2014.12月号 V0l.815 - 富山県経営者協会

Vol.
815
富山経協
サンシュユの実(解説・20ページ)
CONTENTS
2 東部地区会員懇談会(報告)
3 会長・副会長会議
会員の動き、おしらせ
4 TOP INTERVIEW
新光硝子工業 新海伸治社長
6 調査報告
人口減少が進む中での企業対応に関する調査
8 Keikyo行事レポート
10 参加者NOTES
19 景況指標
20 事業予定
2014
12
会長・副会長会議
11月7日(金)、ホテルグランミ
ラージュにおいて、稲垣会長はじ
め6名が出席し、会長・副会長会
議を開催した。
①「新春互礼会」は来年1月5
日(月)、ANAクラウンプラザホ
テルで行う。今回より富山経済同
友会が参加となり、当協会、富山
県商工会議所連合会、富山県商
工会連合会、富山県中小企業団
体中央会の県内経済5団体での
開催となる。②2015年のスケジュ
ールは、3月3日(火)11:30よりA
NAクラウンプラザホテルで連
合富山との役員懇談会、16:00よ
り富山電気ビルで幹事会を開催
する。長野県経営者協会との懇
談会は新幹線での来県を前提に
3月1 7 日( 火) 富山県内で開催す
る。また、新年度第1回目の理事
会は予算関連の審議を中心に4
月22日(水)開催。第70回定時総
会は5月2 5 日( 月) 開催すること
を確認した。
会員の動き
(50音順)(敬称略)
秋の褒章
おめでとうございます
黄綬褒章
富山信用金庫 理事長
山地 清 氏
■ 代表者の変更
鹿島建設株式会社 富山営業所
富山営業所長 中村 昭彦(前:山崎信吾)
第一共同印刷株式会社
代表取締役 高塚 保行(前:木谷國紀)
株式会社ホライズン・ホテルズ富山ホテル事業所
(ANAクラウンプラザホテル富山)
支配人 勝島 基江(前:久米 剛)
藍綬褒章
北陸酒販株式会社 代表取締役社長
富山県卸売酒販組合 元理事長
酒井 道行 氏
おしらせ
日 時:2015年1月5日(月)16:00∼
(ご案内済)
場 所:ANAクラウンプラザホテル富山 3階 鳳
(富山市大手町2-3 TEL.076-495-1111)
・富山県商工会議所連合会
・富山県中小企業団体中央会
・(一社)富山県経営者協会
・富山経済同友会
・富山県商工会連合会
富山経協:2014年12月号
3
東 部 地 区 会 員 懇 談 会
稲垣会長による乾杯
寺林副知事から祝辞
11月7日(金)、ホテルグランミラージュにおいて、
会員企業から107名が参加して東部地区会員懇談会を
開催した。
第一部では、当協会会員企業のFM富山で毎週金
曜日「虹をかけよう」の番組担当、北日本放送「い
っちゃん☆KNB」や北陸銀行のCMソングなどを
歌い、北陸を中心にワンマンライブを行うなど活躍
の幅を広げている、シンガーソングライターの
Tomomiさんによるコンサートを行った。
「L.O.V.E」「涙の数だけ」「時代」などアンコール
を入れ、9曲に参加者一同聞き惚れ、心温まるひと
時を過ごした。
第二部の懇親会では、はじめに東部地区担当米屋
副会長が「来年3月には長年待ち望んだ北陸新幹線
が開業する。これをどのように富山県の発展につな
げていくかは、我々県民の肩にかかっている。黒部
宇奈月温泉駅にも一人でも多くの人に降りてもらい、
その良さを知ってもらいたい。東部地区がますます
発展できるようみんなで切磋琢磨していかなければ
コンサート
2 富山経協:2014年12月号
米屋副会長の挨拶
佐々副会長中締め
ならない」と挨拶した。
寺林県副知事の挨拶に続き、稲垣会長が「新幹線
開業にともない、これまでの産業構造、場合によっ
ては社会構造が大きく変化する可能性を秘めている。
時間の短縮によるグローバル化の進行もその一つと
考える。その中で、県内企業は変化をいち早くとら
え、チャンスに変えていくことが大事。また、変化
のスピードもこれまで以上に早くなってくる。幸い
にして、県内経済は、思ったほど悪くはない。この
状況を維持しより好転させていくためには、会員企
業皆さんの成長、発展によるところが大きい。会員
企業の力を結集し、富山県をより元気にしていきた
い」として力強く乾杯を行い、懇親会に入った。
中締めでは、佐々副会長が「企業発展の源はすべ
て経営者の姿勢にかかっている。暗く下ばかり向い
ていればおのずと結果は知れている。しっかり前を
見据え、経営者自らが一致団結して元気になること
が大事」とし、「ヤルゾー」を全員で大合唱して散
会した。
Tomomi
中締め
バブル崩壊後、建築では高価な
曲げガラスを使うことが減りまし
た。そこで合わせガラスに着目
し、「スリーエス合わせガラス」
を開発しました。通常の合わせガ
ラスは2枚のガラスの間に特殊フ
ィルムを挟んで熱を加えて接着し
ますが、このガラスは間に液体樹
脂を流し込み、常温で接着しま
す。熱を加えないので、ガラスの
間に色々な異材を入れて接着する
ことができます。
この方法によって、ポリカーボ
ネート樹脂との合わせガラスを作
ることに成功しました。高い強度
のポリカーボネートとキズや紫外
線劣化がしにくいガラスの長所を
組み合わせたガラスは、工作機械
ののぞき窓や建設機械の天井など
新しい分野にも使われています。
−個々の仕事が技術の蓄積−
技術の蓄積や伝承はどのようにさ
れていますか。
三愛ビルの網入りガラスを曲げ
たように、
「出来ない」と言わない
のが当社の社風です。建築や鉄道
車両は常に新しいデザイン、素材
が求められ、可能かどうか分から
ないこともありますが、
「まずは試
作から」と受けるようにしていま
す。最近では大理石との接着に成
功しました。一つひとつの仕事が
新しい技術の蓄積となっています。
技術の伝承に関しては、職人の
手によるところが大きく、工場で
のOJT、一緒に仕事をする中で
覚えるしかありません。
特殊な商材ですが、営業はどのよ
うにされていますか。
曲げガラスは定期的に出てくる
仕事ではありません。ルート営業
を徹底して、「曲がったガラスが
出たら、顔を思い出してもらえる
ように」といつも言っています。
見積もり依頼が来る大きな案件を
追いかけるだけでなく、小さなも
のでも新光硝子を思い出してもら
えるよう、取引先との人間関係を
築いておくことが大切です。
社長に就任してから心がけている
ことはありますか。
私が社長になって打ち出した方
針が「異業種の開拓」です。これ
までのお客さんはほとんどがガラ
ス会社さんでした。ここ2∼3年
で電機メーカー、建設機械メーカ
ー、工作機械メーカーなど異業種
のお客さんが増えてきました。
新しい分野を開拓するため、月
1回開いている開発会議には若
手、部長クラス、経営陣と必要と
思われる人は制限無く呼んで、
色々な業種の状況を聞いたり、新
市場の報告をしたりして、進出の
きっかけを話し合っています。
3年前からは成長著しいコンビ
ニに目を付け、唐揚げなどのショ
ーケースを商品化しました。薄利
ですが、安定的な注文があります。
最近レジカウンターによく置いて
ありますね。
略 歴
当初からいきなり2,500枚の注文
が入りました。もともと曲げガラ
スは職人の技に頼るところが多
く、量産向きではないため、工場
は混乱しました。しかし、生産現
場出身の吉谷会長が中に入って工
程の見直しや効率化を図り、仕事
を回せるようになりました。
職人的な世界で、機械による効
率化などはあまり求められません
が、それでも色々な部分で生産性
を向上できると感じています。
座右の銘を教えてください。
「和衷協同」、心を同じくして、
共に力を合わせ、仕事、作業にあ
たる。社長業は当然ですが、時間
があれば工場に入っていますし、
必要であれば全国どこでも営業に
同行します。社員の家族も含め、
新光ファミリーとして心ある会社
にしたいと思っています。
また社会の一員として、工場見
学などもできるだけ受け入れて、
地域貢献していきたいと思います。
会社概要
新光硝子工業株式会社
創
業: 1953(昭和28)年
所 在 地: 砺波市太田1889-1
資 本 金: 5,000万円
事業内容: 曲げガラス、複層ガラス、合わ
せガラス、エッチングガラス、
強化ガラス等の製造・販売
従業員数: 75名(2014年11月現在)
売 上 高: 10億3,900万円(2014年3月期)
事 業 所: 東京支店、大阪営業所、名
古屋出張所
U R L: http://www.shinkoglass.co.jp/
金沢21世紀美術館
1961(昭和36)年2月生まれ。
神奈川県横浜市出身。鶴見工
業高校卒。横浜市内のガラス
会社勤務を経て、1990年9月
新光硝子工業㈱入社、東京支
店で営業部長兼東京支店長な
どを経て、2 0 0 8 年取締役、
2011年常務、2012年6月から
代表取締役社長。
北陸新幹線W7系前(新高岡駅で8月)
富山経協:2014年12月号
5
Top IInterview
T
−ダイヤモンドが田舎にいた−
異業種開拓で新販路
「できない」とは言わない
新光硝子工業株式会社
代表取締役社長
新海 伸治 氏
北陸新幹線のフロントガラス加工
で脚光を浴びておられます。主な
事業内容を教えて下さい。
曲げガラス、合わせガラス、エ
ッチングガラスなどガラスの二次
加工を行っています。産業、建
築、鉄道車両の3部門に分けてお
り、産業部門では百貨店やコンビ
ニエンスストアなどの食料品ショ
ーケースのガラスを作っています。
建築部門では金沢21世紀美術館
のような曲面の外装を手掛けてお
4 富山経協:2014年12月号
り、9m近いガラスを曲げること
もあります。また、ガラス製のテ
ーブルやパーティションなどイン
テリアも作っています。
鉄道車両部門では、新幹線や特
急列車のガラスを手掛けてきまし
た。北陸新幹線の新型車両フロン
トガラスを多方面で紹介頂き、新
幹線の新光硝子のように思われて
いますが、鉄道車両の売上比率は
全体の約8%。あとは産業部門、
建築部門がほぼ半々です。
1953年に高岡市伏木で創業され
ました。
近所のガラス工場でアルバイト
をしていた現相談役の上杉貞雄ほ
か複数で創業しました。寿司屋の
ネタケースを手始めに、洋菓子店
や肉屋のショーケースなどを作り
ましたが、経営は楽ではなかった
ようです。
大きな転機になったのが、1962
年に手掛けた銀座・三愛ビルのガ
ラスです。このビルは設計後に消
防法が改正され、網入りガラスを
使わなくてはならなくなりまし
た。600度の熱を加えて曲げるた
め、中の金属が伸びてガラスが割
れるため、網入りは曲げられない
というのが常識でした。
上杉は高価な大きなガラスを何
十枚も割りながら、温度管理や曲
げ方を研究し、世界で初めて網入
りガラスの曲げに成功しました。
建設会社から「ダイヤモンドが田
舎にいた」と評価され、建築分野
進出への大きな一歩となりました。
現在は曲げガラスのトップメーカ
ーに成長しています。
従来、ガラス工事会社が寸法を
持ってきて、できたガラスを取り
に来るのが普通でした。地方から
の後発である当社は、営業担当者
が現場で寸法を測って型を取り、
現場へ納品に行く手法を取りまし
た。この営業スタイルは重宝がら
れ、確かな技術との相乗効果で信
頼を獲得できたと思っています。
高度経済成長期、バブル景気の
建設ラッシュで、全国各地の建築
物に納めてきました。近年はカタ
ールのイスラム美術館など海外に
も進出しています。
1994年からは合わせガラスの分
野にも進出されています。
対応に関する調査」
(人口減少が経営に与える影響、労働力人口減少対応、
女性の活躍に関する調査)
当協会では、人口減少が進む中での会員企業の対応状況や課題について調査し、その内容を情報提供
するためアンケート調査を実施した。160社から回答を得た。
(調査日:2014年10月16日∼11月10日)
問4(1). 現状を確認させてください。
県が実施した「平成25年度企業の女性活躍推進度調査」の県内事業所の回答によると、女性の管 理職登用率(役員を含む)は8.0%、役員を除いた登用率は7.3%となっています。
(*管理職=課長相当職+部長相当職+役員) 現在、貴社では女性の管理職がいますか。
企業規模1∼99人で44.4%、100∼299人では45.7%、300
人以上では63.4%と企業規模が大きくなるほど、女性管理
職の在籍率は高くなっている。
1∼99人
いる 44.4%
いない 55.6%
100∼299人
いる 45.7%
いない 54.3%
いる 63.4%
いない 36.6%
300人∼
問4(2). (1)で「いる」と回答された企業にお伺いします。
現在、貴社において女性管理職・女性役員の人数と貴社の管理職・役員の人数を教えてください。
1∼99人では管理職の女性割合は10.9%、役員は16.1
%、100∼299人では6.8%と3.2%、300人以上では同じ
く2.6%、0.3%と、規模が大きくなるほど管理職・役員
比率は低くなっている。
1∼99人
女性役員
女性管理職
10.9% (42人/ 385人) 16.1%(22人/ 137人)
100∼299人
6.8% (46人/ 672人) 3.2% (4人/ 126人)
300人∼
(132人/ 5139人) 0.3% (1人/ 326人)
2.6%
問4(3). (1)で「いない」と回答された企業にお伺いします。
今後貴社では女性管理職の登用の予定はありますか。
1∼99人では、52.4%、100∼299人では53.8%と半数を
超えるが、300人以上では50.0%と規模に関わらず半数の
企業が登用を予定している。
1∼99人
ある 52.4%
ない 47.6%
100∼299人
ある 53.8%
ない 46.2%
300人∼
ある 50.0%
ない 50.0%
問5. 女性管理職の比率を上げるためにはどのような取り組みが必要ですか。(複数回答可)
「管理職候補女性に対する
管理職候補女性に対する訓練・教育・研修等による能力・意欲の底上げ
訓練・教育・研修等による能
規範となる女性社員の育成
力・意欲の底上げ」が9 7 社、
職場での意識改革
「規範となる女性社員の育
新規採用における女性総合職の積極的な採用
成」が82社、「職場での意思
性別に左右されにくい人事考課基準の整備
改革」が76社と、女性管理職
社内公募や自己申告等、男女の区別なく希望に応じた登用・配置の整備
登用には、女性自身と職場双
結婚・出産で離職した女性の登録・復職支援制度の導入
方の多面的な取り組みが求め
その他
られている。
97
82
76
32
31
25
24
8
0
20
40
60
80
100 社
まとめ
富山県が12月1日発表した「人口移動調査」によると、39年ぶりに県内人口が107万人を割ったとの報道があ
った。平成25年10月1日現在の年齢別人口分布では、10代以下(0∼9歳)が85,376人、10代(10∼19歳)が
100,763人、20代(20∼29歳)が88,556人、に比べ、60代(60∼69歳)は169,963人。その内60∼64歳が86,311人と
実に10代以下、あるいは20代に匹敵する人口構成となっている。このことを考えると、60代がすべて職を離れる
と労働人口にも大きな影響がでてくる。また県内女性15歳以上人口に占める女性就業者の割合は51.5%、全国第
4位の高率であるが、まだ半数が将来の労働人口の支えとなるともいえる。
今回の調査でも、企業活動の維持発展のためには、ほとんどの企業が、高齢者活用、女性の活躍は欠かせない
としている。この現実をしっかり認識し、今後この2つの命題に行政、企業は真摯に取り組んでいかなければな
らない。
富山経協:2014年12月号
7
調査報告
経営課題調査「人口減少が進む中での企業
急激な少子高齢化と人口減少に直面している我が国は、労働力人口の大幅な減少が今後予想され、
「女性の活躍」が今後ますます必要になると思われる。また、政府は指導的地位に占める女性の割合を
2020年までに30%程度となる目標を定めて女性の活躍促進を喫緊の課題としている。
問1. 政府の推計では日本の人口は2048年には1億人を割り込む予想となっています。この急激な人口 減少は貴社の企業経営にどのような影響がありますか。
(複数回答可)
「労働力の減少」が1 3 4 社
(8 3 . 7 %)、「国内・地域、
需要の減少」が1 2 2社(7 6 . 2
%)ついで、「量を追わず利
益確保できる体制づくり」が
57社となり、「海外での生産
への対応」は17社にとどまっ
た。
問2(1).
134
労働力の減少
国内・地域 需要の減少
量を追わず利益確保できる体制づくり
海外での生産への対応
その他
新分野への進出等事業の多角化・見直し
122
57
17
4
0
0
20
40
60
80
100
120
140社
労働力人口の減少について貴社の対応をお聞かせ下さい。
(複数回答可)
「高齢者の活躍」が111社、
「生産性の向上による少人化
を進める」が1 0 4 社、「女性
の活躍」が1 0 1 社と多く、一
方「外国人労働者の採用」は
23社と消極的であった。
111
104
高齢者の活躍
生産性の向上による少人化を進める
女性の活躍
外国人労働者の採用
海外への移転
その他
101
23
6
4
0
20
40
60
80
100
120 社
問2(2). (1)で「女性の活躍」と回答された企業にお伺いします。
(複数回答可)
貴社として、女性の働きやすい環境づくりで何をしなければいけないとお考えですか。
「社内制度の充実」が64社、
「男女を問わずフレキシブル
な働き方が選択できる職場環
境」が54社、「女性の管理職
への積極的な登用」が4 0 社、
「キャリア支援・研修制度の
充実」が36社と、企業あげて
の複合的な環境づくりを進め
ていこうとしている。
64
社内制度の充実(子育て支援・再雇用等)
男女を問わずフレキシブルな働き方が選択できる職場環境
管理職への積極的な登用
キャリア支援・研修制度の充実
男性の育児への参加促進
その他
54
40
36
16
4
0
10
20
30
40
50
60 70 社
問3. 女性の働きやすい環境づくりや女性の活躍のために行政に望むことはなんですか。
(複数選択可)
「保育サービスの充実」が
1 0 7 社と多く、子育ての直接
支援要請が高い。「子育てへ
の行政からの経済的支援」が
68社、「女性が一生働き続け
られるような社会制度の改
善」が64社など、企業単独で
はできない支援に対する行政
への期待は大きい。
6 富山経協:2014年12月号
107
保育サービスの充実
68
子育てへの行政からの経済的支援(児童手当、減税等)
女性が一生働き続けられるような社会制度の改善
女性の活躍促進企業への助成金や税制上の優遇措置
64
55
40
地域ぐるみでの子育てに向けた取り組み(地域の高齢者が子育てをサポート等)
24
保健医療体制の充実(緊急時の相談窓口等)
その他
2
0
20
40
60
80
100 120 社
総務交流委員会
■定例委員会
12月8日(月)、武内委員長はじ
め委員17名が出席して富山電気ビ
ルにおいて開催し、2014年度事業
実地状況報告と2015年度事業計画
(案)について審議を行った。
事務局より、2014年度事業実績
は、①定期調査の回答企業数が前
年を上回った。②会員交流事業は
参加者数が前年を上回った。③企
業理念見学会は経営企画委員会と
の共催により2月に阪神化成工業
㈱の見学を実施予定。④婚活イベ
ントは、春と秋に2回実施したこ
と等が報告された。
2015年度は、①定期調査・経営
課題調査、②会員交流事業、③婚
活イベントを継続実施する。
審議の中での指示事項として、
各種調査の実施にあたっては回答
率の向上を図ること。婚活イベン
トの活性化を図ること。また、企
業見学会は総務交流委員会の特色
を出すこと等が要望された。2015
年度の事業計画は、指示事項を踏
まえることとして承認された。
■第2回婚活イベント
10月25日(土)、婚活イベント第
2回目となる「オ−タムナイトパ
ーティ」を会員企業の社員限定・
男女各20名が参加して、富山電気
ビルにて開催した。
参加者は秋の夜長に美味しい料
理とゲームを楽しみながら、素敵
な相手を見つけようと積極的にア
プローチしていた。
■会員交流ボウリング大会
11月19日(水)、富山地鉄ゴール
デンボウルにおいて開催した。平
日の夕刻時間にもかかわらず、32
チーム128名と過去最高の参加者
を迎えることができた。
㈱アイペックの吉岡社長による
始球式の後、一斉に競技が開始さ
れ、各チーム和気あいあいとした
雰囲気の中で、熱戦が繰り広げら
れた。ストライクやスペアの際の
歓声がホールに響き渡り、隣のレ
ーンのチームとの交流も深め合っ
ていた。
ゲームは1チーム4人の2ゲー
ム合計スコアで競われたが、女性
と男女問わず65歳以上には1ゲー
ム20ピンのハンデを適用した。
主な成績は下記の通り。団体の
部は北陸電気工業㈱チームと武内
プレス工業㈱が同合計スコア1,220
だったが、全員女性の北陸電気工
業㈱チームが優勝を手にした。な
お、昨年に引き続き個人表彰も行
った。
<上位成績>------------------------------------------------(団体の部) 会 社 名 合計スコア
優 勝 北陸電気工業㈱ 1,220
準優勝 武内プレス工業㈱ 1,220
3 位 アイシン軽金属㈱ 1,094
(個人の部) 氏 名 合計スコア
優 勝 名畑孝昭(武内プレス工業) 368
準優勝 保田利博(アイシン軽金属) 338
3 位 守田成子(北陸電気工業) 335
人事・労務政策委員会
■幹事会
11月28日(金)、綿貫委員長はじ
め副委員長・幹事6名が出席し、
富山経協・研修室Aで開催した。
2014年度経過報告、今後の事業
予定として、2月定例委員会で日
本女子大学の額田講師による「富
山県企業における多様な人材活用
のマネジメント」と題した講演と、
インターンシップアンケートの報
告を行う。2015年度事業計画(案)
として、教育機関(大学等)との
定期的な交流の実施、マイナンバ
ー制度の研修会、アサーションな
どのコミュニケーション関連の講
座実施、「薬物対策」についての
講習会実施などを12月定例委員会
に諮ることとした。
富山経協:2014年12月号
9
Keikyo 行事レポート
2014年 10月7日∼12月8日
事 業 名
委員会名
開 催 日
場 所
参加者数
ձɹɹ ɹɹɹɹɹٞ
婚活イベント「オータムナイトパーティー」
総務交流
10月25日(土)
富山電気ビル
40名
環境委員会「定例委員会」
環 境
10月28日(火)
三協立山株式会社
18名
会長・副会長会議
11月 7日(金)
ホテルグランミラージュ
6名
東部地区会員懇談会
11月 7日(金)
ホテルグランミラージュ
107名
ߨԋɾ‫ֶݟ‬ձ
ɹ ߨ
࠲ ɾ η ϛ φ ồ
教育委員会「定例委員会」
教 育
11月14日(金)
富山経協・研修室A
16名
労働法関連法制研究部会
人事・労務政策
11月19日(水)
富山経協・研修室B
10名
会員交流ボウリング大会
総務交流
11月19日(水)
富山地鉄ゴールデンボウル
人事・労務政策委員会「幹事会」
人事・労務政策
11月28日(金)
富山経協・研修室A
7名
経営企画委員会「定例委員会」
経営企画
12月 4日(木)
富山経協・研修室B
7名
総務交流委員会「定例委員会」
総務交流
12月 8日(月)
富山電気ビル
17名
人事・労務政策委員会「定例委員会」
人事・労務政策
12月 8日(月)
富山電気ビル
18名
教育委員会「定例委員会」
教 育
12月 8日(月)
富山経協・研修室A
12名
県外企業見学会
品質管理
10月20∼21日(月∼火)
オークマ株式会社
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
トヨタテクノミュージアム産業技術記念館
16名
環境保全活動
環 境
11月 2日(日)
とやま・ふくおか家族旅行村
15名
県外企業見学会
環 境
11月25日(火)
アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社
17名
第1回係長・主任実践コース
教 育
10月7・8日(火・水)
富山県市町村会館
55名
若手社員活性化コース
教 育
10月 9日(木)
富山商工会議所ビル
46名
ヒューマンエラー対策講座<応用編>
品質管理
10月10日(金)
富山県農業総合研修所
43名
管理職マネジメント研修
教 育
10月15日(水)
11月11日(火)
12月11日(木)
富山県農業総合研修所
21名
実践しながら学ぶ統計的手法活用講座
品質管理
10月17日(金)
11月 7・21日(金)
12月 5日(金)
富山経協・研修室A
30名
事務・間接部門の効果的業務改善の進め方セミナー
教 育
10月23日(木)
富山商工会議所ビル
38名
コスト改善力実践セミナー
教 育
11月 5日(水)
富山経協・研修室A
27名
ISO9001内部監査員養成講座
品質管理
11月6・7日(木・金)
富山県市町村会館
38名
管理職基礎コース
教 育
11月7∼8日(金∼土)
インテック大山研修センター
31名
第3回労働法実務講座
人事・労務政策
11月19日(水)
富山商工会議所ビル
32名
経理・財務の基礎セミナー
教 育
11月26日(水)
富山商工会議所ビル
33名
ものづくり品質管理セミナー
品質管理
11月26日(水)
パレプラン高志会館
86名
教 育
12月 2日(火)
富山商工会議所ビル
39名
「5S+目で見る管理」活動実践セミナー
8 富山経協:2014年12月号
128名
■若手社員活性化コース
10月9日(木)、46名が参加して、
富山商工会議所ビルで開催した。
講師の石川歩(公財)日本生産性
本部風土改革コンサルタントは、
企業を取り巻く環境は日々変化し
ており、仕事の質を向上し続けな
ければお客様から選び続けてもら
えなくなるとした上で、自身の仕
事や職場における課題について検
討した。また、組織内のコミュニ
ケーションの重要性や、チームの
力を発揮する際のポイントを体感
するため、グループ対抗の演習を
行い、様々な気付きを得た。さら
に、目標を持って仕事をすること
の必要性や周囲を巻き込んで変革
を進める重要性について解説し、
対人演習を通じて上司・先輩との
関わり方について学んだ。
(「参加者NOTES」12頁掲載)
■「事務・間接(スタッフ)部門の
効果的な業務改善の進め方」
セミナー
10月23日(木)、38名が参加して
富山商工会議所ビルで開催した。
講師の渡辺季幸(一社)中部産業
連盟主任コンサルタントは、事務、
間接(スタッフ)部門の業務改善
を進めるためには製造現場との違
いを知り、仕事の量とスピードを
コントロールすることがポイント
であるとした上で、ものづくりの
改善手法を応用することで事務・
間接業務の効率化・仕事の質の向
上を実現するため、業務プロセス
改善の着眼点や適用しやすい改善
手法、タイムマネジメント、VM
の基本的な考え方について具体的
な事例を交えて解説した。さらに、
グループ演習で改善の効果的な進
め方を検討し、参加者間の活発な
意見交換を通して理解を深めた。
■コスト改善力実践コース
11月5日(水)、27名が参加して
富山経協・研修室Aで開催した。
講師の小川正樹㈱MEマネジメ
ントサービス代表取締役は、グロ
ーバルな競争力を高めていくには
戦略的な原価革新活動が必要不可
欠であるとした上で、原価計算の
った上で、計画的に進め、部下の
教育委員会
志望や考えも尊重しながら、本人
「係長・主任実践コース」を受講して
北銀ソフトウェア株式会社
開発部 サブチーム長 近江 和彦
自身に考えさせ、教えるよりも学
ばせることが大切ということであ
る。また、組織や職場が目的を達
成するためには、目的の共有・職
場の一体感、および日頃からのコ
本講義では、企業環境の変化を
なく、常に顧客満足を意識した品
ミュニケーションが必要であり、
踏 ま え た 今 後 の 企 業 の 在 り 方 と 、 質を求めるために、市場のマーケ
その際のポイントとして、評価的
係長・主任の役割および部下の育
ティング(分析)を怠らず、自ら
批判的な態度をとらず、相手の意
成方法について学んだ。講師の先
もイノベーション(変革)しなけ
見の意味全体を聴き、指示等の理
生が経験されてきた様々な事例を
ればならないということである。
解度をフィードバック(復習・確
交えた説明やグループ討議でのケ
グループ討議では、幾つかの
認)することが大切である。
ース研究もあり、2日間とても分
「係長と部下との関係」に関する
最後に、このような貴重な経験
かりやすく楽しく受講することが
課題設定に対し、部下への指導・
を得られたことに感謝し、今回の
できた。
育成方法の問題点、改善点はどこ
講習で身に付けた知識や手法を積
まず、印象に残ったのは、これ
に あ っ た の か を 討 議 、 発 表 し た 。 極的に活かし、今後の業務に繋げ
からの企業は、「経済学」ではな
部下の指導育成のポイントは、部
ていきたいと思います。講師の佐
く「経営学」を中心に考えるべき
下の現状(能力・適性・性格・価
藤先生ならびに主催者の皆様あり
ということである。要するに、コ
値観)を正確に把握することから
がとうございました。
ストや利益ばかりを求めるのでは
始まり、明確な目標と方向性を持
富山経協:2014年12月号
11
Keikyo 行事レポート
■定例委員会
12月8日(月)、綿貫委員長はじ
め18名が出席して、富山電気ビル
4階で開催した。
2015年度事業計画(案)について
は、マイナンバー制度研修会、部
下とのコミュニケーションを題材
としたセミナーを実施する。新卒
採用の環境変化にあわせ、教育機
関との情報交換会を実施する。ま
た、社会問題となっている「危険
薬物」に対する対応策研修を行う
ことが承認された。
■労働法実務研修会(第3回)
11月19日(水)、「メンタルヘル
2014年度事業活動について報告、 ス問題実務対応の留意点」をテー
今後の予定として、2月定例委員
マに、32名が出席して富山商工会
会は、日本女子大額田講師による
議所ビルで開催した。
「富山県企業における多様な人材
講師の第一共同法律事務所の伊
活用マネジメント」講演を2月16
藤昌毅弁護士は、メンタルヘルス
日に開催する。労使交渉セミナー
の問題を抱える従業員が増加する
は1月29日に、労働法実務講座は
中で、病気が表面化しないケース
2月25日に開催する。
や休職にならない形で欠勤を断続
的に繰り返すケースなど様々な事
態への対応が必要になっていると
したうえで、私傷病休職の取り扱
いや、復職の可否を判断する際の
注意点、リハビリ勤務をめぐる問
題について解説した。さらに、業
務上の心理的負荷に起因する精神
障害による労災認定について、使
用者が留意すべきポイントなどに
ついて、事例紹介を交えながら解
説した。
教育委員会
して、富山経協・研修室Aで開催
■定例委員会
した。
11月14日(金)、第3回定例委員
金岡委員長の挨拶に続いて、研
会を松原副委員長、品川副委員長
究部会活動の報告と2015年度活動
はじめ1 6 名が出席して、富山経
計画の審議が行われ、来年度も引
協・研修室Aで開催した。
き続き「新入社員・若手社員の育
松原副委員長による挨拶に続き、 成」をテーマに研究活動を行うこ
2014年度教育委員会活動について、 とや、非製造業向けの新規研修の
木下委員より研究部会活動報告が、 企画を進めることなどが決定され
事務局より研修実施状況報告が行
た。
われ、今年度の活動状況を踏まえ
て来年度活動方針の検討が行われ
■第1回係長・主任実践コース
た。
10月7日・8日(火・水)、55名
12月8日(月)、第4回定例委員
が参加して、富山県中小企業会館
会を金岡委員長はじめ12名が出席
で開催した。
講師の佐藤亢昶(たかてる)ヒュ
ーマン・クリエート代表が、企業
環境変化と係長主任の役割につい
て講義し、活発な意見交換を通し
て理解を深めた。このなかで、①
目標を達成するためには、資源を
効果的・効率的に活用する、②顧
客満足やサービス向上、品質管理
10 富山経協:2014年12月号
を徹底することで顧客がついてく
る、③問題・課題解決や改善活動
が活発に行われる風土づくりが重
要、④人の扱い方については、外
部要因や個人の価値観・資質・性
格・過去の経験などの要因が複雑
に絡みあうので、個別対応が必要、
⑤部下指導・コーチングの際には、
部下自身の考える力を養うことが
必要とした。
(「参加者NOTES」11頁掲載)
交えて解説し、グループディスカ
ッションでは活発な議論が行われ
た。特に部下の育成については、
目標管理や人事考課の目的と仕組
みを確認するとともに、VTRの
ケースを用いて部下指導のあり方
や部下とのコミュニケーションを
検討した。また、懇親会を行い管
理者間の異業種交流を活発に行っ
た。(「参加者NOTES」13頁掲載)
目的と内容、経理と財務の役割な
ど、経理の基礎について確認した
上で、利益や経費の管理という財
務会計と、原価計算や原価管理と
いった管理会計の基本的な考え方
についてメーカーのビジネスサイ
クルにおける具体的な例を交えて
解説した。原価計算や予算の組み
立てについては、実際の経理業務
を想定したケースを用いた演習を
通じて理解を深めたほか、内部振
替価格の設定など事業部制におけ
る会計処理についても紹介し、こ
れからの時代に経理部門が果たす
べき役割についても検討した。
質を作り出し、ムダをなくす職場
の基本であり、品質・納期・コス
ト・安全・環境・士気のすべてに
効果が期待できるとした上で、目
■経理・財務の基礎セミナー
で見る管理とは「現場の状態が正
11月26日(水)、33名が参加して
常か異常か目で見てすぐ分かり、
富山商工会議所ビルで開催した。
必要な手がすぐに打てる状態にす
講師の渡邉智博YKKビジネス
ること」であるとした。現場での
サポート㈱経営管理グループ長は、
実践事例の紹介やグループ演習で
企業会計の一般原則や経理規定の
■「5S+目で見る管理」活動
の意見交換を通じて、参加者は管
実践セミナー
12月2日(火)、39名が参加して、 理の進め方について理解を深めた。
富山商工会議所ビルで開催した。
講師の中井芳美(一社)中部産業
連盟上席主任コンサルタントは、
5S(整理・整頓・清掃・清潔・
躾)は、ただ単に職場をきれいに
するということではなく、よい品
を受けました。
教育委員会
その上で、考え方、行動を学び、
「管理職基礎コース」を受講して
(一財)北陸予防医学協会
業務渉外課 マネジャー 清水 和紀
またグループディスカッションで
は、自分と違う考え方、目の付け
所に触れ、とても参考になりまし
た。そして、研修が1泊というこ
とで、他の事業所の参加者の方々
今回、1泊2日で課長クラスの
ぶ」を中心に話を進め、時折グル
とお酒を交えながらのコミュニケ
管理者を対象とした研修「管理職
ープディスカッションを交えた内
ーションをとる時間があり、違っ
基礎コース」を受講しました。正
容 で し た 。 先 生 は 、 過 去 の 研 修 、 た業種の事例や実情など色々な話
直、研修と聞いた時は、ただテキ
色々な仲間、参考になる本、自分
を聞き、有益なひと時を過ごせま
ストをこなして眠気を我慢するだ
の転職、過去の上司や他の企業の
した。
け の マ イ ナ ス な イ メ ー ジ で し た 。 面白い事例などを交え、分かり易
今回の研修は、今までの仕事の
しかし、実際受講した研修は、夢
く話をされました。教えていただ
やり方を見つめ直し、これからの
中で話を聞き込む有意義な時間に
いた他の企業の言葉で、「できな
新たな仕事との接し方を考える、
なるものでした。
いとけっしていわない!むかしの
とても良い機会でした。少しずつ
研修は、中間先生が「管理者の
ことはいわない!たにんのことは
かもしれませんが、学んだことを
3大役割(業績向上・部下育成・
い わ な い ! あ わ て ず 、 あ せ ら ず 、 仕事に取り入れ、色々チャレンジ
組織力強化)の基本と実践を学
あきらめず!」には、とても感銘
していきたいと思います。
富山経協:2014年12月号
13
Keikyo 行事レポート
基本的な考え方とコストダウンの
ポイントを紹介した。コストダウ
ン実践活動について、①購入・外
注価格低減による材料費ダウン、
②歩留管理・不良低減による材料
費ダウン、③工数・設備効率向上
による労務費ダウン、④ばらつき
低減による製造経費ダウンの4つ
の切り口から具体的事例を用いて
解説するとともに、演習問題や参
加者間での意見交換を通して、コ
スト改善の進め方について理解を
深めた。
■管理職基礎コース
11月7日∼8日(金∼土)、31名
が参加して、インテック大山研修
センターにて1泊2日で開催した。
講師の中間弘和(公財)日本生産
性本部主席経営コンサルタントが、
①管理者の役割と要件、②業績向
上のマネジメント、③部下育成の
マネジメント、④組織力強化のマ
ネジメント、⑤変革と推進のリー
ダーシップについて、企業の現場
での具体的事例や自身の体験談を
内容を振り返り内省するといった
教育委員会
日課は無く、知識と経験を重ねて
「若手社員活性化コース」を受講して
医療法人社団 藤聖会
八尾総合病院 事務部 清水 功大
いただけでした。これから更に自
分を成長させるためにも、普段か
ら業務や日常生活でも振り返りを
意識し、気付き、分析から革新に
繋げていけるよう取り組んでいき
冒頭からお恥ずかしい話ではあ
の行動が本当に変わるのは、自ら
たいと思います。
りますが、現在の職場に入社して
気づいた時だ」と話しておられま
研修ではその他に、職場・業務
から4年が経過し、入社時に思い
した。その気づきを引き出すため、 を変えていくスタートの心得とし
描いていた「3年後の自分」と今
研修では実際にゲームや演習など
て、「他人と過去」は変えられな
の自分は程遠く、思い描いていた
を体験し、自ら得た経験や知識・
いが「自分と未来」は変えられる、
3年後の自分も薄れてしまってい
情報を振り返り、うまくいった事、 という意識を持ち、直接変えられ
ました。日々の業務に取り組む一
失敗した事などから気付きを引き
ないものを変えようとやっきにな
方、職場で改善していきたいと思
出すという経験を学びに変えると
るのではなく、まず確実に変えら
う事案に対し、具体的にどのよう
いった方法でした。
れるものに焦点を当てるといった
に行動し、どう改善していけば良
この体験型の研修から、自ら振
お話や、相手を「承認」すること
いのか、自分だけの力では無理な
り返り、自ら分析することの重要
で相手を動機づけ、前向きなエネ
のか、と思いつめていた時期でも
性を学びました。日常で得た経験
ルギーを広げ、組織全体の意欲を
ありました。そんなときに石川歩
を振り返り、なぜうまくいったの
高めるといったお話もしておられ、
先生の講義のお話をいただき、迷
か?なぜ失敗したのか?と分析し、 自分と相手との関わり方や意識の
わず受講を決意しました。
気付きを得ることで、改善方法や
持ち方についても学ぶことができ
今回の研修は体験型ということ
改善案を具体的に見出すことがで
ました。
で 、 た だ 講 義 を 聴 く だ け で な く 、 き、革新に繋げられる。またそれ
1日の研修を通して、今の自分
グループワークや演習等があるだ
らを自ら気付くことで、行動を起
を振り返り、置かれている現状に
ろうと予想しておりましたが、そ
こす必要性も明確になり、取組に
自ら気付けたことで、これからの
の通りでした。しかし、その「体
対するモチベーションが向上する
自分の行動を変えていかなくては
験型」という方法がとても重要で、 ことも体験を通じて実感しました。 いけないと気付きました。業務の
石川先生は講義の中で「人は命令
私自身を振り返ってみると、普
革新と自分の革新に繋げられるよ
されると仕方なく行動するが、人
段から業務中や業務終了時に業務
う努めていきたいと思います。
12 富山経協:2014年12月号
理手法を駆使して問題解決に取り
組み、その内容を研究論文にまと
めて提出することが修了基準の一
つとしている。
最終日の5日には、先に開催さ
れた論文審査会で講師より推薦を
受けた優秀論文3件の発表の後、
受講者2 8 名が修了証を手にした。
また、講座全体を通して総合評価
上位の3名が優秀賞を受けた。
〈優秀論文〉
江尻圭蔵さん(アイシン軽金属)
斉藤 翔さん(コーセル)
木原磨奈美さん(中越合金鋳工)
〈優秀賞〉
石川佳樹さん(コーセル)
平松正伸さん(コーセル)
高松直正さん(アイシン軽金属)
〈講師派遣等のご協力企業〉
アイシン軽金属㈱、コーセル㈱、
㈱タカギセイコー、中越合金鋳工
㈱、富山化学工業㈱
■ヒューマンエラー対策講座
<応用編>
10月10日(金)、43名が参加して
富山県農業総合研修所において開
催した。
近年、技術面におけるプロセス
の改善が進むにつれて、ヒューマ
ンエラーによる品質トラブルや事
故の発生が大きな問題となってお
り、9月1 0 日・1 1 日に開催した
「ヒューマンエラー対策講座<実
践編>」のフォローアップとして
企画したセミナーである。「未然
防止の考え方と方法論」を中心に、
ヒューマンエラーの特性、エラー
プルーフ化の原理、エラー未然防
止のためのチーム活動、エラー未
然防止活動の組織的推進について、
中央大学理工学部経営システム工
学科教授の中條武志氏より指導を
いただいた。
受講後のアンケートでは、エラ
ープルーフ化の3ステップ(1.改
善の機会を見つける、2.対策案を
生成する、3.対策案を評価・選定す
る)を活用して、実践したいとの
声が多く聞かれた。
(「参加者NOTES」15頁掲載)
き出し、その作業に対してエラー
品質管理委員会
「ヒューマンエラー対策講座<応用編>」
を受講して
北陸電力株式会社
富山火力発電所 発電環境課 運営 田村 文宏
をリストアップし、「エラープル
ーフ化」を実施するもので、表面
化したエラーだけでなく隠れたエ
ラーにも起きる前に対策が取れる
素晴らしい手法で、業務に活用で
<受講のきっかけ>
めているため、教育・訓練・意識
きればヒューマンエラーの撲滅に
私は火力発電所の運転に関する
づけでは完全に防げないことを知
確実に近づけると感じました。
運用管理や発電所全般の連絡調整
り、自分の認識の甘さを痛感しま
<仕事への反映>
の業務に携わっています。ヒュー
した。そして、ヒューマンエラー
ヒューマンエラーの低減には、
マンエラー低減の取組は部門およ
の発生は「うっかりミス」とエラ
従来の訓練・意識づけの教育を行
び職場の重要な課題であり、当講
ーに導くまずい作業方法とが重な
ったうえで、人間の特性に合わせ
座で実用的な手法を学び、何とか
って起きており、対策には作業方
た改善である「エラープルーフ
ヒューマンエラーを減らすことが
法を人間に合ったものに改善する
化」の対策が不可欠であるため、
できないかと期待を抱いて受講し
「エラープルーフ化」が重要であ
「エラープルーフ化」の考え方が
ました。
ることを学びました。
浸透するよう発電所員へ教育を実
<受講の内容について>
職場ではヒューマンエラーが起
施し、ヒューマンエラーの低減に
ヒューマンエラーの特性の説明
きてから対策を行うことが多いの
繋げ、発電所の安定・安全運転に
では、人の意図しない行動の「う
ですが、今回演習で学んだ作業F
貢献していきたいと思います。
っかりミス」がかなりの割合を占
MEAは、業務の流れを細かく書
富山経協:2014年12月号
15
Keikyo 行事レポート
品質管理委員会
■県外企業見学研修会
10月20∼21日(月∼火)の2日間
の日程で15名が参加して県外企業
見学研修会を開催した。
初日は、製麺機の製造販売で創
業したオークマ㈱を訪問した。今
や機電融合の総合工作機械メーカ
ー。熟練の技と自動化が織りなす
未来工場DS1(ドリームサイト
ワン)を見せていただいた。
2日目は、オートマチックトラ
ンスミッション(AT)の専門メ
ーカーとして世界シェア№1のア
イシン・エイ・ダブリュ㈱を訪問
した。設立時より「品質至上」を
経営理念とし、徹底した全社的品
質管理活動を続け、開発から生産
に至るまで品質保証体制を築き上
げている。工場見学では、間違っ
た部品を取らせないような工夫が
してあり、社員の方のすれ違いざ
まの挨拶、ゴミなし等、しっかり
した良い印象を受けた。
参加者は2日間の行程を通して、
品質管理先進企業を実際に目で見
て体感することができた。また、
参加者間での情報交換も活発に行
われた。
(「参加者NOTES」14頁掲載)
■品質管理セミナー
実践しながら学ぶ
統計的手法活用講座
5月30日から富山経協・研修室
において開講した「第58回実践し
ながら学ぶ統計的手法活用講座」
は、12月5日(金)に14日間の全日
程を終えて閉講した。
この講座は、企業の体質改善を
進めるために重要な役割を担うス
タッフ・技術者を対象に、問題解
決に必要な統計的品質管理(SQ
C)の手法を学び、自職場での問
題の解決を図るべく、その実践的
な活用方法を習得することをねら
いとしている。上司とキャッチボ
ールのうえ職場の身近な問題をテ
ーマに選定し、グループ別にカウ
ンセリングを受けながら、品質管
大型部品のピッキング指示用の
品質管理委員会
電子掲示板には色で判断出来るよ
「県外企業見学研修会」に参加して
日本ゼオン株式会社 高岡工場
統括管理課 情報システムグループ 池村 祥一
うな工夫や、ランプで指示する等、
製造過程から高品質を確保する仕
組みが多数取り入れられていまし
た。また、不良品さらし台や改善
活動は紙で管理する等、アナログ
私は工場の情報システム部門に
を短時間で見ることが出来る工夫
をうまく使い従業員の品質意識向
所属しています。IT技術を活用
が考えられているものでした。製
上の工夫が感じられ、モノと人へ
していかに工場の生産活動を支援
造現場、情報システム部門が、一
の効果を出す工夫は勉強になりま
出来るかを課題としています。今
緒に知恵を出して生み出した仕組
した。
回参加にあたり、各社の品質管理
みであると窺えました。現場を知
今回の見学会に参加させていた
や製造現場において「IT技術を
り、何が必要か、その手段は、I
だき、今まで経験がなかった品質
どのように取り入れておられる
T技術者として今後の行動に繋げ
管理の取り組みに触れることが出
か」という視点を持ち、今後の考
られる視点が持てました。
来ました。また各社様とも品質管
え方や行動の視野を広げることを
「アイシン・エィ・ダブリュ株
理部門や製造現場とシステム部門
目的とし参加しました。
式会社」様は自動車に搭載するA
が一緒になって考えられた工夫が
「オークマ株式会社」様はNC
Tやカーナビを製造されておられ
拝見出来、現場目線の視野を広げ
工作機械を製造されておられる会
る会社です。現場の改善活動に力
る貴重な経験となりました。今後
社です。製造現場にはタッチパネ
を入れておられ、ものづくりの原
はさらに視野を広げ、工場のあり
ル式の大型モニタが設置してあり、 点 は 「 か ら く り 」 と 「 無 動 力 思
たい姿を考え、それを実現するた
考」という発想から生みだされた
めの行動に移していきたいと思い
製造ラインの状態や進捗、関連デ
ータ等が見える化してありました。 改善はどれもすばらしいものであ
製造現場の担当者が、必要な情報
14 富山経協:2014年12月号
り感銘を受けました。
ます。
環境委員会
■定例委員会
10月28日(火)、三鍋委員長はじ
め18名が出席して三協立山㈱射水
工場にて開催した。
第Ⅰ部の定例委員会では、2014
年度今後の活動予定として、「環
境保全活動」「県外企業見学会」
「12月度定例委員会」について審
議した。第Ⅱ部は情報交換会の一
環として、三協立山㈱射水工場を
見学した。会社の沿革、事業内容、
環境への取組み等の説明があり、
その後、工場を見学し、活発に意
見交換を行った。
■第4回環境保全活動
11月2日(日)、三協立山㈱「ツ
インリーフの森づくり」活動に、
会員企業の環境部門を中心に15名
が参加した。
三協立山㈱の従業員とその家族
ら総勢120名が、とやま・ふくお
か家族旅行村(高岡市福岡町)の
山林に、コナラなどの苗木500本
を植樹した。苗木をいたわりなが
ら植えて、落ち葉をかけてしっか
りと根本を踏み固め、「小さな苗
が元気に育つように」と思いを込
めながらの作業で、参加者全員達
成感を得ることができた。作業後
には、全員で植樹作業を振り返り
ながらバーベキューを行い、親睦
を図った。
■県外企業見学研修会
11月25日(火)、福井県越前市に
赴き、17名が参加して県外企業見
学研修会を開催した。
今回は、アイシングループ主要
ることによる土壌汚染防止 環境委員会
・地震対策
「県外企業見学研修会」に
参加して良かった
富山小林製薬株式会社
生産技術グループ 和田 正光
〈産業廃棄物削減〉
・廃棄物として扱っていた浮上油
を脱水しての燃料化
〈AW−Iエコの森における植樹
活動(2009年∼年2回)〉
今回の研修会は、自動車用自動
つながる」。そのための創意工夫
ダム土砂埋立地であるため木が
変速機(A/T)の心臓部である
提案が年29,827件、現場のモチベ
育ちにくい土壌であり、野生動
トルクコンバーターを主力製品と
ーションを上げるため、現場にて
物が樹木を食べてしまうので、
して、福井県の代表的な企業であ
社 長 へ の 改 善 説 明 が 毎 週 行 わ れ 、 根気強く植樹を行っている
り、ふくいブランド大使の委託を
工場のいたるところには掲示物・
環境とは異なりますが、生産支
受けている越前市のアイシングル
各指標があり、活発な活動が感じ
援センターにて実機で体験する安
ープ、アイシン・エィ・ダブリュ
られました。
全道場、技能道場、失敗から学ぶ
工業㈱様(AW−I)でした。
環境取り組みにおいてのメモ
品質伝承コーナーも大変参考にな
バスで2時間。ちょっと参加に
りました。
躊躇しましたが、アイシン軽金属
〈製品品質に直結する〉
・洗浄水の常温化 ・省エネ作動油変更
㈱の友人から「アイシンのグルー
〈エリアを分けた〉
ないと恥ずかしいと思うレベルに
プ企業見てください」と自信満々
・照明のLED化
引き上げる」が印象的でした。
な発言に、重い腰を上げました。
〈エネルギーカット+発生熱利用〉
今回の研修会を通して、創意工
AW−I様では、アイシン連結
・ルーツブロワー
夫による生産性の向上・品質の向
環境取り組みプランにおいて2010
〈製品を通してのエネルギー削減〉
上がCO2削減、廃棄削減に直結し
年代に産業界のトップランナーを
・伝達効率の向上 ・小型軽量化
ていると再認識しました。参加前
安全において「指差し呼称をし
目 標 と し て 活 動 中 で あ り ま す 。 〈公害防止〉
の「躊躇」が、「また参加した
「生産効率を上げればCO2削減に
い」に変わりました。
・排水配管の埋設から地上化を図
富山経協:2014年12月号
17
Keikyo 行事レポート
■ISO9001内部監査員養成講座
11月6・7日(木・金)、38名が
参加して富山県市町村会館で開催
した。
MIWA MSC 事務所
講師には 代表の三輪昭氏を迎え、 ISO9001規
格のポイント、要求事項の解説、
2015年度改訂概要など、受講生は
慣れない言葉に苦戦しながら、内
部監査員としての考え方、技能の
習得に必死に取り組んでいた。
(「参加者NOTES」16頁掲載)
くりについて講演いただいた。
㈲品質管理総合研究所代表取締
■ものづくり品質管理セミナー
役所長 細谷克也氏からは、「TQ
11月26日(水)、町野委員長はじ
Mの実践で企業競争力を高める」
め86名が参加してパレブラン高志
国際規格であるISO9001は品質
と題し、経営におけるTQMの役
会館において開催した。
マネジメントシステムに関する要
割、TQMの導入と推進、その効
元ヤマハ発動機㈱代表取締役社
求事項を規定するものである。県
内においても認証取得企業は多く、 長・会長 戸上常司氏より「起業、 果的な進め方などについて講演い
ただいた。
事業経営、そしてモノづくり」と
実施が義務付けられている内部監
お二方とも自身の失敗や成功事
題し、ヤマハ発動機㈱における、
査の要員養成も企業にとって避け
例などをユニークに語られ、終始
事業の起業を通して感じたこと、
て通れないところであり、2004年
和やかな雰囲気の講演会であった。
以降、本講座を毎年開催してきた。 また、これからの21世紀のものづ
品質管理委員会
「ISO9001内部監査員養成講座」を受講して
株式会社クロタニコーポレーション
経営企画部長 出口 智明
アイティオ株式会社
品質管理課 長 智里
今回の講座参加は、昨年ISO9001認証を取ったばか
私は業務の中で、社内の内部監査に関連する資料
りの子会社において近々内部監査を行わねばならな
や、ISO9001定期維持審査や更新審査に関連する資料
いという必要に迫られた私への総務担当役員からの
に触れる機会があるため、内部監査やISO9001につい
アドバイスによるものでした。参加前には、認証取
て自分ではある程度理解できているものと思ってい
得時に繰り返し読んだ規格を再確認し、監査の心得
ましたが、当講座を受講して、まだまだ勉強不足で
を聞く程度としか期待しておりませんでしたが、初
あることが実感させられました。社内の品質マニュ
日の講義を聴き、設問の回答を考えるに当たり、I
アルを何度か読み、規格・標準類の作成・登録管
SO規格文の読みこなしの難しさを痛感し、2日と
理・改訂などにも携わっていますが、改善すべき箇
いう短い講習期間で理解できるだろうかと大きな不
所が、品質マネジメントシステム要求事項のどの項
安を感じました。それでも、グループ仲間とのディ
目に該当するか意識的に考えたことがなく、当講座
スカッション、講師が用意したユニークなケースス
の演習でも苦労した点でした。
タディを通じて、2日目終了時には、なんとか目前
社内の品質マニュアルの理解の前に、品質マネジ
にある内部監査に向かえる心持ちになれました。
メントシステムの読み込みと、日頃の業務の中で要
「読書百篇意自から通ず」とはいうものの、IS
求事項を意識しなければ、ISO9001を理解することは
O規格はそれほど易しく丁寧な相手ではありません。 難しいと感じました。また、内部監査のポイントに
ついて、「いつ、どんな準備をし、どのような監査
良い先生に出会えたお蔭で、短時間で相応の理解を
得られたことは幸いでした。三輪先生、大変ありが
を行うか」を学んだことは、これから内部監査を受
とうございました。今後は実践を通じて理解を深め
けたり、監査する立場になった時に生かすことがで
て参りますので、引き続きご指導ください。
きればよいと感じました。
16 富山経協:2014年12月号
景況指標
■百貨店・主要スーパーの売上高
(%)
30
年別推移 (対前期比)
■大口電力消費量(製造業計)
月 別 推 移 (対前年同月比)
(%)
(全国)
百貨店
(全国)
スーパー
全 国 合 計
富 山 合 計
25
20
全 国
富 山
20
15
10
10
5
5
0
0
-5
-10
-5
-15
-10
શɹࠃ
百貨店
スーパー
合 計
富山合計
月 別 推 移 (対前年同月比)
25
15
-15
年 月
年 別 推 移 (対前期比)
-20
2012 2013
▲0.3
1.2
0.2
0.8
0.0
0.9
▲1.8
0.6
2014.4
▲10.5
▲ 3.9
▲ 6.1
▲ 2.6
5
▲ 2.6
0.6
▲ 0.6
▲ 1.0
6
▲ 3.4
▲ 0.1
▲ 1.2
▲ 2.3
7
▲ 0.6
0.8
0.3
0.5
8
1.8
3.1
2.7
2.6
-25
9
1.5
1.7
1.7
2.3
年 月 2012
全 国(%) ▲1.4
富 山(%)
1.5
2013
▲1.7
▲0.4
2014.4
1.2
0.3
5
0.3
▲1.0
(出所:中部経済産業局)
輸 送 量
対前年同月比
25
(千t)
700
20
600
15
10
400
-5
-10
300
-15
-20
200
-25
-30
100
-35
2012 2013
輸送量(千t) 372.0 410.2
増減率(%) 4.4
10.2
150
750 26
140
700
130
650
120
600 22
550
500 20
90
450
80
400
70
350
60
300
50
250
40
200
30
150
20
100
負債総額(億円) 486
(倍)
1.4
(%)
完全失業者数
完全失業率
5.5
176
26
24
24
22
20
∼
∼
∼
∼
10
10
8
8
6
6
4
4
2
2
0
2014.4 5
9
7
7.9 4.1
6
4
1.1
7
9
9.7
8
7
4.2
9
3
9.0
0
年別推移
月別推移
ࣦ
4.0
0.8
0.6
཰
150
‫ۀ‬
200
1.0
શ
4.5
250
‫׬‬
‫ ׬‬શ ࣦ ‫਺ ऀ ۀ‬
5.0
300
3.5
100
3.0
50
∼
∼
0
2012 2013
完全失業者数(万人) 285
265
完全失業率(%) 4.3
4.0
(億円)
1.2
350
年 月
2.3
■有効求人倍率 (パートを含む季節調整値)
月別推移
400
▲1.1
(出所:東京商工リサーチ)
■完全失業者数及び完全失業率(季節調整値)
(万人)
0.4
件 数
負債総額
(出所:北陸信越運輸局富山運輸支局)
年別推移
9
▲1.0
月別推移
(億円)
(件)
50
10
0
0
年 月 2012 2013
件 数(件) 92 101
0
2014.4 5
6
7
8
9
438.5 427.4 384.6 462.0 419.1 443.9
5.5 10.1
5.3
2.7
4.3
3.4
年別推移
100
5
0
(件)
110
500
年 月
8
▲1.9
■企業倒産(富山県内)(件数と負債総額)
月 別 推 移 (対前年同月比)
(%)
〈年平均〉
30
7
▲0.8
(出所:電気事業連合会/北陸電力)
■一般貨物自動車輸送量(富山県内)
年別推移 (対前期比)
6
0.2
1.9
2014.4
254
3.6
5
242
3.5
6
245
3.7
7
248
3.8
8
231
3.5
9
p 233
p 3.6
(p=速報値)(出所:総務省統計局)
0
0.4
0.2
全国有効求人倍率
富山有効求人倍率
0
2012 2013
0.93
富 山(倍) 0.98
1.14
年 月
全 国(倍) 0.80
2014.4 5
1.08 1.09
1.40 1.40
6
1.10
1.42
7
1.10
1.37
8
1.10
1.34
9
p 1.09
p 1.32
(p=速報値)(出所:厚生労働省/富山労働局職業安定部)
富山経協:2014年12月号
19
Keikyo 行事レポート
12社の一員として、「アイシン連
結環境取組みプラン」以上の高い
環境目標を設定し、“環境に優し
い企業”を目指して、目標達成に
向け日々活動を展開中のアイシン・
エィ・ダブリュ工業㈱を訪問した。
日頃から環境経営に携わってい
る参加者にとり、環境先端企業の
取り組みを直接視察することによ
って有意義な1日となった。
(「参加者NOTES」17頁掲載)
経営企画委員会
■2014年度第3回委員会
12月4日(木)、守山委員長はじ
め委員7名が出席して富山経協・
会議室において開催し、2014年度
事業の実績と2015年度の事業案に
ついて審議を行った。
守山委員長より、本日は2014年
度の事業実績の評価を行い、それ
を受けて2015年度事業案の審議を
いただきたいとの挨拶があった。
引き続き、事務局より①2014年度
の事業実績と今後の予定、②2015
年度事業案として、新しく「人口
減少への企業の取り組み」に関す
る勉強会の開催、経営者・幹部層
を対象とした経営フォーラムの企
画等を実施することなどを説明後、
審議を行った。2014年度事業にて
成果が上がった「現場指導」は
2015年度も水平展開する、2015年
度事業案は事務局案で具体的な検
討に入ることを決めた。
次回委員会は2015年4月9日に
開催する。
人材の確保・従業員の再就職をお手伝い!
ࣄ‫ۀ‬ͷ֦େɾܽһิॆ౳ʹΑΔ
ࣄ‫ۀ‬ͷ੔ཧɾॖখ౳ʹ൐͍ɺ
ɹਓһ֬อΛߦ͍͍ͨͱ͖
ਓһ࡟‫ͤ͟ݮ‬ΔΛಘͳ͍ͱ͖
そんなとき、まっ先にご相談ください。
since 1987 出 向・移 籍(転 籍)の 専 門 機 関
公益財団法人
産業雇用安定センター
〒930-0857 富山市奥田新町 8 -1 ボルファートとやま10F
ご利用時間/9:00∼17:00(土・日・祝日は休み)
インターネットで最新の人材情報をどうぞ
18 富山経協:2014年12月号
TEL 076−442−6900
FAX 076−439−2860
http://www.sangyokoyo.or.jp/
事 業 予 定
詳しくはホームページ(http://www.toyama-keikyo.jp/)
「講座・セミナー案内」をご覧ください。
2014年 12月16日∼2015年 2月28日
開 催 日
時 間
ձɹٞ
事 業 名
委員会名
場 所
環 境
富山経協・研修室A
ߨԋձɾ
‫ֶݟ‬ձ
12月18日(木)
15:30∼17:30
環境委員会「定例委員会」
1月 5日(月)
16:00∼17:30
新春互礼会
2月26日(木)
16:30∼18:30
労働法関連法制研究部会
人事・労務政策
富山経協・研修室A
2月 6日(金)
13:00∼17:00
企業理念見学会
経営企画
阪神化成工業株式会社
ANAクラウンプラザホテル富山 3頁「おしらせ」参照
ߨ࠲ɾηϛφồ
1月15日(木)
2月20∼21日(金∼土)
9:00∼17:00
管理職マネジメント研修
教 育
富山県農業総合研修所
1月22・29日(木)
2月 5・19日(木)
9:00∼17:00
品質管理入門講座
品質管理
富山経協・研修室A
2015年労使交渉セミナー
人事・労務政策
富山商工会議所ビル
第2回係長・主任実践コース
教 育
富山県市町村会館
第4回労働法実務講座
人事・労務政策
富山商工会議所ビル
1月29日(木)
2月17・18日(火・水)
2月26日(木)
13:30∼15:30
9:30∼16:30
13:30∼16:00
備 考
表紙の花 サンシュユ
(富山県中央植物園 中田政司)
サンシュユの実
花も実も観賞できる庭木
果実は薬用酒に
師走に入った植物園ではいろいろな木の実が目
果実は直径1cmほどで、見た目にみずみずしく、
立つようになります。赤い果実は鳥たちの大好物
つまんで口にしたくなりますが、渋味や酸味が強
で、雪が降った後にはヒヨドリが大群でおとずれ、 く、生食には向きません。中の核を取り出して乾
1日で食べつくしてしまうこともあります。
燥させた果肉(正確には偽果)は日本薬局方の生
サンシュユはヤマボウシやハナミズキと同じミ
薬「山茱萸(さんしゅゆ)」と呼ばれ、滋養強壮
ズキ科の植物で、漢字「山茱萸」の読みが名前に
などの薬効があり、八味地黄丸などの漢方処方に
なっています。中国原産の薬用植物として江戸時
使用されています。
代に渡来したものですが、今では観賞用の庭木と
家庭では果実酒によく利用されます。そのまま
して広く栽培されています。
ではなく、洗って乾燥させて中の核を取り出し、
葉が出る前の早春に枝一面の黄色い花をつける
果肉200gに同量の氷砂糖を、1.8rのホワイトリ
ことから「ハルコガネバナ」と呼ばれ、葉が落ち
カーに3カ月ほど漬け込み、漉
た後の晩秋には赤い実が目立つことから「アキサ
して飲みます。盃一杯ほどが適
ンゴ」とも呼ばれます。園芸的には実のつきのよ
量で、疲労回復や冷え症、低血
い選抜品種や、よく似たセイヨウサンシュユの斑
圧などに効用があるといわれて
入りなども流通しています。
います。
「富山経協」vol.815
2014年(平成26年)12月号
2014年12月15日発行(隔月発行)
サンシュユの花
一般社団法人 富山県経営者協会
〒930-0083 富山市総曲輪2丁目1番3号(富山商工会議所ビル 別館5階)
TEL (076)421-9588 FAX (076)421-9952
ホームページ http://www.toyama-keikyo.jp/
E[email protected]