本文を閲覧する

『中国言語文化研究』第14号
荻生徂徠の言語観
―『訳文筌蹄』初編と「国会本」の比較から―
武 内 真 弓
はじめに
江戸中期、江戸や上方で現代中国語ブームが起こった。「中
国近代語の学習が行われ、また白話小説の翻訳・翻案などをは
じ め 、 唐 話 (1)は 江 戸 時 代 の こ と ば の 一 層 を な し た 」 ( 岡 田 袈 裟
男 『 江 戸 異 言 語 接 触 ( 第 2 版 ) 』 笠 間 書 院 、 2008 年 、 34 頁 ) の
である。そのブームの立役者のひとりが、『通俗忠義水滸伝』
( 宝 暦 7〔 1757〕 年 - 寛 政 2〔 1790〕 年 ) な ど を 著 し た 岡 島 冠 山
( 延 宝 2〔 1674〕 年 - 享 保 13〔 1728〕 年 ) で あ る 。 そ し て 、 一
介の唐通事(中国語通訳)であった冠山を自らの中国語学習サ
ークル「訳社」に講師として招き、その名を高めたのが、当時
既 に 著 名 な 儒 者 で あ っ た 荻 生 徂 徠 ( 寛 文 6〔 1666〕 - 享 保 13
〔 1728〕 年 ) で あ っ た 。 石 崎 又 造 『 近 世 日 本 に お け る 支 那 俗 語
文 学 史 』 ( 弘 文 堂 書 房 、 1943 年 ) は 「 従 来 西 陲 の 一 隅 に 限 ら れ
てゐた唐話学は徂徠の如き偉大な学者の賛同と長崎出身の冠山
及大潮(稿者注:釈大潮)等の指導を得て始めて学界の注目す
る所となつた」(9 頁)とする。「訳社」で教科書として編纂さ
れたとされる『唐話簒要』などの書籍は「唐話」の教科書とし
て広く巷に出回った。稿者は江戸時代における「唐話」、つま
り当時の現代中国語の受容を研究するなかで、荻生徂徠の言語
観において当時の現代中国語がどのような位置を占めたか、ま
た逆に、当時の現代中国語を学習することが徂徠の言語観を形
成する上でどのような役割を果たしたのかを検討している。本
や く ぶ ん せ ん て い
稿では徂徠の著作『訳文筌蹄』からその一端を探ってみたい。
[ 1 ]
荻生徂徠の言語観
一
『訳文筌蹄』について
荻生徂徠の初期の主張に、和訓に頼らずに漢文を読むという、
いわゆる「漢文直読論」がある。その主張を託した書物のひと
つが『訳文筌蹄』とよばれる著作である。初編と後編に分かれ
て お り 、 初 編 6 巻 6 冊 は 正 徳 4-5( 1714-15) 年 、 後 編 3 巻 3 冊
は 寛 政 8( 1796) 年 に 刊 行 さ れ た 。 現 在 『 訳 文 筌 蹄 』 と 呼 ば れ
る 著 作 は 、 こ の 初 編 と 後 編 を 合 わ せ た も の を 指 す (2) 。 本 稿 で は 、
初編・後編両者を合わせて呼ぶ場合には『訳文筌蹄』、分ける
場合にはそれぞれ「初編」・「後編」と呼ぶ。
『訳文筌蹄』は初編の冒頭に「題言十則」「訳準一則」「凡
例三則」、後編の冒頭に「文理三昧」をおく。本文は、日本人
か ら み て 意 味 の 似 通 っ た 字 を 2 字 か ら 28 字 の グ ル ー プ に ま と
め、それぞれの字について意味や用法を解説している。「訳文
筌 蹄 初 編 」 ( 『 荻 生 徂 徠 全 集 』 2 、 み す ず 書 房 、 1974 年 ) 戸 川
芳郎・神田信夫「解題・凡例」は「初編」についてこのように
解説する。
本文は、形状字(半虚字)と作用字(虚字)、つまりいま
の形容詞(副詞的機能を含む)と動詞、に当たる一六七五
個の漢字を標出し、意味の似かようものを類別し、従来の
、、
きめの粗い「和訓」ではおなじ日本語のよみとなるものが、
中国語の本来としては差違のあるのを、新「訳」すなわち
平易な日本語によって辨別し説解した。この、用言に関す
る同訓異義辞典は、明代に盛んとなった中国での助詞の字
書類とは異なり、品詞を自覚したうえで、中国語の読解と
作文に最重要な動詞・形容詞の語義を、すでに「和訓」に
よっては誤読の低迷を免れないことを説きつつ、確実な日
本語「訳」によって明晰に疎通したことにより、画期的な
内容の辞書となった。同類書の双璧、伊藤東涯の『操觚字
[ 2 ]
『中国言語文化研究』第14号
訣』が写本で伝わって、おくれて明治年間に刊行されるま
で は 、 独 り そ の 名 を 擅 に し た の で あ る 。 ( 3 ) ( 736 頁 )
「初編」は「画期的な内容の辞書」として巷に流行したわけ
である。ここに書かれているのは「初編」についてであるが、
「 後 編 」 は 寛 政 8 ( 1796) 年 に 発 刊 さ れ た 際 に 「 初 編 」 と セ ッ
ト に し て 販 売 さ れ た (4)。 後 に 「 初 編 」 の 索 引 と し て 『 訳 文 筌 蹄
字 引 』 ( 明 和 6( 1769) 年 8 月 跋 ) が つ く ら れ 、 こ れ も 「 『 訳
筌』の普及を知る一資料」(「訳文筌蹄字引」〔『漢語文典叢
書 3』 汲 古 書 院 、 1979 年 〕 戸 川 芳 郎 「 解 題 」 ) と な っ て い る 。
『訳文筌蹄字引』の見返しに「方今海内学士莫不手訳筌也。」
( 今 や 国 内 の 学 習 者 に は 、 訳 筌 を 手 に し な い 者 は い な い 。 ) (5)
ざ つ も ん せ ん
とある。さらに、江戸後期に『訳文筌蹄』をもじって『雑文穿
た い
袋 (6)』 な る 洒 落 本 が 出 た こ と も 、 『 訳 文 筌 蹄 』 の 社 会 へ の 浸 透
ぶりを示唆するであろう。
この「初編」冒頭の「題言十則」は、漢文、つまり中国の古
典を、和訓を用いず、上から下へとまっすぐ下りるよう(「従
頭直下」)読むのが望ましいと述べる。「題言十則」は中国の
、、
古典の学習方法について述べているのである。『訳文筌蹄』本
、、
体も、当然のことながら中国の古典を学ぶために編まれたこと
になる。しかし、『訳文筌蹄』には、漢籍の理解とは直接には
無関係と思われる、当時の現代中国語の発音らしきものが片仮
名で示された箇所がある。これは、どういう目的・理由で施さ
れたものなのだろう。
二
「初編」と「国会本」
「初編」には片仮名で当時の現代中国語の発音を示したと思わ
れ る 語 が 32 項 に 46 語 ( 7 ) 見 出 せ る (8)。 『 訳 文 筌 蹄 』 に は 、 今 日
『訳文筌蹄』と呼ばれている刊本の他に写本が存在し、そのう
[ 3 ]
荻生徂徠の言語観
ちの一種が現在国会図書館に所蔵されている(以下、「国会
本 」 (9)) (10)。 興 味 深 い の は 、 こ の 「 国 会 本 」 の 方 に は 、 こ の よ
うな、片仮名で当時の中国語の発音を示した語は見当たらない
点である。
『訳文筌蹄』は執筆当初から「初編」・「後編」に分かれて
いたわけではない。『訳文筌蹄』刊行前に、その元となった稿
本が存在しており、それが写本として巷間に流布して話題を呼
んだ後、刊本『訳文筌蹄』となって世に出されたのである。徂
徠 本 人 も 『 訳 文 筌 蹄 』 「 題 言 十 則 」 で 「 此 編 … (略 )… 蒙 生 伝 写 。
無 脛 走 千 里 外 ( こ の 書 物 は … (略 )… ま だ 物 事 を 知 ら な い 者 が こ
れを書き写し、書物が勝手に遠くへ飛んで行ってしまったの
だ。)と言う。こういった稿本の内容の一部(「国会本」では
巻 6、 7、 10、 11 に 相 当 ) を 徂 徠 が 取 捨 選 択 ・ 加 筆 訂 正 し て 、
「 初 編 」 ( 6 巻 ) が 徂 徠 在 世 の 正 徳 4-5( 1714-15) 年 に 刊 行 さ
れ た 。 一 方 「 後 編 」 は 、 徂 徠 没 後 の 寛 政 8( 1796) 年 に 、 残 り
の部分の一部に竹里散人なる者が手を加えて出版された。つま
り、「初編」と「後編」とは、編纂過程に違いがあったのであ
る。「国会本」がすなわち上に述べた「写本」そのものである
かどうかはわからないが、いずれにせよ、まず「国会本」のよ
うな内容の本が写本として広まり、その後に内容が取捨選択さ
れて『訳文筌蹄』となったことは間違いないだろう。
「 国 会 本 」 が い つ ご ろ 成 立 し た の か に つ い て は 、 「 … (略 )…
序 跋 な し 、 著 者 名 な し 、 筆 者 の 年 記 も 氏 名 も 缺 い て (11)」 お り 、
定かではない。『訳文筌蹄』「題言」によると、徂徠は父の江
戸 払 (12)に よ っ て 14 歳 か ら 25 歳 ま で (13)南 総 に 移 り 住 み 、 帰 京
後 の 25、 6 歳 の 頃 に 『 訳 文 筌 蹄 』 の 内 容 を 弟 子 に 口 述 筆 記 さ せ
た と い う (14)( 『 年 譜 考 』 で は 元 禄 4( 1691 ) 年 、 26 歳 頃 と す
る)。これに対して黒住真は、「国会本」が質量ともにまとま
ったものであることから、
[ 4 ]
『中国言語文化研究』第14号
徂徠の言語論著の皮切りは、徂徠二六歳くらいであり、相
当年月がたったところに「稿本(引用者注:本稿でいう
「国会本」。黒住は「国会本」が、蘐園に残り増補・削除
されて『訳文筌蹄』初編となった古い稿本と見なしてい
る)」、また年月がたったところに『初編(引用者注:本
稿でいう『訳文筌蹄』初編)ということである。(「『訳
文筌蹄』をめぐって」(『近世日本社会と儒教』ぺりかん
社 、 2003 年 、 554 頁 )
と し 、 「 国 会 本 」 の 成 立 を 26 歳 頃 か ら 「 相 当 年 月 が た っ た 」
ころであろうとみている。
なお「初編」巻首の「題言十則」は、黒住前掲書によると、
「稿本(国会本)」が成立した後に「題言十則」(宝永 8
〔 1711〕 年 ) が 書 か れ 、 さ ら に そ の 後 に 「 初 編 」 ( 刊 行 は 正 徳
4-5〔 1714-15〕 年 ) の 本 文 が 書 か れ る 、 と い う 順 番 で 成 立 し た
(15)
。その結果、現在の「国会本」には「題言十則」は存在し
ていない。逆に言うと、現在の「国会本」に「題言十則」が存
在しないということは、「国会本」が蘐園に残っていた古い稿
本と非常に近しい証拠であると見なせるだろう。また、『訳文
筌蹄』「初編」の内容を踏まえて「題言十則」を書いたわけで
はなく、「題言十則」は、これから稿本に手を加えて完成させ
る『訳文筌蹄』「初編」の、言わば設計図なのである。なお
『訳文筌蹄』の後編については、徂徠の死後に刊行された、徂
徠以外の人間の手が入った資料であることから、本稿では考察
の対象から外し、別に考えることとしたい。
三
「初編」と「国会本」の違い
「国会本」と『訳文筌蹄』の対応は、黒住前掲書および『漢
語 文 典 叢 書 3』 所 収 の 「 訳 文 筌 蹄 11 巻 」 「 解 題 」 に 詳 し い 。 内
[ 5 ]
荻生徂徠の言語観
容 の 増 加 も 著 し く 、 ま ず 、 親 字 の 数 が 、 「 国 会 本 」 が 640( 巻
6: 167 字 、 巻 7: 162 字 、 巻 10: 199 字 〔 二 文 字 語 を 含 む 〕 、
巻 11: 112 字 ) ( 1 6 ) で あ る の に 対 し 、 『 訳 文 筌 蹄 』 前 編 は
1675(17)( 巻 1: 19 項 139 字 、 巻 2: 41 項 297 字 (18) 、 巻 3: 43
項 298 字 (19) 、 巻 4: 27 項 212 字 (20) 、 巻 5: 51 項 303 字 (21) 、
巻 6: 50 項 426 字 (22) ) で あ り 、 大 幅 な 改 稿 と 言 っ て 差 し 支 え
ないであろう。
また、先ほど述べたとおり、「初編」では片仮名で当時の現
代中国語の発音を示したと思われる語を使った説明が用いられ
ている。例えば「初編」の本文冒頭の【閑】の項には
【閑】はひまと訳す。又、むだと訳す。「忙」字の反対な
コ ン ヘ ン
ク イ ヘ ン
り 。 … (略 )… 俗 語 に 空 閑 は ひ ま な る こ と な り 。 貴 閑 は 御 ひ
ま と い ふ 詞 な り 。 … (略 )… 女 房 の 夫 に ひ ま を と る は 、 …
ギ ウ ヒ ウ
ヒウリヤウタアハアタアヒウ
(略 )… 俗 語 に は 求 休 と い ふ 。 ひ ま を や る は 休 了 他 把 他 休 な
ギウトイヤウトイヅエンリヤン
り。主人にひまをとるも求去也。俗語にては求退要退銭糧
な り 。 ( 初 1-01 ウ ) (23)
コ ン ヘ ン
という説明があり、「空閑」などと、当時における現代中国語
の発音を片仮名の振り仮名で示している。一方、「国会本」の
【 閑 】 項 ( 『 訳 文 筌 蹄 写 本 』 巻 6、 『 漢 語 文 典 叢 書 』 3、 汲 古 書
院 、 1979 年 ) を 、 些 か 長 い が 、 す べ て 引 く 。
【閑】しづかとよむは倭訓の誤りなり。字書に静也と云注
あれども、それは静なる気味合もあると云ことにて、的当
の字訓にあらず。静は動静と云て、動字と対する字なる故
へ、正く、しづかと云訓、的当也。閑は、ひまなと云意也。
ひまなと云から、むだとも意得、ゆうなとも意得る。故に、
忙字と対する文字也。閑職と云も、ひまな役と云義、閑人
は、ひま仁と云義、閑議論と云も、ひまなままのむだ僉議
と云義。又、閑々語とも云も、むだことと云。又、閑雅と
[ 6 ]
『中国言語文化研究』第14号
云も、ゆうに・きゃしゃなと云義、幽閑と云も、おくゆか
しひ・ゆうなと云義也。又、いたづらと訓ずる説あれども、
的 当 に あ ら ず 。 ( 286 頁 )
ギ ウ ヒ ウ
ヒウリヤウタア
このように、「初編」に見られるような「求休」「休了他」
ハ ア タ ア ヒ ウ
ギ ウ ト イ
ヤウトイヅエンリヤン
「把他休」「求退」「要退銭糧」といった語句を挙げていない
。「国会本」にも「俗語」を用いた説明はあるが、片仮名で発
音を示した語がないのである。
「国会本」にはなかった、片仮名で発音を示した当時の現代
中国語を徂徠が「初編」に加えたことに稿者は注目したい。
「国会本」から「初編」への間に、徂徠にとって「俗語」に対
する何らかの心境の変化があったと考えられるのではないだろ
う か 。 徂 徠 は 「 題 言 十 則 」 執 筆 と 同 じ 年 の 正 徳 元 ( 1711) 年 に
はすでに「訳社」で「音声言語としての現代中国語」の勉強会
ギ ヤ ン ヅ ア ツ コ ウ
リンワイチヤイジンキユユ
を始めていた。「強似阿哥」「另外差人去」などの語句は、管
見の及ぶ限りでは白話小説の中に見出せないことから、「訳
社」などの場で習い覚えた可能性を指摘できるかもしれない。
当時の現代中国語音を表した語の数量そのものは、「初編」全
体 の 親 字 の 数 が 1675 で あ る こ と か ら す る と 、 決 し て 多 く は な
い。
一方「国会本」の解説を見てみると、「俗語」の語でさまざ
まな説明の仕方をしていることがわかる。
【些】ずんど尐なき意なり。「ちくと」と云ほどの義。俗
語 な り 。 ( 300 頁 )
【 欺 】 … (略 )… 又 人 を あ な ど る こ と を も 欺 と 使 ふ こ と あ り 。
俗 語 に あ る こ と な り 。 … (略 ) … ( 342 頁 )
ここでは「些」「欺」字の俗語における使い方を解説してい
[ 7 ]
荻生徂徠の言語観
る。
【慰】なぐさむるとよむ。俗語のあそびなぐさむことにて
はなし。人のかなしみ、又はをそれ・いかりなどするをな
ごめることなり。又、心の安堵することにも用ふ。心を尉
す意なり。熨は、熨斗にて物をのして、しっとりとさする
な り 。 ( 315 頁 )
「なぐさむるとよむ。俗語のあそびなぐさむことにてはな
し」という説明は、日本のことばでいう「あそびなぐさむ」と
いう意味ではなく「なぐさむる」という意味だ、ということを
言っているようである。つまり、ここでの「俗語」は、他の例
と違って日本語の俗語を指しているのではないかと思われる。
これは、あるいは「国会本」の段階では、「俗語」という語の
用法に揺れがあったことを示すのかもしれない。
【念】又、口念と云ときは口にて唱ふること之。―誦、―
仏などを思ふとばかり意得て様々理を付て云は、文字の正
義 ば か り を 意 得 て 俗 語 を 知 ら ぬ 故 な り 。 ( 338 頁 )
「俗語を知らぬ故なり」という言説には、俗語を知ることの
優位性が背後にあるだろう。このように、「国会本」において
「俗語」の語で説明されている内容が多様であることが見てと
れる。
これと同じように、「初編」にも「俗語」という語を発音表
記なしの語とともに用いている例がみられる。「初編」に「俗
語 」 の 語 を 用 い て 音 声 表 記 な し の 語 を 説 明 し て い る 項 は 81 項
あり、音声表記のある語に比べて多い。
[ 8 ]
『中国言語文化研究』第14号
【 利 】 … (略 )… 俗 語 に は 、 す さ ま じ く 甚 し き こ と を 利 害 と
い ふ 。 … ( 略 ) … ( 初 1-1 1 オ )
【 保 】 … (略 )… 俗 語 に 、 う け あ ふ こ と を 保 と い ふ 。 保 任 と
連 用 す 。 保 戸 ・ 保 人 、 皆 う け あ ひ も の な り 。 … (略 )… ( 初
1-17 ウ )
「利害」「保任」「保戸」「保人」などの語には発音は示さ
れていないが、現代中国語における用法を示すという点では、
音声表記のある語と同様の説明をしているといえよう。
【  】 … ( 略 ) … ま た 俗 語 に ゆ る す と よ む 。 ( 初 1-13 オ )
【停】俗語にひとしとよむ。ものの等分なることなり。…
(略 )… ( 初 2-57 ウ )
【派】俗語にわりつくることなり。経済の書に多き語なり。
( 初 3-06 オ )
【 俵 】 是 も 俗 語 に も の を 分 散 す る こ と な り 。 ( 初 3-06
オ)
これらの例は、俗語の語彙を提示することなく、字が俗語の
文脈で使用された場合の解釈を示している。
【 化 】 … (略 )… 又 、 僧 道 の 募 縁 を 化 と 云 ふ 、 こ の 方 俗 語 の
勧 進 な り 。 … (略 )… ( 初 3-10 オ )
ここでは、「『化』は日本語の俗語でいう勧進のことであ
る」という説明をしていると考えられる。つまりこの「俗語」
、、、
は日本語の俗語のことであるが、「この方俗語」と書いており、
通常の「俗語」とは違う意味で用いていることを明示している。
先に挙げた「国会本」の、「俗語のあそびなぐさむことにては
[ 9 ]
荻生徂徠の言語観
なし」の「俗語」が日本語の俗語であるという説明なしに使わ
れているのと対照的であるといえよう。これは、「初編」では
徂徠の「俗語」の用法が「国会本」に比べて揺れが尐なくなり、
字の解釈がより精密になったことを表していると思われるが、
これは今後の課題としたい。
「俗語」の他に徂徠が字義の説明に用いているのが、「訓」
「訳」などの語である。例えば【正】項にはこのようにある。
【正】ただしと訓ず。ろくなりと訳す。和語のただしきと
云は、きびしきやうなる意あるやうなり。ろくなりと見て
よきなり。邪の反対なり。正邪はろくとゆがむなり。廉正
は無欲にろくなるなり。正直はろくにすぐなるなり。影正
は、かげのゆがまぬなり。心正、筆正は、心がろくなれば
筆もゆがまぬなり。ただすと訓ずるとき、なほすと訳す。
是正文字、釐正、改正などなり。但、ただすとよむとき、
人多く糾字のやうに心得るは、毫釐の違ひ千里の謬となる
べし。正心と云は、心をゆがまぬやうにするなり。心をろ
く に す る な り 。 … (略 )… ( 初 4-01 オ - ウ )
徂徠は【正】を、「ただし」と訓ずるときには「ろくなり」
と訳し、「ただす」と訓ずるときには「なほす」と訳せ、とい
う(「ただすとよむとき」という箇所は、「『ただす』と理解
するとき」という文脈であると判断するので、ここでは論じな
い)。ひとつの字義を説明するのに、徂徠が多様な方向からの
説明を試みているのがわかる。この【正】字は「国会本」には
見当たらないので、「国会本」と「初編」の両方に説明がある
語の例を挙げる。【動】字の「国会本」の説明は以下のとおり
である。
[ 10 ]
『中国言語文化研究』第14号
【動】いごくと訳す。静の反なり。人のいごく・虫のいご
く ・ 心 の い ご く な ど 、 皆 是 な り 。 ( 287 頁 )
一方、「初編」ではこのように説明している。
【動】うごくといへる訓、更に移易すべからず。静の反な
り。義極めて広し。動止は人物・日月・風気までも通用し
て、動と動きやむとの反対也。書柬語には起居のかへ辞に
なりて御息災なりやと問ふことを起居安穏とも、動止安穏
ともいふ。動息は人物に通じて、動くとやすむとの反対な
り。動植は人物を動物とし、艸木を植物とす。陶詩に「日
入群動息」といふも、動物を指せり。月令に「水泉動」と
いひ、国語に「土膏其動」といふは、微動する始めをいふ。
地震を地動といへるは、動の甚しきをいふ。漢書に「厳延
年之治動、黄次公之治静」といへるは、治めのさはがしき
をいふ。皆、義広きゆへ、用処多端なり。されども、うご
くと云ふにて明かなり。又、動輒と云ふは、すはともすれ
ド ン
ボ
ばと云意なり。曽子「動必求於身」と是なり。俗語の動不
ド ン
動は、ぜひにと云ふ意なり。是も動輒より転来れり。正韻
に、うごくは上声、うごかすは去声と云へれども、正字通
に其誤を辨ぜり。自然・使然に拘はらず、上去両音なり。
( 初 1-05 ウ - 06 オ )
「国会本」・「初編」共に、省略することなくすべてを引用
した。「国会本」では「訳」と反義語(静)、用例を示してい
る。一方「初編」は「国会本」の「訳」と用例を除き、代わり
に「動止」の説明・書簡語としての用法を挙げる。続いて、陶
淵明の詩・『礼記』月令篇・『漢書』・『国語』の用例をそれ
ぞれ挙げて、「微動する始め」とする、などの説明をして「皆、
[ 11 ]
荻生徂徠の言語観
義広きゆへ、用処多端なり。されども、うごくと云ふにて明か
なり」とする。そしてさらに俗語などの説明を加えるなどして、
幅広く解説しようと試みているのがわかる。
もうひとつ、【極】の例を「国会本」・「初編」の順に挙げ
る。
【極】元来、家のむなぎのこと也。むなぎは家のいきどま
りなり。故に、きわめなり。元来、極はきはめ也。窮は、
きはまるなり。究は、きはむるなり。研は、するなり。俗
の至極と云が合すること、極字・至字と相似たり。至字は、
いきつくことなり。動く字なり。極は静かなる字なり。
( 307 頁 )
【極】しごくの義なり。屋極、むなぎと注すれども横れる
むなぎに非ず。四方なる堂のむねの宝形なり。故に太極・
皇極・立極・南極・北極・民極など、しんばしらと云ふ義
にとるべし。太極は一理を云ふ。天地未開・混沌未分を太
極と云ふこと、漢儒の陋見なり。皇極は、天子の位は天下
のしんばしらなるゆへに云ふなり。立極は、しんばしらを
立るなり。南極・北極は天の南北の中心の処を云ふ。又、
宸極・御極・紫極・丹極など、禁中の異名なり。四極八極
は四方八方のはてなり。老荘の無極もはてなきことを云ふ。
使我到此極は、なりのはてなり。張良伝の布衣の極は平人
の到下なり。五福六極の極も、はての意なり。その外は多
く至極と見るべし。きはむると云ふも、しごくをきはむる
な り 。 極 知 な ど は 随 分 し る な り 。 ( 初 3-37 オ - ウ )
「国会本」では「むなぎ」の意から「いきどまり」となり
「きわめ」となると説明する。さらに類義語として「究」
[ 12 ]
『中国言語文化研究』第14号
「研」および「至」の説明を加えている。一方「初編」では、
「国会本」にあった、「むなぎ」の意から「いきどまり」とな
るという説明を廃して、「しんばしら」の義と解釈するよう変
えている。また「太極」の解釈に関して「漢儒の陋見」を指摘
する。その他、禁中の語の説明・「四極八極」「無極」などの
説明を加えている。
このように、「初編」の説明は「国会本」の説明を取捨選択
し、さらに多様な方向の解説を加えて作られているのである。
取捨選択というより、質的にも量的にも、ほぼ全面的に改変さ
れているとさえ言えよう。この変化は、それぞれの字に対する
徂徠の理解が深まっていることを表し、それによって「国会
本」に比べて精密な説明がなされている。徂徠の言語観の変化
が、この説明の変化に表れていると考えてよいだろう。
「国会本」と「初編」の説明の違いが、この二つの書物が成
立する間に徂徠が会得したものの表れであり、そのうちのひと
つが音声言語としての中国語口語であった。音声言語の習得が
徂徠の言語観を形成する上でどのような役割を果たしたのか、
音声言語への興味によって徂徠の言語観がどのような影響を受
けたのか、これについては稿を改めて論じたい。
「国会本」および「初編」の解説を見ると、徂徠がひとつの
字にさまざまな意味や用法を示していることがわかる。それら
の意味は無関係に存在しているのではなく、ひとつの字義から
派生した、言わば枝葉の意味である。逆に言えば、この枝葉の
意味を重ね合わせれば、現実に運用されることばの「核」とな
るものが導き出されるはずである。徂徠はこれを求めて多様な
側面からの解説をしたのではないだろうか。俗語の意味もあく
まで「核」から派生したものであり、徂徠はそれらも含めてひ
とつの字義を成していると考えて、「国会本」および「初編」
に加えたのであろう。「国会本」と「初編」の内容の差は、こ
[ 13 ]
荻生徂徠の言語観
の間に徂徠が会得したものの差を表しているのであろう。
俗語の発音表記があることで、学習者が、自らが学んでいる
のが日本のことばではなく外国のことばなのだと自覚する助け
となっただろうと想像できる。学習者の知的好奇心を満足させ、
彼らに、異国のことばを楽しむという感覚も与えたことであろ
う。こういった発想は徂徠の目標とした古典理解にとっては関
係のないものであり、古典の理解という観点からは、目標を達
成しさえすれば必要のないものである。しかし徂徠の言語観に
おいては「俗語」もその字義を表す要素であったのだろう、と
稿者は考える。
おわりに
、、
『訳文筌蹄』の「筌蹄」とは、魚や兎などをとるわなのこと
である。わなを使う目的は魚や兎を捕ることであって、その目
的が達成されれば「筌蹄」は不要となる。このような題名をつ
けられた『訳文筌蹄』であるが、その実この著作は、古典を理
解し古代の思想に迫る武器は言葉そのものなのだという、徂徠
の活動すべての根幹をなすものであると稿者は考える。徂徠が
意図したか否かは不明だが、徂徠を考える上で『訳文筌蹄』は
非常に重要な著作であるといえよう。
本稿では筆が及ばなかったが、徂徠の言語観では字義の理解
というひとつの目標に向かっていた「訓」「訳」「俗語」など
の項目は、徂徠門下の者たちにとってはすべてが必要なもので
あるとは理解されなかったのではないか、と稿者は推測する。
徂徠門下の者たちは、徂徠の学問の多様なエッセンスの中から、
自分に適合する要素を取捨選択して取り入れたのであり、徂徠
のようにさまざまな側面のものをすべて受け入れることはしな
かった。徂徠門下に第二の徂徠が現れなかったことも、これの
証左となるのではないか。また、徂徠没後、徂徠が行った「訳
[ 14 ]
『中国言語文化研究』第14号
社」の如き活動をする者も絶えた。これは、自ら長崎に留学に
行く者も出て来たことから、「訳社」のような活動が不要にな
ったという側面などもあるだろうが、やはり徂徠の発想が継承
されなかったという面が大きいのではないか、と稿者は考えて
いる。この点についても、今後の課題としたい。
〈注釈〉
(1)岡 田 袈 裟 男 は 「 一 般 に 近 世 日 本 で 受 容 し た 明 ・ 清 の 口 語 語 彙 を い
う」と定義(『江戸異言語接触(第 2 版)』笠間書院
2008 年
34 頁 ) す る 。 受 容 が 語 彙 に 限 定 さ れ て い た こ と を 示 唆 す る の だ ろ
う。
(2)小 泉 秀 之 助 校 訂 『 「 訳 文 筌 蹄 」 附 東 涯 用 字 格 』 ( 須 原 屋 書 店 、
1916 年 ) は 『 訳 文 筌 蹄 』 初 編 ・ 後 編 を 合 わ せ て 『 訳 文 筌 蹄 』 と
呼んでいる。先行研究もおおむねこれに倣ったかたちとなってい
る。
(3)引 用 文 献 の 漢 字 は 常 用 漢 字 に 直 し た 。 以 下 同 様 。
(4)み す ず 書 房 『 荻 生 徂 徠 全 集 』 2『 訳 文 筌 蹄 初 編 』 「 解 題 ・ 凡 例 」
733 頁 。
(5)本 稿 の 現 代 日 本 語 訳 に つ い て 、 特 に 記 さ な い 場 合 は 稿 者 訳 。 以 下
同様。
(6)朱 楽 舘 主 人 の 作 。 刊 年 不 明 。 安 永 8 ( 1 77 9 ) 年 の 自 变 あ り 。 序 題
に「雑もんせん袋」とある。
(7)具 体 的 に は 以 下 の と お り で あ る ( 重 複 す る 語 も あ る ) 。
ギウヒウ
【 閑 】 ( 初 1-1 ウ ) 求 休
ヒウリヤウタア
休了他
ハアタアヒウ
把他休
レンヂン
【 静 】 ( 初 1-3 ウ ) 冷 静
ド ン ボ ド ン
【 動 】 ( 初 1-6 オ ) 動 不 動
ホンサウ
【 騒 】 ( 初 1-7 ウ ) 風 騒
ソヒヤン
【 速 】 ( 初 1-8 ウ ) 速 香
[ 15 ]
ギウトイ
求退
ヤウトイヅエンリヤン
要退銭糧
荻生徂徠の言語観
チヨアーウ
【 綽 】 ( 初 1-12 オ ) 綽 号
ギヤンヅアツコウ
【 強 】 ( 初 1-22 オ ) 強 似 阿 哥
ホ ナ イ
【 叵 】 ( 初 1-22 ウ ) 叵 耐
スウ
【 善 】 ( 初 1-31 ウ ) 是
ハウダイ
【 好 】 ( 初 1-31 ウ ) 好 歹
ジ
ハウトンスイ
タイトンスイ
【 歹 】 ( 初 1-36 オ ) 好 東 西
チヤンパン
【 粧 】 ( 初 2-04 オ ) 粧 扮
タアパン
【 装 】 ( 初 2-04 ウ ) 打 扮
ウ
肉好
歹東西
チヤンパン
装扮
チヤンパン
装扮
スウウエン
【 文 】 ( 初 2-08 オ ) 斯 文
エリヤン
【 明 】 ( 初 2-11 オ ) 月 亮
ボイ
【 暗 】 ( 初 2-14 オ ) 背
カンヂン
【 浄 】 ( 初 2-26 オ ) 乾 浄
ジ ン チ ン テ
【 精 】 ( 初 2-31 オ ) 成 精 的
ケ ヒ イ サ ウ ヤ ン
【 審 】 ( 初 2-32 オ ) 隔 靴 掻 痒
ポ ヤ ウ キ ン
【 緊 】 ( 初 2-38 オ ) 不 要 緊
ホ カ ン タ ン
【 当 】 ( 初 2-67 ウ ) 不 敢 当
リンワイハーウ
【 別 】 ( 初 3-01 ウ ) 另 外 好
リンワイチヤイジンキユユ
另外差人去
ナ ン テ
【 特 】 ( 初 3-02 ウ ) 難 得
ハアハア
【 化 】 ( 初 3-10 ウ ) 化 化
デ キ イ ラ イ
【 畳 】 ( 初 3-27 オ ) 畳 起 来
ハンデウ
【 行 】 ( 初 3-40 ウ ) 行 頭
ドハンビハン
段匹行
コツジウハン
果子行
キ ン ヂ ハ ン
金汁行
ザイハン
在行
ハイビン
【 害 】 ( 初 3-45 ウ ) 害 病
ウウギイタン
【 憚 】 ( 初 6-21 オ ) 無 忌 憚
チヤイイチヤイ
【 猜 】 ( 初 6-22 オ ) 猜 一 猜
ヘン
【 恨 】 ( 初 6-22 ウ ) 恨
キキンリヤウ
【 驚 】 ( 初 6-33 オ ) 喫 驚 了
キ リ ヤ ウ イ キ ン
喫了一驚
ワンシヤア
【 頑 】 ( 初 6-40 ウ ) 頑 耍
(8)こ れ ら の 語 は 必 ず し も 明 ・ 清 に 発 生 し た 口 語 語 彙 で あ る と は 限 ら
な い 。 た と え ば 【 好 】 ( 初 1-31 ウ ) の 項 の 「 肉 好 」 ( 「 楽 の 音
[ 16 ]
『中国言語文化研究』第14号
うるはしく宛転するなり」)は、『礼記』楽記に「寛裕肉好順成
和動之音作、而民慈愛。」(寛裕肉好 順成和動の音 作りて、民
慈愛なり。)とある。その他、「求退」(【閑】)は『列子』な
ど、「無忌憚」(【憚】)は『中庸』などに見られる。
(9)『 漢 語 文 典 叢 書 』 3 に 「 訳 文 筌 蹄 写 本 」 と し て 所 収 。
(10)『 訳 文 筌 蹄 』 成 立 の 事 情 に つ い て は 、 黒 住 真 「 訳 文 筌 蹄 を め ぐ
っ て 」 ( 『 近 世 日 本 社 会 と 儒 教 』 ぺ り か ん 社 、 2003 年 所 収 ) に
拠 っ た 。 ま た 、 み す ず 書 房 『 荻 生 徂 徠 全 集 』 2「 解 題 ・ 凡 例 」 の
「訳文筌蹄後編異本」に「異本と認められた書本」として 3 本を
掲 載 し て い る ( 761 頁 ) 。
(11)戸 川 芳 郎 「 解 題 」 ( 「 訳 文 筌 蹄 初 編 」 『 漢 語 文 典 叢 書 3』 ) 13
頁。
(12)平 石 直 昭 『 荻 生 徂 徠 年 譜 考 』 ( 平 凡 社 、 1 9 8 4 年 ) 171 頁 。
(13)諸 説 あ る 。 本 稿 は 平 石 前 掲 書 に 拠 っ た 。
(14)『 訳 文 筌 蹄 』 「 題 言 」 に 「 此 編 予 二 十 五 六 時 所 口 説 。 僧 天 教 。
及 吉 臣 哉 。 筆 受 成 帙 。 」 ( こ の 書 物 は 私 が 25、 6 歳 の こ ろ 口 頭 で
話したのを、僧天教と吉臣哉が書き取ったもので、けっこうな量
に な っ た 。 ) ( 『 荻 生 徂 徠 全 集 』 23 頁 ) と あ る 。
(15)黒 住 前 掲 書 pp.556-557。
(16)各 巻 の 「 目 次 」 に 示 さ れ た 字 数 。
(17)『 訳 文 筌 蹄 初 編 』 ( 『 荻 生 徂 徠 全 集 』 2 ) 「 解 題 ・ 凡 例 」 7 3 7 頁
に拠った。
(18)「 『 皦 』 ― 無 目 有 字 」 ( 同 前 )
(19)「 『 已 』 ― 有 目 無 字 」 ( 同 前 )
(20)「 『 暢 』 ― 無 目 有 字 」 ( 同 前 )
(21)「 『 霑 』 ― ( 目 次 よ り 脱 落 ) 」 ( 同 前 )
(22)「 『 貪 ・ 婪 ・ 饕 ・ 耽 』 『 疑 ・ 貳 ・ 猜 ・ 訝 ・ 怪 』 ― ( 目 次 よ り 脱
落)」(同前)
(23)『 訳 文 筌 蹄 』 初 編 の 原 文 は 漢 字 と 片 仮 名 で 書 か れ て い る 。 本 稿
[ 17 ]
荻生徂徠の言語観
では親字を【】に入れ、漢字を常用漢字に直し、片仮名と合略仮
名を平仮名に直し、句読点を施すなどして読みやすくした。また、
当時の現代中国語の読みを表しているもの以外の振り仮名と、そ
の他の訓点は省略した。()内の「初」は「初編」、数字は巻数
と丁数を表す。「国会本」も同様。()内に『漢語文典叢書』3
の掲載頁を示した。
[ 18 ]