Mac OS X以降 - ぷらら

M コード:AHOSX-08
「ぷらら」へ ようこそ!
株式会社 NTTぷらら
モバイルセット MacintoshOSX用 設定マニュアル
平素より「ぷらら」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。本書にてインターネット、電子メールの設定方法を、ご
説明させていただきます。なお本書での説明は MacintoshOSX で、モバイル接続をご利用いただくための一般的な設定手
順例となります。
ご利用料金、設定項目は各接続先ごとに異なりますので、巻末の「アクセスポイント利用可否表」「モバイル接続 設定項
目一覧」をご確認お願いします。
ご不明な点につきましては巻末の「ぷららサポート」をご参照の上、お問い合わせをお願い致します。
(1)画面左上の「アップルメニュー」から「システム環境設定」を選択。
※または、Dock の「System Preferences」をクリックします。
(2)表示された「システム環境設定」
(2)の画面で、「ネットワーク」をクリック。
1
(3)表示された「ネットワーク」の画面で、
(3)「場所」の「上下の三角形」をクリック。
(4)「新しい場所」を選択。
(5)任意の名前をつけ、「OK」をクリック。
(5)(例)plala
2
(6)「表示:」で「ご利用のデータカード名」を選択。
(7)TCP/IP のタブ内を以下のように設定。
・「設定:」 「PPP を使用」を選択
・「DNS サーバ」
220.220.248.1
220.220.248.9
と「return」キーで 改行し、2行となるように入力
・「検索ドメイン」 plala.or.jp と入力
(8)「PPP」タブを選択して、以下のように設定。
・「サービスプロバイダ:」 空欄
・「電話番号:」 モバイル接続先により異なりますので
巻末「モバイル接続 設定項目一覧」にてご確認ください。
・「アカウント名:」 「ユーザ [email protected]
(例) [email protected]
・「パスワード:」 「本パスワード」を入力。
・ 「パスワードを保存する」 通常チェックする。
(9)「PPP オプション」をクリック。
3
(10)表示された画面で以下のように設定。
「セッションオプション:」
・「必要なときにに自動的に接続する」
通常チェック。
※チェックしている場合、Web ブラウザなどの起動により、
自動的にダイヤルし、接続します。自動ダイヤルさせた
くない場合はチェックしません。
・「ユーザがログアウトするときに接続を解除する」
通常チェック。
「詳細オプション:」
・「ターミナルウィンドウ (コマンドライン) を使って接続
する」 通常チェックしない。
※他は任意で設定していただいて結構です。
(11)設定しましたら「OK」ボタンをクリック。「PPP」タブ
の画面に戻ります。
(12)「プロキシ」タブを選択して、すべてのチェックが外れている
のを確認。
4
(13)「モデム」タブを選択して、以下のように設定。
・「電話をかける前に発信音を確認する」
チェックしない
・「モデム:」 ご利用のデータカード名を選択。
・「ダイアル:」「トーン」を選択。
・「スピーカ:」 「入」を選択。
(14)「今すぐ適用」をクリックして設定を保存。
(15)左上の赤い丸ボタンをクリックして画面を閉じる。
以上でネットワークの設定は完了です。
(1)ハードディスクのアイコンをダブルクリック。
※お客さまの環境によっては、他の名前になっていることがあります。
(2)「アプリケーション」をクリック。
(3)「Internet Connect」をダブルクリック。
5
(4)「設定:」が「PC カードモデム」(メーカーによりその
製品番号の名称)が選択されているのを確認し、
「接続」をクリック。
(5)「ステータス:」が「~ に接続されました」に変わり、
「接続時間:」が時間の経過を表示しはじめれば
接続成功です。
※「接続解除」のボタンをクリックすると、
切断されます。
(6)Dock から「Internet Explorer」をクリック。
(7)「Internet Explorer」が起動すると、ホームページが表示さ
れます。
※工場出荷時の状態では、アップル社のホームページが表示
されます。
※「アドレス」に、ご覧になりたいホームページのアドレスを入力
し、キーボード の「return」キーを押すと、ホームページが表示
されます。
※ぷららのホームページのアドレスは、
http://www.plala.or.jp/です。
6
Mac OS 10.4
ご利用の方は 10ページへ
<はじめて MAIL を起動した場合>
(1)Dock から「Mail」をクリック。
(2)「Mail 設定」の画面で以下のように設定。
・「氏名:」 任意で入力。
(例)plala_taro
・「メールアドレス:」お客様の「ぷららの電子メールアドレス」を入力。
(例) [email protected]
・「受信用メールサーバ:」 会員証に記載さ
れている「POP サーバ名」を入力。
(例) xxx.mail.plala.or.jp
・「メールサーバの種類:」 「POP」 を選択 。
・「ユーザアカウント ID:」 お客様のメール
アドレスの「@の左側の部分」を入力。
(例) plala_t
・「パスワード」 「メール用パスワード」を入力。
・「送信用 (SMTP) メールサーバ:」 会員証
に記載されている「SMTP サーバ名」を入力。
(例) xxx.mail.plala.or.jp
(3)入力が終わったら、「OK」ボタンをクリック。
※サーバへの接続が検証されます。入力された「受信用メールサーバ」および「送信用
メールサーバ」が正しいかどうかを確認するために、自動的にインターネット接続を行
います。このとき、「POP 接続に失敗」や「SMTP 接続に失敗」と表示される場合
は、入力されたサーバ名が間違っている可能性があります。
※「メールボックスの読み込み」では今まで使っていた別のメールソフトから内容を読み
込む場合に「はい」を、読み込まない場合は「いいえ」をクリックします。
(4)INBOX の画面が表示されます。
メールの設定は完了です。
※Mac OS X 10.1 (Mail 1.1/ Mail 1.0)では、
サブミッションポートの設定は行えません。
7
Mac OS 10.4
ご利用の方は 10ページへ
<すでに MAIL を起動したことがある場合>
(1)Dock から「Mail」をクリック。
(2)「INBOX」の画面が表示されます。
(3)メニューの「Mail」から「環境設定...」を選択。
(4)設定したいアカウントを選択して「編集」をクリック。
8
(5)「アカウント情報」タブを選択し
(5)て、以下のように設定。
・「説明:」 任意で入力。
(例)POP: [email protected]
・「メールアドレス:」 お客様の「ぷららの電子メールアドレス」
を入力。
(例) [email protected]
・「氏名:」 任意で入力。(例)plala_taro
・「ホスト名:」 会員証に記載されている「POP サーバ名」を
入力。
(例) xxx.mail.plala.or.jp
・「ユーザ名:」 お客様の電子メールアドレスの
「@の左側の部分」を入力。
(例) plala_t
・「パスワード」 「メール用パスワード」を入力。
・「SMTP ホスト:」 会員証に記載され
ている「SMTP サーバ名」を入力。
(例) xxx.mail.plala.or.jp
(6)入力が終わったら、「OK」ボタンをクリック。
(7)INBOX の画面が表示されます。
メールの設定は完了です。
※Mac OS X 10.1 (Mail 1.1/ Mail 1.0)では、
サブミッションポートの設定は行えません。
9
Mac OS 10.4 用
<はじめて MAIL を起動した場合>
(1)Dock から「Mail」をクリック。
(2)「ようこそ Mail へ」画面が表示されます。
・「続ける」をクリックします。
(3)「一般情報」の画面で以下のように設定。
・「アカウントの種類:」 「POP」を選択。
・「アカウントの説明:」 任意で入力。
(例) POP アカウント
・「氏名:」 任意で入力。
(例) plala_taro
・「メールアドレス:」お客様の「ぷららの電子メールアドレス」を入力。
(例) [email protected]
(4)入力が終わったら、「続ける」ボタンをクリック
(5)「受信用メールサーバ」の画面で以下のように設定。
・「受信用メールサーバ:」会員証に記載されている
「POP サーバ名」を入力
(例) xxx.mail.plala.or.jp
・「ユーザ名:」 お客様のメールアドレスの
[email protected]
(例) plala_t
・「パスワード:」 「メール用パスワード」を入力。
(6)入力が終わったら、「続ける」ボタンをクリック。
10
(7)接続できていない場合、もしくは、入力が間違っている場合は、
このエラー画面が出てきます。
・入力情報を確認し、「続ける」をクリックします。
※(5)の入力が正しく行われた場合は、この画面は表示されません。
(9)に移ります。
(8) (7)のエラー画面表示時のみ、表示される画面
・「続ける」をクリックします。
(9)「送信用メールサーバ」の画面で以下の設定を行います。
・「送信用メールサーバ:」会員証に記載されている
「SMTP サーバ名」を入力します。
(例) xxx.mail.plala.or.jp
(10)他の項目は何も入力せずに、「続ける」ボタンをクリックします。
(11)接続できていない場合、もしくは、入力が間違っている場合は、
このエラー画面が出てきます。
・入力情報を確認し、「続ける」をクリックします。
※(9)の入力が正しく行われた場合は、この画面は表示されません。
(13)に移ります。
11
(12) (11)のエラー画面表示時のみ、表示される画面
・「続ける」をクリックします。
(13)「アカウントの概要」の画面が表示されます。
・表示内容を確認して、問題がなければ、「続ける」をクリック
(14)「設定結果」の画面が表示されます。
・
「終了」をクリックします。
・
続いて、本書 17 ページへ進みサブミッションポート 587 の設定を
行います。
※「メールボックスの読み込み」ボタンは、最初のアカウント
作成時以外は、表示されません。
12
Mac OS 10.4 用
<すでに MAIL を起動したことがある場合>
(1)Dock から「Mail」をクリック。
(2)「受信」の画面が表示されます。
(3)メニューの「Mail」から「環境設定...」を選択。
(4)ツールバーの「アカウント」を選択し、左下の「+」をクリック
13
(5)「一般情報」の画面で以下のように設定。
・ 「アカウントの種類:」 「POP」を選択。
・ 「アカウントの説明:」 任意で入力。
(例) POP アカウント 02
・「氏名:」 任意で入力。
(例) plala_taro
・「メールアドレス:」お客様の「ぷららの電子メールアドレス」を入力。
(例) [email protected]
(6)入力が終わったら、「続ける」ボタンをクリック
(7)「受信用メールサーバ」の画面で以下のように設定。
・「受信用メールサーバ:」会員証に記載されている
「POP サーバ名」を入力
(例) xxx.mail.plala.or.jp
・「ユーザ名:」 お客様のメールアドレスの
[email protected]
(例) plala_t
・「パスワード:」 「メール用パスワード」を入力。
(8)入力が終わったら、「続ける」ボタンをクリック。
(9)接続できていない場合、もしくは、入力が間違っている場合は、
このエラー画面が出てきます。
・入力情報を確認し、「続ける」をクリックします。
※(7)の入力が正しく行われた場合は、この画面は表示されません。
(11)に移ります。
14
(10) (9)のエラー画面表示時のみ、表示される画面
・「続ける」をクリックします。
(11)「送信用メールサーバ」の画面で以下の設定を行います。
・「送信用メールサーバ:」会員証に記載されている
「SMTP サーバ名」を入力します。
(例) xxx.mail.plala.or.jp
(12)入力が終わったら、「続ける」ボタンをクリック
(13)接続できていない場合、もしくは、入力が間違っている場合は、
このエラー画面が出てきます。
・入力情報を確認し、「続ける」をクリックします。
※(11)の入力が正しく行われた場合は、この画面は表示されません。
(15)に移ります。
15
(14) (13)のエラー画面表示時のみ、表示される画面
・「続ける」をクリックします。
(15)「アカウントの概要」の画面が表示されます。
・表示内容を確認して、問題がなければ、「続ける」をクリック
(16)「設定結果」の画面が表示されます。
・
「終了」をクリックします。
・
続いて、本書 17 ページへ進みサブミッションポート 587 の設定を
行います。
※「メールボックスの読み込み」ボタンは、最初のアカウント
作成時以外は、表示されません。
16
<サブミッションポート 587+SMTPAUTH の設定>
(1)「Mail」メニューより「環境設定」を押下します。
(2)「アカウント」のウィンドウが表示されます。
・画面下部の「サーバ設定」ボタンを押下します。
(3)「サーバ設定」ウィンドウでは以下のように入力します。
「サーバのポート」欄に「587」と入力します。
「認証」欄は「パスワード」を選択します。
「ユーザ名」には「アカウント名」を半角小文字で入力します。
例) plala_t
[email protected]左側の文字です。
(インターネット接続用のユーザーIDではありません。ご注意下さい。)
「パスワード」には、「メールパスワード」を半角で入力します。
「OK」ボタンを押下し設定画面を閉じ、メール設定完了です。
17
お客さま御自身にメール送信、受信のテストをしていただきます。
(1)Dock から「Mail」をクリック。
(2)「INBOX」の画面が表示されます。
(1)ツールバーの「新規作成」をクリック。
(2)表示された画面で、以下のように入力。
・「宛先」送信先にアドレスを入力。
※送受信のテストを行いますので、お客様
ご自身のメールアドレスを半角英数字で
入力します。
(例)[email protected]
・「件名」メールのタイトルを入力。
(例)テスト
・メールの本文を入力。
(例)これはテストです。
18
(3)ツールバーの「送信」をクリック。
(4)送信されたメールは、
(4)「送信済みメッセージ」に保存されます。
19
(1)ツールバーの「受信」をクリック。
(2)受信が完了すると、
(2)「INBOX」に受信されたメールが
届きます。
インターネット、電子メールは正常にご利用いただけましたでしょうか?
本書の設定手順にて、うまくご利用になれない場合はお手数ですが
下記「ぷららダイヤル」までお問い合わせいただきますよう、お願い申し上げます。
● 会員サポート(会員サポート一覧) ・・・http://www.plala.or.jp/support/index.html
● マニュアル一覧 (各種サービス説明)・・・http://www.plala.or.jp/support/manual/
「ぷらら」を末永くご愛顧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。
■ぷららダイヤル
【メールでのお問い合わせ】
【お電話でのお問い合わせ】
[email protected]
受付時間 10:00~19:00 (年中無休)
009192-33
※通話無料
【ホームページ】
ひかり電話からおかけの場合
ぷららホームページ
0120-971-391
http://www.plala.or.jp
※通話無料
携帯電話・公衆電話・海外等からおかけの場合
ぷらら Q&A
050-7560-0033
http://web1.plala.or.jp/support/faq/
※通話料金お客様負担
20
アクセスポイント利用可否表(2013 年 1 月現在)
“〇”は、ぷらら接続料金は無料、
最新の情報は http://www.plala.or.jp/support/ap/chart/ をご参照ください。
“△”は条件付で利用可能、
“-”は利用不可。
※1
※2
※3
※4
※5
※6
※7
※8
「ぷらら高速モバイルオプション(EM)」のお申し込みが必要。アクセスライン料金はぷららが請求します。
「ぷららモバイル」のお申し込みが必要。アクセスライン料金はぷららが請求します。
「Xi/FOMA 対応オプション」のお申し込みが必要。
「au PacketWIN/PacketOne オプション」のお申し込みが必要。
「AIR-EDGE(旧モバイル)オプション」のお申し込みが必要。
「ぷらら高速モバイルオプション(EM)」「Xi/FOMA 対応オプション」、「au PacketWIN/PacketOne オプション」、「AIR-EDGE オプション」のいずれかのお申し込みが必要。
IP 接続サービス(842 円/月、フリーチケット対象)のお申し込みが必要。
各携帯及び電話会社へのお申し込みが別途必要です。通信料が別途発生します(ご利用の電話会社より請求されます)。
(2014 年 4 月現在)
最新の情報は http://www.plala.or.jp/support/ap/mobile/ にてご確認ください。
 DNS 設定につきましては、いずれも自動取得でご利用ください。
手動にて DNS 設定をされる場合には次のとおり設定してください。
プライマリ DNS:220.220.248.1 セカンダリ DNS:220.220.248.9
http://www.plala.or.jp/plala_mobile/
http://www.plala.or.jp/plala_mobile/price/
http://www.plala.or.jp/plala_mobile/setup/
※1. ユーザ ID [email protected]p」になります。
※2. パスワードは「半角英数」で 20 文字以内の必要があります。
http://www.plala.or.jp/em/
http://www.plala.or.jp/em/price/
http://www.plala.or.jp/em/setup/
※1. 識別子・サフィックス(@plala.or.jp 等)は必要ありません。
※2. パスワードは「半角英数」で 20 文字以内の必要があります。
http://www.plala.or.jp/xi_foma/
http://www.plala.or.jp/dialup/mobile/
※1. パスワードは「半角英数」で 20 文字以内の必要があります。
http://www.plala.or.jp/xi_foma/
http://www.plala.or.jp/dialup/mobile/
※1. パスワードは「半角英数」で 20 文字以内の必要があります。
http://www.plala.or.jp/au/
http://www.plala.or.jp/dialup/mobile/
※1. パスワードは「半角英数」で 20 文字以内の必要があります。
※2. 但し手動にて DNS 設定する場合は、プライマリ DNS:220.220.248.1 セカンダリ DNS:220.220.248.9 に設定。
http://www.plala.or.jp/air_edge/
http://www.plala.or.jp/dialup/mobile/
※1. パスワードは「半角英数」で 20 文字以内の必要があります。
※2. 但し手動にて DNS 設定する場合は、プライマリ DNS:220.220.248.1 セカンダリ DNS:220.220.248.9 に設定。
https://flets.com/spot/ap/ap_search_s.html
※1.
パスワードは「半角英数」で 20 文字以内の必要があります。
http://flets-w.com/spot/access_point/
※1. パスワードは「半角英数」で 20 文字以内の必要があります。