2014年11月 - かめのり財団

The Kamenori Community
かめのりコミュニティ
公益財団法人 かめのり財団は、日本とアジア・オセアニアの若い世代の交流を通じて、
未来にわたって各国との友好関係と相互理解を促進するとともに、
その架け橋となるグローバル・リーダーの育成を目的に事業を行っています。
公益財団法人
かめのり財団
The Kamenori Foundation
2014 年 11 月
17
No.
今号の内容
◇国際交流事業助成
◇大学院留学アジア奨学生
◇高校生短期交流プログラム
◇海外日本語教育サポート事業
にほんご人フォーラム 2014
ベトナム中学生日本語キャンプ
◇高校生カンボジアスタディツアー
◇第 6回中学生交流プログラム(派遣)
高校生カンボジアスタディツアー「サンボープレイクック遺跡にて」
◇ISAK サマースクール 2014
国際交流事業助成 助成事業決定
本年度は、次の11件の事業に助成をしました。
〈一般公募〉 平成 26(2014)
年度 助成事業一覧
(敬称略)
第 1 回 日本雲南大学生交流スタディツアー
認定特定非営利活動法人日本雲南聯誼協会
カンボジア地雷・不発弾被害者と日本の学生による国際平和交流事業
一般財団法人カンボジア地雷撤去キャンペーン
北東アジア学生ラウンドテーブル 2014
話してみよう韓国語東京中高生大会 2015
北東アジア学生ラウンドテーブル
「話してみよう韓国語」東京・中高生大会 2015 実行委員会
ミャンマー・フレンドシップ・プロジェクト
公益社団法人ガールスカウト日本連盟
日本とインドネシアの学生国際協働による被災地子ども対話交流
特定非営利活動法人地球対話ラボ
カンボジア・村びと共生プロジェクト
Ju - Ju ∼カンボジア・村びと共生プロジェクト∼
スリランカと佐賀の若者育成プログラム∼佐賀で学び、アジアの友好の架け橋を築こう∼
認定特定非営利活動法人地球市民の会
韓国民話「さんねん峠」ミュージカル公演と在日韓国朝鮮児童との交流
平間わんぱく少年団
アジア各国から途中入学した子どもたちの日本語学習サポート事業
特定非営利活動法人ひまわりの会
日本、東ティモール国際交流事業
学生団体 HaLuz
The Kamenori Community
大学院留学アジア奨学生
熱く語り合った夏の研修交流会
奨学生の研究の進捗発表と交流を目的とする夏の研修交流会を徳島県鳴門市で 9 月
23 日 ( 火・祝 ) から 25 日 ( 木 ) まで行いました。3 日間、行動を共にすることで、お
互いを知り、友情を深め、そして異分野の研究への理解の場ともなり、絆と知識を深
める有意義な研修交流会になりました。
鳴門海峡の美しい海と高く澄んだ青空に迎
えられスタートした研修交流会。昨年から奨学
生が内容を企画していますが、今回は昨年の反
省点を踏まえ、新たなアイディアも取り入れて
進められました。
研究分野についてわかりやすく解説する「ミ
ニ講義」と博士論文を書くにあたっての心構え
などを話す「方法論」の時間を設け、教える立場
研修中の様子
にも学ぶ立場にもなり、積極的な質疑応答が行
われました。所属する研究室とは異なる環境
で、研究分野の異なる仲間と熱い意見交換をし
た 3 日間を奨学生自身の言葉で振り返ります。
高校生短期交流プログラム
韓国訪問― 個と個の交流を深める
修了式にて、YFU 韓国辛定夏会長と一緒に
公益財団法人 YFU 日本国際交流財団の実施により、関西地域の高校に
通学する 5 名の高校生が 8 月に韓国を訪問しました。約 1 ヵ月間、ホス
トファミリーとともに生活をし、語学研修、文化施設視察のほかに、現地
の高校に通学し、同世代と学校生活を送る貴重な体験をしました。
ホストファミリーも高校で出会った友だちもみんな笑顔で温かく迎え
てくれ、交流を深めました。実際に自分の目で見て、聞いて、感じることが
その国を知る一番良い方法であり、人と人との出会いの素晴らしさを実感
することができました。
奨学生のことば*体験レポートより
高校での最後の日にクラスの友だちからいただいた手紙に、
“日
本がそんなに好きではなかったけど、あなたがこの学校に来て無
条件に日本を嫌いと言っていたことを反省した”と書いてくれ、
自分がかかわったことで、その人の気持ちを変えることができた
ことに大きな意味を感じました。
*
ホストファミリーのお友達から、
“日本と韓国が政治的には関係
があまり良くない中で、
(韓国に)来てくれて嬉しい。いい所を知っ
ていい思い出をたくさん作って帰ってほしい。こうして高校生が
日本と韓国を行き来して、お互いに理解し仲良くなっていけたら
いいですね”と声をかけられ、温かい気持ちのこもった言葉に、
嬉しくて涙が出そうになりました。
陶芸体験
3 日目 9月25日(木)
2 日目 9月24日(水)
1日目 9月23日(火・祝) 「海・渦・人」
「研究発表を通じた交流から
学問の広さを学ぶ」
文:姜 哲敏(カンチョルミン)
「東洋の『美』から西洋の『美』まで
― 三日目の思い出」
文:周 鑫(シュウキン)
二日間の研究交流を終えて、三日目は鳴門市
内視察になりました。最初は台風の影響を心
配しましたが、天候に恵まれて三日目は秋らし
今日は、奨学生それぞれが研究の進捗を報告
い 日 和 で し た。フ ァ ー ス ト 観 光 地 は、東 洋 の
し、先輩の奨学生からは研究生活についての方
「美」が感じられる場所―「陶芸体験」で、奨学
天と海が似たような青緑色を共有し、ふと眺
法論の発表がありました。普段の研究生活では
生のほとんどが初めての試みだったので、陶芸
めていくとその境界線すら分からなくなるほど
同じ分野の研究者との交流が多いのですが、今
の先生にご指導していただきながら、自分が好
一種の調和した秩序が整っています。遠くない
回は他分野の人々と話し合うことができ、非常
きな形で陶器を作りました。その後は鳴門市
所に小さな離島が静かな海水に囲まれ、真っ白
に有意義な時間でした。
の定番ツアーポイントの渦潮を見に行きまし
な汽船一隻が島のそばを通り抜けていくと、こ
文学や社会学、法律、経済学など様々な分野
た。船に乗って渦潮を通過して、自然の素晴ら
の油絵が流動しているように見え、記憶の中に
の奨学生が集まり、お互いの学問分野を理解す
しさを感じました。そして、最後の視察地は大
しっかりと刻まれていきます。人を魅了させる
るのに難しく感じることもありましたが、分野
塚国際美術館で、西洋美術の古代から近代まで
この風光明媚な地は、今回の研修先である徳島
を超えて色々な視点からの議論ができました。
沢山の名作を鑑賞し、
「西洋の美」が心に深く残
県鳴門市となります。
私たち奨学生は、他分野の人に自分の研究を分
りました。
一日目の午後、テッテッさんと姜民護さんの
かってもらうために色んな工夫をするなかで、
財団のお陰で、今回の研修交流会で、奨学生
それぞれの研究内容の発表から研修が始まりま
研究に対する知識を深めることができたと思い
同士より深く交流して、この夏の最高の思い出
した。周さんはミニ講義で、日本の独占禁止法
ます。さらに、他分野を理解するための知識が
を沢山作りました。そして、今回の陶芸体験で、
について私たちにウェブで条文を引いてもらい
得られ、もう少し広い視野から考える力がつけ
テッテッ先輩から、
「陶芸の各層の繋がりをき
ながらその読み方まで教えてくれました。質疑
られました。
ちんとしないと、崩れやすくなる。論文の作成
応答では、皆で積極的に意見交換をしました。
研究発表の後には、先輩の奨学生から大学院
も同じだ。章と章の間をちゃんと繋いで、最後
「東西古今の 文化のうしほ 一つに渦巻く
生としての日本の生活についての方法論の発表
に論文ができる。」という言葉をいただき、この
大 島 国 の 大 な る 使 命 を 担 ひ て 立 て る」
がありました。先輩の経験から留学生活の中で
繋がりを常に意識して、自分自身の研究を完成
……これは早稲田大学の校歌である『都の西北』
起きうる問題や博士号を取得するまでのプロセ
させようと決心しました。最後に私は奨学生
の歌詞の一部です。今回の研修の思い出は決し
スを聞き、これから後輩の奨学生が研究生活を
全員を代表して財団に感謝の気持ちを表し、来
て美しい景色にとどまりません。歌詞どおり、
続けるにあたってとても有益な話でした。
年の研修交流会もみんなで協力して、より良
様々な文化の潮が一つに渦巻くように、奨学生
この 1 日を通して研究発表による交流がで
いものにしていきたいと思います。
たちも異なる分野を専攻しながらも研究発表を
き、お互いの学問の深さや研究の楽しさを感じ
通じて喜びと悩みを分かち合い、理解を深める
る大切なきっかけとなりました。
文:洪 驥(コウキ)
ことができました。そして、我々にとって、母国
とこの「大島国」の架け橋になることはその「大
なる使命」に当たるでしょう。渦の巻いた四国
の海辺で、人は集まり散じていきますが、理想
は永遠に消えません。
【夏の研修交流会 参加者リスト】
Htet Htet Nu Htay
( テッテッヌティー / ミャンマー / 東京外国語大学 )
姜 民護 ( カンミンホ / 韓国 / 同志社大学 )
周 鑫 ( シュウキン / 中国 / 一橋大学 )
張 碩 ( チョウセキ / 中国 / 大阪大学 )
胡 新祥 ( コシンショウ / 中国 / 立教大学 )
姜 哲敏 ( カンチョルミン / 韓国 / 筑波大学 )
洪 驥 ( コウキ / 中国 / 早稲田大学 )
海外日本語教育サポート事業
にほんご人フォーラム 2014 (Japanese Speakers’ Forum 2014)
「にほんご人フォーラム 2014」が、8 月 26 日 ( 火 ) から 10 日間、国際交流基金日本語国際センター(埼
玉県さいたま市)で実施されました。東南アジア5か国(インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレー
シア)の高校で日本語を勉強している生徒と日本の高校生 24 名、そして同 5 ヶ国の日本語教師と日本の高
校教師(英語、国語)
12 名が、ともに学び、交流しました。2013 年に引き続き 2 回目の開催です。
生徒のプログラムは
日本語を使って、さまざまな背景を持つ人
とともに活動できるようになることを目標に、
6か国の生徒一人ずつが集まったグループで
「新しいアイディアを考えて、便利なものを創
る」という課題に取り組みました。「いつ、ど
こで、だれにとって、どうして便利か」を考え、
グループで相談し協力し合いながら、発表会
に向けてアイディアをまとめていきます。発
表会では、温冷両方の飲み物が入れられる水
筒や、多様な使い方ができるスーパーピロー
など個性あふれるアイディアが、絵や映像な
どを駆使して紹介されました。生徒からは多
国籍でのグループ活動について「アイディア
だけでなく文化もシェアできました。」という
教師は
「にほんご人フォーラム」とは
声が聞かれました。ホームステイや東京散策
自国の教育政策を前提にした日本語(外国
などの体験活動も含めて、日本語の新しい世
語)教育の内容、方法について考え、具体的な
2012 年(準備会合)に始まりました。
「にほんご
界が広がった 10 日間だったことでしょう。
授業案を作成するというプロジェクトに取り
人」とは国際社会において日本語を使って何かを
組みました。生徒プログラムでの生徒の「学び」
達成したいという意思を持ち、日本語でコミュニ
ケーションをする人々の総称です。
「にほんご人」
を観察しながら、また、お互いの教授経験の共
が増え、これからの社会で活躍することは 21 世
有、意見交換をしながら取り組んだプロジェク
紀の日本にとって大きな意味があると考え、その
トの成果は、学習者中心をより意識した授業
ために必要な能力の育成を組み込んだ外国語教育
のモデルを創造・実践するとともに、中等教育に
案、他教科や実社会とのつながりを視野に入れ
おける「にほんご人」ネットワークを形成し、日本
た授業案など、帰国後、各国で実践した後の報
語を媒体とした若い世代の相互理解の促進とグ
告が楽しみな内容でした。この実践報告は、外
「便利なもの」を発表
か め の り 財 団 と 国 際 交 流 基 金 の 共 催 事 業 で、
ローバル人材の育成を目指しています。
国語教育で何ができるかを示す例として蓄積
されていくことが期待されます。
「にほんご人フォーラム」
を
通じて人のつながりが、
さまざまな形で生まれています。生徒の成
果 発 表 会 に は、昨 年「に ほ ん ご 人 フ ォ ー ラ ム
2013」に参加した日本人生徒2名が来てくれ
ました。大学生になった先輩に会って、今年参
プログラムの視察においてレクチャーを受ける教育行政官
教師たちによる意見交換
加した生徒は自分の1年後を想像したかもし
れません。また、去年参加したフィリピンの生
徒は、日本語を勉強したことのない人に日本語
かめのり財団と国際交流基金は、
「にほんご人フォーラム」事業を10年間実施し、
日本語(外国語)教育が各国の教育目標に沿った貢献ができるものにしたいと考え
ています。今年度は、国際交流基金が招へいした、
「にほんご人フォーラム」参加国
の教育行政官が、プログラムの視察を行い、日本語教師・生徒が自国の教育行政官
と日本で直接話す機会が設けられました。これからも日本語(外国語)教育がもつ
可能性について教育・行政関係者に訴えていく努力も続けていきます。
を紹介する活動をしています。
「にほんご人」
が広がっているうれしいニュースです。
一 方、教 師 は、去 年 参 加 し た 教 師 が 作 っ た
Facebook グループに今年の参加教師が招待
され、ネットワークが広がりました。
報告:独立行政法人国際交流基金日本語国際センター
2014 年 11 月
17
No.
海外日本語教育サポート事業
ベトナム中学生日本語キャンプ
東南アジアの中等レベルの日本語教育支援の一環として、国際交流基金ベトナ
ム日本文化交流センターの実施する事業に助成しました。ベトナムでは第一外
国語の選択肢に日本語が導入されており、さらなる日本語への興味関心を高め
てもらうため、教室活動では得られない日本語学習の楽しさを体感するととも
に、既習語彙・文型の積極的な活用を促すことを目的に実施しています。
アイスブレーキングでみんな友だち
「ベトナム人中学生が日本語で交流」
ペットボトルでけん玉づくり
新聞紙で紙鉄砲作り
8 月 5 日 ( 火 ) ∼ 7 日 ( 木 ) にかけて「ベト
「日本の遊び」で行ったスイカ割りでは「前!
ナム中学生日本語キャンプ 2014」がホーチ
右!右!そ こ ー!」な ど、日 本 語 が 飛 び 交 い、
ミン近郊のザンディエン滝キャンプ場にて行
いつもの教室とは違った雰囲気の生徒たちに
われ、ベトナム 4 都市(ハノイ・フエ・ダナン・
先生達もびっくりしていました。
ホーチミン)の中学生 42 人が参加しました。
また、
「日本語ウルトラクイズ」では回答権を
今回のキャンプは日本語や日本文化への理解
得るために「飴食い競争」や「二人三脚」など運
を深めながら「日本のエコ」について学ぶとい
動会の要素を取り入れましたが、いずれのチー
うテーマで実施されました。
ムも力が拮抗しゴールを駆け抜ける生徒たち
3 日間のキャンプで生徒たちは「オリエン
に順位を付けるのが大変なほどでした。
テーリング」でチェックポイントを回り日本語
最 終 日 に は、キ ャ ン プ フ ァ イ ヤ ー を 行 い、
を使ったタスクに挑戦したり、
「日本の遊び」で
ゲームをしたり踊ったりし、ベトナム人の先生
長縄やけんけん相撲、だるま落としなどを体
扮する火の女神の登場では大歓声が上がりま
験。また日頃学んでいる日本語の成果を発揮す
した。その後もテントに戻った生徒たちは夜
る「日本語ウルトラクイズ」にも挑戦しました。
遅くまで新しくできた日本語を学ぶ仲間との
「オリエンテーリング」ではチェックポイン
交流を楽しんだようです。
トで獲得したアイテム(リサイクル資材)を集
アンケートの満足度も非常に高く(5 点中
めて「おもちゃ」を作製。手作りけん玉や新聞
4.7 点)
「もっとみんなと一緒に過ごしたかっ
紙鉄砲などを使ったチーム対抗のコンテスト
た」というコメントが多く見られました。この
では熱戦が繰り広げられました。その後、生徒
イベントに参加した生徒たちの日本語・日本
たちがおもちゃをかばんにしまう姿がとても
文化への興味関心が更に深まり、日本との関係
印象的で、普段何気なく捨ててしまっているも
が末永く続くきっかけとなることをキャンプ
のへの見方が少し変わったかなと感じる嬉し
に携わった教師・スタッフ一同願っています。
い瞬間でした。
スイカ割りで遊ぶ生徒たち
日本語ウルトラクイズ「答え、分かったよ !!」
キャンプファイヤー
報告:国際交流基金ベトナム日本文化交流センター日本語指導助手 野口佐美
高校生カンボジアスタディツアー
刺激と気づき―体験を伝えていきたい
本年度、新たな高校生のプログラムとして、公益社団法人ユネ
スコ協会連盟の実施による「高校生カンボジアスタディツ
アー」を支援しました。カンボジアにおけるユネスコ世界寺子
屋運動の実施地域や世界遺産などを訪問し、それぞれのプロ
ジェクトの現状を知り、実際に現場で知り得たことや交流、体
験を通じて理解を深めることを目的としています。
チョンクニア寺子屋にて
「カンボジアでの学びを未来へ」
地元の高校生とサンボープレイクック遺跡見学へ
サンボープレイクック周辺の村人宅訪問
8 月 13 日 ( 水 ) ∼ 22 日 ( 金 ) の 10 日間、
な作業に守られてきたことなど、多様なカン
全国から選ばれた 8 名の高校生が、カンボジ
ボジアの姿に日本の高校生たちは様々な刺激
アの首都プノンペン、サンボープレイクック
を受け、気づきを得たようです。
遺跡を擁するコンポントム、当協会連盟のプ
シェムリアップでは、当協会連盟が協力し
ロジェクト地であるシェムリアップの 3 都市
ているバイヨン寺院で石像修復プロジェクト
を訪問しました。
の一部を体験し、世界遺産がどう平和につな
プノンペンでは在カンボジア王国日本大使
がるのか意見交換をしました。また当協会連
館 に 隈 丸 優 次 大 使 を 表 敬 訪 問 し、UNESCO
盟が実施している貧困村における教育・生活
(国際連合教育科学文化機関)プノンペン事務
向上支援の現場では、困難な状況にあっても
所ではアンコール遺跡群の保全活動、識字教
懸命に学び続ける子どもたちや、技術指導を
育の現状などについて学びました。かめのり
受けものづくりに励む大人たちとの交流を通
財団のご好意でベルビュー・サービスアパー
して、更に考えを深めました。
ト メ ン ト に 伺 い、関 係 者 か ら「全 て 現 地 の 人
最終日、高校生たちは「STA∞STA」という
材と資源によって」
「 カンボジアの課題解決に
グループを作り、カンボジアの現状を一人で
取り組む」企業方針と、ビジネスや社会貢献活
も 多 く の 方 に 伝 え る た め、新 聞 投 稿、文 化 祭
動について説明いただき、経済発展が進む首
での発表など、具体的な行動を起こすことを
都の現状を知ることができました。
決めました。これまでに 5 名が新聞に掲載さ
サンボープレイクック遺跡では現地の高校
れ て い ま す。個 人 で も 帰 国 後 の 目 標 を 立 て、
生がガイド役となり、古くは 7 世紀の遺跡や
全員が大学生になったら再び 8 人でカンボジ
周辺の村の生活様式を教わりました。遺跡の
アを訪れることを計画しています。素晴らし
歴史だけでなく、現地を歩かなければ決して
い機会を与えていただいた、公益財団法人か
分からない、植物や虫の大きさと種類の多さ、
めのり財団に感謝申し上げると同時に、近い
村 の 生 活 の 知 恵、人 び と の 温 か さ、千 年 以 上
将来、日本とカンボジアの懸け橋となる人材
も前の遺跡が“炎天下の下草刈り”という地道
が育つことを期待せずにはいられません。
寺子屋の子どもたちと書道で交流
報告:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟 教育文化事業部 宍戸亮子
参加し た 高 校 生 の 声
このツアーを通して今後の人生の指針になること、生きていくう
えで考えさせられることを多く学びました。
「伝える」ことの本質
然り、
「地道な努力」然り。ほかにも、
「平和」や「幸せ」など、考えさ
せられることは山ほどありました。自分に大きな影響を与えてく
れた、このツアーを支えてくださった全ての方々に感謝します。
バイヨン寺院にて遺跡修復体験(石の欄干の汚れの除去)
2014 年 11 月
17
No.
第 6 回中学生交流プログラム(派遣)
インドネシアの中学生と机を並べ授業に参加
日本の中学生がアジアの国々を訪問し、現地中学校での同世代との交流やホームス
テイを通じて、アジアへの興味・関心を持ってもらうことを目的としている中学生
交流プログラム。本年度は、10 月 5 日(日)から8日間、一般社団法人国際フレンド
シップ協会(IFA)
の実施により経済成長を続けるインドネシアを訪問しました。
英語の授業に参加
大都市ジャカルタと
太陽輝くバリ島
出発前日に、団長を務める山本伸先生(IFA
講師 / 四日市大学教授)と全国から 7 名の中学
生が集まり、結団式と事前研修を行いました。
団員として結束を固め、
インドネシアへ出発!
ジ ャ カ ル タ は、高 い ビ ル が 建 ち 並 び、広 い
道路を自動車とバイクが埋め尽くす活気ある
大都市。表敬訪問した在インドネシア日本国
大使館では、竹山参事官・広報部長と久保専
門調査員からインドネシアの現状や日本との
アルマージャン・イスラム教総合中学校訪問
密接な関係を学び、独立記念塔(モナス)やイ
ンドネシア最大のモスクを見学しました。青
い空と海、心地良い海風に迎えられたバリ島
大歓迎を受けた中学校訪問
では、世界無形文化遺産に登録されている伝
初 め に 訪 れ た ジ ャ カ ル タ 近 郊 に あ る ア ル
統的布製品、ロウケツ染めの「バティック」工
マージャン・イスラム教総合中学校では、
「よ
房で染めの体験や伝統的なバリの民家を見学
うこそいらっしゃいませ」と日本語で書かれ
し、最 終 日 に は、海 沿 い に あ る タ ナ ロ ッ ト 寺
た横断幕と校門で折り紙で作った飾りを団員
院で美しい夕日を鑑賞しました。
それぞれの首にかけてくれ、出迎えを受けま
中学校訪問 折り紙の手作りの飾りで出迎え
した。この学校には幼稚園から高校まであり、
多くの児童・生徒が「こんにちは!」と日本語
で声をかけてくれました。中学生の皆さんは
インドネシアの伝統的な踊りや歌、そして日
本の歌で歓迎してくれました。
バリ・デンパサールにある SMP セント・
数学の問題を一緒に解きました
ヨセフ学校では、3 日間、生徒の家庭にホーム
バティックの染めを体験
イスラム教のお祭り、犠牲祭での
特別な料理をいただきました
ス テ イ を し な が ら、数 学、英 語 や 音 楽 な ど の
台風で飛行機が大幅に遅れ、現地到着は夜
授業に参加。ど の 授 業 も 活 気 が あ り、音 楽 で
中。数 時 間 の 睡 眠 で の 中 学 校 訪 問 で し た が、
披露した童謡「ふるさと」は、黄色い歓声があ
大歓迎と質問の嵐に「睡眠不足も感じないほ
がり大好評でした。学校が 7 時半から始まる
ど感激した」との感想がありました。また、
「母
こと、質問が飛び交い先生と生徒の積極的な
国語でない英語で積極的に質問してくる姿勢
やりとりや笑顔の絶えない教室は、日本との
にその大切さを学んだ」とアジアの同世代か
違いを知る体験となりました。
ら刺激を受けました。
両 校 で 浴 衣 を 着 て 行 っ た 日 本 文 化 紹 介 で
自らの五感で感じた今回の体験を自身でも
は、空手の型や宮城県仙台のすずめ踊りを披
振り返りつつ周囲にも伝え、ほかのアジアの
露 し、茶 道 の お 点 前 や 書 道 で は、作 法 に み ん
国への関心にもつながっていくことを願いま
なが興味津々でした。インドネシア語の歌「ラ
す。今 後、同 じ ア ジ ア の 国 の 一 員と し て お 互
ササヤン」を歌い、教室にあふれんばかりの生
いの理解を深め、さらにさまざまな体験を重
徒から大きな拍手を受けました。
ねアジアの国々との架け橋になるよう団員の
将来に期待しています。
The Kamenori Community
2014 年 11 月
No.17
ISAK サマースクール 2014 アジアからの中学生を支援
学校法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽
井沢(ISAK)が実施するサマースクールが、7 月 19 日(土)
から 31 日(木)までアジアを中心とする 24 ヶ国・地域か
ら 80 名の中学生が集まり行われました。ミャンマー、ブー
タン、ベトナム、ネパールの中学生 4 名がかめのり財団の支
援を受け来日しました。
このサマースクールは、
「多様性に対する寛容力」
「問題設
定能力」
「困難に挑む力」を兼ね備えたチェンジメーカーの
育成と国際交流を通じての異文化理解を深めることを目標
にしています。軽井沢の緑豊かな自然の中、座学だけではな
くチームでの協働作業をしながら、
「リーダーシップ」
「デザ
イン・シンキング」
「国際交渉」などのユニークな授業が世界
各国からの教師陣により行われました。多様な背景を持つ
中学生たちが、言語、宗教、経済的な差異を超え、お互いの
考え、意見を尊重し、皆で力を合わせ、助け合う姿が印象的
支援した中学生との懇談会で
でした。中学生からは、
「真のリーダーとは何かを学ぶこと
ができました。」
「自分の言動のすべては、他人の影響を受け
るものではなく、自身の意志によってコントロールできる
ものなのだと学びました。そして、ひとつひとつの選択が
自分を創っているので、
(何を選ぶかによって)なりたい自
分になれるのだと気付きました。」などの感想があり、約 2
週間で得たものを胸に抱き、目を輝かせながら帰国の途に
つきました。
授業風景 リーダーシップ
授業風景 デザイン・シンキング
報告:学校法人インターナショナルスクール・オブ・アジア
軽井沢(ISAK)
事務局
奨学生のことば
日本に住み始めたころは、日本の生活に慣れるのがとても大変でした。日本語があまり話せず、ホ
ストファミリーや友だちとは言葉の壁を感じました。私の国と日本の文化は違うのでたくさんの問
題と誤解があり、ホームシックになりました。でも、ホストファミリーや友だちの他にもたくさん
の方々が私をサポートしてくださり、今は日本の生活に慣れてきました。今後は、日本語能力試験
のために努力し、周囲の人との関係も強化していくために、私はもっと色々なことにチャレンジし、
小さいことから大きなことまで多くを学ばなければなりません。
2014 年 3 月来日、埼玉県内の高校に通学 インドネシア Mr. Ervin Naufal Arrasyid
<< 編集後記 >>
今後の予定
この夏、弊財団が実施、支援する事業で、日本の高校生が韓国やカンボジアを、
11 月 第 6 回中学生交流プログラム実施(受入 インドネシア)
1 月 かめのりフォーラム 2015・第8回かめのり賞表彰式
【高校生短期】韓国・中国から高校生来日
ているのは、自分自身の目で訪問した国の状況を見て、同世代と交流を図るこ
と。参加者が、近い将来、アジアがひとつの輪となり助け合い協力していけるよ
うな関係構築に貢献する人材になることを大いに期待したい。
(菊地)
2 月 【高校生長期】第8期受入生帰国
王敏理事講演会(新潟・ハルビン友好市民の会実施)
3 月 【高校生長期】第9期受入生来日
東南アジアからたくさんの高校生が日本を訪問した。それぞれの目的で共通し
発行人 / 西田 浩子
編集 / 菊地 佐智子
デザイン/イワブチサトシ(BUTI design)
印刷 / 佐伯印刷株式会社
日本とアジア・オセアニアの若い世代の交流を支援します!
公益財団法人
かめのり財団 The Kamenori Foundation
〒102−0083 東京都千代田区麹町 5-5 共立麹町ビル 103
TEL:03-3234-1694 FAX:03-3234-1603
E-mail : [email protected] : http://www.kamenori.jp/