e-Eduation Newsletter 2014Vol.2 - 玉川大学・玉川学園

2014 Vol.2
[email protected] 活用事例
ELF センター(CELF) ミリナー・ブレット先生/コーテ・トラヴィス先生
ELF センター(CELF)における Blackboard の活用事例
ミリナー先生(写真左)は ELF センター(CELF)助教。研究領域
はモバイル支援型学習(MALL)と学生の学習動機づけ。JALT CALL
SIG と横浜 JALT の会計担当、デジタルモバイル言語学習 (http://dmll.
jaltcall.org) のレギュラー寄稿者。
コーテ先生(写真右)は観光学部助教、ELF センター(CELF)兼担。
これまで各種国内外の学会や言語教育ジャーナルにおいて多数の発表実
績がある。研究領域は教師教育、コンピュータを利用した言語学習、多
読、カリキュラム開発等。
◆はじめに
Blackboard(以下 Bb)はインターネット上でオンライン教育や授業の開発を行うことができる
学習マネジメントシステム(LMS)です。Bb は玉川大学(以下本学)をはじめ、全世界で 20000
以上の組織、200 万人のユーザーが活用しており (Blackboard Inc., 2014)、本学では Blackboard@
Tamagawa という名称で、様々な学部、学科において活用されています。
2014 年 4 月に ELF センター(Center for English as a Lingua Franca, 以下 CELF) が新設されま
した。CELF では教員・学生間のコミュニケーションツールとして Bb を活用しているだけでなく、
教員同士、学生同士のコミュニケーションツールとしても Bb を活用しています。
◆玉川大学における ELF プログラム
本学では 2012 年度より ELF プログラムを
③英語の持つ機能を正しく理解することです。
導入しました。ELF とは「English as a Lingua
ELF の授業では、英語という言語が学生(日本
Franca」の略であり、その意味は「第一言語
語を母語とする)と教員(英語を母語とする教
が異なる人々との間で、コミュニケーション
員だけではない)の間におけるコミュニケー
の媒体として利用する際の英語」となります
ションの手段になっています。
(Seidlhofer 2011, p. 7)。玉川大学の ELF プロ
2012 年に 3 学科 436 名の学生から始まっ
グラムの目的は①英語を使うこと②コミュニ
た ELF プログラムは、2014 年には CELF とし
ケーションが成り立つ英語を習得させること
て組織を構え、5 学部 1,800 名の学生に授業を
e-Education NewsLetter 2014 Vol.2 <1>
展開するまでに急成長しました。また、2015
③ CELF 受講学生グループページ
年度には 3 学部から約 800 名の学生が新たに
CELF の専任教職員はこのページを通じて
プログラムに加わる見込みです。
ELF の受講生といつでもコンタクトを取るこ
このような急速な拡大に伴い様々な課題も浮
とができます。ここでは ELF プログラムの
上していますが、ELF プログラムにおいてほと
情報、カリキュラム、チューターサービス、
んどの教員が Bb を初めて使うにも係らず、本
TOEIC 試験日やさまざまな海外留学に関す
学 の Bb の LMS 利 用 の 学 科 間 比 較 で は、ELF
る情報等、
あらゆる情報が共有されています。
の担当教員は Bb の活用率が最も高いという調
専任教員はこれらの情報にアクセスでき、自
査結果が出ています。
ら情報を発信したり、様々な学生生活や教務
◆ ELF プログラムにおける Bb の活用事例
事項について周知することができます。学生
CELF に 所 属 す る 教 職 員 は Bb を 利 用 し て
調査アンケートなどもこのページ上で行われ
ELF プログラムを管理・運用したり、学生の学
ています。アンケートの集計はすべてオンラ
修支援を行ったりしています。また、学生も自
インで処理され、
パソコンやスマートフォン、
分のプログラムの学修状況を Bb を通じて確認
タブレットにおいて使いやすい仕様となって
を行っています。
います。
以下、CELF が行っている Bb を利用した教員・
学生向けの学習サポート、CELF 教員 2 名によ
る Bb を利用した学修活動について報告します。
①管理運営業務支援
CELF の教職員は様々な事務処理を Bb を
活用して効率的に行っています。また教員同
士が共有できるグループを Bb 内に設置し、
教員同士の連絡や情報の共有などを行い、効
率的な業務処理を行っています。
② CELF ワーキンググループページ
CELF 受講学生グループページ
④ CELF 教員グループページ
CELF では、ELF プログラムの成功は教員
によるものと考えています。そのため、教員
CELF ワーキンググループページでは CELF
同士がコミュニケーションをとったり、様々
専任教職員による協働作業が行われており、
な情報を共有できることがとても重要だと考
管理運営業務について告知・議論・共有が行
えています。我々は Bb の持つコミュニケー
われています。例えば、毎週の教員の打合せ
ション機能やファイル共有機能を活用し、プ
の議題や会議の議事録、事務・教務文書、教
ログラムを成功に導くためのフィードバック
育活動の記録、休講のお知らせ等、様々な内
を共有したり、効率的な授業運営支援を行っ
容を Bb で共有しています。
たりしています。
例えば、我々は ELF プログラムの新任教
員に対してのオリエンテーションを行う際
に、ELF プログラムガイドブックを使用して
いますが、これは Bb で共有しています。ま
た、授業で使われる音声教材や映像教材、教
科書や様々な補助教材も Bb で共有していま
す。教員は授業で使う多種多様な教材を持ち
CELF ワーキンググループページ
e-Education NewsLetter 2014 Vol.2 <2>
込まなくても、自分のノートパソコンを持っ
ていけば、教室備え付けの AV 機器を利用し
2013 年度の ELF パイロットプログラム開
て教科書を投影したり、音声ファイルや映像
講以来、新任教員向けに年 4 回ワークショッ
ファイルを再生したりすることが出来るよう
プを開催しました。月曜日 / 水曜日担当教員
になっています。
と火曜日 / 金曜日担当教員双方に対応するた
ELF 担当教員が閲覧、コメントできるブロ
めに、1 時間のワークショップを 2 回に分け
グもこのページに開設しており、情報交換や
て開催しました。どのワークショップも参加
ディスカッションが盛んにおこなわれていま
率はとても高く、終了後のフィードバックも
すし、チューターサービスもこのページで管
非常に肯定的なものでした。2013 年度に参
理しています。チューターはこのリンクにア
加した非常勤教員にワークショップが有益で
クセスし、毎回のセッションの記録を書き留
あったどうか聞いたところ、13 名中 12 名
めており、その情報を共有しています。
の教員から肯定的な回答を得ることができま
した。現在は Bb システムの採用率、活用率
において、ELF の教員が他の学科と比べて最
も高いという結果となりました。
◆ ELF の授業における Bb の活用事例
(ミリナー先生)
①ブログ機能の活用
私の担当する ELF の授業では、Bb の機能
CELF 教職員用グループページ
としては主にブログ、成績管理、テスト、ア
このように、この教員グループページは
ナウンスを利用しています。学生が英語で書
日々の授業のためだけでなく、ELF プログラ
くのを習慣とするため、週 2 回英字で 500
ムの調整やカリキュラムの開発等においても
字のブログを投稿するように学生に指示して
重要な役割を果たしているといえます。
います。また、ブログのコメント欄でも英語
⑤ ELF Blackboard Workshop
で返信するように指示しています。
前述のように、ELF の教員の大半は玉川大
ブログはクラスの全員が閲覧できるため、
学に初めて在籍する人ばかりであり、Bb を
学生は自分の発言に責任を持ち、クラスメー
使うのも初めてだという人がほとんどです。
トに読まれるということで課題に真摯に取り
そこで、我々は Bb を活用するためのワーキ
組むようになりました。クラスメートの投稿
ンググループを作りました。
に返信したり自分自身が投稿することによ
ワーキンググループのメンバーは新任教員
り、英語で書くことやコミュニケーションす
に Bb を紹介し、その機能ついての使用方法
ることに慣れていくことが考えられます。結
や授業における Bb の活用法を提案するため
果として学生は学期末までにブログを通じて
のワークショップを企画しました。
7,500 字程度の文章を書くことになり、大き
な達成感を得ることができています。
さらに、ブログ機能は通学途中にスマート
フォンで簡単に閲覧することができるように
なっています。これにより、学生が効率よく
他の学生の学習への取り組みを確認すること
ができるようになりました。
②成績管理機能の活用
ELF Blackboard Workshop
次によく活用する機能は成績管理です。
e-Education NewsLetter 2014 Vol.2 <3>
ELF プログラムの評価基準はさまざまです
ストはスマートフォンでも回答・提出するこ
が、成績管理は学生の成績や学習状況を管理
とができ、成績を確認することもできます。
するにあたって最適な方法です。
④アナウンス機能の活用
私が担当するクラスでは現在の成績状況を
学生に連絡する手段として電子メール機能
学生に公開しており、それゆえに学生は学期
がありますが、受講生全員に連絡する機能と
中いつでも自分の成績を確認することができ
してはアナウンス機能がより有効です。
るようになっています。
授業終了後に授業の内容をまとめたレポー
成績管理機能は自分の成績に関心ある学生
ト課題を提示するのですが、その連絡をする
に好評で、学期後半にさらによりよい評価を
ために、アナウンス機能を活用しています。
得ようとする学生のやる気を引き出すのにと
このような情報は授業内容を復習したい学
ても役立っています。また、成績が不公平だ
生や欠席のため課題に関する情報が必要な学
と不満を言う学生のクレームを未然に防ぐ役
生に特に役立っています。また学生が宿題に
割も果たしています。
取り掛かるためのきっかけになるような効果
もあります。
⑤コースページのカスタマイズ機能の活用
自分のクラスの Bb ページをカスタマイズ
することもできます。
私のアナウンスでは Quizlet という埋め込
み プ ロ グ ラ ム <www.quizlet.com> で 作 っ た
語彙クイズを組み込んでいます。下のスク
Bb 成績管理画面
③テスト機能の活用
テスト機能には自動採点機能があるものも
リーンショットは、クラスのレポートページ
において語彙クイズを組み込んでいる様子で
す。
あり、採点の手間を省くことができ非常に
有用です。テストを作成するためには Excel
ファイルを作成する時間が多少必要となりま
すが、それでも通常の試験問題を作成するよ
りも大幅に時間を短縮できます。
また、学生が受験したテストの結果は成績
管理に自動的に更新されるので、学生の得点
を簡単に確認することができ、時間を短縮す
ることができます。
埋め込みプログラム(Quizlet)使用画面
他にも、学生が授業中、或いは自宅で使用
できるビデオやオーディオコンテンツを埋め
込むマッシュアップ機能も活用しています。
外部のウェブサイトへのリンクを追加した
り、学生が定期的にアクセスしてほしい情報
を格納したナビゲーションバーをカスタマイ
ズすることも出来るようになっています。
Bb テスト機能画面
学生にもテスト機能は好評です。なお、テ
e-Education NewsLetter 2014 Vol.2 <4>
◆ ELF の授業における Bb の活用
キルを覚えるという点で非常に有益です。
(コーテ先生)
多くの学生がブログを公開する方法のう
私は、学期の初めにアナウンスを投稿した
ち、写真を添付する方法に関して別に説明が
り授業の資料を配信するために Bb を利用し
必要となります。私はその対策としてその操
ます。また、学生にも Bb を十分使いこなし
作方法を説明した 5 分程度の動画を作成し、
てほしいと伝えています。
コースページにアップロードして学生が任意
主にアナウンス、ブログ、日誌、項目、電
のタイミングで確認できるようにしていま
子メール、成績管理を利用します。他の教員
す。
と同様に、アナウンス機能を使って授業の注
意事項や大学の情報を共有したり、提出期限
が近づいている課題について学生に知らせた
りしています。また、アナウンスを投稿した
時点で受講生にメールが送信される機能を使
用しています。学生はアナウンスが掲載され
たことを自分のパソコンや携帯電話で知るこ
とができ、アナウンス内容の確認をすること
ができます。
①コースブログ
英語を使っての対面授業は 1 週間で 200
ナビゲーション動画掲載例
分と限られています。そのため、私は Bb の
学生はセメスターの終わりまでに毎週 2
ブログ機能を活用しています。ブログは受講
記事、合計 30 記事のブログを作成します。
生が英語でコミュニケーションをするための
私は、英語の文章を使って表現していれば、
重要なツールとして位置付けています。
多少のスペルミスは気にしません。ブログの
テーマは自由で、写真を共有したり、他のク
ラスメートの投稿にコメントすることをすす
めています。
今学期は学生に対して小論文を作る 2 つ
めのブログを学生に課しました。投稿された
ら私のブログにその一部を紹介します。そし
てそのブログにはコメントを残すよう他の学
Bb ブログ画面
生に指示しています。
教員はブログを教員と学生が一対一でやり
Bb の通常機能ではありませんが、ELF の
取りを行う方法と、投稿した内容をすべての
プログラム内のすべてのコースで「Course
メンバーに公開する方法のいずれかに設定す
Materials」というボタンを設定しています。
ることができます。私は学生が教員とだけで
学期の始めに、すべての教科書関連の教員
なく、学生同士が互いに英語でコミュニケー
マニュアル、解答と MP3/audio ファイルが
ションすることが必要だと考え、受講者全員
個々のコースにアップロードされます。加え
に公開する設定を使用しています。
て各 ELF 担当教員は学生と共有したいデー
私はブログを授業の最初の日に開設し、学
タやコンテンツの素材を自由にアップロード
生にブログの使い方を教えます。これにはか
することができます。
なりの時間が必要ですが、学生が自ら ICT ス
成績管理機能は頻繁に利用しています。成
e-Education NewsLetter 2014 Vol.2 <5>
れに加え、カレンダーツールを追加し、重要
な日程については部員同士が共有し、スケ
ジュールを管理しています。
E.S.S. 部員の学生は Bb 上でアシスタント
という権限が与えられています。これは情報
の掲示、ページのデザインやレイアウトの編
集、新しいディスカッションテーマの投稿、
Course Materials 画面
績管理機能は適切に利用するために事前に準
スケジュールの追加、ブログの編集といった
権限を有しているものです。
備する必要がありますが、準備が完了したら
◆まとめ
学生の学習の状況を簡単に確認できるように
ELF 科目を担当するほとんどの教員は、玉川
なりとても使いやすくなります。得点や成績
大学、ELF プログラム、Bb を利用した学習マ
は自分で入力する必要がありますが、総合得
ネジメントは初めての経験となります。これら
点の計算や加点は自動的に処理されます。ま
の教員に対して CELF が行うガイダンスやワー
た、得点や評価結果を学生が閲覧できないよ
クショップによって、先の点についての理解に
うに設定することもできます。
大きな進展が見られ、
大変心強く思っています。
成績管理機能は学生には「My Grades」と
実際に過去 2 年間の集計でも、ELF 科目担当教
して表示され、自分の成績のみを確認するこ
員が Bb の利用に対して最も積極的であるとい
とができるようになっています。
う結果が出ています。
◆クラブ活動における Bb の活用(コーテ先生)
また、一部の教員は将来における Bb の更
今年の初め、玉川大学のクラブ活動である
なる活用方法として、スマートフォンやタブ
「イングリッシュ・スピーキング・ソサイエティ
レットに適合したモバイルデバイス用の Bb ア
(E.S.S.)」の顧問に任命されました。そこで、
プリを検証しています。そして、教員一人一
E.S.S. の活動に Bb を活用すべくグループペー
人が Bb についてより深く理解し活用できるよ
ジを作成しました。
う、e エデュケーションセンターや Blackboard
Japan、Bb を活用する他の大学との連携を強化
していきたいと考えています。
CELF では教員の研修だけでなく、Bb 上にお
いてシラバスに関する課題を共有したり、検討
するような機会になるワークショップを今後開
催していく予定です。我々は教員を支援する
Bb や様々なデジタルツールを活用して教員の
スキルや経験が増し、ELF プログラムの質が向
E.S.S グループページ
E.S.S. メンバーは週に二回集まり、英語を練
上することで、玉川大学の教育環境の向上・充
実につながっていくことを期待しています。
習したり、時事問題を議論したり、論争中の話
題をテーマにディベートしたりしています。現
在 Bb の E.S.S. グループページでは、メンバー
のブログ、オンラインディスカッションフォー
ラムを始め、毎週のミーティングと議事録を記
録するフォルダの作成・管理をしています。そ
e-Education NewsLetter 2014 Vol.2 <6>
(翻訳・編集:ELF センター 河津 真子
e エデュケーションセンター 篠原 裕章)
「コンピュータ演習室」
・
「MyPC プリンタ」
リプレース作業について
8 月 1 日 9 月 7 日の期間にかけて行いました「コンピュータ演習室」と「MyPC プリンタ」の
リプレース作業についてご報告します。
◆「コンピュータ演習室」リプレース作業による主な変更内容
今回のリプレース作業によりコンピュータ演習室機材の仕様を下記の通りに刷新しました。
1.コンピュータ演習室に設置する PC の構成
[ CPU: Core i7 3.60GHz、メモリ : 16GB、SSD128GB、GPU: GeForce GT635 ]
※ 5 号館 127 のみ ゼロクライアント端末を設置しております。
2.OS:Windows8.1
3.Office:Microsoft Office 2013
※上記以外のソフトウエアに関しては、
以下の PC 演習室のホームページに記載します。
http://wm.tamagawa.ac.jp/ict/pcroom/
4.ブラウザソフト:Internet Explorer 11
PC 演習室(5 号館 127)
5.Adobe(PhotoShop,Illustrator)CS6
6.授業支援ソフトウエアは WingNet から eWatcher へと変更
※機能の変更はなく、さらに簡易操作キーボードから利用できます。
PC 演習室教員用 PC
eWatcher 基本画面
7.Linux 環境は、Windows PC 上の仮想環境にて動作
8.5 号館 127 については通常の PC ではなく、ゼロクライアントを設置
○ゼロクライアント…仮想デスクトップ環境を利用することを前提に、単体としての
機能を極限まで削減したコンピュータ端末。
※利用できるソフトに変更はありませんが、CD、DVD 等光学メディアは利用できません。
◆ MyPC プリンタの主な変更内容
MyPC プリンタの機器もいくつかの箇所を除いて、
最新のプリンタに刷新されております。
また、今回新規に大学 3 号館の 3 階と大学4号館
の 3 階に MyPC プリンタを1台ずつ増設しました。
この変更内容により、学内での MyPC プリンタの
利便性が、より一層向上することとなりました。
MyPC プリンタ(4 号館)
e-Education NewsLetter 2014 Vol.2 <7>
[email protected]
サーバメンテナンスの完了報告
[email protected] [email protected]実施致しました。
Bb は年度ごとに分けて管理を行っており、メンテナンス作業によって、コンテンツおよびデータ
ベースアクセス処理最適化を行っております。
「過去参照サーバ」では、最大 2 年分のデータを確認することが可能です。過去データを閲覧す
る必要がある場合に応じて、利用をお願いします。
◆ 過去参照サーバの利用について
URL
http://bb-oldv.tamagawa.ac.jp
稼働時間
9:00
17:30
現行サーバ
過去参照サーバ
bb.tamagawa.ac.jp
bb-oldv.tamagawa.ac.jp
2014 年春セメスター
より過去 2 年分のデータを
過去参照サーバへ移行
現行サーバ内のデータ
× ( 参照不可 )
× ( 参照不可 )
○
○
○
年度 セメスター
2012 年 秋
2013 年 春
2013 年 秋
2014 年 春
2014 年 秋
過去参照サーバ内のデータ
○
○
○
○
-
表 1. サーバデータ移行について (2014 年 9 月現在 )
e-Education NewsLetter 2014 Vol.2
編集後記
記事で紹介されている通り、CELF では Bb のコミュニケー
玉川大学
ション機能を活用されています。
e エデュケーションセンター これらの機能は e-Education NewsLetter 2011 特別号 2 東京都町田市玉川学園 6-1-1
及び 2012 Vol.1 に記載されていますので、
Tel:042-739-8820
ぜひご覧ください。
Fax:042-739-8825
また、PC 演習室、ならびに MyPC プリンタのリニューア
e メール:[email protected]
[email protected]ていただけ
れば幸いです。
e-Education NewsLetter 2014 Vol.2 <8>
2014 年 10 月発行