現する。
Product Environment
2. シナジェティクス[デザイン演習 Ib]
デザインによって世の中との関わりがはじまる。
黄金 比、フラクタル、 螺 旋、 音 や 光のスペ
クトル、 極 小曲面や 雪の結晶、 空間充 填、
準結晶、そしてシナジェティクスなど、自然
が採用している構造や数理的な秩序、法則
を学ぶ。造形を志す者は、個の感性に頼る
だけでなく、自然科 学の知見への目配りも
必要である。自然の「かたち」は、未知の造
形を示唆している。写真は紙によるジオデ
シックタイプのドーム。最小の部材で最大限
の容積を得る手法をワークショップ形式で体
得していく。
3
2
1
道具からは、その暮らしぶりを見ることが出来
見ぬそれらの問題に対して、さまざまな技術や
共に学び、新しい自分をみつけましょう。これま
ます。そして、そこに込められた作り手の創意と
テクノロジー、多様なジャンルの専門知識や学問、
での自分が言葉を使って人との関わりを持ってき
工夫は、人の営みを充実させ幸せをシェアする
それらの壁を乗りこえて繋ぎあわせる役割もデザ
たように、デザインによって世の中との関わりが
ために考えられています。モノに限らず人とそれ
インの重要な機能です。それはデザインがいつ
はじまるのです。
を取り巻く環境に対して、より良い方法を探し実
も人に近く、有機体のように多くの事象と緊密に
践することも、同じ思考のなかで執り行われます。
関連し、人と環境に背かないソリューションであ
そのようにデザインは「人が人らしく生きるため
るからです。
の知恵」であり、それを探し続けることがまたデ
未来を見据え問題の正しい解に近づくために、
ザインなのです。
表現技術や手法を学ぶだけではなく、デザイン
私たちの未来には、これまで経験したことのな
を元から考え問い続ける力を養うこと、それが
い種類の問題が待ち構えているでしょう。まだ
基礎デザイン学科の目的と考えます。デザインを
3. 表示方法論 III
暮らしの中で関わってきた日用品を題材にカ
タチの成り立ちを理解し、表現、伝 達する
ための基本的な技術を習得する。手を動か
しながら、立体物の構成を正確に把握する
ことで、使う立場では見えなかった、作るた
めの立体把握力を養う。
1. 形態論 II |紐(ひも)
ものがもっている意味や性質を見出し、作
4. プロダクト材料演習
品を 制 作 する。 紐は沢 山の機 能 や 性 質を
身の回りのモノの性質を改めて認識し、材
もっている。その性質から、形態が生まれ
料と方法論の両方からアプローチを試みる。
てきたり、何か別のものを連想したりする。
「木」
「プラスチック」
「金属」の 3 つの素材を
よく知られた身近なものにほど、沢山の意味
用いて 3 つ立体を制作する。それぞれの素
や人の共通する概念が含まれていることがわ
材の特性を把握し、またそれに応じた加工
かる。創作とは知っていて気付いていないそ
方法を体験しながら、質感の違いや美しさ
のものの性質を知る行為である。
を立体として表現する。
4
専任教員紹介
右手には右手の仕事、
基礎デザイン学の「基礎」には
デザインのはじまりは、
生命と響きあう何か。
映 像という分野は一歩目の段 階。
デザインの視点を学び、
現状を生かし、
左手には左手の仕事を。
別な意味がある。
つくる喜びから。
新たな社会を予感させる何か。
二歩目を踏み出すのはみなさんだ。
デザインの芯を形成する。
育て、使い続けるデザイン。
原 研哉
小林 昭世
柴田 文江
板東 孝明
菱川 勢一
宮島 慎吾
吉田 愼悟
コミュニケーションデザイン / デザイン学
デザイン学 / 記号学
プロダクトデザイン
タイポグラフィ / シナジェティクス
モーションデザイン
プロダクトプランニング / デザイン
色彩計画
自分とはどんな可能性であるかを見つめ
基礎デザイン学科は、基礎的なこと、つ
つくるということはこれまでの経験から
点線で、いまだ見ぬ「かたち」を描き、こ
デザインには明確な答えがあるようであり
あらゆる分野で必要性が求められている
デザイナーは、日々、美しい製品や魅力的
てください。オリジナルな部分はどこに
まり今以上に高いレベルで実践や研究な
得られたことを、別の次元で何かに投影
れがデザインだ!と主張する。人は嘲笑
ません。きっとものの本質を探究したい
デザインは、今日の多様な社会に秩序
な広告をつくり出しています。このような仕
あるのか、成長していく可能性はどのく
どを行うために、デザインについての認
するものです。自分だけの喜びや感 動
するかもしれない。見向きもしないかもし
と思ったその瞬間からデザインというもの
と美しさを提供する指命を担っています。
事は今後も必要とされるでしょうが、真に
らいあるのか。美術大学とは、社会や世
識を絶えず問い直し、変革していくこと
だったことが、誰とでも共有できること
れない。しかしその「かたち」が生命と響
へ導かれていて、その答えはあなたの考
そのための最適なデザイニングシステムと
快適な暮らしを実現するためには、過剰な
界の次のかたちを、独創的に問いかけ提
です。たとえば、基 礎デザイン学科 教
に変化してゆく、そこにデザインの楽しさ
きあう何か、あるべき社会の姿を予感さ
えの中にしかありません。楽しくて、豊
して、既成概念や領域にとらわれない視
モノや情報を整理する必要もあります。基
案できるやわらかな頭脳と感性を育む場
育プログラムにある知覚や脳研究の成果、
があると考えます。自分自身を拡張して
せる何かを宿しているとしたら、やがて
かなものを探るこのデザインという旅から
点を学び、実行するための芯となる思考
礎デザイン学は、様々なデザイン領域の関
所です。デザインを通して、自分を発見
言語研究の成果、物理等からの形状や
大勢の喜びとつながること、まずはその
その点線はリアルに立ちあらわれ、人々
教わることは、きっとかけがえのないも
や技術を身につけてください。
係性を調整して、秩序ある社会環境をつく
してください。
色彩研究の成果等は、デザインを問い直
つくることの素晴しさを実感してほしい
は、自分たちが待ち望んでいた「かたち」
のになることでしょう。
日常をとらえ直す視点や、潜在する問題を可視
すためにとても刺激的です。
と思います。
だと知るでしょう。
90 年 代にニューヨークにてミュージックビデオ
ザイン研 究 所を経て、86 年に(有)ケイ・プロ
武蔵野美術大学大学院造形研究科(修士)修了。
エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器、
武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒。主な作品
や CM の演出・編集を手がけ帰国後、デザイン
ジェクトを設立。主な仕事として、流通小売業
専門は、ユーザーが人工物に接するときの体験、
ホテルのトータルディレクションまで、インダスト
に、リートフェルト、ミース、桂離宮のグラフィッ
スタジオ「ドローイングアンドマニュアル」を設
におけるブランド開発及び商品開発(西武百貨
操作の了解、誤使用や誤操作、人工物に対する
リアルデザインを軸に幅広い領域で活動をして
ク、
「Kieler Woche 1996」VI( ド イツ ) な ど。
立。モーショングラフィックスの分野では第一人
店、西友等)。地域産業におけるブランド開発及
イメージ形成などの知識を情報デザイン、製品デ
いる。代表的な作品に、無印良品「体にフィット
98 年吉野川可動堰建設計画に対する住民投票
者として CI や VI などの数々の実績を重ね、数
び商品開発。北海道 / オホーツクの木工商品・
ザインに役立てる研究「デザインナレッジ」、そし
するソファ」/ オムロン「けんおんくん」/ カプセル
に代表世話人として参加。01 年よりシナジェティ
多くの企業やブランドのモーションロゴ、ドラマ
十勝のバッグ、地域ブランド「キレイマメ」、埼玉
て、20 世紀はじめにヨーロッパで展開するデザイ
ホテル「9h ( ナインアワーズ )」/ JR 東日本ウォー
クス理論による軽量多面体構造の研究開発。04
や映画のオープニング映像を手がけている。映
県 / 埼玉の新日本酒ブランド・高齢者の衣料品、
ン概念、関連する形態、機能などの概念の成立
タービジネス「次世代自販機」/ 包丁「包丁工房タ
年より LED イルミネーション「光マンダラドーム」
像ディレクター、 Web ディレクター、アートディレ
宮城県 / 間抜材の利用展開・日本酒グラス、滋
と発展を歴史を踏まえて検証する研究。
ダフサ」/ 木のおもちゃ「buchi 」などがある。毎
を 制作し、 国内外にて展 示してきた。0 7 年よ
クター、フォトグラファーなど多彩な肩書きをも
賀県 / 陶器の新領域商品等多数。さらに大学で
日デザイン賞、グッドデザイン賞金賞、ドイツ i F
り竹による球体構造の開発を行い、11 年インド
つ。代表作は大河ドラマ「功名が辻」オープニン
の活動として、多数の産学共同プロジェクト、そ
デザイン賞金賞、ドイツ red dot design award
ネシア・バンドン工科大学にて在外研究期間に、
グ映像、 NHK ドラマ「坂の上の雲」アートディ
して現代 GP「いわむろのみらい創生プロジェク
賞など多数受賞。著書『あるカタチの内側にある、
バンブーシェルターのプロトタイプを完成。13 年
レクション、イッセイミヤケ「 132 5. FLAT」アー
ト」、
「EDS 竹デザインプロジェクト」及び「わら
トディレクション、 NTT ドコモ「森の木琴」CM
アート」
( 新潟市、瀬戸内国際芸術祭、愛媛県西
ディレクションなど。
予市)を推進。
化していく姿勢からデザインを展開。活動を象
徴 する 展 覧 会 に「RE-DESIGN 日 常 の 21 世
紀(
」2000)、
「HAPTIC- 五 感の覚 醒 」
(2004)、
「 S E N S E WA R E 」
( 2 0 0 7/2 0 0 9 )、
「H OUSE
VISION 」
( 2013)、
「 SUBTLE (
」 2014)等があ
る。近年の仕事は、無印良品や蔦屋書店のアー
トディレクションなど。主著の『デザインのデザイ
ン』
( 岩波書店)
『
、白』
( 中央公論新社)
、
『日本のデ
ザイン』
( 岩波新書)は多言語に翻訳され世界に
読者を持つ。毎日デザイン賞、東京 AD C グラ
ンプリ、亀倉雄策賞、原弘賞、日本文化デザイ
ン賞などの他、著書『デザインのデザイン』でサ
ントリー学芸賞を受賞。2011 年から 12 年にかけ
もうひとつのカタチ』
( ADP )。
「竹民具」展および竹ドーム制作を通して「デザイ
ンの原像」を探る。
武 蔵野美術大学卒業。GK インダストリアルデ
り出すための学問でもあります。
武蔵野美術大学卒業。向井周太郎デザイン研究
室勤務の後渡仏し、著名なカラリスト、ジャン・
フィリップ・ランクロに色彩計画を学ぶ。その後、
日本で「環境色彩デザイン」を提唱し、地域の景
観形成を推進した。現在は基礎デザイン学科で
色彩を軸とした教育に関わりつつ、日本やアジア
の多くの環境色彩計画に携わっている。また山
梨県、静岡県、佐賀県、横 須賀市、上 越市等
数多くの自治体の景観アドバイザーを務めている。
最近では地域の個性を活かしたまちづくりを推
進するために、地域の住民と協働のデザインを
進めることも多い。著書に『都市と色彩』『まち
の色をつくる』『景観法を活用するための環境色
彩計画』等がある。
て北京、上海で大規模な個展を巡回。
NTT ドコモ「森の木琴」|菱川 勢一
オムロン「けんおんくん」|柴田 文江
わらアート|宮島 慎吾
竹尾ペーパーショウ 2014「 SUBTLE」
|原 研哉
竹によるドーム構造|板東 孝明
『武蔵野美術 No.111』「バウハウスとウルム」|小林 昭世
公園内施設の環境色彩ガイドライン|吉田 愼吾
武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科
187-8505
東京都小平市小川町 1-736
14 0614 4000
tel 042-342-6068
fax 042-342-5181
http://www.kisode.com
kisode@musabi.ac.jp
表紙作品:形態論 II