申請用紙

アジア太平洋言語 履修免除申請書
Application for Exemption for Asia Pacific Language Subjects
学籍番号
Student ID
E-mail
@apu.ac.jp
氏名
Name
電話番号
Tel No.
資格試験スコア
Language Proficiency
Test Score
試験名 Name of Examination Taken (
Score (
)
)
申請期間 : 2014 年 12 月 8 日(月)~2014 年 12 月 19 日(金)16:30
提出書類 : 取得したスコアシートの原本、履修免除申請書
提出先
: アカデミック・オフィス
Applications Period: Dec 8th (Mon), 2014 ~ Dec 19th (Fri), 2014(16:30)
What to submit: Original Language Proficiency Score Sheet and Application Form Where to submit: Academic Office
1.申請書、資格試験スコアの原本の提出と、面談の実施により総合的に審査が行われます。
1月14日(水)の 3 限、4 限目に面談を実施しますので予定を空けておいてください。
面談を受けることができない場合は、履修免除申請がキャンセルされます。
Applications will be screened comprehensively based on the submitted Application Form, original language proficiency
score, and an interview.
Applicants are asked to keep their 3rd and 4th periods open on January 14th (Wed) for an interview.
Your application will not be screened if you are unable to show up for the interview.
授業と面談日時が重複している場合は、下記に別の面接希望日時を記入してください。
If there is a conflict with the interview date and period with the class schedule, please write a different date that you can
take the interview.
面接日時 / Interview Date and Period
面接希望日時
Date and time when you can take the interview
1月14日(水)3限、4限
Wed, Jan 14th 3rd and 4th Period
2.能力を示す証明書がある場合
→証明書の原本をこの申請用紙にホッチキスで止め、一緒に提出してください。
If you have documents which certify your language ability.
→Please submit the original certificate and staple it to this application form.
オフィス受領印
Academic Office Stamp
3.言語能力を示す証明書がない場合
→裏面にどのように言語を修得したか、またその修得レベルを記入してください。
In case you do not have certified proof of language ability.
→Please write a brief description on the back explaining how you have studied the
language and how far you have mastered it.
切り離し 以下学生控え
面接日
: 2015 年 1 月 14 日(水) 3 限、4 限
Interview Day : Jan 14th (Wed), 2015
履修免除申請書(AP 言語)学生控え
学籍番号 ID:
氏名 Name:
3rd and 4th period
Application for Exemption (AP Lang.)-Student Receipt
オフィス受領印
Academic Office Stamp
学番 ID
氏名 Name
履修免除希望レベル/ Level which you would like to receive exemption
AP 言語 AP Language
中国語 / Chinese
韓国語 / Korean
免除/Exemption (単位/Credits)
□Ⅰ(4)
□Ⅱ(4)
□Ⅲ(4)
□Ⅰ(4)
□Ⅱ(4)
□Ⅲ(4)
ち ゅ う ご く ご け んてい し け ん じゅん
きゅう
履修免除の基準/Exemption Criteria
じ つ よ う ち ゅ う ご く ご ぎ の う け んてい し け ん じゅん
きゅう
しん
きゅう
中国語検定試験 準 4級 ・実用中国語技能検定試験 準 4級 ・新HSK1級
ち ゅ う ご く ご け んてい し け ん
きゅう
じ つ よ う ち ゅ う ご く ご ぎ の う け んてい し け ん
きゅう
しん
きゅう
中国語検定試験4級 ・実用中国語技能検定試験4級 ・新HSK2級
ち ゅ う ご く ご け んてい し け ん
きゅう
じ つ よ う ち ゅ う ご く ご ぎ の う け んてい し け ん
きゅう
しん
きゅう
中国語検定試験3級 ・実用中国語技能検定試験3級 ・新HSK3級
か ん こ く ご のう りょく け んてい し け ん
きゅう
は
ん
ぐ
る
のう りょく け んてい し け ん
きゅう
か ん こ く ご のう りょく け んてい し け ん
きゅう
は
ん
ぐ
る
のう りょく け んてい し け ん
きゅう
きゅう
は
ん
ぐ
る
け んてい し け ん
韓国語能力検定試験1級 ・「ハングル」能力検定試験5級
韓国語能力検定試験2級 ・「ハングル」能力検定試験4級
かん
こく
ご
のう
りょく
けん
てい
し
けん
きゅう
韓国語能力検定試験3級・「ハングル」検定試験3級
後日案内
To be announced
スペイン語 / Spanish
タイ語 / Thai
□Ⅰ(4)
□Ⅱ(4)
□Ⅲ(4)
ベトナム語 /
Vietnamese
□Ⅰ(4)
□Ⅱ(4)
□Ⅲ(4)
マレー語・インドネシア語
/ Malay・Indonesian
□Ⅰ(4)
□Ⅱ(4)
□Ⅲ(4)
履修免除を受けることができるのは、スコアに対応しているレベルのみになります。(例:新 HSK2 級を持っている場合
は、中国語Ⅱの履修免除を受けることができます)
もし対応しないレベルの履修を希望する場合は、下記にその理由を明記してください。
You can only be exempted from the level which corresponds with the score.(Eg: If you have 新 HSK2 級、you can be
exempted from taking Chinese II)
If you would like to receive exemption from the level which does not correspond with the score, please write the
reason below.
言語能力を示す証明書がない場合は、下記にどのように言語を修得したか、またその修得レベルを記入してください。
In case you do not have certified proof of language ability, please write a brief description explaining how you have
studied the language and how far you have mastered it.
(例)10 歳から 13 歳の 3 年間ベトナムに住み、現地の学校に通っていました。ベトナム語の読み書きができますし、日常会話
程度なら会話も問題ありません。
(Ex.) I lived in Vietnam when I was 10 to 13 years old, for three years, and I went to school for the native students there. I
can read and write Vietnamese, and have no problems with daily conversation in that language.