日医標準レセプトソフト要望対応状況【受付番号順】H26年10月1日

日医標準レセプトソフト要望対応状況【受付番号順】H26年10月1日~H26年11月16日
*検討結果等についての詳細なお問い合わせは、in[email protected] へお願いします。
*要望内容が操作に関するご質問であった、削除依頼があった等の理由により、受付番号には欠番があります。
*受付番号を基準として一週間毎にまとめた上で、降順記載を行っています。
*検討結果が前回より変更になった項目は、検討結果に色をつけています。
H26年11月10日~H26年11月16日
No. 受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
1
検査項目を入力する際、たとえばT-Bil・TP・Alb・BUN・CREを入力し、その下にGH・FSH・LHその下にUA・ALP・ChE・TG・Glu
を入力した場合、外来の診療行為入力では、生化1はまとまってまるめ10項目117点で算定されますが、外来まとめ入力や
2014/11/10 20141110-001
対応なし
入院診療行為入力の場合はまとまらず、それぞれまるめ5項目93点ずつ分かれて算定されてしまいます。外来まとめ入力や
入院診療行為の場合も外来診療行為と同様、自動でまとまるようご対応をお願いいたします。
2
関連施設に入所中の患者様に対して、「外来月別請求書」を発行しています。その際、同月内の来院日、その日の窓口会計
金額の内訳も必要とのことで、「支払証明書」を添付して、請求書を提出しています。今回、厚生支局の監査があり、その
際、支払証明書の控えがない旨、指摘を受けたそうです。本来の目的であれば、「外来月別請求書」に支払証明書のような
2014/11/11 20141111-001
対応なし
内容の内訳明細があり、同帳票の1枚用紙2分割で本書・控えというように出力することも可能であれば、月次統計ですべて
が対処できるかと思います。「外来月別請求書」については、患者登録の状態区分を活用して、患者照会で対象者抽出、月
次統計で取込して出力できて便利なので、内訳明細についても対応してほしいです。
3
検査項目に対するレセプトコメント自動記載ですが、現在、以下3項目のみになっておりますが、追加してほしい検査があり
ます。検査実施日がないために返戻になった為。ぜひ検査項目を追加できる機能を追加していただきたいです。BNP、NT2014/11/11 20141111-002 proBNP、ANP 上記検査項目については、以下例のようにレセプトへのコメントが自動的に記載されます。*内分泌学的検査 対応なし
(○項目) BNP 検査実施○○日 上記に追加して、160184450 酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ(TRACP?5b)について
はも、追加して頂きたい。返戻対象になってしまったと報告を受けております。
4
自費0円マスタの金額をORCAで直接入力した場合、7桁で制限がかかりますが、CLAIM送信にて数量(7桁)を送信した
場合は、5桁までしか許可されません。例えば、自費で1234567を送信すると、項目は取り込まれますが、数量の桁数は
2014/11/12 20141112-001 下5桁が取り込まれ、34567なってしまいます。ORCAで直接入力した場合と同様に、7桁まで送信できるようにしていただ 検討中
けないでしょうか。医療機関様の自費金額が高額の為、1会計時に9999999円を超えると診療行為画面では入力は可能
のようですが、会計には反映されません。制限をなくしていただけますでしょうか。
5
休日急患診療所では、勤務医の先生を招聘する機会が増加しています。勤務医の先生は力価処方に慣れているため、力
価入力への対応が求められています。これまで力価入力設定をほとんど終了しましたが、3%散のタミフルについて困った問
題が起きています。具体的には以下の内容です。タミフルは力価30mgで製剤量1gの設定です。換算数量単位 032 mg 換
2014/11/12 20141112-002
対応なし
算値 0.03334で設定します。入力時数量を30aとすると数量・点数に 1.0002g と表示されてしまいます。換算値を 0.03333
としても端数が出ることには変わりありません。通常処方は小数点以下2桁までで指示します。小数点以下設定を設けるな
り、換算値指示方式を改めるなり、早急な改善をお願いしたく存じます。
1 / 9 ページ
実装時期
2014/11/25
日医標準レセプトソフト要望対応状況【受付番号順】H26年10月1日~H26年11月16日
No.
受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
6
システム管理の診療科設定では2ケタの数字、つまり99科まで設定できるのですが、環境設定や、診療行為入力画面では
40科までしか表示されません。一診療科、一先生という体制で運営されている医療機関様なので、40以上診療科が表示さ
2014/11/12 20141112-003
検討中
れないと運営上少し不具合が生じます。診療科自体は設定できるので、表示できるようにしていただきたくご連絡いたしまし
た。
7
茨城県の医療福祉制度では診療実日数を伴わない患者負担額は算定しない事になっております。現在日レセでは検査の
みなど限定した行為については負担額なしになりますが全ての診療行為に対して負担額なしになるわけではありません。以
2014/11/13 20141113-002 前問い合わせを行ったところ099409905のコードを入力する様ご指導頂きましたが診療内容によって入力を変えるのはミス 対応なし
に繋がりますのですべての診療行為に対して実日数を伴わない場合は負担額を発生しないようご検討下さい。国保連合会
様からの資料は地域公費窓口へ提出済みです。
8
6月頃より、重度心身障害者の請求書について対応していただき、ありがとうございます。設定や対応内容を確認していく中
で、ユーザー様の運用と合わない為改修をお願いしたい点がございましたので、ご連絡させていただきました。ユーザー様
がオンライン請求やCD請求するにあたり、Windowsクライアントにてクライアント保存の機能を使用し、Windows端末内にレセ
電ファイルを作成しているユーザー様が大変多く存在しております。また、ORCAサーバーでrecedenファイル作成する場合、
例えば、/home/orcauser/receden/和暦診療年月/kokuho/RECEIPTC.UKEなど、診療年月で分けた上で社保と国保にさら
に分けるなどの運用をされています。現状の1910プログラムオプションのseikyu1905の「RECEDENPATH」では、パスを1つし
か指定できず、複写式電子レセプトを作成するたびに、プログラムオプションのパス設定を変更するか、一旦国保のレセ電
データをパス設定で指定したフォルダに入れて国保の複写式電子レセプトを作成し、いつも使用していた保険別などのフォ
ルダにレセ電データをコピーし、社保のレセ電データをパス設定で指定したフォルダに上書きして社保の複写式レセプトを作
2014/11/13 20141113-003 成後、いつも使用していた保険別などのフォルダにレセ電データをコピーというような手順となります。履歴保存データを使 対応なし
用する場合についても、レセ電ファイルを「3 システム管理設定場所(フロッピィ用)」または「4 システム管理設定場所(MO
用)」でレセ電データ作成しない履歴保存されない為、/home/orca内に履歴保存してから再度クライアント保存というような
手順となります。どちらも処理が煩雑となり、手順に抜けが発生する可能性も高くなるため、正しいファイルで請求できない事
例が発生する可能性が高くなります。
・パスを改行して複数指定できるようにする
・パスのうちたとえば/home/orcauser/receden/和暦診療年月/kokuho/RECEIPTC.UKEの場合は
/home/orcauser/receden/ まで指定すればその下のフォルダは指定不要となるようにする
・公費CSVの処理時にその都度参照するレセ電ファイルを選択できるようにし、選択したファイルがあるフォルダ内に公費
CSVが作成されるようにする等の対応をお願いできないでしょうか。
9
診療行為の入力画面でリアルタイムデータチェックができるようにできませんか?たとえば診療行為確認画面に41データ
2014/11/14 20141114-001 チェックの個別チェック機能ボタンをつけて、現在表示している患者をチェックしてくる様していただきたいです。ORCAデモ
や導入指導の中で、他メーカーレセコンではリアルタイムチェックができていて、その機能がほしいとの事です。
実装時期
対応なし
検査ですが、D002尿沈渣(鏡検法)D017排泄物、滲出物又は分泌物の細菌顕微鏡検査上記検査は同一検体について併せ
10 2014/11/14 20141114-002 て行った場合主たる検査の所定点数のみ算定するかと思いますが、この検査を同時に入力した際に警告が出るようになり 検討中
ませんでしょうか?
2 / 9 ページ
2014/11/25
日医標準レセプトソフト要望対応状況【受付番号順】H26年10月1日~H26年11月16日
No.
受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
実装時期
保険組み合わせで「自費」と「医保」の組み合わせがある患者様で、病名登録画面から、コメント登録を行うために、コメント
ボタンをクリックした場合に、コメント登録画面での保険組み合わせが「自費」の組み合わせになってしまいます。会計照会画
11 2014/11/14 20141114-003 面からのコメント登録では、「医保」の組み合わせが初期表示されるようですが、「自費」ではコメント入力を行う必要がない 対応なし
ので、病名登録画面からコメント登録を行うときでも、会計照会画面からの遷移と同じように「医保」が初期表示されるように
修正していただくか、自費の組み合わせが表示されないように修正していただけないでしょうか?
H26年11月3日~H26年11月9日
No. 受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
1
2014/11/4 20141104-001
在宅 別紙様式14対応コメントの、099140011 訪問診療にかかる記録書・099140012 診療人数合計、のマスタですが。公害
検討中
保険にて入力を行なっても、公害レセプトに印字されません。公害レセにも使用できるよう対応していただけますでしょうか。
2
2014/11/5 20141105-001
自立支援の精神通院と生活保護併用の場合において、生活保護にて薬剤のみを処方した際、院外処方だとレセプトの公費
対応なし
の欄に生活保護の情報が記載されない。突合点検の為、記載するよう指摘があったため対応してほしい。
3
会計照会の「剤変更」について、追加をしたい診療区分が一剤に限られており、修正できるのに限りがある。再診料しか算
2014/11/5 20141105-002 定されていない場合にも、処置や検査が追加できるようにしてほしい。他社のレセコンでは可能なので、それが出来るともっ 対応なし
と便利。
4
2014/11/5 20141105-003
会計照会の「コメント」は、レセ電作成時に出力される症状詳記に記載されますが、レセプト摘要欄にも記載がされます。二
重での掲載にならないように、レセプトには記載せず、症状詳記にだけ記載させる項目を追加してほしい
対応なし
5
2014/11/7 20141107-001
自費の保険で「回-負担割合」を”108”で設定した場合、領収書右上の「負担割合」が”0.8割”と印字されてしまいます。表示
しきれない場合は、印字しないか正しい印字をしていただくよう対応お願いいたします。
26年度実装予定
6
現在、システム管理マスタの[1030 帳票編集区分情報]の「後発医薬品への変更可署名」を[2 変更可(点数マスタ)]に設定し
ており、変更不可の場合は、薬品の下の行に【後発変更不可】を入力しています。患者様の中には、全ての医薬品が変更不
2014/11/7 20141107-002 可の場合がありますが、その場合も薬品1つ1つに【後発変更不可】の入力をしないといけないので、患者様の会計をお待 実装予定
たせしております。以前、使用していたメーカー製のレセコンでは、処方箋全体が後発変更不可になる入力コードが存在して
いたとの事です。ORCAでも上記の機能を追加して頂きたく存じます。
7
2014/11/7 20141107-004
診療行為の画面にて初診を再診に変更して中途終了から登録をしても、診療行為を展開し直すと初診に戻ってしまうため、
対応済み
再診で展開されるようにしてほしい。
8
2014/11/7 20141107-005
20070910-002と同じ内容となりますが労災の二次健康診断の対応をお願い致します。二次健康診断についてはオルカ未対
検討中
応ということで、入金の管理をされる医療機関様には自費保険を使用し、自費コードにて金額を入力していただいています。
9
2014/11/7 20141107-006
20140904-003と同じ内容になります。労災で地域包括ケア入院医療管理料を算定している患者の運動器リハが包括となっ
検討中
ていないと医療機関様よりお問い合わせがありました。包括コードを手入力していただいています。
10
2014/11/7 20141107-007 薬剤に対してもチェックマスタの「B 診療行為の併用算定(同会計内)」に登録できるようにしてほしいとのことです。
3 / 9 ページ
実装時期
26年10月
パッチ
対応なし
2014/11/25
日医標準レセプトソフト要望対応状況【受付番号順】H26年10月1日~H26年11月16日
No.
11
受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
65才誕生日より、国保から後期高齢者への保険変更について昭和24年10月27日生の64歳、保険証は
国民健康保険010082 平成26年10月26日迄有効
重度心身障害者 0083 平成26年10月26日迄有効
をお持ちの患者様が9月より入院中でございました。こちらの診療所は、”有床診療所療養病床入院基本料”を算定しており
ます。ところが、誕生日後(65歳)新しい保険証をお持ちされたのですがどちらの保険証の有効開始も、平成26年10月27
日からで
後期高齢者 39012083 平成27年7月31日迄有効
重度心身障害者 0083 平成27年7月31日迄有効
でした。平成26年10月分の入院レセプトを入力、月途中で保険証が変更されていましたので、”入退院登録”画面での”08
転科転棟転室”にて異動日を平成26年10月27日で入力を行ないましたが保険組合せでは、後期高齢者 障害者初有(3
2014/11/7 20141107-008
検討中
9012083)の表示がされますが、入院料選択では、65才となりましたので本来有床診療所療養病床入院基本料(生活療
養)の選択ができなく有床診療所療養病床入院基本料のままとなります。ちなみにですが、、”入退院登録”画面での”08
転科転棟転室”にて異動日を平成26年11月1日で入力を行ないますと、入院料選択では、有床診療所療養病床入院基本
料(生活療養)の選択表示がされました。北海道国保連合会に電話で問い合わせを致しましてこの患者様の有効期限開始
が65歳の誕生日10月27日からなのか?65歳での後期高齢者(障害者初有)ですが、誕生日より有床診療所療養病床入
院基本料(生活療養)の入院料となるのか聞いたところ65歳?74歳までの障害者の方については申請日により有効期間が
変わりますので、翌月1日からとなる方もいれば誕生日からの方もいます。この患者様は確認したところ、誕生日から後期高
齢者の保険で間違いはない。また65歳で後期高齢者保険になれば有床診療所療養病床入院基本料(生活療養)にならな
ければなりません。とのご回答を頂きました。65歳からの後期高齢者の月途中からの有効期限に変わった場合入院基本料
も保険証に合わせた形で登録ができるようお願い致します。
H26年10月27日~H26年11月2日
No. 受付日付
受付番号
要望内容
収納登録画面の請求一覧に現在、診療日ごとの請求金額、入金額の表示はありますが、点数も再掲して欲しい。また、平
成○○年○月請求額計に1月の総点数も再掲して頂きたいとのご要望でした。
検討結果
1
2014/10/31 20141031-001
2
第三者行為現物給付の初期値設定について10月27日に給付対象対象とするか対象外とするかの登録ができるようになり
有難うございました。そこで、当該医療機関については、基本全てが対象となります。 デフォルト値が1対象外になってお
2014/10/31 20141031-002
検討中
り、都度変更をしなければなりませんので、システム管理マスタ設定等にて初期値を2現物給付対象 等初期値設定ができ
るようにして頂きたくお願い申し上げます。
3
入院の診療行為を入力して登録を1回押した後の「診療行為確認」画面から、当月の合計点数・金額を簡単に確認できるよ
2014/10/31 20141031-003 うにしていただけないでしょうか?「診療行為確認」画面に該当月の合計点数・金額の表示枠を追加するか、「退院時仮計 対応なし
算」のファンクションキーを追加する等、なるべく画面遷移が少なく済むようにしてほしいです。
4
オンラインにて労災請求を行なっている医療機関様からの要望ですが、診療行為で「労災電子化加算」を毎回手動で入力す
るのは面倒なため、システム管理マスタ等にて、労災オンライン請求を行なっている等のフラグならびに「労災電子化加算」
2014/10/31 20141031-004
検討中
を自動算定するの設定フラグ等を設けて、労災保険を選択した場合には、自動算定できるようにしてほしい要望がありま
す。
4 / 9 ページ
実装時期
実装時期
対応なし
2014/11/25
日医標準レセプトソフト要望対応状況【受付番号順】H26年10月1日~H26年11月16日
No.
5
受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
弊社ユーザ様で外来迅速検体検査加算の自動算定機能を使用しており、「1016外来迅速検体検査加算設定情報」にて「ク
レアチニン(尿)」(コード:160132150)を加算算定対象としていました。しかし先日、支払基金鹿児島支部より「外来迅速検体
検査加算の算定対象にクレアチニン(尿)は含まれない。告示には検体が尿とは記載していないので、算定できない。あくま
で対象は血液化学検査の中のクレアチニンとなる。」という解釈が示されました。確かに解釈本上は「医科点数表区分番号
D007に掲げる血液化学検査のうち次のもの」として「クレアチニン」と記載されております。ちなみに「血液化学検査」という記
2014/11/2 20141102-001 載があるので、クレアチニン(尿)が当該加算の対象ではない、という正式な記載も通知もないそうです。カルシウム(尿)や 26年度実装予定
尿素窒素(尿)なども同様だそうです。こちらの返答をいただいたのは下記の方ですが、あくまで支払基金本部から厚生労働
省へ照会した結果を弊社までご連絡いただいた方です。この解釈に基づき、「1016外来迅速検査加算設定情報」の登録済
み外来迅速検査項目からクレアチニン(尿)を除外すると、クレアチニン(尿)を算定した同日に他の加算対象検査項目が
あっても検体検査加算が全く算定できなくなる、という動作となってしまいます。クレアチニン(尿)を診療行為で入力していて
も、他の加算対象検査項目を算定しているときには、自動算定できるようにお願いできないでしょうか。
H26年10月20日~H26年10月26日
No. 受付日付
受付番号
1
2
実装時期
要望内容
検討結果
現在A21000H01A4 汎用外来用様式(A4)へのオーバレイ印刷を利用してカルテを印刷されています。毎年カルテ表紙を作
成し直しており、来年のカルテをこの時期に印刷します。その際、国保の有効期限が切れている場合は保険なしでカルテを
2014/10/21 20141021-001 印刷されるのですが、社保レイアウトで印刷されてしまうため困っておられます。過去の修正で社保を優先するようになった 対応なし
のは確認しましたが、プログラムオプションなどでどちらを選択するか設定できるようにはしていただけませんでしょうか?(期
間的に切り替えたいため)
病名登録業務にて病名に「レセプト表示期間」を設定しているが、患者様に登録済みの病名一覧では「レセプト表示期間」は
2014/10/21 20141021-002 右にスライドしないと見れない。患者様病名一覧の各項目の並び順や幅を変更し、記憶されるようにしていただけないでしょ 対応なし
うか。
実装時期
健康保険医療情報総合研究所のPrrismにあわせた形で様式1に取り込まれるCSVファイルの作成はできませんでしょうか。
対応なし
対象とされる人数が多いため、入力作業が非常に煩雑となっています。
3
2014/10/23 20141023-001
4
有床診療所一般病床に10/1~10/2まで入院していったん退院し、10/5より再入院(継続入院)をした場合、「有床診療所一
般病床初期加算(有床診療所入院基本料)」の算定は
10/1~10/2(起算日から1?2日)
10/5~10/9(起算日から3?7日)
2014/10/24 20141024-001 の計7日分算定出来ますが、ORCAの自動算定だと
対応なし
10/1~10/2(起算日から1~2日)
10/5~10/11(再入院日から7日?)
の計9日分算定されてしまいます。上記の例で継続入院時の「有床診療所一般病床初期加算(有床診療所入院基本料)」の
算定が正しくチェックされる様にならないでしょうか。
5
2014/10/24 20141024-002 データチェックのチェック結果の印刷順(表示順)に「点数順」がほしいとの要望が有りました。
5 / 9 ページ
対応なし
2014/11/25
日医標準レセプトソフト要望対応状況【受付番号順】H26年10月1日~H26年11月16日
No.
6
受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
実装時期
【操作】システム管理(1005:診療科目情報)で診療科を42件以上、登録した後、診療行為入力の診療科の選択で43件目以
降がコンボボックスに表示されない為、その診療科を選択することが出来ません。直接コードを入力しましたが選択されませ
2014/10/24 20141024-003 んでした。
検討中
【要望】この選択を可能にして頂けますでしょうか。
【状況】ユーザ様では既に、登録できない状態となっています。早急のご対応を希望致します。
H26年10月13日~H26年10月19日
No. 受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
1
向精神薬多剤投与に関するご要望をいただきました。弊社ユーザーの医療機関様では、向精神薬の多剤投与にかかわる
減算除外の申請を出されたとのことです。その申請が通った医療機関は向精神薬、抗うつ薬に対し減算が適用外となるとの
ことです。(抗不安薬、不眠薬に関しては減算対象となるそうです。)今のORCAの仕様ですと多剤による減算が考えられる場
2014/10/14 20141014-002
対応なし
合、確認メッセージを表示して減算とするかしないかを選択する形ですが、申請をされた医療機関様の場合、毎回メッセージ
が表示されると大変だということでした。向精神薬、抗うつ薬が減算対象外となるような設定を設けていただけると非常に助
かります。
2
ORCAでの自費の消費税算定の際、自費A×消費税+自費B×消費税+自費C×消費税+…のように消費税が計算されてい
2014/10/14 20141014-003 ますが、前に使用していたレセコンでは、(自費A+自費B+自費C+…)×消費税で計算されていたため、前のレセコンとORCA 対応なし
で金額にずれが生じるそうです。前のレセコンと同じ計算方法で計算する設定が可能となるようご対応をお願いいたします。
3
この度、ORCA連携のカルテシステムから出力した「診療録1号の1様式」が厚生局による監査(個別指導)の対象となり、「保
険者名称」「保険者所在地」「事業所名称」「事業所所在地」を記載するように指導を受けました。当カルテシステムでは「診
療録1号の1様式」の患者情報および保険情報はORCAからのClaim送信に依存しています。MMLコンテンツモジュール詳説
によりますと「保険者名称と所在地」「事業所の名称と所在地」はそれぞれ「mmlHi:insuredInfo」「mmlHi:workInfo」にて送られ
ることになっております。サポートセンターに問い合わせたところ、次のような回答がありました。該当エレメント自体が存在し
2014/10/15 20141015-002
検討中
ないあるいは連携項目として必要とされなかったことから仕様となります。
* MMLより最初に頂いたMML Version2.21規格書には、該当エレメントは 存在しません。また、現在の最新の規格書を確認
したところ、エレメントは存在しますが省略可能扱いとなっておりました。本件に関しまして、機能追加として実装を希望される
場合にはお手数おかけいたしますが、下記要望窓口まで改めてご連絡いただけますと幸いです。以上のような回答がありま
した。
4
2014/10/16 20141016-001 氏名検索または照会において、旧姓での患者検索を可能にしていただきますようお願いします。
5
2014/10/16 20141016-002
診療行為別集計表(ORCBG017V01)を保険別に出せるようにしていただけませんでしょうか。労災・自賠責保険等を除いた
対応なし
回数を調べたいとの事です。社会医療法人の医療機関様で必要な集計だそうです。
6
2014/10/16 20141016-003
診療行為別集計表(ORCBG017V01)で合計回数のものも出力できるようにしていただけませんでしょうか。診療科ごとに出
対応なし
たものの一番最後に表示する等でも結構です。診療科が多い場合、合計する作業が手間とのことでした。
7
2014/10/16 20141016-004 診療行為別集計表(ORCBG017V01)で労災・自賠責保険の分だけを出力できるようにしていただけませんでしょうか。
6 / 9 ページ
実装時期
対応なし
対応なし
2014/11/25
日医標準レセプトソフト要望対応状況【受付番号順】H26年10月1日~H26年11月16日
No.
受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
8
細菌培養同定検査を行い、その結果によって細菌薬剤感受性検査を行う場合で、細菌薬剤感受性検査の実施が翌月とな
る場合、前月に細菌培養同定検査実施料と微生物学的検査判断料を算定し、翌月に細菌薬剤感受性検査実施料を算定し
ますが、ORCAでは翌月の細菌薬剤感受性検査に微生物学的検査判断料が自動算定されてしまいます。他社のレセコンで
2014/10/16 20141016-005 は設定によって細菌薬剤感受性検査に対しては判断料が自動算定されないようになっているそうです。以下のような対応を 検討中
要望いたします。
案1:点数マスタに判断料自動算定の有無の設定を設け、初期値は算定有とする(採血料自動算定のようなイメージ)
案2:チェックマスタにて診療行為併算定の月またぎの設定を行えるようにする
9
「各画面で環境設定の日付が確認できるようにしてほしい」との要望を頂きました。もしくは、環境設定の日付とシステム日付
2014/10/17 20141017-001 が異なる場合は画面の色がかわるなどおねがいできないでしょうか。1台の端末を複数人で利用する場合、環境設定の日 対応なし
付を誰かが変更したままの場合、誤った入力の原因となってしまうためです。
実装時期
23収納における一覧表示の設定に関する要望です。画面左上の年月の下に「0収納一覧(月)」や「1収納一覧(年)」と、一
覧を月や年で表示する切替ができます。デフォルトでは「0収納一覧(月)」です。しかし、ユーザによっては「1収納一覧
10 2014/10/17 20141017-002 (年)」の方がデフォルトの方が、患者の履歴を一目でわかるので使いやすいユーザもいます。最初の優先表示を、システム 検討中
管理マスタなどで設定できるように要望頂きました。その隣の並び順はシステム管理マスタで優先表示設定できるので、「な
んでこっちはできないの?」ユーザからつっこみをいただきました...)。
23収納における日付に関する要望です。1.患者Aを呼び出す(例:当月H26.10)2.前月を確認(患者番号下の年月はH26.9)3.
そのまま患者番号に患者Bの番号を入力し、患者Bを呼び出す4.年月は当月のH26.9月のまま(患者BのH26.10の内容では
11 2014/10/17 20141017-003
対応なし
無くH26.9月の内容表示)これは仕様でしょうか。不具合であれば対応お願いいたします。仕様であれば、システム管理マス
タで、患者を呼び出したときに、システム日付にするか前の日付を保持するか設定できる機能を要望致します。
21診療行為入力に関する要望です。診療内容の入力欄ですが、高さと文字の大きさも調整できるようにならないでしょうか。
「標準」・「大きい」と選択ができて、それに応じてフォントや欄が自動で切り替わるイメージです。デモ時に標準でみせ、「年配
の方向けにはこの様な表示も可能です」と大きめのフォントや入力欄をみせるとインパクトがあると思います。
12 2014/10/17 20141017-004
対応なし
http://www.orca.med.or.jp/receipt/download/java-client/others.html#stylefileシステムの設定を1つ11つ行えばできるのか
もしれませんが、全ての画面での影響を調べるのは困難です。診療行為画面に限った話では無いのですが、日レセ普及の
ためにぜひご検討お願いいたします。
H26年10月6日~H26年10月12日
No. 受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
1
今まで登録していた公費の受給者証更新月に公費の受給者証の確認ができず、月初は主保険単独で会計をした。その後、
受給者証の確認ができたので公費期間を延長した。このとき月初は単独、月2回目受診は公費併用なので使用する保険組
2014/10/6 20141006-001
対応なし
合せが前回と違うが何のメッセージも出まない。公費の有効期間も1回目受診の期間が入っているにもかかわらずです。確
認すればいいことだが気付かないときもある。実際にそれで返戻になった。何かメッセージを表示するようにしてほしい。
2
2014/10/6 20141006-003
「患者数一覧表A00000C100(ver4.7.0)」についてですが、退院した日は、”退院”数にのみ計上し、”在院”数には計上しない
対応なし
よう要望いたします。
3
2014/10/7 20141007-001
620007706 ドレニゾンテープ4μg/cm2 0.3mg7.5cm×10cm単位コードを設定していても、改正などで有効期限を
切ると単位が初期に戻る。有効期限を切っても単位コードを引継ぐようにして欲しい。
7 / 9 ページ
実装時期
対応なし
2014/11/25
日医標準レセプトソフト要望対応状況【受付番号順】H26年10月1日~H26年11月16日
No.
受付日付
受付番号
要望内容
検討結果
.980(処方せん備考)で入力したコメントの内容がお薬手帳にも印字されるので、印字する/しないの設定ができるようにして
検討中
ほしい。
4
2014/10/7 20141007-002
5
労災レセプトの療養開始日の印字について改善対応をしていただきたくご連絡差し上げました。平成25年の10月に、療養開
始日のパッチ提供がなされていたことと思います。労災で、月頭に入院していた患者が月途中で退院し、外来となった場合、
外来レセプトの療養開始日は外来になった日付ではなく、1日から印字するように変更されています。医療機関さまより問い
2014/10/8 20141008-001
対応済み
合わせがあり、熊本労働局 労働基準部労災補償課分室に問い合わせたところ、「外来に変わった日付を療養開始日として
印字してください」との回答をいただきました。現状のORCAでは、療養開始日を任意で修正できませんので、修正できるよう
に改善いただければと思います。
6
2014/10/8 20141008-004
「70歳以上 一般・低所得」に集計される患者を単独または公費併用別で患者リストを出したいとのことです。帳票または照
対応なし
会等でピックアップできる機能を要望されております。
7
2014/10/8 20141008-005
日計表明細(診療費請求明細) A00000D600(Ver1.02)の印字順序にカナ氏名順を追加して頂けないでしょうか。また、通番
対応なし
や生年月日の印字の追加もご要望されています。
8
2014/10/9 20141009-001
セット画面にてセット登録の一覧印刷機能はありますが、CSV出力機能が現在ありませんので、機能追加をお願い致しま
す。
9
2014/10/9 20141009-003
会計照会画面の「一括回数変更」欄が現状20文字程度しか入力出来ないので、今よりも多く入力出来るようにして欲しい。
対応なし
入力出来る文字数は多ければ多い程良い。
H26年10月1日~H26年10月5日
No. 受付日付
受付番号
実装時期
要望内容
対応なし
検討結果
1
向精神薬多剤投与にかかる報告書のため向精神薬投与患者一覧を発行し、それを参考に記入して提出したところ、厚生局
からソフトを修正してほしい、と指摘があったそうです。例:対象患者数400名、多剤投与患者数30名(抗不安薬:6、睡眠薬:
26、抗うつ薬:0、抗精神病薬:1)上記のように表示され、そのまま記載して提出した場合、30名に対してカッコ内の内訳が33
2014/10/1 20141001-001
対応なし
名になっている、という事で、「主たるもので振り分け、30名として一致するように」と言われたそうです。他にも提出した医療
機関様も同じように指摘しているそうで、帳票を出力しているソフトを修正してもらってください、と言われているそうです。ま
た来年の7月頃に同じ報告書を提出することになるので、それまでに訂正してほしい、という要望です。
2
施設入居者の患者について、ひと月分まとめて外来請求されている医療機関様より、請求時にその金額に誤りが無いか、
カルテとの突き合わせチェックを行いたいと要望をいただきました。この突き合わせチェックを行うにあたり、領収書で(正/
控)で印刷する方法、領収書の2枚発行をしていただき、その控えによるチェックをご提案しましたが、煩雑な為、該当患者の
一覧表による突き合わせチェックを行いたいと依頼がありました。月次統計の外来月別請求書で作成した内容を、そのまま
2014/10/1 20141001-002
対応なし
患者別一覧として表示、印刷ができる帳票を作成していただけないでしょうか。(患者氏名、患者別の請求金額の内訳(保険
分負担金額・保険適用外金額・公費一部負担金額)、患者別の合計金額と総合計金額がわかる帳票です。)照会連携で外
来月別請求書を作成した時に一覧の帳票の作成ができるようにしていただけると幸いです。施設入居者の他にも在宅医療
を行っている患者にも利用できますので、是非作成いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。
3
病室管理の履歴作成後、作成後の履歴で該当病室に一度でも入院登録(または転室にて入室)させてしまった場合、該当
患者をすべて入院取消しなければ室歴の削除が出来ません。既存の入院患者を誤って転室してしまった場合でも、入院取
2014/10/1 20141001-003
対応なし
消しなければならないのは、現実的にできない操作です。作成した履歴での入院中患者がいなければ、削除が可能になる
よう対応お願いします。
8 / 9 ページ
26年10月
パッチ
実装時期
2014/11/25
日医標準レセプトソフト要望対応状況【受付番号順】H26年10月1日~H26年11月16日
No.
受付日付
受付番号
要望内容
現在QRコード付以外の処方せんは、業務メニュー画面の再印刷よりプレビューや印刷ができますが、QRコード付きの処方
せんも同じようにできないでしょうか。
検討結果
4
2014/10/2 20141002-001
5
2014/10/2 20141002-002 照会画面の検索で診療行為欄は5個まで入力可能となっています。増やすことはできないでしょうか。
対応なし
6
「32入院会計照会」「ADL入力」画面の「評価票発行」を印刷した時に、主治医欄に主治医として「31入退院登録」画面の担
2014/10/3 20141003-001 当医を印字する設定はありませんか。入院診療録、退院証明書などは「31入退院登録」の最初の担当医を主治医として印
字していますのでそれと同様にADL評価票にも主治医を印字するようにお願いします。
対応なし
7
2014/10/3 20141003-002 向精神薬投与患者一覧の検索条件に患者番号順に並び変えができるように検索条件を追加してもらいたい。
検討中
9 / 9 ページ
実装時期
対応なし
2014/11/25